発毛剤の真実

ミノキシジル・フィナステリド・ディタステリドのジェネリックでハゲ治療

AGA対策のミノキシジルの効果

AGA治療薬に使われるミノキシジルですが、髪の毛を生やす効果があるとは聞くものの、 どれだけ毛が生えるのかについて解説していきます。

f:id:participantlink:20190823112803j:plain

 

 

AGA対策のミノキシジル

ミノキシジルは、もともとは血圧降下剤として高血圧患者に処方されていた経口薬でした。血管拡張剤の一種で、体内の血管を拡張し、血流を促進してくれる薬です。

投薬された患者の多くに多毛症が見られたことから、後に正式に育毛成分として研究が行われ、1980年代、米国「アップジョン社(現ファイザー社)」から発毛用の外用薬「ロゲイン」の販売が開始されました。

このロゲインを皮切りに、AGA対策としてさまざまなミノキシジル系発毛剤が開発・発売され、日本でも大正製薬が塗るタイプのミノキシジル外用薬「リアップ」を販売しています。

 

ミノキシジルの効果

ミノキシジルは直接毛母細胞に働きかけ、毛母の細胞分裂を活性化させ、髪の成長を早めます。

人の毛髪には「成長期→退行期→休止期」というサイクルがあります。通常2~5年かけて髪は成長し、退行期・休止期を経て抜け落ちた後、ふたたび新しい毛が生えるというものです。AGA(男性型脱毛症)にかかると、このヘアサイクルが乱れます。

f:id:participantlink:20190921234335j:plain

男性ホルモンであるテストステロンと5αリダクターゼという酵素が結合すると、DHT(ジヒドロテストステロン)というより強力な男性ホルモンが生まれ、これが脱毛の原因となります。

AGAを食い止めるには大きく2つの方法が考えられます。ひとつはテストステロンと結びついてDHT(ジヒドロテストステロン)となる酵素、5αリダクターゼの働きを抑制する方法です。これは米国で1998年、日本でも2005年に認可されたプロペシア(フィナステリド)という内服薬が有効だとされます。

f:id:participantlink:20190611222247j:plain

もうひとつは毛母細胞に働きかけ、毛母の細胞分裂をうながしたり、頭皮の血行をよくして髪の毛の生えやすい環境をつくったりする方法です。これにはミノキシジルが大きな効果を発揮します。

似て非なる作用ですが、どちらもAGAの改善が期待できる治療薬で、両方を組み合わせて使用することでより効果的だと考えられています。

 

f:id:participantlink:20190713002642p:plain

 

ミノキシジルの種類

ミノキシジル成分入り発毛剤の先駆けである塗るタイプの外用薬「リアップ」は、日本の育毛剤の中で、ミノキシジルを含有している唯一の市販製品です。発売初年度の1998年、驚異的なヒット商品となりました。

ミノキシジル5%、1%などのバリエーションがありますが、通常の育毛剤としては少し高めながら、ドラックストアなどでも購入できます。

ただし、「6ヵ月使用しても改善されない場合は、AGA以外の原因である可能性もある」とも書かれていますから、変化が見られない場合には別の方法にする必要があります。

 

日本で購入することはできませんが、米国ではファイザー社のロゲイン以外にも複数のミノキシジル外用薬が発売され、ジェネリック製品も複数登場しています。濃度1%、5%のものに加え、15%、16%など、より多様な濃度のミノキシジル外用薬が販売されています。

アメリカで治験に関わったオルセン博士は、1%の場合、連続して使用しても結果が出るのに最低6ヶ月は必要だと言っています。

 

ミノキシジルは、女性のAGAであるFAGAにも効果がある成分です。2005年4 月には発毛・育毛成分であるミノキシジルを有効成分とする女性用の外用医薬品が発売されていますが、病院では市販のものよりもミノキシジル成分の濃度が高い医療用ミノキシジルを処方することもできます。さまざまな検査をし、経験のある医師がミノキシジルの配合濃度なども調整してに処方するので、安全ですし、より高い効果も望めます。

ミノキシジルには内服タイプもあり、「ミノキシジルタブレット」と呼ばれています。基本的には血圧降下を目的とした薬であり、AGA治療薬としてはどこの国でも認可されていません。海外通販サイト等で購入し、使用している人もいますが、日本ではAGA治療を目的とした場合だけでなく、血圧降下剤としても製造・販売が認められていないので、細心の注意が必要です。

 

ミノキシジルの副作用

高い発毛・育毛効果が期待できるミノキシジルですが、副作用についても十分知っておきたいところです。

ミノキシジルには頭痛、めまい、むくみ、頭皮の赤み、かぶれ、フケ、発疹、動悸や胸の痛みなどの副作用があると言われています。そのなかでも顕著なのが頭皮のかゆみです。

原因にはいくつか考えられますが、ミノキシジルが血管を拡張することで頭皮の血流がよくなり、自然と痒みを感じるようになることがまずは考えられます。

次に考えられるのは、水に溶けにくい性質のミノキシジルを配合するために使用しているアルコールやプロピレングリコールといった溶剤へのアレルギー反応です。

ミノキシジルそのものには、痒みやアレルギーを誘発するような成分はないとされますが、人によっては肌に合わず、痒みを感じてしまうこともあるようです。

内服タイプのミノキシジルタブレットを使用していたケースでは、全身の体毛が濃くなるという副作用も報告されています。

 

ミノキシジルの入手方法

外用薬のミノキシジル5%までであれば、一般の薬局やドラッグストアで購入できます。次に、インターネット通販や個人輸入も手軽になっています。ネットで販売されているものは、価格的にかなりお手頃で、長期的に使用することを考えると、経済的に安心です。

 

homelink.web.fc2.com

 

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

プロペシアとミノキシジルタブレットの併用効果

AGA(男性型脱毛症)の治療で使用される最強の発毛剤(育毛剤)として有名な成分が「ミノキシジルタブレット」になりますが、一般的な皮膚科や内科では処方されることはありませんので知らない人の方が多いかもしれません。
ミノキシジルタブレットは、発毛を促進させるためのAGA治療薬として、特に薄毛の症状がひどい方にAGAクリニックで処方される内服薬で、その発毛(育毛)効果の高さから多くの方が薄毛の悩みを克服しているのです。
後ほど詳しく解説しますが、AGA治療薬で有名なプロペシア(フィナステリド)単品だけでの発毛効果はそれほど期待できません。
なぜなら、プロペシアは(フィナステリド)あくまでも薄毛を食い止める「守り」の治療薬になるからです。
そのため、劇的に髪の毛を増やしたいと言う場合は、発毛効果の高いミノキシジルタブレットという「攻め」の治療薬が必須となってくるのです。  

f:id:participantlink:20200627153931p:plain

今回はAGA治療薬であるプロペシア(フィナステリド)と併用した方が良いミノキシジルタブレットについて解説していきたいと思いますので、プロペシア(フィナステリド)を飲んでいるけど、思うように薄毛が改善していないと言う方にプロペシア(フィナステリド)とミノキシジルタブレットの併用がかなり効果的になります。

ミノキシジルとは

f:id:participantlink:20190712234015j:plain

ミノキシジルとは、「発毛・育毛」効果の高い成分のことで、もともとは高血圧症の治療薬として使用されていた成分になります。
1970年代後半にアメリカで血管拡張剤として開発され、高血圧症の治療薬として使用されていましたが、その副作用に「全身の多毛症(Hypertrichosis)」を頻繁に起こしてしまうことが分かり、頭皮に対しての外用薬として臨床試験が実施されました。
その結果、頭部の脱毛症に有効と言うことが明らかとなったのです。
現代ではミノキシジル配合の発毛剤や、ミノキシジルタブレットなどがAGA治療に使われていて、外用薬内用薬共に高い効果があることからほとんどのAGAクリニックで取り扱いがあります。
つまり、ミノキシジルは「医薬品成分としての発毛効果が認められている」と言うことです。
ミノキシジルは、正式に厚生労働省から発毛医薬品として認可されており、AGA(薄毛)改善の治療薬として幅広く使用されているのです。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルの効果は、発毛(育毛)になります。
具体的に言いますと、細胞分裂を活性化させて髪の毛を成長させる効果があるります。
もう少し詳しく説明しますと、ミノキシジルは直接髪の毛の毛母細胞に働きかけ、毛母の細胞分裂を活性化させて、髪の毛の成長を早める働きをすると言うことです。
現在日本では、ミノキシジルを配合した発毛剤として「リアップX5プラスネオ」60ml本体価格 : 7,752円と高額で発売されています。

f:id:participantlink:20200627155342j:plain

リアップX5プラスネオはミノキシジル含有量5%の発毛剤で、最低でも4ヶ月の連続使用を要すると言われております。

リアップX5プラスネオは高いと感じている方は、ミノキシジル5%配合している商品でカークランドという安価な商品があります。

カークランドは2本セットで3,240 円となりますので1本あたり1,620円となりますので、リアップX5プラスネオとカークランドの1本当たりの価格を比べると、

リアップX5プラスネオ(7,752円)- カークランド(1,620円)= 5,623円

カークランドのほうがリアップⅩ5プラスネオより5,623円安くなりますので経済的です。

どちらもミノキシジル5%になりますので、全く同じ効果となります。

oneclck.net
ちなみに、ミノキシジル5%で効果がでてない方は、ミノキシジルを16%配合した世界最高濃度の発毛剤「フォリックスFR16 」を使えば効果が期待できます。

ミノキシジルの濃度が高いほど効果も高くなっていきます。

現在のところミノキシジル16%が世界で最もミノキシジルの濃度が高い商品になります。

どうしても髪を生やしたいと思っている方には必須商品になります。

基本的に人間の髪の毛には「毛周期(ヘアサイクル)」があり「成長期→退行期→休止期」の様になっていて、2~6年の期間をかけて成長し、やがて退行期を迎えて成長が止まります。
そして休止期を迎えて仮眠の毛は抜け落ち、再び新しい髪の毛が生え成長期になります。f:id:participantlink:20190713003416j:plain

しかし、AGAの場合はこの毛周期が「DHT(ジヒドロテストステロン)」に狂わされるため、全うに成長することができなくなってしまうのです。
DHTは、男性ホルモンであるテストステロンが「5αリダクターゼ(還元酵素)」と結合することによって生成される強力な脱毛ホルモンのことです。
このDHTが大量に生成されることで、AGAとなり髪の毛が失われ薄毛になってしまうのです。
つまり、DHTさえ抑制することができれば脱毛を防止するができます。
そこで活躍してくれるのが5αリダクターゼの働きを阻害してくれる成分「フィナステリド」です。 

f:id:participantlink:20190713002957p:plain

フィナステリドを主成分としたプロペシアを継続して服用することで、5αリダクターゼの働きを阻害してくれますので脱毛ホルモンであるDHTが生成されなくなります。
その結果、AGAの進行を防ぐことが可能となるのです。
また、DHTが抑制されることで正常なヘアサイクルに戻りますので、髪の毛は太く長く成長することが可能となります。
しかし、フィナステリドはあくまでも薄毛の進行を食い止める成分になりますので、発毛や育毛を促進させる効果のある成分ではありません。
そのため、発毛・育毛を促進させるためにミノキシジルが必要不可欠と言う訳なのです。
AGAクリニックでは、ミノキシジルとフィナステリド(プロペシア)の併用を推奨していて、ほとんどのクリニックでは2種類の内服薬を処方しています。

ミノキシジルが攻めの役割で、フィナステリドが守りの役割です。 

f:id:participantlink:20190713002642p:plain

ミノキシジルプロペシアの併用が最強

ミノキシジルは上記でも言いましたように「発毛成分」になります。
一方プロペシアはAGAの進行を食い止める治療薬になります。
AGAの改善と言う意味では、プロペシアを服用すれば薄毛の進行を食い止めることはできますが、失ってしまった髪の毛を取り戻すことはできません。
しかし、ミノキシジルの効果をもってすれば、発毛を促進させて髪の毛の成長を早めてくれるので、薄毛が改善されるようになります。
つまり、ミノキシジルプロペシアの併用は最強と言うことです。
これはAGA治療の専門医も言っていることで、よりAGAに効果的な方法は、ミノキシジルプロペシアの併用処方になります。
AGA初期段階であれば、プロペシアの処方だけの場合もありますが、進行具合によってはプロペシアミノキシジル(外用)、さらに進行している場合はプロペシアミノキシジルタブレットの処方となります。
プロペシアでAGAの原因であるDHTを抑制し、ミノキシジルで発毛因子を刺激し、発毛を促し育毛を促進させることで薄毛が回復していくのです。
このように、双方の効果を同時に得ることで薄毛の悩みから解放されるのです。
プロペシアを服用しているけど一向にAGA(薄毛)が改善されないと言う場合は、ミノキシジルとの併用が効果的です。

最強の育毛剤ミノキシジルタブレット」が効果絶大

ミノキシジルは、上記で外用薬の育毛剤「リアップX5」をご紹介しましたが、外用薬よりも圧倒的に効果が高いのが服用タイプの「ミノキシジルタブレット」になります。
そのため、ほとんどのAGAクリニックではフィナステリド(プロペシア)とミノキシジルタブレットの併用を推奨していて、AGA治療で処方される内服薬は基本的にこの2種類になります。
ちなみにですが、ミノキシジル外用薬は頭頂部にしか効果を発揮しませんが、ミノキシジルタブレットの場合は頭頂部にも前頭部にも発毛(育毛)効果を発揮してくれます。
つまり、AGA治療に最強のコンビはフィナステリド(プロペシア)とミノキシジルタブレットと言うことです。
ただし、同じAGAでも前頭部の薄毛の場合は、頭頂部の薄毛とは原因が異なりますので注意が必要になります。
そのため、ミノキシジルタブレットを服用しても思うように薄毛が改善しない場合もあるのです。

ミノキシジルタブレットを服用しても思うように薄毛が改善しない場合もある

どういう事かと言いますと、AGAの原因はDHTになりますが、このDHTを生成する5αリダクターゼは実は2種類あるのです。
5αリダクターゼには1型と2型が存在し、頭頂部に多いのが2型5αリダクターゼで、前頭部に多いのが1型5αリダクターゼになります。
そして、フィナステリドが効果を発揮するのは頭頂部に多い2型5αリダクターゼだけになります。
つまり、前頭部の脱毛はフィナステリドでは完璧に防止できないと言うことです。
そのため、同じAGAでも前頭部の薄毛は改善しにくいと言われているのです。
ですから、ミノキシジルタブレットを継続して服用しても、脱毛を防止できなければ劇的な薄毛改善には期待できないと言うことなのです。
しかし最近は、1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼの両方の働きを阻害しくれる成分「デュタステリド」が登場し、厚生労働省の認可を受け実際に日本国内でも発売されるようになったのです。
ですからAGAでも頭頂部だけが薄毛の方の場合は「フィナステリド+ミノキシジルタブレット」で、前頭部が薄毛、もしくは前頭部も頭頂部も両方が薄毛と言う場合は「デュタステリド+ミノキシジルタブレット」が最強のコンビと言うことになります。
いずれにしても、劇的にAGA(薄毛)を改善するためには、発毛を促進させてくれるミノキシジルタブレットは必要不可欠と言うことになります。

ミノキシジルタブレットは前頭部にも効果を発揮してくれる

上記でも軽く触れましたが、ミノキシジルタブレットはAGAの中でも最も改善しにくいと言われている前頭部の薄毛にも効果を発揮してくれます。
つまり、額の生え際部分がハゲているいわゆるM字ハゲにも発毛効果があると言うことです。
ミノキシジルの外用薬であるリアップX5は、前頭部にそれほど効果を発揮しませんので諦めている方も多いと思いますが、服用タイプのミノキシジルタブレットでしたらM字ハゲ改善にも十分に期待できるのです。
ミノキシジルは毛母細胞を直接刺激し、髪の毛の発毛や育毛を促進させてくれます。
ミノキシジルタブレットは、体内で吸収され血液によって全身に運搬されますので、外用薬では効果を得にくい前頭部にもしっかりと有効成分が届きます。
そのため、生え際には効果を発揮しないと言う根拠がないのです。
要するにミノキシジルタブレットを服用することで額の生え際部分のハゲ対策も完璧にできると言うことです。

ミノキシジルタブレットは認可されていない

ミノキシジルタブレットは、絶大な発毛促進効果があります。
しかし、これだけ発毛効果があるにも関わらず「AGA治療薬として認可されていない」のが現状になります。
つまり、ミノキシジルタブレットは、あくまでも「高血圧症の治療薬」と言うことです。
そのため、原則として医師の処方のみでしか入手することができませんでしたが、最近では個人輸入でも購入することができるようになりました。

ミノキシジルタブレットを入手するには

ミノキシジルタブレット通称「ミノタブ」を入手する方法は2パターンあります。
①AGAクリニックで処方してもらう
個人輸入代行サイトで入手する
基本的にミノキシジルタブレットを手に入れる方法は上記の2つになります。

①AGAクリニックで処方してもらう 

一般的には、ミノキシジルタブレットの入手方法は「AGAクリニックで処方してもらう」方法になります。
上記でも言いましたが、ミノキシジルタブレットはAGA治療薬として世界的に認可されていない薬で、基本的には高血圧症の治療薬になるため扱いが非常に難しくなります。
そのため、しっかりと専門医の診察を受けて、あなたの薄毛にはミノキシジルタブレットが必要だと言う医師の診断が必要になります。
そして初めて処方してもらえるのが基本的にミノキシジルタブレットの入手方法になります。
しかもAGAクリニックでは、しっかりと血液検査等を行い、あなたの薄毛の細かい原因まで徹底的に調べてから、症状に合った治療薬を処方する必要があります。
その分どうしても料金が高額になってしまいます。

個人輸入代行サイトで入手する 

ミノキシジルタブレットの入手方法の2つ目は「個人輸入代行サイト」を利用するかたちになります。
個人輸入代行サイトも複数ありますが、全国的に有名で比較的安心できると言えばやはりオオサカ堂です。
ちなみにですが、オオサカ堂では海外正規品の医薬品を格安で販売していて、代行手数料も送料も全て無料になりますので意外と多くの方が利用しています。
特にプロペシアの価格は激安で、皮膚科や内科では最低でも10,000円はしますが、オオサカ堂でしたら半額以下の3,000円代での購入が可能となります。
オオサカ堂は設立20年以上になる個人輸入代行サイトの中でも老舗になりますので、信頼と実績があり多くの方が利用しています。
そのため、安全ではあると思いますがご利用の際は自己責任になります。

AGA治療の基本はプロペシアミノキシジルの併用

AGA治療と言えば、「プロペシアの内服療法」が一般的に認識されていますが、実はプロペシアだけでは改善しない場合があります。
なぜなら、プロペシアは脱毛ホルモンであるDHTの生成を抑制し脱毛を防止するための治療薬であり、発毛を促進させる効果には期待できないからになります。
もちろんプロペシアの服用だけで薄毛が改善したと言う方も居ますが、このようなケースは早期治療をはじめた方で、もともとハゲではなく若干の薄毛だった場合になります。
完全にハゲてしまっている場合は、プロペシアでDHTを抑制してもすでにハゲてしまっているためあまり意味がありません。
つまり、プロペシアはあくまでも「現状維持」と言うかたちの薬であると言うことになります。
現状細く弱々しくなっている髪の毛でも残っているのなら、DHT生成を抑制し、太く長い健康な髪の毛に成長させることは可能ではありますが、髪の毛が残っていない状態だとプロペシアだけで完全復活することは難しいと言えます。
ちなみにですが、AGAクリニックではなく皮膚科に相談した場合は基本的にプロペシアの処方しか行いません。
一方AGAクリニックに相談した場合はプロペシアミノキシジルの両方の処方を行います(状況によります)。
これは、プロペシアでAGAの原因であるDHTを抑制することと、ミノキシジルで発毛を促進させることが目的になるからです。
だからAGAクリニックに通院しているほとんどの方が早い段階で薄毛を克服しているのです。
つまり、プロペシアにはプロペシアの役割があり、ミノキシジルにはミノキシジルの役割があると言うことです。
以上のことから、プロペシアミノキシジルの併用がAGA治療の基本中の基本になると言うことが分かります。

プロペシアの特徴と役割について

改めてAGA治療薬であるプロペシアの特徴と役割について解説しておきたいと思います。
AGAと言われる男性型脱毛症がなぜ起こってしまうのかと言いますと、「男性ホルモンであるTH(テストステロン)が5αリダクターゼと結合することによってDHT(ジヒドロテストステロン)が生成され、DHTが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体(レセプター)と結合することでヘアサイクルが乱れ脱毛が起こる」と言うことになります。
以上のことからAGAの原因を作っているのはDHTと言うことが分かりますね。
そしてこのDHTを生成しているのが男性ホルモンであるテストステロンをジヒドロテストステロンに変換させてしまう5αリダクターゼになります。
つまり、5αリダクターゼの働きを阻害することができれば、脱毛を防止することができると言うことになります。
その役割を担ってくれるのが、プロペシア(フィナステリド)なのです。
プロペシアの主成分であるフィナステリドは、5αリダクターゼの働きを阻害してくれますので、DHTの生成を抑制させることができます。
プロペシアはDHTを減らし、毛根を守ってくれる薬になりますのであくまでも現状維持のための治療薬と言うことになります。
そのため、プロペシアを服用することで今以上に髪の毛が減ることはないのです。
また、薄毛の症状が軽い場合はプロペシアを服用すれば薄毛が復活する場合もあります。
これがプロペシアの特徴と役割になります。

ミノキシジルの特徴と役割について

ミノキシジルは、プロペシアとは逆に「発毛効果」のあるAGA治療薬になります。
ミノキシジルは、皮膚科や内科で処方されることがないためその存在自体を知らないと言う方の方が多いと思います。
ミノキシジルと一口に言っても、服用タイプのミノキシジルタブレットと、外用タイプの育毛剤があります。
主にAGAクリニックで処方されるのは服用タイプのミノキシジルタブレットで通称「ミノタブ」になります。
ミノキシジルは、もともとは高血圧の治療薬として開発された医薬品なのですが、服用した患者に「全身の多毛症」と言う副作用が見られたため育毛剤としての研究が進み、AGA治療に利用されるようになりました。
それを外用の育毛剤として開発されたのが大正製薬から販売されている「リアップX5」なのです。
他にもロゲインなども有名ですが、人気はテレビCMでお馴染みで安心感のあるリアップX5になります。
ミノキシジルの特徴は、血管を拡張させ毛根への血流を改善させることで髪の毛の成長に必要な栄養素を届きやすくすることになります。
血行不良は薄毛の原因の一つになります。
また、ミノキシジルはただ血管を拡張させるだけではなく、ミノキシジル特有の発毛を促進させる効果がありますので、その他の高血圧治療薬とは訳が違います(ミノキシジル以外の高血圧治療薬全てに発毛効果はありません)。
実際の研究でミノキシジルは毛乳頭細胞に直接作用し、発毛に必要な成長因子を分泌させることで髪の毛の成長を促進させることが明らかとなっています。
つまり、ミノキシジルは脱毛を防止する守りのプロペシアとは全く逆の効果を発揮する薬で、攻めの薬と言うことになります。
ちなみにですが、ミノキシジルは内服薬(ミノキシジルタブレット)と外用薬(育毛剤)とがあると言いましたが、発毛効果育毛効果共に効果が高いのは服用タイプのミノキシジルタブレットになります。
リアップX5などの育毛剤タイプのミノキシジルは効果が弱い分副作用の心配は少なくなりますが、リアップX5では効果がない場合もあります。
育毛剤だと薄毛の状態によっては物足りない場合もありますが、薬ばかり飲みたくないと言う方や、副作用を気にされる方はまずはリアップX5のような育毛剤タイプとの併用から試してみると良いと思います。

プロペシアミノキシジルを併用した方が良い3つの理由

それではプロペシアミノキシジルを併用した方が良い3つの理由をご紹介していきたいと思います。

理由①プロペシアだけでは髪の毛は生えないから併用が良い

上記で説明した通り、プロペシアは発毛を促進させる効果のある治療薬ではなく、脱毛を防止する役割の治療薬になります。
そのため、プロペシアに発毛効果は期待できないと言うことです。
プロペシアを服用することで弱っている髪の毛が、健康な状態となり太く長く成長をはじめますので、多くの方はプロペシアを飲むと髪の毛が生えると勘違いしていますが、実際はプロペシアに発毛効果はありません。
初の服用タイプの育毛剤ということで注目されましたので「プロペシア=発毛(育毛)効果」と思われている方が多いと思いますが、期待して服用するとガッカリしてしまう場合がほとんどです。
ちなみにですが、プロペシアの発毛率はほんの数%しかありません。
臨床試験で全体の約6割の方がプロペシアで薄毛が改善したというデータがありますが、これは軽度改善や中程度改善のケースも含まれています。
つまり、プロペシアの服用で劇的に髪の毛が増えた人ばかりではなく、ちょっとだけ髪の毛が増えた場合でも一括りにして「改善」としているのです。
このような発表があると、多くの方の薄毛が改善したかのように受け取ってしまうと思いますが、実際はそうではなく劇的に改善した人はほんの数%になります。
そのため、AGA治療をはじめるならプロペシアで抜け毛を防止しながら発毛効果の高いミノキシジルを併用した方が良いのです。

理由②ミノキシジルだけでは脱毛を防げないから併用が良い

プロペシアは脱毛を防止する役割で、ミノキシジルは発毛を促進させる役割と言うことは理解していただいていると思います。
ミノキシジルは服用タイプの方が効果は高いのですが、外用タイプの育毛剤でもプロペシアよりも圧倒的に発毛効果が高くなります。
そのため「ミノキシジルだけでも十分髪の毛が生えるんじゃないの」と考える人が居ます。
少しでも治療費を安く抑えたいという理由から、上記のような考えに至るケースが多いのですが、ミノキシジルは発毛効果はあるけど脱毛を防止する効果がないと言うことを忘れないでください。
そもそもAGA(薄毛)の原因は、ヘアサイクルを乱してしまうDHTにあります。
つまり、このDHTを抑制しない限り髪の毛はなくなるまで抜け続けると言うことです。
しかもミノキシジルではこのDHTの生成を抑制することはできません。
ですから、ミノキシジルで髪の毛の成長を促しても、結局後ろからDHTがやってきて髪の毛を抜け落ちさせてしまうのです。
そのため、AGA治療をはじめるならプロペシアで抜け毛を防止しながら発毛効果の高いミノキシジルを併用して発毛を促した方が良いのです。

理由③プロペシアとフィナステリドの併用でお互いの欠点を補える

プロペシアは脱毛を防いでくれますが発毛を促す効果がありません。
ミノキシジルは発毛を促進させるけど脱毛を防ぐ効果はありません。
お互いに欠点がある治療薬ではありますが、それぞれを併用することでお互いの欠点を補うことが可能となります。
また、それぞれの役割を効率よく発揮できるようになりますので、AGA治療においてプロペシアミノキシジルの併用は基本中の基本であり最強と言えるのです。
そのため、AGA治療をはじめるならプロペシアで抜け毛を防止しながら発毛効果の高いミノキシジルを併用した方が良いのです。

以上3つがプロペシアミノキシジルを併用した方が良い理由になります。お互いの欠点を補いながらそれぞれの役割を全うできるため、AGA改善までの道のりが最短になります。一刻も早く薄毛を改善したいと言う方は、このプロペシアミノキシジルを併用した方が良いでしょう。

薄毛予防の場合はプロペシア単独でも効果あり

今現在薄毛ではないけど、将来的にハゲたくないと言う方は予防目的でプロペシアの服用をしましょう。
プロペシアの主成分であるフィナステリドは、AGAの原因であるDHTを生成してしまう5αリダクターゼの働きを阻害してくれる効果があります。
つまり、薄毛の進行を食い止める効果に関してはプロペシアは最強と言うことです。
そのため今現在は薄毛ではないけど、
①親族に薄毛の人が居る(特に母方の祖父に注意)
②最近抜け毛が増えてきた(シャンプー時に髪が抜ける)
③最近と薄くなってきた気がする
このような状況の方は、薄毛予防のためにプロペシアを単体で服用してみても良いと思います。
ハゲてからでは手遅れになる場合もありますので、ハゲる前に手を打つ人も少なくありません。
ただし、既にある程度薄毛になっているケースで、AGAが進行している場合はプロペシア単体では物足りない場合もありますので、ミノキシジルを併用した方が良いでしょう。
自分の頭部の状態をチェックしても自分で判断できないと言う場合は、AGAクリニックの無料カウンセリングなどを活用して相談してみるのもおすすめです。

プロペシアミノキシジルの併用でAGAが改善しない場合の対処法

プロペシアミノキシジルを併用しているにも関わらずAGAが一向に改善しないと言う場合は正直焦りますよね・・・
このような場合に考えられることは「栄養不足」もしくは「睡眠不足」になります。
まず、プロペシアは脱毛防止効果、ミノキシジルは血管拡張で血流改善になりますが、抜け毛を防ぎ血流を改善したところで髪の毛の成長に必要な栄養素が不足していると期待通りに髪の毛が成長しない場合もあります。
そのため、髪の毛の成長に必要な栄養素をしっかりと摂り入れる必要があるのです。
それから睡眠不足の場合も髪の毛の成長に悪影響を及ぼしますので要注意です。
なぜなら、髪の毛は寝ている間に成長しているからになります。
睡眠不足の状態だと、どれだけ効果のある薬を飲んでいたとしても効果を最大限発揮できない場合があるのです。
プロペシアミノキシジルを併用しているにも関わらず思うように改善しないと言う場合は、髪の毛の成長に必要な栄養素と睡眠時間をしっかりとるようにしてみてください。
それでも薄毛が改善しない場合は、プロペシアがきかない体質のかのうせいがありますので、以下の記事を参考にしてみてください。

ミノキシジルタブレット個人輸入

フィナステリド(プロペシア)やデュタステリド(ザガーロ)を服用しているにも関わらず、一向にAGAが改善しない、薄毛が治らないと言う方も少なくはありません。
なぜなら、フィナステリドもデュタステリドも脱毛を防止するための成分で、発毛や育毛を促進させる効果には期待できないからになります。
そのため、劇的な薄毛改善を求めるならば上記で紹介しましたミノキシジルの力が必要不可欠となるのです。
特にミノキシジルタブレットの発毛効果は絶大で、リアップX5などの育毛剤と比較しても圧倒的な発毛効果があります。
しかし、ミノキシジルタブレットはもともと高血圧症の治療薬であると言うことと、服用量によっては副作用のリスクが高まってしまいますので、まずは専門医の判断を得ることが安全に服用するための秘訣になります。
ミノキシジルタブレットに発毛効果があることは世界的にも認められていますが、AGA治療薬としては全世界で認可されていませんので専門医の判断が重要になります。
そのため、ミノキシジルタブレットの服用を検討していると言う方は、個人輸入で手に入れることをおすすめします。

まとめ

以上のようにミノキシジルは非常に発毛(育毛)効果の高い成分で、AGA治療には欠かせないものとなります。
しかし、皮膚科や内科ではミノキシジルタブレットの処方は一切ないのでその存在を知らない人が多いのも事実になります。
もし、プロペシアやザガーロを飲んでいるけどそれほど薄毛が改善していないと言うことでしたら、ミノキシジルタブレットを併用することで薄毛を改善することが可能になります。 

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

ハゲの救世主オオサカ堂の激安ミノキシジルタブレット

ハゲの見方オオサカ堂の激安ミノキシジルタブレットについて解説していきます。

オオサカ堂でミノタブを買うと1ヶ月700円と激安です。

AGAクリニックでミノタブを処方してもらうと1ヶ月1万円以上かかってしまします。

つまり、オオサカ堂はAGAクリニックより1ヶ月9,300円安く買えます。1年間だと11万円安くなります。

 

f:id:participantlink:20200505103124p:plain

 

oneclck.net

ミノキシジルタブレット通販

ミノキシジルタブレットとは、有効成分にミノキシジルを含有している医薬品になります。

ミノキシジルには血管拡張作用があり、これによって血流が改善され、育毛効果を発揮しますので、薄毛や脱毛のお悩みを抱えているという方は、ミノキシジルの外用薬よりもミノキシジルの内服であるミノキシジルが効果的です。

そんなミノキシジルタブレットは、日本国内では適応がありませんが、日本からも購入できる方法があるのです。

インターネットの個人輸入代行サイトのオオサカ堂であればミノキシジルタブレットの取り扱いがありますので、日本からも購入が可能することが可能となります。

日本から購入しても商品は香港からの発送となりますが、全国無料で購入が可能です。気になる価格はミノキシジルタブレット2.5mgが1本100錠入りで3,400円、2本5,050円、3本7,000円となり、まとめ買いをするとよりお得になります。

オオサカ堂なら20年以上の歴史ある個人輸入代行サイトとなり、初めて海外から医薬品を購入される方も、安心して利用ができます。

また、メーカー正規品保証がついておりますので、偽物が届く心配がないです。。  

oneclck.net

 ミノキシジルタブレットAmazonで購入不可

ミノキシジルタブレットとは、英国で適応となっている医薬品なのうです。

男女兼用で服用が出来る脱毛でお悩みの方、薄毛の気になる方、育毛ケアをお考えの方にふさわしい経口タイプの育毛剤となり、脱毛や薄毛にお悩みの方は、ミノキシジルタブレットを服用が効果的と言われてます。

そんなミノキシジルタブレットを最安値で購入したいと思われている方は、Amazonでしょうか・・・

調べたところ、ミノキシジルタブレットは日本国内では適応のない医薬品となっておりますので、Amazonでは取り扱いがありません。

しかし、日本からもインターネットの個人輸入代行サイトのオオサカ堂を通して購入が可能となっています。オオサカ堂なら商品は香港からの発送となりますが、全国無料で購入が出来ます。気になる価格はミノキシジルタブレット2.5mgが1本100錠入りで3,400円、2本5,050円、3本7,000円となりますので、まとめ買いをするとより最安値での購入が可能です。 

oneclck.net

ミノキシジルタブレット個人輸入で激安購入

ミノキシジルタブレットとは、英国で適応の医薬品です。ミノキシジルは元来、高血圧症の治療向けに血圧降下剤として開発された歴史があります。

血管を拡張させる作用により、毛髪の再生および男性型脱毛症(AGA)に効果があったため、育毛剤として応用されるようになった経緯がありますので、脱毛や薄毛の悩みを抱えているという方は、ミノキシジルタブレットを服用して症状緩和の効果を期待できます。

そんなミノキシジルタブレットは日本国内では適応のない医薬品となっています。

しかし、日本からも購入出来る方法があります。個人輸入で激安購入出来ます。

インターネットの個人輸入代行サイトのオオサカ堂なら日本からもミノキシジルタブレットの購入が可能となっており、ミノキシジルタブレット2.5mgが1本100錠入りで3,400円、2本5,050円、3本7,000円となりますので、まとめ買いをするとよりお得ではないでしょうか。商品は香港からの発送となりますが、全国無料で購入が出来ます。

初めて海外から医薬品を購入されるという方にもおすすめです。

oneclck.net

 ミノキシジルタブレット偽物

ミノキシジルタブレットとは、ミノキシジルには血管拡張作用があり、これによって血流が改善され、育毛効果を発揮しますので、頭皮にお悩みを抱えているという方は、ミノキシジルタブレットの高い効果を期待出来ます。

脱毛や薄毛の悩みを解消して、自信を持てる頭皮を取り戻したいですよね。

そんなミノキシジルタブレットは、日本国内では適応のない医薬品となっておりますので、日本では購入が出来ないのですが、日本からも購入できる方法があります。

インターネットの個人輸入代行サイトのオオサカ堂なら、ミノキシジルタブレットの取り扱いがありますので、商品は香港からの発送となりますが、全国無料で購入が出来ます。日本のインターネットショッピングサイトを利用している感覚で利用が出来るところが魅力ですね。また、気になる価格はミノキシジルタブレット2.5mgが1本100錠入りで3,400円、2本5,050円、3本7,000円となりますので、まとめ買いをするとよりお得に購入が出来ます。メーカー正規品保証がついておりますので、偽物が届く心配なく、安心して利用が出来るでしょう。  

oneclck.net

ミノキシジルタブレットの口コミ

ミノキシジルタブレットとは、男女兼用で服用が出来る医薬品です。

血管拡張作用があり、これによって血流が改善され、育毛効果を発揮される効果を期待できますので、脱毛や薄毛にお悩みの方は、ミノキシジルタブレットを使用されてみてはいかがでしょうか。

そんなミノキシジルタブレットを服用されている方の口コミを調べてみたところ、「髪の毛が増えました。まつ毛、眉毛、薄い産毛の体毛も濃くなります。」と、全身の毛が生えてくるようです。「分かってはいたのですが、やはり体毛まで濃くなってしまったため、途中で断念しました!ただ効果はやはり、あると思います」という声も見受けられます。

「ずっと使っています。明らかに使っていないよりも抜け毛が少なくなっています。特に副作用もみられていないので、今後も使い続ける予定です」という声や、「最初は抵抗がありましたが、服用してからはフサフサになり帽子とはおさらばしております、商品は凄く感謝しております。これからとずっと服用を続けたいと思っています。」と、リピーターになっている方もいますので、服用して効果を期待したいですね。 

oneclck.net

ミノキシジルタブレットとは

ミノキシジルタブレットとは、脱毛でお悩みの方、薄毛の気になる方、育毛ケアをお考えの方にふさわしい経口タイプの育毛剤です。男女兼用で服用が出来ますので、毛髪にお悩みの方は、ミノキシジルタブレットを服用して効果を期待していきましょう。

そんなミノキシジルタブレットは、英国での適応となっておりますので、日本国内では適応のない医薬品となっています。しかし、日本からもインターネットの個人輸入代行サイトのオオサカ堂を通して購入が可能となっています。オオサカ堂なら商品は香港からの発送となりますが、全国無料で購入が出来ますので、日本のインターネットショッピングサイトを利用している感覚で購入が出来ますし、気になる価格はミノキシジルタブレット2.5mgが1本100錠入りで3,400円、2本5,050円、3本7,000円となりますので、長期的にミノキシジルタブレットを服用したいと思われている方は、より医薬品を安価に購入が出来ますのでおすすめです。オオサカ堂ならメーカー正規品保証がついておりますので、偽物や類似品が届く心配もありませんので、安心して利用が出来るでしょう。  

oneclck.net

ミノキシジルタブレットの成分

ミノキシジルタブレットとは、ミノキシジルを有効成分とする経口用の医薬品となっています。服用すると血流が改善されて、育毛効果を発揮しますので、高い効果を期待出来る医薬品なのではないでしょうか。

そんなミノキシジルタブレットの成分となるミノキシジルは耳にしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。元来、高血圧症の治療向けに血圧降下剤として開発されました。血管を拡張させる作用により、毛髪の再生および男性型脱毛症(AGA)に効果があったため、育毛剤として応用されるようになった経緯がありますので、ミノキシジルタブレットを服用して血管を拡張して血流を増加させていきましょう。

毛髪再生に必要な栄養素を届けて、毛髪の成長を促していきましょう。そんなミノキシジルタブレットは日本国内では適応のない医薬品となりますが、日本からもインターネットの個人輸入代行サイトのオオサカ堂を通して購入が可能となっています。オオサカ堂なら商品は香港からの発送となりますが、全国無料で購入が出来ます。始めて利用される方も安心して購入が出来るでしょう。  

oneclck.net

 ミノキシジルタブレットの使い方

ミノキシジルタブレットとは、ミノキシジルを有効成分とする経口用の医薬品となっています。血管拡張作用があり、これによって血流が改善され、育毛効果を発揮しますので、ミノキシジルタブレットを服用して育毛に効果を期待したいという方にもおすすめとなっています。そんなミノキシジルタブレットの使い方としては、ミノキシジルタブレット2.5㎎が1日2錠から開始することを推奨しています。必要に応じて1日8錠まで増量が出来るのですが、日本国内では適応のない医薬品となりますので、服用される前には必ず、医師や薬剤師に相談の上、服用をされるようにしましょう。

日本からもインターネットの個人輸入代行サイトのオオサカ堂を通して購入が可能となりますので、オオサカ堂なら商品はミノキシジルタブレット2.5mgが1本100錠入りで3,400円、2本5,050円、3本7,000円となり、まとめ買いをするとよりお得です。初めて海外から医薬品を購入される方も、オオサカ堂なら商品は香港からの発送となりますが、全国無料で購入が出来ますので安心して利用が出来るのではないでしょうか。

oneclck.net

ミノキシジルタブレットの効果

ミノキシジルタブレットとは、高血圧症に効果を期待出来る治療薬となっています。血管拡張作用があり、これによって血流が改善され、育毛効果を発揮しますので、頭皮にお悩みを抱えているという方も、ミノキシジルタブレットを服用して効果を期待されてみてはいかがでしょうか。

英国での対応となりますので、日本国内では適応のない医薬品となるのですが、日本からもインターネットの個人輸入代行サイトのオオサカ堂を通して購入が可能となっています。オオサカ堂なら商品は香港からの発送となりますが、全国無料で購入が出来ます。そんなミノキシジルタブレット2.5mgが1本100錠入りで3,400円、2本5,050円、3本7,000円で購入が出来ます。まとめ買いをするとよりお得ではないでしょうか。初めて海外から医薬品を購入されるという方も、お得に購入が出来るのなら安心して利用が出来ますね。

また、オオサカ堂は20年以上の歴史ある個人輸入代行サイトとなっておりますので、安心と信頼の個人輸入代行サイトとなっておりますので、初めての方も利用しやすいのではないでしょうか。  

oneclck.net

ミノキシジルタブレットの副作用

ミノキシジルタブレットとは、有効成分にミノキシジルを含有している医薬品です。ミノキシジルには血管拡張作用がありますので、血流改善がされて育毛効果も発揮してくれます。その為、脱毛でお悩みの方、薄毛の気になる方、育毛ケアをお考えの方におすすめの医薬品となっているのです。

ミノキシジルタブレットを服用して悩みやコンプレックスとなっている頭皮の問題を解消していきたいですね。そんなミノキシジルタブレットには気になる副作用はあるのでしょうか。調べたところ、ミノキシジルタブレットにはめまい、動悸、胸痛、痒み、顔のむくみ、血圧低下、心拍数の増加、浮腫、催奇形性、白血球減少症、血小板減少症、吐き気、嘔吐、心膜腔液貯溜などの症状が現れる場合があります。

その為、万が一ミノキシジルタブレットを服用していてこれらの症状を感じた場合には、速やかに服用を中止して、医師の診察を受けるようにしましょう。また、初めて服用される方は、日本での適応がありませんので、必ず医師や薬剤師に相談の上、服用をされるようにしましょう。 

oneclck.net

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

攻めのミノキシジルと守りのプロペシアで相乗効果

AGA(男性型脱毛症)の治療で使用される最強の発毛剤(育毛剤)として有名な成分が「ミノキシジルタブレット」になりますが、一般的な皮膚科や内科では処方されることはありませんので知らない人の方が多いかもしれません。
ミノキシジルタブレットは、発毛を促進させるためのAGA治療薬として、特に薄毛の症状がひどい方にAGAクリニックで処方される内服薬で、その発毛(育毛)効果の高さから多くの方が薄毛の悩みを克服しているのです。
後ほど詳しく解説しますが、AGA治療薬で有名なプロペシアは、発毛効果はそれほど期待できません。
なぜなら、プロペシアはあくまでも薄毛を食い止める治療薬になるからです。
そのため、劇的に髪の毛を増やしたいと言う場合は、発毛効果の高いミノキシジルタブレットが必須となってくるのです。
今回はAGA治療薬であるプロペシアと併用した方が良いミノキシジルタブレットについて解説していきたいと思いますので、プロペシアを飲んでいるけど、思うように薄毛が改善していないと言う方にプロペシアミノキシジルタブレットの併用効果の併用が効果的です。 

f:id:participantlink:20190427224144j:plain

ミノキシジルとは

ミノキシジルとは、「発毛・育毛」効果の高い成分のことで、もともとは高血圧症の治療薬として使用されていた成分になります。
1970年代後半にアメリカで血管拡張剤として開発され、高血圧症の治療薬として使用されていましたが、その副作用に「全身の多毛症(Hypertrichosis)」を頻繁に起こしてしまうことが分かり、頭皮に対しての外用薬として臨床試験が実施されました。
その結果、頭部の脱毛症に有効と言うことが明らかとなったのです。
現代ではミノキシジル配合の発毛剤や、ミノキシジルタブレットなどがAGA治療に使われていて、外用薬内用薬共に高い効果があることからほとんどのAGAクリニックで取り扱いがあります。
つまり、ミノキシジルは「医薬品成分としての発毛効果が認められている」と言うことです。
ミノキシジルは、正式に厚生労働省から発毛医薬品として認可されており、AGA(薄毛)改善の治療薬として幅広く使用されているのです。 

f:id:participantlink:20190712234015j:plain

ミノキシジルの効果

ミノキシジルの効果は、発毛(育毛)になります。
具体的に言いますと、細胞分裂を活性化させて髪の毛を成長させる効果があるります。
もう少し詳しく説明しますと、ミノキシジルは直接髪の毛の毛母細胞に働きかけ、毛母の細胞分裂を活性化させて、髪の毛の成長を早める働きをすると言うことです。
現在日本では、ノキシジルを配合した育毛剤「リアップX5プラス」が大正製薬から発売されています。
リアップX5プラスはミノキシジル含有量5%の育毛剤で、この数値はさまざまな臨床試験の結果最も日本人の体質に適していると言う数値になります。
ミノキシジルを5%配合した育毛剤を使用した実験をした結果、連続使用した場合で最低でも6ヶ月の期間を要すると言われております。
ちなみ、ミノキシジルを16%配合した発毛剤「フォリックスFR16 」もありますが、ミノキシジルの濃度が高くなったとしても地道な継続使用が必要で濃度が高くなったからと言って即効性がある訳ではございません。
また、ミノキシジル外用薬が効果を発揮するのは「頭頂部」のみで、額の生え際の「前頭部」には効果は確認されておりません。
基本的に人間の髪の毛には「毛周期(ヘアサイクル)」があり「成長期→退行期→休止期」の様になっていて、2~6年の期間をかけて成長し、やがて退行期を迎えて成長が止まります。
そして休止期を迎えて仮眠の毛は抜け落ち、再び新しい髪の毛が生え成長期になります。
しかし、AGAの場合はこの毛周期が「DHT(ジヒドロテストステロン)」に狂わされるため、全うに成長することができなくなってしまうのです。
DHTは、男性ホルモンであるテストステロンが「5αリダクターゼ(還元酵素)」と結合することによって生成される強力な脱毛ホルモンのことです。
このDHTが大量に生成されることで、AGAとなり髪の毛が失われ薄毛になってしまうのです。
つまり、DHTさえ抑制することができれば脱毛を防止するができます。
そこで活躍してくれるのが5αリダクターゼの働きを阻害してくれる成分「フィナステリド」です。
フィナステリドを主成分としたプロペシアを継続して服用することで、5αリダクターゼの働きを阻害してくれますので脱毛ホルモンであるDHTが生成されなくなります。
その結果、AGAの進行を防ぐことが可能となるのです。
また、DHTが抑制されることで正常なヘアサイクルに戻りますので、髪の毛は太く長く成長することが可能となります。
しかし、フィナステリドはあくまでも薄毛の進行を食い止める成分になりますので、発毛や育毛を促進させる効果のある成分ではありません。
そのため、発毛・育毛を促進させるためにミノキシジルが必要不可欠と言う訳なのです。
AGAクリニックでは、プロペシアミノキシジルの併用を推奨していて、ほとんどのクリニックでは2種類の内服薬を処方しています。

ミノキシジルプロペシアの併用が最強

ミノキシジルは上記でも言いましたように「発毛成分」になります。
一方プロペシアはAGAの進行を食い止める治療薬になります。
AGAの改善と言う意味では、プロペシアを服用すれば薄毛の進行を食い止めることはできますが、失ってしまった髪の毛を取り戻すことはできません。
しかし、ミノキシジルの効果をもってすれば、発毛を促進させて髪の毛の成長を早めてくれるので、薄毛が改善されるようになります。
つまり、ミノキシジルプロペシアの併用は最強と言うことです。
これはAGA治療の専門医も言っていることで、よりAGAに効果的な方法は、ミノキシジルプロペシアの併用処方になります。
AGA初期段階であれば、プロペシアの処方だけの場合もありますが、進行具合によってはプロペシアミノキシジル(外用)、さらに進行している場合はプロペシアミノキシジルタブレットの処方となります。
プロペシアでAGAの原因であるDHTを抑制し、ミノキシジルで発毛因子を刺激し、発毛を促し育毛を促進させることで薄毛が回復していくのです。
このように、双方の効果を同時に得ることで薄毛の悩みから解放されるのです。
プロペシアを服用しているけど一向にAGA(薄毛)が改善されないと言う場合は、ミノキシジルとの併用が効果的です。

最強の育毛剤ミノキシジルタブレット」が効果絶大

ミノキシジルは、上記で外用薬の育毛剤「リアップX5」をご紹介しましたが、外用薬よりも圧倒的に効果が高いのが服用タイプの「ミノキシジルタブレット」になります。
そのため、ほとんどのAGAクリニックではフィナステリド(プロペシア)とミノキシジルタブレットの併用を推奨していて、AGA治療で処方される内服薬は基本的にこの2種類になります。
ちなみにですが、ミノキシジル外用薬は頭頂部にしか効果を発揮しませんが、ミノキシジルタブレットの場合は頭頂部にも前頭部にも発毛(育毛)効果を発揮してくれます。
つまり、AGA治療に最強のコンビはフィナステリド(プロペシア)とミノキシジルタブレットと言うことです。
ただし、同じAGAでも前頭部の薄毛の場合は、頭頂部の薄毛とは原因が異なりますので注意が必要になります。
そのため、ミノキシジルタブレットを服用しても思うように薄毛が改善しない場合もあるのです。

ミノキシジルタブレットを服用しても思うように薄毛が改善しない場合もある

どういう事かと言いますと、AGAの原因はDHTになりますが、このDHTを生成する5αリダクターゼは実は2種類あるのです。
5αリダクターゼには1型と2型が存在し、頭頂部に多いのが2型5αリダクターゼで、前頭部に多いのが1型5αリダクターゼになります。
そして、フィナステリドが効果を発揮するのは頭頂部に多い2型5αリダクターゼだけになります。
つまり、前頭部の脱毛はフィナステリドでは完璧に防止できないと言うことです。
そのため、同じAGAでも前頭部の薄毛は改善しにくいと言われているのです。
ですから、ミノキシジルタブレットを継続して服用しても、脱毛を防止できなければ劇的な薄毛改善には期待できないと言うことなのです。
しかし最近は、1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼの両方の働きを阻害しくれる成分「デュタステリド」が登場し、厚生労働省の認可を受け実際に日本国内でも発売されるようになったのです。
ですからAGAでも頭頂部だけが薄毛の方の場合は「フィナステリド+ミノキシジルタブレット」で、前頭部が薄毛、もしくは前頭部も頭頂部も両方が薄毛と言う場合は「デュタステリド+ミノキシジルタブレット」が最強のコンビと言うことになります。
いずれにしても、劇的にAGA(薄毛)を改善するためには、発毛を促進させてくれるミノキシジルタブレットは必要不可欠と言うことになります。

ミノキシジルタブレットは前頭部にも効果を発揮してくれる

上記でも軽く触れましたが、ミノキシジルタブレットはAGAの中でも最も改善しにくいと言われている前頭部の薄毛にも効果を発揮してくれます。
つまり、額の生え際部分がハゲているいわゆるM字ハゲにも発毛効果があると言うことです。
ミノキシジルの外用薬であるリアップX5は、前頭部にそれほど効果を発揮しませんので諦めている方も多いと思いますが、服用タイプのミノキシジルタブレットでしたらM字ハゲ改善にも十分に期待できるのです。
ミノキシジルは毛母細胞を直接刺激し、髪の毛の発毛や育毛を促進させてくれます。
ミノキシジルタブレットは、体内で吸収され血液によって全身に運搬されますので、外用薬では効果を得にくい前頭部にもしっかりと有効成分が届きます。
そのため、生え際には効果を発揮しないと言う根拠がないのです。
要するにミノキシジルタブレットを服用することで額の生え際部分のハゲ対策も完璧にできると言うことです。

ミノキシジルタブレットは認可されていない

ミノキシジルタブレットは、絶大な発毛促進効果があります。
しかし、これだけ発毛効果があるにも関わらず「AGA治療薬として認可されていない」のが現状になります。
つまり、ミノキシジルタブレットは、あくまでも「高血圧症の治療薬」と言うことです。
そのため、原則として医師の処方のみでしか入手することができませんでしたが、最近では個人輸入でも購入することができるようになりました。

ミノキシジルタブレットを入手するには

ミノキシジルタブレット通称「ミノタブ」を入手する方法は2パターンあります。
①AGAクリニックで処方してもらう
個人輸入代行サイトで入手する
基本的にミノキシジルタブレットを手に入れる方法は上記の2つになります。

①AGAクリニックで処方してもらう 

一般的には、ミノキシジルタブレットの入手方法は「AGAクリニックで処方してもらう」方法になります。
上記でも言いましたが、ミノキシジルタブレットはAGA治療薬として世界的に認可されていない薬で、基本的には高血圧症の治療薬になるため扱いが非常に難しくなります。
そのため、しっかりと専門医の診察を受けて、あなたの薄毛にはミノキシジルタブレットが必要だと言う医師の診断が必要になります。
そして初めて処方してもらえるのが基本的にミノキシジルタブレットの入手方法になります。
しかもAGAクリニックでは、しっかりと血液検査等を行い、あなたの薄毛の細かい原因まで徹底的に調べてから、症状に合った治療薬を処方する必要があります。
その分どうしても料金が高額になってしまいます。

個人輸入代行サイトで入手する 

ミノキシジルタブレットの入手方法の2つ目は「個人輸入代行サイト」を利用するかたちになります。
個人輸入代行サイトも複数ありますが、全国的に有名で比較的安心できると言えばやはりオオサカ堂です。
ちなみにですが、オオサカ堂では海外正規品の医薬品を格安で販売していて、代行手数料も送料も全て無料になりますので意外と多くの方が利用しています。
特にプロペシアの価格は激安で、皮膚科や内科では最低でも10,000円はしますが、オオサカ堂でしたら半額以下の4,000円代での購入が可能となります。
オオサカ堂は設立20年以上になる個人輸入代行サイトの中でも老舗になりますので、信頼と実績があり多くの方が利用しています。
そのため、安全ではあると思いますがご利用の際は自己責任になります。

AGA治療の基本はプロペシアミノキシジルの併用

AGA治療と言えば、「プロペシアの内服療法」が一般的に認識されていますが、実はプロペシアだけでは改善しない場合があります。
なぜなら、プロペシアは脱毛ホルモンであるDHTの生成を抑制し脱毛を防止するための治療薬であり、発毛を促進させる効果には期待できないからになります。
もちろんプロペシアの服用だけで薄毛が改善したと言う方も居ますが、このようなケースは早期治療をはじめた方で、もともとハゲではなく若干の薄毛だった場合になります。
完全にハゲてしまっている場合は、プロペシアでDHTを抑制してもすでにハゲてしまっているためあまり意味がありません。
つまり、プロペシアはあくまでも「現状維持」と言うかたちの薬であると言うことになります。
現状細く弱々しくなっている髪の毛でも残っているのなら、DHT生成を抑制し、太く長い健康な髪の毛に成長させることは可能ではありますが、髪の毛が残っていない状態だとプロペシアだけで完全復活することは難しいと言えます。
ちなみにですが、AGAクリニックではなく皮膚科に相談した場合は基本的にプロペシアの処方しか行いません。
一方AGAクリニックに相談した場合はプロペシアミノキシジルの両方の処方を行います(状況によります)。
これは、プロペシアでAGAの原因であるDHTを抑制することと、ミノキシジルで発毛を促進させることが目的になるからです。
だからAGAクリニックに通院しているほとんどの方が早い段階で薄毛を克服しているのです。
つまり、プロペシアにはプロペシアの役割があり、ミノキシジルにはミノキシジルの役割があると言うことです。
以上のことから、プロペシアミノキシジルの併用がAGA治療の基本中の基本になると言うことが分かります。

プロペシアの特徴と役割について

改めてAGA治療薬であるプロペシアの特徴と役割について解説しておきたいと思います。
AGAと言われる男性型脱毛症がなぜ起こってしまうのかと言いますと、「男性ホルモンであるTH(テストステロン)が5αリダクターゼと結合することによってDHT(ジヒドロテストステロン)が生成され、DHTが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体(レセプター)と結合することでヘアサイクルが乱れ脱毛が起こる」と言うことになります。
以上のことからAGAの原因を作っているのはDHTと言うことが分かりますね。
そしてこのDHTを生成しているのが男性ホルモンであるテストステロンをジヒドロテストステロンに変換させてしまう5αリダクターゼになります。
つまり、5αリダクターゼの働きを阻害することができれば、脱毛を防止することができると言うことになります。
その役割を担ってくれるのが、プロペシア(フィナステリド)なのです。
プロペシアの主成分であるフィナステリドは、5αリダクターゼの働きを阻害してくれますので、DHTの生成を抑制させることができます。
プロペシアはDHTを減らし、毛根を守ってくれる薬になりますのであくまでも現状維持のための治療薬と言うことになります。
そのため、プロペシアを服用することで今以上に髪の毛が減ることはないのです。
また、薄毛の症状が軽い場合はプロペシアを服用すれば薄毛が復活する場合もあります。
これがプロペシアの特徴と役割になります。

ミノキシジルの特徴と役割について

ミノキシジルは、プロペシアとは逆に「発毛効果」のあるAGA治療薬になります。
ミノキシジルは、皮膚科や内科で処方されることがないためその存在自体を知らないと言う方の方が多いと思います。
ミノキシジルと一口に言っても、服用タイプのミノキシジルタブレットと、外用タイプの育毛剤があります。
主にAGAクリニックで処方されるのは服用タイプのミノキシジルタブレットで通称「ミノタブ」になります。
ミノキシジルは、もともとは高血圧の治療薬として開発された医薬品なのですが、服用した患者に「全身の多毛症」と言う副作用が見られたため育毛剤としての研究が進み、AGA治療に利用されるようになりました。
それを外用の育毛剤として開発されたのが大正製薬から販売されている「リアップX5」なのです。
他にもロゲインなども有名ですが、人気はテレビCMでお馴染みで安心感のあるリアップX5になります。
ミノキシジルの特徴は、血管を拡張させ毛根への血流を改善させることで髪の毛の成長に必要な栄養素を届きやすくすることになります。
血行不良は薄毛の原因の一つになります。
また、ミノキシジルはただ血管を拡張させるだけではなく、ミノキシジル特有の発毛を促進させる効果がありますので、その他の高血圧治療薬とは訳が違います(ミノキシジル以外の高血圧治療薬全てに発毛効果はありません)。
実際の研究でミノキシジルは毛乳頭細胞に直接作用し、発毛に必要な成長因子を分泌させることで髪の毛の成長を促進させることが明らかとなっています。
つまり、ミノキシジルは脱毛を防止する守りのプロペシアとは全く逆の効果を発揮する薬で、攻めの薬と言うことになります。
ちなみにですが、ミノキシジルは内服薬(ミノキシジルタブレット)と外用薬(育毛剤)とがあると言いましたが、発毛効果育毛効果共に効果が高いのは服用タイプのミノキシジルタブレットになります。
リアップX5などの育毛剤タイプのミノキシジルは効果が弱い分副作用の心配は少なくなりますが、リアップX5では効果がない場合もあります。
育毛剤だと薄毛の状態によっては物足りない場合もありますが、薬ばかり飲みたくないと言う方や、副作用を気にされる方はまずはリアップX5のような育毛剤タイプとの併用から試してみると良いと思います。

プロペシアミノキシジルを併用した方が良い3つの理由

それではプロペシアミノキシジルを併用した方が良い3つの理由をご紹介していきたいと思います。

理由①プロペシアだけでは髪の毛は生えないから併用が良い

上記で説明した通り、プロペシアは発毛を促進させる効果のある治療薬ではなく、脱毛を防止する役割の治療薬になります。
そのため、プロペシアに発毛効果は期待できないと言うことです。
プロペシアを服用することで弱っている髪の毛が、健康な状態となり太く長く成長をはじめますので、多くの方はプロペシアを飲むと髪の毛が生えると勘違いしていますが、実際はプロペシアに発毛効果はありません。
初の服用タイプの育毛剤ということで注目されましたので「プロペシア=発毛(育毛)効果」と思われている方が多いと思いますが、期待して服用するとガッカリしてしまう場合がほとんどです。
ちなみにですが、プロペシアの発毛率はほんの数%しかありません。
臨床試験で全体の約6割の方がプロペシアで薄毛が改善したというデータがありますが、これは軽度改善や中程度改善のケースも含まれています。
つまり、プロペシアの服用で劇的に髪の毛が増えた人ばかりではなく、ちょっとだけ髪の毛が増えた場合でも一括りにして「改善」としているのです。
このような発表があると、多くの方の薄毛が改善したかのように受け取ってしまうと思いますが、実際はそうではなく劇的に改善した人はほんの数%になります。
そのため、AGA治療をはじめるならプロペシアで抜け毛を防止しながら発毛効果の高いミノキシジルを併用した方が良いのです。

理由②ミノキシジルだけでは脱毛を防げないから併用が良い

プロペシアは脱毛を防止する役割で、ミノキシジルは発毛を促進させる役割と言うことは理解していただいていると思います。
ミノキシジルは服用タイプの方が効果は高いのですが、外用タイプの育毛剤でもプロペシアよりも圧倒的に発毛効果が高くなります。
そのため「ミノキシジルだけでも十分髪の毛が生えるんじゃないの」と考える人が居ます。
少しでも治療費を安く抑えたいという理由から、上記のような考えに至るケースが多いのですが、ミノキシジルは発毛効果はあるけど脱毛を防止する効果がないと言うことを忘れないでください。
そもそもAGA(薄毛)の原因は、ヘアサイクルを乱してしまうDHTにあります。
つまり、このDHTを抑制しない限り髪の毛はなくなるまで抜け続けると言うことです。
しかもミノキシジルではこのDHTの生成を抑制することはできません。
ですから、ミノキシジルで髪の毛の成長を促しても、結局後ろからDHTがやってきて髪の毛を抜け落ちさせてしまうのです。
そのため、AGA治療をはじめるならプロペシアで抜け毛を防止しながら発毛効果の高いミノキシジルを併用して発毛を促した方が良いのです。

理由③プロペシアとフィナステリドの併用でお互いの欠点を補える

プロペシアは脱毛を防いでくれますが発毛を促す効果がありません。
ミノキシジルは発毛を促進させるけど脱毛を防ぐ効果はありません。
お互いに欠点がある治療薬ではありますが、それぞれを併用することでお互いの欠点を補うことが可能となります。
また、それぞれの役割を効率よく発揮できるようになりますので、AGA治療においてプロペシアミノキシジルの併用は基本中の基本であり最強と言えるのです。
そのため、AGA治療をはじめるならプロペシアで抜け毛を防止しながら発毛効果の高いミノキシジルを併用した方が良いのです。

以上3つがプロペシアミノキシジルを併用した方が良い理由になります。お互いの欠点を補いながらそれぞれの役割を全うできるため、AGA改善までの道のりが最短になります。一刻も早く薄毛を改善したいと言う方は、このプロペシアミノキシジルを併用した方が良いでしょう。

薄毛予防の場合はプロペシア単独でも効果あり

今現在薄毛ではないけど、将来的にハゲたくないと言う方は予防目的でプロペシアの服用をしましょう。
プロペシアの主成分であるフィナステリドは、AGAの原因であるDHTを生成してしまう5αリダクターゼの働きを阻害してくれる効果があります。
つまり、薄毛の進行を食い止める効果に関してはプロペシアは最強と言うことです。
そのため今現在は薄毛ではないけど、
①親族に薄毛の人が居る(特に母方の祖父に注意)
②最近抜け毛が増えてきた(シャンプー時に髪が抜ける)
③最近と薄くなってきた気がする
このような状況の方は、薄毛予防のためにプロペシアを単体で服用してみても良いと思います。
ハゲてからでは手遅れになる場合もありますので、ハゲる前に手を打つ人も少なくありません。
ただし、既にある程度薄毛になっているケースで、AGAが進行している場合はプロペシア単体では物足りない場合もありますので、ミノキシジルを併用した方が良いでしょう。
自分の頭部の状態をチェックしても自分で判断できないと言う場合は、AGAクリニックの無料カウンセリングなどを活用して相談してみるのもおすすめです。

プロペシアミノキシジルの併用でAGAが改善しない場合の対処法

プロペシアミノキシジルを併用しているにも関わらずAGAが一向に改善しないと言う場合は正直焦りますよね・・・
このような場合に考えられることは「栄養不足」もしくは「睡眠不足」になります。
まず、プロペシアは脱毛防止効果、ミノキシジルは血管拡張で血流改善になりますが、抜け毛を防ぎ血流を改善したところで髪の毛の成長に必要な栄養素が不足していると期待通りに髪の毛が成長しない場合もあります。
そのため、髪の毛の成長に必要な栄養素をしっかりと摂り入れる必要があるのです。
それから睡眠不足の場合も髪の毛の成長に悪影響を及ぼしますので要注意です。
なぜなら、髪の毛は寝ている間に成長しているからになります。
睡眠不足の状態だと、どれだけ効果のある薬を飲んでいたとしても効果を最大限発揮できない場合があるのです。
プロペシアミノキシジルを併用しているにも関わらず思うように改善しないと言う場合は、髪の毛の成長に必要な栄養素と睡眠時間をしっかりとるようにしてみてください。
それでも薄毛が改善しない場合は、プロペシアがきかない体質のかのうせいがありますので、以下の記事を参考にしてみてください。

ミノキシジルタブレット個人輸入

フィナステリド(プロペシア)やデュタステリド(ザガーロ)を服用しているにも関わらず、一向にAGAが改善しない、薄毛が治らないと言う方も少なくはありません。
なぜなら、フィナステリドもデュタステリドも脱毛を防止するための成分で、発毛や育毛を促進させる効果には期待できないからになります。
そのため、劇的な薄毛改善を求めるならば上記で紹介しましたミノキシジルの力が必要不可欠となるのです。
特にミノキシジルタブレットの発毛効果は絶大で、リアップX5などの育毛剤と比較しても圧倒的な発毛効果があります。
しかし、ミノキシジルタブレットはもともと高血圧症の治療薬であると言うことと、服用量によっては副作用のリスクが高まってしまいますので、まずは専門医の判断を得ることが安全に服用するための秘訣になります。
ミノキシジルタブレットに発毛効果があることは世界的にも認められていますが、AGA治療薬としては全世界で認可されていませんので専門医の判断が重要になります。
そのため、ミノキシジルタブレットの服用を検討していると言う方は、個人輸入で手に入れることをおすすめします。

まとめ

以上のようにミノキシジルは非常に発毛(育毛)効果の高い成分で、AGA治療には欠かせないものとなります。
しかし、皮膚科や内科ではミノキシジルタブレットの処方は一切ないのでその存在を知らない人が多いのも事実になります。
もし、プロペシアやザガーロを飲んでいるけどそれほど薄毛が改善していないと言うことでしたら、ミノキシジルタブレットを併用することで薄毛を改善することが可能になります。 

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

プロペシアとミノキシジルの併用効果

現在、発毛に有効性が認められている発毛剤は、2つあります。

ご存じの人も多いかもしれませんが、プロペシアミノキシジルです。

 

f:id:participantlink:20190713003416j:plain

 

プロペシアは抜け毛にブレーキをかける薬、ミノキシジルのほうは発毛を促進する薬という役割分担になります。

 

プロペシアは飲む薬だけですが、ミノキシジルには塗るタイプと飲むタイプがあります。

 

こういう実際に効く薬を処方できるところが、サロンにはないクリニックの強みと言っていいでしょう。

 

プロペシアのほうから説明すると、その有効成分はフィナステリド。

 

では、「その成分、そもそも何なの?」というと、男性ホルモンを抑える薬です。中年を過ぎた男性には、よく前立腺肥大という病気が起こりますが、その原因は男性ホルモンなのです。活性化した男性ホルモンに、ジヒドロテストステロンというのがあるのですが、これが前立腺肥大を起こすと言われています。

 

そして、同じ原因で起こるのが、男性型のハゲであるAGA。

 

プロペシアは、男性ホルモンを抑える前立腺肥大の治療薬だったのですが、これが脱毛にもブレーキをかけるというわけです。

塗り薬として有名だが、経口用もある「ミノキシジル

そしてミノキシジル。これは、たぶんプロペシアよりも多くの人になじみのある育毛剤ではないでしょうか。

 

というのは、市販されている『リアップ』の成分が、ミノキシジルなのです。日本では、大正製薬一般用医薬品として『リアップ』を売っていますが、海外では『ロゲイン』という商品名で売られています。

 

リアップはもちろん塗る薬ですが、クリニックに行くと、飲むタイプのミノキシジルもあります。一般には飲むプロペシアと塗るミノキシジルの併用が多いのですが、かなりイッてるハゲには、飲むミノキシジルが処方されることも多いです。

 

そして、塗るのと飲むのでは、飲むタイプが圧倒的に効きます。

 

では、そのミノキシジルとは何かというと、心臓病とか動脈硬化の薬として開発されたものなのです。

 

血管を拡張する作用があるので、頭皮の毛根にも、栄養が行き届きやすくなる。その血管拡張作用で、服用している人にみんな髪が生えてきたといいます。そういうことから、「育毛の薬としても使える」となったのが、そもそもの始まりです。

 

注意したいのは、プロペシアミノキシジルも、即効性が期待できる薬ではないということです。最低3カ月以上は続けて使うことが推奨されています。

 

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

発毛剤のザガーロとプロペシアのどう違い

プロペシアと同様にAGA(男性型脱毛症)治療薬として新たに注目を集めている新薬が、ザガーロです。

 

f:id:participantlink:20190509222201j:plain

 

ザガーロの主成分「デュタステリド」は、男性特有の病気であるBPH(前立腺肥大症)の治療薬としても効果を発揮する薬です。

BPH(前立腺肥大症)の治療薬としては、「アボルブ」という名前になり、泌尿器科などで処方されています。

AGA(男性型脱毛症)治療薬のザガーロは、元々は5α-還元酵素阻害薬(5αリダクターゼ)としてBPH(前立腺肥大症)の治療用に研究・開発されていました。

日本ではアボルブカプセル錠が2009年に承認されました。

5α-還元酵素阻害薬は、男性ホルモンの1種のDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑える効果がある薬です。

DHT(ジヒドロテストステロン) の生成を抑制することは、AGA(男性型脱毛症)にも効果が期待できると考え更に研究が進み、その結果としAGA(男性型脱毛症) 治療薬のザガーロが誕生し、2015年9月に承認されています。

 

 

AGA(男性型脱毛症)の治療薬ザガーロ 

f:id:participantlink:20190509222251j:plain


ザガーロは、「男性におけるAGA(男性型脱毛症)」を適応症として承認され、ザガーロカプセル0.1mgとザガーロカプセル0.5mgの2種類が承認されています。

ザガーロは1日に1回1錠を服用し、半年以上の長期間服用し続ける必要がある薬です。

基本は0.1mgを服用しますが、必要に応じて0.5mgを服用していきます。

半年間服用し続けた結果、男性型脱毛症の原因となる抜け毛に大きく関与している頭皮のDHT(ジヒドロテストステロン) の濃度が40~52%減少したデータがあります。

頭皮のジヒドロテストステロンの濃度が下がると、男性ホルモンによる強制的な抜け毛がなくなり、強くて太い本来の健康的な髪の毛が増えていきます。

5α-還元酵素阻害薬のザガーロ

f:id:participantlink:20190509222336p:plain


プロペシアもザガーロも、1日1回1錠ずつ服用します。

どちらの薬も5α-還元酵素阻害薬で、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を防ぎます。

プロペシアやザガーロを服用していくと、ヘアサイクルを正常に戻す事ができます。

 

f:id:participantlink:20190509222417j:plain


薬の効果で大きく違う点に、プロペシアの主成分フィナステリドは、5α-還元酵素2型の阻害薬であることに対して、ザガーロのデュタステリドは1型・2型両方共阻害します。

5α-還元酵素の1型と2型の比較

f:id:participantlink:20190509222446p:plain

5α-還元酵素1型

主に皮脂腺部分に多く存在する

5α-還元酵素2型

主に毛乳頭部分に多く存在する

 

この5α-還元酵素は人によって多い・少ないがあり、5α-還元酵素の活性を持つ遺伝子は優性遺伝することも分かっています。

これらの要因により、親が薄毛の場合、子どもも薄毛になりやすくなるのではと推測されています。

AGA(男性型脱毛症)の治療においては、毛髪に直結した部位に注目が集まりますが、上記の部位以外にも5α-還元酵素は、精巣や前立腺にも存在しています。

前立線の5α-還元酵素を阻害する結果、前立腺の肥大化を抑える効果が生まれてきます。

プロペシアとザガーロの副作用

 

f:id:participantlink:20190509222533p:plain


プロペシアとザガーロの主な副作用は、どちらもED(勃起不全)や性欲減退など、男性器に関連した症状が主な副作用となり、似たような症状となっています。

男性ホルモンは主に睾丸で生成されます。

この生成自体を抑える抗アンドロゲン剤と異なり、5α-還元酵素阻害薬は生成される男性ホルモン量は変わりませんが、より強力にパワーアップ(ジヒドロテストステロンに変換)されるのを防ぎます。

成長期の男児にDHT(ジヒドロテストステロン) が不足してしまうと、男性が男性らしい体つきに成長する事に大きく影響している男性ホルモンの力が弱まるため、生殖機能の成長に大きな悪影響が出ます。

そのため、成長期の子どもがザガーロなどの5α-還元酵素阻害薬を誤飲してしまうと、大きな問題になってしまいます。

プロペシアとザガーロの比較

 

f:id:participantlink:20190509222618p:plain

 

プロペシアの主成分フィナステリドは、5α-還元酵素2型の阻害薬として、AGA(男性型脱毛症)の治療で使われています。

ザガーロは1型と2型両方の5α-還元酵素を阻害します。

AGA(男性型脱毛症)治療においては、5α-還元酵素2型を主に阻害することで、頭頂部の抜け毛予防につながります。

特化型のプロペシアに対して万能型のザガーロとなり、どちらの薬もAGA(男性型脱毛症)治療においては効果的となっています。

ザガーロの主成分デュタステリドは、もともとはBPH(前立腺肥大症)の治療薬として開発されていた経緯もあって、AGA(男性型脱毛症)治療だけでなく、BPH(前立腺肥大症)の治療にも使わている点が大きく異なっています。

BPH(前立腺肥大症)の治療においては、前立腺で男性ホルモンがDHT(ジヒドロテストステロン) へと変換されることを防ぐため、50代で30%、60代で60%とも言われる男性なら極めて高確率で罹患するBPH(前立腺肥大症)のものを治療し、前立腺の肥大化を防ぐだけでなく長期間の服用で徐々に小さくしてくれます。

デュタステリドのBPH(前立腺肥大症)への効果

f:id:participantlink:20190509222655p:plain

ザガーロの主成分デュタステリドには、加齢とともに肥大化していく前立腺を縮める効果があります。

同じ5α還元酵素阻害薬のプロペシアにも同じ様な効果があるのではと言われていますが、2018年の時点では厚生労働省に適応症として認められていません。

日本泌尿器科学会においても、プロペシアの主成分フィナステリドを処方する場合は、適応症外のため保険適用外となっています。

デュタステリドは、中度~重度のBPH(前立腺肥大症)患者に、強く処方を勧められる薬となります。

この適応症の差が、フィナステリド(プロペシア)とデュタステリド(ザガーロ)の大きな違いと言えます。

ちなみにデュタステリドがBPH(前立腺肥大症)の治療薬として処方される場合は、日本国内では「アボルブ」という名前で販売されています。アメリカやイギリスなど欧米では「アボダート」という名前で流通しており、どちらも同じ薬です。

アボルブや欧米版のアボダートも、ザガーロと同じ1錠にデュタステリドが0.5mgもしくは0.1mg分が含まれているため、AGA(男性型脱毛症)治療でザガーロを服用している方は、長期間服用し続けていけば、将来的な前立腺肥大症のリスクも同時に軽減することができるのです。そのため、40代以降でAGA(男性型脱毛症)治療を検討している方は、長期間の服用で前立腺肥大症のリスクも軽減できるため、ザガーロの方がオススメと言えます。

また既に前立腺肥大化の治療でアボルブを服用している方は、AGA(男性型脱毛症)治療の効果も期待できるのです。

フィナステリドの可能性 

プロペシアの主成分フィナステリドは、BPH(前立腺肥大症)への治療効果について明確な研究結果が示されてはいないため、現時点では何とも言えないのが実情です。

しかし、ザガーロと同じ5α還元酵素阻害薬であることに変わりらはないため、薬を服用していない方よりは、少なからずの好影響を与えているのではと推測できます。

事実、海外ではBPH(前立腺肥大症)の治療薬としてプロペシアの主成分フィナステリドが承認されている国もあります。

プロペシアをBPH(前立腺肥大症)の治療目的で服用するのは、日本国内では適切な治療方法ではありませんが、AGA(男性型脱毛症) 治療目的で服用している方には、BPH(前立腺肥大症)への好影響も同時に受けれることができ、一石二鳥となります。

ザガーロとプロペシアの比較

f:id:participantlink:20190509222732j:plainプロペシアはAGA(男性型脱毛症) 治療でのみ承認されている

ザガーロはAGA(男性型脱毛症) 治療薬とBPH(前立腺肥大症)の治療薬としての効果も承認されている

アボダート 

 

oneclck.net

日本国内では、主成分デュタステリドの薬が、ザガーロにアボルブと2種類ありますが、海外ではアボダートのみです。どれも名前が異なるだけで、同じ薬です。

事実韓国では、AGA(男性型脱毛症)治療薬アボダート(AVODART)として日本よりも早く2009年に承認されています。

イギリスやアメリカでは、BPH(前立腺肥大症)に関した治療でのみ承認されています。

つまり、ザガーロもアボルブも名前が異なるためややこしいですが、日本国内においては保険適用の有無くらいしか違いがなく、同じ薬という認識で問題ありません。

アボダートをまとめ買いでお得 

ザガーロは医薬品の通販サイトではアボダート(アボルブ)という名称で販売されています。

この名称は、BPH(前立腺肥大症)の治療薬の名前ですが、主成分も含有量も全く同じとなるため、AGA(男性型脱毛症)治療薬ザガーロとして服用しても全く問題ありません。

医薬品の通販サイトで販売されているアボダートは、まとめ買いで安く購入できます。

プロペシアと同様に、ザガーロ(アボダート)も長期間の服用し続けないと、AGA(男性型脱毛症)治療にはつながりません。

本気でAGA(男性型脱毛症)治療を検討しているのであれば、まとめ買いによる購入が経済的です。

最低でも半年間は毎日継続して薬を服用していきましょう。

効果のあらわれ方もプロペシアと同様で、初期脱毛によって髪の毛の育毛サイクルを一度リセットさせてから、新たな活力を秘めた力強い髪の毛へと生え変わっていきます。

アボダート個人輸入 

f:id:participantlink:20190509222825g:plain



ザガーロは日本国内では処方箋薬のため、医師の診察を受けないと購入できません。

しかし、ザガーロと同成分のアボダートであれば医薬品の通販サイトの利用で、手軽に安価でネットから注文できます。

個人輸入は一見難しそうに感じられますが、個人輸入代行サイトのオオサカ堂を利用すればとても簡単にフィンペシアを購入できます。

個人輸入代行サイトは購入者と薬の販売元を結んでくれる存在です。

言語の壁や複雑な手続きを取り払ってくれるため、一般的な通販と同じ感覚で欲しい商品を選ぶだけで購入可能です。

 

1、買い物カゴへ入れる
2、購入画面へ
3、フルネーム・住所・電話番号・性別などを入力
4、購入決定し、支払い方法を選択
5、決済したら発送通知を待つ
6、商品が自宅に届く

 

このようにごくシンプルな手順で購入可能です。

ひとつ気をつけておきたいのが、商品は海外から発送されるということです。

手元に届くまでに約5~10日 かかるので、薬の服用ペースを確かめたうえでゆとりを持って注文する必要があります。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

 プロペシアの効果が出るまでの期間

プロペシアとは、一般名フィナステリドと呼ばれ米国メルク社が開発し、現在すでに世界60カ国以上で承認されている世界で初めて医師が処方する1日1回の内服による男性型脱毛症用薬(AGA治療薬)です。

日本では、MSD株式会社(旧:万有製薬)が2001年よりプロペシア臨床試験を開始し、2003年に厚生労働省へ承認申請をして2005年10月11日に製造販売承認を取得し2005年12月14日より国内にて「プロペシア錠0.2mg」と「プロペシア錠1mg」の2種類が発売開始されておりますが、ED治療薬と同様に薬価の無い薬価基準未収載薬であるため、どこの医療機関に行っても健康保険適用外となり治療費は全額自費となります。有効成分は「フィナステリド」、製剤名は「フィナステリド錠」、販売名である「プロペシア」はMSD株式会社の所有する商標登録名です。

剤形は上記画像のように円形で薄い赤色(ピンク色に近い)のフィルムコーティング剤で、大きさは直径7.2mm、厚さ3.5mmなのでかなり小さい錠剤です。画像は「1mg」です。「0.2mg」はこの画像よりも少し赤色が濃いのが特徴です。

 

プロペシア
5α-還元酵素Ⅱ型阻害薬
プロペシアは2型の5α-リダクターゼを阻害することで、男性ホルモンであるテストステロンがAGA(男性型脱毛症)の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)へと変換されるのを防ぐ、国内初の内服用AGA治療薬です。

 

f:id:participantlink:20190611222402j:plain

f:id:participantlink:20190611222412j:plain

f:id:participantlink:20190611222421j:plain

 

oneclck.net


主要有効成分:フィナステリド
効果範囲:5α-還元酵素Ⅱ型阻害
形状:錠剤
種類:0.2mg/1mg
主なジェネリックフィンペシア
添加物:結晶セルロース、乳糖水和物、部分アルファー化デンプン、デンプングリコール酸ナトリウム、ジオクチルソジウムスルホサクシネート、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、ヒドロキシプロピルセルロース、酸化チタン、タルク、三二酸化鉄、黄色三二酸化鉄、カルナウバロウ

 

oneclck.net

 

男性型脱毛症は、男性ホルモンの過剰な活性化と遺伝的な要因が組み合わさって起こり、生活の質を低下させます。

主成分であるフィナステリドは、男性ホルモンの活性化に関わる5α還元酵素という酵素タンパク質の働きを止めて男性ホルモンの活性を下げ、脱毛を防ぐ効果を示します。
男性型脱毛症は、思春期以降の男性に起こる頭髪の脱毛症です。

 


薄毛は、特に若い人は外見上の大きな悩みのもとであり、生活の質を下げます。男性型脱毛症は、男性ホルモン反応性に遺伝的な問題がある人に起きやすいとされています。
フィナステリドは、男性ホルモン活性化に関わる酵素タンパク質5α還元酵素(5αリダクターゼ)の働きを低下させ、男性ホルモンの生理作用を弱めます。
男性ホルモンであるテストステロンは、精巣でつくられたあと、頭皮の細胞にある5α還元酵素によってジヒドロテストステロンという化合物に変換されます。

f:id:participantlink:20190611222247j:plain

ジヒドロテストステロンは活性化した男性ホルモンで、頭髪を作り出す毛母細胞の細胞分裂を止めるので、新しい毛髪ができません。頭髪が増えないのに、寿命がきた毛髪の脱毛だけが進むので、薄毛が起こるのです。
フィナステリドは、もともとは前立腺肥大症の治療薬を開発する過程で得られた薬です。

前立腺は男性ホルモンにより大きくなる臓器で、男性の尿道を取りまいています。

必要以上に男性ホルモンが活性化すると、大きくなった前立腺尿道を狭くして尿が出にくくなる前立腺肥大症という病気が起こります。フィナステリドは、5α還元酵素の働きを低下させて前立腺を小さくする効果が期待されましたが、その過程で男性型脱毛症の進行を止めるアイデアが生まれたのです。
ただし、フィナステリドは、男性ホルモンが関与しない脱毛症(例えば円形脱毛症)には効果はないと考えられています。

円形脱毛症は免疫細胞による毛母細胞の攻撃が原因と考えられており、免疫抑制薬を用いた治療法の研究開発が行われています。
フィナステリドはプロペシアという商品名で発売されました。

製品アピールの一環として、男性型脱毛症の略称であるAGA(androgenetic alopecia)の認知度を高めるための広報活動も行いました。

脱毛というネガティブな要素を持つ表現をAGAというアルファベットに置き換えるというアプローチは、性機能障害におけるEDと同じく、これまで表立って語りにくかった悩みをオープンに話せるようにする効果があったと思われます。
なお、プロペシアには健康保険が適用されず、薬剤費は全額自己負担です。

これは、薬剤の使用目的が病気の治療ではなく、頭髪という外見を整えるための美容的な使用を目的と認識されているからです。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

ミノキシジルの効果が出る期間

ミノキシジルの魅力は、発毛と脱毛の予防を同時に行ってくれる点です。
基本的には発毛や育毛に関する対策は脱毛作用と別々に分けて考えなければいけません。
発毛や育毛を促す薬と、脱毛作用を抑える薬を併用して頭皮の状況を改善していくことが普通だからになります。
一方で、ミノキシジルに関しては一つの成分で二つの作用を同時に発揮してくれるため、面倒な対策を行わなくてもいいのです。
ミノキシジルは、既に世界各国の約90以上もの国で認められている効果の高い成分になります。
誤解をしてはならないのは、ミノキシジルは製品の名前ではなく成分の名前であるということです。
この成分が含まれている医薬品を利用すれば、頭皮に対する発毛や脱毛の進行を予防することができるのです。
個人輸入なら安価でAGA治療を行うことができるので、ミノキシジルが配合されている治療薬を通販ですと安価に手に入れることが可能です。

 

f:id:participantlink:20190712234015j:plain

 


ミノキシジルの効果

ミノキシジルは、乱れている患者の頭皮のヘアサイクルを元に戻すことを目的として開発されたものです。

f:id:participantlink:20190713003416j:plain

作用機序としては、毛包という部分に直接的に作用し、頭皮に存在している細胞の活動を活発化させ、髪の毛の育毛や発毛に重要なたんぱく質の合成を促進させる作用が存在します。
人間の体毛には、ヘアサイクルという周期が存在します。
これは、髪の毛に限定されず人間の体毛であるのならば例外なく存在し、このサイクルが乱れると人間は脱毛症になってしまいます。
アサイクルは、成長期、退行期、休止期の三つに分けることができ、これらの周期は数ヵ月から長ければ数年という周期で繰り返しています。
通常の人のヘアサイクルは、成長期から髪の毛の成長が止まって脱毛する休止期まで順調に周期を送った後、また成長期に帰ってきて発毛を行います。
多くの人は、体毛を放置しておいたとしても一定の長さまで成長するとそれ以上は成長しません。
これは、ヘアサイクルが正常に働いている証拠でもあります。
成長期を過ぎて退行期に向かうと、正常なヘアサイクルの人はその時点で体毛の成長が鈍化するため、次の発毛に向けて準備を始めます。
こうした綺麗なサイクルが存在する限りは、人間は脱毛症になりません。
頭皮の場合は、髪の毛は毛穴から成長を始めますが、頭皮に存在する全体の髪の毛の約8割近くは成長期の髪の毛であると考えられています。
つまり、本来の頭皮の髪の毛のバランスは成長期が8で、休止期や退行期が2のバランスでなくてはいけません。
この正常なバランスに戻すことがミノキシジルの作用機序です。
ミノキシジルには、頭皮に存在する細胞の活性化によって細くなった髪の毛がどんどん太くなっていく作用機序があります。
毛髪の成長は毛包の働きによるところが大きく、ミノキシジルによって毛包が活性化すると自発的な力によって髪の毛の成長を活性化させる作用機序が働きます。
薄毛の人は髪の毛が軟化して細くなりますが、ミノキシジルの効果によって毛包が刺激され、どんどんその状態を改善できるわけです。
こうした効果をミノキシジルの作用機序では、ディープグロース効果と言います。
毛包は、ヘアサイクルの中でも休止期に入ると急速に活動を弱くさせてしまいます。
アサイクルがおかしくなってしまうと、休止期から成長期に向かうことができないようになります。
ですから、休止期に入って活動を低下させている毛包の働きもずっと弱いままになってしまい、この影響によって自然と髪の毛の脱毛数が多くなります。
そのため、ミノキシジルを使うと毛包の働きが復活して、効果の高い発毛や脱毛の予防を実感できるわけです。
また、ミノキシジルは血流の動きを良くする効果も確認されています。
そもそも、ミノキシジルは元々血管の拡張作用を期待されて開発された成分であるため、血管の拡張作用に関しては開発の段階から予想されていたことです。
そのため、血圧を若干変化させる作用も開発段階から存在します。
血流や血圧の状況を変化させることは、髪の毛の成長にとって重要なポイントであると考えられています。
これは、髪の毛に必要な栄養分が血液の流れに乗ってやってくるからです。
血流や血圧が正常でないケースでは、体内に十分な栄養分を運ぶことができなくなってしまいます。
特に、血圧の状態はとても重要で、血圧が正常値でない場合には血流の動きも自然と悪くなるので、ミノキシジルでこのポイントを改善することも非常に重要です。
ミノキシジルは、錠剤ではなく患部に塗布するタイプのものであるため、身体全体に対する血流や血圧の改善を求めるわけではありません。
ポイントを絞って状態を改善することを目的としていますので、効果が高く効率的であるというメリットがあります。
発毛と脱毛の予防が同時にできるのも、ミノキシジルの効率的な効果によるところが大きいです。

どのような症状に効果がある?

ミノキシジルの効果は、壮年性脱毛症という症状に対して発揮します。
壮年性脱毛症は、通常の人と比較するとヘアサイクルの間隔が短くなっている症状のことを意味します。
正常なヘアサイクルの人は、1日で脱毛する本数はだいたい50本から100本程度で収まるのですが、壮年性脱毛症になってしまうとそれ以上の脱毛数になります。
髪の毛は、脱毛したとしても正常なヘアサイクルであるのならばすぐに発毛を開始しますので何の問題もありません。
しかし、壮年性脱毛症の場合にはヘアサイクルがそもそも乱れている状態なので、一度大量に髪の毛が抜けてしまうとその後の発毛を期待することができないという難点が存在します。
壮年性脱毛症を見極めるポイントとしては、毛髪が柔らかくなる点が挙げられます。
人間の髪の毛は、成長期に毛髪が成長すると強くしなやかな毛髪に成長します。
一方で、成長期に十分な成長ができず、そのまま退行期や休止期に向かってしまう毛髪の場合は、髪の毛が弱くて柔らかい状態になってしまいます。
髪の毛は頭皮の毛穴から成長しますので、細くて弱い髪の毛になってしまうと毛穴で髪の毛を支えることができなくなり、自然と抜け毛も大きくなります。
こうした状況は、毛包のミニチュア化という表現で言い表されます。
成長期の毛包が成長することなくヘアサイクルが進んでいくと、後のサイクルにも大きな影響を与えて頭皮に存在する髪の毛がほとんど弱くなってしまいます。
成長期が8で退行期や休止期が2という髪の毛のバランスを取れなくなってしまうわけです。
こうなると、ミノキシジルによる医薬品の対策しか効果を発揮できません。
壮年性脱毛症のタイプは一つではなく、ミノキシジルを利用する際には患者がどのタイプに属しているのかを分別しなくてはいけません。
一般的に、壮年性脱毛症はI型からVI型まで存在しますので、表を見比べて患者自身で頭皮の状況がどのようになっているのかを確認する必要があります。
脱毛症が初期の状態から中期の状態に移行するまでの流れも異なるので、それぞれ比較検討することが重要です。
また、脱毛症の見極めは男性だけではなく女性にとっても重要です。
基本的に、育毛剤や発毛剤というのはヘアサイクルへの影響を考慮して男性に対して開発されることが多いのですが、実はミノキシジルに関しては女性も使うことができるメリットがあります。
これは、他の発毛剤や育毛剤と大きく異なっている利点の一つです。
女性も、壮年性脱毛症を起こすことがありますので、症状が出ているときには適量を利用することで症状を改善できます。
ただ、女性の場合は男性と違って頭頂部を中心に脱毛する傾向が強いので知っておくとわかりやすいです。
男性の場合はI型からVI型の壮年性脱毛症に分けることが可能でしたが、女性の場合にはそうした分け方がありません。
例えば、男性の場合は前頭部の生え際の後退などはわかりやすい脱毛症の症状なのですが、女性の場合にはこうした症状を確認できません。
頭頂部から全体に薄毛が広がっていき、最終的には地肌が見えるようになるので覚えておきましょう。
男性用と女性用のミノキシジルの用量に関しては医薬品ごとに確認することがとても大切です。
女性も壮年性脱毛症になるとは言っても、男性と比較すると症状が軽いことが多く、男性と同じだけの用量を使う必要がありません。
どうしても用量に関してわからない場合には、医師に相談することで適切な量を教えてもらうことが可能なので、迷うときは相談することも大切です。
壮年性脱毛症の抜け毛は、日常生活のストレスや仕事と異なって患者の男性ホルモンのバランスやそれによる脱毛を促進させる物質の影響が強いです。
そのため、男女で一緒に考えずにその人の身体的な状況を加味して、最もミノキシジルの効果を体感できる製品を選択することが重要です。

どれくらいの期間で効果を実感できる?

ミノキシジルを利用して発毛や脱毛作用の予防の効果を実感するためには、ミノキシジルの継続的な長期投与が不可欠になります。
臨床試験の評価や医師の評価として利用されている期間としても、24週と52週という期間が用いられています。
つまり、使用期間に関してはだいたい半年から1年程度の継続的な期間で効果を実感できます。
なぜ半年から1年程度の使用期間で効果を実感できるのでしょうか。
これは、継続的な使用とヘアサイクルの期間に関連性があるからです。
髪の毛のサイクルは、数日から数週間という短い期間で成り立っているわけではなく、そのほとんどは数ヵ月から数年という単位で成り立っています。
そのため、ミノキシジルで効果を体感するためにはヘアサイクルに合わせた継続的な使用期間に設定しなくてはいけません。
仮に、ミノキシジルを含んだ医薬品をクリニックで処方してもらった際には、一般的には4週間ごとにそれぞれの項目に合わせて効果を見ていくことが普通です。
評価としては著明改善、中等度改善、軽度改善、不変、悪化の5つの評価が与えられます。
この4週間後のデータを見ていって、将来的に効果を実感できる期間がだいたい半年から1年ということになっています。
これは、臨床試験の段階で統計的なデータとしても結果が出ていますので信用性は高いです。
半年までミノキシジルを使用し続けた患者とそうではない患者の間では効果に大きな差が存在し、それからさらに継続的に利用し続けていくことによって実に約9割以上の患者が効果を実感できたと回答しています。
効果の実感としては、脱毛作用を抑えることができたという結果と髪の毛を増やすことができたという二つの結果から確認していかなくてはいけません。
例えば、髪の毛の本数が増えたことに関しては、1平方センチメートルあたりにおいて、使用してから4週間後に約1本ずつの割合で髪の毛が増えていくことがわかっています。
これが倍の8週間後には19本から20本となり、半年間の24週間が終わるころには約22本にまで増えていきます。
1平方センチメートルあたりでこれだけの本数が増えるので、全体傾向で見るとかなりの本数が増えていることを確認できます。
また、本数が増えるのと同時に太さが変わっていくのも確認することができます。
太さの確認に関しても1平方センチメートルで見ていくことが大切で、使用期間が半年を超えると見た目の太さは大きいと2倍程度にまで跳ね上がります。
本数が増える上に太さも大きくなることが立証されています。
このように、ミノキシジルの効果を実感するための期間としては最短でも半年間は見ておくことが重要です。
医薬品の中に含まれているミノキシジルの用量はかなり異なりますので、どの製品が頭皮に合っているのかを確認することも大切です。
特に、長期的にケアを続けていこうと考えている場合には含まれている量によって医薬品の価格が異なりますので事前に調べておくことです。



※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

ミノキシジルとダーマローラーで行う育毛メソセラピー

 脱毛の原因は、性ホルモンの影響やストレス、栄養不足と様々ですが、いずれも成長因子が不足し、毛髪の成長シグナルが止まってしまい、ヘアサイクルが正常に稼動していない状況です。

この原因を食い止めるためには、薄毛の原因となる「発毛成長因子」を補完し、止まってしまった成長シグナルを正常に戻すことが必要です。

f:id:participantlink:20210501185230j:plain

育毛メソセラピーの手順

・発毛成長因子の有効成分が浸透しやすいように頭皮に穴をあける

頭皮内へ直接、発毛成分を届けることができるため、より効果的な治療方法です。
高い効果をお望みの方、男性、女性を問わず、人気の高い治療方法です。

ダーマローラー

マイクロスパイクという極細の針が付いたローラーを皮膚の上で転がして穴をあけ、育毛成分を浸透率を高める方法です。皮膚には角質層がバリア機能として働くため有効成分が効率よく浸透しにくいですが、育毛ダーマローラーで穴をあければ有効成分がその穴から浸透して育毛剤の効果がより高く得られると考えられています。

美肌目的としてのダーマローラーは、真皮層のコラーゲンやエラスチンの生成を促す治療法であるため真皮の深い層まで針が届くように0.5mm~2.0mmほどの長い針を使用しますが、育毛用のダーマローラーでは有効成分の浸透を助けるためだけの長さでよいため、0.25mm~0.5mm程度の長さで十分です。そのため、皮膚へのダメージも少なく、痛みもほとんどありません。

homelink.web.fc2.com

AGA治療とは

AGAとは、Andorogenetic Alopeciaの略で、日本語では、「男性型脱毛症」と呼ばれています。

日本人の成人男性において約30%に認められる、頭髪の脱毛症状のことです。近年になってAGAの発症メカニズムが(分子レベルで)解明されるにつれて、治療の開発、治療法の開発などが進展し、医学による治療が大幅に進歩しました。これによって、AGA治療を行い、改善できる病態となりました。
男性ホルモンの作用
男性ホルモンであるテストステロンは、Ⅱ型5αリダクターゼの働きにより、DHT(ジヒドロテストステロン)に変換されます。このDHTが脱毛を誘発するTGF-βなどの因子を分泌させ、毛髪の成長が抑制される原因となるといわれています。

遺伝

AGAの原因には、遺伝的要素も大きいと考えるのが妥当なものの、これも男性ホルモンなどのバランスが親から子へと遺伝するためであり、「ハゲが遺伝」しているわけではなく結果としてAGAを引き起こす要因が遺伝してしまっているに過ぎません。
とはいっても、母親が薄毛の場合は4/3の確率で、父親がAGAなどで薄毛の場合は1/2の確率で子が薄毛になるというデータもあり、このデータからもAGAには遺伝的要素があることは明確なのかもしれません。

現代病(ストレス・生活習慣・栄養不足など)

いわゆる現代病はホルモンバランスや自律神経の働きを乱してしまい、発毛を阻害してしまうと考えられています。
規則正しくバランスの摂れた食生活は、体調はもとより頭髪や地肌の健康にとって重要 なファクター。
頭皮の栄養状態が悪くなると毛髪の栄養状態に直結してしまい、脱毛を引き起こす原因になってしまいます。

AGAの対策

現在、専門の医療機関にて行われている内科的治療としては、内服薬であるフィナステリドによるAGAの進行を抑制する方法と、ミノキシジルによる発毛を促進する方法が主流となっています。

フィナステリド

人体における男性ホルモンの作用を抑制する抗アンドロゲン薬の一種です。
もとは排尿障害などを起こす前立腺肥大症や前立腺がんに対して使用する薬として1991年に開発されましたが、その後1mg服用で男性型脱毛症(AGA) に改善の兆しが見られたため、1997年にFDAアメリカ食品医薬品局)によってAGA治療薬として認可されました。
日本では2005年に厚生労働省に 認可され、同年万有製薬(現在MSD社)より「プロペシア」の名で発売、AGA治療薬として医療機関にて処方されています。

フィナステリドの効果

AGAにおけるフィナステリ ドの効果は、AGAの最大原因のひとつとされる男性ホルモン 「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生成の抑制にあります。
DHTはAGAの脱毛因子であり、男性ホルモン「テストステロン」が酵素「5αリダクターゼ」によって変換されることで発生します。フィナステリドはこの5αーリダクターゼの働きを阻害し、テストステロンがDHTに変換されるのを防ぎます。

フィナステリドの副作用

フィナステリドは効果の高い医薬品であることから、副作用を起こす可能性もあります。
成分を同じくするプロペシアを1mg服用した場合、全体の5%程度の人に胃部不快感や性欲減退などの副作用が見られた他、さらに低い確率で勃起不全、精子減少などの症状が見られたとの報告があります。

しかし、割合でみてもわかる通り、副作用の発症 率は極めて低く、1mg/日の用量を守って服用していれば、ほとんど副作用の心配はいりません。
ただし、フィナステリドは成人男性のみ服用が認められている薬で、女性や未成年者は服用を禁じられています。

初期脱毛について

フィナステリドの初期脱毛のメカニズムは未だに不明な部分もありますが初期脱毛は発毛までの過渡期にあたるもではないかとの説が有力になっています。
フィナステリドを服用すると、脱毛が抑制されて再び正常なヘアサイクルに戻るため、それまで生えていた抜け落ちやすい毛髪が一時的に抜け落ちます。

これが、「初期脱毛」ですが、発毛へのプロセスの一環と考えると、初期脱毛は正確には副作用ではなく、フィナステリドが効いていることの証明になるといえます治療を継続すればその後抜け毛が減っていきます。
個人差がありますが、最初の1ヶ月ほどです。初期脱毛が起こらない方もいますが、発毛には特に因果関係はありません。


※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

攻めのミノキシジルと守りのフィナステリドの併用効果

薄毛は人によって頭頂部であったり、生え際であったりと場所が全然変わってきますが、ミノキシジルとフィナステリドを併用することでその多数の薄毛タイプをカバーすることができます。

例えば、頭頂部の薄毛。これは血管の詰まりによる血流不足が原因のことが多いと言われていますが、頭頂部は最も血管が集まる場所です。

そんな時はミノキシジルが効果的です。血管を拡張することで、血流不足を改善することができるからです。元々血管が多い場所ですから、その作用が一番期待できます。

では、前頭部の薄毛はどうなのかというと、これは原因がわかりにくいんです。

血流不足になりがちな場所ではあるのですが、DHTも発生しやすい場所なのでミノキシジルが有効かフィナステリドが有効が判断がつかない場合が多いです。

こういう場合に併用しておけば、前頭部の薄毛にも対応できるということになります。

どういうタイプの薄毛にも対応できるということから、調べてみると実は、日本でも日本皮膚科学会が治療データに基づいて推奨している発毛法となっています。

さらに海外の話になりますが、アメリカ医薬品局(FDA:日本の厚生労働省にあたるHHSに属している医薬品から食品、医療機器までを一括で管理している機関)でも併用は認められていることから、まさしく世界共通の発毛法といえます。 

f:id:participantlink:20190621023139p:plain

フィナステリドの効果

フィナステリドの効果は、5aリダクターゼを抑えて脱毛を防ぐことです。

DHTの生成を防ぎ、ヘアサイクルを正常に戻してくれるため、成長期が長くなります。

これに伴って髪自体も太くコシが出るため、頭皮が透けて見えることがなくなるのです。国内の臨床実験によると、1年で58%、2年で68%、3年で78%と飲み続けるほど改善効果が得られるという結果が出ました。

DHTは一度生成されるとヘアサイクルに影響を及ぼすため、途中でフィナステリドの服用をやめてしまうと効果が半減すると考えられます。フィナステリドによる5aリダクターゼの抑制は、脱毛のメカニズムを改善するものなのです。 

f:id:participantlink:20190621024354p:plain

ミノキシジルの効果 

ミノキシジルの効果は、フィナステリドとは全く異なります。もともと、ミノキシジルは高血圧患者の治療のために開発された薬品でした。

投与した患者に発毛効果が見られたために、薄毛治療薬として開発が進んだ背景はフィナステリドと似ています。

ミノキシジルの効果は毛根部分の血管を拡張し、血流を促進することです。

髪の毛は毛乳頭から栄養を受け取り、毛母細胞が分裂することによって成長します。

毛乳頭自身は血液によって運ばれてくる栄養を取り入れているため、血流が悪いと十分に栄養が髪に行き渡らず、成長できなくなるのです。

血管拡張作用のある薬はほかにもありますが、ミノキシジルはとりわけ発毛に効果的であることで知られています。
なお、ミノキシジルには外用薬と内服薬があります。

外用薬は頭皮に直接塗布するものですが、頭皮から浸透して残留する時間はそれほど長くなく、効果は一時的です。

対して、内服薬は血流に溶け込むため、持続的な作用が期待できます。 

f:id:participantlink:20190621024519j:plain

フィナステリドとミノキシジルの併用効果 

5aリダクターゼを抑制し、ヘアサイクルを改善することで脱毛を改善するフィナステリドと血管を拡張して血流を促進してくれるミノキシジル

この2つは相性がよく、併用することで相乗効果が期待できます。

フィナステリドによって正常に戻ったヘアサイクルで、ミノキシジルが髪の成長を強力にサポートしてくれるのです。

この場合、ミノキシジルは外用薬ではなく内服薬がいいです。

通常、医療において同じ効果のある薬を重複して使用することはほとんどありませんが、フィナステリドとミノキシジルはメカニズムが全く違うため、体への負担が小さいと考えられています。

実際にAGA専門クリニックや育毛サロンで2つを併用して治療を進めているところも多いです。

もし、現在片方だけ使用していて効果が感じられていないなら、併用を試してみる価値があります。 

f:id:participantlink:20190621024502p:plain 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

毛生え薬のミノキシジルを処方箋なしで個人輸入する方法

 ミノキシジル個人輸入は、厚生労働省のルールを守って行わなければなりません。

そのルールの1つが、一度に輸入する量の上限です。

本来なら、外用剤や処方せん薬という分類により、輸入の上限が決まります。

しかし、ミノキシジルには、成分自体に特別な決まりがあるのです。

以下、引用文より詳しく解説します。

 

ミノキシジルの含有量が5%を超えるもの(劇薬)は用法・用量からみて1か 月分以内、また、含有量が5%以下のものは用法・用量からみて2か月分以内であれば、税関限りの確認で通関可能です。
この範囲を超える場合は、薬監証明の取得が必要です。
出典:医薬品等輸入手続質疑応答集(Q&A)について 

 

f:id:participantlink:20190527010003g:plain

 

 

ミノキシジル外用薬の輸入量上限

ミノキシジルの濃度1%~5%の場合

輸入量の上限 2ヶ月分
60ml入りの商品に換算したときの本数 2本

ミノキシジルの濃度6%以上の場合

輸入量の上限 1ヶ月分
60ml入りの商品に換算したときの本数 1本

厚生労働省では、5%を超えるミノキシジルローションを劇薬に指定しています。

劇薬や処方せん薬は、一度に個人輸入できる上限が1ヶ月分までとされているのです。

例えば、10%のミノキシジルローションはここに含まれます。

1%や5%のミノキシジルローションであれば、2ヶ月分まで購入できます。

ミノキシジルローションの基本的な用量・用法は、1日2回、1mlの塗布です。

つまり、1日分の用量は2mlなので、1ヶ月(30日)分で60mlとなります。

多くのミノキシジルローションは、1本の内容量が60mlです。

ミノキシジル10%の商品なら1本、5%以下の商品なら2本までを1回の輸入量が目安となります。

個人宅でないと届かない

個人宅でないと商品が届かない理由を解説します。

個人輸入は、あくまで「輸入した本人が自分のために使う」ということで許可されています。

届け先が法人になると、個人が輸入したとみなされないため、輸入が許可されないのです。

ただし、利用する個人輸入の業者によっては、郵便局留めなら対応しています。

郵便局留めは自分の住所と氏名を使い、郵便局で本人確認をして受け取る方法です。

郵便局で荷物を預かってもらうだけなので、届け先を法人にするのとは扱いが異なります。

個人輸入で入手した医薬品は、転売はもちろんのこと、ほかの人へ譲ることも禁止されています。

個人宅に届けてもらい、個人で利用することを示す必要があるのです。

自宅に届けたくない場合、郵便局留めが利用できる個人輸入の業者を選ばなければなりません。

ミノキシジルの詳細

ミノキシジルとは、壮年性脱毛症における発毛と脱毛(抜け毛)の進行予防の効果が認められています。

ミノキシジルに発毛効果があることが分かったのは、1979年のことです。

その後、1988年にアメリカで厳密な臨床試験を経て有用性が確認され、医薬品としての発毛剤が誕生しました。

これまでに、世界90ヵ国以上で承認され使われています。

ミノキシジルが効果を発揮する壮年性脱毛症とは、AGAとも呼ばれ、ヘアサイクルにおける初期成長期に男性ホルモンが作用し、後期成長期毛と呼ばれる太い毛に成長せず、そのまま後退期毛を経て、休止期毛になることを繰り返すことにより、毛髪が薄く見える状態になる症状を言います。

ミノキシジルは薬の名前ではなく、成分の名前です。

ミノキシジルはアップジョン社(現Johnson&Johnson社)が開発し、高血圧症治療の内服薬の成分として1979年からアメリカで使用され始めましたが、治療中の患者に多毛が認められたことから、改めて外用の発毛剤の成分として開発が進められ、ミノキシジル配合の発毛剤が医薬品として承認されました。

ミノキシジルには、正常なヘアサイクルに戻す作用があります。

 

f:id:participantlink:20190725004521j:plain

ミノキシジル錠剤化のミノキシジルタブレット

血行促進効果があるミノキシジル、このミノキシジルを錠剤の形で固めたものをミノキシジルタブレットと呼んでいます。ミノキシジルタブレットには2つのタイプの錠剤があります。それぞれの錠剤の違いはミノキシジルの配合量で、5mg配合のものと、10mg配合のものの2つが存在します。
ミノキシジルタブレットでのミノキシジルの服用量は1日10mgまでと規定されており、10mgの錠剤を用いることで最大限の量のミノキシジルを摂取することができます。したがって、5mgと比較すると、10mgの方が効果も高いと言われています。ただし、後述しますが価格も5mgよりも10mgの方が高くなっています。
ミノキシジルタブレット(ミノタブ)はどこで購入できるの?海外からの個人輸入の値段
さて、このミノキシジルタブレット。実は日本の法律では市販することが認められていません。理由は詳しくは後述しますが、ミノキシジルタブレットにはさまざまな副作用が報告されているためです。とはいっても優れた発毛効果を持つミノキシジルタブレットを服用したいというのは薄毛で悩む人の切なる願いでもあります。
ではどのようにこのミノキシジルタブレットを入手するのかというと、AGAクリニックのような薄毛治療専門のクリニックを受診すると、医師から処方してもらうことが可能です。

ただ、AGAクリニックを受診すると、投薬治療だけでも、月数万円近い費用が掛かる場合もあります。このような費用負担を許容できない人は別のルートでミノキシジルタブレットを手に入れています。それが個人輸入という方法です。
個人輸入と言うのはその名の通り、個人で育毛剤を輸入する方法です。ミノキシジルタブレットは日本の薬局やドラッグストアでは販売が法律で禁止されていますが、海外のドラッグストアなどでは普通に販売されており、購入に医師の処方箋も必要ありません。
このようなミノキシジルタブレットが販売されている海外でミノキシジルタブレットを購入し、国内に持ち込んでそのミノキシジルタブレットを服用するというのが個人輸入です。
だからと言って、自分自身が海外に行く必要はありません。現在は個人輸入を代行する業者が多数存在しており、インターネットサイトを通じて個人輸入の代行を請け負ってくれているのです。
個人輸入代行サイトでミノキシジルの値段をチェックすると、その価格は5mgが100錠で2,980円、10mgが100錠で3,380円となっています。ミノキシジルタブレットを処方してくれる代表的なAGAクリニックの料金は5mgが28錠で7,840円、10mgが28錠で9,900円です。価格面では圧倒的に個人輸入に分があるのは明らかです。

 

oneclck.net

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

プロペシアとザガーロの効果の比較

プロペシアと同様にAGA治療薬として新たに注目を集めている新薬が、ザガーロです。ザガーロの主成分「デュタステリド」は、男性特有の病気である前立腺肥大症の治療薬としても効果を発揮する薬です。

前立腺肥大症の治療薬としては、「アボルブ」という名前になり、泌尿器科などで処方されています。

AGA治療薬のザガーロは、元々は5α-還元酵素阻害薬(5αリダクターゼ)として前立腺肥大症の治療用に研究・開発されていました。日本ではアボルブカプセル錠が2009年に承認されました。

5α-還元酵素阻害薬は、男性ホルモンの1種のDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑える効果がある薬です。

f:id:participantlink:20190614144624p:plain

DHTの生成を抑制することは、AGAにも効果が期待できると考え更に研究が進み、その結果としてAGA治療薬のザガーロが誕生し、2015年9月に承認されています。

プロペシアとは

5α-還元酵素Ⅱ型阻害薬

プロペシアは2型の5α-リダクターゼを阻害することで、男性ホルモンであるテストステロンがAGA(男性型脱毛症)の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)へと変換されるのを防ぐ、国内初の内服用AGA治療薬です。 

f:id:participantlink:20190614141235j:plain

f:id:participantlink:20190614141238j:plain

f:id:participantlink:20190614141242j:plain

主要有効成分:フィナステリド
効果範囲:5α-還元酵素Ⅱ型阻害
形状:錠剤
種類:0.2mg/1mg
主なジェネリックフィンペシア

添加物:結晶セルロース、乳糖水和物、部分アルファー化デンプン、デンプングリコール酸ナトリウム、ジオクチルソジウムスルホサクシネート、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、ヒドロキシプロピルセルロース、酸化チタン、タルク、三二酸化鉄、黄色三二酸化鉄、カルナウバロウ

ザガーロとは

5α-還元酵素Ⅰ型Ⅱ型阻害薬

ザガーロは2型だけでなく1型の5α-リダクターゼにも作用する、国内で2番目に承認された、内服型AGAです治療薬です。今まではAGAの治療としては2型のみを抑えれば良いと考えられていましたが、脱毛部位の毛包に1型も発現していることからAGAとの関係が示唆されています。頭頂部のみならず、前頭部にも強い発毛効果が見られることが特徴です。 

f:id:participantlink:20190614141712j:plain

f:id:participantlink:20190614141714j:plain

f:id:participantlink:20190614141718j:plain

主要有効成分:デュタステリド
効果範囲:5α-還元酵素Ⅰ型Ⅱ型阻害
形状:ソフトカプセル剤
種類:0.1mg/0.5mg
海外の承認商品:アボダート

添加物:ジブチルヒドロキシトルエン、中鎖モノ・ジグリセリド、ゼラチン、グリセリン、濃グリセリン、酸化チタン、黄色三二酸化鉄(0.1mgのみ)、三二酸化鉄、中鎖脂肪酸トリグリセリド、レシチン

ザガーロの効果

ザガーロは、「男性における男性型脱毛症(AGA)」を適応症として承認され、ザガーロカプセル0.1mgとザガーロカプセル0.5mgの2種類が承認されています。

ザガーロは1日に1回1錠を服用し、半年以上の長期間服用し続ける必要がある薬です。

基本は0.1mgを服用しますが、必要に応じて0.5mgを服用していきます。

半年間服用し続けた結果、男性型脱毛症の原因となる抜け毛に大きく関与している頭皮のジヒドロテストステロン(DHT)の濃度が40~52%減少したデータがあります。

頭皮のジヒドロテストステロンの濃度が下がると、男性ホルモンによる強制的な抜け毛がなくなり、強くて太い本来の健康的な髪の毛が増えていきます。

5α-還元酵素阻害薬のザガーロ

プロペシアもザガーロも、1日1回1錠ずつ服用します。どちらの薬も5α-還元酵素阻害薬で、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を防ぎます。プロペシアやザガーロを服用していくと、髪の毛のサイクルを正常に戻す事ができます。

薬の効果で大きく違う点に、プロペシアの主成分フィナステリドは、5α-還元酵素2型の阻害薬であることに対して、ザガーロのデュタステリドは1型・2型両方共阻害します。

5α-還元酵素の1型と2型の違い 

5α-還元酵素1型 

主に皮脂腺部分に多く存在する

5α-還元酵素2型 

主に毛乳頭部分に多く存在する

f:id:participantlink:20190614143300j:plain

この5α-還元酵素は人によって多い・少ないがあり、5α-還元酵素の活性を持つ遺伝子は優性遺伝することも分かっています。これらの要因により、親が薄毛の場合、子どもも薄毛になりやすくなるのではと推測されています。

AGAの治療においては、毛髪に直結した部位に注目が集まりますが、上記の部位以外にも5α-還元酵素は、精巣や前立腺にも存在しています。

前立線の5α-還元酵素を阻害する結果、前立腺の肥大化を抑える効果が生まれてきます。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

生え際を早期に生やすにはミノタブが効果的

自分の顔は毎日鏡で見ているので、ちょっとした変化には気づきづらいです。

生え際の後退にはできるだけ早い対処が重要ですので、生え際の変化にいち早く気づくことが必要なのです。

 

f:id:participantlink:20200105184101j:plain

頭皮からのSOS!生え際後退のサイン

・髪を洗うときの抜け毛が増える
・前髪から見えるおでこの面積が広くなった
・髪のボリュームがなくなり、髪が細くなってきた
・生え際の産毛が増えた

生え際の後退は、髪が完全に育たなかったり、髪が弱くなったりしてしまうことによって起こります。

ヤバい生え際のサインに気がつかず、他人の視線で気がつくようではもはや手遅れになります。

何だか前髪に元気がないと感じたり、前髪が少ないと感じたときは、間髪を入れずに生え際対策をスタートしましょう。

生活習慣見直しでハゲるのを止める方法

髪のお悩みには遺伝が強く関わっていると言われていますが、実は遺伝よりも生活習慣が原因となっていることが多いのです。

生活習慣を少し見直すだけで髪のお悩みが解消されたらと思うはずです。

そこで、生え際の後退を食い止めるための生活習慣についてご紹介します。

生え際の後退を食い止めるための生活習慣

・禁煙する
・睡眠のリズムを整える
・お酒の量を最盛期の半分に減らす
・スナック菓子や脂っこい食べ物を断つ
・趣味や遊びでストレスを解消する

ストレスや血行不良がそもそもの生え際の後退の原因となるため、生活習慣の見直しとストレスを溜めないことが肝心です。

さらに運動不足も血行不良の原因ですので、定期的な運動習慣も持つようにしましょう。

頭皮ケアで髪が育つ素地を作る方法

生え際の後退を食い止めるには、髪が生えてくる素地を十分にケアする必要があります。

頭皮ケアというと特別なものが必要なように思われがちですが、家にもあるものを使って簡単に頭皮ケアをすることができます。

そこで、自宅で簡単にできる頭皮ケアについてご紹介します。

シャンプー前にできる頭皮ケア

 ①頭皮マッサージ
指の腹やブラシで頭皮を下から上に3分間マッサージすることで、頭皮の血行を良くします。

②頭皮クレンジング
シャンプー前にオリーブオイルを使って頭皮をマッサージすることで、毛穴の汚れを浮き上がらせることができます。

③炭酸水で頭皮を予洗い
オリーブオイルを炭酸水でしっかり洗い流す予洗いを行えば、毛穴から出た汚れを落とすことができます。

①②③と順番に実践していただくのがベストですが、③炭酸水で予洗いは本当におススメです。

炭酸水は通販で安く手に入りますし、炭酸水を作れるガスチャージ型の商品もあります。

炭酸水を食事前に飲めば、お腹が膨れて食事の量を減らすこともできるので、ダイエット効果もあります。

頭皮ケア+ダイエット効果の一挙両得を狙えますので、ぜひ試してみてください。 

 入浴後に実践!発毛を促すツボ押し方法

ツボ押しには様々な効果があり、発毛に効果があるツボもあるのです。ツボ押しならどこでもできますし、簡単に取り入れやすいです。

そこで、発毛を促すツボをご紹介します!


発毛を促すツボ

・百会
頭頂部の中央にあるツボです。

・あ門
うなじの中央、生え際から2cmほど上にあるツボです。

・角孫
耳の上の生え際にあるツボです。

ツボの押し方は『10秒間押して、5秒間休む』の15秒1セットをツボごとに1分間ずつ行いましょう。

育毛剤の力を借りて髪に喝を入れる方法

生え際の後退に直接的に対処するには育毛剤は欠かせませんが、様々な育毛剤があるので選ぶのも大変です。

実は、自分に合った育毛剤を選ばなければ髪のお悩みに対する効果は薄くなってしまうのです。

そこで、正しい育毛剤の選び方をご紹介します。

育毛剤

 ・自分の症状や原因に合った育毛剤を選ぶ
症状や原因によって様々な育毛剤があります。
男性ホルモンが原因のお悩みなら男性ホルモンを抑制するタイプなど、お悩みに合わせて育毛剤を選びましょう。

・長く続けられる価格のものを選ぶ
育毛剤は続けることで効果を発揮するので、価格が高すぎないものを選びましょう。

・安全性を確認する
頭皮に直接つけるものですので、危険なものや刺激の強いものが含まれていないか確認しましょう。

育毛剤は続けることが重要ですので、価格や安全性にも注意することが必要です。お悩みに合った育毛剤を選んで、生え際の後退に直接対処しましょう!

頭頂部が薄くなるのと違い、生え際の後退は前髪を伸ばせば誤魔化せますが、何の対策をしないと誤魔化せる前髪自体は生えてこなくなります。

 

oneclck.net

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

ミノキシジル5%の最安値ロゲインのジェネリックであるカークランド

カークランドは、ロゲインのジェネリックミノキシジル最安値の商品です。
ロゲインと同成分で、ミノキシジル5%を含有してます。
ミノキシジルは日本で有名な商品ではリアップという商品に含まれてます。
ロゲイン5%はそれ以前から米国などで販売されてきていて、抜け毛に育毛効果の実績のある商品になります。

 


ジェネリック医薬品とは、厚生労働省が先発医薬品と同等と認めた医薬品で、先発医薬品の特許満了後に、有効成分、分量、用法、用量、効能及び効果が同じ医薬品として新たに申請され、製造・販売される安価な医薬品になります。
つまり特許切れの製品と同じものをを他社が安価に製造販売できるというものになります。

 

 

 

カークランド製ロゲイン使用方法

・カークランド製ロゲインの使用方法は1日2回(朝夜)1回1mカークランド製lロゲインを抜け毛の気になる頭皮に直接付けて軽くマッサージするようにカークランド製ロゲインを擦り込んで下さい。
・カークランド製ロゲインはシャンプー後に使用されるほうがより効果的ですが、その場合は頭皮が完全に乾いてからカークランド製ロゲインを使用して下さい。
( 成分の吸収を良くするため )
・使用後にドライヤーなどで髪と頭皮を乾かしてはいけません。
( カークランド製ロゲインが乾いてしまい、成分が吸収されなくなるため )
・使用後4時間は洗髪をしてはいけません。
( 成分が十分吸収される前に、カークランド製ロゲインを洗い流してしまうことになります )

カークランド製ロゲインの使用上の注意点

・カークランド製ロゲインは女性と18歳未満の方は使用しないで下さい。
・他の医薬品を頭皮に使用されている方、抜け毛がない方はカークランド製ロゲインを使用しないで下さい。
・頭皮以外の箇所に付着しないように注意して下さい。特に、目には入らないよう注意してください。もし付着した場合は水かぬるま湯ですぐに洗い流します。
・授乳中の女性がカークランド製ロゲインを使用した場合、母乳にミノキシジルが混入される可能性がありますので使用しないようにして下さい。

カークランド製ロゲインの効果

髪の毛には髪の毛をつくり出す毛乳頭と呼ばれているところがあります。
毛乳頭が接した部分に毛母細胞という細胞が毛乳頭を取り巻くように存在し、毛細血管が張り巡らされています。
毛細血管からは毛髪を成長させる栄養分や、酸素が運ばれてきます。
カークランド製ロゲインの主成分「ミノキシジル」は、血管拡張剤の一種であり、使用すると血管が広がることによって血行が促進 されます。
血行がよくなって血流が増加されると、その分、頭皮に栄養もたくさん行き渡るようになるので、毛母細胞がより活発化し、毛根の中心にある毛乳頭は、毛細血管を通じて血液中の栄養素を吸収し、毛髪を形成する毛母細胞に栄養分を搬送しています。
この毛細血管から必要な栄養を吸収し、次々に分裂した細胞が角化しながら上へ上へと押し上げられて、毛髪を作りだしているのです。
カークランド製ロゲインは、18以上の男性で頭髪が徐々に抜け毛になっている方や頭頂部に抜け毛が見られる方にご使用頂けます。
カークランド製ロゲインは1日2回使用することによって2ヶ月程度で抜け毛、抜け毛に育毛効果が現われます。
人によっては育毛効果が現われるまで4ヶ月以上かかることがあります。

 

oneclck.net

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

ザガーロのジェネリックであるディタステリドAGA治療薬アボダート

アボダートとは、ザガーロと同じくデュタステリドを主成分としている医薬品で製造販売元もザガーロと同じく英国に本社を置くグラクソ・スミスクライン|GSK(GlaxoSmithKline plc)です。世界102カ国以上で前立腺肥大症(BPH)の治療薬として承認を受けていますが唯一、韓国でのみAGA治療薬としても承認されています。

 

デュタステリド

デュタステリドの含有量が0.5mgでGSKが製造したものであれば商品名が違うだけでアボダートとザガーロは中身は全く同じ薬ではあります。よってデュタステリドを主成分とする医薬品でAGA治療の適応が認められているのは日本(ザガーロ)と韓国(アボダート)の2カ国のみということになります。

日本国内では2009年に前立腺肥大症(BPH)の治療薬として発売されたものがデュタステリド0.5mg含有の「アボルブ」、2016年にAGA治療薬として発売されたのがデュタステリド0.1mgと0.5mgと含有量が2種類ある「ザガーロ」、商品名と用途が違うだけで、どちらもデュタステリド0.5mg含有したものであれば中身は同一の医薬品です。これが海外だとアボダートという製品名で発売しているだけなのです。 

アボダートの製品 

 

【商品名】アボダート(Avodart)
【販売元】グラクソ・スミスクライン(GlaxoSmithKline plc)(所在地:トルコのイスタンブール
※上記画像のAvodartの製造元は「GlaxoSmithKline Pharmaceuticals S.A.」でポーランドポズナンに拠点を置いています。
【主成分】デュタステリド(Dutasteride)※0.5mgのみ製造
【剤 形】長楕円形の軟カプセル剤
【効 果】アボルブカプセル0.5mgとほぼ同じ

国内でのアボダート入手の方法

日本国内ではアボダート厚労省未認可の医薬品であるため、入手するには海外から持ち帰るかインターネット等で個人輸入代行業者による通販サイトを利用するしか方法がありません。

前者の場合、あくまで個人が自分で使用する場合でのみ1ヶ月分まで(1日1カプセル服用するお薬なので30カプセルまで)であれば持ち込むことが可能です。デュタステリドは国内では規制区分が劇薬であるため1ヶ月分と定められています。
後者の場合も購入量は上記の通りの制限が設けられていますが、実際にはそれ以上の数でも税関にてスルーされてしまっているのが現状という印象です。

 

oneclck.net

アボダードを販売しているオオサカ堂

オオサカ堂は海外医薬品・サプリメント個人輸入代行サービスです。

日本のオンライン薬局では、オオサカ堂(1997年)、アイドラッグストアー(2001年)、ベストケンコー(2008年)が御三家として広く認知されていますが、最も歴史が長いオオサカ堂になります。

オオサカ堂が優れている点は運営年数の長さだけでなく、圧倒的な商品種類の多さと販売価格の安さにあります。特にフィンペシアやフォリックスなどのAGA治療薬(育毛剤)と、プラセントレックス(ヒトプラセンタ配合美容ジェル)などの美容医薬品は長きに渡り業界最安値をキープしています。
オオサカ堂といえばフォリックスやフィンペシアなどのAGA治療薬が安いことで有名ですが、そのほかにも幅広い医薬品を取り扱っています。

フォリックスFR16(Follics)通販 | 効果 | 育毛剤(外用) | オオサカ堂

アボダート服用方法

 ◾服用方法は1日1カプセルを水またはぬるま湯で飲みこんで下さい。1日飲むのを忘れたからといって1日に2カプセルは服用しないこと。
◾本剤の成分及び他の5α還元酵素阻害薬に対し過敏症の既往歴のある人は服用できません。
◾女性は服用禁忌です。(経皮吸収されることから、女性や小児はカプセルから漏れた薬剤に触れないこと。漏れた薬剤に触れた場合には、直ちに石鹸と水で洗うこと)
◾小児等も服用禁忌です。(小児等に対する適応はなく、安全性及び有効性は確立されていません)
◾服用中は献血ができません。(長期服用している場合は服用中止後でも6か月間は献血は避けて下さい)
前立腺癌の存在下であっても、投与6ヵ月後にPSA値を約50%減少させる。したがって、6ヵ月以上服用している人がPSA値を計測する時は、測定値を2倍した値を目安として基準値と比較すること。なお、PSA値は、本剤投与中止後6ヵ月以内に本剤投与開始前の値に戻ります。
◾重度の肝機能障害のある人は服用できません。

 

※ハゲを最短(3ケ月)で生やすなら、下記2点の治療薬のみでOK!

(本当にハゲ頭から髪が生えてくるので、ハゲで悩んでるならすぐに実践すべき)

下記2点の守り(ディタステリド)と攻め(ミノキシジル)の治療薬を併用すると髪が生えてきます。 

因みに、守りの治療薬は、フィナステリド(プロペシア等)もありますが、ディタステリドはフィナステリドの1.5倍の効果があります。

 

1、守りの治療薬のアボダード(服用最強のディタステリド)

oneclck.net

2、攻めの治療薬のフォリックスFR15(最強のミノキシジル15%)

oneclck.net

クリームタイプのフォリックスFR16という商品もありますが、

ローションタイプのフォリックスFR15のほうが頭皮に浸透しやすいのでオススメです。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村