発毛剤の真実

ミノキシジル・フィナステリド・ディタステリドのジェネリックでハゲ治療

ミノキシジルとダーマローラーで行う育毛メソセラピー

 脱毛の原因は、性ホルモンの影響やストレス、栄養不足と様々ですが、いずれも成長因子が不足し、毛髪の成長シグナルが止まってしまい、ヘアサイクルが正常に稼動していない状況です。

この原因を食い止めるためには、薄毛の原因となる「発毛成長因子」を補完し、止まってしまった成長シグナルを正常に戻すことが必要です。

f:id:participantlink:20210501185230j:plain

育毛メソセラピーの手順

・発毛成長因子の有効成分が浸透しやすいように頭皮に穴をあける

頭皮内へ直接、発毛成分を届けることができるため、より効果的な治療方法です。
高い効果をお望みの方、男性、女性を問わず、人気の高い治療方法です。

ダーマローラー

マイクロスパイクという極細の針が付いたローラーを皮膚の上で転がして穴をあけ、育毛成分を浸透率を高める方法です。皮膚には角質層がバリア機能として働くため有効成分が効率よく浸透しにくいですが、育毛ダーマローラーで穴をあければ有効成分がその穴から浸透して育毛剤の効果がより高く得られると考えられています。

美肌目的としてのダーマローラーは、真皮層のコラーゲンやエラスチンの生成を促す治療法であるため真皮の深い層まで針が届くように0.5mm~2.0mmほどの長い針を使用しますが、育毛用のダーマローラーでは有効成分の浸透を助けるためだけの長さでよいため、0.25mm~0.5mm程度の長さで十分です。そのため、皮膚へのダメージも少なく、痛みもほとんどありません。

homelink.web.fc2.com

AGA治療とは

AGAとは、Andorogenetic Alopeciaの略で、日本語では、「男性型脱毛症」と呼ばれています。

日本人の成人男性において約30%に認められる、頭髪の脱毛症状のことです。近年になってAGAの発症メカニズムが(分子レベルで)解明されるにつれて、治療の開発、治療法の開発などが進展し、医学による治療が大幅に進歩しました。これによって、AGA治療を行い、改善できる病態となりました。
男性ホルモンの作用
男性ホルモンであるテストステロンは、Ⅱ型5αリダクターゼの働きにより、DHT(ジヒドロテストステロン)に変換されます。このDHTが脱毛を誘発するTGF-βなどの因子を分泌させ、毛髪の成長が抑制される原因となるといわれています。

遺伝

AGAの原因には、遺伝的要素も大きいと考えるのが妥当なものの、これも男性ホルモンなどのバランスが親から子へと遺伝するためであり、「ハゲが遺伝」しているわけではなく結果としてAGAを引き起こす要因が遺伝してしまっているに過ぎません。
とはいっても、母親が薄毛の場合は4/3の確率で、父親がAGAなどで薄毛の場合は1/2の確率で子が薄毛になるというデータもあり、このデータからもAGAには遺伝的要素があることは明確なのかもしれません。

現代病(ストレス・生活習慣・栄養不足など)

いわゆる現代病はホルモンバランスや自律神経の働きを乱してしまい、発毛を阻害してしまうと考えられています。
規則正しくバランスの摂れた食生活は、体調はもとより頭髪や地肌の健康にとって重要 なファクター。
頭皮の栄養状態が悪くなると毛髪の栄養状態に直結してしまい、脱毛を引き起こす原因になってしまいます。

AGAの対策

現在、専門の医療機関にて行われている内科的治療としては、内服薬であるフィナステリドによるAGAの進行を抑制する方法と、ミノキシジルによる発毛を促進する方法が主流となっています。

フィナステリド

人体における男性ホルモンの作用を抑制する抗アンドロゲン薬の一種です。
もとは排尿障害などを起こす前立腺肥大症や前立腺がんに対して使用する薬として1991年に開発されましたが、その後1mg服用で男性型脱毛症(AGA) に改善の兆しが見られたため、1997年にFDAアメリカ食品医薬品局)によってAGA治療薬として認可されました。
日本では2005年に厚生労働省に 認可され、同年万有製薬(現在MSD社)より「プロペシア」の名で発売、AGA治療薬として医療機関にて処方されています。

フィナステリドの効果

AGAにおけるフィナステリ ドの効果は、AGAの最大原因のひとつとされる男性ホルモン 「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生成の抑制にあります。
DHTはAGAの脱毛因子であり、男性ホルモン「テストステロン」が酵素「5αリダクターゼ」によって変換されることで発生します。フィナステリドはこの5αーリダクターゼの働きを阻害し、テストステロンがDHTに変換されるのを防ぎます。

フィナステリドの副作用

フィナステリドは効果の高い医薬品であることから、副作用を起こす可能性もあります。
成分を同じくするプロペシアを1mg服用した場合、全体の5%程度の人に胃部不快感や性欲減退などの副作用が見られた他、さらに低い確率で勃起不全、精子減少などの症状が見られたとの報告があります。

しかし、割合でみてもわかる通り、副作用の発症 率は極めて低く、1mg/日の用量を守って服用していれば、ほとんど副作用の心配はいりません。
ただし、フィナステリドは成人男性のみ服用が認められている薬で、女性や未成年者は服用を禁じられています。

初期脱毛について

フィナステリドの初期脱毛のメカニズムは未だに不明な部分もありますが初期脱毛は発毛までの過渡期にあたるもではないかとの説が有力になっています。
フィナステリドを服用すると、脱毛が抑制されて再び正常なヘアサイクルに戻るため、それまで生えていた抜け落ちやすい毛髪が一時的に抜け落ちます。

これが、「初期脱毛」ですが、発毛へのプロセスの一環と考えると、初期脱毛は正確には副作用ではなく、フィナステリドが効いていることの証明になるといえます治療を継続すればその後抜け毛が減っていきます。
個人差がありますが、最初の1ヶ月ほどです。初期脱毛が起こらない方もいますが、発毛には特に因果関係はありません。


※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村