発毛剤の真実

ミノキシジル・フィナステリド・ディタステリドのジェネリックでハゲ治療

ミノキシジルの効果が出るまで

ミノキシジルの魅力は、発毛と脱毛の予防を同時に行ってくれる点です。
基本的には発毛や育毛に関する対策は脱毛作用と別々に分けて考えなければいけません。
発毛や育毛を促す薬と、脱毛作用を抑える薬を併用して頭皮の状況を改善していくことが普通だからになります。
一方で、ミノキシジルに関しては一つの成分で二つの作用を同時に発揮してくれるため、面倒な対策を行わなくてもいいのです。
ミノキシジルは、既に世界各国の約90以上もの国で認められている効果の高い成分になります。
誤解をしてはならないのは、ミノキシジルは製品の名前ではなく成分の名前であるということです。
この成分が含まれている医薬品を利用すれば、頭皮に対する発毛や脱毛の進行を予防することができるのです。
個人輸入なら安価でAGA治療を行うことができるので、ミノキシジルが配合されている治療薬を通販ですと安価に手に入れることが可能です。

 

f:id:participantlink:20190712234015j:plain

 


ミノキシジルの効果

ミノキシジルは、乱れている患者の頭皮のヘアサイクルを元に戻すことを目的として開発されたものです。

f:id:participantlink:20190713003416j:plain

作用機序としては、毛包という部分に直接的に作用し、頭皮に存在している細胞の活動を活発化させ、髪の毛の育毛や発毛に重要なたんぱく質の合成を促進させる作用が存在します。
人間の体毛には、ヘアサイクルという周期が存在します。
これは、髪の毛に限定されず人間の体毛であるのならば例外なく存在し、このサイクルが乱れると人間は脱毛症になってしまいます。
アサイクルは、成長期、退行期、休止期の三つに分けることができ、これらの周期は数ヵ月から長ければ数年という周期で繰り返しています。
通常の人のヘアサイクルは、成長期から髪の毛の成長が止まって脱毛する休止期まで順調に周期を送った後、また成長期に帰ってきて発毛を行います。
多くの人は、体毛を放置しておいたとしても一定の長さまで成長するとそれ以上は成長しません。
これは、ヘアサイクルが正常に働いている証拠でもあります。
成長期を過ぎて退行期に向かうと、正常なヘアサイクルの人はその時点で体毛の成長が鈍化するため、次の発毛に向けて準備を始めます。
こうした綺麗なサイクルが存在する限りは、人間は脱毛症になりません。
頭皮の場合は、髪の毛は毛穴から成長を始めますが、頭皮に存在する全体の髪の毛の約8割近くは成長期の髪の毛であると考えられています。
つまり、本来の頭皮の髪の毛のバランスは成長期が8で、休止期や退行期が2のバランスでなくてはいけません。
この正常なバランスに戻すことがミノキシジルの作用機序です。
ミノキシジルには、頭皮に存在する細胞の活性化によって細くなった髪の毛がどんどん太くなっていく作用機序があります。
毛髪の成長は毛包の働きによるところが大きく、ミノキシジルによって毛包が活性化すると自発的な力によって髪の毛の成長を活性化させる作用機序が働きます。
薄毛の人は髪の毛が軟化して細くなりますが、ミノキシジルの効果によって毛包が刺激され、どんどんその状態を改善できるわけです。
こうした効果をミノキシジルの作用機序では、ディープグロース効果と言います。
毛包は、ヘアサイクルの中でも休止期に入ると急速に活動を弱くさせてしまいます。
アサイクルがおかしくなってしまうと、休止期から成長期に向かうことができないようになります。
ですから、休止期に入って活動を低下させている毛包の働きもずっと弱いままになってしまい、この影響によって自然と髪の毛の脱毛数が多くなります。
そのため、ミノキシジルを使うと毛包の働きが復活して、効果の高い発毛や脱毛の予防を実感できるわけです。
また、ミノキシジルは血流の動きを良くする効果も確認されています。
そもそも、ミノキシジルは元々血管の拡張作用を期待されて開発された成分であるため、血管の拡張作用に関しては開発の段階から予想されていたことです。
そのため、血圧を若干変化させる作用も開発段階から存在します。
血流や血圧の状況を変化させることは、髪の毛の成長にとって重要なポイントであると考えられています。
これは、髪の毛に必要な栄養分が血液の流れに乗ってやってくるからです。
血流や血圧が正常でないケースでは、体内に十分な栄養分を運ぶことができなくなってしまいます。
特に、血圧の状態はとても重要で、血圧が正常値でない場合には血流の動きも自然と悪くなるので、ミノキシジルでこのポイントを改善することも非常に重要です。
ミノキシジルは、錠剤ではなく患部に塗布するタイプのものであるため、身体全体に対する血流や血圧の改善を求めるわけではありません。
ポイントを絞って状態を改善することを目的としていますので、効果が高く効率的であるというメリットがあります。
発毛と脱毛の予防が同時にできるのも、ミノキシジルの効率的な効果によるところが大きいです。

どのような症状に効果がある?

ミノキシジルの効果は、壮年性脱毛症という症状に対して発揮します。
壮年性脱毛症は、通常の人と比較するとヘアサイクルの間隔が短くなっている症状のことを意味します。
正常なヘアサイクルの人は、1日で脱毛する本数はだいたい50本から100本程度で収まるのですが、壮年性脱毛症になってしまうとそれ以上の脱毛数になります。
髪の毛は、脱毛したとしても正常なヘアサイクルであるのならばすぐに発毛を開始しますので何の問題もありません。
しかし、壮年性脱毛症の場合にはヘアサイクルがそもそも乱れている状態なので、一度大量に髪の毛が抜けてしまうとその後の発毛を期待することができないという難点が存在します。
壮年性脱毛症を見極めるポイントとしては、毛髪が柔らかくなる点が挙げられます。
人間の髪の毛は、成長期に毛髪が成長すると強くしなやかな毛髪に成長します。
一方で、成長期に十分な成長ができず、そのまま退行期や休止期に向かってしまう毛髪の場合は、髪の毛が弱くて柔らかい状態になってしまいます。
髪の毛は頭皮の毛穴から成長しますので、細くて弱い髪の毛になってしまうと毛穴で髪の毛を支えることができなくなり、自然と抜け毛も大きくなります。
こうした状況は、毛包のミニチュア化という表現で言い表されます。
成長期の毛包が成長することなくヘアサイクルが進んでいくと、後のサイクルにも大きな影響を与えて頭皮に存在する髪の毛がほとんど弱くなってしまいます。
成長期が8で退行期や休止期が2という髪の毛のバランスを取れなくなってしまうわけです。
こうなると、ミノキシジルによる医薬品の対策しか効果を発揮できません。
壮年性脱毛症のタイプは一つではなく、ミノキシジルを利用する際には患者がどのタイプに属しているのかを分別しなくてはいけません。
一般的に、壮年性脱毛症はI型からVI型まで存在しますので、表を見比べて患者自身で頭皮の状況がどのようになっているのかを確認する必要があります。
脱毛症が初期の状態から中期の状態に移行するまでの流れも異なるので、それぞれ比較検討することが重要です。
また、脱毛症の見極めは男性だけではなく女性にとっても重要です。
基本的に、育毛剤や発毛剤というのはヘアサイクルへの影響を考慮して男性に対して開発されることが多いのですが、実はミノキシジルに関しては女性も使うことができるメリットがあります。
これは、他の発毛剤や育毛剤と大きく異なっている利点の一つです。
女性も、壮年性脱毛症を起こすことがありますので、症状が出ているときには適量を利用することで症状を改善できます。
ただ、女性の場合は男性と違って頭頂部を中心に脱毛する傾向が強いので知っておくとわかりやすいです。
男性の場合はI型からVI型の壮年性脱毛症に分けることが可能でしたが、女性の場合にはそうした分け方がありません。
例えば、男性の場合は前頭部の生え際の後退などはわかりやすい脱毛症の症状なのですが、女性の場合にはこうした症状を確認できません。
頭頂部から全体に薄毛が広がっていき、最終的には地肌が見えるようになるので覚えておきましょう。
男性用と女性用のミノキシジルの用量に関しては医薬品ごとに確認することがとても大切です。
女性も壮年性脱毛症になるとは言っても、男性と比較すると症状が軽いことが多く、男性と同じだけの用量を使う必要がありません。
どうしても用量に関してわからない場合には、医師に相談することで適切な量を教えてもらうことが可能なので、迷うときは相談することも大切です。
壮年性脱毛症の抜け毛は、日常生活のストレスや仕事と異なって患者の男性ホルモンのバランスやそれによる脱毛を促進させる物質の影響が強いです。
そのため、男女で一緒に考えずにその人の身体的な状況を加味して、最もミノキシジルの効果を体感できる製品を選択することが重要です。

どれくらいの期間で効果を実感できる?

ミノキシジルを利用して発毛や脱毛作用の予防の効果を実感するためには、ミノキシジルの継続的な長期投与が不可欠になります。
臨床試験の評価や医師の評価として利用されている期間としても、24週と52週という期間が用いられています。
つまり、使用期間に関してはだいたい半年から1年程度の継続的な期間で効果を実感できます。
なぜ半年から1年程度の使用期間で効果を実感できるのでしょうか。
これは、継続的な使用とヘアサイクルの期間に関連性があるからです。
髪の毛のサイクルは、数日から数週間という短い期間で成り立っているわけではなく、そのほとんどは数ヵ月から数年という単位で成り立っています。
そのため、ミノキシジルで効果を体感するためにはヘアサイクルに合わせた継続的な使用期間に設定しなくてはいけません。
仮に、ミノキシジルを含んだ医薬品をクリニックで処方してもらった際には、一般的には4週間ごとにそれぞれの項目に合わせて効果を見ていくことが普通です。
評価としては著明改善、中等度改善、軽度改善、不変、悪化の5つの評価が与えられます。
この4週間後のデータを見ていって、将来的に効果を実感できる期間がだいたい半年から1年ということになっています。
これは、臨床試験の段階で統計的なデータとしても結果が出ていますので信用性は高いです。
半年までミノキシジルを使用し続けた患者とそうではない患者の間では効果に大きな差が存在し、それからさらに継続的に利用し続けていくことによって実に約9割以上の患者が効果を実感できたと回答しています。
効果の実感としては、脱毛作用を抑えることができたという結果と髪の毛を増やすことができたという二つの結果から確認していかなくてはいけません。
例えば、髪の毛の本数が増えたことに関しては、1平方センチメートルあたりにおいて、使用してから4週間後に約1本ずつの割合で髪の毛が増えていくことがわかっています。
これが倍の8週間後には19本から20本となり、半年間の24週間が終わるころには約22本にまで増えていきます。
1平方センチメートルあたりでこれだけの本数が増えるので、全体傾向で見るとかなりの本数が増えていることを確認できます。
また、本数が増えるのと同時に太さが変わっていくのも確認することができます。
太さの確認に関しても1平方センチメートルで見ていくことが大切で、使用期間が半年を超えると見た目の太さは大きいと2倍程度にまで跳ね上がります。
本数が増える上に太さも大きくなることが立証されています。
このように、ミノキシジルの効果を実感するための期間としては最短でも半年間は見ておくことが重要です。
医薬品の中に含まれているミノキシジルの用量はかなり異なりますので、どの製品が頭皮に合っているのかを確認することも大切です。
特に、長期的にケアを続けていこうと考えている場合には含まれている量によって医薬品の価格が異なりますので事前に調べておくことです。



※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

フィナステリドとミノキシジルの併用

フィナステリドとミノキシジルの併用

男性型脱毛症(AGA)は頭頂部か前髪の生え際、またはその両方の髪の毛が抜け落ちていき薄毛になる症状で、自然治癒で治るものではないので徐々に進行してしまします。
いまや日本全国でも1,260万人以上の男性がこの症状に悩まされており、早い人では10代から薄毛が目立つかたも増えてきております。

 


医療機関ではこの症状を改善するため、AGA専門の外来を設置するなど対応しており、様々な方法で髪の毛を取り戻す治療がありますがAGAクリニックに通うとかなりの費用がかかります。
AGA治療薬の中で最もポピュラーで有効的とされるのがフィナステリドとミノキシジルの薬物治療になります。
AGAの原因は頭皮に高濃度で見られるDHTと呼ばれる物質が関与しており、この物質が増えることでヘアサイクルが乱れて、毛の成長が短くなると同時に抜け毛が増えてしまします。
フィナステリドは5α還元酵素阻害薬に使用される成分で、DHTの元となる5α還元酵素を阻害することで生成を抑制し、乱れたヘアサイクルを正常に戻すことで、AGAの進行を食い止めることが医学的に立証できております。

f:id:participantlink:20190725004521j:plain
ミノキシジルは高血圧の治療に使用する血管拡張剤として開発された成分で、副作用として毛が濃くなるというものがあります。
その作用は未だ不明な点が多いのですが、血管を拡張させることで頭皮の血流を増進させ、血液から酸素や栄養素を送り届けて毛母細胞を活性化させることで、発毛を促進させているのではと言われています。
どちらにしても薄毛で悩んでいた男性の多くが、使用後に確かな発毛効果を認めており、現在ではフィナステリドと並んで、AGA治療薬のひとつとなっています。
フィナステリド単体ではAGAの進行を抑えることができても、すでに薄毛となった頭を元に戻す力はありません。
アサイクルが正常化することで自然に毛は生えてきますが、早く元の髪を取り戻したいという人はミノキシジルを併用することで、高い効果を発揮します。 

oneclck.net

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

最強の発毛剤フィナステリドは3年の服用で78%の人に効果あり

 

フィナステリドは3年の服用で78%の人に効果を発揮してます。

フィナステリドとは、AGA(男性型脱毛症)に有効な治療薬として、日本を始め米国食品医薬局(FDA)の認可を受けている、世界60ヶ国以上で売られている「最強の発毛剤」のことです。

国内の臨床試験で、半年で48%、1年で58%、2年で68%、3年では78%もの対象者が髪が増えたと実感しているという研究結果が出ています。

日本では2005年にプロペシアという名称で販売が開始されました。

世界中で使用されているのがプロペシアです。 

プロペシア 

5α-還元酵素Ⅱ型阻害薬
プロペシアは2型の5α-リダクターゼを阻害することで、男性ホルモンであるテストステロンがAGA(男性型脱毛症)の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)へと変換されるのを防ぐ、国内初の内服用AGA治療薬です。

f:id:participantlink:20190531232332j:plain

f:id:participantlink:20190531232335j:plain

f:id:participantlink:20190531232338j:plain
主要有効成分:フィナステリド
効果範囲:5α-還元酵素Ⅱ型阻害
形状:錠剤
種類:0.2mg/1mg
主なジェネリックフィンペシア
添加物:結晶セルロース、乳糖水和物、部分アルファー化デンプン、デンプングリコール酸ナトリウム、ジオクチルソジウムスルホサクシネート、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、ヒドロキシプロピルセルロース、酸化チタン、タルク、三二酸化鉄、黄色三二酸化鉄、カルナウバロウ 

世界60か国以上で承認 

f:id:participantlink:20190531233426j:plain

米国食品医薬局(FDA)の認可を受け、現在では世界60か国以上で使われている最強の発毛剤です。

A評価成分

日本皮膚科学会で強く推奨されるA評価(最高ランク)を受けているのはフィナステリドとミノキシジルのみです。

前頭部と側頭部に効果的

頭頂部だけでなく、前頭部と側頭部などの生え際にも有効で、従来の育毛剤から抜きん出た効果を発揮します。

78%の効果

国内の臨床試験では、半年で48%、1年で58%、2年で68%、3年では78%と髪が増える人が経時的に増えていったことを確認できてます。

海外ではロゲイン(ミノキシジル)が人気で、日本ではフィナステリドが人気です。

日本人は「前頭部と側頭部」が薄い人が断然多いです。

頭頂部がうす毛になる原因である「肉(動物油)」をよく食べる欧米人は頭頂部の薄毛の人が多い為、頭頂部に非常に効果的なミノキシジルが人気です。

しかし、日本人は頭頂部よりも「前頭部と側頭部」が薄い人が断然多いと言われています。そして、その「前頭部と側頭部」に効果のある成分が『フィナステリド』なのです。

フィナステリドの副作用

フィナステリド錠の副作用としては、リビドー減退(性欲の減退)、勃起不全があります。

他にも細かい副作用など、およそ2%の確率で性機能の低下が報告されています。

しかし、これはフィナステリドが直接関与しているものと証明されておらず、単にフィナステリドを使用した時期に勃起不全の症状が出ただけとも言われています。

勃起不全(ED)は50代で40%の方に症状があると言われています。

プロペシアの使用は男性限定です。女性と小児には使用してはいけません。

フィナステリドはミノキシジルと組み合わせることでより効果を発揮

日本皮膚科学会の薄毛治療ガイドラインによると、「強く勧められる」と評価された治療法は、「フィナステリドの内服」と、「ディタステリドの内服」と「ミノキシジルの外用」です。

フィナステリドは単体だけでも効果が高い育毛剤なのですが、ミノキシジルと組み合わせることで、より高い育毛・発毛効果を見込めます。

これは、どちらの成分も同じ効果をもつのではなく、互いに違う効果(フィナステリドは脱毛を引き起こすホルモンの生成を邪魔し、ミノキシジルは発毛・育毛を促すために血流をよくする)を有するもので、併用使用することにより相乗効果をもたらす、と言われています。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

フィナステリドの効果を出せる期間

世界60カ国以上に承認されるフィナステリドです。
日本でも臨床試験を行い、AGA治療薬の成分として厚生労働省の認可を受けてる薬です。
日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインでも、男性のAGA治療の内服療法として強く推薦されてます。
AGA(男性型脱毛症)の有効成分として、プロペシアなどのAGA治療薬に配合されるのがフィナステリドです。
ハゲ克服できる理由は、AGAの原因物質を抑制する働きにあります。
それでは、詳しく解説していきます。

 

 

ハゲの原因はジヒドロテストロンの生成が関係している

 f:id:participantlink:20190528214352j:plain


AGAは成人男性が発症しやすい脱毛症の一種で、額の生え際や頭頂部の髪の毛が十分に成長しなくなり、抜け毛が進行していいきます。
AGAの原因は、男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼという酵素が結合して、ジヒドロテストロン(DHT)が生成されることが関係しています。
ジヒドロテストロンは毛母細胞の働きを低下させるため、ヘアサイクルが乱れて、髪の毛が成長されないまま抜け落ちてしまいます。

フィナステリドはジヒドロテストロンの生成を抑えてくれる

 

f:id:participantlink:20190528214426j:plain

フィナステリドはテストステロンと5αリダクターゼの結合を阻害して、ジヒドロテストロンの生成を抑えてくれます。
ジヒドロテストロンの影響によって起こる抜け毛を防ぐことができます。
抜け毛を防いで正常なヘアサイクルに整え、髪の毛が太く長く成長するようになることから、フィナステリドはAGAに最も有効な成分です。

フィナステリドは1日1錠(1mg)服用

 


フィナステリドは毎日1mg服用することで効果が期待できます。
フィナステリドが配合している有名な商品がプロペシアです。
プロペシアはAGA(男性型脱毛症)の治療薬として米メルク社が開発して以来、すでに世界60カ国以上で使われている有名な発毛薬です。
プロペシアは皮膚科や薄毛外来で処方でないと手に入りませんでしたが、現在はネットでも手軽に安く購入できます。 

フィナステリドを服用してから効果がで期間

 早い人だと3ヶ月程度で効果を感じる場合もありますが、通常だと6ヶ月の服用が目安になります。
髪の毛は、成長期、退行期、休止期のヘアサイクルを繰り返しています。
AGAによってヘアサイクルが乱れると成長期が短くなり、成長途中の髪の毛が抜け落ちていきます。

正常なヘアサイクル(毛周期)

 

f:id:participantlink:20190528215000j:plain


成長期(新しい髪の毛が成長して伸びる期間):約2~6年
退行期(髪の毛の成長が弱くなる期間):約2週間
休止期(成長が止まり、抜け落ちる期間):約3~4ヶ月
フィナステリドの効果によって正常なヘアサイクルに戻っても、新しい髪の毛が成長するには時間が必要です。
その効果を実感するまでにおよそ6ヶ月かかります。

ハゲ克服の為にさらに効果を上げる方法

 

f:id:participantlink:20190528215111p:plain


ハゲ克服するには、フィナステリドと他の治療法を合わせていく方法があります。
それは、ミノキシジルとの併用が最も効果的です。
ミノキシジル育毛剤や治療薬に配合される成分で、頭皮の血行促進効果があり、髪の毛が成長しやすい頭皮環境へ改善することが可能です。
フィナステリドの脱毛を抑える効果と合わせることで、ハゲを予防し発毛を促す相乗効果が期待できます。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

ミノキシジルタブレット 効果

ミノキシジルタブレットの効果と副作用の最新情報

海外には、発毛剤として効果あると期待されるミノキシジルタブレット(ミノタブ)という発毛剤があります。

 

ミノタブは2.5mgと5mgと10mgの3種類の濃度があり、どの濃度のミノタブを服用するのがベストなのかを順番に解説します。

 

oneclck.net

 

ミノタブ2.5mgと5mgと10m

ミノタブの服用の濃度の重要性を順番に解説します。

副作用の不安がある方は、まずは、1日2.5mg、また5mg(1錠)の服用を3ヶ月を目処に始めていくことをおすすめします。
ミノタブに慣れてきたら10mgに徐々に増量していぐと効果的です。

服用を増量させる場合は、3日以上をかけて、1日あたり5~10mg(1~2錠)の範囲内で増量することがポイントです。

何週間か経ち、2.5mgまたは5mgの服用に慣れた方は、本当に発毛効果が出ているかが次の不安要素になってきます。


3日以上をかけて、1日あたり5~10mgを増量していくプランで進めていく服用法が安心です。

ミノキシジルの最大摂取量は正規マニュアルによると1日50mgとされていますが、だからといって初日から50mg(10mg×5錠)を1日摂取するのは極力控えたほうがいいです。

1日20mg服用する猛者もいますが、濃度がかなり高い服用になってくるので、あまりおすすめしません。

【オススメしない理由】


ミノキシジルは長年続けていくと、効果が徐々に薄れていく傾向が稀に報告されている
量が多いと、副作用のリスクをより高めてしまう(50mgはかなりの量なので危険です)

血圧を下げる効能もあるのでその分体への負担が大きくなる

ミノキシジルは、元は血管拡張剤として開発された成分ですので、高血圧の患者さんが飲むお薬として用いられていた医薬品でした。
そのため、過剰摂取すればするほど副作用のリスクが高くなる薬剤となっています。 

ミノタブ服用方法 朝1回ずつ飲む服用法

ミノタブには特に服用に決まりがありませんが、朝の服用をおすすめします。

朝服用するメリット   ​

・フレッシュな朝、飲むようにすることで習慣付けしやすい
・夜はお酒が入るケースが多い
・デメリットが少ない

また、朝と晩に服用を分ける方法もあります。

 

朝と晩に服用を分けるメリット

・髪の毛が最も成長する時間帯なので朝以上の効果を期待できる
・朝と晩の服用合計2回摂取することで、ミノキシジルの効果がより長時間持続する
・朝と晩に服用をわけることで、1回あたりの服用量を減らせる

 

一方、朝と晩に服用を分けるデメリットもあります。

・血圧が下がりすぎることで、朝起きられない、冷え性・肩こりの悪化のおそれがある
・夜の摂取時に、お酒と一緒に摂取すると、アルコールと反応して身体全体に負担がかかってしまう

お酒との飲み合わせに注意

f:id:participantlink:20190820000959p:plain

お酒と飲み合わせる際には以下の注意が必要です。
       
アルコールは一時的に血圧を下げる働きがあるため、ミノキシジルが持つ血圧降下の効果と二重作用し、肝臓の負担をかけ、肝機能障害を引き起こす危険がある!
アルコールを摂取した後の服用は絶対にやめましょう。

最低でもミノタブ服用とアルコールの摂取は、6時間前後以上は間を空けるようにしましょう。 

耐性が出来た時の対処法

ミノタブで耐性がついていくという研究は今のところないようですが、「効果が減った」と感じる方もいるようです。
一般的に、耐性には「組織耐性」と「代謝耐性」という薬剤の効果を発揮できなくなっていく2つの耐性があります。
ある特定の成分に対して分解能力が上がることで、薬の効果が効きにくくなるこの現象に対する対処法が以下の通りになります。

ミノタブ服用を数ヶ月から半年ほど中断する


服用する量を減らす
服用を再開するときも摂取量は守る
耐性がついた場合、上記の対処法を活用することで体に溜まっていたミノキシジルの成分が抜け、再び服用した時にまた効力を発揮することができます 

副作用

ミノタブは、AGAに悩む人には劇的な効果をもたらせてくれますが、当然副作用のことを考えなければなりません。
内服薬は体の中に直接薬理成分を取り入れているので、副作用も体全体に及ぶ恐れがあります。

量が多く濃度が高いほど副作用の危険性は高まる

ミノタブを服用すると「血圧降下」が生じることがあります。
その場合、動悸や立ちくらみ等のめまい、倦怠感、不整脈が現れることがあります。
→治療前から低血圧気味の方は、医師と相談する必要があります。
ミノタブを服用されている方は、「多毛」の効果が全身に及びます。
髪の毛だけではなく、全身の体毛が濃くなることが報告されているので、注意してください。
副作用である初期脱毛は、かなり抜け毛が生じてしまうので、不安になるとおもいますが、それは薬が効いて健康的な髪の毛が生えてきている証拠なので、あまり心配する必要はありません。

5mgはこんな人にオススメ

 



・ ミノタブ2.5mgを使ったが、効果を感じられなかった方
・ 初めてミノタブを利用する方
・ 副作用が心配の方
・ 薄毛が目立ってきたものの、まだ進行がそこまで進んでいない方

でしたら、5mgはかなりオススメできます!濃度の中でも比較的安心して服用できる物となっているので、他薬の併用にも大きなメリットがあります。

 

10mgはこんな人にオススメ

 



・ 発毛剤やミノタブ5mgをすでに使用しているが発毛効果をあまり感じられない方
・ 薄毛が以前より進行しているという方
・ 10mgをピンカッターで半分にし、利用コストを低くして使用したい方
・ 医師と相談した結果、10mgから始めるよう言われた方


上記に該当するばあい、10mgのミノタブをおすすめできます。
ただ、長期でミノタブを使用される場合、副作用と身体への負担もその分大きくなっていきます。
もし高濃度で服用される場合は、その点に注意をしながら服用することがポイントです。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

ミノキシジルタブレット効果と副作用の最新情報

ミノキシジルタブレットというと育毛効果が高くて期待ができるとの多くの情報が溢れていますが、今回はミノキシジルタブレットの効果と副作用をわかりやすくまとめましたので参考にして頂ければ幸いです。

f:id:participantlink:20190617231149j:plain

ミノキシジルタブレットとは

ミノキシジルタブレットは、発毛効果の高いミノキシジルを配合する錠剤となります。日本だけではなく、世界においても、AGA治療薬としてミノキシジルタブレットを承認している国はありませんが、薄毛で悩む人にとっては、ミノキシジルを飲むと効果があると聞けばやはり気になるものです。

薄毛が進行してしまった人は、ミノキシジルタブレットを服用することで9割以上もの人が発毛効果を実感しているのです。

ミノキシジルタブレットとは、効果が高い発毛剤であり、同時に副作用も多少あります。

それぞれの特徴を知ることで、薄毛改善の心強い味方になるはずです。

飲んで生やす育毛剤

外用育毛剤にように頭皮につけるミノキシジルは日本でも認可されています。しかし、直接タブレットを飲むことは、体内から強力な効果をあげることができます。外用薬の場合は、まんべんなく塗らないとムラができてしまい、効果に部分的な差が生じる可能性があります。しかし、ミノキシジルタブレットは頭皮全体に効果が期待できるという特徴があります。

頭皮の血流を良くする

ミノキシジルタブレットは、発毛効果の高いミノキシジルを配合する錠剤です。飲むことで血管を拡張し、頭皮の毛根にも栄養を行き渡らせることで発毛を促進します。体内から直接作用するため、外用薬よりもより吸収率が高いのが特徴です。
高い改善効果が見られる
ミノキシジルは血管拡張作用があり、髪の成長に必要な毛乳頭細胞と毛母細胞を活性化させる効果があります。
毛乳頭細胞は頭皮の毛細血管を通じて、毛髪に必要な酸素や栄養をとり入れる役割があります。毛母は、毛乳頭細胞から届けられた栄養によって、育毛を促す役割があります。これらのはたらきによって、健康的な毛髪の成長を促進するのです。

元々は高血圧治療薬

ミノキシジルは、本来は血管拡張を促す、心臓病の降圧剤として開発されました。実は日本ではまだ、心臓病の治療薬としても認められていません。なぜなら副作用が大きく、専門性の高い医師による慎重な投与と、副作用を軽減するためのほかの薬剤との併用が必須だからです。日本皮膚科学会においても、服用しないよう注意喚起がなされているところです。

薬の副作用が発毛効果

心疾患の治療において、思いがけず身体中の毛が濃くなったなどの報告がなされたのが、AGA治療薬ミノキシジルの始まりです。血管拡張作用のおかげとされてはいますが、詳細なメカニズムについては詳しくわかっていないのが現状です。
ロニテンには血管拡張作用がある
ロニテンは、ミノキシジルの元祖の、高血圧治療薬のことです。ミノキシジルという有効成分が毛細血管を広げることで血圧低下ばかりではなく、偶然にも発毛効果を発揮したのです。

ミノキシジルタブレットの種類

ミノキシジルタブレットは、ミノキシジルを経口用に飲みやすくしたミノキシジルの錠剤の総称です。有効成分はすべて同じ「ミノキシジル」で、さまざまな国や、企業がそれぞれの製法で作っています。日本ではつくられていないため、海外から輸入して使用されます。

ミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレットはインド製で、有名で定番のタブレットです。比較的安全性が高く、日本人になじみの深い治療薬であるといえます。服用することで、育毛に必要な細胞を活性化し、健康的な発毛を促進します。成分量は2.5mg、5mg、10mgから選ぶことができます。


価格(ある個人輸入のサイトの例)


ミノキシジルタブレット2.5mg:約3,400円(内容量100錠)

 


ミノキシジルタブレット5mg:約3,700円(同上)

 


ミノキシジルタブレット10mg:約4,000円(同上)

 


ミノクソール5mg
こちらもミノキシジルタブレットと同じものです。日本人向けにつくられており、パッケージや説明文がすべて日本語のために安心して使用することができます。価格の安さもポイントです。
ミノクソール5mg:約1,050円(内容量30錠)

ノキシジル

ノキシジルはタイ製です。会社も違うので製法が違いますが、ミノキシジルタブレットと同じです。白く丸いタブレットで、ミノキシジル含有量は5mgと10mgの2種類があります。
ノキシジル5mg:約4,000円(100錠)
ノキシジル10mg:約4,300円(100錠)

ロニタブ

ロニタブは、インド製です。薬を包むシートは遮光性で、光による品質劣化を防いでいます。こちらはミノキシジル含有量が5mgです。
ロニタブ5mg:約1,600円(10錠)、約4,600円(30錠)、約7,300円(50錠)

USAミノキシジル

こちらも錠剤ですが、個包装ではなくプラ製のボトルの中に入っています。そのため、品質劣化をしないように自分自身で管理を行う必要があります。ミノキシジル含有量は2.5mgと10mgのものがあります。
USAミノキシジル2.5mg:約4,800円(100錠)
USAミノキシジル10mg:約7,600円(100錠)
ミノキシジルタブレットの効果は?
ミノキシジルタブレットの効果が表れるまでの期間
個人差はありますが、約3か月ほどで毛が生え始め、早い人だと5か月目以降には薄毛が目立たなくなることが報告されています。

時間が経てば経つほど効果が表れる

同時購入で、より効果的

特に前頭部・頭頂部の抜け毛が気になる人、もしくはミノキシジルを長期にわたって使用しているにもかかわらず、効果が表れない人は、ミノキシジルと同時にフィナステリドを使用することをおススメします。フィナステリドを併用することで、より効果的な薄毛治療をすることができます。

攻め(発毛)のミノキシジル

ミノキシジルは血管拡張作用があり、頭皮の毛細血管を拡張させて、発毛効果を発揮します。

守り(育毛)のフィナステリド

有名なプロペシアジェネリック医薬品です。ジェネリックのため、低価格で手に入れることができます。
フィナクスの主成分であるフィナステリドは、すぐに髪を生やすというのではありません。毛髪サイクルを改善し、同時に脱毛の進行を遅らせて、発毛を促す効果があります。成人男性を対象としたAGA治療薬で、世界60か国以上で使用されている抗男性ホルモン剤です。
現在、プロペシアの服用で95%以上の患者に脱毛の進行抑制の効果が認められています。
即効性はなく、1日1回、6か月以上継続して服用することが必要です。年単位で計画を立て、服用をしていくようにします。
フィナクスは、女性には禁忌です。
ミノキシジルタブレットは女性にも効果がある?

女性型脱毛症にも効果が確認されている

お薦めはリアップジェンヌ

女性の脱毛症の場合、内服薬は投与しないほうがいいとされています。
そのため、女性の場合はミノキシジルの外用薬を使用します。
そしてリアップジェンヌは外用薬であり、タブレットではありません。
ミノキシジルタブレットの副作用とは?
実際に体内にとりこむため、効果だけでなく副作用も多くなる傾向があります。そのため、自分の体調と、ミノキシジルタブレットの効果・副作用の特徴を理解するようにします。服用量と用法を守ることで、副作用の発言を最小限にとどめることもできるため、自己判断せずに決まった量を服用するように心がけましょう。

全身多毛症になる

多く確認される副作用は多毛症です。内服を継続すると、さらに腕や脛の毛が濃くなることがあります。もともとミノキシジルは血圧の薬として使用されていましたが、その経過において患者の全身に多毛がみられたことで、AGA治療薬として開発されることになりました。そのため、体毛が濃くなることが嫌だという人は、使用を慎重に決める必要があります。

血圧低下や心拍数が増加

ミノキシジルが血行をよくするために、心臓に負担がかかってしまう可能性があります。そのため、動悸、息切れ、めまいなどの低血圧の症状が起こりやすくなります。
血管を広げることで血管内の圧力を下げてしまう
ミノキシジル自体が高血圧の人向けに、血圧降下薬として開発されたものであったため、さらに血圧を下げて、足り暗みなどの症状が強く表れてしまう恐れがあります。
血圧低下を補うために心拍数が増える
血圧が低下すると、身体中に酸素を送るために、脈が速くなります。身体は疲れやすく、胸のあたりや息が苦しいような感じになります。

初期脱毛が起きる

ミノキシジルを服用してしばらく経つと、急に抜け毛が増えることがあります。これミノキシジルを服用することにより、新しい毛髪が、古い毛髪を押し出すことにより起こります。

今生えている弱い毛が抜け落ちてしまう

ミノキシジルにより血行促進され、刺激された毛根の細胞は、新たに毛を生やそうと活動し始めます。すると、すでに生えていた古い毛髪が押し出され、それが脱毛となるのです。古い毛が抜けて、髪のサイクルが平常に戻ると次第に脱毛は減ってきます。

初期脱毛は1ヶ月ほど続く

初期脱毛は、服用してから1か月くらいから始まります。そして、1か月~数か月たつと収まってくるのが特徴です。抜ける本数は、数本~100本単位で抜け落ちることもあるため、心配なときは医師に相談しましょう。
アサイクルが落ち着くと、今度は強く健康的な毛髪が生えてくるようになります。

購入するならクリニック?通販?

AGA治療薬を手に入れるには、AGA専門の医療機関で医師の診察を受け、その都度処方をしてもらう方法と、インターネット通販で購入する方法があります。

クリニックの良し悪し

医療機関で購入する場合、保険の適用外で継続して受診を継続するため、経済的な負担が大きくなる傾向があります。

いざという時に医師に相談できる

薄毛治療は自分で治療していると、客観的な効果が分かりづらいと思います。専門のクリニックの医師に相談できていると、医師が常に経過を観察してくれるので、安心感をもって治療に臨むことができます。

その都度、診察料が掛かる

AGA治療にかかる費用は、医療機関にもよりますが1回の診察で約15,000~40,000円。脱毛予防薬(プロペシアなど)のみの皮膚科などだと、約3,000~10,000円ほどが相場です。専門に治療したい場合はAGA専門外来を受診し、一般的な予防をしたいというのであれば皮膚科でもいいかもしれません。また、治療は継続する必要があり、少なくとも6か月以上は継続するつもりで計画を立てましょう。

通販の良し悪し

安く購入できる
自分の好きなオンラインショップで、好きなミノキシジルタブレットを選択し、安価な値段で購入をすることができます。

恥ずかしさを感じずに購入できる

インターネット通販を利用すると、薄毛の悩みを他人に知られることなく購入をすることができます。治療していることを隠したいという人に選ばれています。
偽造品もあるため、騙されるリスクがある
日本では認可されていないものや、一般的に出回っていないものを海外から個人輸入できるなど、通信販売はとても便利ですが、実際は効果のないものなども販売されている可能性もありリスクがあります。多くの商品があるときは、本当に安全性や、効果があるものなのかを確認できるものを使用しましょう。口コミなどを参考にするのもよい方法です。

ミノキシジルタブレットの注意点

1日1回、2錠(2.5mg×2)を服用
成分の血中濃度を一定に保つため、なるべく毎日、一定の時間に服用することが大切です。

食前でも食後でも良い

飲む時間の指定はありません。毎日決まった時間に飲むようにし、常に血中のミノキシジルの量を一定にできるようにします。

服用する量や回数を増やしても効果は無い

1日で内服できる量は10mgまでですが、効果を強く期待するために、決められた用量よりも多く飲む人もいますが、効果は高くなりません。
継続的な服用で初めて効果が実感できるため、6か月以上の服用が推奨されています。

かえって副作用のリスクを上昇させるだけ

飲み忘れた場合、それを追加で飲んではダメ
仮に飲み忘れがあっても、2日分をまとめて服用するのは禁止です。急に心臓に強い血圧抑制効果を及ぼす結果になります。飲み忘れたら、それは仕方がないと捉えて、次から忘れないようにしていきましょう。
「1度に飲むのは1回分だけ」を心掛ける
大切なのは、決められた用量を継続して6か月以上飲み続けることです。ときに飲み忘れることがあったとしても、翌日は再び1日分を飲むようにし、それを可能な限り継続していくことが発毛効果につながります。

以下の人が飲むのは危険

ここではミノキシジルタブレットを服用してはいけない人について説明します。

妊婦

妊娠中の人は、服用以外にも、タブレットに触れることもしてはいけません。皮膚から成分が体内に吸収されてしまった場合、特に胎児が男児の場合には、生殖機能に先天性の異常が起こる可能性があります。もしも触れてしまった場合はしっかりと洗い流し、産科の医師に相談してください。
また、ごくまれに、精液中にもミノキシジルの成分が微量に含まれることがあります。不安な場合は服用をやめて、1か月が経過してから子作りを始めるようにします。

授乳中の女性

身体の発育が不十分な子どもの場合、体内に入ることで男性機能の発育障害が起こることがあります。子どもの手に触れるところに置かないようにしましょう。
人工透析を受けている方
透析中の方は全身状態が不安定であるため、このような薬剤は使用することができません。
重篤な高血圧症・低血圧症・心臓疾患・腎臓疾患・肝機能障害のある方
他の病気で治療中の場合、医師の指示に従うことが大切です。また、重大な副作用としても肝障害の発生があります。肝機能が低下している人や、高齢者(65歳以上)の人は、医師に相談してから服用を決めるようにします。

ミノキシジルタブレットまとめ

最後にミノキシジルタブレットについて3点まとめます。
飲む薬のため手間が掛からない
ミノキシジルタブレットは飲むだけで、体内からまんべんなく育毛効果を発揮することができ、手間がかかりません。

フィナステリドとの併用が効果的

フィナステリドの効果は日本でも認められています。ミノキシジルタブレットと併用するときは、どちらも決まった時間に服用し、結果を急がず、年単位で計画を立てましょう。

 

oneclck.net


※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

成人男性の約3人に1人が男性型脱毛症AGA

AGAとは、男性型脱毛症のことで日本では、約1,260万人以上の方が対象とされており、成人男性を中心に髪が薄くなる状態をいいます。

 

f:id:participantlink:20190608144533j:plain

 

特定の薬剤の名称や治療法のことではなく、薄毛や抜け毛に悩んでいる方や将来自分の頭髪に不安があるという方をサポートし、生活習慣の改善まで含めてケアしていくことが「AGA治療」とされています。

成人男性の約3人に1人がAGAに悩まされていますが一番の理由とされるのが男性ホルモンの過剰分泌といわれ、頭頂部と額の生えぎわから起こることが特徴です。
よく、AGAと薄毛の差で混乱される方がいます。

 

薄毛は、一般的に思春期以降、額の生え際や頭頂部の髪の一方または双方から薄くなっていくとされます。

遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられていますが、AGAは皮膚内で毛髪を作り出す毛包が十分に成長しないため、髪の毛が太く長く育たないうちに抜けてしまいうことが原因といわれ、徐々に薄毛や抜け毛が進行していきます。

しかしながら、完全に髪がなくなるのではなく、細く弱々しいうぶ毛は残っている状態です。

とはいえ、毛包が存在している限り、髪の毛は太く長く育つ可能性があります。AGAの中心年齢は、30代?50代の中年の男性にみられる傾向ですが、近年では20代の若い人のAGAも増えてきています。

特にAGAは進行度に個人差がありますので、何もしないでゆっくりと髪の毛の数は減り続け、抜け毛・薄毛が徐々に目立ってきます。

髪は一定のサイクル(毛周期)にしたがって、成長しては抜け落ち、同じ毛根からまた新しい髪が生えてくるというサイクルを繰り返すとされています。

本来、髪の毛は抜けるものなので、シャンプーの際の抜け毛や朝起きたときの枕元の抜け毛などはあまり気にする必要はありませんが、抜け落ちる量が極端に多い場合は心配です。正常な毛髪のサイクルが保たれていれば、薄毛になることもありませんが、実はこのサイクルを乱す物質が存在します。

これが、「DHT(ジヒドロテストステロン)」と呼ばれる男性ホルモンの一種で、本来は男子の胎児期に外性器の発達を促す重要な働きをするホルモンです。

DHTは思春期を過ぎると、悪玉男性ホルモンへと変化し、この変化により、AGAだけでなく、ニキビを増やしたり、前立腺肥大などの症状を引き起こす原因となってしまうのです。

DHTが正常な毛髪サイクルを乱す原因となるメカニズムは、男性ホルモンである「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という酵素の働きによって「ジヒドロテストステロン(DHT)」となり、毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体(レセプター)と結びついてしまうと、薄毛を加速させてしまうといわれています。

通常、生えた髪の毛は2年~6年、維持されますが、「DHTタイプII」がターゲットである前頭部と頭頂部の髪の毛の毛乳頭細胞にある「男性ホルモンレセプター」に接続すると脱毛に関するたんぱく質を生成し、一気に毛髪の寿命を縮めてしまいます。

これにより数ヶ月から1年で成長が止まってしまいます。髪は、「毛周期」にあわせ、毎日少しずつ成長しています。AGAは、このヘアサイクルが崩れることによって起こってしまいます。

前述したとおり、AGAは「男性型脱毛症」という意味を持ち、数多くある脱毛タイプのひとつに数えられますが、男性であれば、薄毛・抜け毛の悩みはすべてAGAに当てはまるということではありません。

若い男性に多く見られることが多い脱毛タイプで、男性ホルモン(テストステロン)が大きく関係していると言われています。

その他にも、加齢・ストレス・食事・生活習慣なども関わっているとされています。
過剰なストレスなどを受けると血管収縮のため、頭皮への影響もありますので、ストレスのない生活を目指すことも大切です。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

生え際が薄くなるM字ハゲの理由と対策

生え際は、頭頂部よりも目につきやすいため、薄毛に気づきやすく薄毛が目立つ場所です。
では、生え際の薄毛トラブルはどうしたら改善できるかを見ていきます。 

生え際の薄毛の基準

f:id:participantlink:20190422180908g:plain

最近、前髪が決まらないなと思ったら、実は生え際が薄くなっていたなんてことはありませんか。
生え際は人それぞれなので、若い頃はそこまで気にならなかったという人も、いつの間にかハゲの仲間入りする方が多いです。
生え際ハゲとされる基準は生え際と頭頂線の長さが2cm以内だとAGAだと考えられます。
生え際が薄くなり、M字に後退することが多いです。
前髪のボリュームが減りまとまらない、ぺたんこになるなどの症状が表れてきます。

生え際が薄くなる理由

f:id:participantlink:20190422181002j:plain

まず、AGAが疑われます。
おでこや頭頂部など頭蓋骨が出っ張っている部分は、構造的に血流が滞りやすいと言われています。
加えて、長時間のデスクワークによる眼精疲労の蓄積がおでこの頭皮の筋肉をこわばらせ、さらに血流を悪くします。
すると髪の毛が生え変わるサイクルが乱れ、薄毛が進んでしまいます。
薄毛はヘアサイクルの乱れによって起こります。
現在のところ、以下の4つが大きく影響していると考えられています。

血行不良

血流が悪くなることで毛球の成長が鈍ったり、髪の毛を立たせる頭皮の筋肉が弱ったりして、抜けやすくなります。
髪の毛は、毛細血管から栄養を補給して成長するため、血流が悪くなると十分な栄養を得られなくなります。
血行不良になる原因はさまざまですが、そのうちのひとつに頭蓋骨による頭皮の圧迫があります。
人間の頭蓋骨は成人しても発達しますが、頭皮の成長は止まってしまいます。
すると成長を続ける頭蓋骨が頭皮を内側から圧迫し、頭皮がつっぱるように感じます。頭皮のつっぱりを感じたら血行不良の1つのサインです。

脂漏性皮膚炎

食生活が乱れたり、ストレスなどがたまると、毛穴に常在しているマセラチア菌が増殖し、毛穴から出てくる皮脂に含まれる成分を分解します。
その成分が、炎症の原因となる遊離脂肪酸中性脂肪)となって肌を刺激します。
すると、皮膚のかゆみや赤みなどが起こります。
炎症が進んだ状態を放置すると、炎症は毛穴の奥まで進んでしまい、毛穴がダメージを受け、抜け毛の原因となります。

男性ホルモン由来物質

男性ホルモンのテストステロンが代謝によりジヒドロテストステロンという物質に変わると、ジヒドロテストステロンは、毛乳頭細胞の受容体に取り込まれ、ヘアサイクルの成長期が短くなります。
成長期が短いと、細く短い毛しか生えなくなります。さらに、抜け毛も進行し、薄毛の状態となります。
毛乳頭細胞の受容体の感度が低い人はヘアサイクルの変化がなく、感度が高い人はヘアサイクルに変化が出ます。受容体の感度は体質の違いや遺伝によるものだと言われています。

紫外線

長時間紫外線に当たると、髪の毛の中に含まれる水分が失われ、強度が低下して切れやすくなります。
髪の毛は、自己修復能力をもっていないため、一度受けたダメージはそのまま残ってしまい、毛量の減少につながります。
薄毛になる理由は、これらの要因が複数影響していると言われています。

AGAとは

f:id:participantlink:20190422181150p:plain

AGAとは、AndroGenetic Alopeciaの略称で「男性型脱毛症」を意味します。
成人男性に発症する進行性の脱毛症のことをいい、額の生え際や頭頂部の髪の毛が徐々に細くなっていき、最終的には脱毛してしまうことで額が後退し頭頂部の地肌が見えるようになることが典型的な症状です。
AGAが原因の薄毛の場合、症状は進行性のため、一旦発症してしまうと効果的なケアをしない限り症状は進行し、薄毛が目立つようになっていきます。

生活習慣の悪化

f:id:participantlink:20190422181239g:plain

偏った食生活や、過度の飲酒・喫煙、ストレスによる自律神経の乱れ、不眠などの生活習慣の乱れは、栄養不足と血行不良で薄毛となります。
また、サプリなどで栄養だけを補ったとしても、血行不良では上手く頭皮や髪にまで栄養が届けることができません。

頭皮環境の悪化

f:id:participantlink:20190422181326j:plain

頭皮環境の改善への大きなポイントは、皮脂のコントロールです。
皮脂が多い原因として見直さなければならない生活習慣は2つ。食事とシャンプーの仕方です。
昨日の脂っこい食事の脂肪が直接、皮脂として分泌されるわけではありません。
しかし、脂質や糖質は体内で中性脂肪に変換されます。
偏った栄養状態の食事が続くことで、皮脂腺の働きが活発になり、頭皮の皮脂分泌は増えてしまうのです。
ビタミンや食物繊維が多い食事を摂るように気をつけ、余分な糖分・脂質を減らすように心がけることが大切です。
1ヶ月もすると、皮脂の分泌量が変わったことに気がつくはずです。
また、シャンプーの仕方にも注意が必要です。
皮脂の分泌が増えると、しっかりと落とそうと必死にゴシゴシと髪を洗うのは逆効果です。
皮脂は皮膚を守るために分泌されるものです。
皮脂が多いということは頭皮の環境が悪くなっているという証拠でもあるのです。
シャンプーの仕方が悪いと、頭皮を傷つけて頭皮環境を悪化させ、かえって皮脂の分泌を増やしてしまいます。
正しいシャンプーの仕方は、あくまでも優しく、頭皮を洗うことです。

生え際ハゲに効く食べ物

f:id:participantlink:20190422181400j:plain

生え際ハゲを食べ物から考えた場合、カリウム過多が考えられます。
カリウム過多は細胞をゆるめ、毛穴が開き、額の抜け毛に繋がるからです。
カリウムの多い甘いものやアルコールを控え、毛穴を締めるようにしましょう。
合わせて、ひじきや昆布などの海藻類や、梅干しなどもとりましょう。
薄毛対策には、体の血流が大切です。
血液の質をよくする玄米や海藻、ごまなどでビタミンやミネラルを取り入れることもおすすめです。
少しでも早く普段の生活を見直し、食習慣を改善するとよいでしょう。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

ザガーロとプロペシアの効果の違い

プロペシアと同様にAGA(男性型脱毛症)治療薬として新たに注目を集めている新薬が、ザガーロです。

 

f:id:participantlink:20190509222201j:plain

 

ザガーロの主成分「デュタステリド」は、男性特有の病気であるBPH(前立腺肥大症)の治療薬としても効果を発揮する薬です。

BPH(前立腺肥大症)の治療薬としては、「アボルブ」という名前になり、泌尿器科などで処方されています。

AGA(男性型脱毛症)治療薬のザガーロは、元々は5α-還元酵素阻害薬(5αリダクターゼ)としてBPH(前立腺肥大症)の治療用に研究・開発されていました。

日本ではアボルブカプセル錠が2009年に承認されました。

5α-還元酵素阻害薬は、男性ホルモンの1種のDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑える効果がある薬です。

DHT(ジヒドロテストステロン) の生成を抑制することは、AGA(男性型脱毛症)にも効果が期待できると考え更に研究が進み、その結果としAGA(男性型脱毛症) 治療薬のザガーロが誕生し、2015年9月に承認されています。

 

 

AGA(男性型脱毛症)の治療薬ザガーロ 

f:id:participantlink:20190509222251j:plain


ザガーロは、「男性におけるAGA(男性型脱毛症)」を適応症として承認され、ザガーロカプセル0.1mgとザガーロカプセル0.5mgの2種類が承認されています。

ザガーロは1日に1回1錠を服用し、半年以上の長期間服用し続ける必要がある薬です。

基本は0.1mgを服用しますが、必要に応じて0.5mgを服用していきます。

半年間服用し続けた結果、男性型脱毛症の原因となる抜け毛に大きく関与している頭皮のDHT(ジヒドロテストステロン) の濃度が40~52%減少したデータがあります。

頭皮のジヒドロテストステロンの濃度が下がると、男性ホルモンによる強制的な抜け毛がなくなり、強くて太い本来の健康的な髪の毛が増えていきます。

5α-還元酵素阻害薬のザガーロ

f:id:participantlink:20190509222336p:plain


プロペシアもザガーロも、1日1回1錠ずつ服用します。

どちらの薬も5α-還元酵素阻害薬で、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を防ぎます。

プロペシアやザガーロを服用していくと、ヘアサイクルを正常に戻す事ができます。

 

f:id:participantlink:20190509222417j:plain


薬の効果で大きく違う点に、プロペシアの主成分フィナステリドは、5α-還元酵素2型の阻害薬であることに対して、ザガーロのデュタステリドは1型・2型両方共阻害します。

5α-還元酵素の1型と2型の比較

f:id:participantlink:20190509222446p:plain

5α-還元酵素1型

主に皮脂腺部分に多く存在する

5α-還元酵素2型

主に毛乳頭部分に多く存在する

 

この5α-還元酵素は人によって多い・少ないがあり、5α-還元酵素の活性を持つ遺伝子は優性遺伝することも分かっています。

これらの要因により、親が薄毛の場合、子どもも薄毛になりやすくなるのではと推測されています。

AGA(男性型脱毛症)の治療においては、毛髪に直結した部位に注目が集まりますが、上記の部位以外にも5α-還元酵素は、精巣や前立腺にも存在しています。

前立線の5α-還元酵素を阻害する結果、前立腺の肥大化を抑える効果が生まれてきます。

プロペシアとザガーロの副作用

 

f:id:participantlink:20190509222533p:plain


プロペシアとザガーロの主な副作用は、どちらもED(勃起不全)や性欲減退など、男性器に関連した症状が主な副作用となり、似たような症状となっています。

男性ホルモンは主に睾丸で生成されます。

この生成自体を抑える抗アンドロゲン剤と異なり、5α-還元酵素阻害薬は生成される男性ホルモン量は変わりませんが、より強力にパワーアップ(ジヒドロテストステロンに変換)されるのを防ぎます。

成長期の男児にDHT(ジヒドロテストステロン) が不足してしまうと、男性が男性らしい体つきに成長する事に大きく影響している男性ホルモンの力が弱まるため、生殖機能の成長に大きな悪影響が出ます。

そのため、成長期の子どもがザガーロなどの5α-還元酵素阻害薬を誤飲してしまうと、大きな問題になってしまいます。

プロペシアとザガーロの比較

 

f:id:participantlink:20190509222618p:plain

 

プロペシアの主成分フィナステリドは、5α-還元酵素2型の阻害薬として、AGA(男性型脱毛症)の治療で使われています。

ザガーロは1型と2型両方の5α-還元酵素を阻害します。

AGA(男性型脱毛症)治療においては、5α-還元酵素2型を主に阻害することで、頭頂部の抜け毛予防につながります。

特化型のプロペシアに対して万能型のザガーロとなり、どちらの薬もAGA(男性型脱毛症)治療においては効果的となっています。

ザガーロの主成分デュタステリドは、もともとはBPH(前立腺肥大症)の治療薬として開発されていた経緯もあって、AGA(男性型脱毛症)治療だけでなく、BPH(前立腺肥大症)の治療にも使わている点が大きく異なっています。

BPH(前立腺肥大症)の治療においては、前立腺で男性ホルモンがDHT(ジヒドロテストステロン) へと変換されることを防ぐため、50代で30%、60代で60%とも言われる男性なら極めて高確率で罹患するBPH(前立腺肥大症)のものを治療し、前立腺の肥大化を防ぐだけでなく長期間の服用で徐々に小さくしてくれます。

デュタステリドのBPH(前立腺肥大症)への効果

f:id:participantlink:20190509222655p:plain

ザガーロの主成分デュタステリドには、加齢とともに肥大化していく前立腺を縮める効果があります。

同じ5α還元酵素阻害薬のプロペシアにも同じ様な効果があるのではと言われていますが、2018年の時点では厚生労働省に適応症として認められていません。

日本泌尿器科学会においても、プロペシアの主成分フィナステリドを処方する場合は、適応症外のため保険適用外となっています。

デュタステリドは、中度~重度のBPH(前立腺肥大症)患者に、強く処方を勧められる薬となります。

この適応症の差が、フィナステリド(プロペシア)とデュタステリド(ザガーロ)の大きな違いと言えます。

ちなみにデュタステリドがBPH(前立腺肥大症)の治療薬として処方される場合は、日本国内では「アボルブ」という名前で販売されています。アメリカやイギリスなど欧米では「アボダート」という名前で流通しており、どちらも同じ薬です。

アボルブや欧米版のアボダートも、ザガーロと同じ1錠にデュタステリドが0.5mgもしくは0.1mg分が含まれているため、AGA(男性型脱毛症)治療でザガーロを服用している方は、長期間服用し続けていけば、将来的な前立腺肥大症のリスクも同時に軽減することができるのです。そのため、40代以降でAGA(男性型脱毛症)治療を検討している方は、長期間の服用で前立腺肥大症のリスクも軽減できるため、ザガーロの方がオススメと言えます。

また既に前立腺肥大化の治療でアボルブを服用している方は、AGA(男性型脱毛症)治療の効果も期待できるのです。

フィナステリドの可能性 

プロペシアの主成分フィナステリドは、BPH(前立腺肥大症)への治療効果について明確な研究結果が示されてはいないため、現時点では何とも言えないのが実情です。

しかし、ザガーロと同じ5α還元酵素阻害薬であることに変わりらはないため、薬を服用していない方よりは、少なからずの好影響を与えているのではと推測できます。

事実、海外ではBPH(前立腺肥大症)の治療薬としてプロペシアの主成分フィナステリドが承認されている国もあります。

プロペシアをBPH(前立腺肥大症)の治療目的で服用するのは、日本国内では適切な治療方法ではありませんが、AGA(男性型脱毛症) 治療目的で服用している方には、BPH(前立腺肥大症)への好影響も同時に受けれることができ、一石二鳥となります。

ザガーロとプロペシアの比較

f:id:participantlink:20190509222732j:plainプロペシアはAGA(男性型脱毛症) 治療でのみ承認されている

ザガーロはAGA(男性型脱毛症) 治療薬とBPH(前立腺肥大症)の治療薬としての効果も承認されている

アボダート 

 

oneclck.net

日本国内では、主成分デュタステリドの薬が、ザガーロにアボルブと2種類ありますが、海外ではアボダートのみです。どれも名前が異なるだけで、同じ薬です。

事実韓国では、AGA(男性型脱毛症)治療薬アボダート(AVODART)として日本よりも早く2009年に承認されています。

イギリスやアメリカでは、BPH(前立腺肥大症)に関した治療でのみ承認されています。

つまり、ザガーロもアボルブも名前が異なるためややこしいですが、日本国内においては保険適用の有無くらいしか違いがなく、同じ薬という認識で問題ありません。

アボダートをまとめ買いでお得 

ザガーロは医薬品の通販サイトではアボダート(アボルブ)という名称で販売されています。

この名称は、BPH(前立腺肥大症)の治療薬の名前ですが、主成分も含有量も全く同じとなるため、AGA(男性型脱毛症)治療薬ザガーロとして服用しても全く問題ありません。

医薬品の通販サイトで販売されているアボダートは、まとめ買いで安く購入できます。

プロペシアと同様に、ザガーロ(アボダート)も長期間の服用し続けないと、AGA(男性型脱毛症)治療にはつながりません。

本気でAGA(男性型脱毛症)治療を検討しているのであれば、まとめ買いによる購入が経済的です。

最低でも半年間は毎日継続して薬を服用していきましょう。

効果のあらわれ方もプロペシアと同様で、初期脱毛によって髪の毛の育毛サイクルを一度リセットさせてから、新たな活力を秘めた力強い髪の毛へと生え変わっていきます。

アボダート個人輸入 

f:id:participantlink:20190509222825g:plain



ザガーロは日本国内では処方箋薬のため、医師の診察を受けないと購入できません。

しかし、ザガーロと同成分のアボダートであれば医薬品の通販サイトの利用で、手軽に安価でネットから注文できます。

個人輸入は一見難しそうに感じられますが、個人輸入代行サイトのオオサカ堂を利用すればとても簡単にフィンペシアを購入できます。

個人輸入代行サイトは購入者と薬の販売元を結んでくれる存在です。

言語の壁や複雑な手続きを取り払ってくれるため、一般的な通販と同じ感覚で欲しい商品を選ぶだけで購入可能です。

 

1、買い物カゴへ入れる
2、購入画面へ
3、フルネーム・住所・電話番号・性別などを入力
4、購入決定し、支払い方法を選択
5、決済したら発送通知を待つ
6、商品が自宅に届く

 

このようにごくシンプルな手順で購入可能です。

ひとつ気をつけておきたいのが、商品は海外から発送されるということです。

手元に届くまでに約5~10日 かかるので、薬の服用ペースを確かめたうえでゆとりを持って注文する必要があります。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

フィナステリドとミノキシジルの併用効果

薄毛は人によって頭頂部であったり、生え際であったりと場所が全然変わってきますが、ミノキシジルとフィナステリドを併用することでその多数の薄毛タイプをカバーすることができます。

例えば、頭頂部の薄毛。これは血管の詰まりによる血流不足が原因のことが多いと言われていますが、頭頂部は最も血管が集まる場所です。

そんな時はミノキシジルが効果的です。血管を拡張することで、血流不足を改善することができるからです。元々血管が多い場所ですから、その作用が一番期待できます。

では、前頭部の薄毛はどうなのかというと、これは原因がわかりにくいんです。

血流不足になりがちな場所ではあるのですが、DHTも発生しやすい場所なのでミノキシジルが有効かフィナステリドが有効が判断がつかない場合が多いです。

こういう場合に併用しておけば、前頭部の薄毛にも対応できるということになります。

どういうタイプの薄毛にも対応できるということから、調べてみると実は、日本でも日本皮膚科学会が治療データに基づいて推奨している発毛法となっています。

さらに海外の話になりますが、アメリカ医薬品局(FDA:日本の厚生労働省にあたるHHSに属している医薬品から食品、医療機器までを一括で管理している機関)でも併用は認められていることから、まさしく世界共通の発毛法といえます。 

f:id:participantlink:20190621023139p:plain

フィナステリドの効果

フィナステリドの効果は、5aリダクターゼを抑えて脱毛を防ぐことです。

DHTの生成を防ぎ、ヘアサイクルを正常に戻してくれるため、成長期が長くなります。

これに伴って髪自体も太くコシが出るため、頭皮が透けて見えることがなくなるのです。国内の臨床実験によると、1年で58%、2年で68%、3年で78%と飲み続けるほど改善効果が得られるという結果が出ました。

DHTは一度生成されるとヘアサイクルに影響を及ぼすため、途中でフィナステリドの服用をやめてしまうと効果が半減すると考えられます。フィナステリドによる5aリダクターゼの抑制は、脱毛のメカニズムを改善するものなのです。 

f:id:participantlink:20190621024354p:plain

ミノキシジルの効果 

ミノキシジルの効果は、フィナステリドとは全く異なります。もともと、ミノキシジルは高血圧患者の治療のために開発された薬品でした。

投与した患者に発毛効果が見られたために、薄毛治療薬として開発が進んだ背景はフィナステリドと似ています。

ミノキシジルの効果は毛根部分の血管を拡張し、血流を促進することです。

髪の毛は毛乳頭から栄養を受け取り、毛母細胞が分裂することによって成長します。

毛乳頭自身は血液によって運ばれてくる栄養を取り入れているため、血流が悪いと十分に栄養が髪に行き渡らず、成長できなくなるのです。

血管拡張作用のある薬はほかにもありますが、ミノキシジルはとりわけ発毛に効果的であることで知られています。
なお、ミノキシジルには外用薬と内服薬があります。

外用薬は頭皮に直接塗布するものですが、頭皮から浸透して残留する時間はそれほど長くなく、効果は一時的です。

対して、内服薬は血流に溶け込むため、持続的な作用が期待できます。 

f:id:participantlink:20190621024519j:plain

フィナステリドとミノキシジルの併用効果 

5aリダクターゼを抑制し、ヘアサイクルを改善することで脱毛を改善するフィナステリドと血管を拡張して血流を促進してくれるミノキシジル

この2つは相性がよく、併用することで相乗効果が期待できます。

フィナステリドによって正常に戻ったヘアサイクルで、ミノキシジルが髪の成長を強力にサポートしてくれるのです。

この場合、ミノキシジルは外用薬ではなく内服薬がいいです。

通常、医療において同じ効果のある薬を重複して使用することはほとんどありませんが、フィナステリドとミノキシジルはメカニズムが全く違うため、体への負担が小さいと考えられています。

実際にAGA専門クリニックや育毛サロンで2つを併用して治療を進めているところも多いです。

もし、現在片方だけ使用していて効果が感じられていないなら、併用を試してみる価値があります。 

f:id:participantlink:20190621024502p:plain 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

AGAの治療薬のミノキシジルとフィナステリドの併用

AGAの治療薬には、ミノキシジルとフィナステリドの2種類ありこの2つの薬はそれぞれ働きかける部分が違い、併用することでより効果が発揮しあす。

 

f:id:participantlink:20190826111355j:plain


ミノキシジルの影響により、服用し始めてしばらくすると初期脱毛が見られることがあります。


なぜ、初期脱毛が起きるのかは、ミノキシジルが働きかける部分と関係しています。

そのためこの薬にどのような効果があるのかを知ることで、初期脱毛が見られた際も慌てずに対処できますので安心してください。

ミノキシジルの効果

oneclck.net

 

AGAの治療薬のひとつであるミノキシジルですが、この薬には、血管を拡張する効果が認められております。

血管が広がるとその分血液が流れやすくなるからです。

毛根まで栄養や酸素が行きわたりやすくなり、毛の成長が促進されることになります。
また、血管が広がると、頭皮にも酸素や栄養が浸透して頭皮が柔らかくなり、頭部の血管が広がりやすくなります。
血管を広げることで血流を良くし、毛の成長を促進するミノキシジルはAGAだけでなく、他の脱毛にも対処することができるのです。
例えば同じAGA治療薬でも、フィナステリドでお馴染みのプロペシアはAGAの原因となる物質の発生を抑えるものなので、他の原因による脱毛には対処することが不可です。
一方ミノキシジルは血流を促進し、毛の成長を促進する薬なので、AGA以外の脱毛にも対処することが可能です。
さらに、プロペシアは女性は服用することができませんが、ミノキシジルは女性も服用することが可能です。
そのため女性向けの育毛剤にも配合されていることが多いです。
このように様々な脱毛に対処することができるミノキシジルですが、血管が拡張し、血流が良くなることで副作用が生じることも少数ですがあります。
例えば、外用薬の場合、よく見られる副作用が頭皮のかゆみやかぶれ等が挙げられます。
これは薬に含まれる刺激に対して頭皮が敏感に感じ取っている場合もありますが、血流が良くなることでかゆみにつながるのです。
一方内服薬の場合、めまいや立ちくらみといった症状が現れることもあります。
これは急激に血流が良くなると、血圧が低下するために起こります。
また内服薬の場合、全身に作用するため、頭皮以外の毛根にも働きかけますので、体毛の毛根にも栄養や酸素が行きわたり、体毛が多く生えるようになったり、濃くなる症状が現れます。
内服薬の方が外用薬に比べて効果が高いです。
特に服用し始めたばかりの頃は副作用が現れる可能性がありますので、少しずつ慣れていくようにすることが大切です。
なおミノキシジルは血流を良くする薬なので、他の血流を良くする薬と併用すると強く効きすぎてしまい、低血圧につながる可能性もあります。
そのため服用する際は、他の薬との飲み合わせにも注意が必要です。
他にも抱えている病などによっては服用する際、医師に相談した方が良い場合もあります。

ミノキシジルプロペシアの併用で発毛アップ

AGAの治療薬には、ミノキシジルの他にもう一つあります。
それがプロペシアです。
AGAの原因の一つとして挙げられるのが、男性ホルモンの一種になるジヒドロテストステロン(DHT)。
プロペシアの有効成分フィナステリドは、このDHTが生成されるために必要な酵素の働きを抑える効果があります。
するとDHTの生成が抑えられるため、AGAの改善にもつながるのです。
AGAの治療の際、推奨されているのがミノキシジルプロペシアの併用です。
薬の場合、似たような働きをする薬を一緒に服用してしまうと、効果が強く出すぎてしまうため併用することはできません。
一方ミノキシジルプロペシアは異なる働きをします。
ミノキシジルは血管を広げ、血流を良くすることで毛根に栄養や酸素が行きわたりやすくなる働きをします。
プロペシアはAGAの原因となるDHTの生成を抑える働きがあります。
異なる働きをするからこそ、併用することができるのです。
AGAの場合、2種類の薬を併用することでより高い効果が望めます。
それぞれの薬が異なる部分からアプローチすることで、より良い効果が望めるからです。
そのためAGA治療薬の多くには、2つの薬の成分がどちらも配合されている場合が多いです。
両方一緒に摂取することで、発毛効果を促進することができるからです。
なのでAGAに悩んでいる場合は、両方配合されている育毛剤を選ぶことをおすすめします。

使用時の注意事項

ただしプロペシアを服用する際、注意しなければならない点もあります。
プロペシアの有効成分、フィナステリドはDHTの生成を抑えるものです。
そのためAGA以外の脱毛に対しては効果を発揮しません。
というのもAGA以外の脱毛は、血流の悪化や頭皮環境の悪化が大きな原因だからです。
ですのでミノキシジルと併用するのは、AGAの場合に限られます。
脱毛の原因が他にある場合、併用しても満足のいく効果が得られないため、注意が必要です。
さらにフィナステリドは、原則女性の服用が禁止されているものになります。
DHTは胎児の男性器の形成にも関わります。
妊婦の体内にフィナステリドが入ると、胎児の男性器の形成に影響を及ぼす恐れがあります。
そのため女性の場合は、逆にミノキシジルプロペシアの併用は避けるようにしましょう。

初期脱毛には個人差がある

ミノキシジルを服用し始めてしばらくすると、急に髪の毛が抜けることがあります。
これは初期脱毛と呼ばれるものです。
初期脱毛が起きる原因には、ヘアサイクルが関係しています。
髪の毛は「成長期」の間に成長し、「退行期」になるとその成長が止まります。
やがて成長が止まった髪の毛は自然に抜け落ち、「休止期」に入ります。
この「成長期」「退行期」「休止期」のことをヘアサイクルと呼びますが、頭皮の環境や血流が悪くなると、ヘアサイクルが乱れるようになります。

f:id:participantlink:20190713003416j:plain

アサイクルが乱れると「成長期」が短くなり、髪の毛が十分成長できないまま抜けてしまうため、薄毛・脱毛につながるのです。
ミノキシジルを服用すると、血行が促進され、毛根に栄養や酸素が行くようになります。
すると休止期に入っていた毛根も刺激を受け、成長期に入ります。
毛根が成長期に入ると、古い毛は押し出されます。
この古い毛が多く抜けている状態が、初期脱毛なのです。
初期脱毛は古い毛が抜けている期間です。
そのため古い毛が抜けきり、ヘアサイクルが落ち着くと次第に抜け毛はなくなってきます。
その後血流が良くなると頭皮の環境も良くなり、ヘアサイクルは次第に整えられていきます。
そうなると成長期も長くなるため、髪の毛が長く太く成長でき、抜けにくくなります。
ただしヘアサイクルが落ち着くまでには、個人差があります。
ですので初期脱毛が落ち着くまでの期間も、数週間から2か月続く場合と様々です。
その後のヘアサイクルの周期にも個人差があるため、古い毛が抜けきるまでにも差が生じるのです。
さらにどの程度初期脱毛が見られるかにも個人差があります。
人によっては多く髪の毛が抜ける場合もありますし、症状が全く見られない場合もあります。
症状の現れ方はヘアサイクルによって違うからです。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

デュタステリド 効果 期間

デュタステリドとは、AGAに効果があるとされる有効成分の一つになります。

デュタステリドを主成分として作られたAGAの治療薬のザガーロは、イギリスに本社を置く製薬会社グラクソ・スミスクライン株式会社(GSK)で開発されました。

日本でも2015年9月に厚生労働省から認可され、2016年6月から販売が開始されています。

デュタステリドは元々前立腺肥大症の治療薬として開発されたものです。

5αリダクターゼという還元酵素の働きを阻害する作用があることから、5α還元酵素阻害剤とも呼ばれることもあります。

デュタステリドはⅠ型及びⅡ型の5α還元酵素リダクターゼを阻害することができるため、Ⅱ型の5α還元酵素のみを阻害するプロペシア以上の脱毛抑制や発毛効果があると期待されています。

・I型5α-リダクターゼ
全ての毛穴の皮脂腺に存在
(脂性タイプの人に多い)

・II型5α-リダクターゼ
前頭部・頭頂部の毛乳頭に多く存在
(髭や体毛が濃い人に多い)

 

f:id:participantlink:20190528003330g:plain

 

 

デュタステリドの成分を含む治療薬

デュタステリドには、色々な名前の治療薬があります。

 


上記は全部、デュタステリドです。
デュタス以外は、全部グラクソスミスクライン社が製造して販売してます。
アボダートアメリカでの名前(前立腺肥大の薬として承認)
アボルブ:日本での名前(前立腺肥大の薬として承認)
ザガーロ:日本での名前(脱毛症の薬として承認)
つまり、この3つは同じものになります。
デュタスは、特許というものを無視をして、DR. REDDY’S LABOLATORIES社が製造販売を行っている、アボダートの後発品(ジェネリック医薬品でもない模造品)になります。

 

デュタステリドの効果

 

デュタステリドには、抜け毛の原因物質であるDHTの生成を抑制する効果があります。

DHTは、テストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼと結びつくことで生成される男性ホルモンの1種になります。

毛髪の元となる毛母細胞の働きを低下させる作用があることから、AGAを引き起こすホルモンだと言われています。

デュタステリドには5αリダクターゼの働きを阻害する効果があるため、服用することでDHTの生成が抑制され、薄毛の改善へと繋がります。

ミノキシジルや主要成分がフィナステリドであるプロペシアなど、他のAGA治療薬で効果がなかった人にも薄毛の改善が期待できます。

また、薬の濃度が半分になるまでの時間である半減期が長く、成分の血中濃度が下がりにくいという特徴があります。

長時間体内に留まり作用し続けてくれるので、少量でも効果が期待できます。

 

効果が現れる期間の目安

 

デュタステリドの服用を開始して効果が現れるまでの期間として、3ヶ月~半年程度の期間を要するのが一般的です。

なぜなら、髪の毛の成長スピードが1ヶ月あたり1センチメートル程度のため、短期間では効果が現れたかどうかの判断が難しいからです。

また、髪の毛の成長スピードには個人差があり、1ヶ月あたり数ミリメートルしか伸びない人もいます。

そのような人は1ヶ月程度では服用前との変化が見分けにくいため、最低でも3ヶ月程度は治療を続ける必要があります。

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

ミノタブ ジェネクリは発毛の最終手段

ミノキシジルを使った育毛剤として日本ではリアップが販売していますが、アメリカで販売しているロゲインと比べるとミノキシジルの含有量が少ないため、効き目があまり期待できないというデメリットがあります。

f:id:participantlink:20190617231149j:plain

私が始めに使ったミノキシジル育毛剤もリアップでしたが、想像したような効果が得られず、その後、日本で販売されたリアップ×5も利用しましたが、それでも大きな効果を感じることはできませんでした。

リアップを販売している大正製薬のホームページにも掲載されていますが、リアップを使用して期待できる効果としては、発毛よりもむしろ現状維持が主たるものになっています。

私はハッキリと発毛の効果を得たかったので、リアップのような外用薬ではなく、内服薬のミノキシジルを使ってみることにしました。

ミノキシジルを使った製品はリアップやロゲインのような頭皮に塗る外用薬のタイプだけはありません。

錠剤の内服薬タイプの製品も存在しています。

内服薬のミノキシジルは、外用薬よりも直接的に高い効果が出ることが期待できるのが特徴です。

それは内服することで体内から直接ミノキシジルが働き、有効成分の吸収率が高くなるからです。

ただ、ミノキシジルの内服薬は日本の薬局では販売されていないため、使用する場合は個人輸入の形で購入するしかありません。海外の通販サイトでも取り扱われていますが、日本でも並行輸入した薬剤を販売するサイトが多くあるので、購入や使用後はすべて個人の責任ですが、それらを利用すれば気軽に購入できます。

内服薬タイプのミノキシジルはミノタブと言われることが多いです。

1錠に含まれるミノキシジルの含有量は商品によって様々ですが、一般的には1日に5mg程度のミノキシジルを摂取するのがベストとされています。

1錠で10mgのミノキシジルを含む商品もありますが、初めてミノタブを使う人は、まずは5mgを目安に服用するのが無難です。

私は毎晩5mgのミノタブを1錠服用しています。

このタブレットを飲み始めてから1年ほど経ちますが、特に副作用は感じていません。

人によってはめまいや動悸、むくみなどを感じることがあるようですが、私は大丈夫です。

ミノタブによる発毛効果はかなり感じています。

使用前に比べると明らかに頭頂部の毛髪の量が増えていますし、周囲の友人からも髪の毛が増えたと言われますから、効果はちゃんと出ています。

ミノタブは1錠2.5円程度の非常に安価な価格で購入できるのも個人的には嬉しいところです。

リアップなどを使っても効果を実感できない人は、こうしたタブレットを試してみると良いかもしれません。

 

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

ミノキシジルとプロペシアの併用

AGA(男性型脱毛症)の治療で使用される最強の発毛剤(育毛剤)として有名な成分が「ミノキシジルタブレット」になりますが、一般的な皮膚科や内科では処方されることはありませんので知らない人の方が多いかもしれません。
ミノキシジルタブレットは、発毛を促進させるためのAGA治療薬として、特に薄毛の症状がひどい方にAGAクリニックで処方される内服薬で、その発毛(育毛)効果の高さから多くの方が薄毛の悩みを克服しているのです。
後ほど詳しく解説しますが、AGA治療薬で有名なプロペシアは、発毛効果はそれほど期待できません。
なぜなら、プロペシアはあくまでも薄毛を食い止める治療薬になるからです。
そのため、劇的に髪の毛を増やしたいと言う場合は、発毛効果の高いミノキシジルタブレットが必須となってくるのです。
今回はAGA治療薬であるプロペシアと併用した方が良いミノキシジルタブレットについて解説していきたいと思いますので、プロペシアを飲んでいるけど、思うように薄毛が改善していないと言う方にプロペシアミノキシジルタブレットの併用効果の併用が効果的です。 

f:id:participantlink:20190427224144j:plain

ミノキシジルとは

ミノキシジルとは、「発毛・育毛」効果の高い成分のことで、もともとは高血圧症の治療薬として使用されていた成分になります。
1970年代後半にアメリカで血管拡張剤として開発され、高血圧症の治療薬として使用されていましたが、その副作用に「全身の多毛症(Hypertrichosis)」を頻繁に起こしてしまうことが分かり、頭皮に対しての外用薬として臨床試験が実施されました。
その結果、頭部の脱毛症に有効と言うことが明らかとなったのです。
現代ではミノキシジル配合の発毛剤や、ミノキシジルタブレットなどがAGA治療に使われていて、外用薬内用薬共に高い効果があることからほとんどのAGAクリニックで取り扱いがあります。
つまり、ミノキシジルは「医薬品成分としての発毛効果が認められている」と言うことです。
ミノキシジルは、正式に厚生労働省から発毛医薬品として認可されており、AGA(薄毛)改善の治療薬として幅広く使用されているのです。 

f:id:participantlink:20190712234015j:plain

ミノキシジルの効果

ミノキシジルの効果は、発毛(育毛)になります。
具体的に言いますと、細胞分裂を活性化させて髪の毛を成長させる効果があるります。
もう少し詳しく説明しますと、ミノキシジルは直接髪の毛の毛母細胞に働きかけ、毛母の細胞分裂を活性化させて、髪の毛の成長を早める働きをすると言うことです。
現在日本では、ノキシジルを配合した育毛剤「リアップX5プラス」が大正製薬から発売されています。
リアップX5プラスはミノキシジル含有量5%の育毛剤で、この数値はさまざまな臨床試験の結果最も日本人の体質に適していると言う数値になります。
ミノキシジルを5%配合した育毛剤を使用した実験をした結果、連続使用した場合で最低でも6ヶ月の期間を要すると言われております。
ちなみ、ミノキシジルを16%配合した発毛剤「フォリックスFR16 」もありますが、ミノキシジルの濃度が高くなったとしても地道な継続使用が必要で濃度が高くなったからと言って即効性がある訳ではございません。
また、ミノキシジル外用薬が効果を発揮するのは「頭頂部」のみで、額の生え際の「前頭部」には効果は確認されておりません。
基本的に人間の髪の毛には「毛周期(ヘアサイクル)」があり「成長期→退行期→休止期」の様になっていて、2~6年の期間をかけて成長し、やがて退行期を迎えて成長が止まります。
そして休止期を迎えて仮眠の毛は抜け落ち、再び新しい髪の毛が生え成長期になります。
しかし、AGAの場合はこの毛周期が「DHT(ジヒドロテストステロン)」に狂わされるため、全うに成長することができなくなってしまうのです。
DHTは、男性ホルモンであるテストステロンが「5αリダクターゼ(還元酵素)」と結合することによって生成される強力な脱毛ホルモンのことです。
このDHTが大量に生成されることで、AGAとなり髪の毛が失われ薄毛になってしまうのです。
つまり、DHTさえ抑制することができれば脱毛を防止するができます。
そこで活躍してくれるのが5αリダクターゼの働きを阻害してくれる成分「フィナステリド」です。
フィナステリドを主成分としたプロペシアを継続して服用することで、5αリダクターゼの働きを阻害してくれますので脱毛ホルモンであるDHTが生成されなくなります。
その結果、AGAの進行を防ぐことが可能となるのです。
また、DHTが抑制されることで正常なヘアサイクルに戻りますので、髪の毛は太く長く成長することが可能となります。
しかし、フィナステリドはあくまでも薄毛の進行を食い止める成分になりますので、発毛や育毛を促進させる効果のある成分ではありません。
そのため、発毛・育毛を促進させるためにミノキシジルが必要不可欠と言う訳なのです。
AGAクリニックでは、プロペシアミノキシジルの併用を推奨していて、ほとんどのクリニックでは2種類の内服薬を処方しています。

ミノキシジルプロペシアの併用が最強

ミノキシジルは上記でも言いましたように「発毛成分」になります。
一方プロペシアはAGAの進行を食い止める治療薬になります。
AGAの改善と言う意味では、プロペシアを服用すれば薄毛の進行を食い止めることはできますが、失ってしまった髪の毛を取り戻すことはできません。
しかし、ミノキシジルの効果をもってすれば、発毛を促進させて髪の毛の成長を早めてくれるので、薄毛が改善されるようになります。
つまり、ミノキシジルプロペシアの併用は最強と言うことです。
これはAGA治療の専門医も言っていることで、よりAGAに効果的な方法は、ミノキシジルプロペシアの併用処方になります。
AGA初期段階であれば、プロペシアの処方だけの場合もありますが、進行具合によってはプロペシアミノキシジル(外用)、さらに進行している場合はプロペシアミノキシジルタブレットの処方となります。
プロペシアでAGAの原因であるDHTを抑制し、ミノキシジルで発毛因子を刺激し、発毛を促し育毛を促進させることで薄毛が回復していくのです。
このように、双方の効果を同時に得ることで薄毛の悩みから解放されるのです。
プロペシアを服用しているけど一向にAGA(薄毛)が改善されないと言う場合は、ミノキシジルとの併用が効果的です。

最強の育毛剤ミノキシジルタブレット」が効果絶大

ミノキシジルは、上記で外用薬の育毛剤「リアップX5」をご紹介しましたが、外用薬よりも圧倒的に効果が高いのが服用タイプの「ミノキシジルタブレット」になります。
そのため、ほとんどのAGAクリニックではフィナステリド(プロペシア)とミノキシジルタブレットの併用を推奨していて、AGA治療で処方される内服薬は基本的にこの2種類になります。
ちなみにですが、ミノキシジル外用薬は頭頂部にしか効果を発揮しませんが、ミノキシジルタブレットの場合は頭頂部にも前頭部にも発毛(育毛)効果を発揮してくれます。
つまり、AGA治療に最強のコンビはフィナステリド(プロペシア)とミノキシジルタブレットと言うことです。
ただし、同じAGAでも前頭部の薄毛の場合は、頭頂部の薄毛とは原因が異なりますので注意が必要になります。
そのため、ミノキシジルタブレットを服用しても思うように薄毛が改善しない場合もあるのです。

ミノキシジルタブレットを服用しても思うように薄毛が改善しない場合もある

どういう事かと言いますと、AGAの原因はDHTになりますが、このDHTを生成する5αリダクターゼは実は2種類あるのです。
5αリダクターゼには1型と2型が存在し、頭頂部に多いのが2型5αリダクターゼで、前頭部に多いのが1型5αリダクターゼになります。
そして、フィナステリドが効果を発揮するのは頭頂部に多い2型5αリダクターゼだけになります。
つまり、前頭部の脱毛はフィナステリドでは完璧に防止できないと言うことです。
そのため、同じAGAでも前頭部の薄毛は改善しにくいと言われているのです。
ですから、ミノキシジルタブレットを継続して服用しても、脱毛を防止できなければ劇的な薄毛改善には期待できないと言うことなのです。
しかし最近は、1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼの両方の働きを阻害しくれる成分「デュタステリド」が登場し、厚生労働省の認可を受け実際に日本国内でも発売されるようになったのです。
ですからAGAでも頭頂部だけが薄毛の方の場合は「フィナステリド+ミノキシジルタブレット」で、前頭部が薄毛、もしくは前頭部も頭頂部も両方が薄毛と言う場合は「デュタステリド+ミノキシジルタブレット」が最強のコンビと言うことになります。
いずれにしても、劇的にAGA(薄毛)を改善するためには、発毛を促進させてくれるミノキシジルタブレットは必要不可欠と言うことになります。

ミノキシジルタブレットは前頭部にも効果を発揮してくれる

上記でも軽く触れましたが、ミノキシジルタブレットはAGAの中でも最も改善しにくいと言われている前頭部の薄毛にも効果を発揮してくれます。
つまり、額の生え際部分がハゲているいわゆるM字ハゲにも発毛効果があると言うことです。
ミノキシジルの外用薬であるリアップX5は、前頭部にそれほど効果を発揮しませんので諦めている方も多いと思いますが、服用タイプのミノキシジルタブレットでしたらM字ハゲ改善にも十分に期待できるのです。
ミノキシジルは毛母細胞を直接刺激し、髪の毛の発毛や育毛を促進させてくれます。
ミノキシジルタブレットは、体内で吸収され血液によって全身に運搬されますので、外用薬では効果を得にくい前頭部にもしっかりと有効成分が届きます。
そのため、生え際には効果を発揮しないと言う根拠がないのです。
要するにミノキシジルタブレットを服用することで額の生え際部分のハゲ対策も完璧にできると言うことです。

ミノキシジルタブレットは認可されていない

ミノキシジルタブレットは、絶大な発毛促進効果があります。
しかし、これだけ発毛効果があるにも関わらず「AGA治療薬として認可されていない」のが現状になります。
つまり、ミノキシジルタブレットは、あくまでも「高血圧症の治療薬」と言うことです。
そのため、原則として医師の処方のみでしか入手することができませんでしたが、最近では個人輸入でも購入することができるようになりました。

ミノキシジルタブレットを入手するには

ミノキシジルタブレット通称「ミノタブ」を入手する方法は2パターンあります。
①AGAクリニックで処方してもらう
個人輸入代行サイトで入手する
基本的にミノキシジルタブレットを手に入れる方法は上記の2つになります。

①AGAクリニックで処方してもらう 

一般的には、ミノキシジルタブレットの入手方法は「AGAクリニックで処方してもらう」方法になります。
上記でも言いましたが、ミノキシジルタブレットはAGA治療薬として世界的に認可されていない薬で、基本的には高血圧症の治療薬になるため扱いが非常に難しくなります。
そのため、しっかりと専門医の診察を受けて、あなたの薄毛にはミノキシジルタブレットが必要だと言う医師の診断が必要になります。
そして初めて処方してもらえるのが基本的にミノキシジルタブレットの入手方法になります。
しかもAGAクリニックでは、しっかりと血液検査等を行い、あなたの薄毛の細かい原因まで徹底的に調べてから、症状に合った治療薬を処方する必要があります。
その分どうしても料金が高額になってしまいます。

個人輸入代行サイトで入手する 

ミノキシジルタブレットの入手方法の2つ目は「個人輸入代行サイト」を利用するかたちになります。
個人輸入代行サイトも複数ありますが、全国的に有名で比較的安心できると言えばやはりオオサカ堂です。
ちなみにですが、オオサカ堂では海外正規品の医薬品を格安で販売していて、代行手数料も送料も全て無料になりますので意外と多くの方が利用しています。
特にプロペシアの価格は激安で、皮膚科や内科では最低でも10,000円はしますが、オオサカ堂でしたら半額以下の4,000円代での購入が可能となります。
オオサカ堂は設立20年以上になる個人輸入代行サイトの中でも老舗になりますので、信頼と実績があり多くの方が利用しています。
そのため、安全ではあると思いますがご利用の際は自己責任になります。

AGA治療の基本はプロペシアミノキシジルの併用

AGA治療と言えば、「プロペシアの内服療法」が一般的に認識されていますが、実はプロペシアだけでは改善しない場合があります。
なぜなら、プロペシアは脱毛ホルモンであるDHTの生成を抑制し脱毛を防止するための治療薬であり、発毛を促進させる効果には期待できないからになります。
もちろんプロペシアの服用だけで薄毛が改善したと言う方も居ますが、このようなケースは早期治療をはじめた方で、もともとハゲではなく若干の薄毛だった場合になります。
完全にハゲてしまっている場合は、プロペシアでDHTを抑制してもすでにハゲてしまっているためあまり意味がありません。
つまり、プロペシアはあくまでも「現状維持」と言うかたちの薬であると言うことになります。
現状細く弱々しくなっている髪の毛でも残っているのなら、DHT生成を抑制し、太く長い健康な髪の毛に成長させることは可能ではありますが、髪の毛が残っていない状態だとプロペシアだけで完全復活することは難しいと言えます。
ちなみにですが、AGAクリニックではなく皮膚科に相談した場合は基本的にプロペシアの処方しか行いません。
一方AGAクリニックに相談した場合はプロペシアミノキシジルの両方の処方を行います(状況によります)。
これは、プロペシアでAGAの原因であるDHTを抑制することと、ミノキシジルで発毛を促進させることが目的になるからです。
だからAGAクリニックに通院しているほとんどの方が早い段階で薄毛を克服しているのです。
つまり、プロペシアにはプロペシアの役割があり、ミノキシジルにはミノキシジルの役割があると言うことです。
以上のことから、プロペシアミノキシジルの併用がAGA治療の基本中の基本になると言うことが分かります。

プロペシアの特徴と役割について

改めてAGA治療薬であるプロペシアの特徴と役割について解説しておきたいと思います。
AGAと言われる男性型脱毛症がなぜ起こってしまうのかと言いますと、「男性ホルモンであるTH(テストステロン)が5αリダクターゼと結合することによってDHT(ジヒドロテストステロン)が生成され、DHTが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体(レセプター)と結合することでヘアサイクルが乱れ脱毛が起こる」と言うことになります。
以上のことからAGAの原因を作っているのはDHTと言うことが分かりますね。
そしてこのDHTを生成しているのが男性ホルモンであるテストステロンをジヒドロテストステロンに変換させてしまう5αリダクターゼになります。
つまり、5αリダクターゼの働きを阻害することができれば、脱毛を防止することができると言うことになります。
その役割を担ってくれるのが、プロペシア(フィナステリド)なのです。
プロペシアの主成分であるフィナステリドは、5αリダクターゼの働きを阻害してくれますので、DHTの生成を抑制させることができます。
プロペシアはDHTを減らし、毛根を守ってくれる薬になりますのであくまでも現状維持のための治療薬と言うことになります。
そのため、プロペシアを服用することで今以上に髪の毛が減ることはないのです。
また、薄毛の症状が軽い場合はプロペシアを服用すれば薄毛が復活する場合もあります。
これがプロペシアの特徴と役割になります。

ミノキシジルの特徴と役割について

ミノキシジルは、プロペシアとは逆に「発毛効果」のあるAGA治療薬になります。
ミノキシジルは、皮膚科や内科で処方されることがないためその存在自体を知らないと言う方の方が多いと思います。
ミノキシジルと一口に言っても、服用タイプのミノキシジルタブレットと、外用タイプの育毛剤があります。
主にAGAクリニックで処方されるのは服用タイプのミノキシジルタブレットで通称「ミノタブ」になります。
ミノキシジルは、もともとは高血圧の治療薬として開発された医薬品なのですが、服用した患者に「全身の多毛症」と言う副作用が見られたため育毛剤としての研究が進み、AGA治療に利用されるようになりました。
それを外用の育毛剤として開発されたのが大正製薬から販売されている「リアップX5」なのです。
他にもロゲインなども有名ですが、人気はテレビCMでお馴染みで安心感のあるリアップX5になります。
ミノキシジルの特徴は、血管を拡張させ毛根への血流を改善させることで髪の毛の成長に必要な栄養素を届きやすくすることになります。
血行不良は薄毛の原因の一つになります。
また、ミノキシジルはただ血管を拡張させるだけではなく、ミノキシジル特有の発毛を促進させる効果がありますので、その他の高血圧治療薬とは訳が違います(ミノキシジル以外の高血圧治療薬全てに発毛効果はありません)。
実際の研究でミノキシジルは毛乳頭細胞に直接作用し、発毛に必要な成長因子を分泌させることで髪の毛の成長を促進させることが明らかとなっています。
つまり、ミノキシジルは脱毛を防止する守りのプロペシアとは全く逆の効果を発揮する薬で、攻めの薬と言うことになります。
ちなみにですが、ミノキシジルは内服薬(ミノキシジルタブレット)と外用薬(育毛剤)とがあると言いましたが、発毛効果育毛効果共に効果が高いのは服用タイプのミノキシジルタブレットになります。
リアップX5などの育毛剤タイプのミノキシジルは効果が弱い分副作用の心配は少なくなりますが、リアップX5では効果がない場合もあります。
育毛剤だと薄毛の状態によっては物足りない場合もありますが、薬ばかり飲みたくないと言う方や、副作用を気にされる方はまずはリアップX5のような育毛剤タイプとの併用から試してみると良いと思います。

プロペシアミノキシジルを併用した方が良い3つの理由

それではプロペシアミノキシジルを併用した方が良い3つの理由をご紹介していきたいと思います。

理由①プロペシアだけでは髪の毛は生えないから併用が良い

上記で説明した通り、プロペシアは発毛を促進させる効果のある治療薬ではなく、脱毛を防止する役割の治療薬になります。
そのため、プロペシアに発毛効果は期待できないと言うことです。
プロペシアを服用することで弱っている髪の毛が、健康な状態となり太く長く成長をはじめますので、多くの方はプロペシアを飲むと髪の毛が生えると勘違いしていますが、実際はプロペシアに発毛効果はありません。
初の服用タイプの育毛剤ということで注目されましたので「プロペシア=発毛(育毛)効果」と思われている方が多いと思いますが、期待して服用するとガッカリしてしまう場合がほとんどです。
ちなみにですが、プロペシアの発毛率はほんの数%しかありません。
臨床試験で全体の約6割の方がプロペシアで薄毛が改善したというデータがありますが、これは軽度改善や中程度改善のケースも含まれています。
つまり、プロペシアの服用で劇的に髪の毛が増えた人ばかりではなく、ちょっとだけ髪の毛が増えた場合でも一括りにして「改善」としているのです。
このような発表があると、多くの方の薄毛が改善したかのように受け取ってしまうと思いますが、実際はそうではなく劇的に改善した人はほんの数%になります。
そのため、AGA治療をはじめるならプロペシアで抜け毛を防止しながら発毛効果の高いミノキシジルを併用した方が良いのです。

理由②ミノキシジルだけでは脱毛を防げないから併用が良い

プロペシアは脱毛を防止する役割で、ミノキシジルは発毛を促進させる役割と言うことは理解していただいていると思います。
ミノキシジルは服用タイプの方が効果は高いのですが、外用タイプの育毛剤でもプロペシアよりも圧倒的に発毛効果が高くなります。
そのため「ミノキシジルだけでも十分髪の毛が生えるんじゃないの」と考える人が居ます。
少しでも治療費を安く抑えたいという理由から、上記のような考えに至るケースが多いのですが、ミノキシジルは発毛効果はあるけど脱毛を防止する効果がないと言うことを忘れないでください。
そもそもAGA(薄毛)の原因は、ヘアサイクルを乱してしまうDHTにあります。
つまり、このDHTを抑制しない限り髪の毛はなくなるまで抜け続けると言うことです。
しかもミノキシジルではこのDHTの生成を抑制することはできません。
ですから、ミノキシジルで髪の毛の成長を促しても、結局後ろからDHTがやってきて髪の毛を抜け落ちさせてしまうのです。
そのため、AGA治療をはじめるならプロペシアで抜け毛を防止しながら発毛効果の高いミノキシジルを併用して発毛を促した方が良いのです。

理由③プロペシアとフィナステリドの併用でお互いの欠点を補える

プロペシアは脱毛を防いでくれますが発毛を促す効果がありません。
ミノキシジルは発毛を促進させるけど脱毛を防ぐ効果はありません。
お互いに欠点がある治療薬ではありますが、それぞれを併用することでお互いの欠点を補うことが可能となります。
また、それぞれの役割を効率よく発揮できるようになりますので、AGA治療においてプロペシアミノキシジルの併用は基本中の基本であり最強と言えるのです。
そのため、AGA治療をはじめるならプロペシアで抜け毛を防止しながら発毛効果の高いミノキシジルを併用した方が良いのです。

以上3つがプロペシアミノキシジルを併用した方が良い理由になります。お互いの欠点を補いながらそれぞれの役割を全うできるため、AGA改善までの道のりが最短になります。一刻も早く薄毛を改善したいと言う方は、このプロペシアミノキシジルを併用した方が良いでしょう。

薄毛予防の場合はプロペシア単独でも効果あり

今現在薄毛ではないけど、将来的にハゲたくないと言う方は予防目的でプロペシアの服用をしましょう。
プロペシアの主成分であるフィナステリドは、AGAの原因であるDHTを生成してしまう5αリダクターゼの働きを阻害してくれる効果があります。
つまり、薄毛の進行を食い止める効果に関してはプロペシアは最強と言うことです。
そのため今現在は薄毛ではないけど、
①親族に薄毛の人が居る(特に母方の祖父に注意)
②最近抜け毛が増えてきた(シャンプー時に髪が抜ける)
③最近と薄くなってきた気がする
このような状況の方は、薄毛予防のためにプロペシアを単体で服用してみても良いと思います。
ハゲてからでは手遅れになる場合もありますので、ハゲる前に手を打つ人も少なくありません。
ただし、既にある程度薄毛になっているケースで、AGAが進行している場合はプロペシア単体では物足りない場合もありますので、ミノキシジルを併用した方が良いでしょう。
自分の頭部の状態をチェックしても自分で判断できないと言う場合は、AGAクリニックの無料カウンセリングなどを活用して相談してみるのもおすすめです。

プロペシアミノキシジルの併用でAGAが改善しない場合の対処法

プロペシアミノキシジルを併用しているにも関わらずAGAが一向に改善しないと言う場合は正直焦りますよね・・・
このような場合に考えられることは「栄養不足」もしくは「睡眠不足」になります。
まず、プロペシアは脱毛防止効果、ミノキシジルは血管拡張で血流改善になりますが、抜け毛を防ぎ血流を改善したところで髪の毛の成長に必要な栄養素が不足していると期待通りに髪の毛が成長しない場合もあります。
そのため、髪の毛の成長に必要な栄養素をしっかりと摂り入れる必要があるのです。
それから睡眠不足の場合も髪の毛の成長に悪影響を及ぼしますので要注意です。
なぜなら、髪の毛は寝ている間に成長しているからになります。
睡眠不足の状態だと、どれだけ効果のある薬を飲んでいたとしても効果を最大限発揮できない場合があるのです。
プロペシアミノキシジルを併用しているにも関わらず思うように改善しないと言う場合は、髪の毛の成長に必要な栄養素と睡眠時間をしっかりとるようにしてみてください。
それでも薄毛が改善しない場合は、プロペシアがきかない体質のかのうせいがありますので、以下の記事を参考にしてみてください。

ミノキシジルタブレット個人輸入

フィナステリド(プロペシア)やデュタステリド(ザガーロ)を服用しているにも関わらず、一向にAGAが改善しない、薄毛が治らないと言う方も少なくはありません。
なぜなら、フィナステリドもデュタステリドも脱毛を防止するための成分で、発毛や育毛を促進させる効果には期待できないからになります。
そのため、劇的な薄毛改善を求めるならば上記で紹介しましたミノキシジルの力が必要不可欠となるのです。
特にミノキシジルタブレットの発毛効果は絶大で、リアップX5などの育毛剤と比較しても圧倒的な発毛効果があります。
しかし、ミノキシジルタブレットはもともと高血圧症の治療薬であると言うことと、服用量によっては副作用のリスクが高まってしまいますので、まずは専門医の判断を得ることが安全に服用するための秘訣になります。
ミノキシジルタブレットに発毛効果があることは世界的にも認められていますが、AGA治療薬としては全世界で認可されていませんので専門医の判断が重要になります。
そのため、ミノキシジルタブレットの服用を検討していると言う方は、個人輸入で手に入れることをおすすめします。

まとめ

以上のようにミノキシジルは非常に発毛(育毛)効果の高い成分で、AGA治療には欠かせないものとなります。
しかし、皮膚科や内科ではミノキシジルタブレットの処方は一切ないのでその存在を知らない人が多いのも事実になります。
もし、プロペシアやザガーロを飲んでいるけどそれほど薄毛が改善していないと言うことでしたら、ミノキシジルタブレットを併用することで薄毛を改善することが可能になります。 

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

薄毛をAGA治療薬なしで治すことはできるのか

治療には費用も時間もかかることから「AGA治療薬なしで治すことはできるのか?」と考える人も多いと思います。
今回は、AGA治療薬なしで治すことができるのか?できるとすれば何をすればどうすれば良いかを見ていきます。

 

f:id:participantlink:20190422135924g:plain

AGA治療薬なしで治すことは難しい 

f:id:participantlink:20190422140624j:plain

 

結論を言ってしまえば、残念ながら、AGA治療薬なしで治すことは「無謀な挑戦」です。
もちろん、生活習慣や頭皮環境を改善することで、AGAの発症を遅らせることはできるようですが、すでにAGA男性型脱毛症を発症し、薄毛が進行している状態では時既に遅し、AGA治療薬なしで治すことは難しいというのが現実です。
AGAという脱毛症は、男性ホルモンのジヒドロテストステロンが毛母細胞に脱毛シグナルを送ることで発生します。
また、母方の遺伝子から受け継ぐ可能性が大きい脱毛症なので、「ホルモンの働き」や「遺伝」による発症を、頭皮環境や食生活の見直し等では進行を止めるには至らないです。
発症・進行してしまったAGAは、AGA治療薬で治療しなければ治すことは難しいのが現状です。
それに併せて生活習慣や食生活の見直しを図るといった多方面からの対策がベストです。

育毛シャンプーと育毛剤でどれだけ対策できるか

 f:id:participantlink:20190422140703j:plain

 

AGAの症状が出始めたら、まず市販で購入できるものからトライするという人がほとんどです。
もちろん育毛シャンプーや育毛剤は、頭皮環境を整えるので、髪の毛が抜けにくなったり、ハリ・コシを良くなるなどの表面的な効果は期待できます。
しかし、抜けてしまった髪を「生やす」「増やす」というのは、育毛シャンプーや育毛剤の役割ではありません。
もし、原因がAGAで、抜け毛を防ぎ、既に抜けてしまった髪を生やして薄毛を改善するなら、AGA治療薬の「プロペシア(フィナステリド)」や発毛剤の「ミノキシジル(5%以上)」が必要です。

AGAによる薄毛でなかったら?

f:id:participantlink:20190422141414g:plain

抜け毛の理由がAGAや頭皮環境ではなく、頭皮の皮膚疾患や病気が原因だったとしたら、逆にこれらの施策では、あまり効果は期待できません。
頭皮環境や皮膚の状態を診てほしいなら「皮膚科」での受診が必要。AGAや頭髪の専門クリニックであれば頭皮の状態だけでなく「遺伝子検査」でAGAの発症リスクがあるのかどうかを調べることができます。
もしAGAでなければミノキシジルプロペシアを使用する必要はないのです。
ハゲをどうにかしたいのであれば、まずは「なぜハゲてしまったのか?」の原因を調べることが大切です。
いずれもシャンプーや育毛剤では決定的な解決にはなりませんが、頭皮環境を整える為には有効な手段ではあります。
お金がある方は、ハゲの原因追求と正しい対策(皮膚科orAGAクリニック)を吟味することが必須です。

プロペシア個人輸入で購入する方法 

f:id:participantlink:20190422141504g:plain

病院やクリニックの受診は保険が効かないし高額のお金がかかるので、自分で個人輸入して自己流で薄毛治療してる方もたくさんいます。
個人輸入であれば治療薬が格安で手に入り、育毛剤での施策よりも安上がりです。
例えば、プロペシアジェネリックフィンペシア は、プロペシアと同じフィナステリドという成分を使用しています。
そのため、作用・副作用、効果もプロペシアと同じです。
先発薬プロペシアと比べて、ジェネリックは、安い値段で手に入るという利点があります。

病院処方のプロペシアと通販購入のフィンペシアf:id:participantlink:20190422141600j:plain

フィンペシアと先発薬プロペシアは、主成分も成分含量も同じですので、薬の効果は同等であると言えます。
両者の違いとしてまず挙げられるのは、購入(入手)する手段です。

プロペシア:病院や専門クリニックで診断を受けた後、医師が処方せんを出して薬局で処方
フィンペシア:インターネットの個人輸入代行サービスで決済後、ご自宅へ配送

巷で多く散見されるAGAの広告は、ほとんどが専門クリニックのものです。
これらのクリニックや薄毛外来のある病院(皮膚科)を受診すると、第一選択薬として処方されるのがプロペシアとなります。
プロペシア日本皮膚科学会が定めた薄毛治療のガイドラインでも第一に推奨されており、最も多くの医療機関で処方されている代表的なAGA治療薬です。
薄毛治療のパイオニアとして、プロペシアはゆるぎない信頼性とブランドを築き上げてきました。
対するフィンペシアは、広告はおろか処方している医療機関も限られてきます。日本で販売されていない製品のため、飲み方や注意点などを明記した添付文書も海外のものしか存在していません。
フィンペシアを購入する手段は個人輸入のみとなり、インターネットの個人輸入代行サービスを使うのが一般的です。
プロペシアに比べると透明性や信頼性に欠けている反面、医療機関を受診する必要もなく自宅で簡単に行えるため、24時間いつでも好きなタイミングで購入できるのがメリットです。
価格は圧倒的にフィンペシアの方が安くなります。

ジェネリックだから格段に安価で購入可能

f:id:participantlink:20190422141716j:plain

フィンペシアプロペシアの違いとして、最も如実に差が開くのが薬価(薬の値段)です。
両者の値段を比較してみましょう。

フィンペシア:1錠あたり ¥35~
プロペシア:1錠あたり¥219~

上記はセット販売で購入した場合の最安値で計算していますが、フィンペシアは最大でプロペシアの1/5以下という値段になります。
何故ここまで値段を安くできるかと言うと、フィンペシアプロペシアジェネリック医薬品だからです。
ジェネリック医薬品とは、新薬(先発医薬品)の特許が切れた際に他の製薬会社から製造される同一性分の医薬品(後発医薬品)です。
新薬の開発には莫大な費用がかかるため、薬価が高くなってしまいます。
なお、新薬の特許が切れるまでは10年程度かかると言われています。
特許が切れた新薬は他の製造会社でも製造が可能となります。後発医薬品は新薬と違って開発コストを削減できるため、薬価も安くできるのです。
プロペシアと同一成分のフィナステリドでありながら、大幅に安価で購入できるAGA治療薬として、フィンペシアは国内でも絶大なシェアを誇っています。
最初に製造・販売されたのはプロペシアです。

フィンペシアはインド製のジェネリック医薬品

フィンペシアの先発医薬品であるプロペシアは、米国のメルク社によって開発されました。
1991年に主成分であるフィナステリドの開発が始まり、1992年には前立腺肥大治療薬のプロスカー(5mg錠)として認可されました。
その後、1mg錠の開発を行ったところ、臨床実験において男性型脱毛症の患者に頭髪の育毛効果が見られました。
これを受けて1997年12月22日にフィナステリドはAGA治療薬(プロペシア)としてFDAに認可されました。
プロペシアは世界60カ国以上で承認されており、国内ではMSD株式会社(旧:万有製薬)がプロペシアの販売元となっています。
フィンペシアは、インドのムンバイにあるシプラ社が製造販売しています。
シプラ社は1935年に設立された製薬会社で、フィンペシア以外にも多くのジェネリック医薬品を製造しています。
代表的なジェネリック医薬品としてはバイアグラジェネリックのスハグラや、シアリスジェネリックのタダシップ等があります。
インドには多くの製薬会社がありますが、その中でもシプラ社は数多くの剤形製造技術を持ち、インド国内でも有数の大手製薬会社です。
シプラ社が製造する商品は処方せん薬や一般医薬品以外にも、抗生物質抗がん剤、動物用のヘルスケア用品など非常に多岐にわたり、北米やアジア、ヨーロッパなど世界150ヶ国に輸出されています。
実のところ、プロペシアの国際特許はまだ切れておりませんので、本来であればジェネリック医薬品の製造は認められておりません。
しかしインドでは2005年まで特許自体が定められておりませんでしたので、2005年以前に製造販売された医薬品においては特許が切れていなくても販売が可能なのです。
一見すると非合法な仕組みに思えますが、実はインド製のジェネリック医薬品は貧困によって様々な問題をかかえる発展途上国の医療現場では必要不可欠なのです。
インドのジェネリック医薬品はこういった事情もあって、先発医薬品も認めざるをえないという特別な立場となっています。
添加物が問題視されたのはフィンペシアです。

フィンペシアに含まれるキノリンイエローとは

フィンペシアプロペシアの物質的な違いとして、しばしば問題視されるのが添加物のキノリンイエローです。
キノリンイエローは黄色203号とも呼ばれ、フィンペシアだけに配合されている着色料です。
黄色203号はタール色素に分類されるキノリン系の酸性塗料で、国内では医薬品や化粧品への厚生労働省より認可されています。
キノリンイエロー(黄色203号)は、発がん性や肺気腫になる可能性があることから、食品への添加は認められておりません。
このキノリンイエローをめぐって、フィンペシアそのものへの発がん性はないのか、という不安の声も上がっています。
実際には、フィンペシアの服用量では、発がん性のリスクはありません。
理由として、食品と違って服用量が一定の医薬品は、一日あたりの摂取量が明確に決まっています。
フィンペシアに含まれるキノリンイエローの含有量はごく少量であり、医薬品として摂取する程度の量では無害であると言えるのです。
実際、フィンペシアを服用した患者ががんや肺気腫にかかったという報告はありません。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村