発毛剤の真実

ミノキシジル・フィナステリド・ディタステリドのジェネリックでハゲ治療

 プロペシアの効果が出るまでの期間

プロペシアとは、一般名フィナステリドと呼ばれ米国メルク社が開発し、現在すでに世界60カ国以上で承認されている世界で初めて医師が処方する1日1回の内服による男性型脱毛症用薬(AGA治療薬)です。

日本では、MSD株式会社(旧:万有製薬)が2001年よりプロペシア臨床試験を開始し、2003年に厚生労働省へ承認申請をして2005年10月11日に製造販売承認を取得し2005年12月14日より国内にて「プロペシア錠0.2mg」と「プロペシア錠1mg」の2種類が発売開始されておりますが、ED治療薬と同様に薬価の無い薬価基準未収載薬であるため、どこの医療機関に行っても健康保険適用外となり治療費は全額自費となります。有効成分は「フィナステリド」、製剤名は「フィナステリド錠」、販売名である「プロペシア」はMSD株式会社の所有する商標登録名です。

剤形は上記画像のように円形で薄い赤色(ピンク色に近い)のフィルムコーティング剤で、大きさは直径7.2mm、厚さ3.5mmなのでかなり小さい錠剤です。画像は「1mg」です。「0.2mg」はこの画像よりも少し赤色が濃いのが特徴です。

 

プロペシア
5α-還元酵素Ⅱ型阻害薬
プロペシアは2型の5α-リダクターゼを阻害することで、男性ホルモンであるテストステロンがAGA(男性型脱毛症)の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)へと変換されるのを防ぐ、国内初の内服用AGA治療薬です。

 

f:id:participantlink:20190611222402j:plain

f:id:participantlink:20190611222412j:plain

f:id:participantlink:20190611222421j:plain

 

oneclck.net


主要有効成分:フィナステリド
効果範囲:5α-還元酵素Ⅱ型阻害
形状:錠剤
種類:0.2mg/1mg
主なジェネリックフィンペシア
添加物:結晶セルロース、乳糖水和物、部分アルファー化デンプン、デンプングリコール酸ナトリウム、ジオクチルソジウムスルホサクシネート、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、ヒドロキシプロピルセルロース、酸化チタン、タルク、三二酸化鉄、黄色三二酸化鉄、カルナウバロウ

 

oneclck.net

 

男性型脱毛症は、男性ホルモンの過剰な活性化と遺伝的な要因が組み合わさって起こり、生活の質を低下させます。

主成分であるフィナステリドは、男性ホルモンの活性化に関わる5α還元酵素という酵素タンパク質の働きを止めて男性ホルモンの活性を下げ、脱毛を防ぐ効果を示します。
男性型脱毛症は、思春期以降の男性に起こる頭髪の脱毛症です。

 


薄毛は、特に若い人は外見上の大きな悩みのもとであり、生活の質を下げます。男性型脱毛症は、男性ホルモン反応性に遺伝的な問題がある人に起きやすいとされています。
フィナステリドは、男性ホルモン活性化に関わる酵素タンパク質5α還元酵素(5αリダクターゼ)の働きを低下させ、男性ホルモンの生理作用を弱めます。
男性ホルモンであるテストステロンは、精巣でつくられたあと、頭皮の細胞にある5α還元酵素によってジヒドロテストステロンという化合物に変換されます。

f:id:participantlink:20190611222247j:plain

ジヒドロテストステロンは活性化した男性ホルモンで、頭髪を作り出す毛母細胞の細胞分裂を止めるので、新しい毛髪ができません。頭髪が増えないのに、寿命がきた毛髪の脱毛だけが進むので、薄毛が起こるのです。
フィナステリドは、もともとは前立腺肥大症の治療薬を開発する過程で得られた薬です。

前立腺は男性ホルモンにより大きくなる臓器で、男性の尿道を取りまいています。

必要以上に男性ホルモンが活性化すると、大きくなった前立腺尿道を狭くして尿が出にくくなる前立腺肥大症という病気が起こります。フィナステリドは、5α還元酵素の働きを低下させて前立腺を小さくする効果が期待されましたが、その過程で男性型脱毛症の進行を止めるアイデアが生まれたのです。
ただし、フィナステリドは、男性ホルモンが関与しない脱毛症(例えば円形脱毛症)には効果はないと考えられています。

円形脱毛症は免疫細胞による毛母細胞の攻撃が原因と考えられており、免疫抑制薬を用いた治療法の研究開発が行われています。
フィナステリドはプロペシアという商品名で発売されました。

製品アピールの一環として、男性型脱毛症の略称であるAGA(androgenetic alopecia)の認知度を高めるための広報活動も行いました。

脱毛というネガティブな要素を持つ表現をAGAというアルファベットに置き換えるというアプローチは、性機能障害におけるEDと同じく、これまで表立って語りにくかった悩みをオープンに話せるようにする効果があったと思われます。
なお、プロペシアには健康保険が適用されず、薬剤費は全額自己負担です。

これは、薬剤の使用目的が病気の治療ではなく、頭髪という外見を整えるための美容的な使用を目的と認識されているからです。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村