発毛剤の真実

ミノキシジル・フィナステリド・ディタステリドのジェネリックでハゲ治療

ミノキシジルの効果と副作用

国内では外用薬が市販されているミノキシジルを男性型脱毛症(AGA)の治療薬として使用している方もいらっしゃるかと思います。

実際にミノキシジルはAGAや女性型脱毛症(FPHL)の治療薬に有効であるとして、日本皮膚科学会で推奨されています。

ですが薄毛が改善された後の最適なやめるタイミングを知っている方は少ないですし、ミノキシジルプロペシアを飲むのをやめるとハゲるという話を聞いたことがある方は少なくありません。

今回はミノキシジルの塗り薬(外用薬)・タブレット(内服薬)をやめるとどうなるのかという点について、塗り薬・タブレットそれぞれの効果や副作用・AGA治療をやめる時など、ミノキシジルをやめたいと思った時の注意点について解説いたします。

ミノキシジルとは

ミノキシジル成分には血管拡張作用があり、もともとは高血圧の治療薬として開発され、その後副作用として毛が生える(発毛効果)がある事が分かり、AGA治療薬として使われるようになりました。
現在、日本国内でAGA治療薬として承認されているのは内服薬のフィナステリド・デュタステリド、外用薬ではミノキシジルのみの3種類しかありません。

ミノキシジルにどのような育毛・発毛効果があるのか、AGA以外の薄毛治療への効果はないのかなどを、まずは解説いたします。

ミノキシジルの発毛効果は?

ミノキシジルには血管を拡張して血流を促進する作用と体内の成長因子の産生を促す作用によって、毛包内へと酸素や栄養を届け細胞分裂や増殖を増やし、毛母細胞のアポトーシス(プログラムされた細胞死)を抑制してヘアサイクルを正常化させることで髪の毛を育てるという発毛効果があります。

インスリン様成長因子や血管内皮細胞増殖因子などが、毛包内にある毛母細胞を刺激して細胞分裂・増殖を促進し髪の毛が成長すること、またジヒドロテストステロンによって毛母細胞のアポトーシスが起こる事を抑制し短縮してしまった髪の毛の成長期を延長させ抜け毛を減らすという働きによって育毛・発毛できるのです。

ミノキシジルが効果ないケースの薄毛とは?

血流促進と成長因子の産生促進・毛母細胞のアポトーシス抑制という3つの作用で発毛を促すミノキシジルですが、薄毛の原因や使用法によってはミノキシジルでは効果がないと感じる場合があります。

自己免疫疾患によって起こる円形脱毛症や服用している薬の影響による薬剤性脱毛症、皮膚疾患や栄養障害による脱毛症などではミノキシジルを使用しても効果が無いと感じてしまう事が多いです。
まずは原因となる疾患を治療し、その後ミノキシジルを使用するのであれば育毛・発毛促進効果を得ることが出来るでしょう。

AGA治療薬としてのミノキシジルの種類

ミノキシジルの使用方法としては大きく分けて二通り存在し、気になる部分に局所的に直接塗布することが可能な外用薬タイプと体全体に内側から効果を促す内服薬タイプがあります。

外用薬のミノキシジル

外用薬のミノキシジルの発毛作用と副作用の出やすさについてですが、
発毛作用・・・塗布した部分のみに作用する
副作用の出やすさ・・・局所に塗布するものではあるが、全身に及ぶ場合もある
外用薬のミノキシジルは市販薬が販売されているので、薄毛で悩んでいる方の中にはドラッグストアや調剤薬局などで購入され使用している方も少なくありません。
薄毛の症状が起こっている箇所へ直接塗布する事で、頭皮の血流促進や毛母細胞の成長・増殖を活性化し毛包を大きくして髪の毛を太く成長させる作用を持ちます。

ミノキシジルの濃度は1~5%までとなり、濃度が低いものから始めていくことがおすすめです。

内服薬のミノキシジル

内服薬のミノキシジルの発毛作用と副作用の出やすさ
発毛作用・・・内服薬のため頭部~全身に作用する
副作用の出やすさ・・・全身に作用する副作用があり、外用薬より出やすい
内服薬のミノキシジルタブレットは血中を循環して頭部全体へ作用するため、外用薬より吸収率が高く効果を感じやすいです。
髪の毛を生やす事のみに関して言えば、体質も関係しますが効果を強く感じるAGA治療薬と言っても良いかも知れません。

すぐにでも髪の毛を増やしたいという方には、とても良い薬に一見感じるのですが、内服薬は効果が高い分外用薬より副作用が起きやすい事も理解しておく必要があります。
ミノキシジルタブレットを服用前に気を付けて頂きたい点など、デメリットの部分もしっかりと理解した上で使用するか検討しましょう。

ミノキシジルタブレットは危険?

同じ成分を使っている外用薬と内服薬ですが、内服薬は国内外での薄毛改善を目的とした臨床試験が行われていない点や重大な心血管系障害を起こす可能性がある事から、安易に服用する事は危険なので避けるようにしましょう。

ミノキシジルの血流促進効果は動脈のみに起こり静脈には関与しない為、心臓や肺に負担がかかり胸痛や不整脈・呼吸器不全などを起こすことがあり、また元々が降圧剤として開発されているので血圧に問題を抱えている方は必ずかかりつけ医・薬剤師に相談する事が必要です。

ミノキシジルの副作用とは?

ミノキシジルは医薬品に分類されるため、外用薬・内服薬それぞれに様々な副作用が報告されています。

今回は代表的なミノキシジルの副作用をお伝えしますので、服用前にしっかりと確認しましょう。

ミノキシジル外用薬の副作用

まずはミノキシジル外用薬に報告されている副作用について、どういったものがあるのかを解説していきましょう。

塗り薬のミノキシジルを使う事による軽度な副作用から、稀に起こる重篤な副作用などありますので使用する製品の用法・用量を守って正しく使用し、異常が起こった場合には使用を中止して医療機関を受診するようにしてください。

ミノキシジル外用薬の副作用:初期脱毛

ミノキシジル外用薬を使用すると、2~4週間前後ほどで生えている髪の毛が抜け落ちる初期脱毛が起こり、ご自身のヘアサイクルに応じて1~3ヵ月程続く事があります。
これは毛母細胞が活性化され、休止期~退行期に入っている髪の毛が押し出され新たに髪の毛が作られる過程で起こるため、厳密にいえば副作用とは言えません。

反対に初期脱毛が起こらない場合は、ミノキシジルの効果が得られていないという事にも繋がるので、初期脱毛が起こらなかった場合は別の塗り薬に変える事を検討してみましょう。

ミノキシジル外用薬の副作用:頭皮のトラブル

直接頭皮に塗布するミノキシジル外用薬では、頭皮のかゆみ・発疹・かぶれやフケが増えると言った副作用が起こることがあります。
この他には、接触性皮膚炎や毛包炎などといった抜け毛が増えてしまうような副作用があるので、頭皮の状態が悪化してしまうような場合は直ちにミノキシジル外用薬の使用を止め、医療機関を受診して下さい。

ミノキシジル自体にアレルギーがあったり、製品の内容物であるプロピレングリコールエタノールなどに反応して起こる場合もあるため、アレルギー体質の方は購入の際に成分を確認するようにしましょう。

ミノキシジル外用薬の副作用:頭痛・胸痛・むくみなど

頭皮に塗布したミノキシジルの成分が浸透し血管内へと入ることによって起こる副作用として、頭痛や胸痛・むくみなどが挙げられます。
これはミノキシジルの作用によって拡張した動脈が神経に触れてしまう、静脈に拡張作用が起こらない事で末端の血流が滞ってしまうなどにより起こる副作用です。

その他の副作用として目の腫れやかすみ・息切れや動悸・不整脈などあり、循環器系に疾患がある方は狭心症などにも注意が必要となります。

ミノキシジルタブレット(内服薬)の副作用

続いては内服薬であるミノキシジルタブレットを服用する事で起こり得る副作用について、詳しく解説していきましょう。

内服薬の場合は塗り薬よりも副作用が起こるリスクも高まり、全身に及ぶような副作用も珍しくないのでしっかりと確認しておく事が重要です。

ミノキシジルタブレット(内服薬)の副作用:初期脱毛

初期脱毛とはAGAによって乱れたヘアサイクルがミノキシジルの作用によって整い始める事で、脱毛する予定である退行期の時期にある髪の毛がまとまった時期に抜け落ちることを指します。
個人差はありますが、ミノキシジルタブレット服用を始めてから2週間から1ヶ月ほどで初期脱毛を感じる方が多く、その後2ヶ月以内に症状が治ることが多いです。

薄毛治療を行なっているにも関わらず、一時的に抜け毛が増えることで薄毛がより目立ってしまうなど不安になる時期ではありますので、継続するモチベーションを保つためにもあらかじめ知っておきたい症状となります。
また、ミノキシジルを副作用が強く中断し、再開した場合はまた最初から始めるのと同じことになりますので、初期脱毛も起こるという事をご理解ください。

ミノキシジルタブレット(内服薬)の副作用:頭痛・めまい・動悸・息切れ

ミノキシジルはには血管拡張作用が強く血圧を下げる働きがあり、その結果頭痛やめまい・動悸・息切れなどを感じるケースがあります。
軽度の症状として現れることが多いですが、ミノキシジル自体が体質的に合わない方や元々低血圧の方が服用すると非常に危険です。

またタブレットタイプのミノキシジルでは全身に成分が回ってしまう為、特に次の症状がある人は使用する前に、医師へ使用しても良いか確認し、心臓・循環器系に異常がない方であっても定期的に血液検査や心電図検査を受けるようにしましょう。

・高血圧、低血圧の人
・心臓または腎臓に障害がある人
・むくみが出やすい人
またミノキシジルタブレットを服用中に頭痛がした場合、イブプロフェン系の頭痛薬を服用すると血圧が下がり過ぎてしまい、スマトリプタンなどの血管収縮剤は血圧のコントロールが効かなく危険であるため併用禁忌薬となっているので注意して下さい。

ミノキシジルタブレット(内服薬)の副作用:多毛症
ミノキシジルタブレットは外用薬とは異なり、内服薬のため頭部だけでなく全身に効果が作用してしまうので、全身の体毛が濃くなる多毛症という症状が起こる場合があります。

薄毛が気になる頭部のみに発毛効果を発揮すれば良いですが、髭をはじめとした全身の毛にも発毛効果を発揮してしまう事で起きる症状です。
具体的には腕や指・すね毛などが濃くなる、眉毛や顔の産毛が濃くなる場合がありますので、気になる場合は脱毛・除毛などの対策を行うようにしましょう。

ミノキシジルプロペシア・ザガーロの違い

AGA治療薬ではプロペシア(フィナステリド)やザガーロ(デュタステリド)とミノキシジルを併用する事も多いのですが、これらは育毛・発毛させる作用が違います。

ミノキシジルの効果については前述致しましたので、プロペシア・ザガーロがどういった作用を持ちAGAに効果を発揮するのか、ミノキシジルとの併用が推奨されるのかを解説していきましょう。

プロペシア・ザガーロとは

プロペシア・ザガーロはテストステロンがジヒドロテストステロンへと変化させるトリガーとなる5αリダクターゼの働きを抑制します。
5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があり、Ⅰ型は肝臓や皮膚・毛嚢・皮下線組織に、Ⅱ型は頭皮やヒゲ・脇・陰毛・前立腺に存在しており、プロペシアはⅡ型のみ・ザガーロはⅠ型とⅡ型両方に働きかける作用を持ち抜け毛を減らす為に処方される薬です。

プロペシアやザガーロは男性ホルモンに働きかける内服薬であるため、副作用も男性の性に関する勃起障害・性欲減退などや乳房肥大があり、薄毛に悩む女性はプロペシア・ザガーロを服用することが出来ません。

ミノキシジルプロペシアは併用するべき?

AGA治療薬で薄毛治療を行う場合、まずはミノキシジルの塗り薬のみで治療を開始し、効果がない場合にはプロペシアやザガーロを併用していくことが一般的な治療の流れとなります。

プロペシアやザガーロで抜け毛を抑制しつつ、ミノキシジルで発毛を促進していくことで発毛効果が上がりますし、実際の研究結果(The Effectiveness of Combination Therapies for Androgenetic Alopecia: A Systematic Review and Meta-Analysis)でも有効だったと報告されていますが、更なるランダム化比較試験を行い詳細な調査や結果を確認する事が必要です。

とは言え、現状では日本皮膚科学会の男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版に記載されている通り、プロペシアやザガーロとミノキシジル外用薬はAGAに有用であるので、併用する事で発毛効果を高められると考えられます。

ミノキシジルをやめるとどうなる?

実際にミノキシジルでの育毛・発毛治療をやめると、一体どんな事が起こるのでしょうか?

現在ミノキシジルの外用薬や内服薬のタブレットを服用している方が、使用をやめるとどうなるのか、やめる時の注意点を解説いたします。

ミノキシジルをやめると副作用が無くなる
まず一つ目のミノキシジルの塗り薬やタブレット(内服薬)をやめると起きる現象に、副作用が無くなるという事があります。
副作用はミノキシジルを使用・服用していた事で起こるので、やめると頭皮のかゆみや発疹などの副作用が改善していきますが、多毛症の場合はヘアサイクルが休止期や退行期に入るまで続くようです。

血中にミノキシジルの成分が残っている間は多少副作用が続く場合もありますが、いずれにしても使用・服用をやめる事で副作用は少しづつ改善していきます。

ミノキシジルをやめると薄毛が進行する

ミノキシジルの塗り薬やタブレット(内服薬)を長期使用・服用後に急にやめると、服用前の薄毛の状態より確実に薄毛が進行した状態になってしまう恐れがあります。
やめてしまうとせっかく生えた髪の毛が断薬によるリバウンド作用により、より一層ハゲやすい状態になってしまうのです。

髪の毛が生えたからと言って、急にミノキシジルを辞めてしまうとせっかく生えた髪の毛が一気に脱毛してしまう恐れもありますし、しばらくの間は正常な状態で維持される可能性もありますが、ミノキシジルの成分が体から抜けてしまうと抜け毛が増えAGAが進行していきますので、やめる時は薄毛になっても良いと思える時にしましょう。

ミノキシジルをやめると髪の毛が細くなる

塗り薬のミノキシジルタブレットタイプのミノキシジルを使用・服用をやめると、太く成長していたはずの髪の毛が細くなってしまう事があります。

ミノキシジルを使用・服用している時はヘアサイクルが正常な状態になり、血流促進効果や細胞分裂・増殖促進効果によって髪の毛が太く健康に育つのですが、やめると効果も無くなり髪の毛の成長期が短縮され細く短い髪の毛に戻ってしまうのです。
ミノキシジルをやめる時は、ある程度薄毛が改善されてから生活習慣などを整え、健康な髪の毛を育てられる環境にしておく事をおすすめします。

ミノキシジルをやめると抜け毛が増える

ミノキシジルの塗り薬やタブレット(内服薬)をやめると、髪の毛が細くなるだけでなく抜け毛が増え薄毛が進行していきます。
外用薬や内服薬でミノキシジルの成分を体内に補給していたのが無くなり、効果を得ることが出来なくなるのでハゲることを止められなくなるのです。

AGAは進行性の薄毛ですので、治療をやめると進行が加速してしまう恐れがあります。
ミノキシジルをやめる時には抜け毛の量が増えてしまう事を覚悟し、他の育毛剤や発毛剤を検討しましょう。

ミノキシジルの最適なやめ時とは?

ミノキシジル外用薬やタブレット(内服薬)は、いきなり断薬するのではなく減薬から行ない毛量にどのような変化が生じるかを確認していくことをおすすめします。
例えば、これまで「ミノタブ2.5mgを服用していた場合は、1.25mgへ変更してみる」などを行い、毛量に変化が生じるか見極めていくことが必要です。

しかし、理由によっては最適なやめどきとも言えるやめるタイミングになりますので、ミノキシジルをやめたいと思う理由がこれから解説するタイミングに当てはまった方は、最適なミノキシジルのやめどきになります。

ミノキシジルの最適なやめ時:頭皮や肝臓の数値に異常が起こった時

ミノキシジル外用薬や内服薬を使用・服用していて頭皮に軽度の副作用以上の異常が起きた、または血液検査の結果で肝臓の機能に何らかの障害が起こっていると分かった時はミノキシジルをやめるタイミングです。

ただ、塗り薬であるミノキシジル外用薬で肝機能に重大な障害を起こす事は考えにくいので、元々肝機能障害をお持ちの方でも使用可能な場合があります。
内服薬のミノキシジルタブレットは全身に作用するため、肝機能に異常がない方でも長期に服用を続ける事でAST・ALT 及びγ-GTPの数値が高くなってしまうことがありますので、定期的に血液検査を行うようにしましょう。

ミノキシジルの最適なやめ時:6ヵ月継続して使用しても効果が得られない時
外用薬や内服薬のミノキシジルを使用・服用する場合、最低半年~12ヵ月継続しても育毛や発毛といった効果が得られない場合はミノキシジルがあっていないという事が考えられるので、ミノキシジルをやめるタイミングです。

効果がないばかりか副作用のリスクだけがある状態になってしまうので、半年継続しても初期脱毛が起こらない場合や12ヵ月継続しても髪の毛が太くならない等であれば、最適なやめどきになります。
特にミノキシジルタブレットを服用している方は心臓への負担も大きいため、半年間の服用でも効果が出ないが諦めきれないという場合は循環器内科で心臓への負担を確認してもらい、継続するかを検討するようにしてください。

ミノキシジルの最適なやめ時:予算が捻出できなくなった時

ミノキシジル外用薬や内服薬は保険外治療のため、治療費も高額ですので予算を捻出する事が難しくなった時がミノキシジルをやめるタイミングです。
市販のミノキシジル外用薬でも1ヵ月分で約5,000~7,000円程はしますし、内服薬のミノキシジルタブレットでは約7,000~9,000円くらいの出費が必要となります。

毎月1万円ほどを薄毛治療にかけないといけませんので、それだけの余裕を作ることが難しいのであればストレスを減らすためにもミノキシジルのやめどきを逃さないようにしましょう。

ミノキシジルの最適なやめ時:発毛した状態に満足した時

ミノキシジル外用薬や内服薬を使用・服用し、発毛した状態に満足したのであればミノキシジルの最適なやめどきです。
ただし急激に使用・服用を0にしてしまうと、一気に薄毛が始まり進行してしまう事があるので、抜け毛を予防する為にもしばらくは使用量や服用量を減らして続ける事をおすすめします。

またミノキシジルをやめる時は日頃の生活習慣や食生活を改善し、髪の毛に必要な栄養素を届けられるよう血流促進が出来る対策をし、ジヒドロテストステロンが増えてしまわないようにしましょう。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

ハゲを治すにはどうしたらいいか

ハゲを改善する方法はいくつもあり、日常生活をおくる中で気軽に試せるものもあります。

こハゲを改善するためにあなた自身ができる方法を紹介します。

AGAに起因するハゲどんな対策

ハゲというのはそもそもどのような症状で、どのような種類があるのでしょうか。AGAには3つのタイプがあります。

O字型ハゲ

頭頂部のつむじから薄毛が徐々に進行し、円形に広がる「O字型ハゲ」。

このハゲが進むと、後頭部と側頭部にだけ毛が残ります。

M字型ハゲ

左右のこめかみから徐々にハゲ、M字のかたちになるのが「M字型ハゲ」の特徴です。

U字型ハゲ

おでこがどんどん後退していくのが「U字型ハゲ」です。U字型ハゲが進行すると、後頭部と側頭部の毛が残ります。

AGAが原因で薄毛・抜け毛が進行してハゲている場合は、この「3つのタイプのいずれか」もしくは「3つのタイプが混在している」場合が考えられます。こうした症状に加えて、「抜け毛の量が増えた」「髪質が柔らかくなった」「ハリがなくなった」という自覚がある方は、AGAの症状を疑ってみましょう。

AGAは放置しても改善しない

AGAによるハゲへの対処法として最もふさわしくないのは、そのまま放置することです。AGAは、そのまま放置して改善するものではありません。自分でまずトライすべきなのは、生活習慣を改善することです。例えば、以下のような方法を試してみましょう。

栄養バランスを考えた食事をとる

十分な睡眠時間を確保する

飲酒・喫煙を控える

より刺激の少ないシャンプーを使用する

発毛剤を用いる

頭皮マッサージを行う

さらに、効果的な方法をとりたいなら、投薬治療を受けるという手もあります。クリニックに通院したり、市販のAGA治療薬を用いたりするといった選択肢がありますが、それぞれにメリット・デメリットがありますので、事前に確認しておくことが大切です。

自分でできるハゲ改善法を試す

AGAは遺伝や生活習慣、そして男性ホルモンなど、さまざまな要因が複雑に絡み合うことで引き起こされると言われています。

AGAの症状は、徐々に進行していくため「ハゲるのを防止したい」「ハゲを改善したい」と思うなら、そのレベルに即した対策が重要です。症状がまだ軽いうちは、気軽に試せるセルフケアから始めてみましょう。次に、自分でできるハゲ改善法をいくつか挙げ、解説していきます。

食事や睡眠など生活習慣を改善する

食生活の見直し

髪の毛の主成分は、タンパク質です。タンパク質が不足すると、薄毛も進行していきます。そこで、重要になるのがタンパク質やタンパク質を生成する際に必要となる栄養素「ビタミン」や「亜鉛」などです。タンパク質そのものを肉や魚、卵、大豆、乳製品などで摂取しつつ、血流促進効果があるビタミンや、髪をつくる際に必要な亜鉛などを意識して摂るようにしましょう。ビタミンが豊富なのは、豚肉やレバー、大豆、野菜などで、亜鉛は牡蠣や魚介類、レバーなどに多く含まれています。

その一方で、頭皮環境を悪化させる糖分や塩分、脂肪分などは控えたほうがよいでしょう。また、髪の毛の成長を促すホルモンが多く分泌される午後10時~午前2時にかけて食事すると、食べたものを消費するために血流がおなかに集中してしまいます。そのため、頭皮に十分な血液が回らず、栄養が行き届かなくなりがちです。食生活を改善する際は、食べ物の種類はもちろん、食事する時間帯などにも気を配りましょう。

十分な睡眠時間の確保

先述の通り、髪の毛の成長を促すホルモンは、午後10時~午前2時にかけての時間帯、深い眠りの最中に分泌されます。薄毛を改善するため、成長ホルモンの分泌を促進したいなら、この時間帯の十分な睡眠が欠かせません。

眠りにつく前に好きな音楽を聴くなどしてリラックスしておくと、副交感神経が優位に働き、質の高い睡眠をとりやすくなります。また、寝る直前のスマホを控え、ブルーライトを浴びないようにするのも、深い眠りにつくためのポイントです。

飲酒習慣、喫煙習慣の見直し

過度な飲酒・喫煙の習慣があると、頭皮の血行が悪化したり、髪に必要な栄養を分解してしまったりするため、髪の毛に十分な栄養がいきわたらなくなる可能性があります。お酒やたばこをやめるのが賢明ですが、習慣化している場合はなかなか難しいのも事実です。どうしてもやめられないという人は、「週に1~2日の休肝日をつくる」「たばこの本数を減らす」などから始めてみましょう。

過剰なストレスを溜め込まない

適度なストレスは身体に良い面もあるといわれていますが、過剰なストレスを溜め込んでしまうことは避けましょう。過剰にストレスを溜め込んでしまうと血流が滞り、頭皮環境の悪化を招きかねません。この状態が続くと、毛が成長する前に抜け落ちてしまい、ヘアサイクルが乱れてしまいます。

アサイクルを整えるためには、ストレスを発散することが大切です。趣味に興じる時間を確保したり、友達と遊ぶようにしたり、ウォーキングなど適度な運動をするようにしましょう。こうした時間をもつことで、適度にストレスを発散し、リラックスできるようになります。

育毛シャンプー・育毛剤などを試す

シャンプーを選ぶ際は、頭皮への刺激が少なく育毛効果が期待できるものがおすすめです。これらのシャンプーを正しい手順で使えば、頭皮を健康な状態に保つことができ、髪も生育しやすくなるでしょう。

シャンプーに際しては、シャンプー前にお湯で髪についた汚れやほこりを洗い流し、シャンプーを手で泡立てます。泡立てたシャンプーを指の腹を使って洗えば、頭皮に傷がつきにくくなります。シャンプー後は、すすぎ残しがないよう、根本から洗い流すことを意識してください。

頭皮マッサージを行う

毎日の生活の中に頭皮マッサージの習慣を取り入れるのも、ハゲ改善には効果が期待できるでしょう。頭皮マッサージは、頭皮を刺激し、血行を促進させる働きがあります。マッサージをする時間を決めておけば、習慣化しやすいでしょう。育毛シャンプーなどのすぐあとに頭皮マッサージをすれば、シャンプーに含まれる成分が頭皮の奥まで浸透し、シャンプーとの相乗効果が見込めます。

頭皮マッサージに際しては、指の腹を使ってやさしくもみこむのがポイントです。後頭部から耳の後ろ、側頭部、頭頂部、前頭部の順にマッサージし、頭皮の血行を改善しましょう。

症状がある程度進行しているなら、投薬治療を試す

AGAの症状が、かなり進行していて「薄毛・抜け毛の予防レベルではない」「毛を増やしたい」「より効果が高い方法を試したい」という方は、投薬治療を試してみましょう。クリニックなどで処方される薬にはいくつかの種類があり、期待される効果や費用、通院期間などが異なります。また、海外で認可されている治療薬を個人輸入したり、市販されている治療薬を使ったりすることも方法の一つです。ここでは、クリニックに通って処方薬を手に入れる方法と、個人的に治療薬を購入する方法について解説していきます。

クリニックに通って治療薬を処方してもらう

クリニックにおける一般的なAGA治療は、脱毛抑制剤と発毛剤による投薬治療(飲み薬・塗り薬)です。効果が実感できるのには個人差がありますが、治療し始めて6ヵ月ほど。治療期間としては、1年ほどを見込んでおけばよいでしょう。その間、月に1度の通院と、毎日の内服が必要です。

クリニックで処方される薬は、いずれも医師の処方せんを必要とするものです。

フィナステリド

フィナステリドは成分名で、「プロペシア」と呼ばれる男性型脱毛症用の薬です。

ミノキシジル

成長因子の分泌を促し、髪を生成する原動力になります。

こうした2種類の治療薬を併用することで、抜け毛を防ぎ、髪を増やしていくのです。クリニックに通うメリットは、個々人に適した治療薬を選択してもらえること。さらに、これらの薬以外に、栄養素などをプラスしたオリジナル薬を処方してもらえるケースがあります。

一方で、クリニックに通うデメリットは、「通院に時間がかかる」「クリニックごとに治療費が異なる」「AGA治療が可能なクリニックがある程度限られている」といったことです。また、AGAの治療薬には、保険が適用されません。クリニックで独自に価格を設定できることになっていますので、事前に下調べしておくようにしましょう。

市販のものを購入する場合

クリニックなどで処方される薬のほかにも、発毛剤が市販されています。一般用医薬品のため、クリニックなどで処方されているものより配合量は少なくなっていますが、市販の発毛剤にも「ミノキシジル」が配合されているのがポイントです。国内で市販されている薬のほかに、海外から個人輸入する方法もあります。しかし、虚偽製品をつかまされる可能性があったり、副作用などが出たときの対処方法がわかりにくかったりするなどリスクが高い傾向です。また、日本での安全性・有効性などが確認されていません。

市販の発毛剤を購入するメリットは、通院の必要がなく気軽に試せることです。診察料なども必要ないため、安くすみます。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

プロペシアとミノキシジルの併用で髪が生える

プロペシアミノキシジルは、薄毛の治療薬としては一緒ですが成分が違うため、治療の効果は全く異なります。

ミノキシジルは、毛細血管の血流を促進し、毛母細胞を活性化させる効果があります。

むしろ、プロペシアミノキシジルの併用治療は、積極的な発毛を目的にしたAGA治療では、スタンダードな選択肢になりつつあります。

プロペシアミノキシジルを併用することで薄毛の進行を止めると同時に毛髪の増加が期待できるのです。

併用して、さらに発毛効果を実感しましょう。

また、併用することで副作用が強くなることはありませんので安心してください。 

 

f:id:participantlink:20190621024502p:plain

プロペシアに期待できる効果

まず、知っておいてもらいたいことは、プロペシアの特徴は脱毛を防ぐ作用であり、発毛や育毛効果はありません。

プロペシアの有効成分は、フィナステリドです。

AGA(男性型脱毛症)の主な原因物質は DHT(ジヒドロテストステロン)です。

AGAで悩む男性も脱毛箇所の頭皮に通常より多くのDHTが確認されています。

DHTは5α還元酵素によってテストステロンが変換され生成されます。このDHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合すると、成長期にある毛髪に対して退行期及び休止期に移行する信号が出されます。

 

その結果、毛周期(ヘアサイクル)が短くなり退行期の細い毛髪が増えたり、毛髪が長く太い毛に成長する前に抜けてしまうので、毛髪が薄くなってしまうのです。

プロペシアの主成分のフィナステリドは、AGAの原因であるDHTを生成するのに必要不可欠な5α?還元酵素を阻害することでDHTの生成を抑制します。

これにより成長期が長くなり細くなった髪の毛にコシが出てきて、休止期にある毛穴からの毛髪も成長しAGA改善の効果が期待できる医薬品です。

発毛よりも抜け毛を抑えることができ、髪が増える効果といえるでしょう。

ミノキシジルに期待できる効果

ミノキシジルは、毛包に直接働きかけ髪の毛を成長させることができます。

まず、髪の毛には、成長期、退行期、休止期という3段階のヘアサイクルがあります。

しかし、AGAの男性ホルモンの影響によって、ヘアサイクルが短縮されて、髪の毛が十分に成長することができず、弱々しくなり、成長途中の毛が抜けてしまいます。

そのため、健康な髪が生えてこず、薄毛になる事態に。

そのヘアサイクルが乱れる原因の一つは、「毛包」にあります。

毛包とは、頭皮の中で髪の毛を作り、育てることを担っている部分をいいます。

毛包に直接働きかけることにより、ヘアサイクルの乱れで小さくなっていた毛包が、血管を拡張する成分で細胞を活性化させ、毛包を成長させます。

血管が広がれば、必然的に血流が良くなり、毛細血管を通して毛包にも栄養分が届けられることにより、髪の毛が元気になります。

そのため、正常な発毛サイクルを取り戻せて発毛効果の実感が得られます。

プロペシアの1日の飲む量と時間

通常、医薬品には食前・食後・食間と服用のタイミングが決まっているものがありますが、プロペシアにはそういった決まりはありません。

飲み方の条件は、必ず1日1回、水またはぬるま湯で飲みましょう。

お茶やジュースなど水以外で飲んだ場合、予想できない作用が出て身体に悪影響を与える可能性があります。

主成分のフィナステリドは体内での血中濃度を24時間までしか保てません。

24時間を過ぎてしまうと効果を期待できなくなり、その間にAGAが進行することになってしまう恐れがあります。

そのため、毎日決まった時間に服用することがとても大切になるのです。

しかし、飲酒後には飲んではいけないので、就寝前よりはお酒を飲んでいる可能性が少ない朝に飲服用する方が安全です。

飲み忘れたからといって、一度に飲み忘れた分をまとめて服用するのは大変危険です。

たくさん服用したからといって、効果が倍増するわけではありません。

1日の上限を超える量を飲むと、肝臓への負担をはじめとする健康被害のおそれがあります。医薬品は服用量が決まっています。

生活サイクルの中で飲み忘れにくい時間帯を決め、1日1回の服用を心がけましょう。

ミノキシジルの1日の飲む量と時間

ミノキシジルには、2.5㎎、5㎎、10㎎があります。

高い効果を実感するためには、できるだけ長く体内に有効成分をとどめておく必要があります。

そのため、成分の血中濃度を維持するために1日1回~2回、朝と夜に服用すると効果的といわれています。

成人に対しては、1日服用量5mgから開始することが推奨されています。

必要に応じて1日服用量20mgまで増量ができ、その後1日服用量40mgまで増量ができます。

しかし、ミノキシジルには副作用が出る可能性があります。

副作用が心配な方は、最初は5mgから始めると良いでしょう。

また、1日1回の服用の場合は、毎日同じ時間に水またはぬるま湯で飲みむよう心がけましょう。

飲み忘れたからといって、一度にたくさん服用することはプロペシア同様大変危険です。

かえって副作用の頻度を上昇させるおそれがありますので、1日分の容量を守りましょう。

血管の拡張作用があるため、低血圧の方や降圧剤を使用されている方が服用すると、必要以上に血圧が下がり危険なことがあります。

プロペシアジェネリックミノキシジルはセット購入がお得

プロペシアミノキシジルも医薬品となりますので、医療機関から処方を受ける必要があります。

国内では、ドラッグストアやAmazon楽天などの通販では販売されていません。

AGA専門クリニックなどで医者に処方してもらう必要があります。

しかし、プロペシアミノキシジルは保険適用外の自由診療の為、治療費はすべて実費となります。

そのため、治療費は診察料込みで、毎月3万円程となり高額にあります。

また最近では、個人輸入を代行してくれるサービスもあり、パソコンやスマートフォンなどのインターネット環境さえあれば、誰でも簡単に入手できるようになりました。

個人輸入代行業者は、オオサカ堂が有名です。

オオサカ堂は、AGA治療薬を豊富に取り揃えていて、価格も安価で20年以上運営している実績のあるサイトですので安心して購入できます。

もちろんプロペシアジェネリック)とミノキシジルも取り扱っています。

価格は、日本の医療機関で処方してもらうよりもとても安く購入できます。

プロペシアジェネリック医薬品ミノキシジルのセットの商品も販売されています。

有効成分はプロペシアと同じですので、効果は変わりません。

 

 

oneclck.net

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

ミノキシジルとフィナステリドの最安値AGA治療

フィナステリドとミノキシジルは、ともに日本皮膚科学会が発表した薄毛治療のガイドラインで、クラスAの評価です。それぞれ単体として使用しても治療に用いられますが、2種類を併用して治療を行うのが一般的です。

f:id:participantlink:20200627153554p:plain

フィナステリドは、酵素である5α-リダクターゼが男性ホルモンのテストステロンに働きかけ、ジヒドロテストステロン(DHT)に変換してしまうのを防ぐ効果があります。

DHTはAGAにおける抜け毛の原因のひとつであるため、DHTの生成そのものを阻害することにより、抜け毛の原因に働きかけます。フィナステリドは日本国内ではプロペシアの名で製造・販売されています。

 

ミノキシジルは、血流を増やす作用があります。血流を増やすことにより、髪の成長を促す環境を整えます。ミノキシジルを単剤使用した場合は、すでにある毛根に対しては成長を促しますが、産毛を生やすという作用は多くありません。

 

髪の成長を最も効果的に促進するにはミノキシジルとフィナステリド併用することと考えられています。ミノキシジルには外用薬と内服薬があり、外用薬については薬局でも購入できますが内服薬については通常の医療機関では取り扱いをしているところは少なく、発毛専門の医療機関で取り扱うことが多いです。

 

ロゲインのジェネリックであるカークランド(ミノキシジル)とプロペシアジェネリックであるフィンペシア(フィナステリド)の組み合わせは、最安値のAGA治療です。

それでは、それぞれの効果を見ていきます。

カークランドは、ロゲインのジェネリック医薬品です。

 

f:id:participantlink:20190609234027j:plain



日本国内でも取り扱われているリアップと同成分であるミノキシジルを5%配合しています。

ミノキシジルは、世界90カ国以上で使用されている成分です。

毛髪の成長に関与する毛包に作用して、毛を太くする効果があり、脱毛症診療のガイドライン日本皮膚科学会)において、推奨度A(行うことを強くすすめる)とされている成分です。比較試験においてもその有効性が実証されています。

カークランドミノキシジルは、ヘアサイクルの変化によって小さくなってしまった毛包を大きくすることで、薄毛を改善します。 


フィンペシアは有効成分・フィナステリドを含有する、男性型脱毛症治療薬です。

 

f:id:participantlink:20190609234200p:plain


フィンペシアに配合されているフィナステリドは、毛根中の毛乳頭細胞にある5-α還元酵素の働きを阻害して、男性ホルモンであるテストステロンが、脱毛症の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)へと変化するのを抑制し、髪の毛が薄くなるのを防ぎます。

ジヒドロテストステロン(DHT)は遺伝的な男性型脱毛症を誘発します。

よって、フィンペシアで5-α還元酵素を阻害しジヒドロテストステロン(DHT)へ変換されるのを妨げることは、男性型脱毛症の治療において有効です。

フィナステリドは、5-α還元酵素への選択性があるため、他のホルモン系への影響による副作用が極めて少ないことも利点の一つです。

また、フィナステリドは国内臨床試験において、改善率がプラセボ(偽薬)よりも有意に優れていることが確認されており、海外においてはフィナステリド1mg投与5年後の写真評価において、90%の患者で抜け毛の進行を抑える効果や改善効果のあることが認められています。 

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

ザガーロとプロペシアの違い

今まで薄毛治療に一般的であったプロペシアと同様にAGA治療薬として新たに注目を集めている新薬が、ザガーロになります。

ザガーロの主成分デュタステリドは、男性特有の病気である前立腺肥大症の治療薬としても効果を発揮する薬です。

前立腺肥大症の治療薬としては、アボルブという名前になり、泌尿器科などで処方されています。

AGA治療薬のザガーロは、元々は5α-還元酵素阻害薬(5αリダクターゼ)として前立腺肥大症の治療用に研究・開発されていました。

日本ではアボルブカプセル錠が2009年に承認されました。

5α-還元酵素阻害薬は、男性ホルモンの1種のDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑える効果がある薬です。

DHTの生成を抑制することは、AGAにも効果が期待できると考え更に研究が進み、その結果としてAGA治療薬のザガーロが誕生し、2015年9月に承認されています。

 

f:id:participantlink:20190523002107j:plain

 

 

男性型脱毛症(AGA)の治療薬ザガーロ

ザガーロは、男性における男性型脱毛症(AGA)を適応症として承認され、ザガーロカプセル0.1mgとザガーロカプセル0.5mgの2種類が承認されています。

ザガーロは1日に1回1錠を服用し、半年以上の長期間服用し続ける必要がある薬です。基本は0.1mgを服用しますが、必要に応じて0.5mgを服用していきます。

半年間服用し続けた結果、男性型脱毛症の原因となる抜け毛に大きく関与している頭皮のジヒドロテストステロン(DHT)の濃度が40~52%減少したデータがあります。

頭皮のジヒドロテストステロンの濃度が下がると、男性ホルモンによる強制的な抜け毛がなくなり、強くて太い本来の健康的な髪の毛が増えていきます。

 

5α-還元酵素阻害薬のザガーロ

プロペシアもザガーロも、1日1回1錠ずつ服用します。どちらの薬も5α-還元酵素阻害薬で、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を防ぎます。プロペシアやザガーロを服用していくと、髪の毛のサイクルを正常に戻す事ができます。

薬の効果で大きく違う点に、プロペシアの主成分フィナステリドは、5α-還元酵素2型の阻害薬であることに対して、ザガーロのデュタステリドは1型・2型両方共阻害します。

 

5α-還元酵素の1型と2型の違い

 

5αリダクターゼ(酵素)は、人体に存在する酵素の一種で、男性型脱毛症(AGA)の原因物質でもあることがわかってます。

5αリダクターゼ(酵素)には、
・Ⅰ型5αリダクターゼと
・Ⅱ型5αリダクターゼ
の2種類のタイプがあります。

頭皮では、
・Ⅰ型5αリダクターゼは、皮脂腺に多く存在し、
・Ⅱ型5αリダクターゼは、前頭部や頭頂部の毛乳頭細胞に多く存在する
ことがわかっています。

薄毛は前頭部や頭頂部から進行することからもわかる通り、AGA(男性型脱毛症)は、主に「Ⅱ型5α-リダクターゼ」の影響を強く受けると考えられています。

このⅡ型5αリダクターゼ(酵素)は、男性ホルモンのテストステロンを、より強力な男性ホルモンであるDHT( ジヒドロテストステロン)に変換する働きがあります。

DHT(ジヒドロテストステロン)がさらに男性ホルモンレセプターに結合して毛乳頭や毛母細胞へ髪の毛を成長させないよう脱毛因子 (TGF-β)が指令を出します。

 

5αリダクターゼの役割

 

5αリダクターゼの活性の強さや男性ホルモンレセプターの感受性の強さは親から遺伝されると考えられています。

このように、Ⅱ型5α-リダクターゼは、男性型脱毛症(AGA)に大きく関与しています。このことからも、男性型脱毛症(AGA)対策としては、

「5αリダクターゼの働きを抑制すること」
「DHTの働きを抑制すること」
「男性ホルモンレセプターの活動を阻害して流れを断ち切ること」
「脱毛因子「TGF-β」 の活動を抑制すること」
「毛乳頭が出す脱毛サイン物質を抑制すること」
「毛乳頭が出す発毛サイン物質を増やすこと」
といった発想などから育毛剤や育毛サプリメントの研究が進んでいます。

 

f:id:participantlink:20200102205104p:plain

 

主に毛乳頭部分に多く存在する

 

この5α-還元酵素は人によって多い少ないがあり、5α-還元酵素の活性を持つ遺伝子は優性遺伝することも分かっています。

これらの要因により、親が薄毛の場合、子どもも薄毛になりやすくなるのではと推測されています。

AGAの治療においては、毛髪に直結した部位に注目が集まりますが、上記の部位以外にも5α-還元酵素は、精巣や前立腺にも存在しています。

前立線の5α-還元酵素を阻害する結果、前立腺の肥大化を抑える効果が生まれてきます。

 

副作用の違い

 

プロペシアとザガーロの主な副作用は、どちらもED(勃起不全)や性欲減退など、男性器に関連した症状が主な副作用となり、似たような症状となっています。

男性ホルモンは主に睾丸で生成されます。

この生成自体を抑える抗アンドロゲン剤と異なり、5α-還元酵素阻害薬は生成される男性ホルモン量は変わりませんが、より強力にパワーアップ(ジヒドロテストステロンに変換)されるのを防ぎます。

成長期の男児にDHTが不足してしまうと、男性が男性らしい体つきに成長する事に大きく影響している男性ホルモンの力が弱まるため、生殖機能の成長に大きな悪影響が出ます。

そのため、成長期の子どもがザガーロなどの5α-還元酵素阻害薬を誤飲してしまうと、大きな問題になってしまいます。

 

効果の違い

 

プロペシアの主成分フィナステリドは、5α-還元酵素2型の阻害薬として、AGAの治療で使われています。ザガーロは1型と2型両方の5α-還元酵素を阻害します。

AGA治療においては、5α-還元酵素2型を主に阻害することで、頭頂部の抜け毛予防につながります。特化型のプロペシアに対して万能型のザガーロとなり、どちらの薬もAGA治療においては効果的となっています。

ザガーロの主成分デュタステリドは、もともとは前立腺肥大症の治療薬として開発されていた経緯もあって、AGA治療だけでなく、前立腺肥大症の治療にも使わている点が大きく異なっています。

前立腺肥大症の治療においては、前立腺で男性ホルモンがDHTへと変換されることを防ぐため、50代で30%、60代で60%とも言われる男性なら極めて高確率で罹患する前立腺肥大症そのものを治療し、前立腺の肥大化を防ぐだけでなく長期間の服用で徐々に小さくしてくれます。

 

デュタステリドの前立腺肥大症への効果

 

ザガーロの主成分デュタステリドには、加齢とともに肥大化していく前立腺を縮める効果があります。

同じ5α還元酵素阻害薬のプロペシアにも同じ様な効果があるのではと言われていますが、2018年の時点では厚生労働省に適応症として認められていません。

日本泌尿器科学会においても、プロペシアの主成分フィナステリドを処方する場合は、適応症外のため保険適用外となっています。

デュタステリドは、中度~重度の前立腺肥大症患者に、強く処方を勧められる薬となります。この適応症の差が、フィナステリド(プロペシア)とデュタステリド(ザガーロ)の大きな違いと言えます。

ちなみにデュタステリドが前立腺肥大症の治療薬として処方される場合は、日本国内ではアボルブという名前で販売されています。

アメリカやイギリスなど欧米ではアボダートという名前で流通しており、どちらも同じ薬です。

アボルブや欧米版のアボダートも、ザガーロと同じ1錠にデュタステリドが0.5mgもしくは0.1mg分が含まれているため、AGA治療でザガーロを服用している方は、長期間服用し続けていけば、将来的な前立腺肥大症のリスクも同時に軽減することができるのです。

そのため、30代以降でAGA治療を検討している方は、長期間の服用で前立腺肥大症のリスクも軽減できるため、ザガーロの方がオススメと言えます。

また既に前立腺肥大化の治療でアボルブを服用している方は、AGA治療の効果も期待できるのです。

 

フィナステリドの可能性

 

プロペシアの主成分フィナステリドは、前立腺肥大症への治療効果について明確な研究結果が示されてはいないため、現時点では何とも言えないのが実情です。

しかし、ザガーロと同じ5α還元酵素阻害薬であることに変わりらはないため、薬を服用していない方よりは、少なからずの好影響を与えているのではと推測できます。

事実、海外では前立腺肥大症の治療薬としてプロペシアの主成分フィナステリドが承認されている国もあります。

プロペシア前立腺肥大症の治療目的で服用するのは、日本国内では適切な治療方法ではありませんが、AGA治療目的で服用している方には、前立腺肥大症への好影響も同時に受けれることができ、一石二鳥となります。

 

ザガーロとプロペシアの違い

 

プロペシアはAGA治療でのみ承認されている

・ザガーロはAGA治療薬と前立腺肥大症の治療薬としての効果も承認されている

日本国内では、主成分デュタステリドの薬が、ザガーロにアボルブと2種類ありますが、海外ではアボダートのみです。

どれも名前が異なるだけで、同じ薬です。

事実韓国では、AGA治療薬アボダート(AVODART)として日本よりも早く2009年に承認されています。イギリスやアメリカでは、BPH(前立腺肥大症)に関した治療でのみ承認されています。

つまり、ザガーロもアボルブも名前が異なるためややこしいですが、日本国内においては保険適用の有無くらいしか違いがなく、同じ薬という認識で問題ありません。

  

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

発毛剤と育毛剤の違いとは

成人男性でAGAで薄毛に悩まれている方はたくさんいますが、AGAは正しい治療をすれば必ず治ります。

f:id:participantlink:20211231165822j:plain

AGA

公益社団法人日本皮膚科学会の発表によると、成人男性の20代の約10%、30代の約20%、40代の約30%、50代以降は40数%の男性が薄毛に悩んでいると言います。

最近では、「リアップ」や「スカルプD」などの有名な商品名に加えて、ミノキシジルやアデノシンなどの効果のカギを握るキーとなる成分名などもTVやインターネットなどで目にする機会も多くなっています。

 

しかしながら、「発毛剤と育毛剤の違い」をはじめ、「医薬品と医薬部外品の違い」や、「発毛剤による副作用」など、疑問を抱いている人も少なくないのではないでしょうか?

 

そこで、発毛剤を選ぶ上で知っておきたい基礎知識や選び方、また、市販されているおすすめの発毛剤をここでご紹介します。

発毛剤と育毛剤の違いとは

薄毛などのいわゆる毛髪のトラブルに対応する商品は、大きく2種類に分けられます。それが「発毛剤」と「育毛剤」です。

「発毛剤」とは、新しい毛髪を増やす発毛効果が認められている医薬品になります。なので、その用途は主に薄毛の治療ということになります。発毛効果以外にも、毛髪を強く育てたり、頭皮環境を改善する育毛効果も期待できるのです。

一方、「育毛剤」とは、医薬部外品に分類されます。頭皮を清潔に保ち髪が育ちやすい環境を整え、これ以上の抜け毛を防ぐ役割を有するものをそう呼んでいます。

日本皮膚科学会が最高評価を与えた3つの「発毛成分」

日本皮膚科学会編 男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」では、5段階で成分の推奨度を規定しています。

それによると、「最もおすすめできる」と最高の評価を与えた成分は次の3種類、どれも医薬品成分でした。

フィナステリド
デュタステリド
ミノキシジル
上記の中で、市販薬への配合が認められている唯一の成分、それが「ミノキシジル」となります。

ミノキシジルに注目

ミノキシジル」とは血管拡張薬として開発された成分であり、のちに発毛効果があるとされ発毛剤に転用された医薬品になります。毛包(もうほう)という器官に直接作用し、新しい毛の発生を促進したり、既にある毛髪の成長を促進する作用があることを、様々な国で認めています。

また「ミノキシジル」には、成分濃度が1%の製剤と5%の製剤があります。大正製薬の調査によると、5%の製剤のほうが髪の総数や太さの点において1%の製剤よりも高い発毛効果を研究を重ねた結果、明らかになっているとのことです。

とは言え、副作用(後述します)も強くなりますので、使用には細心の注意が必要でしょう。ちなみに、AGA治療向けの内服薬としての開発も行われていましたが、犬による動物実験の結果、心臓破裂で死亡。これによって内服薬としての開発は中止されたという話もありますので、十分の注意が必要です。

医薬品の分類とは

ドラッグストアなどで購入できる一般医薬品は、その効果・効能と副作用のレベルに応じて5種類に分類されています。

要指導医薬品
第1類医薬品
指定第2類医薬
第2類医薬品
第3類医薬品
最も薬効と副作用が強いのが、要指導医薬品です。そこから順に、効き目が抑えめであることが多くなります。そのため、あなたの毛髪状況によって、どの分類の発毛剤を使うべきか検討する必要があります。

ちなみに要指導医薬品は、原則3年間市販薬として販売された後、安全性に問題がなければ一般用医薬品とされます。

一般用医薬品は、医療用医薬品(医師の処方箋をもとに、調剤される薬品)に比べて、薬の有効成分の含有量が少なくされています。

ミノキシジルの力を発揮させるダーマローラー

homelink.web.fc2.com

 

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

成人男性の約3人に1人が男性型脱毛症AGA

AGAとは、男性型脱毛症のことで日本では、約1,260万人以上の方が対象とされており、成人男性を中心に髪が薄くなる状態をいいます。

 

f:id:participantlink:20190608144533j:plain

 

特定の薬剤の名称や治療法のことではなく、薄毛や抜け毛に悩んでいる方や将来自分の頭髪に不安があるという方をサポートし、生活習慣の改善まで含めてケアしていくことが「AGA治療」とされています。

成人男性の約3人に1人がAGAに悩まされていますが一番の理由とされるのが男性ホルモンの過剰分泌といわれ、頭頂部と額の生えぎわから起こることが特徴です。
よく、AGAと薄毛の差で混乱される方がいます。

 

薄毛は、一般的に思春期以降、額の生え際や頭頂部の髪の一方または双方から薄くなっていくとされます。

遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられていますが、AGAは皮膚内で毛髪を作り出す毛包が十分に成長しないため、髪の毛が太く長く育たないうちに抜けてしまいうことが原因といわれ、徐々に薄毛や抜け毛が進行していきます。

しかしながら、完全に髪がなくなるのではなく、細く弱々しいうぶ毛は残っている状態です。

とはいえ、毛包が存在している限り、髪の毛は太く長く育つ可能性があります。AGAの中心年齢は、30代?50代の中年の男性にみられる傾向ですが、近年では20代の若い人のAGAも増えてきています。

特にAGAは進行度に個人差がありますので、何もしないでゆっくりと髪の毛の数は減り続け、抜け毛・薄毛が徐々に目立ってきます。

髪は一定のサイクル(毛周期)にしたがって、成長しては抜け落ち、同じ毛根からまた新しい髪が生えてくるというサイクルを繰り返すとされています。

本来、髪の毛は抜けるものなので、シャンプーの際の抜け毛や朝起きたときの枕元の抜け毛などはあまり気にする必要はありませんが、抜け落ちる量が極端に多い場合は心配です。正常な毛髪のサイクルが保たれていれば、薄毛になることもありませんが、実はこのサイクルを乱す物質が存在します。

これが、「DHT(ジヒドロテストステロン)」と呼ばれる男性ホルモンの一種で、本来は男子の胎児期に外性器の発達を促す重要な働きをするホルモンです。

DHTは思春期を過ぎると、悪玉男性ホルモンへと変化し、この変化により、AGAだけでなく、ニキビを増やしたり、前立腺肥大などの症状を引き起こす原因となってしまうのです。

DHTが正常な毛髪サイクルを乱す原因となるメカニズムは、男性ホルモンである「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という酵素の働きによって「ジヒドロテストステロン(DHT)」となり、毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体(レセプター)と結びついてしまうと、薄毛を加速させてしまうといわれています。

通常、生えた髪の毛は2年~6年、維持されますが、「DHTタイプII」がターゲットである前頭部と頭頂部の髪の毛の毛乳頭細胞にある「男性ホルモンレセプター」に接続すると脱毛に関するたんぱく質を生成し、一気に毛髪の寿命を縮めてしまいます。

これにより数ヶ月から1年で成長が止まってしまいます。髪は、「毛周期」にあわせ、毎日少しずつ成長しています。AGAは、このヘアサイクルが崩れることによって起こってしまいます。

前述したとおり、AGAは「男性型脱毛症」という意味を持ち、数多くある脱毛タイプのひとつに数えられますが、男性であれば、薄毛・抜け毛の悩みはすべてAGAに当てはまるということではありません。

若い男性に多く見られることが多い脱毛タイプで、男性ホルモン(テストステロン)が大きく関係していると言われています。

その他にも、加齢・ストレス・食事・生活習慣なども関わっているとされています。
過剰なストレスなどを受けると血管収縮のため、頭皮への影響もありますので、ストレスのない生活を目指すことも大切です。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

攻めのミノキシジルと守りのフィナステリドの併用で薄毛改善

AGA治療において、まず第一に選択すべきは、現在のAGA治療の最先端医療において最も高い成果をあげている二大成分のフィナステリドとミノキシジルの投与です。

これら以外にも有効と考えられる成分はありますが、フィナステリドとミノキシジル 以外は実際の治療現場ではあまり信用性が無いというのが実情です。

フィナステリドとミノキシジルを併用することによって、改善スピードを上げる事が可能です。
フィナステリドが守でミノキシジルは攻めの作用を担います。

 

f:id:participantlink:20190517222818p:plain

 

フィナステリド

f:id:participantlink:20190517223022p:plain


AGA治療に効果が高いとされているフィナステリドですが、、脱毛や薄毛化を進行させる悪玉ホルモンジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑えることによってです。

人間のからだにはテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが存在します。このホルモンはからだに悪影響を与えることはありません。

むしろ、男性にとっては男らしく力強いからだをつくり、生殖能力を維持するのに欠かせません。精神的にアグレッシブにするという役割もあります。

しかし、テストステロンがある酵素と結びつくと悪玉ホルモンに変化してしまうのです。それが、5αリダクターゼという酵素です。

頭皮の毛根付近にこの酵素は多く存在していますが、テストステロンが5αリダクターゼと結びつくと、ジヒドロテストステロンという悪玉ホルモンが誕生してしまうのです。

ジヒドロテストステロンは、毛母細胞にある受容体と結びつくと、健康な毛根に成長をやめて脱毛させよという信号を送ります。すると毛根が弱ってしまい、成長段階の髪が脱毛してしまいます。

そして、毛根自体も弱ってゆきやがて閉じてしまうのです。

フィナステリドは、5αリダクターゼの働きを妨害します。

テストステロンが5αリダクターゼと結びつかなければ、悪玉ホルモンは誕生しません。

そして、抜け毛も起こらずに、正常な毛髪サイクルが保たれます。

ミノキシジル

f:id:participantlink:20190517222943j:plain


ミノキシジルは強い血管拡張作用と、新しい毛細血管を作るという作用があります。

そして、毛根への血液の流れを良くしてくれるのです。悪玉ホルモンジヒドロテストステロンによって毛根が弱ってくると、発毛能力が落ちてゆきます。

すると、古くて弱くなってしまった毛根には栄養を届ける必要が無いだろうとからだが判断し、毛細血管がなくなってしまいます。

そうなることで毛根はますます弱くなり、いずれはその役割を終えたと判断して自然に閉じてしまうのです。

こうした悪循環を断ち切るために、ミノキシジルは弱くなった毛根付近にも新しい毛細血管をつくりだしてくれます。

すると、毛根はまだまだ頑張ろうとして、発毛活動を活性化するのです。

髪の毛に良いとされる栄養素

 

f:id:participantlink:20190517223127p:plain


髪の毛に必要な栄養素はさまざまですが、髪の毛にとって最も良いとされている栄養素はタンパク質・亜鉛・ビタミンです。この栄養素は、髪の毛を作りだす際に重要となります。

 

タンパク質


髪の毛の約90%はケラチンというタンパク質からできています。このケラチンを構成するもとになっているメチオニンは、体内で生成できない必須アミノ酸の1つです。

そのため食事でのみこのケラチンを摂取することができます。

これら髪の毛の元となるタンパク質が不足してしまうと、髪の毛は細くなり薄毛や抜け毛につながるだけでなく、色素も薄くなることから白髪が増加してしまう可能性があります。

亜鉛


亜鉛は、ミネラルの1種でタンパク質を合成するのに欠かせない栄養素です。どんなにタンパク質を大量に摂取しても、亜鉛が不足していると髪の毛の成長につながりにくくなってしまいます。

髪の毛以外にも、亜鉛が不足すると免疫力の低下や味覚障害などが起こることもありますが、現代人が1日に摂取している亜鉛は必要量の半分にも満たないといわれています。

不足しがちな亜鉛は、食事だけでなくサプリメントで補うのも良いでしょう。

ビタミン

ビタミンは、主に他の栄養素が機能するように働く潤滑油のような存在です。

ビタミンは全部で13種類あり、その中でもA、B群、C、Eは髪に良いとされています。

また、ビタミンも体内生成できないため食べ物から摂取する必要があります。

ビタミンA

新陳代謝を促進し、頭皮の乾燥やフケ、かゆみを防いで頭皮環境を整える作用があります。

乾燥肌が気になる方は意識して摂取したいビタミンです。

しかし、ビタミンAを過剰摂取してしまうと、頭皮が硬くなり脱毛の原因になるため摂取量には注意が必要です。

サプリメントなどでビタミンA単体を摂取する場合は過剰摂取にならないようにしましょう。

ビタミンB群

ビタミンB1、B2、B6、B12、葉酸パントテン酸をまとめてB群と言います。B群は育毛、発毛を促していくために、優秀な働きをする栄養素です。

ビタミンC

頭皮環境を正常化、コラーゲンやタンパク質の構成を促進する効果があります。髪の毛のトラブルの原因となる疲労やストレスの回復にも効果があります。

ビタミンE

健康な髪の毛を育てる、抗酸化作用、抗炎症作用、血行促進などの働きが詰まっている栄養素です。

ビタミンCと一緒に摂取することで相乗効果が期待できます。

 

oneclck.net

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

髪の毛がハゲる食べ物ワースト10

髪の毛がハゲる食べ物があります。
今回は、髪の毛や頭皮に悪い影響を与えてハゲてしまう食べ物を見ていきます。
下記がハゲる食べ物ワースト10 になります。 

1位 ラーメン

f:id:participantlink:20190422235904j:plain

大量の脂肪分が1番の原因です。
脂質だけでなく塩分やカロリーも非常に高い食べ物になります。
血行を鈍らせ皮脂を過剰分泌させるラーメンはハゲる食べ物ナンバー1です。

2位 スナック菓子

f:id:participantlink:20190422235945j:plain

塩分の高い食べ物は、血中塩分濃度を下げるために心臓へ負担がかかり血行不良を招きます。
血行不良はハゲにとっての大敵なので、血行を鈍らせる食べ物はハゲを進行させます。
さらに大量の添加物と脂質が合わさり最悪です。

3位 コンビニの食品

f:id:participantlink:20190423000009j:plain

コンビニは手軽で便利ですが、お弁当、おにぎり、パンなどコンビニの食品には、大量の防腐剤や添加物が含まれています。

4位 ファーストフード

f:id:participantlink:20190423000033j:plain

ハンバーガーやフライドポテトは脂質や塩分も多く含まれているヘゲる食べ物です。
生産性とコストを重視したファーストフード店の食べ物には、大量の添加物が含まれてます。 

5位 インスタント食品

f:id:participantlink:20190423000102j:plain

カップ麺やカップスープは食品添加物の多い食べ物です。
添加物はハゲる食べ物の定番です。
健康を害するだけでなく、酷い血行不良を招きます。

6位 お酒

f:id:participantlink:20190423000128j:plain

お酒を飲むと、アルコールを分解する役目を担う肝臓に負担がかかります。
肝臓は髪の毛の主成分となるたんぱく質の合成を行う器官でもあります。
アルコールの分解に精一杯になり、タンパク質の合成が鈍ってしまいます。

7位 肉の脂身

f:id:participantlink:20190423000156j:plain

脂身の多い肉はハゲる食べ物なので避けるのが懸命です。
特に肉の脂身は動物性脂肪になるので、植物油よりもハゲるリスクの高い食べ物です。

8位 コーラ

f:id:participantlink:20190423000217j:plain

コーラに含まれているリンは、薄毛・抜け毛の原因になる成分です。
一般的には350mlの飲料水の中にはリンが10mg前後含まれていると言われていますが、コーラの場合はなんと40~70mgも含まれており、非常に多量のリンを含んだ飲料水です。
また、甘味をつけるために使用されているのが、ショ糖と言う糖分です。
ショ糖を分解するために大量のビタミンB2・ミネラルが消費され、髪の毛に栄養が回らなくなってしまいます。
ビタミンB2が大量に消費されると皮脂が過剰に分泌され、毛穴が塞がってしまい毛髪が育たない環境が出来てしまいダブルパンチとなります。

9位 甘い食べ物

f:id:participantlink:20190423000250j:plain

甘いものといえば、ケーキやアイスクリーム、チョコレートなどが最初に思いつくのではないでしょうか。
高脂肪で高コレステロールのものは髪に悪影響を及ぼします。

10位 コーヒー

f:id:participantlink:20190423000320j:plain

コーヒーに含まれるタンニンには、亜鉛の吸収を妨害する働きがあります。
亜鉛は髪に必要な栄養素です。
まあ、カフェインにより睡眠障害や意を荒らしてしまう事で消化機能や吸収能力が低下してしまい、必要な栄養も十分に吸収できず弱った髪の毛を作る原因になります。

上記が髪に悪い食べ物ですので、ハゲ克服するには控えた方が良いです。
逆に髪に良い食べ物には下記の通りです。

髪に良い食べ物

f:id:participantlink:20190520154405p:plain


・髪の基本成分のケラチンのもとになる上質アミノ酸を含むタンパク質が多い食品

肉、魚、卵、大豆製品、牛乳、乳製品、カキ

甲状腺の働きを助け、髪の発育を促進するヨードを多く含む食品

わかめ、昆布、ひじきなどの海藻類

・血行をよくして抜け毛を防ぐビタミンE、Aを多く含む食品

にんじん、かぼちゃ、小松菜、ほうれん草などの緑黄色野菜、玄米、胚芽米、小麦胚芽油、ごま、ナッツ類、紅花油

・ビタミン、特にA、C、E、Fなどを多く含む食品

レモン、オレンジ、キンカンさくらんぼ、いちごなどの柑橘類

・血液の凝固力を下げコレステロールを防ぐエイコサペンタエン酸を多く含む食品

いわし、ぶり、さばなどの背の青い魚

・頭皮の新陳代謝を促進するビタミンBを多く含む食品

玄米、小麦胚芽油、豚肉の赤身、レバー、マグロ

・髪のツヤや張りをよくするコラーゲンを多く含む食品

長いも、れんこん、納豆

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

ザガーロとプロペシアの効果の違い

ザガーロ(デュタステリド)は従来のプロペシア(フィナステリド)の男性型脱毛症用薬と比較して、 発毛効果・育毛効果が1.6倍程度に改善しています。 (発毛効果は毛髪数の増加量を、育毛効果は毛髪の太さの増加率をそれぞれ計測しています。) プロペシア1㎎に比較して、 ザガーロ0.5㎎の副作用発現率はプロペシアと 同程度と報告されています。 つまりザガーロ0.5㎎はプロペシア1㎎ よりもAGAの改善効果が上昇しているにも関わらず、 副作用発現率は同じくらいに抑えられていると言う事です。 

f:id:participantlink:20190712020230p:plain

 

ザガーロの効果

f:id:participantlink:20190713002957p:plain

ザガーロはプロペシアと同様に5α還元酵素阻害薬に分類される薬剤ですが、 プロペシアに比較して、 AGAの原因物質であるジヒドロテストステロンの抑制効果が高く、 その結果AGAの改善に対しての効能が向上しています。

ザガーロの副作用

ザガーロの代表的な副作用には勃起不全(4.3%)、性欲減退(3.9%)、精液減少(1.3%)などが 有ります。これらの副作用はプロペシアとほとんど同様な内容です。 つまりザガーロはプロペシアよりもAGAの改善効果は高まっていますが、 副作用の発現率などは同程度に抑えられています。

ザガーロの重要な基本的注意

(1)ザガーロは皮膚からも吸収されるので、使用を禁忌されている女性や小児は、 カプセルから漏れでた薬剤には触れないように注意してください。漏れた薬剤に触れた場合は、 直ぐに洗い流すようにしてください。
(2)前立腺の検査項目であるPSA:前立腺特異抗原に関して
PSAは前立腺癌診断と経過観察に重要な腫瘍マーカーです。
ザガーロはこのPSAの値を、実際の状態よりも低下させてしまう傾向があります。 PSAの検査を受ける際は必ず、担当医にザガーロ服用の状況を伝えてください。

ザガーロ・プロペシアの比較

f:id:participantlink:20191231013747g:plain

薄毛の原因として挙げられるのがDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンで、これは男性ホルモンであるテストステロンと頭皮に多くある5α還元酵素(5αリダクターゼ)と呼ばれる酵素が結合して発生します。
この5α還元酵素(5αリダクターゼ)にはI型とII型があり、従来のプロペシアのフィナステリドはこの内II型に作用しますが、ザガーロの主成分であるデュタステリドはI型、II型両方に作用します。

どんな場合にザガーロが効果的か

f:id:participantlink:20191231014050p:plain

ザガーロは、プロペシアを使用している方で、 その効能にまだ満足のいかない方へのセカンドチョイスとして、 また、毛生え薬のミノキシジルと併用することで十分に発毛が期待できる薬剤となっています。 

 

※ハゲを最短(3ケ月)で生やすなら、下記2点の治療薬のみでOK!

(本当にハゲ頭から髪が生えてくるので、ハゲで悩んでるならすぐに実践すべき)

下記2点の守り(ディタステリド)と攻め(ミノキシジル)の治療薬を併用すると髪が生えてきます。 

因みに、守りの治療薬は、フィナステリド(プロペシア等)もありますが、ディタステリドはフィナステリドの1.5倍の効果があります。

 

1、守りの治療薬のアボダード(服用最強のディタステリド)

oneclck.net

2、攻めの治療薬のフォリックスFR15(最強のミノキシジル15%)

oneclck.net

クリームタイプのフォリックスFR16という商品もありますが、

ローションタイプのフォリックスFR15のほうが頭皮に浸透しやすいのでオススメです。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

AGA対策のミノキシジルの効果

AGA治療薬に使われるミノキシジルですが、髪の毛を生やす効果があるとは聞くものの、 どれだけ毛が生えるのかについて解説していきます。

f:id:participantlink:20190823112803j:plain

 

 

AGA対策のミノキシジル

ミノキシジルは、もともとは血圧降下剤として高血圧患者に処方されていた経口薬でした。血管拡張剤の一種で、体内の血管を拡張し、血流を促進してくれる薬です。

投薬された患者の多くに多毛症が見られたことから、後に正式に育毛成分として研究が行われ、1980年代、米国「アップジョン社(現ファイザー社)」から発毛用の外用薬「ロゲイン」の販売が開始されました。

このロゲインを皮切りに、AGA対策としてさまざまなミノキシジル系発毛剤が開発・発売され、日本でも大正製薬が塗るタイプのミノキシジル外用薬「リアップ」を販売しています。

 

ミノキシジルの効果

ミノキシジルは直接毛母細胞に働きかけ、毛母の細胞分裂を活性化させ、髪の成長を早めます。

人の毛髪には「成長期→退行期→休止期」というサイクルがあります。通常2~5年かけて髪は成長し、退行期・休止期を経て抜け落ちた後、ふたたび新しい毛が生えるというものです。AGA(男性型脱毛症)にかかると、このヘアサイクルが乱れます。

f:id:participantlink:20190921234335j:plain

男性ホルモンであるテストステロンと5αリダクターゼという酵素が結合すると、DHT(ジヒドロテストステロン)というより強力な男性ホルモンが生まれ、これが脱毛の原因となります。

AGAを食い止めるには大きく2つの方法が考えられます。ひとつはテストステロンと結びついてDHT(ジヒドロテストステロン)となる酵素、5αリダクターゼの働きを抑制する方法です。これは米国で1998年、日本でも2005年に認可されたプロペシア(フィナステリド)という内服薬が有効だとされます。

f:id:participantlink:20190611222247j:plain

もうひとつは毛母細胞に働きかけ、毛母の細胞分裂をうながしたり、頭皮の血行をよくして髪の毛の生えやすい環境をつくったりする方法です。これにはミノキシジルが大きな効果を発揮します。

似て非なる作用ですが、どちらもAGAの改善が期待できる治療薬で、両方を組み合わせて使用することでより効果的だと考えられています。

 

f:id:participantlink:20190713002642p:plain

 

ミノキシジルの種類

ミノキシジル成分入り発毛剤の先駆けである塗るタイプの外用薬「リアップ」は、日本の育毛剤の中で、ミノキシジルを含有している唯一の市販製品です。発売初年度の1998年、驚異的なヒット商品となりました。

ミノキシジル5%、1%などのバリエーションがありますが、通常の育毛剤としては少し高めながら、ドラックストアなどでも購入できます。

ただし、「6ヵ月使用しても改善されない場合は、AGA以外の原因である可能性もある」とも書かれていますから、変化が見られない場合には別の方法にする必要があります。

 

日本で購入することはできませんが、米国ではファイザー社のロゲイン以外にも複数のミノキシジル外用薬が発売され、ジェネリック製品も複数登場しています。濃度1%、5%のものに加え、15%、16%など、より多様な濃度のミノキシジル外用薬が販売されています。

アメリカで治験に関わったオルセン博士は、1%の場合、連続して使用しても結果が出るのに最低6ヶ月は必要だと言っています。

 

ミノキシジルは、女性のAGAであるFAGAにも効果がある成分です。2005年4 月には発毛・育毛成分であるミノキシジルを有効成分とする女性用の外用医薬品が発売されていますが、病院では市販のものよりもミノキシジル成分の濃度が高い医療用ミノキシジルを処方することもできます。さまざまな検査をし、経験のある医師がミノキシジルの配合濃度なども調整してに処方するので、安全ですし、より高い効果も望めます。

ミノキシジルには内服タイプもあり、「ミノキシジルタブレット」と呼ばれています。基本的には血圧降下を目的とした薬であり、AGA治療薬としてはどこの国でも認可されていません。海外通販サイト等で購入し、使用している人もいますが、日本ではAGA治療を目的とした場合だけでなく、血圧降下剤としても製造・販売が認められていないので、細心の注意が必要です。

 

ミノキシジルの副作用

高い発毛・育毛効果が期待できるミノキシジルですが、副作用についても十分知っておきたいところです。

ミノキシジルには頭痛、めまい、むくみ、頭皮の赤み、かぶれ、フケ、発疹、動悸や胸の痛みなどの副作用があると言われています。そのなかでも顕著なのが頭皮のかゆみです。

原因にはいくつか考えられますが、ミノキシジルが血管を拡張することで頭皮の血流がよくなり、自然と痒みを感じるようになることがまずは考えられます。

次に考えられるのは、水に溶けにくい性質のミノキシジルを配合するために使用しているアルコールやプロピレングリコールといった溶剤へのアレルギー反応です。

ミノキシジルそのものには、痒みやアレルギーを誘発するような成分はないとされますが、人によっては肌に合わず、痒みを感じてしまうこともあるようです。

内服タイプのミノキシジルタブレットを使用していたケースでは、全身の体毛が濃くなるという副作用も報告されています。

 

ミノキシジルの入手方法

外用薬のミノキシジル5%までであれば、一般の薬局やドラッグストアで購入できます。次に、インターネット通販や個人輸入も手軽になっています。ネットで販売されているものは、価格的にかなりお手頃で、長期的に使用することを考えると、経済的に安心です。

 

homelink.web.fc2.com

 

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

プロペシアとミノキシジルタブレットの併用効果

AGA(男性型脱毛症)の治療で使用される最強の発毛剤(育毛剤)として有名な成分が「ミノキシジルタブレット」になりますが、一般的な皮膚科や内科では処方されることはありませんので知らない人の方が多いかもしれません。
ミノキシジルタブレットは、発毛を促進させるためのAGA治療薬として、特に薄毛の症状がひどい方にAGAクリニックで処方される内服薬で、その発毛(育毛)効果の高さから多くの方が薄毛の悩みを克服しているのです。
後ほど詳しく解説しますが、AGA治療薬で有名なプロペシア(フィナステリド)単品だけでの発毛効果はそれほど期待できません。
なぜなら、プロペシアは(フィナステリド)あくまでも薄毛を食い止める「守り」の治療薬になるからです。
そのため、劇的に髪の毛を増やしたいと言う場合は、発毛効果の高いミノキシジルタブレットという「攻め」の治療薬が必須となってくるのです。  

f:id:participantlink:20200627153931p:plain

今回はAGA治療薬であるプロペシア(フィナステリド)と併用した方が良いミノキシジルタブレットについて解説していきたいと思いますので、プロペシア(フィナステリド)を飲んでいるけど、思うように薄毛が改善していないと言う方にプロペシア(フィナステリド)とミノキシジルタブレットの併用がかなり効果的になります。

ミノキシジルとは

f:id:participantlink:20190712234015j:plain

ミノキシジルとは、「発毛・育毛」効果の高い成分のことで、もともとは高血圧症の治療薬として使用されていた成分になります。
1970年代後半にアメリカで血管拡張剤として開発され、高血圧症の治療薬として使用されていましたが、その副作用に「全身の多毛症(Hypertrichosis)」を頻繁に起こしてしまうことが分かり、頭皮に対しての外用薬として臨床試験が実施されました。
その結果、頭部の脱毛症に有効と言うことが明らかとなったのです。
現代ではミノキシジル配合の発毛剤や、ミノキシジルタブレットなどがAGA治療に使われていて、外用薬内用薬共に高い効果があることからほとんどのAGAクリニックで取り扱いがあります。
つまり、ミノキシジルは「医薬品成分としての発毛効果が認められている」と言うことです。
ミノキシジルは、正式に厚生労働省から発毛医薬品として認可されており、AGA(薄毛)改善の治療薬として幅広く使用されているのです。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルの効果は、発毛(育毛)になります。
具体的に言いますと、細胞分裂を活性化させて髪の毛を成長させる効果があるります。
もう少し詳しく説明しますと、ミノキシジルは直接髪の毛の毛母細胞に働きかけ、毛母の細胞分裂を活性化させて、髪の毛の成長を早める働きをすると言うことです。
現在日本では、ミノキシジルを配合した発毛剤として「リアップX5プラスネオ」60ml本体価格 : 7,752円と高額で発売されています。

f:id:participantlink:20200627155342j:plain

リアップX5プラスネオはミノキシジル含有量5%の発毛剤で、最低でも4ヶ月の連続使用を要すると言われております。

リアップX5プラスネオは高いと感じている方は、ミノキシジル5%配合している商品でカークランドという安価な商品があります。

カークランドは2本セットで3,240 円となりますので1本あたり1,620円となりますので、リアップX5プラスネオとカークランドの1本当たりの価格を比べると、

リアップX5プラスネオ(7,752円)- カークランド(1,620円)= 5,623円

カークランドのほうがリアップⅩ5プラスネオより5,623円安くなりますので経済的です。

どちらもミノキシジル5%になりますので、全く同じ効果となります。

oneclck.net
ちなみに、ミノキシジル5%で効果がでてない方は、ミノキシジルを16%配合した世界最高濃度の発毛剤「フォリックスFR16 」を使えば効果が期待できます。

ミノキシジルの濃度が高いほど効果も高くなっていきます。

現在のところミノキシジル16%が世界で最もミノキシジルの濃度が高い商品になります。

どうしても髪を生やしたいと思っている方には必須商品になります。

基本的に人間の髪の毛には「毛周期(ヘアサイクル)」があり「成長期→退行期→休止期」の様になっていて、2~6年の期間をかけて成長し、やがて退行期を迎えて成長が止まります。
そして休止期を迎えて仮眠の毛は抜け落ち、再び新しい髪の毛が生え成長期になります。f:id:participantlink:20190713003416j:plain

しかし、AGAの場合はこの毛周期が「DHT(ジヒドロテストステロン)」に狂わされるため、全うに成長することができなくなってしまうのです。
DHTは、男性ホルモンであるテストステロンが「5αリダクターゼ(還元酵素)」と結合することによって生成される強力な脱毛ホルモンのことです。
このDHTが大量に生成されることで、AGAとなり髪の毛が失われ薄毛になってしまうのです。
つまり、DHTさえ抑制することができれば脱毛を防止するができます。
そこで活躍してくれるのが5αリダクターゼの働きを阻害してくれる成分「フィナステリド」です。 

f:id:participantlink:20190713002957p:plain

フィナステリドを主成分としたプロペシアを継続して服用することで、5αリダクターゼの働きを阻害してくれますので脱毛ホルモンであるDHTが生成されなくなります。
その結果、AGAの進行を防ぐことが可能となるのです。
また、DHTが抑制されることで正常なヘアサイクルに戻りますので、髪の毛は太く長く成長することが可能となります。
しかし、フィナステリドはあくまでも薄毛の進行を食い止める成分になりますので、発毛や育毛を促進させる効果のある成分ではありません。
そのため、発毛・育毛を促進させるためにミノキシジルが必要不可欠と言う訳なのです。
AGAクリニックでは、ミノキシジルとフィナステリド(プロペシア)の併用を推奨していて、ほとんどのクリニックでは2種類の内服薬を処方しています。

ミノキシジルが攻めの役割で、フィナステリドが守りの役割です。 

f:id:participantlink:20190713002642p:plain

ミノキシジルプロペシアの併用が最強

ミノキシジルは上記でも言いましたように「発毛成分」になります。
一方プロペシアはAGAの進行を食い止める治療薬になります。
AGAの改善と言う意味では、プロペシアを服用すれば薄毛の進行を食い止めることはできますが、失ってしまった髪の毛を取り戻すことはできません。
しかし、ミノキシジルの効果をもってすれば、発毛を促進させて髪の毛の成長を早めてくれるので、薄毛が改善されるようになります。
つまり、ミノキシジルプロペシアの併用は最強と言うことです。
これはAGA治療の専門医も言っていることで、よりAGAに効果的な方法は、ミノキシジルプロペシアの併用処方になります。
AGA初期段階であれば、プロペシアの処方だけの場合もありますが、進行具合によってはプロペシアミノキシジル(外用)、さらに進行している場合はプロペシアミノキシジルタブレットの処方となります。
プロペシアでAGAの原因であるDHTを抑制し、ミノキシジルで発毛因子を刺激し、発毛を促し育毛を促進させることで薄毛が回復していくのです。
このように、双方の効果を同時に得ることで薄毛の悩みから解放されるのです。
プロペシアを服用しているけど一向にAGA(薄毛)が改善されないと言う場合は、ミノキシジルとの併用が効果的です。

最強の育毛剤ミノキシジルタブレット」が効果絶大

ミノキシジルは、上記で外用薬の育毛剤「リアップX5」をご紹介しましたが、外用薬よりも圧倒的に効果が高いのが服用タイプの「ミノキシジルタブレット」になります。
そのため、ほとんどのAGAクリニックではフィナステリド(プロペシア)とミノキシジルタブレットの併用を推奨していて、AGA治療で処方される内服薬は基本的にこの2種類になります。
ちなみにですが、ミノキシジル外用薬は頭頂部にしか効果を発揮しませんが、ミノキシジルタブレットの場合は頭頂部にも前頭部にも発毛(育毛)効果を発揮してくれます。
つまり、AGA治療に最強のコンビはフィナステリド(プロペシア)とミノキシジルタブレットと言うことです。
ただし、同じAGAでも前頭部の薄毛の場合は、頭頂部の薄毛とは原因が異なりますので注意が必要になります。
そのため、ミノキシジルタブレットを服用しても思うように薄毛が改善しない場合もあるのです。

ミノキシジルタブレットを服用しても思うように薄毛が改善しない場合もある

どういう事かと言いますと、AGAの原因はDHTになりますが、このDHTを生成する5αリダクターゼは実は2種類あるのです。
5αリダクターゼには1型と2型が存在し、頭頂部に多いのが2型5αリダクターゼで、前頭部に多いのが1型5αリダクターゼになります。
そして、フィナステリドが効果を発揮するのは頭頂部に多い2型5αリダクターゼだけになります。
つまり、前頭部の脱毛はフィナステリドでは完璧に防止できないと言うことです。
そのため、同じAGAでも前頭部の薄毛は改善しにくいと言われているのです。
ですから、ミノキシジルタブレットを継続して服用しても、脱毛を防止できなければ劇的な薄毛改善には期待できないと言うことなのです。
しかし最近は、1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼの両方の働きを阻害しくれる成分「デュタステリド」が登場し、厚生労働省の認可を受け実際に日本国内でも発売されるようになったのです。
ですからAGAでも頭頂部だけが薄毛の方の場合は「フィナステリド+ミノキシジルタブレット」で、前頭部が薄毛、もしくは前頭部も頭頂部も両方が薄毛と言う場合は「デュタステリド+ミノキシジルタブレット」が最強のコンビと言うことになります。
いずれにしても、劇的にAGA(薄毛)を改善するためには、発毛を促進させてくれるミノキシジルタブレットは必要不可欠と言うことになります。

ミノキシジルタブレットは前頭部にも効果を発揮してくれる

上記でも軽く触れましたが、ミノキシジルタブレットはAGAの中でも最も改善しにくいと言われている前頭部の薄毛にも効果を発揮してくれます。
つまり、額の生え際部分がハゲているいわゆるM字ハゲにも発毛効果があると言うことです。
ミノキシジルの外用薬であるリアップX5は、前頭部にそれほど効果を発揮しませんので諦めている方も多いと思いますが、服用タイプのミノキシジルタブレットでしたらM字ハゲ改善にも十分に期待できるのです。
ミノキシジルは毛母細胞を直接刺激し、髪の毛の発毛や育毛を促進させてくれます。
ミノキシジルタブレットは、体内で吸収され血液によって全身に運搬されますので、外用薬では効果を得にくい前頭部にもしっかりと有効成分が届きます。
そのため、生え際には効果を発揮しないと言う根拠がないのです。
要するにミノキシジルタブレットを服用することで額の生え際部分のハゲ対策も完璧にできると言うことです。

ミノキシジルタブレットは認可されていない

ミノキシジルタブレットは、絶大な発毛促進効果があります。
しかし、これだけ発毛効果があるにも関わらず「AGA治療薬として認可されていない」のが現状になります。
つまり、ミノキシジルタブレットは、あくまでも「高血圧症の治療薬」と言うことです。
そのため、原則として医師の処方のみでしか入手することができませんでしたが、最近では個人輸入でも購入することができるようになりました。

ミノキシジルタブレットを入手するには

ミノキシジルタブレット通称「ミノタブ」を入手する方法は2パターンあります。
①AGAクリニックで処方してもらう
個人輸入代行サイトで入手する
基本的にミノキシジルタブレットを手に入れる方法は上記の2つになります。

①AGAクリニックで処方してもらう 

一般的には、ミノキシジルタブレットの入手方法は「AGAクリニックで処方してもらう」方法になります。
上記でも言いましたが、ミノキシジルタブレットはAGA治療薬として世界的に認可されていない薬で、基本的には高血圧症の治療薬になるため扱いが非常に難しくなります。
そのため、しっかりと専門医の診察を受けて、あなたの薄毛にはミノキシジルタブレットが必要だと言う医師の診断が必要になります。
そして初めて処方してもらえるのが基本的にミノキシジルタブレットの入手方法になります。
しかもAGAクリニックでは、しっかりと血液検査等を行い、あなたの薄毛の細かい原因まで徹底的に調べてから、症状に合った治療薬を処方する必要があります。
その分どうしても料金が高額になってしまいます。

個人輸入代行サイトで入手する 

ミノキシジルタブレットの入手方法の2つ目は「個人輸入代行サイト」を利用するかたちになります。
個人輸入代行サイトも複数ありますが、全国的に有名で比較的安心できると言えばやはりオオサカ堂です。
ちなみにですが、オオサカ堂では海外正規品の医薬品を格安で販売していて、代行手数料も送料も全て無料になりますので意外と多くの方が利用しています。
特にプロペシアの価格は激安で、皮膚科や内科では最低でも10,000円はしますが、オオサカ堂でしたら半額以下の3,000円代での購入が可能となります。
オオサカ堂は設立20年以上になる個人輸入代行サイトの中でも老舗になりますので、信頼と実績があり多くの方が利用しています。
そのため、安全ではあると思いますがご利用の際は自己責任になります。

AGA治療の基本はプロペシアミノキシジルの併用

AGA治療と言えば、「プロペシアの内服療法」が一般的に認識されていますが、実はプロペシアだけでは改善しない場合があります。
なぜなら、プロペシアは脱毛ホルモンであるDHTの生成を抑制し脱毛を防止するための治療薬であり、発毛を促進させる効果には期待できないからになります。
もちろんプロペシアの服用だけで薄毛が改善したと言う方も居ますが、このようなケースは早期治療をはじめた方で、もともとハゲではなく若干の薄毛だった場合になります。
完全にハゲてしまっている場合は、プロペシアでDHTを抑制してもすでにハゲてしまっているためあまり意味がありません。
つまり、プロペシアはあくまでも「現状維持」と言うかたちの薬であると言うことになります。
現状細く弱々しくなっている髪の毛でも残っているのなら、DHT生成を抑制し、太く長い健康な髪の毛に成長させることは可能ではありますが、髪の毛が残っていない状態だとプロペシアだけで完全復活することは難しいと言えます。
ちなみにですが、AGAクリニックではなく皮膚科に相談した場合は基本的にプロペシアの処方しか行いません。
一方AGAクリニックに相談した場合はプロペシアミノキシジルの両方の処方を行います(状況によります)。
これは、プロペシアでAGAの原因であるDHTを抑制することと、ミノキシジルで発毛を促進させることが目的になるからです。
だからAGAクリニックに通院しているほとんどの方が早い段階で薄毛を克服しているのです。
つまり、プロペシアにはプロペシアの役割があり、ミノキシジルにはミノキシジルの役割があると言うことです。
以上のことから、プロペシアミノキシジルの併用がAGA治療の基本中の基本になると言うことが分かります。

プロペシアの特徴と役割について

改めてAGA治療薬であるプロペシアの特徴と役割について解説しておきたいと思います。
AGAと言われる男性型脱毛症がなぜ起こってしまうのかと言いますと、「男性ホルモンであるTH(テストステロン)が5αリダクターゼと結合することによってDHT(ジヒドロテストステロン)が生成され、DHTが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体(レセプター)と結合することでヘアサイクルが乱れ脱毛が起こる」と言うことになります。
以上のことからAGAの原因を作っているのはDHTと言うことが分かりますね。
そしてこのDHTを生成しているのが男性ホルモンであるテストステロンをジヒドロテストステロンに変換させてしまう5αリダクターゼになります。
つまり、5αリダクターゼの働きを阻害することができれば、脱毛を防止することができると言うことになります。
その役割を担ってくれるのが、プロペシア(フィナステリド)なのです。
プロペシアの主成分であるフィナステリドは、5αリダクターゼの働きを阻害してくれますので、DHTの生成を抑制させることができます。
プロペシアはDHTを減らし、毛根を守ってくれる薬になりますのであくまでも現状維持のための治療薬と言うことになります。
そのため、プロペシアを服用することで今以上に髪の毛が減ることはないのです。
また、薄毛の症状が軽い場合はプロペシアを服用すれば薄毛が復活する場合もあります。
これがプロペシアの特徴と役割になります。

ミノキシジルの特徴と役割について

ミノキシジルは、プロペシアとは逆に「発毛効果」のあるAGA治療薬になります。
ミノキシジルは、皮膚科や内科で処方されることがないためその存在自体を知らないと言う方の方が多いと思います。
ミノキシジルと一口に言っても、服用タイプのミノキシジルタブレットと、外用タイプの育毛剤があります。
主にAGAクリニックで処方されるのは服用タイプのミノキシジルタブレットで通称「ミノタブ」になります。
ミノキシジルは、もともとは高血圧の治療薬として開発された医薬品なのですが、服用した患者に「全身の多毛症」と言う副作用が見られたため育毛剤としての研究が進み、AGA治療に利用されるようになりました。
それを外用の育毛剤として開発されたのが大正製薬から販売されている「リアップX5」なのです。
他にもロゲインなども有名ですが、人気はテレビCMでお馴染みで安心感のあるリアップX5になります。
ミノキシジルの特徴は、血管を拡張させ毛根への血流を改善させることで髪の毛の成長に必要な栄養素を届きやすくすることになります。
血行不良は薄毛の原因の一つになります。
また、ミノキシジルはただ血管を拡張させるだけではなく、ミノキシジル特有の発毛を促進させる効果がありますので、その他の高血圧治療薬とは訳が違います(ミノキシジル以外の高血圧治療薬全てに発毛効果はありません)。
実際の研究でミノキシジルは毛乳頭細胞に直接作用し、発毛に必要な成長因子を分泌させることで髪の毛の成長を促進させることが明らかとなっています。
つまり、ミノキシジルは脱毛を防止する守りのプロペシアとは全く逆の効果を発揮する薬で、攻めの薬と言うことになります。
ちなみにですが、ミノキシジルは内服薬(ミノキシジルタブレット)と外用薬(育毛剤)とがあると言いましたが、発毛効果育毛効果共に効果が高いのは服用タイプのミノキシジルタブレットになります。
リアップX5などの育毛剤タイプのミノキシジルは効果が弱い分副作用の心配は少なくなりますが、リアップX5では効果がない場合もあります。
育毛剤だと薄毛の状態によっては物足りない場合もありますが、薬ばかり飲みたくないと言う方や、副作用を気にされる方はまずはリアップX5のような育毛剤タイプとの併用から試してみると良いと思います。

プロペシアミノキシジルを併用した方が良い3つの理由

それではプロペシアミノキシジルを併用した方が良い3つの理由をご紹介していきたいと思います。

理由①プロペシアだけでは髪の毛は生えないから併用が良い

上記で説明した通り、プロペシアは発毛を促進させる効果のある治療薬ではなく、脱毛を防止する役割の治療薬になります。
そのため、プロペシアに発毛効果は期待できないと言うことです。
プロペシアを服用することで弱っている髪の毛が、健康な状態となり太く長く成長をはじめますので、多くの方はプロペシアを飲むと髪の毛が生えると勘違いしていますが、実際はプロペシアに発毛効果はありません。
初の服用タイプの育毛剤ということで注目されましたので「プロペシア=発毛(育毛)効果」と思われている方が多いと思いますが、期待して服用するとガッカリしてしまう場合がほとんどです。
ちなみにですが、プロペシアの発毛率はほんの数%しかありません。
臨床試験で全体の約6割の方がプロペシアで薄毛が改善したというデータがありますが、これは軽度改善や中程度改善のケースも含まれています。
つまり、プロペシアの服用で劇的に髪の毛が増えた人ばかりではなく、ちょっとだけ髪の毛が増えた場合でも一括りにして「改善」としているのです。
このような発表があると、多くの方の薄毛が改善したかのように受け取ってしまうと思いますが、実際はそうではなく劇的に改善した人はほんの数%になります。
そのため、AGA治療をはじめるならプロペシアで抜け毛を防止しながら発毛効果の高いミノキシジルを併用した方が良いのです。

理由②ミノキシジルだけでは脱毛を防げないから併用が良い

プロペシアは脱毛を防止する役割で、ミノキシジルは発毛を促進させる役割と言うことは理解していただいていると思います。
ミノキシジルは服用タイプの方が効果は高いのですが、外用タイプの育毛剤でもプロペシアよりも圧倒的に発毛効果が高くなります。
そのため「ミノキシジルだけでも十分髪の毛が生えるんじゃないの」と考える人が居ます。
少しでも治療費を安く抑えたいという理由から、上記のような考えに至るケースが多いのですが、ミノキシジルは発毛効果はあるけど脱毛を防止する効果がないと言うことを忘れないでください。
そもそもAGA(薄毛)の原因は、ヘアサイクルを乱してしまうDHTにあります。
つまり、このDHTを抑制しない限り髪の毛はなくなるまで抜け続けると言うことです。
しかもミノキシジルではこのDHTの生成を抑制することはできません。
ですから、ミノキシジルで髪の毛の成長を促しても、結局後ろからDHTがやってきて髪の毛を抜け落ちさせてしまうのです。
そのため、AGA治療をはじめるならプロペシアで抜け毛を防止しながら発毛効果の高いミノキシジルを併用して発毛を促した方が良いのです。

理由③プロペシアとフィナステリドの併用でお互いの欠点を補える

プロペシアは脱毛を防いでくれますが発毛を促す効果がありません。
ミノキシジルは発毛を促進させるけど脱毛を防ぐ効果はありません。
お互いに欠点がある治療薬ではありますが、それぞれを併用することでお互いの欠点を補うことが可能となります。
また、それぞれの役割を効率よく発揮できるようになりますので、AGA治療においてプロペシアミノキシジルの併用は基本中の基本であり最強と言えるのです。
そのため、AGA治療をはじめるならプロペシアで抜け毛を防止しながら発毛効果の高いミノキシジルを併用した方が良いのです。

以上3つがプロペシアミノキシジルを併用した方が良い理由になります。お互いの欠点を補いながらそれぞれの役割を全うできるため、AGA改善までの道のりが最短になります。一刻も早く薄毛を改善したいと言う方は、このプロペシアミノキシジルを併用した方が良いでしょう。

薄毛予防の場合はプロペシア単独でも効果あり

今現在薄毛ではないけど、将来的にハゲたくないと言う方は予防目的でプロペシアの服用をしましょう。
プロペシアの主成分であるフィナステリドは、AGAの原因であるDHTを生成してしまう5αリダクターゼの働きを阻害してくれる効果があります。
つまり、薄毛の進行を食い止める効果に関してはプロペシアは最強と言うことです。
そのため今現在は薄毛ではないけど、
①親族に薄毛の人が居る(特に母方の祖父に注意)
②最近抜け毛が増えてきた(シャンプー時に髪が抜ける)
③最近と薄くなってきた気がする
このような状況の方は、薄毛予防のためにプロペシアを単体で服用してみても良いと思います。
ハゲてからでは手遅れになる場合もありますので、ハゲる前に手を打つ人も少なくありません。
ただし、既にある程度薄毛になっているケースで、AGAが進行している場合はプロペシア単体では物足りない場合もありますので、ミノキシジルを併用した方が良いでしょう。
自分の頭部の状態をチェックしても自分で判断できないと言う場合は、AGAクリニックの無料カウンセリングなどを活用して相談してみるのもおすすめです。

プロペシアミノキシジルの併用でAGAが改善しない場合の対処法

プロペシアミノキシジルを併用しているにも関わらずAGAが一向に改善しないと言う場合は正直焦りますよね・・・
このような場合に考えられることは「栄養不足」もしくは「睡眠不足」になります。
まず、プロペシアは脱毛防止効果、ミノキシジルは血管拡張で血流改善になりますが、抜け毛を防ぎ血流を改善したところで髪の毛の成長に必要な栄養素が不足していると期待通りに髪の毛が成長しない場合もあります。
そのため、髪の毛の成長に必要な栄養素をしっかりと摂り入れる必要があるのです。
それから睡眠不足の場合も髪の毛の成長に悪影響を及ぼしますので要注意です。
なぜなら、髪の毛は寝ている間に成長しているからになります。
睡眠不足の状態だと、どれだけ効果のある薬を飲んでいたとしても効果を最大限発揮できない場合があるのです。
プロペシアミノキシジルを併用しているにも関わらず思うように改善しないと言う場合は、髪の毛の成長に必要な栄養素と睡眠時間をしっかりとるようにしてみてください。
それでも薄毛が改善しない場合は、プロペシアがきかない体質のかのうせいがありますので、以下の記事を参考にしてみてください。

ミノキシジルタブレット個人輸入

フィナステリド(プロペシア)やデュタステリド(ザガーロ)を服用しているにも関わらず、一向にAGAが改善しない、薄毛が治らないと言う方も少なくはありません。
なぜなら、フィナステリドもデュタステリドも脱毛を防止するための成分で、発毛や育毛を促進させる効果には期待できないからになります。
そのため、劇的な薄毛改善を求めるならば上記で紹介しましたミノキシジルの力が必要不可欠となるのです。
特にミノキシジルタブレットの発毛効果は絶大で、リアップX5などの育毛剤と比較しても圧倒的な発毛効果があります。
しかし、ミノキシジルタブレットはもともと高血圧症の治療薬であると言うことと、服用量によっては副作用のリスクが高まってしまいますので、まずは専門医の判断を得ることが安全に服用するための秘訣になります。
ミノキシジルタブレットに発毛効果があることは世界的にも認められていますが、AGA治療薬としては全世界で認可されていませんので専門医の判断が重要になります。
そのため、ミノキシジルタブレットの服用を検討していると言う方は、個人輸入で手に入れることをおすすめします。

まとめ

以上のようにミノキシジルは非常に発毛(育毛)効果の高い成分で、AGA治療には欠かせないものとなります。
しかし、皮膚科や内科ではミノキシジルタブレットの処方は一切ないのでその存在を知らない人が多いのも事実になります。
もし、プロペシアやザガーロを飲んでいるけどそれほど薄毛が改善していないと言うことでしたら、ミノキシジルタブレットを併用することで薄毛を改善することが可能になります。 

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

ハゲの救世主オオサカ堂の激安ミノキシジルタブレット

ハゲの見方オオサカ堂の激安ミノキシジルタブレットについて解説していきます。

オオサカ堂でミノタブを買うと1ヶ月700円と激安です。

AGAクリニックでミノタブを処方してもらうと1ヶ月1万円以上かかってしまします。

つまり、オオサカ堂はAGAクリニックより1ヶ月9,300円安く買えます。1年間だと11万円安くなります。

 

f:id:participantlink:20200505103124p:plain

 

oneclck.net

ミノキシジルタブレット通販

ミノキシジルタブレットとは、有効成分にミノキシジルを含有している医薬品になります。

ミノキシジルには血管拡張作用があり、これによって血流が改善され、育毛効果を発揮しますので、薄毛や脱毛のお悩みを抱えているという方は、ミノキシジルの外用薬よりもミノキシジルの内服であるミノキシジルが効果的です。

そんなミノキシジルタブレットは、日本国内では適応がありませんが、日本からも購入できる方法があるのです。

インターネットの個人輸入代行サイトのオオサカ堂であればミノキシジルタブレットの取り扱いがありますので、日本からも購入が可能することが可能となります。

日本から購入しても商品は香港からの発送となりますが、全国無料で購入が可能です。気になる価格はミノキシジルタブレット2.5mgが1本100錠入りで3,400円、2本5,050円、3本7,000円となり、まとめ買いをするとよりお得になります。

オオサカ堂なら20年以上の歴史ある個人輸入代行サイトとなり、初めて海外から医薬品を購入される方も、安心して利用ができます。

また、メーカー正規品保証がついておりますので、偽物が届く心配がないです。。  

oneclck.net

 ミノキシジルタブレットAmazonで購入不可

ミノキシジルタブレットとは、英国で適応となっている医薬品なのうです。

男女兼用で服用が出来る脱毛でお悩みの方、薄毛の気になる方、育毛ケアをお考えの方にふさわしい経口タイプの育毛剤となり、脱毛や薄毛にお悩みの方は、ミノキシジルタブレットを服用が効果的と言われてます。

そんなミノキシジルタブレットを最安値で購入したいと思われている方は、Amazonでしょうか・・・

調べたところ、ミノキシジルタブレットは日本国内では適応のない医薬品となっておりますので、Amazonでは取り扱いがありません。

しかし、日本からもインターネットの個人輸入代行サイトのオオサカ堂を通して購入が可能となっています。オオサカ堂なら商品は香港からの発送となりますが、全国無料で購入が出来ます。気になる価格はミノキシジルタブレット2.5mgが1本100錠入りで3,400円、2本5,050円、3本7,000円となりますので、まとめ買いをするとより最安値での購入が可能です。 

oneclck.net

ミノキシジルタブレット個人輸入で激安購入

ミノキシジルタブレットとは、英国で適応の医薬品です。ミノキシジルは元来、高血圧症の治療向けに血圧降下剤として開発された歴史があります。

血管を拡張させる作用により、毛髪の再生および男性型脱毛症(AGA)に効果があったため、育毛剤として応用されるようになった経緯がありますので、脱毛や薄毛の悩みを抱えているという方は、ミノキシジルタブレットを服用して症状緩和の効果を期待できます。

そんなミノキシジルタブレットは日本国内では適応のない医薬品となっています。

しかし、日本からも購入出来る方法があります。個人輸入で激安購入出来ます。

インターネットの個人輸入代行サイトのオオサカ堂なら日本からもミノキシジルタブレットの購入が可能となっており、ミノキシジルタブレット2.5mgが1本100錠入りで3,400円、2本5,050円、3本7,000円となりますので、まとめ買いをするとよりお得ではないでしょうか。商品は香港からの発送となりますが、全国無料で購入が出来ます。

初めて海外から医薬品を購入されるという方にもおすすめです。

oneclck.net

 ミノキシジルタブレット偽物

ミノキシジルタブレットとは、ミノキシジルには血管拡張作用があり、これによって血流が改善され、育毛効果を発揮しますので、頭皮にお悩みを抱えているという方は、ミノキシジルタブレットの高い効果を期待出来ます。

脱毛や薄毛の悩みを解消して、自信を持てる頭皮を取り戻したいですよね。

そんなミノキシジルタブレットは、日本国内では適応のない医薬品となっておりますので、日本では購入が出来ないのですが、日本からも購入できる方法があります。

インターネットの個人輸入代行サイトのオオサカ堂なら、ミノキシジルタブレットの取り扱いがありますので、商品は香港からの発送となりますが、全国無料で購入が出来ます。日本のインターネットショッピングサイトを利用している感覚で利用が出来るところが魅力ですね。また、気になる価格はミノキシジルタブレット2.5mgが1本100錠入りで3,400円、2本5,050円、3本7,000円となりますので、まとめ買いをするとよりお得に購入が出来ます。メーカー正規品保証がついておりますので、偽物が届く心配なく、安心して利用が出来るでしょう。  

oneclck.net

ミノキシジルタブレットの口コミ

ミノキシジルタブレットとは、男女兼用で服用が出来る医薬品です。

血管拡張作用があり、これによって血流が改善され、育毛効果を発揮される効果を期待できますので、脱毛や薄毛にお悩みの方は、ミノキシジルタブレットを使用されてみてはいかがでしょうか。

そんなミノキシジルタブレットを服用されている方の口コミを調べてみたところ、「髪の毛が増えました。まつ毛、眉毛、薄い産毛の体毛も濃くなります。」と、全身の毛が生えてくるようです。「分かってはいたのですが、やはり体毛まで濃くなってしまったため、途中で断念しました!ただ効果はやはり、あると思います」という声も見受けられます。

「ずっと使っています。明らかに使っていないよりも抜け毛が少なくなっています。特に副作用もみられていないので、今後も使い続ける予定です」という声や、「最初は抵抗がありましたが、服用してからはフサフサになり帽子とはおさらばしております、商品は凄く感謝しております。これからとずっと服用を続けたいと思っています。」と、リピーターになっている方もいますので、服用して効果を期待したいですね。 

oneclck.net

ミノキシジルタブレットとは

ミノキシジルタブレットとは、脱毛でお悩みの方、薄毛の気になる方、育毛ケアをお考えの方にふさわしい経口タイプの育毛剤です。男女兼用で服用が出来ますので、毛髪にお悩みの方は、ミノキシジルタブレットを服用して効果を期待していきましょう。

そんなミノキシジルタブレットは、英国での適応となっておりますので、日本国内では適応のない医薬品となっています。しかし、日本からもインターネットの個人輸入代行サイトのオオサカ堂を通して購入が可能となっています。オオサカ堂なら商品は香港からの発送となりますが、全国無料で購入が出来ますので、日本のインターネットショッピングサイトを利用している感覚で購入が出来ますし、気になる価格はミノキシジルタブレット2.5mgが1本100錠入りで3,400円、2本5,050円、3本7,000円となりますので、長期的にミノキシジルタブレットを服用したいと思われている方は、より医薬品を安価に購入が出来ますのでおすすめです。オオサカ堂ならメーカー正規品保証がついておりますので、偽物や類似品が届く心配もありませんので、安心して利用が出来るでしょう。  

oneclck.net

ミノキシジルタブレットの成分

ミノキシジルタブレットとは、ミノキシジルを有効成分とする経口用の医薬品となっています。服用すると血流が改善されて、育毛効果を発揮しますので、高い効果を期待出来る医薬品なのではないでしょうか。

そんなミノキシジルタブレットの成分となるミノキシジルは耳にしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。元来、高血圧症の治療向けに血圧降下剤として開発されました。血管を拡張させる作用により、毛髪の再生および男性型脱毛症(AGA)に効果があったため、育毛剤として応用されるようになった経緯がありますので、ミノキシジルタブレットを服用して血管を拡張して血流を増加させていきましょう。

毛髪再生に必要な栄養素を届けて、毛髪の成長を促していきましょう。そんなミノキシジルタブレットは日本国内では適応のない医薬品となりますが、日本からもインターネットの個人輸入代行サイトのオオサカ堂を通して購入が可能となっています。オオサカ堂なら商品は香港からの発送となりますが、全国無料で購入が出来ます。始めて利用される方も安心して購入が出来るでしょう。  

oneclck.net

 ミノキシジルタブレットの使い方

ミノキシジルタブレットとは、ミノキシジルを有効成分とする経口用の医薬品となっています。血管拡張作用があり、これによって血流が改善され、育毛効果を発揮しますので、ミノキシジルタブレットを服用して育毛に効果を期待したいという方にもおすすめとなっています。そんなミノキシジルタブレットの使い方としては、ミノキシジルタブレット2.5㎎が1日2錠から開始することを推奨しています。必要に応じて1日8錠まで増量が出来るのですが、日本国内では適応のない医薬品となりますので、服用される前には必ず、医師や薬剤師に相談の上、服用をされるようにしましょう。

日本からもインターネットの個人輸入代行サイトのオオサカ堂を通して購入が可能となりますので、オオサカ堂なら商品はミノキシジルタブレット2.5mgが1本100錠入りで3,400円、2本5,050円、3本7,000円となり、まとめ買いをするとよりお得です。初めて海外から医薬品を購入される方も、オオサカ堂なら商品は香港からの発送となりますが、全国無料で購入が出来ますので安心して利用が出来るのではないでしょうか。

oneclck.net

ミノキシジルタブレットの効果

ミノキシジルタブレットとは、高血圧症に効果を期待出来る治療薬となっています。血管拡張作用があり、これによって血流が改善され、育毛効果を発揮しますので、頭皮にお悩みを抱えているという方も、ミノキシジルタブレットを服用して効果を期待されてみてはいかがでしょうか。

英国での対応となりますので、日本国内では適応のない医薬品となるのですが、日本からもインターネットの個人輸入代行サイトのオオサカ堂を通して購入が可能となっています。オオサカ堂なら商品は香港からの発送となりますが、全国無料で購入が出来ます。そんなミノキシジルタブレット2.5mgが1本100錠入りで3,400円、2本5,050円、3本7,000円で購入が出来ます。まとめ買いをするとよりお得ではないでしょうか。初めて海外から医薬品を購入されるという方も、お得に購入が出来るのなら安心して利用が出来ますね。

また、オオサカ堂は20年以上の歴史ある個人輸入代行サイトとなっておりますので、安心と信頼の個人輸入代行サイトとなっておりますので、初めての方も利用しやすいのではないでしょうか。  

oneclck.net

ミノキシジルタブレットの副作用

ミノキシジルタブレットとは、有効成分にミノキシジルを含有している医薬品です。ミノキシジルには血管拡張作用がありますので、血流改善がされて育毛効果も発揮してくれます。その為、脱毛でお悩みの方、薄毛の気になる方、育毛ケアをお考えの方におすすめの医薬品となっているのです。

ミノキシジルタブレットを服用して悩みやコンプレックスとなっている頭皮の問題を解消していきたいですね。そんなミノキシジルタブレットには気になる副作用はあるのでしょうか。調べたところ、ミノキシジルタブレットにはめまい、動悸、胸痛、痒み、顔のむくみ、血圧低下、心拍数の増加、浮腫、催奇形性、白血球減少症、血小板減少症、吐き気、嘔吐、心膜腔液貯溜などの症状が現れる場合があります。

その為、万が一ミノキシジルタブレットを服用していてこれらの症状を感じた場合には、速やかに服用を中止して、医師の診察を受けるようにしましょう。また、初めて服用される方は、日本での適応がありませんので、必ず医師や薬剤師に相談の上、服用をされるようにしましょう。 

oneclck.net

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

攻めのミノキシジルと守りのプロペシアで相乗効果

AGA(男性型脱毛症)の治療で使用される最強の発毛剤(育毛剤)として有名な成分が「ミノキシジルタブレット」になりますが、一般的な皮膚科や内科では処方されることはありませんので知らない人の方が多いかもしれません。
ミノキシジルタブレットは、発毛を促進させるためのAGA治療薬として、特に薄毛の症状がひどい方にAGAクリニックで処方される内服薬で、その発毛(育毛)効果の高さから多くの方が薄毛の悩みを克服しているのです。
後ほど詳しく解説しますが、AGA治療薬で有名なプロペシアは、発毛効果はそれほど期待できません。
なぜなら、プロペシアはあくまでも薄毛を食い止める治療薬になるからです。
そのため、劇的に髪の毛を増やしたいと言う場合は、発毛効果の高いミノキシジルタブレットが必須となってくるのです。
今回はAGA治療薬であるプロペシアと併用した方が良いミノキシジルタブレットについて解説していきたいと思いますので、プロペシアを飲んでいるけど、思うように薄毛が改善していないと言う方にプロペシアミノキシジルタブレットの併用効果の併用が効果的です。 

f:id:participantlink:20190427224144j:plain

ミノキシジルとは

ミノキシジルとは、「発毛・育毛」効果の高い成分のことで、もともとは高血圧症の治療薬として使用されていた成分になります。
1970年代後半にアメリカで血管拡張剤として開発され、高血圧症の治療薬として使用されていましたが、その副作用に「全身の多毛症(Hypertrichosis)」を頻繁に起こしてしまうことが分かり、頭皮に対しての外用薬として臨床試験が実施されました。
その結果、頭部の脱毛症に有効と言うことが明らかとなったのです。
現代ではミノキシジル配合の発毛剤や、ミノキシジルタブレットなどがAGA治療に使われていて、外用薬内用薬共に高い効果があることからほとんどのAGAクリニックで取り扱いがあります。
つまり、ミノキシジルは「医薬品成分としての発毛効果が認められている」と言うことです。
ミノキシジルは、正式に厚生労働省から発毛医薬品として認可されており、AGA(薄毛)改善の治療薬として幅広く使用されているのです。 

f:id:participantlink:20190712234015j:plain

ミノキシジルの効果

ミノキシジルの効果は、発毛(育毛)になります。
具体的に言いますと、細胞分裂を活性化させて髪の毛を成長させる効果があるります。
もう少し詳しく説明しますと、ミノキシジルは直接髪の毛の毛母細胞に働きかけ、毛母の細胞分裂を活性化させて、髪の毛の成長を早める働きをすると言うことです。
現在日本では、ノキシジルを配合した育毛剤「リアップX5プラス」が大正製薬から発売されています。
リアップX5プラスはミノキシジル含有量5%の育毛剤で、この数値はさまざまな臨床試験の結果最も日本人の体質に適していると言う数値になります。
ミノキシジルを5%配合した育毛剤を使用した実験をした結果、連続使用した場合で最低でも6ヶ月の期間を要すると言われております。
ちなみ、ミノキシジルを16%配合した発毛剤「フォリックスFR16 」もありますが、ミノキシジルの濃度が高くなったとしても地道な継続使用が必要で濃度が高くなったからと言って即効性がある訳ではございません。
また、ミノキシジル外用薬が効果を発揮するのは「頭頂部」のみで、額の生え際の「前頭部」には効果は確認されておりません。
基本的に人間の髪の毛には「毛周期(ヘアサイクル)」があり「成長期→退行期→休止期」の様になっていて、2~6年の期間をかけて成長し、やがて退行期を迎えて成長が止まります。
そして休止期を迎えて仮眠の毛は抜け落ち、再び新しい髪の毛が生え成長期になります。
しかし、AGAの場合はこの毛周期が「DHT(ジヒドロテストステロン)」に狂わされるため、全うに成長することができなくなってしまうのです。
DHTは、男性ホルモンであるテストステロンが「5αリダクターゼ(還元酵素)」と結合することによって生成される強力な脱毛ホルモンのことです。
このDHTが大量に生成されることで、AGAとなり髪の毛が失われ薄毛になってしまうのです。
つまり、DHTさえ抑制することができれば脱毛を防止するができます。
そこで活躍してくれるのが5αリダクターゼの働きを阻害してくれる成分「フィナステリド」です。
フィナステリドを主成分としたプロペシアを継続して服用することで、5αリダクターゼの働きを阻害してくれますので脱毛ホルモンであるDHTが生成されなくなります。
その結果、AGAの進行を防ぐことが可能となるのです。
また、DHTが抑制されることで正常なヘアサイクルに戻りますので、髪の毛は太く長く成長することが可能となります。
しかし、フィナステリドはあくまでも薄毛の進行を食い止める成分になりますので、発毛や育毛を促進させる効果のある成分ではありません。
そのため、発毛・育毛を促進させるためにミノキシジルが必要不可欠と言う訳なのです。
AGAクリニックでは、プロペシアミノキシジルの併用を推奨していて、ほとんどのクリニックでは2種類の内服薬を処方しています。

ミノキシジルプロペシアの併用が最強

ミノキシジルは上記でも言いましたように「発毛成分」になります。
一方プロペシアはAGAの進行を食い止める治療薬になります。
AGAの改善と言う意味では、プロペシアを服用すれば薄毛の進行を食い止めることはできますが、失ってしまった髪の毛を取り戻すことはできません。
しかし、ミノキシジルの効果をもってすれば、発毛を促進させて髪の毛の成長を早めてくれるので、薄毛が改善されるようになります。
つまり、ミノキシジルプロペシアの併用は最強と言うことです。
これはAGA治療の専門医も言っていることで、よりAGAに効果的な方法は、ミノキシジルプロペシアの併用処方になります。
AGA初期段階であれば、プロペシアの処方だけの場合もありますが、進行具合によってはプロペシアミノキシジル(外用)、さらに進行している場合はプロペシアミノキシジルタブレットの処方となります。
プロペシアでAGAの原因であるDHTを抑制し、ミノキシジルで発毛因子を刺激し、発毛を促し育毛を促進させることで薄毛が回復していくのです。
このように、双方の効果を同時に得ることで薄毛の悩みから解放されるのです。
プロペシアを服用しているけど一向にAGA(薄毛)が改善されないと言う場合は、ミノキシジルとの併用が効果的です。

最強の育毛剤ミノキシジルタブレット」が効果絶大

ミノキシジルは、上記で外用薬の育毛剤「リアップX5」をご紹介しましたが、外用薬よりも圧倒的に効果が高いのが服用タイプの「ミノキシジルタブレット」になります。
そのため、ほとんどのAGAクリニックではフィナステリド(プロペシア)とミノキシジルタブレットの併用を推奨していて、AGA治療で処方される内服薬は基本的にこの2種類になります。
ちなみにですが、ミノキシジル外用薬は頭頂部にしか効果を発揮しませんが、ミノキシジルタブレットの場合は頭頂部にも前頭部にも発毛(育毛)効果を発揮してくれます。
つまり、AGA治療に最強のコンビはフィナステリド(プロペシア)とミノキシジルタブレットと言うことです。
ただし、同じAGAでも前頭部の薄毛の場合は、頭頂部の薄毛とは原因が異なりますので注意が必要になります。
そのため、ミノキシジルタブレットを服用しても思うように薄毛が改善しない場合もあるのです。

ミノキシジルタブレットを服用しても思うように薄毛が改善しない場合もある

どういう事かと言いますと、AGAの原因はDHTになりますが、このDHTを生成する5αリダクターゼは実は2種類あるのです。
5αリダクターゼには1型と2型が存在し、頭頂部に多いのが2型5αリダクターゼで、前頭部に多いのが1型5αリダクターゼになります。
そして、フィナステリドが効果を発揮するのは頭頂部に多い2型5αリダクターゼだけになります。
つまり、前頭部の脱毛はフィナステリドでは完璧に防止できないと言うことです。
そのため、同じAGAでも前頭部の薄毛は改善しにくいと言われているのです。
ですから、ミノキシジルタブレットを継続して服用しても、脱毛を防止できなければ劇的な薄毛改善には期待できないと言うことなのです。
しかし最近は、1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼの両方の働きを阻害しくれる成分「デュタステリド」が登場し、厚生労働省の認可を受け実際に日本国内でも発売されるようになったのです。
ですからAGAでも頭頂部だけが薄毛の方の場合は「フィナステリド+ミノキシジルタブレット」で、前頭部が薄毛、もしくは前頭部も頭頂部も両方が薄毛と言う場合は「デュタステリド+ミノキシジルタブレット」が最強のコンビと言うことになります。
いずれにしても、劇的にAGA(薄毛)を改善するためには、発毛を促進させてくれるミノキシジルタブレットは必要不可欠と言うことになります。

ミノキシジルタブレットは前頭部にも効果を発揮してくれる

上記でも軽く触れましたが、ミノキシジルタブレットはAGAの中でも最も改善しにくいと言われている前頭部の薄毛にも効果を発揮してくれます。
つまり、額の生え際部分がハゲているいわゆるM字ハゲにも発毛効果があると言うことです。
ミノキシジルの外用薬であるリアップX5は、前頭部にそれほど効果を発揮しませんので諦めている方も多いと思いますが、服用タイプのミノキシジルタブレットでしたらM字ハゲ改善にも十分に期待できるのです。
ミノキシジルは毛母細胞を直接刺激し、髪の毛の発毛や育毛を促進させてくれます。
ミノキシジルタブレットは、体内で吸収され血液によって全身に運搬されますので、外用薬では効果を得にくい前頭部にもしっかりと有効成分が届きます。
そのため、生え際には効果を発揮しないと言う根拠がないのです。
要するにミノキシジルタブレットを服用することで額の生え際部分のハゲ対策も完璧にできると言うことです。

ミノキシジルタブレットは認可されていない

ミノキシジルタブレットは、絶大な発毛促進効果があります。
しかし、これだけ発毛効果があるにも関わらず「AGA治療薬として認可されていない」のが現状になります。
つまり、ミノキシジルタブレットは、あくまでも「高血圧症の治療薬」と言うことです。
そのため、原則として医師の処方のみでしか入手することができませんでしたが、最近では個人輸入でも購入することができるようになりました。

ミノキシジルタブレットを入手するには

ミノキシジルタブレット通称「ミノタブ」を入手する方法は2パターンあります。
①AGAクリニックで処方してもらう
個人輸入代行サイトで入手する
基本的にミノキシジルタブレットを手に入れる方法は上記の2つになります。

①AGAクリニックで処方してもらう 

一般的には、ミノキシジルタブレットの入手方法は「AGAクリニックで処方してもらう」方法になります。
上記でも言いましたが、ミノキシジルタブレットはAGA治療薬として世界的に認可されていない薬で、基本的には高血圧症の治療薬になるため扱いが非常に難しくなります。
そのため、しっかりと専門医の診察を受けて、あなたの薄毛にはミノキシジルタブレットが必要だと言う医師の診断が必要になります。
そして初めて処方してもらえるのが基本的にミノキシジルタブレットの入手方法になります。
しかもAGAクリニックでは、しっかりと血液検査等を行い、あなたの薄毛の細かい原因まで徹底的に調べてから、症状に合った治療薬を処方する必要があります。
その分どうしても料金が高額になってしまいます。

個人輸入代行サイトで入手する 

ミノキシジルタブレットの入手方法の2つ目は「個人輸入代行サイト」を利用するかたちになります。
個人輸入代行サイトも複数ありますが、全国的に有名で比較的安心できると言えばやはりオオサカ堂です。
ちなみにですが、オオサカ堂では海外正規品の医薬品を格安で販売していて、代行手数料も送料も全て無料になりますので意外と多くの方が利用しています。
特にプロペシアの価格は激安で、皮膚科や内科では最低でも10,000円はしますが、オオサカ堂でしたら半額以下の4,000円代での購入が可能となります。
オオサカ堂は設立20年以上になる個人輸入代行サイトの中でも老舗になりますので、信頼と実績があり多くの方が利用しています。
そのため、安全ではあると思いますがご利用の際は自己責任になります。

AGA治療の基本はプロペシアミノキシジルの併用

AGA治療と言えば、「プロペシアの内服療法」が一般的に認識されていますが、実はプロペシアだけでは改善しない場合があります。
なぜなら、プロペシアは脱毛ホルモンであるDHTの生成を抑制し脱毛を防止するための治療薬であり、発毛を促進させる効果には期待できないからになります。
もちろんプロペシアの服用だけで薄毛が改善したと言う方も居ますが、このようなケースは早期治療をはじめた方で、もともとハゲではなく若干の薄毛だった場合になります。
完全にハゲてしまっている場合は、プロペシアでDHTを抑制してもすでにハゲてしまっているためあまり意味がありません。
つまり、プロペシアはあくまでも「現状維持」と言うかたちの薬であると言うことになります。
現状細く弱々しくなっている髪の毛でも残っているのなら、DHT生成を抑制し、太く長い健康な髪の毛に成長させることは可能ではありますが、髪の毛が残っていない状態だとプロペシアだけで完全復活することは難しいと言えます。
ちなみにですが、AGAクリニックではなく皮膚科に相談した場合は基本的にプロペシアの処方しか行いません。
一方AGAクリニックに相談した場合はプロペシアミノキシジルの両方の処方を行います(状況によります)。
これは、プロペシアでAGAの原因であるDHTを抑制することと、ミノキシジルで発毛を促進させることが目的になるからです。
だからAGAクリニックに通院しているほとんどの方が早い段階で薄毛を克服しているのです。
つまり、プロペシアにはプロペシアの役割があり、ミノキシジルにはミノキシジルの役割があると言うことです。
以上のことから、プロペシアミノキシジルの併用がAGA治療の基本中の基本になると言うことが分かります。

プロペシアの特徴と役割について

改めてAGA治療薬であるプロペシアの特徴と役割について解説しておきたいと思います。
AGAと言われる男性型脱毛症がなぜ起こってしまうのかと言いますと、「男性ホルモンであるTH(テストステロン)が5αリダクターゼと結合することによってDHT(ジヒドロテストステロン)が生成され、DHTが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体(レセプター)と結合することでヘアサイクルが乱れ脱毛が起こる」と言うことになります。
以上のことからAGAの原因を作っているのはDHTと言うことが分かりますね。
そしてこのDHTを生成しているのが男性ホルモンであるテストステロンをジヒドロテストステロンに変換させてしまう5αリダクターゼになります。
つまり、5αリダクターゼの働きを阻害することができれば、脱毛を防止することができると言うことになります。
その役割を担ってくれるのが、プロペシア(フィナステリド)なのです。
プロペシアの主成分であるフィナステリドは、5αリダクターゼの働きを阻害してくれますので、DHTの生成を抑制させることができます。
プロペシアはDHTを減らし、毛根を守ってくれる薬になりますのであくまでも現状維持のための治療薬と言うことになります。
そのため、プロペシアを服用することで今以上に髪の毛が減ることはないのです。
また、薄毛の症状が軽い場合はプロペシアを服用すれば薄毛が復活する場合もあります。
これがプロペシアの特徴と役割になります。

ミノキシジルの特徴と役割について

ミノキシジルは、プロペシアとは逆に「発毛効果」のあるAGA治療薬になります。
ミノキシジルは、皮膚科や内科で処方されることがないためその存在自体を知らないと言う方の方が多いと思います。
ミノキシジルと一口に言っても、服用タイプのミノキシジルタブレットと、外用タイプの育毛剤があります。
主にAGAクリニックで処方されるのは服用タイプのミノキシジルタブレットで通称「ミノタブ」になります。
ミノキシジルは、もともとは高血圧の治療薬として開発された医薬品なのですが、服用した患者に「全身の多毛症」と言う副作用が見られたため育毛剤としての研究が進み、AGA治療に利用されるようになりました。
それを外用の育毛剤として開発されたのが大正製薬から販売されている「リアップX5」なのです。
他にもロゲインなども有名ですが、人気はテレビCMでお馴染みで安心感のあるリアップX5になります。
ミノキシジルの特徴は、血管を拡張させ毛根への血流を改善させることで髪の毛の成長に必要な栄養素を届きやすくすることになります。
血行不良は薄毛の原因の一つになります。
また、ミノキシジルはただ血管を拡張させるだけではなく、ミノキシジル特有の発毛を促進させる効果がありますので、その他の高血圧治療薬とは訳が違います(ミノキシジル以外の高血圧治療薬全てに発毛効果はありません)。
実際の研究でミノキシジルは毛乳頭細胞に直接作用し、発毛に必要な成長因子を分泌させることで髪の毛の成長を促進させることが明らかとなっています。
つまり、ミノキシジルは脱毛を防止する守りのプロペシアとは全く逆の効果を発揮する薬で、攻めの薬と言うことになります。
ちなみにですが、ミノキシジルは内服薬(ミノキシジルタブレット)と外用薬(育毛剤)とがあると言いましたが、発毛効果育毛効果共に効果が高いのは服用タイプのミノキシジルタブレットになります。
リアップX5などの育毛剤タイプのミノキシジルは効果が弱い分副作用の心配は少なくなりますが、リアップX5では効果がない場合もあります。
育毛剤だと薄毛の状態によっては物足りない場合もありますが、薬ばかり飲みたくないと言う方や、副作用を気にされる方はまずはリアップX5のような育毛剤タイプとの併用から試してみると良いと思います。

プロペシアミノキシジルを併用した方が良い3つの理由

それではプロペシアミノキシジルを併用した方が良い3つの理由をご紹介していきたいと思います。

理由①プロペシアだけでは髪の毛は生えないから併用が良い

上記で説明した通り、プロペシアは発毛を促進させる効果のある治療薬ではなく、脱毛を防止する役割の治療薬になります。
そのため、プロペシアに発毛効果は期待できないと言うことです。
プロペシアを服用することで弱っている髪の毛が、健康な状態となり太く長く成長をはじめますので、多くの方はプロペシアを飲むと髪の毛が生えると勘違いしていますが、実際はプロペシアに発毛効果はありません。
初の服用タイプの育毛剤ということで注目されましたので「プロペシア=発毛(育毛)効果」と思われている方が多いと思いますが、期待して服用するとガッカリしてしまう場合がほとんどです。
ちなみにですが、プロペシアの発毛率はほんの数%しかありません。
臨床試験で全体の約6割の方がプロペシアで薄毛が改善したというデータがありますが、これは軽度改善や中程度改善のケースも含まれています。
つまり、プロペシアの服用で劇的に髪の毛が増えた人ばかりではなく、ちょっとだけ髪の毛が増えた場合でも一括りにして「改善」としているのです。
このような発表があると、多くの方の薄毛が改善したかのように受け取ってしまうと思いますが、実際はそうではなく劇的に改善した人はほんの数%になります。
そのため、AGA治療をはじめるならプロペシアで抜け毛を防止しながら発毛効果の高いミノキシジルを併用した方が良いのです。

理由②ミノキシジルだけでは脱毛を防げないから併用が良い

プロペシアは脱毛を防止する役割で、ミノキシジルは発毛を促進させる役割と言うことは理解していただいていると思います。
ミノキシジルは服用タイプの方が効果は高いのですが、外用タイプの育毛剤でもプロペシアよりも圧倒的に発毛効果が高くなります。
そのため「ミノキシジルだけでも十分髪の毛が生えるんじゃないの」と考える人が居ます。
少しでも治療費を安く抑えたいという理由から、上記のような考えに至るケースが多いのですが、ミノキシジルは発毛効果はあるけど脱毛を防止する効果がないと言うことを忘れないでください。
そもそもAGA(薄毛)の原因は、ヘアサイクルを乱してしまうDHTにあります。
つまり、このDHTを抑制しない限り髪の毛はなくなるまで抜け続けると言うことです。
しかもミノキシジルではこのDHTの生成を抑制することはできません。
ですから、ミノキシジルで髪の毛の成長を促しても、結局後ろからDHTがやってきて髪の毛を抜け落ちさせてしまうのです。
そのため、AGA治療をはじめるならプロペシアで抜け毛を防止しながら発毛効果の高いミノキシジルを併用して発毛を促した方が良いのです。

理由③プロペシアとフィナステリドの併用でお互いの欠点を補える

プロペシアは脱毛を防いでくれますが発毛を促す効果がありません。
ミノキシジルは発毛を促進させるけど脱毛を防ぐ効果はありません。
お互いに欠点がある治療薬ではありますが、それぞれを併用することでお互いの欠点を補うことが可能となります。
また、それぞれの役割を効率よく発揮できるようになりますので、AGA治療においてプロペシアミノキシジルの併用は基本中の基本であり最強と言えるのです。
そのため、AGA治療をはじめるならプロペシアで抜け毛を防止しながら発毛効果の高いミノキシジルを併用した方が良いのです。

以上3つがプロペシアミノキシジルを併用した方が良い理由になります。お互いの欠点を補いながらそれぞれの役割を全うできるため、AGA改善までの道のりが最短になります。一刻も早く薄毛を改善したいと言う方は、このプロペシアミノキシジルを併用した方が良いでしょう。

薄毛予防の場合はプロペシア単独でも効果あり

今現在薄毛ではないけど、将来的にハゲたくないと言う方は予防目的でプロペシアの服用をしましょう。
プロペシアの主成分であるフィナステリドは、AGAの原因であるDHTを生成してしまう5αリダクターゼの働きを阻害してくれる効果があります。
つまり、薄毛の進行を食い止める効果に関してはプロペシアは最強と言うことです。
そのため今現在は薄毛ではないけど、
①親族に薄毛の人が居る(特に母方の祖父に注意)
②最近抜け毛が増えてきた(シャンプー時に髪が抜ける)
③最近と薄くなってきた気がする
このような状況の方は、薄毛予防のためにプロペシアを単体で服用してみても良いと思います。
ハゲてからでは手遅れになる場合もありますので、ハゲる前に手を打つ人も少なくありません。
ただし、既にある程度薄毛になっているケースで、AGAが進行している場合はプロペシア単体では物足りない場合もありますので、ミノキシジルを併用した方が良いでしょう。
自分の頭部の状態をチェックしても自分で判断できないと言う場合は、AGAクリニックの無料カウンセリングなどを活用して相談してみるのもおすすめです。

プロペシアミノキシジルの併用でAGAが改善しない場合の対処法

プロペシアミノキシジルを併用しているにも関わらずAGAが一向に改善しないと言う場合は正直焦りますよね・・・
このような場合に考えられることは「栄養不足」もしくは「睡眠不足」になります。
まず、プロペシアは脱毛防止効果、ミノキシジルは血管拡張で血流改善になりますが、抜け毛を防ぎ血流を改善したところで髪の毛の成長に必要な栄養素が不足していると期待通りに髪の毛が成長しない場合もあります。
そのため、髪の毛の成長に必要な栄養素をしっかりと摂り入れる必要があるのです。
それから睡眠不足の場合も髪の毛の成長に悪影響を及ぼしますので要注意です。
なぜなら、髪の毛は寝ている間に成長しているからになります。
睡眠不足の状態だと、どれだけ効果のある薬を飲んでいたとしても効果を最大限発揮できない場合があるのです。
プロペシアミノキシジルを併用しているにも関わらず思うように改善しないと言う場合は、髪の毛の成長に必要な栄養素と睡眠時間をしっかりとるようにしてみてください。
それでも薄毛が改善しない場合は、プロペシアがきかない体質のかのうせいがありますので、以下の記事を参考にしてみてください。

ミノキシジルタブレット個人輸入

フィナステリド(プロペシア)やデュタステリド(ザガーロ)を服用しているにも関わらず、一向にAGAが改善しない、薄毛が治らないと言う方も少なくはありません。
なぜなら、フィナステリドもデュタステリドも脱毛を防止するための成分で、発毛や育毛を促進させる効果には期待できないからになります。
そのため、劇的な薄毛改善を求めるならば上記で紹介しましたミノキシジルの力が必要不可欠となるのです。
特にミノキシジルタブレットの発毛効果は絶大で、リアップX5などの育毛剤と比較しても圧倒的な発毛効果があります。
しかし、ミノキシジルタブレットはもともと高血圧症の治療薬であると言うことと、服用量によっては副作用のリスクが高まってしまいますので、まずは専門医の判断を得ることが安全に服用するための秘訣になります。
ミノキシジルタブレットに発毛効果があることは世界的にも認められていますが、AGA治療薬としては全世界で認可されていませんので専門医の判断が重要になります。
そのため、ミノキシジルタブレットの服用を検討していると言う方は、個人輸入で手に入れることをおすすめします。

まとめ

以上のようにミノキシジルは非常に発毛(育毛)効果の高い成分で、AGA治療には欠かせないものとなります。
しかし、皮膚科や内科ではミノキシジルタブレットの処方は一切ないのでその存在を知らない人が多いのも事実になります。
もし、プロペシアやザガーロを飲んでいるけどそれほど薄毛が改善していないと言うことでしたら、ミノキシジルタブレットを併用することで薄毛を改善することが可能になります。 

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

プロペシアとミノキシジルの併用効果

現在、発毛に有効性が認められている発毛剤は、2つあります。

ご存じの人も多いかもしれませんが、プロペシアミノキシジルです。

 

f:id:participantlink:20190713003416j:plain

 

プロペシアは抜け毛にブレーキをかける薬、ミノキシジルのほうは発毛を促進する薬という役割分担になります。

 

プロペシアは飲む薬だけですが、ミノキシジルには塗るタイプと飲むタイプがあります。

 

こういう実際に効く薬を処方できるところが、サロンにはないクリニックの強みと言っていいでしょう。

 

プロペシアのほうから説明すると、その有効成分はフィナステリド。

 

では、「その成分、そもそも何なの?」というと、男性ホルモンを抑える薬です。中年を過ぎた男性には、よく前立腺肥大という病気が起こりますが、その原因は男性ホルモンなのです。活性化した男性ホルモンに、ジヒドロテストステロンというのがあるのですが、これが前立腺肥大を起こすと言われています。

 

そして、同じ原因で起こるのが、男性型のハゲであるAGA。

 

プロペシアは、男性ホルモンを抑える前立腺肥大の治療薬だったのですが、これが脱毛にもブレーキをかけるというわけです。

塗り薬として有名だが、経口用もある「ミノキシジル

そしてミノキシジル。これは、たぶんプロペシアよりも多くの人になじみのある育毛剤ではないでしょうか。

 

というのは、市販されている『リアップ』の成分が、ミノキシジルなのです。日本では、大正製薬一般用医薬品として『リアップ』を売っていますが、海外では『ロゲイン』という商品名で売られています。

 

リアップはもちろん塗る薬ですが、クリニックに行くと、飲むタイプのミノキシジルもあります。一般には飲むプロペシアと塗るミノキシジルの併用が多いのですが、かなりイッてるハゲには、飲むミノキシジルが処方されることも多いです。

 

そして、塗るのと飲むのでは、飲むタイプが圧倒的に効きます。

 

では、そのミノキシジルとは何かというと、心臓病とか動脈硬化の薬として開発されたものなのです。

 

血管を拡張する作用があるので、頭皮の毛根にも、栄養が行き届きやすくなる。その血管拡張作用で、服用している人にみんな髪が生えてきたといいます。そういうことから、「育毛の薬としても使える」となったのが、そもそもの始まりです。

 

注意したいのは、プロペシアミノキシジルも、即効性が期待できる薬ではないということです。最低3カ月以上は続けて使うことが推奨されています。

 

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村