発毛剤の真実

ミノキシジル・フィナステリド・ディタステリドのジェネリックでハゲ治療

プロペシアとザガーロの効果の比較

プロペシアと同様にAGA治療薬として新たに注目を集めている新薬が、ザガーロです。ザガーロの主成分「デュタステリド」は、男性特有の病気である前立腺肥大症の治療薬としても効果を発揮する薬です。

前立腺肥大症の治療薬としては、「アボルブ」という名前になり、泌尿器科などで処方されています。

AGA治療薬のザガーロは、元々は5α-還元酵素阻害薬(5αリダクターゼ)として前立腺肥大症の治療用に研究・開発されていました。日本ではアボルブカプセル錠が2009年に承認されました。

5α-還元酵素阻害薬は、男性ホルモンの1種のDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑える効果がある薬です。

f:id:participantlink:20190614144624p:plain

DHTの生成を抑制することは、AGAにも効果が期待できると考え更に研究が進み、その結果としてAGA治療薬のザガーロが誕生し、2015年9月に承認されています。

プロペシアとは

5α-還元酵素Ⅱ型阻害薬

プロペシアは2型の5α-リダクターゼを阻害することで、男性ホルモンであるテストステロンがAGA(男性型脱毛症)の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)へと変換されるのを防ぐ、国内初の内服用AGA治療薬です。 

f:id:participantlink:20190614141235j:plain

f:id:participantlink:20190614141238j:plain

f:id:participantlink:20190614141242j:plain

主要有効成分:フィナステリド
効果範囲:5α-還元酵素Ⅱ型阻害
形状:錠剤
種類:0.2mg/1mg
主なジェネリックフィンペシア

添加物:結晶セルロース、乳糖水和物、部分アルファー化デンプン、デンプングリコール酸ナトリウム、ジオクチルソジウムスルホサクシネート、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、ヒドロキシプロピルセルロース、酸化チタン、タルク、三二酸化鉄、黄色三二酸化鉄、カルナウバロウ

ザガーロとは

5α-還元酵素Ⅰ型Ⅱ型阻害薬

ザガーロは2型だけでなく1型の5α-リダクターゼにも作用する、国内で2番目に承認された、内服型AGAです治療薬です。今まではAGAの治療としては2型のみを抑えれば良いと考えられていましたが、脱毛部位の毛包に1型も発現していることからAGAとの関係が示唆されています。頭頂部のみならず、前頭部にも強い発毛効果が見られることが特徴です。 

f:id:participantlink:20190614141712j:plain

f:id:participantlink:20190614141714j:plain

f:id:participantlink:20190614141718j:plain

主要有効成分:デュタステリド
効果範囲:5α-還元酵素Ⅰ型Ⅱ型阻害
形状:ソフトカプセル剤
種類:0.1mg/0.5mg
海外の承認商品:アボダート

添加物:ジブチルヒドロキシトルエン、中鎖モノ・ジグリセリド、ゼラチン、グリセリン、濃グリセリン、酸化チタン、黄色三二酸化鉄(0.1mgのみ)、三二酸化鉄、中鎖脂肪酸トリグリセリド、レシチン

ザガーロの効果

ザガーロは、「男性における男性型脱毛症(AGA)」を適応症として承認され、ザガーロカプセル0.1mgとザガーロカプセル0.5mgの2種類が承認されています。

ザガーロは1日に1回1錠を服用し、半年以上の長期間服用し続ける必要がある薬です。

基本は0.1mgを服用しますが、必要に応じて0.5mgを服用していきます。

半年間服用し続けた結果、男性型脱毛症の原因となる抜け毛に大きく関与している頭皮のジヒドロテストステロン(DHT)の濃度が40~52%減少したデータがあります。

頭皮のジヒドロテストステロンの濃度が下がると、男性ホルモンによる強制的な抜け毛がなくなり、強くて太い本来の健康的な髪の毛が増えていきます。

5α-還元酵素阻害薬のザガーロ

プロペシアもザガーロも、1日1回1錠ずつ服用します。どちらの薬も5α-還元酵素阻害薬で、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を防ぎます。プロペシアやザガーロを服用していくと、髪の毛のサイクルを正常に戻す事ができます。

薬の効果で大きく違う点に、プロペシアの主成分フィナステリドは、5α-還元酵素2型の阻害薬であることに対して、ザガーロのデュタステリドは1型・2型両方共阻害します。

5α-還元酵素の1型と2型の違い 

5α-還元酵素1型 

主に皮脂腺部分に多く存在する

5α-還元酵素2型 

主に毛乳頭部分に多く存在する

f:id:participantlink:20190614143300j:plain

この5α-還元酵素は人によって多い・少ないがあり、5α-還元酵素の活性を持つ遺伝子は優性遺伝することも分かっています。これらの要因により、親が薄毛の場合、子どもも薄毛になりやすくなるのではと推測されています。

AGAの治療においては、毛髪に直結した部位に注目が集まりますが、上記の部位以外にも5α-還元酵素は、精巣や前立腺にも存在しています。

前立線の5α-還元酵素を阻害する結果、前立腺の肥大化を抑える効果が生まれてきます。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

フィナステリドとミノキシジルの併用効果

薄毛は人によって頭頂部であったり、生え際であったりと場所が全然変わってきますが、ミノキシジルとフィナステリドを併用することでその多数の薄毛タイプをカバーすることができます。

例えば、頭頂部の薄毛。これは血管の詰まりによる血流不足が原因のことが多いと言われていますが、頭頂部は最も血管が集まる場所です。

そんな時はミノキシジルが効果的です。血管を拡張することで、血流不足を改善することができるからです。元々血管が多い場所ですから、その作用が一番期待できます。

では、前頭部の薄毛はどうなのかというと、これは原因がわかりにくいんです。

血流不足になりがちな場所ではあるのですが、DHTも発生しやすい場所なのでミノキシジルが有効かフィナステリドが有効が判断がつかない場合が多いです。

こういう場合に併用しておけば、前頭部の薄毛にも対応できるということになります。

どういうタイプの薄毛にも対応できるということから、調べてみると実は、日本でも日本皮膚科学会が治療データに基づいて推奨している発毛法となっています。

さらに海外の話になりますが、アメリカ医薬品局(FDA:日本の厚生労働省にあたるHHSに属している医薬品から食品、医療機器までを一括で管理している機関)でも併用は認められていることから、まさしく世界共通の発毛法といえます。 

f:id:participantlink:20190621023139p:plain

フィナステリドの効果

フィナステリドの効果は、5aリダクターゼを抑えて脱毛を防ぐことです。

DHTの生成を防ぎ、ヘアサイクルを正常に戻してくれるため、成長期が長くなります。

これに伴って髪自体も太くコシが出るため、頭皮が透けて見えることがなくなるのです。国内の臨床実験によると、1年で58%、2年で68%、3年で78%と飲み続けるほど改善効果が得られるという結果が出ました。

DHTは一度生成されるとヘアサイクルに影響を及ぼすため、途中でフィナステリドの服用をやめてしまうと効果が半減すると考えられます。フィナステリドによる5aリダクターゼの抑制は、脱毛のメカニズムを改善するものなのです。 

f:id:participantlink:20190621024354p:plain

ミノキシジルの効果 

ミノキシジルの効果は、フィナステリドとは全く異なります。もともと、ミノキシジルは高血圧患者の治療のために開発された薬品でした。

投与した患者に発毛効果が見られたために、薄毛治療薬として開発が進んだ背景はフィナステリドと似ています。

ミノキシジルの効果は毛根部分の血管を拡張し、血流を促進することです。

髪の毛は毛乳頭から栄養を受け取り、毛母細胞が分裂することによって成長します。

毛乳頭自身は血液によって運ばれてくる栄養を取り入れているため、血流が悪いと十分に栄養が髪に行き渡らず、成長できなくなるのです。

血管拡張作用のある薬はほかにもありますが、ミノキシジルはとりわけ発毛に効果的であることで知られています。
なお、ミノキシジルには外用薬と内服薬があります。

外用薬は頭皮に直接塗布するものですが、頭皮から浸透して残留する時間はそれほど長くなく、効果は一時的です。

対して、内服薬は血流に溶け込むため、持続的な作用が期待できます。 

f:id:participantlink:20190621024519j:plain

フィナステリドとミノキシジルの併用効果 

5aリダクターゼを抑制し、ヘアサイクルを改善することで脱毛を改善するフィナステリドと血管を拡張して血流を促進してくれるミノキシジル

この2つは相性がよく、併用することで相乗効果が期待できます。

フィナステリドによって正常に戻ったヘアサイクルで、ミノキシジルが髪の成長を強力にサポートしてくれるのです。

この場合、ミノキシジルは外用薬ではなく内服薬がいいです。

通常、医療において同じ効果のある薬を重複して使用することはほとんどありませんが、フィナステリドとミノキシジルはメカニズムが全く違うため、体への負担が小さいと考えられています。

実際にAGA専門クリニックや育毛サロンで2つを併用して治療を進めているところも多いです。

もし、現在片方だけ使用していて効果が感じられていないなら、併用を試してみる価値があります。 

f:id:participantlink:20190621024502p:plain 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

薄毛が気になってきたら自分でもできるAGA診断

薄毛が気になってきたら自分でもできるAGA診断をまずは行ってみましょう。

薄毛の原因の多くはAGA(男性型脱毛症)によるものなのですが、AGAかどう見極める必要があります。
AGAは進行性の脱毛症なのでほったらかしにしておくと症状はひどくなりハゲてしまします。
ハゲ頭にならない為にも、自分はAGAである自覚を持つことから始めることが大切になります。
もちろん正確な診断を行うためにはAGAクリックで見てもらう必要があるのですが、そこまでしなくても自宅で簡単にAGAなのかどうかを診断する方法があります。
とても簡単なのでさっそく確認していきましょう。 

自分でできるAGA診断

 

f:id:participantlink:20190921232627g:plain

 まずは、頭頂部から耳たぶにかけて仮想の線を引きます。

さらにそこから2cm手前に、仮想の線引きます。
もし、額の生え際がその線を越えてしまっていたらAGAであると判断できます。
上の画像だとギリギリAGAではないと判断できます。
額の両端が剃り上がったようになっていたり、おでこ自体が広がってきてるなと感じていたら、3cmで判断すればいいし、そうでなかったら2㎠で判断します。
また、実際に行う際は、定規などで生え際との距離を定規で測ってみればいいと思います。

AGAについて

AGAチェックでAGAの恐れがあると判断した人も、そうでなかった人も、薄毛が心配である以上、薄毛の主役ともいえるAGAについては知っておいた方がいいかもしれません。
この機会にAGAについて正しく理解しておきましょう。
AGAになるとなぜ薄毛になるのか?

f:id:participantlink:20190921232828j:plain

AGA(男性型脱毛症)とは、思春期以降の男性に起こる進行性の脱毛症のことをいいます。

AGAになると毛乳頭(毛の根元の黄色い丸の部分)に存在する5αリダクターゼと呼ばれる酵素がより活性化します。
この活性化した5αリダクターゼが毛細血管を伝ってきた男性ホルモンの一種テストステロンを悪玉男性ホルモンとも呼ばれるDHT(ジヒドロテストステロン)に変換させます。
そして、今度はDHTが『脱毛因子』を生み出します。
脱毛因子は髪の毛をつくってる毛母細胞や毛乳頭に『脱毛指令』を出すことができます。
脱毛指令を受けた毛母細胞や毛乳頭は、命令に従い髪の毛をつくりだすことをやめてします。
そのせいで髪の毛が抜けたり成長しにくくなるため、薄毛が徐々が進行していくことになります。
もとをただせばAGAの原因は5αリダクターゼのせいとも言えて、5αリダクターゼが少なければ薄毛になることはありません。しかし、5αリダクターゼが多いか少ないかは遺伝によって決まってしまうので、どうすることもできないのです。
これがAGAの原因が『遺伝』といわれる所以です。
また、遺伝以外でよく言われているAGAの原因の一つが『男性ホルモン』になります。しかし、男性ホルモン(テストステロン)が多いからといって薄毛になることはありません。
あくまで薄毛に影響するのは悪玉男性ホルモンのDHTのみです。
そして、テストステロンをDHTに変換させる役目を果たしているのが5αリダクターゼとなるので、AGAの原因は男性ホルモンというよりは遺伝といったほうが正しいのではないかと思います。

アサイクル

f:id:participantlink:20190921234335j:plain

髪の毛には、独自のサイクルで生えては抜けるを繰り返すヘアサイクルというものがあります。

健康な髪であれば、約3年から6年で「成長期」→「退行期」→「休止期」という一連の流れを経て脱毛します(このうちおよそ9割の期間が成長期です)。約2~3ヶ月ほどの休止期間を経ると抜けた部分からまた新しい髪の毛が生えてきて再びヘアサイクルを繰り返します。

以下にこのヘアサイクル(毛周期)をもう少し詳しく解説します。

成長期(3~6年)

成長期は、細胞分裂が活発におこり新しい髪の毛が太く長く伸びる期間です。健康な髪であれば一般的に3年から6年ほどこの期間が続きます。

成長期は、3段階に分かれます。

 

成長期1

髪が生まれる最初の段階です。古い髪が根元から離れると同時に、奥のほうでは毛母細胞が分裂を開始し、新しい髪をつくり始めます。

成長期2

奥のほうで新しい髪が成長し、古い髪を押し出そうとする段階です。この頃になると古い髪は簡単に抜け出るようになります。シャンプーやブラッシングで抜けるのは殆どこの時期の髪です。

成長期3

最後に古い髪が抜け落ち、新しい髪が長く太く成長する時期です。髪は成長期1~3まで毛母細胞が活発に働き一般(平均)的に男性なら約3~5年、女性なら4~6年育ち続きます。

髪の毛のおよそ80%~90%がこの成長期の段階にあるといわれています。
アサイクルのうちこの成長期が短くなる症状をAGA(男性型脱毛症)といっています。女性でもホルモンバランスを崩し、男性ホルモンが優位に立つと同じ症状がおこります。近年、この女性のAGA(FAGA)が増えてきていると言われています。

退行期(2~3週間)

毛母細胞が寿命を迎え細胞分裂が減少し、髪が成長しなくなる段階です。やがて髪の毛が毛母細胞から離れて完全に成長をやめるまで約2週間~3週間かかります。

髪の毛のおよそ1%ほどがこの退行期の段階にあるといわれています。

休止期(2~3ヶ月)

毛母細胞での細胞分裂が停止し、休止期に入り脱毛が始まります。成長が止まった後は、頭皮表面に向けてだんだん上に上がっていき、抜け落ちる準備をします。2~3ヶ月間この状態が続いている間、奥では新しい髪の毛の製造準備が始まります。

休止期の状態は、髪全体のおよそ10%~20%を占めていると言われています。

AGAは、何らかの原因でこのヘアサイクル(毛周期)が狂っているからと考えられています。

髪の毛は個人差があるものの平均的に約10万本あるといわれ、1日に50~100本ほどの髪の毛が自然に抜け落ちると言われています。一方、生えてくる髪の毛もそのくらいありますので、このバランスが保たれていれば髪の毛が減ることはない訳です。

しかし、ヘアサイクルの成長期の期間が短い髪の毛が増えてくると抜け毛の本数が増え、段々と会の毛の本数が減り、薄毛になってしまいます。

そこで多くの育毛関連商品はヘアサイクルの正常化(成長期の延長や退行期へのシフトの防止)に働きかけて抜け毛を食い止めようとしています。

ハミルトンノーウッド分類でAGAの進行を確認

f:id:participantlink:20190921232932j:plain


AGAチェックを行い、自分の薄毛の原因がAGAかも知れないと思ったら、今度はハミルトンノーウッド分類(高島分類)を使ってAGAの進行状況を確認する必要があります。
ハミルトンノーウッド分類は欧米などでよく使われているAGAの進行状況を確認するために作られた指標です。なお欧米人よりもてっぺん(頭頂部)が薄くなる傾向が高い日本人には合わないところもあるので、日本では日本人用に修正した高島分類が利用されています。

Ⅰ型:前頭部の生え際がM字型に後退し始めた状態
Ⅱ型:Ⅰ型よりもさらに進行した状態
Ⅱ型Vertex型:Ⅱ型に加え、頭頂部がO型に薄くなった状態
Ⅲ型:Ⅱ型よりもさらに進行し、髪全体のボリュームも薄くなった状態
Ⅲ型Vertex型:Ⅲ型に加え、頭頂部がO型に薄くなった状態
Ⅳ型:前頭部の生え際がⅢ型よりも後退し、頭頂部もO型に薄くなってきた状態
Ⅴ型:Ⅳ型がさらに進行した状態
Ⅵ型:前頭部と頭頂部の薄毛部分が繋がり、髪の毛のある部分が側頭部と後頭部のみの状態
Ⅶ型:Ⅵ型が進行し、側頭部と後頭部の毛量も減ってきた状態

ハミルトンノーウッド分類(高島分類)では症状が薄いⅠ型からかなり進行してしまったⅥ型まで7つに分類していて、さらにⅡ型とⅢ型には頭頂部(Vertex)が薄くなるバージョンとそうでないバージョンが存在しています。
AGAになると5αリダクターゼが多く存在していているのところから薄毛になっていきます。最も多いのが前頭部で、次に多いのが頭頂部となるので、前頭部、頭頂部の順でハゲていきます。
なお5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型が存在していて、Ⅱ型の5αリダクターゼがより薄毛の原因となっていて、前頭部から頭頂部にかけて存在しています。

まとめ

AGA診断の結果AGAでないとの判断をしたなら、他の薄毛の可能性も確認してみてください。

円形脱毛
・薬剤性脱毛症
・皮膚疾患による脱毛症
・栄養障害による脱毛症
AGA以外にも上記のような脱毛症が存在しています。
もしどれにも該当しないようならば、規則正しい生活や食生活を心がけてみてください。
それでも改善しないようならば、本格的な薄毛対策を考えていきましょう。

AGA診断の結果AGAだと判断した場合は、本格的な薄毛対策を考える必要があります。そうしなければ薄毛はどんどん進行していきます。
後は個人の判断で、AGAクリニックを選択するのか、それとも発毛剤などを使用して自分の力で薄毛対策をするのかを決めればいいでしょう。 

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

発毛剤のミノキシジルでの初期脱毛

発毛剤のミノキシジルでAGA治療をすると、初期脱毛の症状が出ることがあります。

初期脱毛は、髪の生え変わりが正常に起きている証拠になります。

副作用や異常ではないので、ミノキシジルの初期脱毛を抑えようとする必要はありませんのでご安心ください。

 

f:id:participantlink:20190712234015j:plain

 

ミノキシジル初期脱毛

初期脱毛とは、AGA治療をはじめてから最初の1~2か月で、大量に抜け毛が起こる現象をいいます。

f:id:participantlink:20190924145511p:plain

日常でも1日に90本前後の髪の毛が抜けているものの、AGA治療をはじめてすぐのタイミングで、200本以上も髪の毛が抜けるとなると、はじめはビックリされると思いますが心配はいりません。

初期脱毛のメカニズム

初期脱毛は、成長しない古い毛髪が、新しく生えた毛に押し出されることで起こります。
アサイクルによって毛は周期的に生え変わっていますが、成長が止まった状態の毛は、しばらくは伸びもせず抜けもせずとどまります(休止期)。毛母細胞も数か月に渡って成長が止まり、抜け毛の時期を迎えるのです。
ミノキシジルでAGA治療を行うことで、毛母細胞が活性化します。毛根では髪の毛の生成が行われるため、下から新しく作られる毛に、上に残っていた古い毛が押され、抜けてきってしまうのです。
これが、初期脱毛が発生するメカニズムです。

f:id:participantlink:20190921234335j:plain

初期脱毛は心配なし

ミノキシジルでの治療前に、医師から初期脱毛について説明を受けることもあるでしょうが、実際に大量の抜け毛を見ると不安に感じてしまうかたが多いようです。
それこそ、髪の毛がすべて抜けてしまうのではと疑うような本数かもしれませんが、初期脱毛が起こっているということは、ミノキシジルの成分が効いているということでもあるのです。

治療の効果があらわれている証拠です。

ミノキシジルによる初期脱毛の期間には、個人差があり、治療を開始して、10日後から15日後あたりからはじまるのが一般的です。

古い毛を押しだすだけの、新しい毛が生えてくるまでの期間となります。
ミノキシジルが効きやすい人、効きにくい人、毛根の個人差、薄毛の範囲、様々な要因があるため、ミノキシジルの効果には個人差が多少あります。
初期脱毛が落ち着くまでの期間は、薄毛の範囲によって変化していきます。

広ければ長く、狭ければ短くなるのです。期間は長いと1か月間、短いと半月程度で抜け毛は収まるようになります。

それでも異常な脱毛を感じたら

ミノキシジルでAGA治療を開始して、初期脱毛のような抜け毛が2か月、3か月と続く場合は、初期脱毛以外の原因を疑う必要があります。
初期脱毛が終わらない場合には、薬の薄毛治療の速さよりも薄毛の進行が早いこともあり得るので、ミノキシジルでは治療ができないこともあるのです。
他の治療法と併用したり治療法を変える場合も考え、早めに医師に相談することをおすすめします。

初期脱毛の有無で効果の度合いがわかる

ミノキシジルの影響による初期脱毛は正常です。初期脱毛が見られるということはそれだけ薬が効いているという証拠になります。

ミノキシジルが血行を促進する

ミノキシジルには血行を促進する効果があります。
頭皮の血行が促進されることで毛母細胞が活性化し、髪の毛の生成が行われます。新しい髪の毛が成長すると、古い毛は押し出されるため、一時的に髪の毛が大量に抜けるのです。
つまり初期脱毛が見られているということは、新しい髪の毛が生え始めているという証拠。ミノキシジルによって毛母細胞が活性化しているという事なので、薬の効果が出ているということになります。
ミノキシジルによる初期脱毛は、薬が効いている証拠なので、症状を抑えることは不可能です。古い毛が抜けきり、ヘアサイクルが整うと症状は落ち着いてくるので、それまで待つようにしましょう。
ミノキシジルを利用していても初期脱毛が起きないことがある
逆に、ミノキシジルを利用していて、初期脱毛が見られなかったときは、どうしたらいいのでしょうか。
初期脱毛が見られないときは、薬が効いていない可能性も考えられます。また、人によっては薬の効果はあるものの、初期脱毛が起こらないこともあります。そもそもヘアサイクル自体、まったく同じではありません。これから成長する毛母細胞が多く、古い毛が少なければ、それだけ抜ける毛も少なくなります。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

生え際の薄毛を復活させる方法

人の印象を左右するのが生え際です。

見られやすい部分だからこそ、なんとかしたいと悩む方は多いと思います。

f:id:participantlink:20200311000823p:plain

ここでは、後退してきた生え際への対処方法について解説していきます。

生え際の発毛は、頭頂部の発毛より難しいと言われています。

なぜ生え際の発毛は難しいかというと生え際の後退は放置すると進行するばかりだからです。

だからこそ、生え際の発毛が難しい原因や後退する原因を知り、正しいケアをすることが改善への近道です。

5αリダクターゼが多い

f:id:participantlink:20190617143301p:plain

AGAを発症すると、前頭部と頭頂部にその症状が現れやすくなります。

そもそも、AGAの原因物質であるジヒデロテストステロン(DHT)を生成するのには、5αリクターゼが影響しています。

5αリクターゼには、実はⅠ型とⅡ型の2種類があり、Ⅱ型5αリクターゼがジヒデロテストステロン(DHT)を生成すると言われています。

この5αリクターゼは、Ⅰ型は側頭部・後頭部に、前頭部から頭頂部にはⅠ型とⅡ型が存在しています。

アサイクルを乱すⅡ型5αリクターゼが存在するのは前頭部から頭頂部にかけてであり、特に生え際には頭頂部の約2倍の高濃度のⅡ型5αリクターゼがあるといわれています。

そのため、生え際は特に5αリダクターゼの影響を受けやすく、ジヒドロテストステロン(DHT)によって毛母細胞は増殖が抑えられ、髪の毛の成長が止まってしまうのです。

血管が少ない

f:id:participantlink:20190617143419p:plain 

生え際は、頭頂部や後頭部に比べて血管が少ない場所になります。

血管は血液を運び、その血液によって栄養が運ばれます。

もともと血管が少ない生え際というのは、血行が悪くなるだけで栄養不足になりやすいのです。

栄養不足になった部分の髪の毛は細く薄くなっていきます。

そのため、生え際は発毛がしにくいのです。

皮膚が固くなりやすい

生え際は、顔の皮膚に近い場所です。

そのため、顔の表情の影響を受けやすくなります。

顔の表情が緊張すれば頭皮も硬くなりやすく、血行が悪くなります。

血行が悪ければ髪の毛への栄養は不足し、発毛がしづらくなります。

後退した生え際を発毛させる方法

後退したように見えても産毛が残っていれば発毛させる方法はあります。

まずは有効成分フィナステリドが配合されている内服薬と、有効成分ミノキシジルが配合されている外用薬を使用したAGAの基本の治療を行います。

ただし、頭頂部よりその効果は出にくいので時間がかかることを忘れてはいけません。
継続することが大切です。

長い期間をかけても内服薬・外用薬のみでは期待する効果が出なかった場合は、治療薬に加えて頭皮を改善するために頭皮メソッドを行っていきます。

血行が悪くなった硬い頭皮をケアすることは、栄養を行き渡らせるためにも大切です。

また、乱れた生活環境や食生活を改善することで、血液をサラサラにし、栄養が運ばれやすい血液を作り出すことができます。

食事だけでは摂りきれない栄養素はサプリメント等を使用すると効果的です。

治療薬

治療薬で使われる有効成分フィナステリドとミノキシジルですが、内服薬としておすすめするのはフィナステリドです。 

f:id:participantlink:20190617145907j:plain

フィナステリド

フィナステリド(プロペシア)は、5αリダクターゼを抑制する効果があります。

そのため、AGAの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)が生成されなくなります。

ミノキシジル

もともと血圧降下薬なので、動悸をはじめ、胸の痛み、むくみ、赤ら顔、体力の低下、性欲の減退、体毛の増加等の副作用がリスクが多少あります。

有効成分ミノキシジルが配合された外用薬は市販もされていますが、経口するミノキシジルタブレットの販売は認可されていないので、入手方法としては個人輸入を行うことで入手可能です。 

発毛剤

毛母細胞に作用し、脱毛後に新しく発毛させることを目的としているのが発毛剤です。

ミノキシジルは血管拡張作用のある成分です。

そのため、外用薬として使用することで頭皮の血行を良くし、毛根まで髪の毛の成長に必要な栄養を行き渡らせる効果があります。

髪の毛は毛母細胞の分裂によって発毛します。

細胞分裂は十分な栄養がないとできません。

栄養をしっかり届けることで、細胞分裂による成長を促します。

フィナステリドと併用することでさらにその効果はアップします。ただし、AGA発症から長期間経過してしまうと毛根自体が死んでしまうため、効果が出せない場合もあります。

これらを組み合わせることで、より効果的に毛根に働きかけ、発毛効果を短期間で実感できるようになるのです。

生活改善

生活を改善することは、髪の毛だけではなく、体の健康にとっても大切なことです。
ゴールデンタイムにはしっかり睡眠をとり、適度な運動をしてストレスを発散させる等意識することが大切です。

あわせて、食べ物や使用するシャンプーに気をつけ、頭皮マッサージを取り入れていくとより効果的です。

食べ物 

タンパク質が多い食べ物を摂ることが大切です。

特にイソフラボンにはジヒドロテストステロン(DHT)を抑制する効果もあるので大豆製品は積極的に摂取するとよいです。

また、肉にはタンパク質も多く含まれるのですが、脂肪も多いのでできるだけ控えるべきです。

魚や海藻、野菜を多く摂ってミネラルもしっかり補給し、髪の毛に良いとされる亜鉛を多く含んだレバーや牡蠣もバランスよく食べることが大切です。

また、どうしても不足してしまう栄養分についてはサプリメントを活用すると効果的です。

シャンプー

頭皮を守るためには適度な皮脂が必要です。

洗浄力が高すぎると必要な皮脂を落としてしまう可能性があります。

しかし、洗浄力が弱すぎると頭皮を清潔に保てなくなる場合もあります。

おすすめなのが「アミノ系洗浄成分」です。アミノ酸は、人間の皮膚や筋肉、そして髪の毛を構成しているタンパク質の主な主成分です。

人の体に対してとてもよくなじみ、髪の毛や頭皮への刺激が強くなく、適度なうるおいを残しつつ、ダメージ補修効果も望めると言われています。

また、髪の毛を洗う際には頭皮を十分にすすぐことがポイントです。

頭皮マッサージ

頭全体をマッサージすることによって、頭皮にある毛細血管を刺激して血行を良くし、硬くなりやすい頭皮を柔らかくしてきます。

丁寧にマッサージをすることによって毛穴に詰まった皮脂汚れを押し出すこともできるので、入浴時などに行うとより効果的です。

また、頭皮をマッサージし毛根を刺激することによって、毛乳頭が栄養を取り込みやすくなるため、ヘッドスパもおすすめです。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

成人男性の約3人に1人が男性型脱毛症AGA

AGAとは、男性型脱毛症のことで日本では、約1,260万人以上の方が対象とされており、成人男性を中心に髪が薄くなる状態をいいます。

 

f:id:participantlink:20190608144533j:plain

 

特定の薬剤の名称や治療法のことではなく、薄毛や抜け毛に悩んでいる方や将来自分の頭髪に不安があるという方をサポートし、生活習慣の改善まで含めてケアしていくことが「AGA治療」とされています。

成人男性の約3人に1人がAGAに悩まされていますが一番の理由とされるのが男性ホルモンの過剰分泌といわれ、頭頂部と額の生えぎわから起こることが特徴です。
よく、AGAと薄毛の差で混乱される方がいます。

 

薄毛は、一般的に思春期以降、額の生え際や頭頂部の髪の一方または双方から薄くなっていくとされます。

遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられていますが、AGAは皮膚内で毛髪を作り出す毛包が十分に成長しないため、髪の毛が太く長く育たないうちに抜けてしまいうことが原因といわれ、徐々に薄毛や抜け毛が進行していきます。

しかしながら、完全に髪がなくなるのではなく、細く弱々しいうぶ毛は残っている状態です。

とはいえ、毛包が存在している限り、髪の毛は太く長く育つ可能性があります。AGAの中心年齢は、30代?50代の中年の男性にみられる傾向ですが、近年では20代の若い人のAGAも増えてきています。

特にAGAは進行度に個人差がありますので、何もしないでゆっくりと髪の毛の数は減り続け、抜け毛・薄毛が徐々に目立ってきます。

髪は一定のサイクル(毛周期)にしたがって、成長しては抜け落ち、同じ毛根からまた新しい髪が生えてくるというサイクルを繰り返すとされています。

本来、髪の毛は抜けるものなので、シャンプーの際の抜け毛や朝起きたときの枕元の抜け毛などはあまり気にする必要はありませんが、抜け落ちる量が極端に多い場合は心配です。正常な毛髪のサイクルが保たれていれば、薄毛になることもありませんが、実はこのサイクルを乱す物質が存在します。

これが、「DHT(ジヒドロテストステロン)」と呼ばれる男性ホルモンの一種で、本来は男子の胎児期に外性器の発達を促す重要な働きをするホルモンです。

DHTは思春期を過ぎると、悪玉男性ホルモンへと変化し、この変化により、AGAだけでなく、ニキビを増やしたり、前立腺肥大などの症状を引き起こす原因となってしまうのです。

DHTが正常な毛髪サイクルを乱す原因となるメカニズムは、男性ホルモンである「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という酵素の働きによって「ジヒドロテストステロン(DHT)」となり、毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体(レセプター)と結びついてしまうと、薄毛を加速させてしまうといわれています。

通常、生えた髪の毛は2年~6年、維持されますが、「DHTタイプII」がターゲットである前頭部と頭頂部の髪の毛の毛乳頭細胞にある「男性ホルモンレセプター」に接続すると脱毛に関するたんぱく質を生成し、一気に毛髪の寿命を縮めてしまいます。

これにより数ヶ月から1年で成長が止まってしまいます。髪は、「毛周期」にあわせ、毎日少しずつ成長しています。AGAは、このヘアサイクルが崩れることによって起こってしまいます。

前述したとおり、AGAは「男性型脱毛症」という意味を持ち、数多くある脱毛タイプのひとつに数えられますが、男性であれば、薄毛・抜け毛の悩みはすべてAGAに当てはまるということではありません。

若い男性に多く見られることが多い脱毛タイプで、男性ホルモン(テストステロン)が大きく関係していると言われています。

その他にも、加齢・ストレス・食事・生活習慣なども関わっているとされています。
過剰なストレスなどを受けると血管収縮のため、頭皮への影響もありますので、ストレスのない生活を目指すことも大切です。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

アボルブ(デュタステリド)はフィナステリドよりも効果あり

アボルブ(デュタステリド)は、薄毛治療薬としては新しい薬であり、これからの薄毛治療で大変期待されているものです。

もともと前立腺肥大症の治療のために研究されていたもので、フィナステリドと同様のはたらきがあります。

フィナステリドを主成分とする薄毛治療薬のプロペシアとほぼ同じ役割で用いられてきました。

ただし、アボルブ(デュタステリド)はフィナステリドよりも効果も副作用のリスクも強いと言われています。

それには男性ホルモンへの働き方が関係していると考えられます。

アボルブ(デュタステリド)のはたらき

アボルブ(デュタステリド)のはたらきはプロペシアと同じです。

アボルブ(デュタステリド)のはたらきは、5aリダクターゼの抑制であり、これはプロペシアに含まれている薄毛治療の有効成分であるフィナステリドと同じものです。

フィナステリドと同様に前立腺肥大症の治療のために研究開発されていましたが、薄毛への効果に注目されて薄毛治療の効果への期待が高まっています。

アボルブ(デュタステリド)は、内服薬として服用することで、血液を通して頭皮へとたどり着きます。

頭皮ではテストステロンという男性ホルモンが5aリダクターゼの影響を受けてジヒドロテストステロンに変わり、毛根にある細胞を攻撃して薄毛が進行します。

アボルブ(デュタステリド)は、そんな5aリダクターゼに働きかけてテストステロンがジヒドロテストステロンに変わらないようにするためのものです。

アボルブ(デュタステリド)の成分はフィナステリドと同様ですが、その効果はフィナステリド以上と考えられています。

強力な効果が期待できますが、男性の性機能に関する副作用のリスクも高くなってしまう恐れがあります。

5aリダクターゼⅠ型とⅡ型

f:id:participantlink:20190504222416j:plain

アボルブ(デュタステリド)は5aリダクターゼⅠ型とⅡ型に働きかけます。

アボルブ(デュタステリド)の薄毛治療への効果が優れていると言われているのは、含まれている成分が5aリダクターゼⅠ型とⅡ型の両方に働きかけるためと言われています。

フィナステリドと同様に薄毛を引き起こす要因と考えられている5aリダクターゼに機能するのは同様ですが、それにはいくつかのタイプがあり、全てが頭皮で薄毛を進行するとは言えないのです。

特に5aリダクターゼのⅠ型は、毛根ではなく皮脂腺に多く集まっています。

この場合には、5aリダクターゼは皮脂の分泌を過剰にしてニキビ肌やオイリー肌を作ります。

毛根の毛乳頭という部分に作用して薄毛を引き起こすのは主にⅡ型です。

アボルブ(デュタステリド)はそのⅡ型とⅠ型の両方に機能します。

少ないですがⅠ型をもつ薄毛のタイプもあるため、両方に働きかけることができることは大切です。

アボルブ(デュタステリド)は副作用

アボルブ(デュタステリド)は副作用も持っています。

アボルブ(デュタステリド)は、フィナステリドと同様の機能を持っている治療薬です。

しかし、フィナステリドと同様に、男性ホルモンに影響を与えることによる副作用もあります。

アボルブ(デュタステリド)の副作用は、薄毛に対する効果が高い分だけ重く、また確率としても起こりやすいと言われているため注意が必要です。

アボルブ(デュタステリド)の副作用の主なものは、勃起不全や性欲減退、乳房障害などです。

それ以外にも倦怠感、食欲不振、肝機能障害などを引き起こす可能性もあります。

フィナステリドと同じ副作用ですが、アボルブ(デュタステリド)で起こりうる副作用の確率は、それ以上と言われています。

フィナステリドの副作用の確率は3%程度と言われていますが、アボルブ(デュタステリド)では10%程度になっています。

アボルブ(デュタステリド) のまとめ

アボルブ(デュタステリド)は効果も副作用も強い薬とされています。

アボルブ(デュタステリド)はフィナステリドと同様のはたらきを持っており、薄毛治療への効果が期待されています。

ただしフィナステリドに比べて副作用も強めに出るリスクも懸念されています。

アボルブ(デュタステリド)の働きはプロペシアと同じです。

アボルブ(デュタステリド)はプロペシアに含まれる有効成分のフィナステリドと同じ性質を持っています。

薄毛への効果は高くなっておりますが、その分副作用のリスクも高くなってしまいます。

アボルブ(デュタステリド)は5aリダクターゼⅠ型とⅡ型に働きかけます。

アボルブ(デュタステリド)は5aリダクターゼのⅠ型とⅡ型の両方に働きかけて薄毛の治療効果を与えると考えられています。

薄毛の主な原因として考えられるのはⅡ型ですが、少数派でⅠ型を持つ人もいるので両方に効く薬は大切です。

アボルブ(デュタステリド)は副作用も持っています。

アボルブ(デュタステリド)はフィナステリド以上の効果とともに副作用も強く、勃起不全や性欲減退などの症状が起こると考えられます。

その確率もフィナステリド以上となっています。

ディタステリドの最安値商品アボダート

f:id:participantlink:20190504222540j:plain

アボダートとは、ザガーロと同じくデュタステリドを主成分としている医薬品で製造販売元も同じく英国に本社を置くグラクソ・スミスクライン|GSK(GlaxoSmithKline plc)です。

世界102カ国以上で前立腺肥大症(BPH)の治療薬として承認を受けていますが唯一、韓国でのみAGA治療薬としても承認されています。

デュタステリドの含有量が0.5mgでGSKが製造したものであれば商品名が違うだけでザガーロは中身は全く同じ薬です。

よってデュタステリドを主成分とする医薬品でAGA治療の適応が認められているのは日本(ザガーロ)と韓国(アボダート)の2カ国のみということになります。

日本国内では2009年に前立腺肥大症(BPH)の治療薬として発売されたものがデュタステリド0.5mg含有の「アボルブ」、2016年にAGA治療薬として発売されたのがデュタステリド0.1mgと0.5mgと含有量が2種類ある「ザガーロ」、商品名と用途が違うだけで、どちらもデュタステリド0.5mg含有したものであれば中身は同一の医薬品です。

これが海外だとアボダートという製品名で発売しているだけなのです。

アボダートは成分が同じ商品のザガーロやアボルブよりも安価に手に入れることができます。 

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

ミノタブとフィナステリド併用で発毛効果

基本的に病院やAGAクリニックなどでもそうですが、薄毛治療の基本はミノキシジルとフィナステリドの併用が一般的ですね。個人的には経験上ミノタブだけでもかなり効果は高いと考えていますが、やはりフィナステリドとの併用が効果が高いとされています。

 

なので、もしミノタブだけで効果がいまいち感じられない、もっと効果を加速させたいという場合は、ミノタブと同時にフィナステリドも併用するといいでしょう。

 

 

フィナステリドの効果効能とは

ミノタブが”最強の毛生え薬”ならば、フィナステリドは”最強の抜け毛防止薬”と言ったところでしょうか。基本的にフィナステリドは脱毛症状がひどい場合に治療に用いられる医薬品で、いわば攻めというよりは守りの薬です。

 

f:id:participantlink:20190926094639p:plain

 

AGA(男性型脱毛症)による脱毛原因と言われるジヒドロテストステロン、一般的にはDHTと呼ばれますが、これはそもそも男性ホルモン(テストステロン)と還元酵素(5αリダクターゼ)が結合して生成される脱毛因子です。

 

フィナステリドはこのうち還元酵素(5αリダクターゼ)の作用し、これをブロックすることによって男性ホルモン(テストステロン)との結合を阻害するので、結果的にDHTの生成を防ぐ働きがあるというわけです。


ちなみに還元酵素(5αリダクターゼ)には1型と2型がありますが、フィナステリドでブロックできるのは2型のみです。すべての還元酵素をブロックできるわけではないので、100%脱毛対策に効果があるとは言い切れません。 

 

f:id:participantlink:20190809160310j:plain

フィナステリドの副作用とは

そんな抜け毛対策に有効的なフィナステリドですが、ミノタブ同様医薬品のため軽微ながら副作用はあります。主にカラダの気だるさやめまいがそれに当たります。どれも風邪薬程度の軽微なものなので、そこまで心配する必要はありません。

 

発売当初は(未だにネット上の一部でも)精力減退や勃起不全(ED)、性機能障害や乳房が出てきて女性化するなどといった怖い噂が流れていましたが、どれもプラシーボ効果によるものだと実験でも証明されており、プロペシアを販売している製薬会社も公に実験データを公表しています。

 

また、ごくまれに実際にそういった症状を実感している方は、効果を高めようと用法容量を守らずに大量摂取しているということがわかりました。普通にしっかりと用法を守って服用すれば、そんな重篤な副作用の心配をする必要はありませんので安心してください。 

フィナステリドの副作用より怖い危険性

フィナステリドには副作用よりも注意しなければならないことが一つだけあります。それは、女性の服用は絶対NGという点です。

 

さらに怖いのは、服用だけではありません。とくに今後妊娠する可能性がある女性、または妊娠中の妊婦さんはフィナステリドの錠剤を触るだけでもNGとされています。皮膚からでも成分がカラダに入る危険性が指摘されています。

 

というのも、フィナステリドは女性のお腹の中の胎児が男の子だった場合、その胎児に性機能障害が出る可能性があると言われているんですね。もし子供を身ごもっていない場合でも、今後妊娠する可能性が少しでもある方は触らないようにしましょう。

 

これは女性の問題だけではありません。例えば旦那さんが使用しているフィナステリドを、奥さんが知らず知らずの間に触ってしまう危険性だってあるわけです。フィナステリドを使用する男性陣は、自分だけでなく家族や周りの女性への配慮も忘れないよう注意しましょう。 

フィナステリドを手に入れるには

さて、そんなフィナステリドですが、注意点さえ守ればミノタブを併用することで薄毛治療に役立つ心強いアイテムになります。

 

フィナステリドと言えば日本ではプロペシアプロペシアジェネリックが有名ですね。専門医のいる病院やクリニックなどで処方してもらうことができます。

 

ただ、時間がなく金銭的コストも抑えたいという方も多いと思います。そういった方は、ミノタブと同様に個人輸入代行を利用して購入することもできます。

 

プロペシアもありますが、同じ有効成分で出来た低価格なジェネリック医薬品である、フィンペシアフィンカー、エフペシアなどが一般的には人気です。

 

 

oneclck.net

 

100錠入りで3,000円程度と、非常に安いです。効果も普通にプロペシアと差異ありません。1ヶ月分あたりのコストで言うとたったの1,000円なので、ミノタブだけでは効果がいまいちという方はこちらも併用するといいでしょう。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

発毛剤と育毛剤の違い

薄毛対策を考えて店頭を見ると、そこにはたくさんの商品が陳列されています。
気軽に手に取ることができる育毛トニックもあれば、医薬品として陳列されている敷居の高いものもあります。
そのたくさんの商品の中から、自分にあったものを探し出すのは、とても大変なことです。
そこで今回は、薄毛対策のための商品を「発毛剤」と「育毛剤」にわけ、それぞれの特徴と効果についてご紹介します。
どちらにもメリット・デメリットはありますので、薄毛を改善するためにはどちらを選ぶべきなのか、自分に合った商品を探す参考にしてみてください。

f:id:participantlink:20191223234754j:plain

発毛剤と育毛剤の違い 

発毛剤も育毛剤も、どちらも薄毛対策を目的に販売されている商品です。
どちらを使用したとしても、何もしていない状態と比べれば薄毛対策になるでしょう。
どちらが自分にとって最適なのかは、目的によって異なります。
頭皮の健康を保ち、今ある髪を守っていければ良いのであれば、副作用が少なく穏やかな効果の育毛剤がベスト。
対して、現状よりも髪を増やしていきたいのであれば、効果が認められている発毛剤を使用するのがベストになります。
 細かく商品を見ていくと、配合されている成分が異なっていたり、使用方法が異なっていたり、些細な違いはあります。
ですが、その些細な違いを考える前に、まずは発毛剤と育毛剤の特徴の違いについてしっかりと把握していくことが大切です。 

国が効果を認めている発毛剤

発毛剤に分類される商品は、国が認めている発毛効果が魅力です。
しかし、高い効果が期待できる反面、注意事項も存在します。
 特徴や注意点を把握しながら、メリット・デメリットを理解していきましょう。

主成分はミノキシジル 

ミノキシジルは、発毛効果が認められた唯一の成分であるため、「発毛剤」と明記されている商品には、必ず主成分として「ミノキシジル」が含まれています。
それに加えて、清涼剤やビタミン剤など、頭皮の状態を健やかに保つ成分が配合された商品も販売されています。

第1類医薬品のため薬剤師の情報提供や指導が必要

ミノキシジルが含まれる発毛剤は、すべて第1類医薬品に分類されます。
第1類医薬品には、安全に使用するために特に注意を要するものであって、使用できる人に制限がある医薬品や、注意するべき副作用がある医薬品が分類されています。
 販売できるのは薬剤師に限られていて、書面による情報提供を受けなければ購入することができません。
また、通常は販売店スタッフでなければ触れられない場所に陳列されているため、購入の際には販売店スタッフに申し出る必要があります。

発毛剤に期待できる効果とは

発毛剤は一般用医薬品として販売されているものですから、その効果がしっかりと明記されています。
 発毛剤を使用した時に期待できる効果について確認していきましょう。 

壮年性脱毛症における発毛

壮年性脱毛症とは、思春期を終えて青年期から壮年期にかけて脱毛が進行する脱毛症を指します。
 壮年性脱毛症は前頭部、頭頂部を中心に左右対称に薄毛になっていくのを特徴とした脱毛症で、男性ホルモンの影響によるものといわれています。
ミノキシジルがどのように効果を発揮しているのかは正確には判明していませんが、発毛のもとになる毛乳頭細胞を活性化して、発毛効果を発揮しているといわれています。 

育毛及び脱毛の進行予防

ミノキシジルの効果として、血管を拡張して血流を改善する効果が確認されています。
また、毛髪の細胞を直接刺激して成長を促す効果も確認されており、これらが合わさって毛髪の健やかな成長を支え、脱毛を予防していると考えられます。 

効果が出るまでには数か月かかる

発毛効果が認められている発毛剤ですが、どうしても効果が出るまでには時間が必要になります。
 髪には、発毛してから大きく育っていき、脱毛していくサイクル(ヘアサイクル)が存在します。
そのサイクルは数年単位で推移するため、発毛するまでに数か月、さらにそこから成長していく段階でも数か月の期間を考えなければいけません。 

発毛剤のメリット

発毛剤のメリットとは、国が認可した発毛効果を持っていることに尽きます。
 薄毛対策をするための商品として、これ以上のメリットはないでしょう。

唯一の「発毛」が期待できる薬剤

発毛剤に配合されているミノキシジルは、唯一の「発毛」が期待できる薬剤です。男性型および女性型脱毛症診療ガイドラインでも、ミノキシジルの使用はもっとも効果的なものとして位置付けられています。 

発毛剤のデメリット

確かな効果を発揮している裏側には、無視してはいけないデメリットも存在します。
 医薬品であるため、副作用の可能性は否定できませんし、使用した人すべてで確実に効果が出るわけでもありません。
それぞれについて詳しく見ていきましょう。

かゆみや胸の痛みなどの副作用が報告されている

発毛剤のデメリットは、主成分であるミノキシジルに由来するものです。
 薬物を塗布しているわけですから、使用した部位でアレルギー反応が起きる可能性があり、痒みを生じることがあるという報告があります。
また、ミノキシジルはもともと高血圧を治療する目的で合成された成分であるため血管を拡張する作用があり、胸の痛みを引き起こす可能性があります。 

全員に効果があるわけではない

使用したからといって、その全員に効果があるわけではないのも、デメリットといえるでしょう。
効果を確かめるための試験では、1%製剤を使用した人のうち約70%に発毛効果が認められたという検証結果が存在します。

おすすめなのは、とにかく毛を生やしたい人

発毛剤の使用がおすすめなのは、新たに髪を生やしたい人です。
 髪は十分にあるけど、今後のためにケアしていきたいという人には、安全性の面からもおすすめできません。 

育毛剤の効果

育毛剤の効果は、頭皮を健康に保ち、脱毛を予防することです。
 効果は穏やかですが、安全性に優れているのが特徴だと言えるでしょう。
 定められた成分などはないため、さまざまな商品が販売されています。
 育毛剤について詳しく見ていきましょう。

主成分はさまざまで、主に血行促進や頭皮を清潔に保つ成分が含まれている

育毛剤には、定められた成分や配合などはありません。
そのため、メーカーはそれぞれ工夫を凝らした商品を販売しています。
 使い方や使用感が異なり、清涼感の強弱など、自分の好みに合ったものを探すことができるでしょう。
 主な効果は頭皮の血行を健やかに保ち、毛髪をしなやかに保つものです。
 発毛効果については、残念ながら認められていません。

医薬部外品のため薬剤師がいなくても購入できる

育毛剤は医薬品部外品に分類されるもののため、資格がなくても販売することができます。
そのため、購入する時には薬剤師による情報提供などの煩雑な手続きを踏む必要がありません。 

期待できる効果とは?

育毛剤に期待できる効果は、頭皮を健やかに保ち、今ある髪の毛を守るというものです。
それぞれについて詳しく見ていきましょう。 

脱毛の進行予防

脱毛が進行している時と言うのは、ヘアサイクルが乱れて、髪の毛が十分に成長しないままに抜け落ちている状態です。
これにはさまざまな原因があるとされていますが、頭皮を清潔に保ち、血行を維持することで脱毛を予防する効果が期待できます。 

今ある毛を太くする

アサイクルが乱れていると、髪の毛が十分に成長できずに細いままとなってしまいます。
 頭皮の血流を健やかに保ち、栄養成分を補充していくことによって、髪の毛に栄養が行き渡って太く成長させることができるとされています。 

育毛剤のメリット

育毛剤のメリットは、その安全性と価格帯です。
 発毛剤は全体的に高額であり、購入するのに煩雑な手続きが必要となります。
 対して育毛剤は広い価格帯を持っているため、購入しやすい商品も多く販売されています。 

副作用がなく比較的安全に使用できる

育毛剤には、発毛剤のような副作用の記載がありません。
発毛剤よりも比較的安全に使用できるため、購入する際にも厳しい制限がないのは、育毛剤のメリットとなります。
ただし、どんなものでも人間の皮膚はアレルギー症状を起こす可能性はあるため、痒みなどには注意しなければいけません。 

育毛剤のデメリット

簡単に購入でき、安全性が高い育毛剤にも、デメリットは存在します。
 育毛剤のデメリットについても確認しておきましょう。

発毛は期待できず、あくまでも予防

気軽に使いやすい育毛剤ですが、安全性が高い代償として効果も穏やかになっています。
 発毛効果は期待できず、あくまでも脱毛を予防する程度しか期待できません。 

種類が無数にあって選びづらい

育毛剤には、定められた成分・組み合わせはありません。
そのため、数多くの成分をさまざまな組み合わせで配合して商品化されており、数え切れないほど多くの種類が販売されています。
 使い方や使用感もそれぞれ異なる為、自分にとって最適な商品にたどり着くことが非常に困難となっています。

おすすめなのは、コンディションを整えて脱毛を予防したい人

育毛剤の使用がおすすめなのは、頭皮のコンディションを整えて今ある髪を守り、脱毛を予防したい人です。
 脱毛が気になり始めた時、初めに手に取る商品として考えましょう。
すでに脱毛が進行していて、発毛まで期待したい人にはおすすめできません。

発毛効果まで認められているのは発毛剤! 用法用量を守り正しく使用を。

国が認めている発毛までの効果があるものは発毛剤です。発毛効果が認められたミノキシジルが配合されており、薄毛の改善が期待できるでしょう。
 育毛剤では脱毛の予防にはなっても、発毛までは期待ができません。
 安全性が高い反面、効果も穏やかであるため、薄毛を改善することは困難です。
 発毛剤を使用する時には、効果を最大限に引き出し、なおかつ安全に使用するため、用法用量を守って正しく使用していきましょう。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

ミノキシジルタブレット効果と副作用の最新情報

ミノキシジルタブレットというと育毛効果が高くて期待ができるとの多くの情報が溢れていますが、今回はミノキシジルタブレットの効果と副作用をわかりやすくまとめましたので参考にして頂ければ幸いです。

f:id:participantlink:20190617231149j:plain

ミノキシジルタブレットとは

ミノキシジルタブレットは、発毛効果の高いミノキシジルを配合する錠剤となります。日本だけではなく、世界においても、AGA治療薬としてミノキシジルタブレットを承認している国はありませんが、薄毛で悩む人にとっては、ミノキシジルを飲むと効果があると聞けばやはり気になるものです。

薄毛が進行してしまった人は、ミノキシジルタブレットを服用することで9割以上もの人が発毛効果を実感しているのです。

ミノキシジルタブレットとは、効果が高い発毛剤であり、同時に副作用も多少あります。

それぞれの特徴を知ることで、薄毛改善の心強い味方になるはずです。

飲んで生やす育毛剤

外用育毛剤にように頭皮につけるミノキシジルは日本でも認可されています。しかし、直接タブレットを飲むことは、体内から強力な効果をあげることができます。外用薬の場合は、まんべんなく塗らないとムラができてしまい、効果に部分的な差が生じる可能性があります。しかし、ミノキシジルタブレットは頭皮全体に効果が期待できるという特徴があります。

頭皮の血流を良くする

ミノキシジルタブレットは、発毛効果の高いミノキシジルを配合する錠剤です。飲むことで血管を拡張し、頭皮の毛根にも栄養を行き渡らせることで発毛を促進します。体内から直接作用するため、外用薬よりもより吸収率が高いのが特徴です。
高い改善効果が見られる
ミノキシジルは血管拡張作用があり、髪の成長に必要な毛乳頭細胞と毛母細胞を活性化させる効果があります。
毛乳頭細胞は頭皮の毛細血管を通じて、毛髪に必要な酸素や栄養をとり入れる役割があります。毛母は、毛乳頭細胞から届けられた栄養によって、育毛を促す役割があります。これらのはたらきによって、健康的な毛髪の成長を促進するのです。

元々は高血圧治療薬

ミノキシジルは、本来は血管拡張を促す、心臓病の降圧剤として開発されました。実は日本ではまだ、心臓病の治療薬としても認められていません。なぜなら副作用が大きく、専門性の高い医師による慎重な投与と、副作用を軽減するためのほかの薬剤との併用が必須だからです。日本皮膚科学会においても、服用しないよう注意喚起がなされているところです。

薬の副作用が発毛効果

心疾患の治療において、思いがけず身体中の毛が濃くなったなどの報告がなされたのが、AGA治療薬ミノキシジルの始まりです。血管拡張作用のおかげとされてはいますが、詳細なメカニズムについては詳しくわかっていないのが現状です。
ロニテンには血管拡張作用がある
ロニテンは、ミノキシジルの元祖の、高血圧治療薬のことです。ミノキシジルという有効成分が毛細血管を広げることで血圧低下ばかりではなく、偶然にも発毛効果を発揮したのです。

ミノキシジルタブレットの種類

ミノキシジルタブレットは、ミノキシジルを経口用に飲みやすくしたミノキシジルの錠剤の総称です。有効成分はすべて同じ「ミノキシジル」で、さまざまな国や、企業がそれぞれの製法で作っています。日本ではつくられていないため、海外から輸入して使用されます。

ミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレットはインド製で、有名で定番のタブレットです。比較的安全性が高く、日本人になじみの深い治療薬であるといえます。服用することで、育毛に必要な細胞を活性化し、健康的な発毛を促進します。成分量は2.5mg、5mg、10mgから選ぶことができます。


価格(ある個人輸入のサイトの例)


ミノキシジルタブレット2.5mg:約3,400円(内容量100錠)

 


ミノキシジルタブレット5mg:約3,700円(同上)

 


ミノキシジルタブレット10mg:約4,000円(同上)

 


ミノクソール5mg
こちらもミノキシジルタブレットと同じものです。日本人向けにつくられており、パッケージや説明文がすべて日本語のために安心して使用することができます。価格の安さもポイントです。
ミノクソール5mg:約1,050円(内容量30錠)

ノキシジル

ノキシジルはタイ製です。会社も違うので製法が違いますが、ミノキシジルタブレットと同じです。白く丸いタブレットで、ミノキシジル含有量は5mgと10mgの2種類があります。
ノキシジル5mg:約4,000円(100錠)
ノキシジル10mg:約4,300円(100錠)

ロニタブ

ロニタブは、インド製です。薬を包むシートは遮光性で、光による品質劣化を防いでいます。こちらはミノキシジル含有量が5mgです。
ロニタブ5mg:約1,600円(10錠)、約4,600円(30錠)、約7,300円(50錠)

USAミノキシジル

こちらも錠剤ですが、個包装ではなくプラ製のボトルの中に入っています。そのため、品質劣化をしないように自分自身で管理を行う必要があります。ミノキシジル含有量は2.5mgと10mgのものがあります。
USAミノキシジル2.5mg:約4,800円(100錠)
USAミノキシジル10mg:約7,600円(100錠)
ミノキシジルタブレットの効果は?
ミノキシジルタブレットの効果が表れるまでの期間
個人差はありますが、約3か月ほどで毛が生え始め、早い人だと5か月目以降には薄毛が目立たなくなることが報告されています。

時間が経てば経つほど効果が表れる

同時購入で、より効果的

特に前頭部・頭頂部の抜け毛が気になる人、もしくはミノキシジルを長期にわたって使用しているにもかかわらず、効果が表れない人は、ミノキシジルと同時にフィナステリドを使用することをおススメします。フィナステリドを併用することで、より効果的な薄毛治療をすることができます。

攻め(発毛)のミノキシジル

ミノキシジルは血管拡張作用があり、頭皮の毛細血管を拡張させて、発毛効果を発揮します。

守り(育毛)のフィナステリド

有名なプロペシアジェネリック医薬品です。ジェネリックのため、低価格で手に入れることができます。
フィナクスの主成分であるフィナステリドは、すぐに髪を生やすというのではありません。毛髪サイクルを改善し、同時に脱毛の進行を遅らせて、発毛を促す効果があります。成人男性を対象としたAGA治療薬で、世界60か国以上で使用されている抗男性ホルモン剤です。
現在、プロペシアの服用で95%以上の患者に脱毛の進行抑制の効果が認められています。
即効性はなく、1日1回、6か月以上継続して服用することが必要です。年単位で計画を立て、服用をしていくようにします。
フィナクスは、女性には禁忌です。
ミノキシジルタブレットは女性にも効果がある?

女性型脱毛症にも効果が確認されている

お薦めはリアップジェンヌ

女性の脱毛症の場合、内服薬は投与しないほうがいいとされています。
そのため、女性の場合はミノキシジルの外用薬を使用します。
そしてリアップジェンヌは外用薬であり、タブレットではありません。
ミノキシジルタブレットの副作用とは?
実際に体内にとりこむため、効果だけでなく副作用も多くなる傾向があります。そのため、自分の体調と、ミノキシジルタブレットの効果・副作用の特徴を理解するようにします。服用量と用法を守ることで、副作用の発言を最小限にとどめることもできるため、自己判断せずに決まった量を服用するように心がけましょう。

全身多毛症になる

多く確認される副作用は多毛症です。内服を継続すると、さらに腕や脛の毛が濃くなることがあります。もともとミノキシジルは血圧の薬として使用されていましたが、その経過において患者の全身に多毛がみられたことで、AGA治療薬として開発されることになりました。そのため、体毛が濃くなることが嫌だという人は、使用を慎重に決める必要があります。

血圧低下や心拍数が増加

ミノキシジルが血行をよくするために、心臓に負担がかかってしまう可能性があります。そのため、動悸、息切れ、めまいなどの低血圧の症状が起こりやすくなります。
血管を広げることで血管内の圧力を下げてしまう
ミノキシジル自体が高血圧の人向けに、血圧降下薬として開発されたものであったため、さらに血圧を下げて、足り暗みなどの症状が強く表れてしまう恐れがあります。
血圧低下を補うために心拍数が増える
血圧が低下すると、身体中に酸素を送るために、脈が速くなります。身体は疲れやすく、胸のあたりや息が苦しいような感じになります。

初期脱毛が起きる

ミノキシジルを服用してしばらく経つと、急に抜け毛が増えることがあります。これミノキシジルを服用することにより、新しい毛髪が、古い毛髪を押し出すことにより起こります。

今生えている弱い毛が抜け落ちてしまう

ミノキシジルにより血行促進され、刺激された毛根の細胞は、新たに毛を生やそうと活動し始めます。すると、すでに生えていた古い毛髪が押し出され、それが脱毛となるのです。古い毛が抜けて、髪のサイクルが平常に戻ると次第に脱毛は減ってきます。

初期脱毛は1ヶ月ほど続く

初期脱毛は、服用してから1か月くらいから始まります。そして、1か月~数か月たつと収まってくるのが特徴です。抜ける本数は、数本~100本単位で抜け落ちることもあるため、心配なときは医師に相談しましょう。
アサイクルが落ち着くと、今度は強く健康的な毛髪が生えてくるようになります。

購入するならクリニック?通販?

AGA治療薬を手に入れるには、AGA専門の医療機関で医師の診察を受け、その都度処方をしてもらう方法と、インターネット通販で購入する方法があります。

クリニックの良し悪し

医療機関で購入する場合、保険の適用外で継続して受診を継続するため、経済的な負担が大きくなる傾向があります。

いざという時に医師に相談できる

薄毛治療は自分で治療していると、客観的な効果が分かりづらいと思います。専門のクリニックの医師に相談できていると、医師が常に経過を観察してくれるので、安心感をもって治療に臨むことができます。

その都度、診察料が掛かる

AGA治療にかかる費用は、医療機関にもよりますが1回の診察で約15,000~40,000円。脱毛予防薬(プロペシアなど)のみの皮膚科などだと、約3,000~10,000円ほどが相場です。専門に治療したい場合はAGA専門外来を受診し、一般的な予防をしたいというのであれば皮膚科でもいいかもしれません。また、治療は継続する必要があり、少なくとも6か月以上は継続するつもりで計画を立てましょう。

通販の良し悪し

安く購入できる
自分の好きなオンラインショップで、好きなミノキシジルタブレットを選択し、安価な値段で購入をすることができます。

恥ずかしさを感じずに購入できる

インターネット通販を利用すると、薄毛の悩みを他人に知られることなく購入をすることができます。治療していることを隠したいという人に選ばれています。
偽造品もあるため、騙されるリスクがある
日本では認可されていないものや、一般的に出回っていないものを海外から個人輸入できるなど、通信販売はとても便利ですが、実際は効果のないものなども販売されている可能性もありリスクがあります。多くの商品があるときは、本当に安全性や、効果があるものなのかを確認できるものを使用しましょう。口コミなどを参考にするのもよい方法です。

ミノキシジルタブレットの注意点

1日1回、2錠(2.5mg×2)を服用
成分の血中濃度を一定に保つため、なるべく毎日、一定の時間に服用することが大切です。

食前でも食後でも良い

飲む時間の指定はありません。毎日決まった時間に飲むようにし、常に血中のミノキシジルの量を一定にできるようにします。

服用する量や回数を増やしても効果は無い

1日で内服できる量は10mgまでですが、効果を強く期待するために、決められた用量よりも多く飲む人もいますが、効果は高くなりません。
継続的な服用で初めて効果が実感できるため、6か月以上の服用が推奨されています。

かえって副作用のリスクを上昇させるだけ

飲み忘れた場合、それを追加で飲んではダメ
仮に飲み忘れがあっても、2日分をまとめて服用するのは禁止です。急に心臓に強い血圧抑制効果を及ぼす結果になります。飲み忘れたら、それは仕方がないと捉えて、次から忘れないようにしていきましょう。
「1度に飲むのは1回分だけ」を心掛ける
大切なのは、決められた用量を継続して6か月以上飲み続けることです。ときに飲み忘れることがあったとしても、翌日は再び1日分を飲むようにし、それを可能な限り継続していくことが発毛効果につながります。

以下の人が飲むのは危険

ここではミノキシジルタブレットを服用してはいけない人について説明します。

妊婦

妊娠中の人は、服用以外にも、タブレットに触れることもしてはいけません。皮膚から成分が体内に吸収されてしまった場合、特に胎児が男児の場合には、生殖機能に先天性の異常が起こる可能性があります。もしも触れてしまった場合はしっかりと洗い流し、産科の医師に相談してください。
また、ごくまれに、精液中にもミノキシジルの成分が微量に含まれることがあります。不安な場合は服用をやめて、1か月が経過してから子作りを始めるようにします。

授乳中の女性

身体の発育が不十分な子どもの場合、体内に入ることで男性機能の発育障害が起こることがあります。子どもの手に触れるところに置かないようにしましょう。
人工透析を受けている方
透析中の方は全身状態が不安定であるため、このような薬剤は使用することができません。
重篤な高血圧症・低血圧症・心臓疾患・腎臓疾患・肝機能障害のある方
他の病気で治療中の場合、医師の指示に従うことが大切です。また、重大な副作用としても肝障害の発生があります。肝機能が低下している人や、高齢者(65歳以上)の人は、医師に相談してから服用を決めるようにします。

ミノキシジルタブレットまとめ

最後にミノキシジルタブレットについて3点まとめます。
飲む薬のため手間が掛からない
ミノキシジルタブレットは飲むだけで、体内からまんべんなく育毛効果を発揮することができ、手間がかかりません。

フィナステリドとの併用が効果的

フィナステリドの効果は日本でも認められています。ミノキシジルタブレットと併用するときは、どちらも決まった時間に服用し、結果を急がず、年単位で計画を立てましょう。

 

oneclck.net


※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

生え際が薄くなるM字ハゲを復活させる方法

M字ハゲを治せる育毛剤を買おうと思っても、そもそもM字ハゲを育毛剤で治せるのか疑問ですよね。

結論として、育毛剤でM字ハゲを改善することは可能です。

M字ハゲの原因は下記の通りです。

睡眠不足など不規則な生活

過度なストレス
喫煙習慣
皮脂の過剰分泌
からだの冷え
アルコールの過剰摂取
運動不足
栄養バランスの偏った食事
不適切なシャンプーの方法
などが挙げられます。

M字はげの9割以上を占める原因は、AGA(男性型脱毛症)です。
20代~50代の男性の大半は、若年期における薄毛です。
M字はげに限らず、O型やC型など、どのタイプでも、若年期における薄毛であれば原因は同じです。
若年期の薄毛の大半は、AGA(男性型脱毛症)が原因で起こってしまいます。

そもそも、髪の毛は、1本の髪の毛が、一生、伸び続けるものではないんです。

特に抜け毛が多いという方ではなくても、みんな日頃から少しずつ髪の毛って、抜け落ちていますよね。

髪の毛には、毛周期と呼ばれる成長サイクルがあります。

 

f:id:participantlink:20190725004521j:plain

通常、1本の髪の毛の成長サイクルは、2年~6年 その間、1か月に1センチメートルのペースで成長を続けます。一人の人間には、およそ10万本の髪の毛が生えています。そして、その中から毎日、100ほどが少しずつ抜け落ちています。

ですが、健康な状態の頭髪であれば、抜け落ちる髪の毛とほぼ同数の1日に100本ほどのペースで新しい髪の毛が生まれてきます。

毎日、同じ量の髪の毛が、自然と入れ替わり、同じボリュームを保っているんですね。髪の毛が抜け落ちた部分は、それで役目を終えるわけではありません。 しばらく時間がたつと、また新しい髪の毛が生えてきます。

このサイクルを髪の毛の成長サイクルやヘアサイクル、または毛周期と呼んでいます。

また、薄毛やハゲは遺伝すると言われています。

事実、父や祖父が髪の薄い家系では、子供も若い頃から髪が薄くなる事が知られています。近年、研究によって、はげの遺伝子と思われる遺伝子も見つかっています。

ハゲの遺伝子は母方の影響を大きく受けます。母方の遺伝子の中に含まれている2つの因子が作用し、8割という高い確率で子供がハゲの遺伝を引き継ぐかどうかが決定します。


ハゲの遺伝子とは、実際に、体の中では、どのような作用をするものなのでしょうか。

男性に限って言えば、20代~50代の若年期の抜け毛・薄毛の主な原因は、AGAによる男性ホルモンの影響です。

人の体の中には、男性ホルモンの一種であるテストステロンと呼ばれる物質があります。

 

f:id:participantlink:20190809160310j:plain


テストステロンが、5αリアクターゼと呼ばれる酵素と結合すると、デヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる物質に変化します。

このDHTこそが、強い脱毛作用をもっているんです。

髪の毛の毛根の部分、毛乳頭にあるアンドロゲン受容体と呼ばれる受け皿となってしまう部位に悪影響を与えてしまい、通常よりも、やせ細ったり、成長途中で抜け落ちてしまうという現象が繰り返され、M字はげが進むのです。

髪の毛が最初に薄くなる場所によって、薄毛の原因が違うという訳ではありません。

薄毛になりやすい人、なりにくい人があるように、髪の毛も各人ごとにDHT(悪玉)の影響を受けやすい部分が違っているのです。

さらに、人それぞれに、DHTを受け入れてしまう、受け皿が多かったり、少なかったりという差もあります。

この受け皿が多い、少ないという差が、ハゲの遺伝と呼ばれるものなのです。

つまり、DHTを多く取り込んでしまう人は、ハゲの遺伝子を持っている人
DHTをあまり取り込まない人は、ハゲの遺伝子を持っていない人です。

ですから、ハゲが遺伝するということは、AGAの発症リスクのパーセンテージが高いということになります。

では、遺伝によるM字はげは治るのでしょうか。
はい、治療できる可能性は大いにあります。

AGAの治療薬が発見され、AGAの治療法が確立されたのは、ここ数年の話しです。

ですから、お父さんやお爺さんの時代に、薄毛やハゲが快復できなかったからと言って、あなたが絶対に治療できないという話とは、全く関係ないです。

また、AGAが発症すると、年齢とともに次第に薄毛は進行してしまいます。
出来る限り、早めに治療を開始すれば、薄毛からの回復内容や回復に要する時間にも良い結果をもたらします。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

フィナステリドの発毛効果

フィナステリドは、男性型脱毛症(AGA)の治療薬として米国食品局(FDA)が認可した薬です。

もともとは前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発された医薬品ですが、副作用として異常発毛をみたことから発毛剤としての用途が広がりました。

メキシコに自生するノコギリヤシの薬効成分を研究してできた化学合成品です。

日本では、プロペシアという商品名で流通しています。

oneclck.net

フィナステリドの効果

男性型脱毛症(AGA)は、遺伝や生活習慣などの要因により引き起こされる脱毛症ですが、男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成が主な原因とされています。

DHT(ジヒドロテストステロン)は、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼ(主に2型)という酵素により変換されることで作られます。

DHTは、毛母細胞の機能を弱らせ、結果としてAGAによる薄毛や脱毛を進行させてしまいます。

フィナステリドは、男性ホルモンのテストステロンをDHTへ変換する酵素である5αリダクターゼを阻害することによって作用します。

5αリダクターゼを阻害ることで脱毛指令を出すDHTの産出を抑えることができ、抜け毛を減らします。

f:id:participantlink:20190524232119j:plain

フィナステリドの内服期間と効果

フィナステリド(1mg/日、0.2mg/日)を用いた414 名の「日本人」男性被験者を対象とした観察期間48週間の比較試験においては、頭頂部の写真撮影による効果判定で、
1mg/日では 58%
0.2mg/日では 54%
軽度改善以上の効果があったとされています。

また、引き続き1mg/日投与を継続した比較試験では、
2年間の内服継続により68%
3年間の内服継続により78%
の軽度改善以上の効果が得られ、その率は増加傾向を示したとあります。

フィナステリド(内服)は、日本皮膚科学会の男性型および女性型脱毛症診療ガイドラインにおいて、男性型脱毛症にはミノキシジル外用とともに推奨度A(行うよう強く勧める)に、にランク付けされています。

このため、一般的にAGA治療の専門クリニックの多くでは、男性に対してはミノキシジルとフィナステリドが処方されます。

フィナステリドで抜け毛となる原因を阻害し、ミノキシジルで強くて太い髪の毛を発毛するという攻めと防御により発毛効果を狙っています。

一方、女性型脱毛症には、フィナステリドは、推奨度D(行うべきではない)にランクされています。

その理由は、女性については有効性を示すエビデンスが得られなかったことと、また、下の副作用の項目でも記載している通り、フィナステリドが男性胎児の生殖器官の発育に影響を及ぼす可能性があるためです。

このことから、妊娠している可能性がある女性や妊婦、授乳中の人、またはこれから妊娠する予定のある人は服用はおろかその取扱いには充分注意しなければなりません。

フィナステリドの副作用

フィナステリドの副作用としては、以下のようなものが確認されています。
・勃起不全
・性欲減退
精子の減少
・肝機能障害
といったもののほか、鬱症状が表れるといったことも言われています。

フィナステリドの初期脱毛

フィナステリドは抜け毛を抑える働きが中心のためミノキシジルのような初期脱毛は比較的起こりにくいと考えられています。

現在では薄毛改善・育毛ケアともに安心安全な成分が開発されており、上記のような副作用やリスクがない商品も多数販売されていますので、購入前にはその点をしっかりチェックしてから使用することが重要といえます。

 

 

oneclck.net

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

AGAクリニックの費用

薄毛が病院の治療で治ると知って、通院してみようと思っているけど、実際に必要な料金や期間が分からず、一歩踏み出せない男性って意外と多いのではないでしょうか。
そこで今回は、AGAの治療法ごとの費用、薬価格や施術料金を徹底解説!さらにAGAを治療してくれるおすすめ専門クリニックもご紹介するので、最後まで要チェックです。

 

f:id:participantlink:20200210214413j:plain

 

AGAの費用は治療内容で変わる

AGAの治療費用の相場は1ヶ月5,000円〜が相場になります。金額の上限がないのは、どのAGA治療を行うかで費用が変わってくるためです。
実はAGAの治療方法は大きく分けて4種類あります。ここではまず各治療方法の内容と必要な費用、治療期間を解説してきます。治療料金と期間を照らし合わせながら、選ぶときの参考にしてみてくださいね。
ただし、それぞれ効果やリスクは異なるため今回はあくまで目安。最終的な決定は専門医とのカウンセリングで相談してから決めるようにしましょう。

AGAクリニックでできる治療方法とその費用1. 投薬治療(内服薬)

一番ベーシックな薄毛の治療法の投薬治療は、内服薬の処方によって薄毛改善を目指すものです。
内服薬にはさらに2種類あり、抜け毛を防ぐフィナステリドと発毛促進が期待できるミノキシジルに分けられます。
薬を飲むだけでいいので、お手軽にAGA治療を始められます。初めて薄毛治療に取り組む方におすすめですね。
一般的な皮膚科では、抜け毛防止の薬しか処方してくれない医院が多いので、発毛まで治療をしたいなら、AGAを専門にしているクリニックを選ぶのが得策です。

投薬治療費用の相場は「5,000〜20,000円/月」
飲み薬の代金は固定されておらず各院で変わりますが、フィナステリドの費用相場が「7,000円前後」、ミノキシジルが「12,000円前後」。
加えて、ジェネリック薬の「デュタステリド」を処方してくれたり、フィナステリドだけだったり、の場合など病院によって処方内容が変わるので、5,000〜20,000円/月」 と幅が出てしまいます。
費用面はクリニックで相談できるので、カウンセリングを活用して尋ねてみてください。

投薬治療の期間は「4ヶ月〜1年」が一般的

内服薬を使ったAGA治療で薄毛改善が見え始めるのは大体4ヶ月から1年。少なくとも4ヶ月は治療を継続するので、治療を行う期間分を計算して金額を確認しましょう。
なお発毛が期待できるミノキシジルを服用すると、毛が生え変わる“初期脱毛”と呼ばれる期間があり、一時的に抜け毛が増えることがあります。その経過を経て頭皮が改善されていくので時間はかかってしまいます。
頭皮状況、内服薬の副作用など不安な点は医師に相談しましょう。

服用を止めてしまうとAGAがまた進行するので、医師に相談しながら調整しましょう。
一般的に、服薬を減らしていく段階には、2パターンあります。副作用が気になった、満足できるほどに毛が生えてきた、のどちらかです。
医師との相談が必要ですが、最初にサプリメントなどの栄養補助を止め、次に満足できる毛量にまで達したら発毛促進のミノキシジルを止めるという流れです。
最終的には、十分に生えた毛を抜けないようにフィナステリドだけを服用していれば、毛量は維持できるので、医師に相談しながら、服薬の種類や量を調整していきましょう。

AGAクリニックでできる治療方法とその費用2. 頭皮への塗布治療(外用薬)

内服薬でも紹介したミノキシジルを、直接頭皮に塗る治療法もあります。塗布薬は国内で認められた一般的なもの。薬剤師がいるドラッグストアでも購入可能。
安い価格でお手軽に購入できますが、髪の毛や皮脂、汚れなどに阻まれ、頭皮まできちんと有効成分が届かない可能性も含んでいます。
育毛剤として薬局でも購入できるところもあるので内服薬と同じくらい始めやすい薄毛治療法です。

塗布治療費用の相場 「7,000〜15,000円/月」
外用薬・塗布薬の場合は、クリニックや処方量によって価格が大きく変わりますが、大体1万円前後。
内服薬のほうが直接体内に取り込む分効果が期待できるので、外用薬は取り入れずに、内服薬だけで治療を行う方も多いとのこと。

塗布治療の期間は「半年〜1年」
外用薬による塗布治療は、有効成分がうまく頭皮に届きにくいこともあるため、内服薬よりも期間は長め。ただし体内に取り入れない分副作用のリスクが低くなっているので、気長に薄毛治療を行いたい男性にはおすすめです。

AGAクリニックでできる治療方法とその費用3. 注入治療

医師による施術を伴うAGAの治療法なのが、有効成分を注射で直接頭皮に注入する治療です。ここにはメソセラピーやHARG療法も含まれます。
メソセラピー・・・ミノキシジルやフィナステリド、ヒアルロン酸などの成長因子が配合された薬剤を注入するもの
HARG療法・・・脂肪幹細胞から抽出した毛髪の成長因子であるたんぱく質AAPEを中心にビタミンやアミノ酸などの髪の毛の栄養になる成分が配合された薬剤を注入するもの
という違いがあり、内服薬や外用薬の補助的な立ち位置の薄毛治療になります。どちらも医師による施術が必要なので、治療を受けるなら豊富な知識を持っているAGA専門のクリニックがベストです。

注入治療費用の相場は「10,000〜100,000円/回」
注入治療は、一回ごとの金額で設定されています。一回ごとの金額を提示しているクリニックもあれば、複数回セットの金額(3回で〇〇円など)の場合もあります。
安くても数万円かかる治療方法になるので、いきなり治療に踏み切らずに、薄毛の進行度合いを見て、検討しましょう。カウンセリングの際に相談してみてください。1回で良いのか、複数回の施術が必要なのかは、医師と相談してから決めるのが望ましいです。

AGAクリニックでできる治療方法とその費用4. 自毛植毛治療

自毛植毛は外科的治療を伴う医療行為。比較的薄毛になりにくい後頭部や側頭部から、自分の毛を細胞ごと移植する手術方法です。気になる部分だけ毛髪を増やしたい、自然な仕上がりが良いという男性におすすめです。
ただし、毛根が残っていない頭皮で、薬による回復が厳しい状態に行われる最終手段的な立ち位置となっています。リスクもAGA治療の中では高い方なので、必ず医師との相談、カウンセリングを行ってからにしてください。

自毛植毛治療費用の相場「1,000〜2,000円/グラフト(毛穴)」
自毛植毛の料金はグラフト単位で加算されますが、必要なだけ移植するので、トータルで数十万から数百万円かかります。
それに加えて、基本料金なども設定しているクリニックもあるので、費用はAGAの治療法の中で最も高額。本当に最後の最後、最終手段として検討をおすすめします。

AGA治療は保険適用外の「自由診療」でクリニックごとに費用が違う

ここまで料金プランや費用を見てもらって分かるように、AGA治療は美容整形などと同じ保険適用外の自由診療扱いなので全額実費負担になります。
AGA専門のクリニックでも一般的な皮膚科でも、例外なく全額実費負担です。
また、処方される薬や施術内容が同じでも、クリニックごとに薬の値段や施術費用、治療回数は異なります。
必ずAGA治療に必要な金額を比較して、適正価格かどうかを確認することが大切です。

結局、AGAの費用は年間でいくらになるの?

これまでそれぞれの治療ごとの費用を見てきた通り、治療の内容や期間で費用は変わります。
ですが一般的な内服薬治療を行った場合、年間費用で12万円〜24万円程度、1ヶ月あたり1万円〜2万円と想定できます。(内服薬治療(フィナステリド、ミノキシジル)を行った場合の想定)。病院によってはここに、初診料や再診料などの診察費が加わるところも(無料のクリニックもあります)。
ただし治療法やクリニック、ジェネリック医薬品によっても金額は変わりますので、必ず医師と相談をした上で治療するかどうかを決めましょう。

【料金での比較方法】費用対効果が高いAGAクリニックの見つけ方

保険適用外のAGAの治療は高額に気をつけて治療しないと高額になりがちです。クリニックごとに費用が変わってくるAGAの治療ですが、なるべく効果的で納得できる治療メニューを見つけたいですよね。
そこでここからは、費用を抑えながら効果的な治療に取り組めるAGA病院を見つけるための選び方をご紹介。
費用満足度が高いクリニックを見つけるために注目すべき点は2つ。コスパが良いクリニックを見つけるための参考にしてみてください。

費用で比較する方法1. ジェネリック医薬品の有無を確認、金額を比較する

ジェネリック医薬品とは、新薬(先発医薬品)と同じ有効成分ですが、品質や効き目、安全性が同等な薬を指します。価格は安いですが厚生労働大臣の承認を受け、国の基準、法律に基づき製造・販売している薬です。
AGAの薬では、抜け毛を防ぐフィナステリド(プロペシア)のジェネリックフィンペシア、フィナロなど)はありますが、発毛促進効果が期待できるミノキシジルジェネリックはありません。
薬の価格で費用を抑えるなら、フィナステリドのジェネリック薬の有無を確認しましょう。

費用で比較する方法2. 初診料やカウンセリング料が無料のクリニックを選ぶ

AGAクリニックには、初診料やカウンセリング料金が無料のクリニックがあります。一般的な皮膚科でも内服薬の処方は受けられますが、初診料が発生してカウンセリングが無い病院もあります。その場合の初診料は3,000円〜5,000円くらいです。
AGA治療の専門病院なら、知識と実績が豊富なドクターからのアドバイスを無料で受けられたり、カウンセリングを通じて実際の頭皮状態を確認できます。初期費用を抑えて専門家の意見も聞けるのでおすすめ。
AGAを専門に治療している病院で、カウンセリングと初診料が無料のクリニックを比較して選びましょう。

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

薄毛に効果的なミノキシジル配合の発毛剤

薄毛や抜け毛の原因は非常に様々です。ストレスをはじめとし、睡眠不足、偏った食生活、飲酒、喫煙、ホルモンバランスの崩れ、皮膚疾患、過剰な皮脂分泌、加齢、紫外線による影響などが挙げられます。

 

薄毛や抜け毛を予防するためには、多角的なアプローチによるトータルなケアが必要です。

 

まずはバランスの良い食事、充分な睡眠時間の確保や規則正しい生活を心がけることが非常に重要です。

 

さらに、医学的根拠がある発毛剤を使用することで薄毛を改善することが可能です。

 

公益社団法人日本皮膚科学会の発表によりますと、日本人男性の20代の約10%、30代の約20%、40代の約30%、50代以降は40数%の男性が薄毛に悩んでいると言います。

 

最近では、「リアップ」や「スカルプD」などの商品名に加え、ミノキシジルやアデノシンなどの効果のカギを握るキーとなる成分名もテレビやネットなどで目にする機会も多くなっているかと思います。しかしながら、「発毛剤と育毛剤の違い」をはじめ、「医薬品と医薬部外品の違い」「発毛剤による副作用」など、疑問を抱いている人も少なくないのではないでしょうか。

 

そこで、発毛剤を選ぶ上で知っておきたい基礎知識や選び方、また、市販されているおすすめの発毛剤をここでご紹介しましょう。

 

発毛剤と育毛剤との違い

f:id:participantlink:20191223234754j:plain薄毛などのいわゆる毛髪のトラブルに対応する商品は、大きく2種類に分けられます。それが「発毛剤」と「育毛剤」です。


「発毛剤」とは、新しい毛髪を増やす発毛効果が認められている医薬品になります。なので、その用途は主に薄毛の治療ということになります。発毛効果以外にも、毛髪を強く育てたり、頭皮環境を改善する育毛効果も期待できるのです。

 

一方、「育毛剤」とは、医薬部外品に分類されます。頭皮を清潔に保ち髪が育ちやすい環境を整え、これ以上の抜け毛を防ぐ役割を有するものをそう呼んでいます。

日本皮膚科学会が最高評価を与えた3つの「発毛成分」

 

日本皮膚科学会編 男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」では、5段階で成分の推奨度を規定しています。

f:id:participantlink:20200202155413j:plain

それによると、「最もおすすめできる」と最高の評価を与えた成分は次の3種類、どれも医薬品成分でした。


▪フィナステリド
▪デュタステリド
ミノキシジル

 

f:id:participantlink:20200202155741p:plain

 

上記の中で、市販薬への配合が認められている唯一の成分、それが「ミノキシジル」となります。

ミノキシジルに注目

f:id:participantlink:20190712234015j:plain

 

ミノキシジル」とは血管拡張薬として開発された成分であり、のちに発毛効果があるとされ発毛剤に転用された医薬品になります。毛包(もうほう)という器官に直接作用し、新しい毛の発生を促進したり、既にある毛髪の成長を促進する作用があることを、様々な国で認めています。

 

また「ミノキシジル」には、成分濃度が1%の製剤と5%の製剤があります。大正製薬の調査によると、5%の製剤のほうが髪の総数や太さの点において1%の製剤よりも高い発毛効果を研究を重ねた結果、明らかになっているとのことです。

医薬品の分類とは

ドラッグストアなどで購入できる一般医薬品は、その効果・効能と副作用のレベルに応じて5種類に分類されています。


▪要指導医薬品
第1類医薬品
▪指定第2類医薬
▪第2類医薬品
▪第3類医薬品

 

f:id:participantlink:20200202160158g:plain

 

最も薬効と副作用が強いのが、要指導医薬品です。そこから順に、効き目が抑えめであることが多くなります。そのため、あなたの毛髪状況によって、どの分類の発毛剤を使うべきか検討する必要があります。

 

ちなみに要指導医薬品は、原則3年間市販薬として販売された後、安全性に問題がなければ一般用医薬品とされます。

 

一般用医薬品は、医療用医薬品(医師の処方箋をもとに、調剤される薬品)に比べて、薬の有効成分の含有量が少なくされています。

発毛剤の副作用

 医薬品は効果が認められていますが、副作用のリスクがあります。

個人差がありますが、ミノキシジルが配合されている発毛剤ですと、頭痛や手足のむくみ、頭皮の発疹などが発症する可能性があります。副作用が起きにくいように用法・容量を守り、違和感がある場合は医師や薬剤師に相談するのがベターでしょう。 

市販で購入できるミノキシジル配合の発毛剤

それでは、市販で購入できるミノキシジル配合の発毛剤を4点ご紹介します。

 

どれも有効成分のミノキシジルを配合し、第1類医薬品に分類される商品です。購入に際して、薬剤師による適正使用の確認が必要となります。

スカルプD メディカルミノキ5

f:id:participantlink:20200202160541j:plain

 

アンファーの「スカルプD メディカルミノキ5」は、ミノキシジルを5%配合した発毛剤です。

この商品独自の取り組みとして、三井住友海上火災保険株式会社と「スカルプD ミノキ補償制度」を創設し、その条件に該当する方を対象に治療費補償を行っています。

これは業界でも異例の取り組み。 

リアップX5プラス

 

f:id:participantlink:20200202160745j:plain

大正製薬の「リアップX5プラス」はミノキシジルを5%配合し、壮年性脱毛症における発毛、育毛・脱毛の進行予防といった効果・効能を持つ第1類医薬品です。ミノキシジル以外にも3つの発毛サポート成分を配合し、発毛をサポートします。

長期投与試験(この商品を1日2回使用し、4週間ごとに被験者が自身の毛髪状態を5段階で評価した試験)では、使用52週で約9割の被験者が発毛効果を実感するという結果が出ています。

リグロEX

f:id:participantlink:20200202160922j:plain

 ロート製薬から発売されている「リグロEX」は、第1類医薬品ミノキシジルを5%配合。防腐剤・酸化防止剤共に不使用で、頭皮に高密着するように容器を工夫するなど、高い使用感が特徴です。

また、スタイリッシュなデザインの容器なので、グルーミングスペースの雰囲気を損なうこともありません。

ミノアップ

f:id:participantlink:20200202161138j:plain

東和薬品の「ミノアップ」は第一医薬品の発毛剤で、壮年性脱毛における発毛・育毛、抜け毛進行予防が期待できる商品です。

ミノキシジルを5%配合しています。毛包を大きくして毛幹を太くし、毛髪の成長期を刺激することで発毛を促進します。1回の使用量を計算できる容器も、優れものです。


昆布・ワカメなどの海藻を食べれば、丈夫な髪が生えてくる…そんなジョークにも似た迷信が、流布していたのは昭和のお話。最近では、科学的にも発毛効果が認められている商品が登場しています。ここでご紹介した発毛剤を例に、ご検討してみるのはいかがでしょうか。

 

効果には個人差があるとのことですが、じっくりと焦らずに取り組むのが吉のようです。ただし、上記の外用薬でも効果が実感ができない場合は、ミノキシジルの内服薬である『ミノタブ』に切り替えるとより高い効果を実感できます。

ミノタブとは

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)とは、ミノキシジルという成分を含んだ内服薬です。

ミノキシジルには血管拡張作用があり、血圧を下げる効果があるため、ミノタブはもともと高血圧の治療薬として開発されました。

しかし、その後ミノキシジルには発毛効果があることがわかったため、現在はAGA治療薬として使われています。

ミノキシジルの外用薬は、市販で購入できますが、内服薬であるミノタブは、下記2通りでしか購入することはできません。


1、クリニックで処方してもらう
2、個人で輸入する

 

ミノタブは、発毛に非常に効果があると定評があります。

 

その作用機序は大きく二つあります。


・頭皮の毛細血管を拡張することで頭皮の血流を改善し発毛を促す

血流が悪くなり、栄養が不足している毛根に対し働きかけることで発毛を促します。

・毛乳頭細胞を刺激し発毛を促す

毛乳頭細胞から成長因子が分泌され、毛母細胞という、発毛に必要な細胞が刺激されます。

これにより、毛母細胞が細胞分裂し、発毛を促します。

このように、ミノタブが毛根に働きかけることで、弱った髪や、すでに抜けてしまった髪に栄養を与え、発毛を促すのです。

ミノタブの効果について

まず、ミノタブですが、先ほど説明したように、当初は高血圧治療薬として開発されました。

実は、高血圧から生まれる副作用に多毛があり、それが髪の毛の発毛を促進すると言われています。

なので、AGA治療業界では、ミノタブは発毛を促す効果がある内服薬と位置付けられています。

ミノキシジル内服薬と外用薬効果の違い

ミノキシジルの内服薬は外用薬より強い発毛効果があります。

理由としては、内服することで体内から直接ミノキシジルが働き、有効成分の吸収率が高くなるからです。

 

oneclck.net

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

医学的根拠のある薄毛治療方法

ハゲになる理由は様々な要因があり、そのひとつひとつを改善させていく必要があります。
それでは、医学的根拠のある発毛法について見ていきます。 

正しいシャンプー 

f:id:participantlink:20190504002108p:plain

1、あらかじめやさしくブラッシングして、汚れやホコリを取ります。
2、お湯で髪と地肌をしっかりすすいで予洗いします。
3、シャンプーを手のひらに適量とり、軽く泡立てます。
4、両手に広げ、髪全体になじませます。
5、爪をたてないように、指の頭で頭皮をマッサージしながら、全体を洗います。
6、シャンプー剤が頭皮に残らないように十分にすすいでください。

バランスのとれた食事

f:id:participantlink:20190504002213g:plain

 

髪は皮膚と同じように、体の栄養状態が反映されます。バランスの悪い食事をしていると肌の調子が悪くなるように、髪のコンディションも悪くなる可能性があります。
髪の主成分は「ケラチン」というタンパク質の一種です。そして「ミネラル」がケラチンの合成を促進します。
したがって、タンパク質を多く含む肉類(鶏肉など)、魚や大豆製品、ミネラルを多く含む海藻などは積極的に取ることが大切です。
できるだけバランスの良い食事(朝昼夕)をとることが大切と言われています。

禁煙

 

f:id:participantlink:20190504002241p:plain

 

喫煙は毛根への血行を悪くして、髪の栄養不足を招くので、禁煙することが大切です。

1.ビタミン欠乏

喫煙によって、体内のビタミンが消費されます。
食事から摂取するビタミン量が消費量を上回ると、体内貯蓄分のビタミンが消費されます。
ビタミンが欠乏し、肌が潤いを無くします。
頭皮も皮膚なので、ビタミン欠乏でもれなく潤いを無くします。
髪が生える土台が栄養失調します。
よって、ハゲます。

2.血管の萎縮

喫煙によって、ニコチンを体内に摂取されます。
ニコチンが、血管を萎縮させる原因となります。
血管が萎縮すると、血液の流れが悪くなります。
頭皮への血行も悪くなります。
発毛育毛に必要な栄養素は血管を通して頭部に運ばれる為、栄養素が頭皮に十分供給されなくなります。
よって、ハゲます。

ストレスの少ない生活

f:id:participantlink:20190504002430g:plain
過度なストレスは自律神経に影響を与えます。現代人なら誰しもが大なり小なりストレスを抱えていますが、睡眠不足になったり、きちんとした食事がとれなくなったりして、髪のためによくない環境をつくります。スポーツや趣味で上手にコントロールしましょう。また睡眠時は、静かで暗めの環境を作りましょう。

AGAの治療

f:id:participantlink:20190504002504j:plain


投薬治療には、主に有効成分が配合された内服薬を使用する方法と、外用薬を使用する方法の2つがあります。
内服薬には「フィナステリド」や「デュタステリド」または「ミノキシジル」などの成分が配合されたものを用いることが多く、外用薬としては「ミノキシジル」配合の治療薬が一般的です。
フィナステリド(プロペシア)はAGAの原因となる強力な男性ホルモン、ジヒドロテストステロン(DHT)を産生する「5αリダクターゼ(5α還元酵素)」の「Ⅱ型」を抑制する効果があるとされています。
5αリダクターゼは存在する場所によりⅠ型とⅡ型に分類されますが、AGAに関係しているのは主にⅡ型であると言われています。
デュタステリド(ザガーロ)はフィナステリドよりもⅡ型5αリダクターゼの阻害作用が強いと言われています。
さらにデュタステリドは、Ⅰ型5αリダクターゼについても、より強力に抑制することができるという特徴をもっています。
ミノキシジルは、発毛を促すと言われる有効成分です。もともとは降圧薬(血圧を下げる薬)として、血管拡張作用により高血圧の治療に用いられてきました。
その際の副作用に発毛が見られたことから、その副作用が主作用として改良されたものです。
ミノキシジル配合薬は、フィナステリドやデュタステリド配合の治療薬と併用することも可能で、男性だけでなく女性でも使用できます。
抜け毛の予防や発毛を促したい場合には、フィナステリドやデュタステリドと一緒にミノキシジルを併用することが良いといわれています。
ザガーロ(デュタステリド)はプロペシア(フィナステリド)より1.6倍の効果があります。

プロペシア

f:id:participantlink:20190504002614j:plain

f:id:participantlink:20190504002612j:plain

f:id:participantlink:20190504002618j:plain
5α-還元酵素Ⅱ型阻害薬
プロペシアは2型の5α-リダクターゼを阻害することで、男性ホルモンであるテストステロンがAGA(男性型脱毛症)の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)へと変換されるのを防ぐ、国内初の内服用AGA治療薬です。

主要有効成分:フィナステリド
効果範囲:5α-還元酵素Ⅱ型阻害
形状:錠剤
種類:0.2mg/1mg
主なジェネリックフィンペシア
添加物:結晶セルロース、乳糖水和物、部分アルファー化デンプン、デンプングリコール酸ナトリウム、ジオクチルソジウムスルホサクシネート、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、ヒドロキシプロピルセルロース、酸化チタン、タルク、三二酸化鉄、黄色三二酸化鉄、カルナウバロウ 

ザガーロ

f:id:participantlink:20190426001951j:plain

f:id:participantlink:20190426001955j:plain

f:id:participantlink:20190426001958j:plain 

5α-還元酵素Ⅰ型Ⅱ型阻害薬
ザガーロは2型だけでなく1型の5α-リダクターゼにも作用する、国内で2番目に承認された、内服型AGAです治療薬です。今まではAGAの治療としては2型のみを抑えれば良いと考えられていましたが、脱毛部位の毛包に1型も発現していることからAGAとの関係が示唆されています。頭頂部のみならず、前頭部にも強い発毛効果が見られることが特徴です。
主要有効成分:デュタステリド
効果範囲:5α-還元酵素Ⅰ型Ⅱ型阻害
形状:ソフトカプセル剤
種類:0.1mg/0.5mg
海外の承認商品:アボダート
添加物:ジブチルヒドロキシトルエン、中鎖モノ・ジグリセリド、ゼラチン、グリセリン、濃グリセリン、酸化チタン、黄色三二酸化鉄(0.1mgのみ)、三二酸化鉄、中鎖脂肪酸トリグリセリド、レシチン

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村