発毛剤の真実

ミノキシジル・フィナステリド・ディタステリドのジェネリックでハゲ治療

自分でできるAGA診断

薄毛の原因の多くはAGA(男性型脱毛症)によるものなのですが、AGAかどう見極める必要があります。
AGAは進行性の脱毛症なのでほったらかしにしておくと症状はひどくなりハゲてしまします。
ハゲ頭にならない為にも、自分はAGAである自覚を持つことから始めることが大切になります。
もちろん正確な診断を行うためにはAGAクリックで見てもらう必要があるのですが、そこまでしなくても自宅で簡単にAGAなのかどうかを診断する方法があります。
とても簡単なのでさっそく確認していきましょう。 

自分でできるAGA診断

 

f:id:participantlink:20190921232627g:plain

 まずは、頭頂部から耳たぶにかけて仮想の線を引きます。

さらにそこから2cm手前に、仮想の線引きます。
もし、額の生え際がその線を越えてしまっていたらAGAであると判断できます。
上の画像だとギリギリAGAではないと判断できます。
額の両端が剃り上がったようになっていたり、おでこ自体が広がってきてるなと感じていたら、3cmで判断すればいいし、そうでなかったら2㎠で判断します。
また、実際に行う際は、定規などで生え際との距離を定規で測ってみればいいと思います。

AGAについて

AGAチェックでAGAの恐れがあると判断した人も、そうでなかった人も、薄毛が心配である以上、薄毛の主役ともいえるAGAについては知っておいた方がいいかもしれません。
この機会にAGAについて正しく理解しておきましょう。
AGAになるとなぜ薄毛になるのか?

f:id:participantlink:20190921232828j:plain

AGA(男性型脱毛症)とは、思春期以降の男性に起こる進行性の脱毛症のことをいいます。

AGAになると毛乳頭(毛の根元の黄色い丸の部分)に存在する5αリダクターゼと呼ばれる酵素がより活性化します。
この活性化した5αリダクターゼが毛細血管を伝ってきた男性ホルモンの一種テストステロンを悪玉男性ホルモンとも呼ばれるDHT(ジヒドロテストステロン)に変換させます。
そして、今度はDHTが『脱毛因子』を生み出します。
脱毛因子は髪の毛をつくってる毛母細胞や毛乳頭に『脱毛指令』を出すことができます。
脱毛指令を受けた毛母細胞や毛乳頭は、命令に従い髪の毛をつくりだすことをやめてします。
そのせいで髪の毛が抜けたり成長しにくくなるため、薄毛が徐々が進行していくことになります。
もとをただせばAGAの原因は5αリダクターゼのせいとも言えて、5αリダクターゼが少なければ薄毛になることはありません。しかし、5αリダクターゼが多いか少ないかは遺伝によって決まってしまうので、どうすることもできないのです。
これがAGAの原因が『遺伝』といわれる所以です。
また、遺伝以外でよく言われているAGAの原因の一つが『男性ホルモン』になります。しかし、男性ホルモン(テストステロン)が多いからといって薄毛になることはありません。
あくまで薄毛に影響するのは悪玉男性ホルモンのDHTのみです。
そして、テストステロンをDHTに変換させる役目を果たしているのが5αリダクターゼとなるので、AGAの原因は男性ホルモンというよりは遺伝といったほうが正しいのではないかと思います。

アサイクル

f:id:participantlink:20190921234335j:plain

髪の毛には、独自のサイクルで生えては抜けるを繰り返すヘアサイクルというものがあります。

健康な髪であれば、約3年から6年で「成長期」→「退行期」→「休止期」という一連の流れを経て脱毛します(このうちおよそ9割の期間が成長期です)。約2~3ヶ月ほどの休止期間を経ると抜けた部分からまた新しい髪の毛が生えてきて再びヘアサイクルを繰り返します。

以下にこのヘアサイクル(毛周期)をもう少し詳しく解説します。

成長期(3~6年)

成長期は、細胞分裂が活発におこり新しい髪の毛が太く長く伸びる期間です。健康な髪であれば一般的に3年から6年ほどこの期間が続きます。

成長期は、3段階に分かれます。

 

成長期1

髪が生まれる最初の段階です。古い髪が根元から離れると同時に、奥のほうでは毛母細胞が分裂を開始し、新しい髪をつくり始めます。

成長期2

奥のほうで新しい髪が成長し、古い髪を押し出そうとする段階です。この頃になると古い髪は簡単に抜け出るようになります。シャンプーやブラッシングで抜けるのは殆どこの時期の髪です。

成長期3

最後に古い髪が抜け落ち、新しい髪が長く太く成長する時期です。髪は成長期1~3まで毛母細胞が活発に働き一般(平均)的に男性なら約3~5年、女性なら4~6年育ち続きます。

髪の毛のおよそ80%~90%がこの成長期の段階にあるといわれています。
アサイクルのうちこの成長期が短くなる症状をAGA(男性型脱毛症)といっています。女性でもホルモンバランスを崩し、男性ホルモンが優位に立つと同じ症状がおこります。近年、この女性のAGA(FAGA)が増えてきていると言われています。

退行期(2~3週間)

毛母細胞が寿命を迎え細胞分裂が減少し、髪が成長しなくなる段階です。やがて髪の毛が毛母細胞から離れて完全に成長をやめるまで約2週間~3週間かかります。

髪の毛のおよそ1%ほどがこの退行期の段階にあるといわれています。

休止期(2~3ヶ月)

毛母細胞での細胞分裂が停止し、休止期に入り脱毛が始まります。成長が止まった後は、頭皮表面に向けてだんだん上に上がっていき、抜け落ちる準備をします。2~3ヶ月間この状態が続いている間、奥では新しい髪の毛の製造準備が始まります。

休止期の状態は、髪全体のおよそ10%~20%を占めていると言われています。

AGAは、何らかの原因でこのヘアサイクル(毛周期)が狂っているからと考えられています。

髪の毛は個人差があるものの平均的に約10万本あるといわれ、1日に50~100本ほどの髪の毛が自然に抜け落ちると言われています。一方、生えてくる髪の毛もそのくらいありますので、このバランスが保たれていれば髪の毛が減ることはない訳です。

しかし、ヘアサイクルの成長期の期間が短い髪の毛が増えてくると抜け毛の本数が増え、段々と会の毛の本数が減り、薄毛になってしまいます。

そこで多くの育毛関連商品はヘアサイクルの正常化(成長期の延長や退行期へのシフトの防止)に働きかけて抜け毛を食い止めようとしています。

ハミルトンノーウッド分類でAGAの進行を確認

f:id:participantlink:20190921232932j:plain


AGAチェックを行い、自分の薄毛の原因がAGAかも知れないと思ったら、今度はハミルトンノーウッド分類(高島分類)を使ってAGAの進行状況を確認する必要があります。
ハミルトンノーウッド分類は欧米などでよく使われているAGAの進行状況を確認するために作られた指標です。なお欧米人よりもてっぺん(頭頂部)が薄くなる傾向が高い日本人には合わないところもあるので、日本では日本人用に修正した高島分類が利用されています。

Ⅰ型:前頭部の生え際がM字型に後退し始めた状態
Ⅱ型:Ⅰ型よりもさらに進行した状態
Ⅱ型Vertex型:Ⅱ型に加え、頭頂部がO型に薄くなった状態
Ⅲ型:Ⅱ型よりもさらに進行し、髪全体のボリュームも薄くなった状態
Ⅲ型Vertex型:Ⅲ型に加え、頭頂部がO型に薄くなった状態
Ⅳ型:前頭部の生え際がⅢ型よりも後退し、頭頂部もO型に薄くなってきた状態
Ⅴ型:Ⅳ型がさらに進行した状態
Ⅵ型:前頭部と頭頂部の薄毛部分が繋がり、髪の毛のある部分が側頭部と後頭部のみの状態
Ⅶ型:Ⅵ型が進行し、側頭部と後頭部の毛量も減ってきた状態

ハミルトンノーウッド分類(高島分類)では症状が薄いⅠ型からかなり進行してしまったⅥ型まで7つに分類していて、さらにⅡ型とⅢ型には頭頂部(Vertex)が薄くなるバージョンとそうでないバージョンが存在しています。
AGAになると5αリダクターゼが多く存在していているのところから薄毛になっていきます。最も多いのが前頭部で、次に多いのが頭頂部となるので、前頭部、頭頂部の順でハゲていきます。
なお5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型が存在していて、Ⅱ型の5αリダクターゼがより薄毛の原因となっていて、前頭部から頭頂部にかけて存在しています。

まとめ

AGA診断の結果AGAでないとの判断をしたなら、他の薄毛の可能性も確認してみてください。

円形脱毛
薬剤性脱毛症
皮膚疾患による脱毛症
栄養障害による脱毛症
AGA以外にも上記のような脱毛症が存在しています。
もしどれにも該当しないようならば、規則正しい生活や食生活を心がけてみてください。
それでも改善しないようならば、本格的な薄毛対策を考えていきましょう。

AGA診断の結果AGAだと判断した場合は、本格的な薄毛対策を考える必要があります。そうしなければ薄毛はどんどん進行していきます。
後は個人の判断で、AGAクリニックを選択するのか、それとも発毛剤などを使用して自分の力で薄毛対策をするのかを決めればいいでしょう。 

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

ミノキシジルの効果

ミノキシジルはもともと血管拡張剤(高血圧の経口薬)として開発された成分ですが、後に髪を育成し脱毛症を回復させる効果が発見され、1980年代に世界で初めて認可された脱毛症の治療薬となりました。

f:id:participantlink:20190823112803j:plain

世界90か国以上で承認されており、アメリカをはじめとした世界中の多くの国の人が使っている育毛剤に配合されている成分です。

 

ロゲインやカークランドといったものが有名ですが、日本でも、ドラッグストアや薬局などでリアップX5プラスに有効成分としてミノキシジル5%が配合されています。

 

ミノキシジルには、リキッドタイプ(外用薬)のほかに経口タイプ(内服薬)のものがありますが発毛剤・育毛剤として認められているのは外用薬のみです。

 

ミノキシジルはフィナステリドと異なり、男性だけでなく女性にも効果を発揮してくれます。

 

ミノキシジルの効果

 

AGA(男性型脱毛症)を発症した場合、ジヒドロテストステロン(DHT)により脱毛スイッチが入ってしまった毛根は、髪へ栄養を届けるための血管が次第に収縮していき、頭皮の血行が悪化することにより髪への栄養補給能力が弱まりヘアサイクルが短くなります。

f:id:participantlink:20190713003416j:plain

 

血管を拡張して血流を改善

 

ミノキシジルは、その血管拡張作用により、脱毛スイッチが入ってしまった毛根や収縮した血管の再生を促し、髪の毛を製造する毛乳頭細胞や毛母細胞へより多くの栄養素や酸素を行き届かせます。従って、AGAで弱った髪だけではなく、円形脱毛症のほか殆どの脱毛症に効果を発揮すると言われています。

 

発毛シグナルの産出

 

ミノキシジルには、毛母細胞の分裂を促し、育毛・発毛を促進する発毛シグナル「インスリン様成長因子1(IGF-1)」や「血管内皮細胞増殖因子(VEGF)」の産出を促す作用があるとされています。

 

毛母細胞の死滅を抑制

 

ミノキシジルには毛母細胞の死滅(アポトーシス)を抑制して髪の毛が成長期から退行期へ移行し、脱毛を予防、発毛を促進する作用があります。

ミノキシジルは主にこれらの3つの作用で発毛・育毛を促進します。

 

ミノキシジルの効果を上げる方法

 

このような作用があるミノキシジルですが、実際は効果が出やすい人と出にくい人がいます。

その理由は、ミノキシジルは、皮膚に浸透して表皮細胞に存在する「硫酸転移酵素」により「硫酸ミノキシジル」に変化してはじめて効果を発揮すると考えられていますが、この硫酸転移酵素の活性度には個人差があり、活性度の低い人は硫酸ミノキシジルをあまり産出することができためと考えられているためです。

 

ミノキシジルの効果は、日本皮膚科学会の男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版でも推奨度A(行うよう強く勧める)と評価されています(但し、内服薬については、D(行うべきではない)です)。
 

ミノキシジルの副作用

 

ミノキシジルを外用薬として利用した場合、最も多い副作用としては「頭皮のかゆみ」があります。その他には、その因果関係が明らかになっていないものの、
・頭皮の発疹・発赤
・頭皮のかぶれ、フケ、使用部位の熱感等
・頭痛、めまい、気が遠くなる
・胸の痛み、心拍が速くなる
・体重増加、手足のむくみ、
接触皮膚炎、湿疹、脂漏性皮膚炎
などの症状が副作用として確認されています。

尚、ミノキシジルの含有量が多いほど、副作用の発生するリスクも高まります。

ミノキシジルを内服薬(飲むタイプ)として利用した場合はその効果も高くなるようですが、副作用もさらに強くなります。

ミノキシジル内服薬の主な副作用としては、
その因果関係が明らかになっていないものもあるものの、
・低血圧
・反射性高血圧
・全身の多毛症
・手足のむくみ
・頭痛、めまい、ふらつき、動悸、息切れ
・赤ら顔、皮膚の潮紅
・性的不能、勃起障害
などの副作用のほか、腎性全身線維症(腎不全、皮膚の硬化、関節拘縮をきたし、身体機能障害に陥る病気)、高カリウム血症、多臓器不全等重篤な副作用のリスクもあるとされています。

個人で判断して服用するのではなく必ず医師に相談して服用するようにしましょう。

錠剤は、もともと降圧剤として開発されたものですが、循環器系への副作用が強いため降圧剤としても使用されなくなった経緯があります。育毛剤としても利用することはお勧めできません。

また、耐性の問題もあります。

耐性(薬剤耐性)とは、生物が、自分に対して何らかの作用を持った薬剤に対して抵抗性を持ち、これらの薬剤が効かない、あるいは効きにくくなる現象のことです。

現在では薄毛改善・育毛ケアともに安心安全な成分が開発されており、上記のような副作用やリスクがない商品も多数販売されていますので、購入前にはその点をしっかりチェックしてから使用することが重要です。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

フィナステリドの効果

フィナステリドは、男性型脱毛症(AGA)の治療薬として米国食品局(FDA)が認可した薬です。

もともとは前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発された医薬品ですが、副作用として異常発毛をみたことから発毛剤としての用途が広がりました。

メキシコに自生するノコギリヤシの薬効成分を研究してできた化学合成品です。

日本では、プロペシアという商品名で流通しています。

oneclck.net

フィナステリドの効果

男性型脱毛症(AGA)は、遺伝や生活習慣などの要因により引き起こされる脱毛症ですが、男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成が主な原因とされています。

DHT(ジヒドロテストステロン)は、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼ(主に2型)という酵素により変換されることで作られます。

DHTは、毛母細胞の機能を弱らせ、結果としてAGAによる薄毛や脱毛を進行させてしまいます。

フィナステリドは、男性ホルモンのテストステロンをDHTへ変換する酵素である5αリダクターゼを阻害することによって作用します。

5αリダクターゼを阻害ることで脱毛指令を出すDHTの産出を抑えることができ、抜け毛を減らします。

f:id:participantlink:20190524232119j:plain

フィナステリドの内服期間と効果

フィナステリド(1mg/日、0.2mg/日)を用いた414 名の「日本人」男性被験者を対象とした観察期間48週間の比較試験においては、頭頂部の写真撮影による効果判定で、
1mg/日では 58%
0.2mg/日では 54%
軽度改善以上の効果があったとされています。

また、引き続き1mg/日投与を継続した比較試験では、
2年間の内服継続により68%
3年間の内服継続により78%
の軽度改善以上の効果が得られ、その率は増加傾向を示したとあります。

フィナステリド(内服)は、日本皮膚科学会の男性型および女性型脱毛症診療ガイドラインにおいて、男性型脱毛症にはミノキシジル外用とともに推奨度A(行うよう強く勧める)に、にランク付けされています。

このため、一般的にAGA治療の専門クリニックの多くでは、男性に対してはミノキシジルとフィナステリドが処方されます。

フィナステリドで抜け毛となる原因を阻害し、ミノキシジルで強くて太い髪の毛を発毛するという攻めと防御により発毛効果を狙っています。

一方、女性型脱毛症には、フィナステリドは、推奨度D(行うべきではない)にランクされています。

その理由は、女性については有効性を示すエビデンスが得られなかったことと、また、下の副作用の項目でも記載している通り、フィナステリドが男性胎児の生殖器官の発育に影響を及ぼす可能性があるためです。

このことから、妊娠している可能性がある女性や妊婦、授乳中の人、またはこれから妊娠する予定のある人は服用はおろかその取扱いには充分注意しなければなりません。

フィナステリドの副作用

フィナステリドの副作用としては、以下のようなものが確認されています。
・勃起不全
・性欲減退
精子の減少
・肝機能障害
といったもののほか、鬱症状が表れるといったことも言われています。

フィナステリドの初期脱毛

フィナステリドは抜け毛を抑える働きが中心のためミノキシジルのような初期脱毛は比較的起こりにくいと考えられています。

現在では薄毛改善・育毛ケアともに安心安全な成分が開発されており、上記のような副作用やリスクがない商品も多数販売されていますので、購入前にはその点をしっかりチェックしてから使用することが重要といえます。

 

 

oneclck.net

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

アボダートはプロペシアの1.5倍の効果

男性の薄毛や抜け毛の代表的なものにAGA(男性型脱毛症)というものがあります。AGAは男性ホルモンが深く関わっているため、そこにアタックすることによって改善が期待できます。育毛剤もAGA特有の原因に作用するものがいくつか出回っています。そのひとつがプロペシアですがこの育毛剤よりも効果的という意見が多くあるのがアボダートです。

 

 

アボダートとは

 

 

育毛剤には外用と内服のものがありますが、アボダートは内服するタイプの育毛剤です。

またアボダートはアボルブとも呼ばれます。

イギリスのグラクソ・スミスクラインという会社が製造と販売行っているのがアボダートです。

現在のところ世界85カ国で育毛剤として処方されている信頼できる薬です。もともとは前立腺肥大症の治療の薬として開発されて使われており、アメリFDAの認可もあります。

アボダートに含まれている有効成分デュタステリドで前立腺肥大の治療に使っていたところ、発毛効果が見られたためその後育毛剤として使われるようになりました。

日本のお隣・韓国では、2009年にすでにAGA治療薬として認可されています。

 

アボダートの作用のメカニズム

 

男性ホルモンが強いと薄毛や抜け毛になる傾向があると考えられていますが、最近ではさらに細かい原因が解明されてきています。AGA(男性型脱毛症)の場合は男性ホルモンのテストステロンが脱毛を誘引してしまう酵素である5αリダクターゼと結びついてしまうことで起こります。

テストステロンと5αリダクターゼが結びつくのを抑えてくれる働きがあるのがフェナステリドというものです。アボダートにはフェナステリドよりさらに強力なデュダステリドが主成分として採用されているためフェナステリドが主成分のプロペシアより大きな効果が期待できるのです。

 

フェナステリドよりデュダステリドの効果が高い理由

 

フェナステリドが主成分のプロペシアはAGA育毛剤としても最も有名といえます。

しかしそれよりもアボダートは効果が高いと言えるのは主成分の効果の大きさの違いがあるからです。

ではプロペシアの主成分であるフェナステリドよりもアボダートの主成分であるデュダステリドがより効果的な理由はどういうことなのでしょうか。

テストステロンと結びつくことで脱毛を促してしまう酵素5αリダクターゼは、実はⅠ型とⅡ型があります。フェナステリドもデュダステリドもいずれも5αリダクターゼがテストステロンに結びつくのを抑えるのは同様です。

しかしながらフェナステリドはⅡ型5αリダクターゼの一方だけしか結びつくのを阻害できません。

デュダステリドはⅠ型5αリダクターゼとⅡ型5αリダクターゼいずれにもアタックでき、結びつきを阻害できるのです。

だからデュダステリドが主成分のアボダートのほうが、AGA治療にはより効果的なのです。

プロペシアの約1.5倍以上の効果を発揮するアボダート

AGAは、ジヒドロテストステロンが毛母細胞の働きを低下させることが原因と言われています。

ジヒドロテストステロンとは、男女問わずヒトの体内に存在する男性ホルモンのテストテロンが5αリダクターゼと結びつくことで生成される物質です。このジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体(レセプター)と結びつくと、髪の毛の成長が抑制されます。

アボダートはⅠ型5αリダクターゼとⅡ型5αリダクターゼどちらにも作用し、ジヒドロテストステロンが毛包のレセプターと結合するのを防ぎ、抜け毛・薄毛の症状を抑制します。

またフェナステリドは頭頂部と前頭部に起こる脱毛を抑えることは得意ですが、それ以外の部分への効果がやや低いというデータがあります。

デュダステリドの場合は頭頂部、前頭部に加え側頭部や後頭部の抜け毛についても効果が高いのです。

頭髪全体のAGA起因の抜け毛にアタックできるのがアボダートの大きなアドバンテージ。アボダートプロペシアで効果を比較すると、おおむね1.5倍以上もアボダートのほうが効果が高くなると言われています。 

oneclck.net

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

最安値カークランド製ロゲイン ミノキシジル 5%

カークランド製ロゲインは、ロゲインのジェネリックミノキシジル最安値の商品です。
ロゲインと同成分で、ミノキシジル5%を含有してます。
ミノキシジルは日本で有名な商品ではリアップという商品に含まれてます。
ロゲイン5%はそれ以前から米国などで販売されてきていて、抜け毛に育毛効果の実績のある商品になります。

 


ジェネリック医薬品とは、厚生労働省が先発医薬品と同等と認めた医薬品で、先発医薬品の特許満了後に、有効成分、分量、用法、用量、効能及び効果が同じ医薬品として新たに申請され、製造・販売される安価な医薬品になります。
つまり特許切れの製品と同じものをを他社が安価に製造販売できるというものになります。

 

 

 

カークランド製ロゲイン使用方法

・カークランド製ロゲインの使用方法は1日2回(朝夜)1回1mカークランド製lロゲインを抜け毛の気になる頭皮に直接付けて軽くマッサージするようにカークランド製ロゲインを擦り込んで下さい。
・カークランド製ロゲインはシャンプー後に使用されるほうがより効果的ですが、その場合は頭皮が完全に乾いてからカークランド製ロゲインを使用して下さい。
( 成分の吸収を良くするため )
・使用後にドライヤーなどで髪と頭皮を乾かしてはいけません。
( カークランド製ロゲインが乾いてしまい、成分が吸収されなくなるため )
・使用後4時間は洗髪をしてはいけません。
( 成分が十分吸収される前に、カークランド製ロゲインを洗い流してしまうことになります )

カークランド製ロゲインの使用上の注意点

・カークランド製ロゲインは女性と18歳未満の方は使用しないで下さい。
・他の医薬品を頭皮に使用されている方、抜け毛がない方はカークランド製ロゲインを使用しないで下さい。
・頭皮以外の箇所に付着しないように注意して下さい。特に、目には入らないよう注意してください。もし付着した場合は水かぬるま湯ですぐに洗い流します。
・授乳中の女性がカークランド製ロゲインを使用した場合、母乳にミノキシジルが混入される可能性がありますので使用しないようにして下さい。

カークランド製ロゲインの効果

髪の毛には髪の毛をつくり出す毛乳頭と呼ばれているところがあります。
毛乳頭が接した部分に毛母細胞という細胞が毛乳頭を取り巻くように存在し、毛細血管が張り巡らされています。
毛細血管からは毛髪を成長させる栄養分や、酸素が運ばれてきます。
カークランド製ロゲインの主成分「ミノキシジル」は、血管拡張剤の一種であり、使用すると血管が広がることによって血行が促進 されます。
血行がよくなって血流が増加されると、その分、頭皮に栄養もたくさん行き渡るようになるので、毛母細胞がより活発化し、毛根の中心にある毛乳頭は、毛細血管を通じて血液中の栄養素を吸収し、毛髪を形成する毛母細胞に栄養分を搬送しています。
この毛細血管から必要な栄養を吸収し、次々に分裂した細胞が角化しながら上へ上へと押し上げられて、毛髪を作りだしているのです。
カークランド製ロゲインは、18以上の男性で頭髪が徐々に抜け毛になっている方や頭頂部に抜け毛が見られる方にご使用頂けます。
カークランド製ロゲインは1日2回使用することによって2ヶ月程度で抜け毛、抜け毛に育毛効果が現われます。
人によっては育毛効果が現われるまで4ヶ月以上かかることがあります。

 

oneclck.net

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

プロペシアのジェネリックである業界最安値フィンペシア

男性の悩みとして多くの人があげる薄毛の症状です。

この症状には大きく分けて2つの症状があります。

1つはストレス等によって発症する脱毛症という症状です。

そしてもう1つは体内で分泌される男性ホルモンが原因となって起こるAGAという症状です。

f:id:participantlink:20190912160453p:plain

これら2つの症状にはそれぞれ違った治療方法が存在していますが、その中でも特に優れた治療方法としてオススメの方法、それがフィンペシアという医薬品を使用する方法です。

ここではフィンペシアとはどういった製品化、そしてAGAという症状はどういった症状なのか、といったことについて紹介をします。 

フィンペシアとは

まず初めにフィンペシアとはどういった製品なのか、というのを紹介します。

フィンペシアというのはインドのムンバイに拠点を置く製薬会社のシプラ(Cipla)が製造と販売を行っているAGA治療薬の1つです。

このシプラという企業が製造する医薬品はジェネリックと呼ばれる既存の医薬品を基に作られた製品が非常に多く、フィンペシアも例に漏れずジェネリックと呼ばれる種類の医薬品で、プロペシアという医薬品を基にした製品となります。

使用効果としてはAGAの発症によって薄くなってしまった頭皮に新しい髪を生やすような作用があります。

したがって、薄毛によって頭皮に産毛程度の毛しか残っていない状態になってしまったという時、そんな時にもフィンペシアを使用する事によって、元通りの髪を生やすことができます。

oneclck.net

プロペシア

フィンペシアはAGA治療に用いる医薬品の1つであるプロペシアを基にして作られたジェネリック医薬品です。

このプロペシアという医薬品がどういったものなのか、ここでは簡単に紹介をしていきます。

プロペシアアメリカの製薬会社メルクが製造と販売を行っている医薬品で、有効成分にフィナステリドという物質が配合されています。

開発に至った経緯についてですが、実はこのプロペシアというのはもともとAGA治療薬ではなく、前立腺肥大症といった症状の治療薬として開発されていました。

そして実際にフィナステリドを使用したプロスカーという前立腺肥大症の治療薬はFDAによって認可を受け、販売が開始されました。

しかし販売後も継続した研究を行っていくと、どうも抜け毛の現象や毛髪の増加といったAGAの改善作用があるようだ、ということが判明し始めました。

その後更なる研究や実験、開発によってAGA治療薬のプロペシアが完成し、販売されるようになりました。

oneclck.net

ジェネリック

f:id:participantlink:20190512000312j:plain

フィンペシアの基となったプロペシアの開発経緯について紹介しましたが、次はフィンペシアの属するジェネリックという種類の医薬品がどういうものかについて紹介します。

まずジェネリックというのは日本語で後発医薬品と呼ばれる種類の医薬品になります。
この種類の医薬品というのは、既存の医薬品を基に後から作られた、つまり後発の医薬品になります。

そしてジェネリックの特徴は使用効果と価格にあります。

まずジェネリックというのは、基となった製品と同一効果でなければいけないというルールがあるため、基となっている製品と同等の使用効果があります。

そして価格に関してですが、これは新薬のように1から研究を行うのではなく、何をどれくらい入れるのかがわかっている状態で製造が可能となるため、安く済みます。

以上のことから、ジェネリックというのは「基になった医薬品と同一効果でありながらも安い」という非常に大きな特徴があるのです。

AGA

フィンペシアはAGAと呼ばれる症状の治療に用いる医薬品です。

このAGAというのはAndrogenetic Alopeciaという名称の症状で、和名では男性型脱毛症と呼びます。

男性型脱毛症という名称からも分かるように、このAGAという症状は男性にのみ発症します。

その理由としては、発症原因が男性ホルモンにあるからです。

男性の身体には女性とは比べ物にならないほど多量の男性ホルモンが存在していますが、その中にテストステロンというホルモン物質があります。

このテストステロンというのは筋肉の発達などに非常に大きな影響を与えるホルモン物質です。

しかし体内で分泌される酵素の一種である5α-リダクターゼという酵素とテストステロンが結合するとジヒドロテストステロン(DHT)という別の酵素へ変換されます。

そうするとDHTが髪の成長に影響を与える部位に対して作用し、髪の成長サイクルが乱れ始めていくことから脱毛の症状が始まり、最終的には髪が大幅に抜けた薄毛の症状が現れた状態となります。

f:id:participantlink:20190713003416j:plain

年齢だけが原因では無い

AGAだけでなく、薄毛や脱毛症、一般的にハゲと呼ばれる症状というのは、多くの人が加齢によって発症するものだと思っています。

しかしそれは誤った認識であり、特にAGAに関しては年齢問わず発症する可能性がある症状となっています。

AGAというのは遺伝や生活習慣の乱れ、ストレス、運動不足、食生活の悪化、喫煙といった要素によって発症率が上昇する症状です。

したがって、AGAの発症はこれらの要素がいくつも重なっていけば、最悪の場合10代でも発祥する可能性があるのです。

AGA治療薬

AGAの症状を改善する際には、AGA治療薬と呼ばれるような製品を使用する事になります。

AGA治療薬として非常に強い効果を発揮するものにフィンペシアやその基となったプロペシアといった製品がありますが、実はこれらの製品以外にも多くのAGA治療薬があります。

例えばミノキシジルという成分が使用された治療薬や、ザガーロという名称の医薬品などもあります。

これらの医薬品もフィンペシアと同様に強いAGAの改善効果があり、薄毛が進行した頭皮をAGA発症前と同じようにフサフサの髪が生えている状態にまで治療する事も可能です。

ここではAGA治療に用いる医薬品のなかでも、フィンペシアとは別の製品のミノキシジルやザガーロがどういった特徴のあるものなのか、というのを紹介します。

ミノキシジル

はじめに紹介するAGA治療薬はミノキシジルです。

ミノキシジルはもともと血管拡張剤として開発された医薬品で、高血圧症の治療薬として開発されました。

しかしミノキシジルを服用した際に発生する血管拡張作用により、薄毛が改善することが判明し、それ以降はAGA治療薬としても使用されるようになりました。

AGA治療薬としてのミノキシジルを配合した製品としては、海外ではロゲイン(Rogaine)という名称、日本ではリアップX5プラスという名称で販売が行われています。 

ミノキシジルの最安値の商品がロゲインのジェネリックであるカークランドという商品になります。

リアップX5プラスの値段は7,611円に対しカークランドは3,256円と半額以下で購入が可能です。

また、どちらもミノキシジル5%となりますので、効き目は全く同じになります。

 

oneclck.net

 

また、頭皮に塗布する外用薬ではなく内服薬として使用するミノキシジルタブレットという製品も存在しています。

しかし日本国内ではAGA治療用のミノキシジルタブレットは日本では入手することができないため、海外から個人輸入する必要があります。

 

oneclck.net

ザガーロ

次に紹介するAGA治療薬はザガーロという製品です。

ザガーロは有効成分としてデュタステリドと呼ばれる物質を配合しているAGA治療薬です。

デュタステリドはプロペシアに配合されているフィナステリドという物質と非常によく似た作用の仕方をする医薬品です。

身体にデュタステリドが吸収されると、AGAの原因となるジヒドロテストステロンを作り出す5α-リダクターゼの活動を阻害し、DHTの生成を抑制します。

デュタステリドとフィナステリドの大きな差としては、5α-リダクターゼの1型と2型という2つの物を阻害するか、それとも1つしか阻害しないか、という差があります。

AGAは5α-リダクターゼの中でも2型と呼ばれる酵素によって引き起こされる症状です。

そしてフィナステリドは5α-リダクターゼの2型、そして3型の活動を阻害します。

それに対してデュタステリドは1型、2型、3型といった3つの酵素を阻害します。

1型と3型はAGAの発症原因にはなりませんが、より多くの酵素に対して作用することから、一般的にはフィナステリド以上のAGA治療効果があると言われています。

男性の多くが抱える悩みの薄毛、その中でもAGAと呼ばれる男性ホルモンが原因となり起こる症状にAGAというものがあります。

AGAは体内で生成されるジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる酵素の活動によって発祥する薄毛の症状で、毛根の成長サイクルが乱れることによって髪の密度や量が低下するという症状です。

 

ザガーロのジェネリックアボダートという商品になります。

 

 

oneclck.net

AGA治療薬

AGA治療にはAGA治療薬という医薬品を使用します。

治療薬にはミノキシジルやザガーロといった多くのものがありますが、その中でも多くの人が使用しているAGA治療薬にフィンペシアというものがあります。

フィンペシアプロペシアという製品を基に作られたジェネリックという種類の医薬品で、フィナステリドという成分の働きによって薄毛を改善します。

AGA治療の中でもフィンペシアミノキシジルタブレットを併用して服用するのが効果が高い方法になります。

また、AGAクリニックに通うと毎月30,000円以上必要になりますが、この方法だと毎月5,000円程でAGA治療ができますのでとても経済的です。

 

 

oneclck.net

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

プロペシアとミノキシジルの併用効果

プロペシアミノキシジルは、薄毛の治療薬としては一緒ですが成分が違うため、治療の効果は全く異なります。

ミノキシジルは、毛細血管の血流を促進し、毛母細胞を活性化させる効果があります。

むしろ、プロペシアミノキシジルの併用治療は、積極的な発毛を目的にしたAGA治療では、スタンダードな選択肢になりつつあります。

プロペシアミノキシジルを併用することで薄毛の進行を止めると同時に毛髪の増加が期待できるのです。

併用して、さらに発毛効果を実感しましょう。

また、併用することで副作用が強くなることはありませんので安心してください。 

プロペシアに期待できる効果

まず、知っておいてもらいたいことは、プロペシアの特徴は脱毛を防ぐ作用であり、発毛や育毛効果はありません。

プロペシアの有効成分は、フィナステリドです。

AGA(男性型脱毛症)の主な原因物質は DHT(ジヒドロテストステロン)です。

AGAで悩む男性も脱毛箇所の頭皮に通常より多くのDHTが確認されています。

DHTは5α還元酵素によってテストステロンが変換され生成されます。このDHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合すると、成長期にある毛髪に対して退行期及び休止期に移行する信号が出されます。

 

その結果、毛周期(ヘアサイクル)が短くなり退行期の細い毛髪が増えたり、毛髪が長く太い毛に成長する前に抜けてしまうので、毛髪が薄くなってしまうのです。

プロペシアの主成分のフィナステリドは、AGAの原因であるDHTを生成するのに必要不可欠な5α?還元酵素を阻害することでDHTの生成を抑制します。

これにより成長期が長くなり細くなった髪の毛にコシが出てきて、休止期にある毛穴からの毛髪も成長しAGA改善の効果が期待できる医薬品です。

発毛よりも抜け毛を抑えることができ、髪が増える効果といえるでしょう。

ミノキシジルに期待できる効果

ミノキシジルは、毛包に直接働きかけ髪の毛を成長させることができます。

まず、髪の毛には、成長期、退行期、休止期という3段階のヘアサイクルがあります。

しかし、AGAの男性ホルモンの影響によって、ヘアサイクルが短縮されて、髪の毛が十分に成長することができず、弱々しくなり、成長途中の毛が抜けてしまいます。

そのため、健康な髪が生えてこず、薄毛になる事態に。

そのヘアサイクルが乱れる原因の一つは、「毛包」にあります。

毛包とは、頭皮の中で髪の毛を作り、育てることを担っている部分をいいます。

毛包に直接働きかけることにより、ヘアサイクルの乱れで小さくなっていた毛包が、血管を拡張する成分で細胞を活性化させ、毛包を成長させます。

血管が広がれば、必然的に血流が良くなり、毛細血管を通して毛包にも栄養分が届けられることにより、髪の毛が元気になります。

そのため、正常な発毛サイクルを取り戻せて発毛効果の実感が得られます。

プロペシアの1日の飲む量と時間

通常、医薬品には食前・食後・食間と服用のタイミングが決まっているものがありますが、プロペシアにはそういった決まりはありません。

飲み方の条件は、必ず1日1回、水またはぬるま湯で飲みましょう。

お茶やジュースなど水以外で飲んだ場合、予想できない作用が出て身体に悪影響を与える可能性があります。

主成分のフィナステリドは体内での血中濃度を24時間までしか保てません。

24時間を過ぎてしまうと効果を期待できなくなり、その間にAGAが進行することになってしまう恐れがあります。

そのため、毎日決まった時間に服用することがとても大切になるのです。

しかし、飲酒後には飲んではいけないので、就寝前よりはお酒を飲んでいる可能性が少ない朝に飲服用する方が安全です。

飲み忘れたからといって、一度に飲み忘れた分をまとめて服用するのは大変危険です。

たくさん服用したからといって、効果が倍増するわけではありません。

1日の上限を超える量を飲むと、肝臓への負担をはじめとする健康被害のおそれがあります。医薬品は服用量が決まっています。

生活サイクルの中で飲み忘れにくい時間帯を決め、1日1回の服用を心がけましょう。

ミノキシジルの1日の飲む量と時間

ミノキシジルには、2.5㎎、5㎎、10㎎があります。

高い効果を実感するためには、できるだけ長く体内に有効成分をとどめておく必要があります。

そのため、成分の血中濃度を維持するために1日1回~2回、朝と夜に服用すると効果的といわれています。

成人に対しては、1日服用量5mgから開始することが推奨されています。

必要に応じて1日服用量20mgまで増量ができ、その後1日服用量40mgまで増量ができます。

しかし、ミノキシジルには副作用が出る可能性があります。

副作用が心配な方は、最初は5mgから始めると良いでしょう。

また、1日1回の服用の場合は、毎日同じ時間に水またはぬるま湯で飲みむよう心がけましょう。

飲み忘れたからといって、一度にたくさん服用することはプロペシア同様大変危険です。

かえって副作用の頻度を上昇させるおそれがありますので、1日分の容量を守りましょう。

血管の拡張作用があるため、低血圧の方や降圧剤を使用されている方が服用すると、必要以上に血圧が下がり危険なことがあります。

プロペシアジェネリックミノキシジルはセット購入がお得

プロペシアミノキシジルも医薬品となりますので、医療機関から処方を受ける必要があります。

国内では、ドラッグストアやAmazon楽天などの通販では販売されていません。

AGA専門クリニックなどで医者に処方してもらう必要があります。

しかし、プロペシアミノキシジルは保険適用外の自由診療の為、治療費はすべて実費となります。

そのため、治療費は診察料込みで、毎月3万円程となり高額にあります。

また最近では、個人輸入を代行してくれるサービスもあり、パソコンやスマートフォンなどのインターネット環境さえあれば、誰でも簡単に入手できるようになりました。

個人輸入代行業者は、オオサカ堂が有名です。

オオサカ堂は、AGA治療薬を豊富に取り揃えていて、価格も安価で20年以上運営している実績のあるサイトですので安心して購入できます。

もちろんプロペシアジェネリック)とミノキシジルも取り扱っています。

価格は、日本の医療機関で処方してもらうよりもとても安く購入できます。

プロペシアジェネリック医薬品ミノキシジルのセットの商品も販売されています。

有効成分はプロペシアと同じですので、効果は変わりません。

 

oneclck.net

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

ザガーロのジェネリック

ザガーロは海外名をアボダートといいます。
ザガーロ同様、男性型脱毛症(AGA)による抜け毛を抑えることができる最新の薄毛治療薬です。
アボダートは名前は違えど、効果・効能はザガーロと同等です。
ザガーロより安く購入することができるので、国内外で愛用者がとても多い薄毛治療薬です。
頭頂部だけでなく、側頭部・後頭部の抜け毛を防止することが期待できます。
また、発毛にも効果があるため、より確実に薄毛を改善することができます。
アボダートは通販でのみ購入することが可能で、ザガーロの半額以下で購入できます。

 

ザガーロは通販で販売されている

男性型脱毛症(AGA)に効果的に働き、抜け毛や発毛効果が期待できる「ザガーロ」。薄毛治療薬として注目を集めている育毛剤です。
病院では薄毛治療は保険適応外なので、ザガーロを処方してもらうには治療費が高くなってしまいますが、通販なら病院より安く購入することができます。
しかし、ザガーロはamazon楽天などの日本の通販サイトでは購入できません。
ザガーロを購入するには個人輸入代行サイトを利用します。
個人輸入代行サイトを利用することで、海外の医薬品などをあなたの代わりに日本まで輸入し、手元に届けてくれます。

ザガーロに向いている人

ザガーロはどういう人におすすめ出来るかというと、簡潔に言えばプロペシアで思ったような効果が現れなかった方でしょう。
といいますのも、プロペシアではどうしても抜け毛を防ぐ事が出来ない箇所があるためです。
その箇所とは「側頭部」と「後頭部」。男性型脱毛症(AGA)を発症した際、大多数の人は頭頂部と前頭部の抜け毛が多くなります。
実は側頭部と後頭部はかなり抜けにくい箇所なのです。
しかしどういうわけか、この部分からも抜け毛が多くなってしまうケースが発生してしまいます。後頭部は少し見にくいですが、側頭部ならば目視出来るので確認しやすいでしょう。
もっと分かりやすい目安もあり、頭皮の脂っぽさが気になったら要注意です。
以前と比べ明らかに頭皮が脂っぽいと自覚出来たのであれば、プロペシアを使っても効果が出ないかもしれません。
その場合はザガーロを使うべきでしょう。なぜならば薄毛の原因となる物質に違いがあるためです。もし自身で判別出来ない場合は医療機関で診断してもらって下さい。
効果の詳細については後程ご説明します。
ちなみに発毛効果はザガーロが上です。単体で使われても十分に発毛が出来るとのデータがあります。
しかし本当ならば確実性を増すため、ミノキシジルとの併用がおすすめです。
あまり体に負担をかけたくない、とお考えの場合ザガーロのみで薄毛改善に挑戦してみても良いかもしれません。

ザガーロとプロペシアの違い

f:id:participantlink:20190502113008j:plain

同じ作用を持つにも関わらずプロペシアよりもザガーロの方が高い効果を持っているのはなぜか?
それは5αリダクターゼの阻害作用が関係しています。実は1型・2型と2タイプあり、2型の方が多いと抜け毛の原因になるのです。
2型が多く分布している箇所は前立腺と、頭部では前頭部と頭頂部。なぜこの部分が薄毛になってしまうかもう理由がお分かりになりましたね?
そこでプロペシアを使うと有効成分フィナステリドが「2型を阻害」し、この部分の薄毛を改善していきます。
しかし男性型脱毛症(AGA)は前頭部や頭頂部だけでなく、抜けにくい側頭部や後頭部も薄くなってしまうパターンもあり、その場合はプロペシアで治療をする事が出来ません。
なぜならこの部分の薄毛は1型が関与しているためです。目安は全身の皮脂腺に分布しているので、頭皮が脂っぽければほぼ間違いないです。
また1型による男性型脱毛症(AGA)だから2型は関与しない、というわけではなくどちらのタイプも作用し、薄毛が頭皮全体に及んでしまう事もあります。
その場合にはザガーロを使いましょう。
なぜならば2型の働きはもちろん、「1型の働きも阻害」出来るためです。
そうです、ザガーロはプロペシアでは抑える事が出来ない1型5αリダクターゼにも有効なのです。
しかも2型に関しては約3倍も阻害出来る力を持っているので、これだけでも効果が上であるとお分かりいただけるでしょう。
もしどういうタイプの男性型脱毛症(AGA)か分からない場合、医療機関で相談してみて下さい。

有効成分のデュタステリド 

ザガーロの有効成分はデュタステリドと言い、薄毛の原因となる物質(DHT)の生成を抑える事で薄毛を改善していきます。
しかし元々は薄毛治療のために開発された成分ではありません。
前立腺肥大症の治療薬として開発されました。前立腺肥大症もDHTの過剰分泌が一因で発症します。
薬の名称は「アボルブ」といい、国内では2009年に発売されました。もちろん製造販売はグラクソ・スミスクラインが行っています。デュタステリドの作用が肥大化した前立腺を小さくし、症状である排尿の異常や頻尿、残尿感などを軽減していきます。
最初は前立腺肥大症の治療薬として使われていたものの、さらに研究の結果、男性型脱毛症(AGA)による薄毛改善が判明したという経緯はプロペシアと同じと言えるでしょう。フィナステリドとデュタステリド、似た作用を持つふたつの成分の違いは一体何なのか?これについては後程ご説明を致します。

前立腺肥大治療薬アボルブ 

ザガーロは薄毛治療薬としてではなく、前立腺肥大症の治療薬として販売されていました。それがアボルブです。前立腺肥大症の原因も男性型脱毛症(AGA)の原因も、DHTという非常に強い力を持つホルモンが大きく関わっています。デュタステリドはその肥大化した前立腺を小さくし、症状を次第に鎮めていくという作用を持っています。
これまで使われていた前立腺肥大症の治療薬は筋肉や尿道に作用し、拡げることで症状を改善していくというものでした。しかし前立腺に直接作用するわけではないのでさらに肥大化する事もあるらしく結局元に戻る事もあるのだとか。

その点アボルブは前立腺を直接小さくしていきます。根本に作用するというわけなので、かなり有効な薬であるといえるでしょう。
ただしひとつ注意事項があります。前立腺がんによって肥大した場合にもデュタステリドは作用します。そのため、検査を行った際にがんを見抜けなくなるという可能性も指摘されているのです。もしもがん検診を受ける機会がありましたら、アボルブを使用していると医師にお伝え下さい。これはデュタステリドが有効成分であるザガーロにも言えるのでお忘れなきよう。

ザガーロの効果 

ザガーロの作用は男性型脱毛症(AGA)により抜け毛を抑制することです。有効成分のデュタステリドが5αリダクターゼの働きを阻害し、DHTの生成を徐々に少なくしていきます。
するとヘアサイクルの乱れも改善されていき、正常に戻っていくのです。
さらにザガーロには発毛作用も期待されているので、単体で使っても髪の量が少しずつ増えていく可能性があります。
プロペシアの1.6倍高い効果を持つ」という触れ込みでも話題になりましたが、ザガーロは確かに新しい育毛剤として、これからの薄毛改善を担う薬になっていくでしょう。

ザガーロ(デュタステリド)の作用機序 

ここからはもう少し詳しくザガーロの効果についてお話しましょう。
ザガーロの有効成分であるデュタステリドは、男性型脱毛症(AGA)の原因になるホルモン、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えることで症状を改善していきます。
つまり薄毛改善です。
デュタステリドもプロペシアの有効成分(フィナステリド)と同じく、直接DHTに作用するわけではありません。
もっと根本的な物質に作用します。その物質こそ5αリダクターゼです。テストステロンという男性ホルモンを元に、5αリダクターゼはDHTを生成します。
しかしデュタステリドを取り込むとその働きは阻害されてしまいます。5αリダクターゼは、テストステロンを代謝することが出来ません。
それにより現在男性型脱毛症(AGA)が進行している方は、ヘアサイクルの乱れによって起きていた抜け毛が次第におさまっていきます。
2種類の5αリダクターゼを抑えることが出来る
プロペシアとの違い]でも少し触れていますが、ザガーロは2種類の5αリダクターゼに作用することが出来ます。
1型と2型があり、2型によって起きる男性型脱毛症(AGA)の方が一般的には多いと言われています。
特徴としては頭頂部、または前頭部に症状(薄毛)が確認出来れば、5αリダクターゼ2型による男性型脱毛症(AGA)といえるでしょう。
しかし1型で起きる男性型脱毛症(AGA)は違う部位に薄毛が見られます。
抜け毛が起きにくいとされる側頭部、または後頭部の髪が抜け、薄毛になってしまったのであれば1型が関係しているといえるでしょう。
また2型で起きる男性型脱毛症(AGA)とは違い、頭皮がアブラっぽくなるのも特徴です。

使い始めに起きる初期脱毛

ミノキシジルプロペシアと同じように、ザガーロも使い始めてから2週間程度経過したら抜け毛の量が増えてくるかと思います。
これは「初期脱毛」と呼ばれる現象で、副作用として挙げられるものです。とはいえこの初期脱毛は一概に悪いこととは言えません。
なぜならば改善の兆候ともいうべきものだからです。というのも男性型脱毛症(AGA)はヘアサイクルが乱されることで髪の成長が短くなり、抜ける間隔が早くなるという症状ですよね?
ザガーロの作用によってDHTの生成が抑制され、次第にヘアサイクルの乱れがおさまってきます。
それにより休止期の状態の髪が徐々に抜け始めていきます。その状態の髪が多ければ多いほど抜け毛の量は多くなってしまい、一時的ではありますがさらに頭皮がスカスカになってしまうのです。しかしザガーロの作用によって発毛・育毛の準備が整い、徐々に髪が生えだしてくるでしょう。

ザガーロだけでも発毛が可能

ミノキシジルを除いた育毛剤の中で、ザガーロはとても高い発毛効果が検証結果として報告されています。
ザガーロの作用は5αリダクターゼを阻害して男性型脱毛症(AGA)を防ぐ、あるいは抑えるというものです。
それにより男性型脱毛症(AGA)の原因となるホルモン(DHT)の生成が防げるので、ヘアサイクルの乱れを止めることが出来ます。
アサイクルの乱れは発毛にも影響を及ぼし、新しい髪が作られにくくなってしまうのです。
つまりザガーロを使わず男性型脱毛症(AGA)を放置していると、いずれ頭皮がスカスカではなくツルツルになってしまう恐れもあるのです。
アサイクルが正常に戻ってくると、毛根が生きている限りは再び発毛が始まるのです。
ザガーロを発売するグラクソ・スミスクラインが行った検証によると、デュタステリド(ザガーロ)とフィナステリド(プロペシア)を比較した場合、発毛効果はデュタステリドの方が高いという結果が分かりました。
1.6倍という数値として報告されています。

メーカーが発表している発毛効果の検証

プロペシアよりも発毛効果が高い、というのは何も誇大広告のために言っているわけではありません。
メーカーのグラクソ・スミスクラインが実際に検証した結果により分かった事なので安心して下さい。もちろん体質によってはプロペシア(フィナステリド)の方が合っているという方もいらっしゃいます。
行われた期間は24週で、範囲は直径2.54cmでどちらも検証が行われました。
デュタステリド(ザガーロ)とフィナステリド(プロペシア)の他にもプラセボ(偽薬)も入り、3種類のパターンで比較されています。人種はアジア人、ヒスパニック、白人と様々な人種を集めて行われたようです。

ザガーロの副作用 

ザガーロの副作用はプロペシアとよく似ています。
有効成分デュタステリドによる作用機序は5αリダクターゼの阻害。つまり男性ホルモンの生成が少なくなってしまうことでその弊害が出てしまう場合があるのです。
しかもプロペシアよりもその発現率は高いようなのでちょっと気にかけてみてもらえればと思います。
まだ実証結果としては少ないようなのですが0.1mgを服用した場合は13%。0.5mgを服用した場合は15%と比較的高い数字が出ているので、これを十分理解してザガーロを使用していきましょう。
これらの症状が確認された場合は医師に相談するなどして対策を立てて薄毛治療にあたって下さい。

男性機能の低下

5αリダクターゼを阻害することにより男性ホルモンの生成が少なくなってしまうので、男性機能の低下が起きる事があります。
これは同じ作用機序を持つプロペシアにも起きることですが、先にも申したようにザガーロのほうが幾分その発現が高い傾向にあるようです。
いくつかの症例がありますが最も多いものとしてはEDが挙げられます。
いわゆる勃起不全のことで、うまく勃起が出来ないことで薄毛とは別のストレスが生じてしまいます。どちらの症状も精神的なプレッシャーが良くない影響を与えてしまいます。
ですがザガーロの副作用でEDを発症しても心配は無用です。
なぜならバイアグラなどの優秀なED治療薬があるため。
もしも起きてしまったのであれば使ってみましょう。もちろん飲み合わせが悪いということはありませんので心配は無用です。
ED以外にも性欲が減退し、行為をする気が起きなかったりもします。これもまた男性ホルモンの生成が少なくなることにより起きる現象です。
さらに射精障害が起きることも報告されています。射精障害は男性不妊の原因になるものであり、特に子供を望まれる夫婦にとっては深刻な問題に繋がるのです。
また女性にとってザガーロは禁忌薬になるので、子供を望まれている方は使用を控えた方がいいかもしれません。なぜ女性のとってそのような扱いになるのかは後程ご説明致します。

男性機能低下以外に起きる副作用

男性ホルモンは気力にも関係しています。その生成が少なくなってしまった場合、やる気が起きなくなる事があるようです。
プロペシアではそれよりもさらに重度なものであるうつ病の発生も報告されていますが、ザガーロには今のところ報告はありません。
その他にも蕁麻疹や湿疹などが発生する皮膚障害や、乳房の女性化してしまうという報告もあります。
肝機能が低下している方はよりそれが進行する可能性があります。これも男性ホルモンが少なくなる事で女性ホルモンが優位となりこのような副作用を起こしてしまうのです。
今のところプロペシアで注意喚起されている肝機能障害を起こすという報告はされておりません。
ただ、何かいつもとおかしいと思ったのであれば医師と相談をして判断を仰ぎましょう。

ザガーロの服用方法や気を付けるべき点

ザガーロの使い方は至って簡単です。1日1回1錠、自身で決めた時間に服用します。0.5mgあるいは0.1mg錠のどちらも錠数は変わりません。
またカプセル状なのでピルカッターで分割して服用するのはあまりおすすめ出来ません。決めた時間に服用する理由は体内のデュタステリド濃度を一定に保つためです。
それにより薄毛を改善していきます。
副作用の発現が気になる場合は、軽減をするためには3日に1回服用されている方がいるようです。
実はデュタステリドの半減期血中濃度が減る速度)はとても長いため継続して使用した場合、なかなか血中からなくなりません。
そのような理由から2日、あるいは3日空けることで副作用の発現が低下するかもしれないのです。ただ実証されているわけではないのでその点は気を付けましょう。

ミノキシジルと併用して効果アップ

より発毛を促すためにミノキシジルとの併用をおすすめ致します。プロペシアよりも発毛効果の高さが特徴の1つでもありますがあくまでも原因を抑制する働きのほうがメインです。
それが次第に強い髪を作り出すことに変化していくのですが、よりその効果を高め新しい髪を作り出すには特化しているミノキシジルが向いています。塗るタイプ(外用薬)かタブレットミノキシジルタブレット:飲み薬)をザガーロを服用する際に併用すれば良いだけなので非常に簡単です。薄毛をもっと効率よく改善するためにぜひ試してみましょう。

ザガーロ効果で薄毛改善

ザガーロは、プロペシアでは改善出来ない薄毛の治療に使用されます。
有効成分のデュタステリドは2種類ある5αリダクターゼを阻害出来るため、頭部全体にまで広がった男性型脱毛症(AGA)の症状を改善し強い髪にしていく効果があります。
処方箋医薬品ですので医療機関で手に入れるしかありませんが海外医薬品を販売する通販を利用することで、海外版ザガーロ(アボダート)やザガーロジェネリックを購入でき、とても安い価格で購入出来るため、費用に関しても心配は必要ありません。
ザガーロ(アボダート)で行う薄毛改善はまさに次世代です。
ぜひ、その効果を確かめてみて下さい。
きっと満足出来ると思います。

oneclck.net

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

ミノキシジル配合外用薬ロゲインのジェネリックカークランド

カークランドはロゲインのジェネリック製品で、ミノキシジル配合の外用タイプの育毛剤です。

カークランドはロゲインと同じ効果があり、見た目もほとんど変わりません。

両者ともミノキシジルの血行促進効果により発毛を促します。

そしてミノキシジル5%配合です。

 

ロゲイン

Johnson & Johnson(ジョンソンエンドジョンソン)社傘下McNEIL(マクニール)社のロゲインは、頭髪の育毛作用が臨床的に証明されているミノキシジル5%を主成分とした、頭皮に直接塗布する育毛剤(医薬品)です。

ロゲインの主成分であるミノキシジルは、もともとアップジョン社(現ファイザー社)が高血圧治療のための血圧降下剤として、血管を拡張させるために創製した経口医薬品です。その副作用として、髪の再生および男性型脱毛症の改善があったため、育毛剤として利用されるようになりました。

ミノキシジル含有の外用育毛剤として作られたのがロゲインで、ファイザー社はOTC事業をジョンソンエンドジョンソン社に売却し、現在その傘下にあるマクニール社がロゲインを取り扱っています。日本ではミノキシジルを使用した医薬品として、大正製薬からリアップシリーズがあります。

ミノキシジルの使用を始めてから、一時的に脱毛が増加する場合がありますが、髪の生え換わりのサイクル促進によるもので、4か月以上の継続使用をすることでミノキシジルの働きを実感できます。

ロゲインはアメリカのFDA(食品医薬品局)により初めて男性型脱毛症に対し育毛作用が有る商品として認可されています。毛根の血管を拡張し、髪となる栄養を吸収しやすくします。脱毛を抑えて、髪の成長を促す働きがあります。

薄毛の気になる方、AGA(男性型脱毛症)で育毛ケアをお考えの方に適した育毛剤です。

ロゲインにはスポイトが付属しておりますが、スポイト単品での取り扱いもしております。液体タイプのロゲイン専用スポイトで、適切な使用量を測りとり、頭皮へ正確に塗布する際に有用です。スポイトは、そのままロゲインの蓋として使用できるため、保管にも便利です。

 

カークランド

カークランドミノキシジルは、ロゲインのジェネリック医薬品です。

日本国内でも取り扱われているリアップと同成分であるミノキシジルを5%配合しています。

ミノキシジルは、世界90カ国以上で使用されている成分です。

毛髪の成長に関与する毛包に作用して、毛を太くする効果があり、脱毛症診療のガイドライン日本皮膚科学会)において、推奨度A(行うことを強くすすめる)とされている成分です。

比較試験においてもその有効性が実証されています。

カークランドミノキシジルは、ヘアサイクルの変化によって小さくなってしまった毛包を大きくすることで、薄毛を改善します。

 

プロペシアとの併用でより効果絶大

フィナステリドが主成分のプロペシアは脱毛を抑止します。

一方、ミノキシジルには発毛促進効果があります。

つまり、カークランドで発毛を促しながら、プロペシアで脱毛を防ぐという二段戦法で効果を増大させることができます。

しかも、発毛剤は内服タイプより外用タイプのほうが高い効果を見込めます。

体内の血液の20%は脳に運ばれます。

毛母細胞は毛細血管とつながっており、内服薬のプロペシアは成分が届きやすくなっています。

また、塗るタイプのカークランドは、頭皮を通過し、毛母細胞に届きます。

頭皮という障害物があるので、毛母細胞に届きにくくなります。

それに頭皮に同じ量を均一に塗るのも難しいですよね。

効果的な発毛を目指すならばプロペシアとの併用が効果絶大と言えます。

 

カークランドによる初期脱毛

 

カークランドを塗り始めた頃に、人によっては前より脱毛が増えることがあります。

これは初期脱毛と呼ばれる発毛サイクルの過程なので、しばらくすれば産毛が生えてきます。

そして産毛は前に生えていた毛よりもしっかりした毛に生まれ変わるんです。

つまり初期脱毛は薬が効き始めているサインになります。

副作用について

ロゲインに副作用のリスクがあるように、カークランドの服用の可能性がゼロとはいえません。

ロゲインの副作用は主に、ミノキシジルが血管拡張することによる頭部や全身の発汗、頭皮のかぶれやかゆみです。

いずれも軽症で、副作用自体の発症率は全体の2~3%と報告されています。

ただし、ミノキシジルは血圧降下剤なので、もともと低血圧な人が使用するのは危険です。

血圧が下がりすぎてしまう恐れがあるからです。

心当たりのある方は医師の相談を受け、体調をみながら服用をするのが良いでしょう。

カークランドは値段が魅力

日本で販売しているリアップX5プラスは1ヶ月分(1本60ml)なのに対し、カークランドは2ヶ月分(2本60ml)が3,337円というのですから驚きです。

ミノキシジル5%でどちら成分が同じであれば、割安なカークランドの方法経済的です。

カークランドの正しい使い方

洗髪したあとのキレイな頭皮に塗布します。
      
皮脂の汚れやほこりをシャンプーで洗い流しましょう。洗髪後はタオルとドライヤーを使って髪の毛を乾かします。
      
乾いた頭皮につけます。

こうすることで、頭皮に薬が浸透していきます。
      
朝と晩の1日に2回塗ります。
      
1回の量は1mlです。
塗る回数や量を増やしても効果に変わりはありません。
多くつけすぎると副作用がでるリスクが高まるだけです。
      
まずは4カ月、毎日継続的に使うことにより効果が実感できます。
      
髪の毛の毛周期の関係もあり効果を感じられるようになるまでに、最低でも4カ月は必要です。
      
塗り忘れなどで、塗る回数がたりなかったりすると効果がでにくい原因にもなりますので、塗り忘れないようにすることがポイントです。
      
カークランドを塗った後はかゆくてもかかないようにすることが大切です。
      
ミノキシジル塗布後には、かゆみがでる場合がありますが、掻いてしまうと炎症を起こしてしまうことがあります。
      
4時間は洗髪しなおいようにします。
      
洗髪すると薬の成分が洗い流されてしまいますので、ミノキシジルの成分を頭皮に浸透させるため控える必要があります。

  

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

守りのフィナステリドと攻めのミノキシジルの併用

AGA治療において、まず第一に選択すべきは、現在のAGA治療の最先端医療において最も高い成果をあげている二大成分のフィナステリドとミノキシジルの投与です。

これら以外にも有効と考えられる成分はありますが、フィナステリドとミノキシジル 以外は実際の治療現場ではあまり信用性が無いというのが実情です。

フィナステリドとミノキシジルを併用することによって、改善スピードを上げる事が可能です。
フィナステリドが守でミノキシジルは攻めの作用を担います。

 

f:id:participantlink:20190517222818p:plain

 

フィナステリド

f:id:participantlink:20190517223022p:plain


AGA治療に効果が高いとされているフィナステリドですが、、脱毛や薄毛化を進行させる悪玉ホルモンジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑えることによってです。

人間のからだにはテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが存在します。このホルモンはからだに悪影響を与えることはありません。

むしろ、男性にとっては男らしく力強いからだをつくり、生殖能力を維持するのに欠かせません。精神的にアグレッシブにするという役割もあります。

しかし、テストステロンがある酵素と結びつくと悪玉ホルモンに変化してしまうのです。それが、5αリダクターゼという酵素です。

頭皮の毛根付近にこの酵素は多く存在していますが、テストステロンが5αリダクターゼと結びつくと、ジヒドロテストステロンという悪玉ホルモンが誕生してしまうのです。

ジヒドロテストステロンは、毛母細胞にある受容体と結びつくと、健康な毛根に成長をやめて脱毛させよという信号を送ります。すると毛根が弱ってしまい、成長段階の髪が脱毛してしまいます。

そして、毛根自体も弱ってゆきやがて閉じてしまうのです。

フィナステリドは、5αリダクターゼの働きを妨害します。

テストステロンが5αリダクターゼと結びつかなければ、悪玉ホルモンは誕生しません。

そして、抜け毛も起こらずに、正常な毛髪サイクルが保たれます。

ミノキシジル

f:id:participantlink:20190517222943j:plain


ミノキシジルは強い血管拡張作用と、新しい毛細血管を作るという作用があります。

そして、毛根への血液の流れを良くしてくれるのです。悪玉ホルモンジヒドロテストステロンによって毛根が弱ってくると、発毛能力が落ちてゆきます。

すると、古くて弱くなってしまった毛根には栄養を届ける必要が無いだろうとからだが判断し、毛細血管がなくなってしまいます。

そうなることで毛根はますます弱くなり、いずれはその役割を終えたと判断して自然に閉じてしまうのです。

こうした悪循環を断ち切るために、ミノキシジルは弱くなった毛根付近にも新しい毛細血管をつくりだしてくれます。

すると、毛根はまだまだ頑張ろうとして、発毛活動を活性化するのです。

髪の毛に良いとされる栄養素

 

f:id:participantlink:20190517223127p:plain


髪の毛に必要な栄養素はさまざまですが、髪の毛にとって最も良いとされている栄養素はタンパク質・亜鉛・ビタミンです。この栄養素は、髪の毛を作りだす際に重要となります。

 

タンパク質


髪の毛の約90%はケラチンというタンパク質からできています。このケラチンを構成するもとになっているメチオニンは、体内で生成できない必須アミノ酸の1つです。

そのため食事でのみこのケラチンを摂取することができます。

これら髪の毛の元となるタンパク質が不足してしまうと、髪の毛は細くなり薄毛や抜け毛につながるだけでなく、色素も薄くなることから白髪が増加してしまう可能性があります。

亜鉛


亜鉛は、ミネラルの1種でタンパク質を合成するのに欠かせない栄養素です。どんなにタンパク質を大量に摂取しても、亜鉛が不足していると髪の毛の成長につながりにくくなってしまいます。

髪の毛以外にも、亜鉛が不足すると免疫力の低下や味覚障害などが起こることもありますが、現代人が1日に摂取している亜鉛は必要量の半分にも満たないといわれています。

不足しがちな亜鉛は、食事だけでなくサプリメントで補うのも良いでしょう。

ビタミン

ビタミンは、主に他の栄養素が機能するように働く潤滑油のような存在です。

ビタミンは全部で13種類あり、その中でもA、B群、C、Eは髪に良いとされています。

また、ビタミンも体内生成できないため食べ物から摂取する必要があります。

ビタミンA

新陳代謝を促進し、頭皮の乾燥やフケ、かゆみを防いで頭皮環境を整える作用があります。

乾燥肌が気になる方は意識して摂取したいビタミンです。

しかし、ビタミンAを過剰摂取してしまうと、頭皮が硬くなり脱毛の原因になるため摂取量には注意が必要です。

サプリメントなどでビタミンA単体を摂取する場合は過剰摂取にならないようにしましょう。

ビタミンB群

ビタミンB1、B2、B6、B12、葉酸パントテン酸をまとめてB群と言います。B群は育毛、発毛を促していくために、優秀な働きをする栄養素です。

ビタミンC

頭皮環境を正常化、コラーゲンやタンパク質の構成を促進する効果があります。髪の毛のトラブルの原因となる疲労やストレスの回復にも効果があります。

ビタミンE

健康な髪の毛を育てる、抗酸化作用、抗炎症作用、血行促進などの働きが詰まっている栄養素です。

ビタミンCと一緒に摂取することで相乗効果が期待できます。

 

oneclck.net

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

薄毛予防

薄毛は予防すれば予防できないことはありません。
薄毛を予防するという場合には、抜け毛になっている原因、薄毛になっている原因をまずはしっかりと知っておくことが大切です。

薄毛を予防したり、改善したりする場合にポイントとなるのは、食生活と生活習慣です。

食生活の面では、栄養バランスの良い食事を三食食べることを心がけることと、日常生活については、ストレスをためないことや、
早寝早起き、十分な睡眠時間、たばこやアルコールをやめることなどがあります。

これを見て気がついた人も多いと思いますが、薄毛予防は何も難しいことを始めなければいけないというわけではありません。
薄毛予防には、正しい生活習慣をすればいいだけということになります。

そして、健康な生活を送れば、それだけで薄毛予防につながるのです。

 

f:id:participantlink:20190906162058j:plain

生活習慣を改善して見直しただけでも薄毛が予防できたという人はたくさんいますので、市販の育毛剤や発毛剤、
サプリメントや薬を試す前に、まずは、自分の生活習慣について振り返ってみて、改善しなければならない点があれば、
そこから直してみてはいかがでしょうか。

すると、薄毛が予防できるかもしれません。
ほかにも、薄毛予防に育毛剤を利用する、頭皮のマッサージをする、ヘアケアをしっかりと行うというようなことも挙げられます。

頭皮の状態がきれいでなければ健康な髪の毛は生えてきませんから、健康な髪の毛をはやすためにも、
ヘアケアを十分に行い、常に清潔で健康な頭皮を保つことも薄毛予防につながるのです。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

薄毛予防にもいろいろある

薄毛予防についてですが、薄毛を予防する方法というのは薄毛の原因によっても違っていると思いますが、もしあなたがいま薄毛なのだとしたら、薄毛が何が原因で起きているのかを考えることが第一です。
薄毛予防には薄毛の原因を知ることから始まります。薄毛予防に原因を知っておけば、自分がなぜ薄毛になっているのかがわかりますからそれを予防する方法が自然とわかるはずです。
薄毛の予防方法としては一般的に色々とありますが、まずは食生活の見直しが薄毛予防につながります。
薄毛の人というのは食生活のバランスが悪い人が多いのですが食生活のバランスを見直してバランスのいい食事を食べることがまず一つ目の薄毛予防になるのではないでしょうか。

 

f:id:participantlink:20190906160244j:plain


そしてストレスも薄毛の原因になっていますから薄毛予防にはストレスをためない、解消すること、そして煙草やお酒も適度に控えるということ薄毛予防につながります。
薄毛予防には自分で予防できることもあれば中には薄毛の専門医に診てもらわないといけないこともありますから自分で安易に薄毛予防法を判断するのではなくて、薄毛予防のためにはまずは専門の医療機関で見てもらうことも大切かも知れません。
そのうえで薄毛予防についての指導があると思います。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

薄毛予防は季節が大事

男性も女性も、やはり悩みのもととなるのが、薄毛のことです。

そんな薄毛予防には、どんな方法が効果的なのでしょうか。

頭皮の育毛環境が悪くなると、当然薄毛の進行も進んでしまうことになります。
薄毛予防のためには、頭皮の育毛環境を正常にすることが大切です。

薄毛予防をもっとも行って欲しい季節があります。それは夏です。
何故、夏に薄毛予防が必要なのかというと、いろいろな理由があります。

夏は、冷房がきいている室内から急に暑い外へ出るなどの連続となることが多いですよね。
そんな気温差の急激な変化は、薄毛予防の面からいうと頭皮にあまり良くはないのです。

また、夏は暑いのでついつい水分を取り過ぎてしまったりします。これも薄毛予防の観点からいうとあまり良くないのです。
また、湿度が高く汗も大量にかく夏は、頭皮を清潔にすることが大切な薄毛予防には、なかなか大変な季節なのです。

上記のような理由から、頭皮の調子があまりよくなくなり、しかも夏に大量の紫外線を浴びることにより、秋になると急に抜け毛などが増えることがあります。

このようなことが起こらないように、夏の間などにしっかりと薄毛予防をするということが大切なのです。

夏の間は、汗をかくので薄毛予防としてシャンプーのやりすぎという間違いを起こしてしまうことが多々あります。

シャンプーを何度もして、きっちり頭皮の汚れや汗などを落としてしまったほうが、薄毛予防にはきくのではないかと思われがちですが、実はこれは間違いです。

過度のシャンプーは、逆に頭皮を乾燥させてしまうなどして、フケの原因となったり、
逆に脂の分泌を良くしてしまうということもあります。

薄毛予防のためには、過度のシャンプーよりも、きっちりとしたすすぎなどを落とす、ということが、薄毛予防に大切です。

その他、禁煙や禁酒なども薄毛予防に大変役立ちます。

 

f:id:participantlink:20190906011617j:plain


肉類や脂っこい食事が好きな人も多いと思いますが、これらも薄毛予防のためには、できるだけ控えるようにしていただきたいと思います。

薄毛予防のために良い食事とは、穀物類や野菜類を多くとるような和食が適しています。
ストレスなども、薄毛の原因となることが多いので、日頃からできる限りストレスをためこまないようにすることも薄毛予防に役立ちます。

睡眠をたっぷり取ることや、軽い運動などをするなどのことがらも薄毛予防としてだけではなく、身体のためにとても良いことなので、できる限り実行すると良いでしょう。 

 

oneclck.net

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

発毛に効果的な方法

発毛の力が弱ってしまってからの回復は焦らず時間をかけてやっていく気持ちが大事になります。

生活習慣からの脱毛・抜け毛、発毛への悪影響からの回復には生活習慣の改善を大きく見直すなど基本的に時間がかかります。

そして、個人差がありますので焦って間違った方法で発毛対策などやってしまうと、むしろ逆効果、さらに状態が悪化する恐れもあるのです。

 

f:id:participantlink:20190619225911g:plain

 

 

生活習慣の改善

f:id:participantlink:20190619230858j:plain

生活習慣の影響はかなり大きいものがあります。

まずは、自身の生活習慣に悪影響を与えているようなことが無いか確認をして、食事・睡眠で不規則な生活をされているようでしたら、見なおすことが大切です。

具体的にどのようなポイントを改善すればいいのかを見ていきます。

規則正しく過ごすに越したことはありませんが、忙しく過ごしているとなかなか難しいこともあります。

下記がハゲ克服するために、特に注意したい生活習慣3つになります。

食生活

f:id:participantlink:20190619231135g:plain

健康な身体を維持するために欠かせないのが、食事です。

健康維持はもちろんのこと、髪の成長に必要なエネルギーも食事から摂取しているのです。

バランスのとれた食事を心がければ健やかな髪が生えてきますが、栄養が不足すると髪の成長の妨げになります。

また、過度な脂質など栄養が偏っていると、頭皮環境を悪化させハゲが進行する原因になることもあります。

ハゲや薄毛を克服しようと思ったら、まずは食生活を見直してみましょう。

特に意識したい食事のポイントは、次の通りです。

・髪の成長に必要なビタミン、亜鉛、タンパク質を積極的に摂る
・脂っこい食事は控えめにする
・栄養不足にならないように、3食しっかり食べる

睡眠

f:id:participantlink:20190619231221j:plain

睡眠も、ハゲを克服するためには非常に重要な生活習慣の一つです。

髪の毛の成長に大きく関わる成長ホルモンは、夜寝ている間に最も多く分泌されます。

そのため、睡眠時間が不足していたり睡眠の質が悪いと、髪の成長が妨げられてしまうのです。

成長ホルモンは、眠り始めから約3時間後に最も多く分泌されるため、このタイミングにいかに深い眠りについているかが重要です。

睡眠の質を上げハゲを克服するために、下記のポイントになります。

・寝る前にスマホやテレビ画面などを見ることを控える
・食事は睡眠の3時間前までに食べる
・寝る前にお風呂に入る時はぬるま湯にする
・睡眠時間を7時間以上とる

ストレス

f:id:participantlink:20190619231548g:plain

ストレスは、心身に良い影響を与えないものですが、ハゲにももちろん悪影響を及ぼします。

ストレスを感じることで、血管が収縮するため頭皮の血行が悪くなってしまいます。

そうすると、髪の成長を妨げられて薄毛が進行してしまうんです。

また、強いストレスは免疫機能を低下させ、たとえば円形脱毛症などのハゲの原因になるとも考えられています。

多くの人が取り入れているストレス解消方法は下記の通りです。

・休みの日にとにかく好きなだけ眠る
・自分をとことん甘やかす
・運動して汗を流す

ストレスをこまめに発散するには、さまざまなストレス解消方法を知っておくと気付いた時に様々な方法で発散できます。

ハゲ克服のために、ストレスを溜めないようにすることが大切です。

頭皮改善

f:id:participantlink:20190619231841j:plain

発毛が適正に行われていない、ということは頭皮も弱っている状況です。

血液循環が滞っていると頭皮が硬くなっていますし、皮脂分泌が過剰ですと頭皮の毛穴が詰まっています。

また、頭皮と顔はつながってるので、肌と一緒なのです。

顔のケアをするように頭皮のケアも大事です。

具体的な例のひとつとして、シャンプーがあげられます。

過剰なシャンプーやコンディショナー、間違ったシャンプーの方法は結構、多くの人がしているものです。

まず、シャンプーは髪を洗うものでなく頭皮を洗うものです。

髪の毛ばかり一生懸命洗っていても汚れた頭皮はそのままになってしまいますし、過度なシャンプーで髪の毛も傷んでしまいます。

頭皮を正しく洗わないと、頭皮の脂やシャンプー剤でで毛穴がつまってしまい、結果、頭皮に悪影響を与えてしまうことになります。

清潔で健やかな頭皮にするのには、日々のシャンプーも見なおすことが大切です。

発毛を促す

f:id:participantlink:20190619232248j:plain

生活習慣を見直し、頭皮を健康な状態に戻せたら、ここで初めて発毛剤の出番です。

とわいっても、発毛剤を使用できるようになれば、すぐに効果が出てくるというわけではありません。

一旦、発毛の力が弱まってしまった状態から発毛を促すのには、やはりそれなりの時間が必要です。

自分に合った発毛剤で根気よく継続をすることが発毛のポイントです。

もし、発毛剤を使っても頭皮の状態がまた良くない場合は、再度、生活習慣の見直しをすることが必要です。

頭皮が健康なことが発毛の大前提になります。

 

 

oneclck.net

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

プロペシアとザガーロの効果の違い

プロペシアと同様にAGA(男性型脱毛症)治療薬として新たに注目を集めている新薬が、ザガーロです。

 

f:id:participantlink:20190509222201j:plain

 

ザガーロの主成分「デュタステリド」は、男性特有の病気であるBPH(前立腺肥大症)の治療薬としても効果を発揮する薬です。

BPH(前立腺肥大症)の治療薬としては、「アボルブ」という名前になり、泌尿器科などで処方されています。

AGA(男性型脱毛症)治療薬のザガーロは、元々は5α-還元酵素阻害薬(5αリダクターゼ)としてBPH(前立腺肥大症)の治療用に研究・開発されていました。

日本ではアボルブカプセル錠が2009年に承認されました。

5α-還元酵素阻害薬は、男性ホルモンの1種のDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑える効果がある薬です。

DHT(ジヒドロテストステロン) の生成を抑制することは、AGA(男性型脱毛症)にも効果が期待できると考え更に研究が進み、その結果としAGA(男性型脱毛症) 治療薬のザガーロが誕生し、2015年9月に承認されています。

 

 

AGA(男性型脱毛症)の治療薬ザガーロ 

f:id:participantlink:20190509222251j:plain


ザガーロは、「男性におけるAGA(男性型脱毛症)」を適応症として承認され、ザガーロカプセル0.1mgとザガーロカプセル0.5mgの2種類が承認されています。

ザガーロは1日に1回1錠を服用し、半年以上の長期間服用し続ける必要がある薬です。

基本は0.1mgを服用しますが、必要に応じて0.5mgを服用していきます。

半年間服用し続けた結果、男性型脱毛症の原因となる抜け毛に大きく関与している頭皮のDHT(ジヒドロテストステロン) の濃度が40~52%減少したデータがあります。

頭皮のジヒドロテストステロンの濃度が下がると、男性ホルモンによる強制的な抜け毛がなくなり、強くて太い本来の健康的な髪の毛が増えていきます。

5α-還元酵素阻害薬のザガーロ

f:id:participantlink:20190509222336p:plain


プロペシアもザガーロも、1日1回1錠ずつ服用します。

どちらの薬も5α-還元酵素阻害薬で、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を防ぎます。

プロペシアやザガーロを服用していくと、ヘアサイクルを正常に戻す事ができます。

 

f:id:participantlink:20190509222417j:plain


薬の効果で大きく違う点に、プロペシアの主成分フィナステリドは、5α-還元酵素2型の阻害薬であることに対して、ザガーロのデュタステリドは1型・2型両方共阻害します。

5α-還元酵素の1型と2型の比較

f:id:participantlink:20190509222446p:plain

5α-還元酵素1型

主に皮脂腺部分に多く存在する

5α-還元酵素2型

主に毛乳頭部分に多く存在する

 

この5α-還元酵素は人によって多い・少ないがあり、5α-還元酵素の活性を持つ遺伝子は優性遺伝することも分かっています。

これらの要因により、親が薄毛の場合、子どもも薄毛になりやすくなるのではと推測されています。

AGA(男性型脱毛症)の治療においては、毛髪に直結した部位に注目が集まりますが、上記の部位以外にも5α-還元酵素は、精巣や前立腺にも存在しています。

前立線の5α-還元酵素を阻害する結果、前立腺の肥大化を抑える効果が生まれてきます。

プロペシアとザガーロの副作用

 

f:id:participantlink:20190509222533p:plain


プロペシアとザガーロの主な副作用は、どちらもED(勃起不全)や性欲減退など、男性器に関連した症状が主な副作用となり、似たような症状となっています。

男性ホルモンは主に睾丸で生成されます。

この生成自体を抑える抗アンドロゲン剤と異なり、5α-還元酵素阻害薬は生成される男性ホルモン量は変わりませんが、より強力にパワーアップ(ジヒドロテストステロンに変換)されるのを防ぎます。

成長期の男児にDHT(ジヒドロテストステロン) が不足してしまうと、男性が男性らしい体つきに成長する事に大きく影響している男性ホルモンの力が弱まるため、生殖機能の成長に大きな悪影響が出ます。

そのため、成長期の子どもがザガーロなどの5α-還元酵素阻害薬を誤飲してしまうと、大きな問題になってしまいます。

プロペシアとザガーロの比較

 

f:id:participantlink:20190509222618p:plain

 

プロペシアの主成分フィナステリドは、5α-還元酵素2型の阻害薬として、AGA(男性型脱毛症)の治療で使われています。

ザガーロは1型と2型両方の5α-還元酵素を阻害します。

AGA(男性型脱毛症)治療においては、5α-還元酵素2型を主に阻害することで、頭頂部の抜け毛予防につながります。

特化型のプロペシアに対して万能型のザガーロとなり、どちらの薬もAGA(男性型脱毛症)治療においては効果的となっています。

ザガーロの主成分デュタステリドは、もともとはBPH(前立腺肥大症)の治療薬として開発されていた経緯もあって、AGA(男性型脱毛症)治療だけでなく、BPH(前立腺肥大症)の治療にも使わている点が大きく異なっています。

BPH(前立腺肥大症)の治療においては、前立腺で男性ホルモンがDHT(ジヒドロテストステロン) へと変換されることを防ぐため、50代で30%、60代で60%とも言われる男性なら極めて高確率で罹患するBPH(前立腺肥大症)のものを治療し、前立腺の肥大化を防ぐだけでなく長期間の服用で徐々に小さくしてくれます。

デュタステリドのBPH(前立腺肥大症)への効果

f:id:participantlink:20190509222655p:plain

ザガーロの主成分デュタステリドには、加齢とともに肥大化していく前立腺を縮める効果があります。

同じ5α還元酵素阻害薬のプロペシアにも同じ様な効果があるのではと言われていますが、2018年の時点では厚生労働省に適応症として認められていません。

日本泌尿器科学会においても、プロペシアの主成分フィナステリドを処方する場合は、適応症外のため保険適用外となっています。

デュタステリドは、中度~重度のBPH(前立腺肥大症)患者に、強く処方を勧められる薬となります。

この適応症の差が、フィナステリド(プロペシア)とデュタステリド(ザガーロ)の大きな違いと言えます。

ちなみにデュタステリドがBPH(前立腺肥大症)の治療薬として処方される場合は、日本国内では「アボルブ」という名前で販売されています。アメリカやイギリスなど欧米では「アボダート」という名前で流通しており、どちらも同じ薬です。

アボルブや欧米版のアボダートも、ザガーロと同じ1錠にデュタステリドが0.5mgもしくは0.1mg分が含まれているため、AGA(男性型脱毛症)治療でザガーロを服用している方は、長期間服用し続けていけば、将来的な前立腺肥大症のリスクも同時に軽減することができるのです。そのため、40代以降でAGA(男性型脱毛症)治療を検討している方は、長期間の服用で前立腺肥大症のリスクも軽減できるため、ザガーロの方がオススメと言えます。

また既に前立腺肥大化の治療でアボルブを服用している方は、AGA(男性型脱毛症)治療の効果も期待できるのです。

フィナステリドの可能性 

プロペシアの主成分フィナステリドは、BPH(前立腺肥大症)への治療効果について明確な研究結果が示されてはいないため、現時点では何とも言えないのが実情です。

しかし、ザガーロと同じ5α還元酵素阻害薬であることに変わりらはないため、薬を服用していない方よりは、少なからずの好影響を与えているのではと推測できます。

事実、海外ではBPH(前立腺肥大症)の治療薬としてプロペシアの主成分フィナステリドが承認されている国もあります。

プロペシアをBPH(前立腺肥大症)の治療目的で服用するのは、日本国内では適切な治療方法ではありませんが、AGA(男性型脱毛症) 治療目的で服用している方には、BPH(前立腺肥大症)への好影響も同時に受けれることができ、一石二鳥となります。

ザガーロとプロペシアの比較

f:id:participantlink:20190509222732j:plainプロペシアはAGA(男性型脱毛症) 治療でのみ承認されている

ザガーロはAGA(男性型脱毛症) 治療薬とBPH(前立腺肥大症)の治療薬としての効果も承認されている

アボダート 

 

oneclck.net

日本国内では、主成分デュタステリドの薬が、ザガーロにアボルブと2種類ありますが、海外ではアボダートのみです。どれも名前が異なるだけで、同じ薬です。

事実韓国では、AGA(男性型脱毛症)治療薬アボダート(AVODART)として日本よりも早く2009年に承認されています。

イギリスやアメリカでは、BPH(前立腺肥大症)に関した治療でのみ承認されています。

つまり、ザガーロもアボルブも名前が異なるためややこしいですが、日本国内においては保険適用の有無くらいしか違いがなく、同じ薬という認識で問題ありません。

アボダートをまとめ買いでお得 

ザガーロは医薬品の通販サイトではアボダート(アボルブ)という名称で販売されています。

この名称は、BPH(前立腺肥大症)の治療薬の名前ですが、主成分も含有量も全く同じとなるため、AGA(男性型脱毛症)治療薬ザガーロとして服用しても全く問題ありません。

医薬品の通販サイトで販売されているアボダートは、まとめ買いで安く購入できます。

プロペシアと同様に、ザガーロ(アボダート)も長期間の服用し続けないと、AGA(男性型脱毛症)治療にはつながりません。

本気でAGA(男性型脱毛症)治療を検討しているのであれば、まとめ買いによる購入が経済的です。

最低でも半年間は毎日継続して薬を服用していきましょう。

効果のあらわれ方もプロペシアと同様で、初期脱毛によって髪の毛の育毛サイクルを一度リセットさせてから、新たな活力を秘めた力強い髪の毛へと生え変わっていきます。

アボダート個人輸入 

f:id:participantlink:20190509222825g:plain



ザガーロは日本国内では処方箋薬のため、医師の診察を受けないと購入できません。

しかし、ザガーロと同成分のアボダートであれば医薬品の通販サイトの利用で、手軽に安価でネットから注文できます。

個人輸入は一見難しそうに感じられますが、個人輸入代行サイトのオオサカ堂を利用すればとても簡単にフィンペシアを購入できます。

個人輸入代行サイトは購入者と薬の販売元を結んでくれる存在です。

言語の壁や複雑な手続きを取り払ってくれるため、一般的な通販と同じ感覚で欲しい商品を選ぶだけで購入可能です。

 

1、買い物カゴへ入れる
2、購入画面へ
3、フルネーム・住所・電話番号・性別などを入力
4、購入決定し、支払い方法を選択
5、決済したら発送通知を待つ
6、商品が自宅に届く

 

このようにごくシンプルな手順で購入可能です。

ひとつ気をつけておきたいのが、商品は海外から発送されるということです。

手元に届くまでに約5~10日 かかるので、薬の服用ペースを確かめたうえでゆとりを持って注文する必要があります。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村