発毛剤の真実

ミノキシジル・フィナステリド・ディタステリドのジェネリックでハゲ治療

薄毛の原因と対策

成人男性の3人に1人が悩む薄毛の原因と対策について、見ていきます。

効果的な薄毛治療を行うためにも、まずは原因を把握することが大切です。そこで、代表的な薄毛の原因についてみていきます。

男性ホルモンによるもの

AGAは男性ホルモンを起因とする脱毛症の一種です。しかしながら、男性ホルモンそのものが直接的に薄毛を引き起こすわけではありません。今一度、その発症メカニズムを整理しておきましょう。

男性ホルモンの一種であるテストステロンは、5αリダクターゼ(5α還元酵素)と結びつくことにより、ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンに変換されます。このジヒドロテストステロンが毛包のホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)に結合することで、頭髪のヘアサイクルが乱れてしまうのです。

結果、ヘアサイクルの成長期が通常よりも短くなり、成長の途中で毛が抜け落ち、また、細く抜けやすい髪の毛しか育たなくなります。なお、テストステロンおよび5αリダクターゼはもともと体内に存在する物質であり、取り除くことができません。AGA治療の分野では、その働きを阻害することがもっとも効果的とされています。

遺伝

薄毛は遺伝することが判明しています。もっとも大きな要因となるのが、AGAとの関わりも深いホルモン受容体遺伝子です。上記の通り、AGAはホルモン受容体がジヒドロテストステロンと結合することで発症・進行します。

ホルモン受容体の数は人によって異なります。その数が多ければ多いほど、AGAの発症リスクが高まるのです。ホルモン受容体は遺伝子レベルで決まっていることから、薄毛が遺伝するケースも少なくありません。遺伝子レベルの治療は未だ確立されていませんので、根本的な対策は不可能です。なお、詳しくは後述しますが、別の角度からのアプローチによって、遺伝による薄毛の治療も不可能ではありません。

ストレス

ストレスが薄毛につながることは、今や広く知られています。一方で、ストレスによる原因の薄毛にもいくつかのパターンがあるのです。女性の薄毛の原因のひとつに、ホルモンバランスの乱れがあります。ホルモンは髪の毛と密接な関係にある物質です。そのため、ホルモンバランスが乱れると、薄毛を招く可能性があります。

そしてもうひとつが、交感神経への刺激によって血管が収縮し、頭皮の血行が悪化するパターンです。髪はケラチンというタンパク質の一種によって大部分が構成されています。ケラチンの生成に欠かせないアミノ酸やミネラル、ビタミンなどは血液によって頭皮まで運ばれているのです。頭皮の血行不良が起これば、必然的に発毛や髪の成長が鈍化します。

食事・生活習慣

食生活の偏りは、発毛や髪の成長に悪影響を与えることがわかっています。例えば、タンパク質や亜鉛などのミネラルが不足するだけで、髪の毛の成長に歯止めをかけてしまうのです。また、一見髪の毛とは関係がなさそうに思われる糖質も、不足してはならない栄養素のひとつとなります。

万が一不足すると、体内のタンパク質がエネルギーに変換・消費されます。近年では、ダイエットの観点から敬遠されがちな栄養素となっていますが、髪の成長のためにも、適量を摂取しましょう。
生活習慣の乱れも薄毛の原因となります。生活リズムが乱れると心身共にストレスを感じるため、心あたりのある方は今一度見直してみてはいかがでしょうか。さらに、発毛や髪の成長は睡眠中に行われるため、睡眠不足が薄毛を引き起こす可能性もあります。慢性的に睡眠不足という方は、特に注意しましょう。

外的要因

日常生活における外的要因は、頭皮環境の悪化を招きます。例えば、パーマやカラーは直接的な薄毛の原因とはなりませんが、使用する薬剤には刺激の強いものも含まれます。これらが頭皮に付着することで、部分的な炎症を引き起こす恐れがあるのです。いうまでもなく、頭皮環境の悪化は薄毛リスクを大幅に高めます。これから本格的な治療に取り組む予定の方は、可能な限りパーマやカラーは避けましょう。使用するにしても、髪に優しい成分で出来たカラー剤などを使用しましょう。

身近なところに潜む外的要因として、紫外線にも触れておかなければなりません。紫外線は長時間浴び続けると頭皮にダメージを与え、頭皮環境を悪化させます。特に気をつけたいのが夏場です。帽子を被るのがもっとも手軽な対策法ですが、長時間被り続けると頭皮が蒸れるため、かぶり続けるのは避けましょう。

このほか、ワックスなどの整髪料や刺激の強い石油系のシャンプーの使用など、日常生活にはさまざまな外的要因が潜んでいます。これらが主に招くのは頭皮環境の悪化ですが、一つひとつ対策を打つことが可能です。

髪の役割とヘアサイクル

髪は頭部を直射日光や暑さ寒さから守り、外部の衝撃から保護するクッションの役割を果たしています。
髪を含むすべての体毛は、伸び続けるわけではなく、成長しては抜け落ち、同じ毛根からまた新しい毛が生えてくるというサイクルをくり返します。
これをヘアサイクルといい、「成長期」「移行期」「休止期」の3期に分けられます。

アサイクル

f:id:participantlink:20200830095240j:plain

成長期

毛の生えはじめから、成長が止まるまでの間 通常2~6年くらい
今生えている頭髪の85~90%

移行期

成長期から休止期に移行する過程の一時期 約2週間
今生えている頭髪の1%

休止期

毛根が退化してから脱毛するまでの期間 約3ヶ月間
今生えている頭髪の9~14%

休止期に入ると、毛包の長さ(毛根部分の長さ)は、成長期の2分の1から3分の1くらいになり、毛幹(見えている毛)は、皮膚表面近くまで押し上げられ、やがて脱毛します。

薄毛の主な原因

薄毛とは、頭髪の量が減って地肌が見えてしまう状態です。本数は変わらないまま毛が細くなる場合と、抜け落ちて本数そのものが減ってしまう場合があります。髪の本数を平均約10万本として計算すると、1日に50本から100本は自然に脱毛していると考えられますが、150本以上の状態が続くようなら、病的な抜け毛(異常脱毛)といえるでしょう。

 

f:id:participantlink:20200830095840j:plain


薄毛の原因としては、以下の4つの説があると一般的に言われています。

 

1. 血液循環不良説髪の毛は毛乳頭にある毛細血管から栄養を補給されて成長します。

血流が悪くなると成長が鈍り、髪の毛は抜けやすくなります。

 

2. 男性ホルモン説遺伝的に男性ホルモンに影響される感受性を持つ人にみられます。

男性ホルモンの影響で、毛乳頭細胞の分裂が抑えられると考えられています。

 

3. 脂漏説皮脂が異常に多く分泌されると、毛穴が詰まったり、皮膚に炎症が起きるなど、髪の成長を阻害します。

 

4. 頭皮緊張説成長などにより、頭皮が突っぱって頭蓋骨と頭皮の間の血管を圧迫することにより、血流が悪くなって毛乳頭細胞の活動が低下するといわれています。

 

これらの4つのうちのどれかひとつが薄毛の原因とは限りません。複数の原因が互いに影響しあっている場合も多いと考えられます。

 

f:id:participantlink:20200830095634j:plain

男性型脱毛症(Androgenetic Alopecia:AGA)

男性ホルモンなどが主な原因で、軟毛化(毛の数は変わらなくても、太く長い毛が再生せず、細く短い毛に置き換わる)が進み、薄毛になる状態です。軟毛化は、ヘアサイクルの成長期が短縮され、毛根が小さくなってしまうことによって起こります。
早い人では20歳代前半から始まります。ただ、男性が誰でも若くして薄毛になるわけではなく、遺伝的な素質に加え、ストレス、食事、生活習慣などの影響も大きいと考えられます。なお、男性ホルモンは、髪は薄くする方向にはたらきますが、ひげや陰毛などは濃くする(硬毛化)方向にはたらくと考えられています。

 

脱毛の進行パターン脱毛は前頭部または頭頂部から起こることが多く、額の生え際から後退していくタイプ、頭頂部から薄くなるタイプ、これらの混合タイプなどさまざまな進行パターンがあります。

 

f:id:participantlink:20200830095534j:plain

男性型脱毛症/壮年性脱毛症の原因

発症の兆候頭皮や顔が脂っぽい、毛が細く柔らかい、細くて短い抜け毛が目立つ、といった兆候があると、男性型脱毛症(AGA)/壮年性脱毛症になりやすいといわれています。早期の対策を行っていきましょう。

 

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

ザガーロのジェネリック

ザガーロは海外名をアボダートといいます。
ザガーロ同様、男性型脱毛症(AGA)による抜け毛を抑えることができる最新の薄毛治療薬です。
アボダートは名前は違えど、効果・効能はザガーロと同等です。
ザガーロより安く購入することができるので、国内外で愛用者がとても多い薄毛治療薬です。
頭頂部だけでなく、側頭部・後頭部の抜け毛を防止することが期待できます。
また、発毛にも効果があるため、より確実に薄毛を改善することができます。
アボダートは通販でのみ購入することが可能で、ザガーロの半額以下で購入できます。

 

ザガーロは通販で販売されている

男性型脱毛症(AGA)に効果的に働き、抜け毛や発毛効果が期待できる「ザガーロ」。薄毛治療薬として注目を集めている育毛剤です。
病院では薄毛治療は保険適応外なので、ザガーロを処方してもらうには治療費が高くなってしまいますが、通販なら病院より安く購入することができます。
しかし、ザガーロはamazon楽天などの日本の通販サイトでは購入できません。
ザガーロを購入するには個人輸入代行サイトを利用します。
個人輸入代行サイトを利用することで、海外の医薬品などをあなたの代わりに日本まで輸入し、手元に届けてくれます。

ザガーロに向いている人

ザガーロはどういう人におすすめ出来るかというと、簡潔に言えばプロペシアで思ったような効果が現れなかった方でしょう。
といいますのも、プロペシアではどうしても抜け毛を防ぐ事が出来ない箇所があるためです。
その箇所とは「側頭部」と「後頭部」。男性型脱毛症(AGA)を発症した際、大多数の人は頭頂部と前頭部の抜け毛が多くなります。
実は側頭部と後頭部はかなり抜けにくい箇所なのです。
しかしどういうわけか、この部分からも抜け毛が多くなってしまうケースが発生してしまいます。後頭部は少し見にくいですが、側頭部ならば目視出来るので確認しやすいでしょう。
もっと分かりやすい目安もあり、頭皮の脂っぽさが気になったら要注意です。
以前と比べ明らかに頭皮が脂っぽいと自覚出来たのであれば、プロペシアを使っても効果が出ないかもしれません。
その場合はザガーロを使うべきでしょう。なぜならば薄毛の原因となる物質に違いがあるためです。もし自身で判別出来ない場合は医療機関で診断してもらって下さい。
効果の詳細については後程ご説明します。
ちなみに発毛効果はザガーロが上です。単体で使われても十分に発毛が出来るとのデータがあります。
しかし本当ならば確実性を増すため、ミノキシジルとの併用がおすすめです。
あまり体に負担をかけたくない、とお考えの場合ザガーロのみで薄毛改善に挑戦してみても良いかもしれません。

ザガーロとプロペシアの違い

f:id:participantlink:20190502113008j:plain

同じ作用を持つにも関わらずプロペシアよりもザガーロの方が高い効果を持っているのはなぜか?
それは5αリダクターゼの阻害作用が関係しています。実は1型・2型と2タイプあり、2型の方が多いと抜け毛の原因になるのです。
2型が多く分布している箇所は前立腺と、頭部では前頭部と頭頂部。なぜこの部分が薄毛になってしまうかもう理由がお分かりになりましたね?
そこでプロペシアを使うと有効成分フィナステリドが「2型を阻害」し、この部分の薄毛を改善していきます。
しかし男性型脱毛症(AGA)は前頭部や頭頂部だけでなく、抜けにくい側頭部や後頭部も薄くなってしまうパターンもあり、その場合はプロペシアで治療をする事が出来ません。
なぜならこの部分の薄毛は1型が関与しているためです。目安は全身の皮脂腺に分布しているので、頭皮が脂っぽければほぼ間違いないです。
また1型による男性型脱毛症(AGA)だから2型は関与しない、というわけではなくどちらのタイプも作用し、薄毛が頭皮全体に及んでしまう事もあります。
その場合にはザガーロを使いましょう。
なぜならば2型の働きはもちろん、「1型の働きも阻害」出来るためです。
そうです、ザガーロはプロペシアでは抑える事が出来ない1型5αリダクターゼにも有効なのです。
しかも2型に関しては約3倍も阻害出来る力を持っているので、これだけでも効果が上であるとお分かりいただけるでしょう。
もしどういうタイプの男性型脱毛症(AGA)か分からない場合、医療機関で相談してみて下さい。

有効成分のデュタステリド 

ザガーロの有効成分はデュタステリドと言い、薄毛の原因となる物質(DHT)の生成を抑える事で薄毛を改善していきます。
しかし元々は薄毛治療のために開発された成分ではありません。
前立腺肥大症の治療薬として開発されました。前立腺肥大症もDHTの過剰分泌が一因で発症します。
薬の名称は「アボルブ」といい、国内では2009年に発売されました。もちろん製造販売はグラクソ・スミスクラインが行っています。デュタステリドの作用が肥大化した前立腺を小さくし、症状である排尿の異常や頻尿、残尿感などを軽減していきます。
最初は前立腺肥大症の治療薬として使われていたものの、さらに研究の結果、男性型脱毛症(AGA)による薄毛改善が判明したという経緯はプロペシアと同じと言えるでしょう。フィナステリドとデュタステリド、似た作用を持つふたつの成分の違いは一体何なのか?これについては後程ご説明を致します。

前立腺肥大治療薬アボルブ 

ザガーロは薄毛治療薬としてではなく、前立腺肥大症の治療薬として販売されていました。それがアボルブです。前立腺肥大症の原因も男性型脱毛症(AGA)の原因も、DHTという非常に強い力を持つホルモンが大きく関わっています。デュタステリドはその肥大化した前立腺を小さくし、症状を次第に鎮めていくという作用を持っています。
これまで使われていた前立腺肥大症の治療薬は筋肉や尿道に作用し、拡げることで症状を改善していくというものでした。しかし前立腺に直接作用するわけではないのでさらに肥大化する事もあるらしく結局元に戻る事もあるのだとか。

その点アボルブは前立腺を直接小さくしていきます。根本に作用するというわけなので、かなり有効な薬であるといえるでしょう。
ただしひとつ注意事項があります。前立腺がんによって肥大した場合にもデュタステリドは作用します。そのため、検査を行った際にがんを見抜けなくなるという可能性も指摘されているのです。もしもがん検診を受ける機会がありましたら、アボルブを使用していると医師にお伝え下さい。これはデュタステリドが有効成分であるザガーロにも言えるのでお忘れなきよう。

ザガーロの効果 

ザガーロの作用は男性型脱毛症(AGA)により抜け毛を抑制することです。有効成分のデュタステリドが5αリダクターゼの働きを阻害し、DHTの生成を徐々に少なくしていきます。
するとヘアサイクルの乱れも改善されていき、正常に戻っていくのです。
さらにザガーロには発毛作用も期待されているので、単体で使っても髪の量が少しずつ増えていく可能性があります。
プロペシアの1.6倍高い効果を持つ」という触れ込みでも話題になりましたが、ザガーロは確かに新しい育毛剤として、これからの薄毛改善を担う薬になっていくでしょう。

ザガーロ(デュタステリド)の作用機序 

ここからはもう少し詳しくザガーロの効果についてお話しましょう。
ザガーロの有効成分であるデュタステリドは、男性型脱毛症(AGA)の原因になるホルモン、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えることで症状を改善していきます。
つまり薄毛改善です。
デュタステリドもプロペシアの有効成分(フィナステリド)と同じく、直接DHTに作用するわけではありません。
もっと根本的な物質に作用します。その物質こそ5αリダクターゼです。テストステロンという男性ホルモンを元に、5αリダクターゼはDHTを生成します。
しかしデュタステリドを取り込むとその働きは阻害されてしまいます。5αリダクターゼは、テストステロンを代謝することが出来ません。
それにより現在男性型脱毛症(AGA)が進行している方は、ヘアサイクルの乱れによって起きていた抜け毛が次第におさまっていきます。
2種類の5αリダクターゼを抑えることが出来る
プロペシアとの違い]でも少し触れていますが、ザガーロは2種類の5αリダクターゼに作用することが出来ます。
1型と2型があり、2型によって起きる男性型脱毛症(AGA)の方が一般的には多いと言われています。
特徴としては頭頂部、または前頭部に症状(薄毛)が確認出来れば、5αリダクターゼ2型による男性型脱毛症(AGA)といえるでしょう。
しかし1型で起きる男性型脱毛症(AGA)は違う部位に薄毛が見られます。
抜け毛が起きにくいとされる側頭部、または後頭部の髪が抜け、薄毛になってしまったのであれば1型が関係しているといえるでしょう。
また2型で起きる男性型脱毛症(AGA)とは違い、頭皮がアブラっぽくなるのも特徴です。

使い始めに起きる初期脱毛

ミノキシジルプロペシアと同じように、ザガーロも使い始めてから2週間程度経過したら抜け毛の量が増えてくるかと思います。
これは「初期脱毛」と呼ばれる現象で、副作用として挙げられるものです。とはいえこの初期脱毛は一概に悪いこととは言えません。
なぜならば改善の兆候ともいうべきものだからです。というのも男性型脱毛症(AGA)はヘアサイクルが乱されることで髪の成長が短くなり、抜ける間隔が早くなるという症状ですよね?
ザガーロの作用によってDHTの生成が抑制され、次第にヘアサイクルの乱れがおさまってきます。
それにより休止期の状態の髪が徐々に抜け始めていきます。その状態の髪が多ければ多いほど抜け毛の量は多くなってしまい、一時的ではありますがさらに頭皮がスカスカになってしまうのです。しかしザガーロの作用によって発毛・育毛の準備が整い、徐々に髪が生えだしてくるでしょう。

ザガーロだけでも発毛が可能

ミノキシジルを除いた育毛剤の中で、ザガーロはとても高い発毛効果が検証結果として報告されています。
ザガーロの作用は5αリダクターゼを阻害して男性型脱毛症(AGA)を防ぐ、あるいは抑えるというものです。
それにより男性型脱毛症(AGA)の原因となるホルモン(DHT)の生成が防げるので、ヘアサイクルの乱れを止めることが出来ます。
アサイクルの乱れは発毛にも影響を及ぼし、新しい髪が作られにくくなってしまうのです。
つまりザガーロを使わず男性型脱毛症(AGA)を放置していると、いずれ頭皮がスカスカではなくツルツルになってしまう恐れもあるのです。
アサイクルが正常に戻ってくると、毛根が生きている限りは再び発毛が始まるのです。
ザガーロを発売するグラクソ・スミスクラインが行った検証によると、デュタステリド(ザガーロ)とフィナステリド(プロペシア)を比較した場合、発毛効果はデュタステリドの方が高いという結果が分かりました。
1.6倍という数値として報告されています。

メーカーが発表している発毛効果の検証

プロペシアよりも発毛効果が高い、というのは何も誇大広告のために言っているわけではありません。
メーカーのグラクソ・スミスクラインが実際に検証した結果により分かった事なので安心して下さい。もちろん体質によってはプロペシア(フィナステリド)の方が合っているという方もいらっしゃいます。
行われた期間は24週で、範囲は直径2.54cmでどちらも検証が行われました。
デュタステリド(ザガーロ)とフィナステリド(プロペシア)の他にもプラセボ(偽薬)も入り、3種類のパターンで比較されています。人種はアジア人、ヒスパニック、白人と様々な人種を集めて行われたようです。

ザガーロの副作用 

ザガーロの副作用はプロペシアとよく似ています。
有効成分デュタステリドによる作用機序は5αリダクターゼの阻害。つまり男性ホルモンの生成が少なくなってしまうことでその弊害が出てしまう場合があるのです。
しかもプロペシアよりもその発現率は高いようなのでちょっと気にかけてみてもらえればと思います。
まだ実証結果としては少ないようなのですが0.1mgを服用した場合は13%。0.5mgを服用した場合は15%と比較的高い数字が出ているので、これを十分理解してザガーロを使用していきましょう。
これらの症状が確認された場合は医師に相談するなどして対策を立てて薄毛治療にあたって下さい。

男性機能の低下

5αリダクターゼを阻害することにより男性ホルモンの生成が少なくなってしまうので、男性機能の低下が起きる事があります。
これは同じ作用機序を持つプロペシアにも起きることですが、先にも申したようにザガーロのほうが幾分その発現が高い傾向にあるようです。
いくつかの症例がありますが最も多いものとしてはEDが挙げられます。
いわゆる勃起不全のことで、うまく勃起が出来ないことで薄毛とは別のストレスが生じてしまいます。どちらの症状も精神的なプレッシャーが良くない影響を与えてしまいます。
ですがザガーロの副作用でEDを発症しても心配は無用です。
なぜならバイアグラなどの優秀なED治療薬があるため。
もしも起きてしまったのであれば使ってみましょう。もちろん飲み合わせが悪いということはありませんので心配は無用です。
ED以外にも性欲が減退し、行為をする気が起きなかったりもします。これもまた男性ホルモンの生成が少なくなることにより起きる現象です。
さらに射精障害が起きることも報告されています。射精障害は男性不妊の原因になるものであり、特に子供を望まれる夫婦にとっては深刻な問題に繋がるのです。
また女性にとってザガーロは禁忌薬になるので、子供を望まれている方は使用を控えた方がいいかもしれません。なぜ女性のとってそのような扱いになるのかは後程ご説明致します。

男性機能低下以外に起きる副作用

男性ホルモンは気力にも関係しています。その生成が少なくなってしまった場合、やる気が起きなくなる事があるようです。
プロペシアではそれよりもさらに重度なものであるうつ病の発生も報告されていますが、ザガーロには今のところ報告はありません。
その他にも蕁麻疹や湿疹などが発生する皮膚障害や、乳房の女性化してしまうという報告もあります。
肝機能が低下している方はよりそれが進行する可能性があります。これも男性ホルモンが少なくなる事で女性ホルモンが優位となりこのような副作用を起こしてしまうのです。
今のところプロペシアで注意喚起されている肝機能障害を起こすという報告はされておりません。
ただ、何かいつもとおかしいと思ったのであれば医師と相談をして判断を仰ぎましょう。

ザガーロの服用方法や気を付けるべき点

ザガーロの使い方は至って簡単です。1日1回1錠、自身で決めた時間に服用します。0.5mgあるいは0.1mg錠のどちらも錠数は変わりません。
またカプセル状なのでピルカッターで分割して服用するのはあまりおすすめ出来ません。決めた時間に服用する理由は体内のデュタステリド濃度を一定に保つためです。
それにより薄毛を改善していきます。
副作用の発現が気になる場合は、軽減をするためには3日に1回服用されている方がいるようです。
実はデュタステリドの半減期血中濃度が減る速度)はとても長いため継続して使用した場合、なかなか血中からなくなりません。
そのような理由から2日、あるいは3日空けることで副作用の発現が低下するかもしれないのです。ただ実証されているわけではないのでその点は気を付けましょう。

ミノキシジルと併用して効果アップ

より発毛を促すためにミノキシジルとの併用をおすすめ致します。プロペシアよりも発毛効果の高さが特徴の1つでもありますがあくまでも原因を抑制する働きのほうがメインです。
それが次第に強い髪を作り出すことに変化していくのですが、よりその効果を高め新しい髪を作り出すには特化しているミノキシジルが向いています。塗るタイプ(外用薬)かタブレットミノキシジルタブレット:飲み薬)をザガーロを服用する際に併用すれば良いだけなので非常に簡単です。薄毛をもっと効率よく改善するためにぜひ試してみましょう。

ザガーロ効果で薄毛改善

ザガーロは、プロペシアでは改善出来ない薄毛の治療に使用されます。
有効成分のデュタステリドは2種類ある5αリダクターゼを阻害出来るため、頭部全体にまで広がった男性型脱毛症(AGA)の症状を改善し強い髪にしていく効果があります。
処方箋医薬品ですので医療機関で手に入れるしかありませんが海外医薬品を販売する通販を利用することで、海外版ザガーロ(アボダート)やザガーロジェネリックを購入でき、とても安い価格で購入出来るため、費用に関しても心配は必要ありません。
ザガーロ(アボダート)で行う薄毛改善はまさに次世代です。
ぜひ、その効果を確かめてみて下さい。
きっと満足出来ると思います。

oneclck.net

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

ミノキシジルとフィナステリドの最安値AGA治療

フィナステリドとミノキシジルは、ともに日本皮膚科学会が発表した薄毛治療のガイドラインで、クラスAの評価です。それぞれ単体として使用しても治療に用いられますが、2種類を併用して治療を行うこともあります。

フィナステリドは、酵素である5α-リダクターゼが男性ホルモンのテストステロンに働きかけ、ジヒドロテストステロン(DHT)に変換してしまうのを防ぐ効果があります。

DHTはAGAにおける抜け毛の原因のひとつであるため、DHTの生成そのものを阻害することにより、抜け毛の原因に働きかけます。フィナステリドは日本国内ではプロペシアの名で製造・販売されています。

 

ミノキシジルは、血流を増やす作用があります。血流を増やすことにより、髪の成長を促す環境を整えます。ミノキシジルを単剤使用した場合は、すでにある毛根に対しては成長を促しますが、産毛を生やすという作用は多くありません。

 

髪の成長を最も効果的に促進するにはミノキシジルとフィナステリド併用することと考えられています。ミノキシジルには外用薬と内服薬があり、外用薬については薬局でも購入できますが内服薬については通常の医療機関では取り扱いをしているところは少なく、発毛専門の医療機関で取り扱うことが多いです。

 

ロゲインのジェネリックであるカークランド(ミノキシジル)とプロペシアジェネリックであるフィンペシア(フィナステリド)の組み合わせは、最安値のAGA治療です。

それでは、それぞれの効果を見ていきます。

カークランドは、ロゲインのジェネリック医薬品です。

 

f:id:participantlink:20190609234027j:plain



日本国内でも取り扱われているリアップと同成分であるミノキシジルを5%配合しています。

ミノキシジルは、世界90カ国以上で使用されている成分です。

毛髪の成長に関与する毛包に作用して、毛を太くする効果があり、脱毛症診療のガイドライン日本皮膚科学会)において、推奨度A(行うことを強くすすめる)とされている成分です。比較試験においてもその有効性が実証されています。

カークランドミノキシジルは、ヘアサイクルの変化によって小さくなってしまった毛包を大きくすることで、薄毛を改善します。 


フィンペシアは有効成分・フィナステリドを含有する、男性型脱毛症治療薬です。

 

f:id:participantlink:20190609234200p:plain


フィンペシアに配合されているフィナステリドは、毛根中の毛乳頭細胞にある5-α還元酵素の働きを阻害して、男性ホルモンであるテストステロンが、脱毛症の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)へと変化するのを抑制し、髪の毛が薄くなるのを防ぎます。

ジヒドロテストステロン(DHT)は遺伝的な男性型脱毛症を誘発します。

よって、フィンペシアで5-α還元酵素を阻害しジヒドロテストステロン(DHT)へ変換されるのを妨げることは、男性型脱毛症の治療において有効です。

フィナステリドは、5-α還元酵素への選択性があるため、他のホルモン系への影響による副作用が極めて少ないことも利点の一つです。

また、フィナステリドは国内臨床試験において、改善率がプラセボ(偽薬)よりも有意に優れていることが確認されており、海外においてはフィナステリド1mg投与5年後の写真評価において、90%の患者で抜け毛の進行を抑える効果や改善効果のあることが認められています。 

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

ハゲ頭には攻めのミノキシジルと守りのフィナステリドの併用で発毛効果倍増

AGA治療において、まず第一に選択すべきは、現在のAGA治療の最先端医療において最も高い成果をあげている二大成分のフィナステリドとミノキシジルの投与です。

これら以外にも有効と考えられる成分はありますが、フィナステリドとミノキシジル 以外は実際の治療現場ではあまり信用性が無いというのが実情です。

フィナステリドとミノキシジルを併用することによって、改善スピードを上げる事が可能です。
フィナステリドが守でミノキシジルは攻めの作用を担います。

 

f:id:participantlink:20190517222818p:plain

 

フィナステリド

f:id:participantlink:20190517223022p:plain


AGA治療に効果が高いとされているフィナステリドですが、、脱毛や薄毛化を進行させる悪玉ホルモンジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑えることによってです。

人間のからだにはテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが存在します。このホルモンはからだに悪影響を与えることはありません。

むしろ、男性にとっては男らしく力強いからだをつくり、生殖能力を維持するのに欠かせません。精神的にアグレッシブにするという役割もあります。

しかし、テストステロンがある酵素と結びつくと悪玉ホルモンに変化してしまうのです。それが、5αリダクターゼという酵素です。

頭皮の毛根付近にこの酵素は多く存在していますが、テストステロンが5αリダクターゼと結びつくと、ジヒドロテストステロンという悪玉ホルモンが誕生してしまうのです。

ジヒドロテストステロンは、毛母細胞にある受容体と結びつくと、健康な毛根に成長をやめて脱毛させよという信号を送ります。すると毛根が弱ってしまい、成長段階の髪が脱毛してしまいます。

そして、毛根自体も弱ってゆきやがて閉じてしまうのです。

フィナステリドは、5αリダクターゼの働きを妨害します。

テストステロンが5αリダクターゼと結びつかなければ、悪玉ホルモンは誕生しません。

そして、抜け毛も起こらずに、正常な毛髪サイクルが保たれます。

ミノキシジル

f:id:participantlink:20190517222943j:plain


ミノキシジルは強い血管拡張作用と、新しい毛細血管を作るという作用があります。

そして、毛根への血液の流れを良くしてくれるのです。悪玉ホルモンジヒドロテストステロンによって毛根が弱ってくると、発毛能力が落ちてゆきます。

すると、古くて弱くなってしまった毛根には栄養を届ける必要が無いだろうとからだが判断し、毛細血管がなくなってしまいます。

そうなることで毛根はますます弱くなり、いずれはその役割を終えたと判断して自然に閉じてしまうのです。

こうした悪循環を断ち切るために、ミノキシジルは弱くなった毛根付近にも新しい毛細血管をつくりだしてくれます。

すると、毛根はまだまだ頑張ろうとして、発毛活動を活性化するのです。

髪の毛に良いとされる栄養素

 

f:id:participantlink:20190517223127p:plain


髪の毛に必要な栄養素はさまざまですが、髪の毛にとって最も良いとされている栄養素はタンパク質・亜鉛・ビタミンです。この栄養素は、髪の毛を作りだす際に重要となります。

 

タンパク質


髪の毛の約90%はケラチンというタンパク質からできています。このケラチンを構成するもとになっているメチオニンは、体内で生成できない必須アミノ酸の1つです。

そのため食事でのみこのケラチンを摂取することができます。

これら髪の毛の元となるタンパク質が不足してしまうと、髪の毛は細くなり薄毛や抜け毛につながるだけでなく、色素も薄くなることから白髪が増加してしまう可能性があります。

亜鉛


亜鉛は、ミネラルの1種でタンパク質を合成するのに欠かせない栄養素です。どんなにタンパク質を大量に摂取しても、亜鉛が不足していると髪の毛の成長につながりにくくなってしまいます。

髪の毛以外にも、亜鉛が不足すると免疫力の低下や味覚障害などが起こることもありますが、現代人が1日に摂取している亜鉛は必要量の半分にも満たないといわれています。

不足しがちな亜鉛は、食事だけでなくサプリメントで補うのも良いでしょう。

ビタミン

ビタミンは、主に他の栄養素が機能するように働く潤滑油のような存在です。

ビタミンは全部で13種類あり、その中でもA、B群、C、Eは髪に良いとされています。

また、ビタミンも体内生成できないため食べ物から摂取する必要があります。

ビタミンA

新陳代謝を促進し、頭皮の乾燥やフケ、かゆみを防いで頭皮環境を整える作用があります。

乾燥肌が気になる方は意識して摂取したいビタミンです。

しかし、ビタミンAを過剰摂取してしまうと、頭皮が硬くなり脱毛の原因になるため摂取量には注意が必要です。

サプリメントなどでビタミンA単体を摂取する場合は過剰摂取にならないようにしましょう。

ビタミンB群

ビタミンB1、B2、B6、B12、葉酸パントテン酸をまとめてB群と言います。B群は育毛、発毛を促していくために、優秀な働きをする栄養素です。

ビタミンC

頭皮環境を正常化、コラーゲンやタンパク質の構成を促進する効果があります。髪の毛のトラブルの原因となる疲労やストレスの回復にも効果があります。

ビタミンE

健康な髪の毛を育てる、抗酸化作用、抗炎症作用、血行促進などの働きが詰まっている栄養素です。

ビタミンCと一緒に摂取することで相乗効果が期待できます。

 

oneclck.net

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

毛生え薬ミノキシジルの発毛効果

ミノキシジルはもともと血管拡張剤(高血圧の経口薬)として開発された成分ですが、後に髪を育成し脱毛症を回復させる効果が発見され、1980年代に世界で初めて認可された脱毛症の治療薬となりました。

f:id:participantlink:20190823112803j:plain

世界90か国以上で承認されており、アメリカをはじめとした世界中の多くの国の人が使っている育毛剤に配合されている成分です。

 

ロゲインやカークランドといったものが有名ですが、日本でも、ドラッグストアや薬局などでリアップX5プラスに有効成分としてミノキシジル5%が配合されています。

 

ミノキシジルには、リキッドタイプ(外用薬)のほかに経口タイプ(内服薬)のものがありますが発毛剤・育毛剤として認められているのは外用薬のみです。

 

ミノキシジルはフィナステリドと異なり、男性だけでなく女性にも効果を発揮してくれます。

 

ミノキシジルの効果

 

AGA(男性型脱毛症)を発症した場合、ジヒドロテストステロン(DHT)により脱毛スイッチが入ってしまった毛根は、髪へ栄養を届けるための血管が次第に収縮していき、頭皮の血行が悪化することにより髪への栄養補給能力が弱まりヘアサイクルが短くなります。

f:id:participantlink:20190713003416j:plain

 

血管を拡張して血流を改善

 

ミノキシジルは、その血管拡張作用により、脱毛スイッチが入ってしまった毛根や収縮した血管の再生を促し、髪の毛を製造する毛乳頭細胞や毛母細胞へより多くの栄養素や酸素を行き届かせます。従って、AGAで弱った髪だけではなく、円形脱毛症のほか殆どの脱毛症に効果を発揮すると言われています。

 

発毛シグナルの産出

 

ミノキシジルには、毛母細胞の分裂を促し、育毛・発毛を促進する発毛シグナル「インスリン様成長因子1(IGF-1)」や「血管内皮細胞増殖因子(VEGF)」の産出を促す作用があるとされています。

 

毛母細胞の死滅を抑制

 

ミノキシジルには毛母細胞の死滅(アポトーシス)を抑制して髪の毛が成長期から退行期へ移行し、脱毛を予防、発毛を促進する作用があります。

ミノキシジルは主にこれらの3つの作用で発毛・育毛を促進します。

 

ミノキシジルの効果を上げる方法

 

このような作用があるミノキシジルですが、実際は効果が出やすい人と出にくい人がいます。

その理由は、ミノキシジルは、皮膚に浸透して表皮細胞に存在する「硫酸転移酵素」により「硫酸ミノキシジル」に変化してはじめて効果を発揮すると考えられていますが、この硫酸転移酵素の活性度には個人差があり、活性度の低い人は硫酸ミノキシジルをあまり産出することができためと考えられているためです。

 

ミノキシジルの効果は、日本皮膚科学会の男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版でも推奨度A(行うよう強く勧める)と評価されています(但し、内服薬については、D(行うべきではない)です)。
 

ミノキシジルの副作用

 

ミノキシジルを外用薬として利用した場合、最も多い副作用としては「頭皮のかゆみ」があります。その他には、その因果関係が明らかになっていないものの、
・頭皮の発疹・発赤
・頭皮のかぶれ、フケ、使用部位の熱感等
・頭痛、めまい、気が遠くなる
・胸の痛み、心拍が速くなる
・体重増加、手足のむくみ、
接触皮膚炎、湿疹、脂漏性皮膚炎
などの症状が副作用として確認されています。

尚、ミノキシジルの含有量が多いほど、副作用の発生するリスクも高まります。

ミノキシジルを内服薬(飲むタイプ)として利用した場合はその効果も高くなるようですが、副作用もさらに強くなります。

ミノキシジル内服薬の主な副作用としては、
その因果関係が明らかになっていないものもあるものの、
・低血圧
・反射性高血圧
・全身の多毛症
・手足のむくみ
・頭痛、めまい、ふらつき、動悸、息切れ
・赤ら顔、皮膚の潮紅
・性的不能、勃起障害
などの副作用のほか、腎性全身線維症(腎不全、皮膚の硬化、関節拘縮をきたし、身体機能障害に陥る病気)、高カリウム血症、多臓器不全等重篤な副作用のリスクもあるとされています。

個人で判断して服用するのではなく必ず医師に相談して服用するようにしましょう。

錠剤は、もともと降圧剤として開発されたものですが、循環器系への副作用が強いため降圧剤としても使用されなくなった経緯があります。育毛剤としても利用することはお勧めできません。

また、耐性の問題もあります。

耐性(薬剤耐性)とは、生物が、自分に対して何らかの作用を持った薬剤に対して抵抗性を持ち、これらの薬剤が効かない、あるいは効きにくくなる現象のことです。

現在では薄毛改善・育毛ケアともに安心安全な成分が開発されており、上記のような副作用やリスクがない商品も多数販売されていますので、購入前にはその点をしっかりチェックしてから使用することが重要です。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

女性ホルモンと薄毛の関係

最近、髪のボリュームがなくなった食生活のせい? それともストレス?

実は、女性の薄毛は、出産や閉経など、ホルモンバランスの変動が大きく関係している場合もあり、男性よりも複雑になります。

 

f:id:participantlink:20200815163540j:plain

 

 

女性の薄毛と男性の薄毛、何が違うの?

女性ホルモンが髪の毛の成長に大事! というのは、なんとなくわかっている方も多いはず。では、女性の薄毛と男性の薄毛とでは、どのような違いがあるのでしょうか?

男性の加齢に伴う薄毛の大多数は遺伝的要因と男性ホルモンの作用によって引き起こされる「男性型脱毛症」です。前頭部と頭頂部が一定のパターンで薄くなることが特徴です。
一方、女性の薄毛は男性よりも複雑です。実は、女性の薄毛の約半分は「男性型脱毛症」といわれています。更年期を向かえ女性ホルモンの分泌が減少することにより、相対的に男性ホルモンの作用が強まることにより発症するのがこのタイプ。男性と異なり、頭頂部を中心とした比較的広い範囲の頭髪が薄くなるパターンが多いとされています。男性型脱毛症についで多いのは「慢性休止期脱毛症」という女性特有の脱毛症です。原因は不明で、男性ホルモンとは無関係です。男性型脱毛症のような特徴的な薄毛のパターンはなく、頭部全体的に薄毛の症状が進行します。

アサイクルと薄毛の関係って?

発毛と脱毛には一定のサイクルがあり、以下の3つの期間を繰り返しながら、新しい髪が生え替わっていきます。

•「成長期」...毛母細胞が活発に分裂を繰り返し頭髪が成長を続ける期間。通常3~7年、健康な状態は5年以上伸び続け、髪全体の約90%が成長期にあたります。

•「退行期」...毛母細胞の分裂が急速に衰える時期。髪の成長に関わる毛球部(毛根下部の膨らんだ部分)が徐々に退縮していきます。

•「休止期」...退行期を経て、毛の成長が完全にストップ。自然と髪が抜けていきます。通常、休止期は3ヶ月程度で、その後、次の成長期を向かえて新しい髪に生え替わります。

f:id:participantlink:20190606231957p:plain

「男性型脱毛症」では、男性ホルモンの作用によりヘアサイクルが回るたびに成長期の期間がどんどん短くなり毛髪がうぶ毛化することによって薄毛が進行します。女性の場合、更年期に女性ホルモンの分泌が減少すると、同様のことが起こると考えられます。
一方、「慢性休止期脱毛症」は休止期の期間が長くなることで、髪が抜けたあとに次の新毛がなかなか生えてこないため、毛髪本数が減ってしまうことによって薄毛の症状が引き起こされます。

アサイクルと薄毛の関係って?

ちなみに、よく言われる「産後の薄毛悩み」は、髪の成長期を維持・促進する女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が盛んな妊娠期と産後のギャップによるもの。妊娠中にエストロゲンの影響で成長期が維持され抜けなかった髪が、産後に一気に休止期に移行して抜けてしまう症状です。この症状は一過性のものなので、あまり心配することはありません。

知っておきたい! 薄毛にならない生活習慣&ヘアケア

では、薄毛にならないようにするには、どんなことに気をつけて生活すればいいのでしょうか。

1. 栄養バランスの良い食事

ある特定の食材に育毛効果があるという話には科学的な根拠が乏しい場合も。また、過度なダイエットなどで栄養失調になると髪の成長が阻害され、脱毛が引き起こされることあります。髪に良いと言われている食材ばかりを食べるよりも、バランスよく栄養を摂取することのほうが大切。でも忙しくてそれが難しい...という方は、不足しがちな栄養素をサプリメントなどで上手に取り入れてみましょう。

2. 規則正しい生活

ストレスや疲労、寝不足により自律神経系や内分泌系が乱れ、体に不調をきたすことがあります。毛髪の成長にもマイナスになることは否定できません。生活のリズムを整えましょう。

3. 紫外線対策

紫外線は毛髪だけでなく頭皮に対しても炎症などのダメージを与えることがあります。頭皮の炎症は、毛の成長を阻害したり抜け毛を増やす可能性も。屋外では帽子を被る、日傘を使うなどを心がけましょう。

4. 頭皮マッサージ

髪の成長には、栄養素や酸素をたくさん必要とします。頭皮マッサージをすると頭皮の血行がよくなり、毛髪を生みだす毛母細胞の働きを助けます。頭皮ケアアイテムを用いるのもいいでしょう。

5.育毛剤を使う

発毛を促進したり、脱毛を予防したりする育毛剤を上手に取り入れるのもおすすめです。スキンケアと同じように、薄毛の症状に悩む前から美容液感覚で取り入れられるといいですね。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

女性の薄毛と治療Q&A

女性なら健康な髪をいつまでもキープしたい!と思うもの。しかし「仕事が忙しくなってから髪が抜けるようになった…」「分け目が目立つようになったかも…」といった悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。近年では男性と同じようにバリバリ働く女性も多く、日々のストレスや食生活の乱れによって、薄毛に悩む20〜30代の方が増えているようです。

薄毛になる兆候として、髪や頭皮にこのような特徴が見られます。


・髪が細くなる
全体の髪の毛が細くなります。ストレスや健康状態の悪化などが原因です。

・頭皮が赤い
頭皮が赤くなっている場合は、薄毛の原因となる炎症を起こしている可能性があります。

・頭皮が硬い
頭皮が硬い場合は血行が悪い状態です。髪にハリやコシがなくなり、抜け毛の原因になります。

・フケが気になり始める
フケは頭皮のトラブルを表します。ベタベタするタイプ、カサカサするタイプなど、いくつか特徴が見られます。

・頭皮のベタつき
1日仕事をした後、頭皮がベタつくといったケースも。頭皮の毛穴を詰まらせる原因になります。

 

f:id:participantlink:20200814235630j:plain 

女性の為の薄毛と治療Q&Aをです。

 

Q.

女性の薄毛治療とは、どのような治療を行なうのですか?


A.

女性には女性の薄毛の原因があります。そのため、薄毛治療専門クリニックの医師が患者様一人ひとりを診察します。まずは診察(問診・視診・触診)を行ないます。次に、薬を投与しても問題ないかを調べるために血圧測定と血液検査を実施します。検査の結果、治療の投薬等に問題がなければ、患者様の症状に合わせた内服薬と外用薬を処方します。

その後の診察は、基本的には1ヶ月に1回通院していただき、頭皮の状態や、発毛効果、身体の状況などを確認しながら治療をしていきます。女性の薄毛の悩みは、メンタル面でのサポートも大切です。自分では気がつかないことが、薄毛の原因になっている場合もあります。医師と悩みを共有し、相談しながら薄毛治療を進めて行きます。

Q.

女性と男性では、薄毛や抜け毛の原因は違うのですか?

A.

女性と男性では、抜け毛や薄毛の原因が異なります。男性の薄毛や抜け毛の多くは「AGA(男性型脱毛症)」です。これは、ヘアサイクルの早い時期に髪の成長が止まる事で細く短い毛が増え、太く長い髪が減り、薄くなったと感じる症状です。AGAは額の生え際や頭頂部から薄くなるのが特徴で、成長期の髪が減り、毛根が徐々に縮小し、最終的には発毛しなくなります。

女性の薄毛や抜け毛の多くは「びまん性脱毛症」といって、毛の長さや量は変わらないものの、髪の1本1本が細くなり、ハリやコシ、ボリュームがなくなることで髪全体が薄くなり地肌が透けて見えるようになります。

 

Q.

女性に多い薄毛の原因は何ですか?

A.

女性に多い薄毛の原因は、血流不全やホルモンバランスの乱れなどが原因になっていることが多いといわれます。
例えば、出産後及び更年期障害等によるホルモンバランスの変化や血流の低下、ヘアケア商品(シャンプー・トリートメント・ヘアダイ・パーマ)による頭皮のトラブルなどです。

 

Q.

最近になって薄毛になってきた気がします。女性でもハゲるのでしょうか。

A.

女性の髪は男性とは違い、歳を重ねても長さはある程度保たれます。しかし、髪の毛の1本1本が細くなり、ハリやコシ、ボリュームのない髪になっていきます。
髪の加齢変化は、血流不全以外や女性ホルモンのバランスが崩れることが一因になっていると考えられます。
女性は通常、抜け毛に関与する男性ホルモン(テストステロン)量が男性の20分の1程度と少ないため、20代までの若年では抜け毛・薄毛は目立ちにくくなっています。その後、40歳前後から女性ホルモンの分泌量の減少に従って、テストステロン量が相対的に優位に働くため、ヘアサイクルが短くなり、毛が細くなり始めます。このタイミングで、髪に悩みを持つ女性が増える傾向にあるようです。

その他にも、食生活の乱れや過度のヘアケア、ダイエット、ストレスなども薄毛の原因となることがあるため、薄毛でお悩みの方はぜひ毎日の生活にも気を配ってください。

Q.

出産後に、急に抜け毛が増えました。このまま薄毛になりますか?

A.

出産を終えた後に、抜け毛が増える女性は多くいらっしゃいます。出産後に抜け毛が増えてしまうのには理由がありますので、安心してください。

妊娠中は出産準備のために分泌される黄体ホルモンの影響で、成長期が終わるはずの髪の毛の寿命が長くなり、抜け毛が少なくなります。しかし、出産後はホルモンバランスの著しい変動によって、“寿命”が延長されていた毛髪が、突然休止期に入ることにより一時的に抜け毛が多くなるのです。
個人差はありますが、出産後約半年から1年程で元に戻りますので、心配はいりません。
ただし、あまりにも抜け毛が続く状態が長引き、元に戻らない場合はホルモンチェックを含め、抜け毛(薄毛)治療を行なっている髪の専門病院で相談してみましょう。

 

Q.

最近体調に変化があり、更年期のようなのですが抜け毛も気になっています。女性ホルモン量と薄毛は何か関係があるのでしょうか?

A.

更年期症状には様々な症状があります。その中でも抜け毛や薄毛、細毛化などの髪の変化は、いずれも主に女性ホルモンの分泌量が低下することが一因となっています。
女性も男性ホルモンが分泌されており、更年期以降に女性ホルモンの分泌量が減った場合は相対的に男性ホルモンの影響が強まります。そのため、髪の加齢変化として抜け毛や薄毛になるケースがあります。

 

Q.

薄毛になりにくい髪型やヘアスタイルはありますか?

A.

ロングでもショートヘアでも、根元から元気で丈夫な髪を育てていけばどんな髪型でも構いません。ただ、洗いやすさ、すすぎやすさ、乾きやすさ、傷みにくさ、ブラッシングでもつれにくさなどの点からは、ボブ以下のショートヘアが良いでしょう。
ロングヘアは数年かけて伸びているので、髪の損傷は累積していきます。どんな髪型にするにせよ丁寧な手入れを行なって、大切に伸ばしてください。

 

Q.

ダイエット後に髪が薄くなった気がします。ダイエットが抜け毛の原因になることはありますか?

A.

過度なダイエットをすると、発毛・育毛に必要な栄養が髪の毛を作る毛根部に栄養が行き届かなくなってしまいます。その結果、ツヤのない髪の毛になったり、脱毛が進行します。
減量をする場合は、無理なダイエッや急激なダイエットを控え、運動と食事でゆっくり体重を減らすことを心がけてください。それが身体にとってはもちろん、髪にとっても大切なことなのです。
もしもダイエット後に抜け毛が多くなったように感じたときは、まずはバランスの良い食事をとって体調を整えてください。


Q.

女性ホルモンに関係すること以外で、薄毛や抜け毛の原因となることはありますか?

A.

女性の薄毛や抜け毛の原因には、ポニーテールなど髪を引っ張られる状態が長く続くことで起こる「けん引性脱毛症」や、ヘアカラー・パーマなどで頭皮に刺激を加えて炎症が起こり、それが薄毛に繋がることもあります。
また、脂漏性湿疹などの頭皮の病気、甲状腺の病気や膠原病・鉄欠乏性貧血などの病気に伴い脱毛が起こったり、過剰なダイエットで栄養不足となり抜け毛を引き起こすこともあります。あまり抜け毛が多く薄毛が気になる場合は、一度皮膚科を受診して病気の有無を確認することも大切です。

 

Q.

ストレスも薄毛・抜け毛の原因になるのでしょうか?

A.

最近では、女性の社会進出なども増え、女性も多くのストレスを感じるようになりました。ストレスがたまるとライフスタイル全般に悪影響を及ぼしてしまいます。そのひとつとして、薄毛や抜け毛になる方もいらっしゃいます。さらに、過剰に薄毛や抜け毛を気にするのはストレスの原因となります。薄毛の悩みは、髪の専門病院を受診することで気持ちが楽になる場合もあります。

 

Q.

女性用のミノキシジルがありますが、ミノキシジルは女性の薄毛にも効果がありますか?

市販の女性用のミノキシジルが入った商品で女性の薄毛は治りますか?

A.

市販されている女性用のミノキシジルは、少し薄毛が気になる場合に使用するのはよいでしょう。一度抜けた毛が成長期を迎えるまでの3~4カ月は目立った変化はありませんが、4~6か月ほど使用して、見た目・髪を触った時の感触でボリュームが増えたと感じられれば、効果があると言えます。効果を持続させたい場合は使い続ける必要があります。
しかし、病院で処方される医療用ミノキシジルに比べると市販のミノキシジルは作用成分の濃度が低いため、薄毛の治療としてミノキシジルを使う場合は、髪の専門病院で自分にあった濃度のミノキシジルを処方してもらいましょう。


Q.

女性の薄毛や抜け毛に、女性ホルモンは関係していますか?

A.

はい、女性の髪は女性ホルモンと深い関係があり、薄毛や抜け毛の主な原因の1つです。

女性の髪、そして薄毛や抜け毛に関連しているのは「エストロゲン」という女性ホルモンです。このエストロゲンは髪の新陳代謝を促します。また、ハリやツヤを生み出す働きもあるため、エストロゲンの減少でハリやツヤがなくなり、それによって髪のボリュームダウンを感じ「髪が薄くなった」と思い込んでしまう人もいらっしゃいます。

また、新陳代謝が低下してしまうことで、実は肌だけでなく「髪のヘアサイクル」も乱れます。そこから薄毛に繋がるというケースがあります。

女性ホルモンは20代後半がピークです。それ以降は徐々に減少し続け、40代に入ると急激に女性ホルモンの分泌量は低下してしまいます。

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

女性の薄毛や抜け毛の原因や育毛発毛に効果的な対策方法

髪が薄くなってきたり抜け毛が増えてきたりして、ヘアケアを始めようと考えている女性は多いでしょう。しかし、自分に必要なのは「育毛」と「発毛」のどちらなのか把握している人は少ないのではないでしょうか。

 

そこで今回は、育毛と発毛の違いをご紹介します。女性の薄毛や抜け毛の原因や育毛・発毛に効果的な対策方法についても解説するので、薄毛や抜け毛に悩んでいる女性はぜひチェックしてみてください。

 

f:id:participantlink:20200814151954j:plain

 

育毛と発毛はどんな違い

ヘアケアを調べていると良く出てくる「育毛」と「発毛」。どちらも同じような印象ですが、実は全く意味が異なります。自分に適したヘアケアを行うためにも、それぞれの違いをチェックしておきましょう。

育毛は毛を育てること

育毛とは、読んで字のごとく「毛を育てる」こと。元から生えている髪の毛を、健康な髪の毛に改善するヘアケア方法です。頭皮の血行改善や栄養補給などで頭皮の環境を整え、太くてハリ・コシのある抜けにくい髪の毛を育てるのが育毛。

髪は生えているけれど、細くなってボリュームダウンしていたり柔らかくなったり、抜けやすいなどの弱っている髪に悩んでいる方は育毛がおすすめです。考え方としては、髪が抜け落ちる前の段階のヘアケアと認識しておくと良いでしょう。

発毛は新しい毛を生やすこと

元からあった髪を育てる育毛に対し、発毛は既に髪が抜けてしまった状態から「新しい毛を生やす」こと。血行促進や過度に働いている男性ホルモンを抑制するなどして、新しい毛が生えやすい環境を作ります。

また、成長期の毛乳頭細胞に働きかけてヘアサイクルを正常に戻し、太くてハリやコシのある健康的な髪の毛を生やす効果もあります。抜け毛が目立ち生えていない部分が多い、髪の本数を増やしたい、という場合は発毛がおすすめです。

女性の薄毛・抜け毛の原因

薄毛や抜け毛などの髪の悩みは、どちらかというと男性が持つもの、というイメージを抱く人は多いですよね。しかし、実は女性であっても薄毛や抜け毛に悩むケースは良くあります。ここでは、女性の薄毛と抜け毛の原因を5つご紹介します。

加齢による女性ホルモンの減少

薄毛の大きな要因の1つが、「エストロゲン」という女性ホルモンの減少。その女性ホルモンは、年齢と共に減少していきます。通常であれば以下の3つの期間を順番に繰り返しているのですが、女性ホルモンが減少すると成長期がどんどん短くなっていくのです。
•成長期:3~7年
•退行期:2週間
•休止期:3ヶ月

つまり、女性ホルモンが減少すると、成長しきらないままに退行期や休止期を迎え、抜けていってしまうということです。

血行不良

血行不良ということは、頭皮に十分な栄養が行き渡っていないということ。髪を成長させる「毛乳頭」や「毛母細胞」に栄養が行かないと、新しく生える髪の毛は細くて弱いものが多くなります。頭皮の血行不良の原因は様々ですが、代表的な理由は以下の3つです。
•ストレス
•睡眠不足
•過度なダイエット

出産後脱毛症

出産後の方に多く見られる症状の1つが、出産後脱毛症。主な原因はホルモンバランスの乱れで、出産中に増加したエストロゲンプロゲステロンという女性ホルモンが、出産後に減少したことに起因します。

さらに、出産後脱毛症の思わぬ原因となっているのが、子育てによるストレスや睡眠不足。生まれたばかりの赤ちゃんは、数時間おきの授乳が必要なので、ストレスを無意識のうちに溜めてしまう女性は少なくありません。また、夜泣きなどの対応で睡眠不足になり、血行不良になってしまうことも。

ただし、この症状は一定の期間を過ぎれば回復することが多いです。

FAGA(女性男性型脱毛症)

FAGAとは、女性がかかる進行性の脱毛症のこと。男性がかかるイメージの多い進行型の脱毛症ですが、実は女性にも男性ホルモンはあるため、このような症状が出ても何の不思議でもないのです。以下のような原因で発症することが多く、髪の1本1本が細くなったり頭頂部の分け目が目立つようになってくる症状が出てきたら、FAGAを疑いましょう。
•ホルモンバランスの乱れ
•栄養不足
•生活習慣の乱れ

円形脱毛

円形脱毛症は、実は女性のほうがかかりやすいといわれている病気。女性が円形脱毛症になる原因はストレスが関係しているといわれていることが多いですが、実は遺伝子が関係している可能性もあるなど、詳しいところは分かっていないのが現状。以下の5つが大きく関わっているとされています。
•自己免疫疾患
アトピー素因
•精神的ストレス
•遺伝的要素
•出産後のホルモンバランスの乱れ

育毛・発毛に効果的な対策方法

では、育毛や発毛にはどのような対策を行えば良いのでしょうか。ここでは主な5つの方法をご紹介します。

食生活や生活習慣の見直し

血行不良を改善し、頭皮に十分な栄養を届けるためには、食生活や生活習慣の見直しが大切です。ただし育毛に良いという特定の食べ物はなく、全体的にバランスの取れた食事が重要なので注意してください。睡眠を十分に取り、こまめにストレス解消を行い、不足している栄養素をサプリメントで補うなどすれば、健康的な髪の毛が生えてくるでしょう。

頭皮のマッサージ

頭皮の隅々まで栄養素が行き渡るように、血行促進ができるマッサージも大切です。以下の3つから、自分に合った方法を行ってみましょう。


•指で円を描くようにして頭皮をほぐす「揉捻法」
•頭皮をつかむように指先に力を入れて、弾みをつけで指を離す「圧迫法」
•軽く握ったこぶしの側面で頭皮を叩く「叩打法」

 

なお、上記の頭皮マッサージを行う前に、首から肩にかけてマッサージしておくのがおすすめ。より血流が良くなるため、効果を感じやすいでしょう。

育毛シャンプーを使う

市販の育毛シャンプーを使用するのも良いでしょう。育毛シャンプーは、余分な皮脂の分解や保湿などを行い、健康な髪の毛が育つ頭皮環境を整える効果があります。製品によっては男性用と女性用に分かれていますが、それらの違いは以下の通り。
•男性用:男性ホルモン抑制成分や皮脂を洗い流す洗浄成分、血行促進効果のある成分が配合されていることが多い
•女性用:頭皮に栄養を与える成分や保湿する成分が含まれていることが多い

シャンプーをする際には、頭皮を傷つけないように指の腹でマッサージするように洗うのがポイントです。

育毛剤を使う

薄毛や抜け毛を予防する意味も含めて、育毛剤を使うのもおすすめ。血行促進や保湿などの頭皮環境を整える効果に加え、頭皮に必要な栄養を与える効果も得られるのが特徴です。頭皮環境を整えるだけでは今生えている毛の改善は望めませんが、栄養を補うことで健康的な毛にすることができるのです。

特に効果的な成分として代表的なのは、ミノキシジル。毛の成長促進の効果がある成分で、ほとんどの育毛剤に含まれています。さらに、育毛剤によっては保湿効果や女性ホルモンを整える効果のあるものもあるので、自分の目的に応じた成分が入っている製品を選びましょう。

抜け毛が進行したら治療が必要

FAGA、円形脱毛症など深刻な抜け毛の場合は、専門機関での治療が必要です。治療法は機関によって異なりますが、カウンセリングをもとに症状ごとの施術を行ってくれるので、的確な対策ができるのが特徴。

頭皮洗浄や超音波イオンの導入、エッセンシャルオイルの塗布や発毛可視光線の照射など、自宅で行うことのできない治療法が取り揃えられています。カウンセリングを無料で行っている場所も多くあるので、色々なところにカウンセリングに行って、自分に合った治療を受けられるところを選びましょう。

まとめ

現在生えている毛を育てる育毛と、抜けてしまった髪の毛を再び生やそうとする発毛。それぞれ対策方法が異なるので、薄毛や抜け毛に悩んだ際には、自分に必要なのは育毛と発毛のどちらなのかをしっかりと見極めることが大切です。

また、薄毛や抜け毛の対策には、生活習慣の見直しと同時に、育毛に効果的なシャンプーや育毛剤を取り入れるとより効果を感じられるでしょう。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

発毛剤と育毛剤の違い

男性の3人に1人はAGAになります。

最近なんだか「髪が細くなってきた」「地肌が目立つようになってきた」「髪をとかした時に抜け毛が多い」 と感じている方は、薄毛に一歩近づいているのかもしれません。
今回は薄毛予防に役立つ「発毛」と「育毛」の情報についてまとめてみました。

 

f:id:participantlink:20200814151139j:plain

 

発毛と育毛の違い 

抜け毛でお悩みの方は「発毛」と「育毛」というよく聞く言葉の違いについてご存知でしょうか。
「発毛」とは自分の髪が生えてくることをいいますが、一般的には抜け落ちた髪を再び生えてくるようにすることをいいます。
「育毛」とは、現在残存している髪の毛の成長を助けて、太く長く抜けにくい髪に育てることをいいます。
発毛と育毛は、髪に与えるエネルギーがそれぞれ異なるため、現在のご自身の状況に合わせてどちらを選択したら良いのかを決めましょう。 

市販の発毛剤と育毛剤の違い 

名前が示しているとおり、発毛剤と育毛剤の目的は 生やすことと育てることでそれぞれ異なります。
発毛剤と育毛剤についての詳しい内容は以下のとおりです。

発毛剤 

発毛剤は、すでに髪が抜け落ちた状態となっている部分から、髪を生やすことを目的としています。
アサイクルに関わる指令を出している毛乳頭の働きを活性化させる成分を主に使用しています。
医薬品に分類される発毛剤は細胞に強く働きかける成分を含んでいますが副作用のリスクが高くなります。

血管を拡張して血行を促進することで毛根周辺に栄養が行き渡りやすくするミノキシジルという成分や、過度に働いている男性ホルモンの働きを抑制することで抜け毛の進行を抑えるフィナステリドという成分が有名です。
医薬品に分類される発毛剤に入っている成分には、血圧低下、頭痛、発疹、勃起不全などの副作用が報告されているので、一般用医薬品(OTC)の中ではリスクが高いとされる第一類医薬品に指定されています。
医薬品に指定された発毛剤を初めて使用する場合には、専門的な診断を行っている皮膚科のある病院を受診するか、薬剤師のいる薬局で薬剤師による健康状態の確認後に購入することが望ましいでしょう。

育毛剤 

育毛剤は、育毛環境をしっかりと整えることを目的にしています。
髪は生えているけれど、細い髪や短い髪が増えている、また毛髪が全体にやわらかく、弱くなってきたという方、更に今ある髪を抜け毛や薄毛から守りたいという方に向いています。

抜け毛を予防する、フケ・かゆみ・炎症を抑えて頭皮の環境を良くするなどの成分が配合されている場合が多くみられます。
発毛剤がすでに髪が抜けてしまった場合に使用するのに対して、育毛剤は抜ける前の段階で予防的に使用するという違いがあります。
発毛剤に比べて作用がマイルドな分、効果が弱くなるのは否めません。 

自宅でできる育毛方法 

髪を健やかに保つためには、生活習慣や食生活、ストレスなどの改善も重要です。
薄毛予防のために、自宅でできる育毛方法をまとめてみました。

食生活 

髪には栄養バランスの良い食生活が必要不可欠です。
こってりとしたお肉や揚げ物などの油物を摂りすぎると頭皮の皮脂が過剰に分泌され、脂性のフケが多くなったり、毛根に脂が詰まりやすくなったりするなど 髪の毛が抜けやすい環境になります。
ドカ食いや不規則な時間に食事を摂るとで胃腸の機能が低下したり、消化吸収ができにくくなります。髪に必要な栄養が行き渡りにくくなります。
暴飲暴食は避けて一日三食規則正しいバランスの良い食事を心掛けましょう。
髪に必要なタンパク質と、タンパク質の働きを促進するミネラル類(特に亜鉛やカルシウムなど)、 血行促進・頭皮の健康維持に必要なビタミン類という三つの必要成分は特に積極的に摂取するよう心掛けましょう。

睡眠 

午後10時~午前2時に分泌がピークになる成長ホルモンは、毛髪の再生促進に必要なホルモンです。
この時間帯は、とくに質の良い成長ホルモンの分泌が増えるといわれていますので睡眠の時間帯も調節することをおすすめします。
夜にぐっすり熟睡できるように睡眠環境を整えるようにしましょう。
寝る一時間程度前にぬるめのお風呂に長めに浸かると熟睡しやすくなると言われています。またストレッチで首や肩をほぐす、朝に起きた時に明るい光を浴びる、寝る直前にはスマホやPCは見ないなどの習慣を取り入れることをおすすめします。
その他ソファで寝ている人は、ベッドで集中して寝るようにしましょう。

運動 

散歩やジョギングなどの有酸素運動を定期的に行う、また加えて無酸素運動も取り入れると幅広く筋肉に好影響を与えることになります。
またジョギングは 全身の新陳代謝を促進する作用やストレスの解消にも期待できます。
普段の日常生活で運動する習慣がまったくないという方は、軽いストレッチから始めたり、エレベーターではなく階段を使ったりするなど短時間の軽い運動から無理せず始めていきましょう。 

髪が薄くなってきたらすぐに発毛剤を使う

薄毛は進行型になりますので、何も対策をしないとどんどん薄くなってきてしまいますので早めに対策をすることをお勧めします。

 

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

髪は必ず生えてくる

髪の毛が薄くなった部分は、もう生えてこないと思い込んでいませんか?

 

f:id:participantlink:20200311000823p:plain

毛根が死んで髪の毛が復活しないと考えると、すごく悲しい気持ちになりますよね。

しかし、諦めるのはまだ早いです!あの頃のような髪の毛に戻ることが可能なのです!

ここでは、髪の毛の復活を夢見るあなたに、毛根の再生について見ていきましょう。

毛根は眠っている

そもそも毛根は生命力が強く、滅多なことでは死にません。

頭に大けがしたり脳の手術をしたりと頭皮を縫わなければいけない場合は、 残念ながら 周辺の毛根は死んでしまいます。

しかしそれ以外で、あなたの頭皮から髪の毛が生えてこない場合は毛根が死んでいるのではなく、毛根が 休眠状態に入っている可能性が高いのです。

そのため、休眠状態の毛根を機能させることで、髪の毛の再生は実現できると言えるでしょう。

ただし毛根が休眠状態に入ってから長い時間が経ってしまうと、死んでいないとはいえ発毛させるには時間がかかってしまうことがほとんどです。

乱れたヘアサイクル

f:id:participantlink:20190713003416j:plain

頭皮から髪の毛が生えてこない場合は、毛根が死んでいるわけではく、毛根が休眠状態に入っている可能性が高いと説明しました。

それでは、なぜ毛根が休眠状態に入るのでしょうか?

ここでは、毛根が眠ってしまう原因となる4つの理由について紹介していきます。

お酒を飲み過ぎている

市販の育毛剤の中には、アルコール成分として含まれるものがあることから、「アルコールは髪の毛に良い」と解釈している方もいますが、「アルコール成分を髪の毛に付ける」と「アルコールを体内に摂取する」では髪に与える影響が全く異なります。

お酒を飲むと体内でアルコールが分解されアセトアルデヒド という物質が生成されますが、この物質は血液中の栄養や酵素を押しのける性質を持っています。

その結果、頭皮に行くはずだった栄養が行き渡らなくなり、頭皮が栄養不足となり毛根が休眠状態になってしまいます。

偏った食生活をしている

毎日の仕事で忙しい方は、外食やコンビニ弁当で食事を済ませることが多くなるかもしれません。

しかし、外食やコンビニ弁当ばかりだと脂質や炭水化物が多く、ビタミンやミネラルが少なくなり栄養バランスが崩れてしまいます。

頭皮に必要な栄養が供給されなければ髪の毛を生成することができず、毛根が休眠状態になりやすくなります。

タバコを吸っている

タバコを吸うとニコチンの作用によって、毛細血管が収縮して血行不良になり、頭皮に十分な栄養を運ぶことができなくなります。

血行が悪いと頭皮が凝って、髪の毛を作り出す毛母細胞に血液が巡りにくくなり、毛が生え変わるヘアサイクルも乱れてしまいます。

そうすると髪の毛の生成が上手くできずに髪の毛が抜けていき、毛根の休眠状態につながります。

タバコを吸っている方で、薄毛を改善したいと思っている方は今すぐに禁煙することをオススメいたします。

睡眠が不足している

睡眠不足は毛根が眠ってしまう原因の1つと考えられます。

一般的に髪が育つ時間帯と言われる午後10時~午前2時くらいに睡眠をとっていないと髪の毛が育ちにくいです。

なぜなら髪の毛の成長に大きく関わる成長ホルモンは、その時間帯に最も多く分泌されるからです。

そのため、睡眠時間が不足していたり睡眠の質が悪いと毛母細胞の働きが低下し、髪の成長が妨げられてしまいます。

このような生活を続けていると、毛根が休眠状態になりやすくなってしまいます。

毛根を再生させるためにできること

診察をする女性医師

ここまで、毛根が休眠状態に入ってしまう原因について説明しました。

普段の生活習慣の中に、毛根にとって良くない行動があるということが分かりましたね。

普段の生活習慣の見直しは簡単なようでなかなかできないため、当店のようなクリニックで見てもらうことが近道です。

それでも自分で生活習慣を見直し始めることは大切になってきますので、今日から毛根を再生させるためにできる3つのことについて見ていきましょう。

十分な睡眠時間を確保しよう
髪の毛の成長は、夜間に行われて日中はほとんど行われません。

成長ホルモンは、眠り始めから約3時間後に最も多く分泌されるため、髪が育つ午後10時~午前2時の間に眠りにつけるかどうかが最も重要です。

また、睡眠の質を上げるために以下のポイントに気をつけましょう。

・就寝の1時間前にはスマホやテレビなどを見ない
・食事は就寝の3時間前までに済ませる
・就寝の前にお風呂に入る時はぬるま湯にする
食生活を改善しよう
忙しくて時間がないという理由で、外食やコンビニ弁当で食事を済ませるのは良くありません。

毛根を再生させるためには、栄養バランスを考えながら1日3食を決まった時間に摂ることが重要です。

添加物や保存料が多い食品を選ぶのは控え、ビタミン類やミネラル、タンパク質を進んで摂るようにしましょう。

特に意識して対策したい食生活のポイントは以下になります。

・髪の成長に必要なビタミン、亜鉛、タンパク質を積極的に摂る
・肉、油物の摂取を控えめにする
・野菜を中心に1日3食を決まった時間に食べる
ストレスを溜めないようにしよう
ストレスを感じることによって、毛細血管が収縮して頭皮の血行が悪くなり、髪の成長が妨げられます。

強いストレスは免疫機能を低下させ、円形脱毛症などの原因になると考えられているため、極力ストレスフリーな環境に身を置くことが重要になります。

とは言っても、ストレスを感じずに生活することは難しいですよね。

そこで、多くの方が取り入れている以下のストレス解消法を参考にしてみてください。

・毎日30分~1時間程、適度な運動をして汗を流す
・休みの日は好きなだけ自分の好きなことに没頭する
・極力やらなければいけないことを減らす
・聞き上手な人に話を聞いてもらう
毛根を再生させる「毛髪再生治療」の研究が進んでいる
研究を行う女性
現在、幹細胞の働きを活性化させて髪を復活させる治療法はいくつかありますが、それらの方法や効果も様々で「絶対に効く」と言われる毛髪再生治療法はまだ世に出ていません。

しかし近い将来、毛根を再生し復活させる 「毛髪再生治療」の研究が進められています。

そこで現在、研究が進んでいる2つの毛髪再生治療を紹介します。

資生堂:毛髪の成長に欠かせない細胞を育てる
毛髪の成長に欠かせない細胞の1つに「毛球部毛根鞘細胞」があります。

その毛球部毛根鞘細胞を頭皮から取り出し、資生堂が持つ技術で細胞を育てた後、脱毛部位に戻して再生させる方法です。

毛球部毛根鞘細胞を育てた後に、脱毛部位に戻すため、毛髪の数が細胞分裂をするたびに分裂を繰り返し、髪がフサフサになるというメリットがあります。

このような毛髪再生治療の技術は、2020年の実用化を目指していると言われています。

慶応義塾大学医学部:iPS細胞を使って発毛させる
慶応義塾大学医学部の大山学准教授(現:杏林大学医学部教授)による研究です。

様々な細胞や組織を成長させると言われているiPS細胞を用いた毛髪再生治療の研究では、毛包が完全に死んでしまう重症の脱毛症にも有効と期待されています。

人への臨床研究はまだ行われていないことから、実用化はまだ先になりそうですが、マウスへの実験では発毛に成功しているため、今後に期待できると言えるでしょう。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

ミノキシジルとフィナステリドの併用で髪を生やす方法

フィナステリドの副作用と効き目が実感できるまでの期間は?

 

f:id:participantlink:20190509011157j:plain


副作用として紹介されていると怖くなる気持ちはわかりますが、症例はごくわずかであるため気にしすぎなくてもよいですので、もしどうしても心配な場合は医師に質問してみましょう。

でも近所に薄毛専門クリニックがない 薄毛専門クリニックに行くのが恥ずかしい、また面倒だ 毎回かかる「交通費や診察料」がけっこう掛かり心配だ このように感じられるならば・・・ プロペシア 1ケ月 6700円 フィナステリド(プロペシアの主成分) 1ケ月 4900円 ザガーロ 1ケ月 8200円 デュタステリド(ザガーロの主成分) 1ヵ月 6900円 ミノキシジル内服薬. ミノキシジル5%はカークランドが安くて続けやすいし試しやすいのでオススメ• それは皮膚科にとってハゲ・薄毛の人というのはすでに「お客さん」で「商売」の対象だからです。

 

ミノキシジルタブレットがDな理由 ガイドラインによるとミノキシジルタブレットがDなのには、 臨床試験が実施されていないため、利益と危険性が十分に検証されていないためだそうです。 また 無期限全額返金を保証付なので、仮に満足できなかった場合でも安心して購入する事が出来ます。

 

リビドー減退 3例1. 私の場合はミノキシジルを使いだしたのが秋ごろからだったので、特に抜け毛が多い時期とかさなったのもあってかかなり抜けました・・・正直これヤバイんじゃね?と思いながら使い続けてたら 大体1ヶ月~2ヶ月くらいで収まった感じです。 それから、低血圧の方が使うと、さらに血圧を下げてしまうため意識を失うなどの危険があります。


個人輸入プロペシアミノキシジルを買う前に、まずは無料でAGA治療のカウンセリングを。

ミノキシジルはもともと血圧を下げるために使われていた薬であり、正常な人が飲むと、体調にも影響が出る可能性がありまう。 入手は難しいものの育毛シャンプーとしての国内で売っている、スカルプDなどよりも発毛力に関しては高くなっています。 また、自分ではあまり気にしてないと思っていても、薄毛が進行してしまうという恐怖はどこかにあるはずです。 この記事を読めば、AGA治療薬の選び方が分かり、不安なく薄毛対策を始めることができますよ。 それぐらい時間が経つと「よけいハゲ現象」が収まるので出掛けてオッケーです(笑) 朝の準備をする前など、ちょっと早めに使っておくのがオススメです! ちなみに僕は2ヶ月目くらいから1日1回夜だけ1mL塗布にしてました。 原因のわからない急激な体重増加、手足のむくみ あと女性と未成年者も使わないほうがいいそうです。


ミノキシジルとフィナステリドで育毛に挑戦!AGA治療薬は効くのか?


スカルプDはシャンプーとして余分な皮脂やフケを取り除くだけでなく、保湿力や髪に必要な栄養素を浸透させる頭皮ケアのために作られています。 副作用が出る可能性があります。 ミノキシジルと相性の悪いお薬は? これからミノキシジルの使用・服用を考えている場合、まずは現在服用中のお薬があるかどうかを確認しましょう。 すると今までの倍以上の早さで毛が増殖し始めた。 私自身が作戦決行当時に愛用していたのは、費用対効果の点からカークランド。 個人差もあるので、中にはミノキシジルタブレットが合わなかったといい人もいれば、副作用も出ずかなり髪の毛が増えたという人もいます。


フィナステリドの副作用 ポストフィナステリド症候群を中心に

日本のプロペシアの製造販売元でもある「MSD」というのは、メルク社がアメリカ以外でビジネスを行う場合の名称で、 日本以外でもプロペシアが販売されています。 当ブログを見て当院へお問い合わせいただく方がいらっしゃいますが、当院ではポストフィナステリド症候群の治療をしているわけではありませんので、薬を処方をされているクリニックへご相談ください。 でも、それぞれが持つ副作用は出てしまう可能性はありますので、どんな症状が副作用なのかを確認しておきましょう。 ミノタブは飲んだ人のほとんどに自覚症状が出るほど副作用が強いんです。 ミノキシジルとフィナステリド配合シャンプーであるポラリスNR-02は、アメリカのポラリス社が製造販売しています。 では肝機能障害の心配がないのか?というと、もちろん発症した報告例はあります。 肝臓にも問題がないとしたのは、ミノキシジルとフィナステリドのどちらも、肝臓にダメージを与えるかもしれないためですね。


ミノキシジルとフィナステリドの使い方

ポイントとしては髪の毛を掻き分けて地肌にしっかり塗ることです。 喫煙は頭髪に悪い影響を与えます。 ただ、おかしいと感じる症状があり、よくならないようであれば医師に相談し適切な対応をしてもらいましょう。 服用してもよいのは成人男性に限られています。 低血圧• 発毛を促すサイクルの1つと言われています。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

AGAの治療薬のミノキシジルとフィナステリドの併用

AGAの治療薬には、ミノキシジルとフィナステリドの2種類ありこの2つの薬はそれぞれ働きかける部分が違い、併用することでより効果が発揮しあす。

 

f:id:participantlink:20190826111355j:plain


ミノキシジルの影響により、服用し始めてしばらくすると初期脱毛が見られることがあります。


なぜ、初期脱毛が起きるのかは、ミノキシジルが働きかける部分と関係しています。

そのためこの薬にどのような効果があるのかを知ることで、初期脱毛が見られた際も慌てずに対処できますので安心してください。

ミノキシジルの効果

oneclck.net

 

AGAの治療薬のひとつであるミノキシジルですが、この薬には、血管を拡張する効果が認められております。

血管が広がるとその分血液が流れやすくなるからです。

毛根まで栄養や酸素が行きわたりやすくなり、毛の成長が促進されることになります。
また、血管が広がると、頭皮にも酸素や栄養が浸透して頭皮が柔らかくなり、頭部の血管が広がりやすくなります。
血管を広げることで血流を良くし、毛の成長を促進するミノキシジルはAGAだけでなく、他の脱毛にも対処することができるのです。
例えば同じAGA治療薬でも、フィナステリドでお馴染みのプロペシアはAGAの原因となる物質の発生を抑えるものなので、他の原因による脱毛には対処することが不可です。
一方ミノキシジルは血流を促進し、毛の成長を促進する薬なので、AGA以外の脱毛にも対処することが可能です。
さらに、プロペシアは女性は服用することができませんが、ミノキシジルは女性も服用することが可能です。
そのため女性向けの育毛剤にも配合されていることが多いです。
このように様々な脱毛に対処することができるミノキシジルですが、血管が拡張し、血流が良くなることで副作用が生じることも少数ですがあります。
例えば、外用薬の場合、よく見られる副作用が頭皮のかゆみやかぶれ等が挙げられます。
これは薬に含まれる刺激に対して頭皮が敏感に感じ取っている場合もありますが、血流が良くなることでかゆみにつながるのです。
一方内服薬の場合、めまいや立ちくらみといった症状が現れることもあります。
これは急激に血流が良くなると、血圧が低下するために起こります。
また内服薬の場合、全身に作用するため、頭皮以外の毛根にも働きかけますので、体毛の毛根にも栄養や酸素が行きわたり、体毛が多く生えるようになったり、濃くなる症状が現れます。
内服薬の方が外用薬に比べて効果が高いです。
特に服用し始めたばかりの頃は副作用が現れる可能性がありますので、少しずつ慣れていくようにすることが大切です。
なおミノキシジルは血流を良くする薬なので、他の血流を良くする薬と併用すると強く効きすぎてしまい、低血圧につながる可能性もあります。
そのため服用する際は、他の薬との飲み合わせにも注意が必要です。
他にも抱えている病などによっては服用する際、医師に相談した方が良い場合もあります。

ミノキシジルプロペシアの併用で発毛アップ

AGAの治療薬には、ミノキシジルの他にもう一つあります。
それがプロペシアです。
AGAの原因の一つとして挙げられるのが、男性ホルモンの一種になるジヒドロテストステロン(DHT)。
プロペシアの有効成分フィナステリドは、このDHTが生成されるために必要な酵素の働きを抑える効果があります。
するとDHTの生成が抑えられるため、AGAの改善にもつながるのです。
AGAの治療の際、推奨されているのがミノキシジルプロペシアの併用です。
薬の場合、似たような働きをする薬を一緒に服用してしまうと、効果が強く出すぎてしまうため併用することはできません。
一方ミノキシジルプロペシアは異なる働きをします。
ミノキシジルは血管を広げ、血流を良くすることで毛根に栄養や酸素が行きわたりやすくなる働きをします。
プロペシアはAGAの原因となるDHTの生成を抑える働きがあります。
異なる働きをするからこそ、併用することができるのです。
AGAの場合、2種類の薬を併用することでより高い効果が望めます。
それぞれの薬が異なる部分からアプローチすることで、より良い効果が望めるからです。
そのためAGA治療薬の多くには、2つの薬の成分がどちらも配合されている場合が多いです。
両方一緒に摂取することで、発毛効果を促進することができるからです。
なのでAGAに悩んでいる場合は、両方配合されている育毛剤を選ぶことをおすすめします。

使用時の注意事項

ただしプロペシアを服用する際、注意しなければならない点もあります。
プロペシアの有効成分、フィナステリドはDHTの生成を抑えるものです。
そのためAGA以外の脱毛に対しては効果を発揮しません。
というのもAGA以外の脱毛は、血流の悪化や頭皮環境の悪化が大きな原因だからです。
ですのでミノキシジルと併用するのは、AGAの場合に限られます。
脱毛の原因が他にある場合、併用しても満足のいく効果が得られないため、注意が必要です。
さらにフィナステリドは、原則女性の服用が禁止されているものになります。
DHTは胎児の男性器の形成にも関わります。
妊婦の体内にフィナステリドが入ると、胎児の男性器の形成に影響を及ぼす恐れがあります。
そのため女性の場合は、逆にミノキシジルプロペシアの併用は避けるようにしましょう。

初期脱毛には個人差がある

ミノキシジルを服用し始めてしばらくすると、急に髪の毛が抜けることがあります。
これは初期脱毛と呼ばれるものです。
初期脱毛が起きる原因には、ヘアサイクルが関係しています。
髪の毛は「成長期」の間に成長し、「退行期」になるとその成長が止まります。
やがて成長が止まった髪の毛は自然に抜け落ち、「休止期」に入ります。
この「成長期」「退行期」「休止期」のことをヘアサイクルと呼びますが、頭皮の環境や血流が悪くなると、ヘアサイクルが乱れるようになります。

f:id:participantlink:20190713003416j:plain

アサイクルが乱れると「成長期」が短くなり、髪の毛が十分成長できないまま抜けてしまうため、薄毛・脱毛につながるのです。
ミノキシジルを服用すると、血行が促進され、毛根に栄養や酸素が行くようになります。
すると休止期に入っていた毛根も刺激を受け、成長期に入ります。
毛根が成長期に入ると、古い毛は押し出されます。
この古い毛が多く抜けている状態が、初期脱毛なのです。
初期脱毛は古い毛が抜けている期間です。
そのため古い毛が抜けきり、ヘアサイクルが落ち着くと次第に抜け毛はなくなってきます。
その後血流が良くなると頭皮の環境も良くなり、ヘアサイクルは次第に整えられていきます。
そうなると成長期も長くなるため、髪の毛が長く太く成長でき、抜けにくくなります。
ただしヘアサイクルが落ち着くまでには、個人差があります。
ですので初期脱毛が落ち着くまでの期間も、数週間から2か月続く場合と様々です。
その後のヘアサイクルの周期にも個人差があるため、古い毛が抜けきるまでにも差が生じるのです。
さらにどの程度初期脱毛が見られるかにも個人差があります。
人によっては多く髪の毛が抜ける場合もありますし、症状が全く見られない場合もあります。
症状の現れ方はヘアサイクルによって違うからです。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

生え際の薄毛を復活させる方法

人の印象を左右するのが生え際です。

見られやすい部分だからこそ、なんとかしたいと悩む方は多いと思います。

f:id:participantlink:20200311000823p:plain

ここでは、後退してきた生え際への対処方法について解説していきます。

生え際の発毛は、頭頂部の発毛より難しいと言われています。

なぜ生え際の発毛は難しいかというと生え際の後退は放置すると進行するばかりだからです。

だからこそ、生え際の発毛が難しい原因や後退する原因を知り、正しいケアをすることが改善への近道です。

5αリダクターゼが多い

f:id:participantlink:20190617143301p:plain

AGAを発症すると、前頭部と頭頂部にその症状が現れやすくなります。

そもそも、AGAの原因物質であるジヒデロテストステロン(DHT)を生成するのには、5αリクターゼが影響しています。

5αリクターゼには、実はⅠ型とⅡ型の2種類があり、Ⅱ型5αリクターゼがジヒデロテストステロン(DHT)を生成すると言われています。

この5αリクターゼは、Ⅰ型は側頭部・後頭部に、前頭部から頭頂部にはⅠ型とⅡ型が存在しています。

アサイクルを乱すⅡ型5αリクターゼが存在するのは前頭部から頭頂部にかけてであり、特に生え際には頭頂部の約2倍の高濃度のⅡ型5αリクターゼがあるといわれています。

そのため、生え際は特に5αリダクターゼの影響を受けやすく、ジヒドロテストステロン(DHT)によって毛母細胞は増殖が抑えられ、髪の毛の成長が止まってしまうのです。

血管が少ない

f:id:participantlink:20190617143419p:plain 

生え際は、頭頂部や後頭部に比べて血管が少ない場所になります。

血管は血液を運び、その血液によって栄養が運ばれます。

もともと血管が少ない生え際というのは、血行が悪くなるだけで栄養不足になりやすいのです。

栄養不足になった部分の髪の毛は細く薄くなっていきます。

そのため、生え際は発毛がしにくいのです。

皮膚が固くなりやすい

生え際は、顔の皮膚に近い場所です。

そのため、顔の表情の影響を受けやすくなります。

顔の表情が緊張すれば頭皮も硬くなりやすく、血行が悪くなります。

血行が悪ければ髪の毛への栄養は不足し、発毛がしづらくなります。

後退した生え際を発毛させる方法

後退したように見えても産毛が残っていれば発毛させる方法はあります。

まずは有効成分フィナステリドが配合されている内服薬と、有効成分ミノキシジルが配合されている外用薬を使用したAGAの基本の治療を行います。

ただし、頭頂部よりその効果は出にくいので時間がかかることを忘れてはいけません。
継続することが大切です。

長い期間をかけても内服薬・外用薬のみでは期待する効果が出なかった場合は、治療薬に加えて頭皮を改善するために頭皮メソッドを行っていきます。

血行が悪くなった硬い頭皮をケアすることは、栄養を行き渡らせるためにも大切です。

また、乱れた生活環境や食生活を改善することで、血液をサラサラにし、栄養が運ばれやすい血液を作り出すことができます。

食事だけでは摂りきれない栄養素はサプリメント等を使用すると効果的です。

治療薬

治療薬で使われる有効成分フィナステリドとミノキシジルですが、内服薬としておすすめするのはフィナステリドです。 

f:id:participantlink:20190617145907j:plain

フィナステリド

フィナステリド(プロペシア)は、5αリダクターゼを抑制する効果があります。

そのため、AGAの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)が生成されなくなります。

ミノキシジル

もともと血圧降下薬なので、動悸をはじめ、胸の痛み、むくみ、赤ら顔、体力の低下、性欲の減退、体毛の増加等の副作用がリスクが多少あります。

有効成分ミノキシジルが配合された外用薬は市販もされていますが、経口するミノキシジルタブレットの販売は認可されていないので、入手方法としては個人輸入を行うことで入手可能です。 

発毛剤

毛母細胞に作用し、脱毛後に新しく発毛させることを目的としているのが発毛剤です。

ミノキシジルは血管拡張作用のある成分です。

そのため、外用薬として使用することで頭皮の血行を良くし、毛根まで髪の毛の成長に必要な栄養を行き渡らせる効果があります。

髪の毛は毛母細胞の分裂によって発毛します。

細胞分裂は十分な栄養がないとできません。

栄養をしっかり届けることで、細胞分裂による成長を促します。

フィナステリドと併用することでさらにその効果はアップします。ただし、AGA発症から長期間経過してしまうと毛根自体が死んでしまうため、効果が出せない場合もあります。

これらを組み合わせることで、より効果的に毛根に働きかけ、発毛効果を短期間で実感できるようになるのです。

生活改善

生活を改善することは、髪の毛だけではなく、体の健康にとっても大切なことです。
ゴールデンタイムにはしっかり睡眠をとり、適度な運動をしてストレスを発散させる等意識することが大切です。

あわせて、食べ物や使用するシャンプーに気をつけ、頭皮マッサージを取り入れていくとより効果的です。

食べ物 

タンパク質が多い食べ物を摂ることが大切です。

特にイソフラボンにはジヒドロテストステロン(DHT)を抑制する効果もあるので大豆製品は積極的に摂取するとよいです。

また、肉にはタンパク質も多く含まれるのですが、脂肪も多いのでできるだけ控えるべきです。

魚や海藻、野菜を多く摂ってミネラルもしっかり補給し、髪の毛に良いとされる亜鉛を多く含んだレバーや牡蠣もバランスよく食べることが大切です。

また、どうしても不足してしまう栄養分についてはサプリメントを活用すると効果的です。

シャンプー

頭皮を守るためには適度な皮脂が必要です。

洗浄力が高すぎると必要な皮脂を落としてしまう可能性があります。

しかし、洗浄力が弱すぎると頭皮を清潔に保てなくなる場合もあります。

おすすめなのが「アミノ系洗浄成分」です。アミノ酸は、人間の皮膚や筋肉、そして髪の毛を構成しているタンパク質の主な主成分です。

人の体に対してとてもよくなじみ、髪の毛や頭皮への刺激が強くなく、適度なうるおいを残しつつ、ダメージ補修効果も望めると言われています。

また、髪の毛を洗う際には頭皮を十分にすすぐことがポイントです。

頭皮マッサージ

頭全体をマッサージすることによって、頭皮にある毛細血管を刺激して血行を良くし、硬くなりやすい頭皮を柔らかくしてきます。

丁寧にマッサージをすることによって毛穴に詰まった皮脂汚れを押し出すこともできるので、入浴時などに行うとより効果的です。

また、頭皮をマッサージし毛根を刺激することによって、毛乳頭が栄養を取り込みやすくなるため、ヘッドスパもおすすめです。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

プロペシアとミノキシジルタブレットの併用効果

AGA(男性型脱毛症)の治療で使用される最強の発毛剤(育毛剤)として有名な成分が「ミノキシジルタブレット」になりますが、一般的な皮膚科や内科では処方されることはありませんので知らない人の方が多いかもしれません。
ミノキシジルタブレットは、発毛を促進させるためのAGA治療薬として、特に薄毛の症状がひどい方にAGAクリニックで処方される内服薬で、その発毛(育毛)効果の高さから多くの方が薄毛の悩みを克服しているのです。
後ほど詳しく解説しますが、AGA治療薬で有名なプロペシア(フィナステリド)単品だけでの発毛効果はそれほど期待できません。
なぜなら、プロペシアは(フィナステリド)あくまでも薄毛を食い止める「守り」の治療薬になるからです。
そのため、劇的に髪の毛を増やしたいと言う場合は、発毛効果の高いミノキシジルタブレットという「攻め」の治療薬が必須となってくるのです。  

f:id:participantlink:20200627153931p:plain

今回はAGA治療薬であるプロペシア(フィナステリド)と併用した方が良いミノキシジルタブレットについて解説していきたいと思いますので、プロペシア(フィナステリド)を飲んでいるけど、思うように薄毛が改善していないと言う方にプロペシア(フィナステリド)とミノキシジルタブレットの併用がかなり効果的になります。

ミノキシジルとは

f:id:participantlink:20190712234015j:plain

ミノキシジルとは、「発毛・育毛」効果の高い成分のことで、もともとは高血圧症の治療薬として使用されていた成分になります。
1970年代後半にアメリカで血管拡張剤として開発され、高血圧症の治療薬として使用されていましたが、その副作用に「全身の多毛症(Hypertrichosis)」を頻繁に起こしてしまうことが分かり、頭皮に対しての外用薬として臨床試験が実施されました。
その結果、頭部の脱毛症に有効と言うことが明らかとなったのです。
現代ではミノキシジル配合の発毛剤や、ミノキシジルタブレットなどがAGA治療に使われていて、外用薬内用薬共に高い効果があることからほとんどのAGAクリニックで取り扱いがあります。
つまり、ミノキシジルは「医薬品成分としての発毛効果が認められている」と言うことです。
ミノキシジルは、正式に厚生労働省から発毛医薬品として認可されており、AGA(薄毛)改善の治療薬として幅広く使用されているのです。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルの効果は、発毛(育毛)になります。
具体的に言いますと、細胞分裂を活性化させて髪の毛を成長させる効果があるります。
もう少し詳しく説明しますと、ミノキシジルは直接髪の毛の毛母細胞に働きかけ、毛母の細胞分裂を活性化させて、髪の毛の成長を早める働きをすると言うことです。
現在日本では、ミノキシジルを配合した発毛剤として「リアップX5プラスネオ」60ml本体価格 : 7,752円と高額で発売されています。

f:id:participantlink:20200627155342j:plain

リアップX5プラスネオはミノキシジル含有量5%の発毛剤で、最低でも4ヶ月の連続使用を要すると言われております。

リアップX5プラスネオは高いと感じている方は、ミノキシジル5%配合している商品でカークランドという安価な商品があります。

カークランドは2本セットで3,240 円となりますので1本あたり1,620円となりますので、リアップX5プラスネオとカークランドの1本当たりの価格を比べると、

リアップX5プラスネオ(7,752円)- カークランド(1,620円)= 5,623円

カークランドのほうがリアップⅩ5プラスネオより5,623円安くなりますので経済的です。

どちらもミノキシジル5%になりますので、全く同じ効果となります。

oneclck.net
ちなみに、ミノキシジル5%で効果がでてない方は、ミノキシジルを16%配合した世界最高濃度の発毛剤「フォリックスFR16 」を使えば効果が期待できます。

ミノキシジルの濃度が高いほど効果も高くなっていきます。

現在のところミノキシジル16%が世界で最もミノキシジルの濃度が高い商品になります。

どうしても髪を生やしたいと思っている方には必須商品になります。

基本的に人間の髪の毛には「毛周期(ヘアサイクル)」があり「成長期→退行期→休止期」の様になっていて、2~6年の期間をかけて成長し、やがて退行期を迎えて成長が止まります。
そして休止期を迎えて仮眠の毛は抜け落ち、再び新しい髪の毛が生え成長期になります。f:id:participantlink:20190713003416j:plain

しかし、AGAの場合はこの毛周期が「DHT(ジヒドロテストステロン)」に狂わされるため、全うに成長することができなくなってしまうのです。
DHTは、男性ホルモンであるテストステロンが「5αリダクターゼ(還元酵素)」と結合することによって生成される強力な脱毛ホルモンのことです。
このDHTが大量に生成されることで、AGAとなり髪の毛が失われ薄毛になってしまうのです。
つまり、DHTさえ抑制することができれば脱毛を防止するができます。
そこで活躍してくれるのが5αリダクターゼの働きを阻害してくれる成分「フィナステリド」です。 

f:id:participantlink:20190713002957p:plain

フィナステリドを主成分としたプロペシアを継続して服用することで、5αリダクターゼの働きを阻害してくれますので脱毛ホルモンであるDHTが生成されなくなります。
その結果、AGAの進行を防ぐことが可能となるのです。
また、DHTが抑制されることで正常なヘアサイクルに戻りますので、髪の毛は太く長く成長することが可能となります。
しかし、フィナステリドはあくまでも薄毛の進行を食い止める成分になりますので、発毛や育毛を促進させる効果のある成分ではありません。
そのため、発毛・育毛を促進させるためにミノキシジルが必要不可欠と言う訳なのです。
AGAクリニックでは、ミノキシジルとフィナステリド(プロペシア)の併用を推奨していて、ほとんどのクリニックでは2種類の内服薬を処方しています。

ミノキシジルが攻めの役割で、フィナステリドが守りの役割です。 

f:id:participantlink:20190713002642p:plain

ミノキシジルプロペシアの併用が最強

ミノキシジルは上記でも言いましたように「発毛成分」になります。
一方プロペシアはAGAの進行を食い止める治療薬になります。
AGAの改善と言う意味では、プロペシアを服用すれば薄毛の進行を食い止めることはできますが、失ってしまった髪の毛を取り戻すことはできません。
しかし、ミノキシジルの効果をもってすれば、発毛を促進させて髪の毛の成長を早めてくれるので、薄毛が改善されるようになります。
つまり、ミノキシジルプロペシアの併用は最強と言うことです。
これはAGA治療の専門医も言っていることで、よりAGAに効果的な方法は、ミノキシジルプロペシアの併用処方になります。
AGA初期段階であれば、プロペシアの処方だけの場合もありますが、進行具合によってはプロペシアミノキシジル(外用)、さらに進行している場合はプロペシアミノキシジルタブレットの処方となります。
プロペシアでAGAの原因であるDHTを抑制し、ミノキシジルで発毛因子を刺激し、発毛を促し育毛を促進させることで薄毛が回復していくのです。
このように、双方の効果を同時に得ることで薄毛の悩みから解放されるのです。
プロペシアを服用しているけど一向にAGA(薄毛)が改善されないと言う場合は、ミノキシジルとの併用が効果的です。

最強の育毛剤ミノキシジルタブレット」が効果絶大

ミノキシジルは、上記で外用薬の育毛剤「リアップX5」をご紹介しましたが、外用薬よりも圧倒的に効果が高いのが服用タイプの「ミノキシジルタブレット」になります。
そのため、ほとんどのAGAクリニックではフィナステリド(プロペシア)とミノキシジルタブレットの併用を推奨していて、AGA治療で処方される内服薬は基本的にこの2種類になります。
ちなみにですが、ミノキシジル外用薬は頭頂部にしか効果を発揮しませんが、ミノキシジルタブレットの場合は頭頂部にも前頭部にも発毛(育毛)効果を発揮してくれます。
つまり、AGA治療に最強のコンビはフィナステリド(プロペシア)とミノキシジルタブレットと言うことです。
ただし、同じAGAでも前頭部の薄毛の場合は、頭頂部の薄毛とは原因が異なりますので注意が必要になります。
そのため、ミノキシジルタブレットを服用しても思うように薄毛が改善しない場合もあるのです。

ミノキシジルタブレットを服用しても思うように薄毛が改善しない場合もある

どういう事かと言いますと、AGAの原因はDHTになりますが、このDHTを生成する5αリダクターゼは実は2種類あるのです。
5αリダクターゼには1型と2型が存在し、頭頂部に多いのが2型5αリダクターゼで、前頭部に多いのが1型5αリダクターゼになります。
そして、フィナステリドが効果を発揮するのは頭頂部に多い2型5αリダクターゼだけになります。
つまり、前頭部の脱毛はフィナステリドでは完璧に防止できないと言うことです。
そのため、同じAGAでも前頭部の薄毛は改善しにくいと言われているのです。
ですから、ミノキシジルタブレットを継続して服用しても、脱毛を防止できなければ劇的な薄毛改善には期待できないと言うことなのです。
しかし最近は、1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼの両方の働きを阻害しくれる成分「デュタステリド」が登場し、厚生労働省の認可を受け実際に日本国内でも発売されるようになったのです。
ですからAGAでも頭頂部だけが薄毛の方の場合は「フィナステリド+ミノキシジルタブレット」で、前頭部が薄毛、もしくは前頭部も頭頂部も両方が薄毛と言う場合は「デュタステリド+ミノキシジルタブレット」が最強のコンビと言うことになります。
いずれにしても、劇的にAGA(薄毛)を改善するためには、発毛を促進させてくれるミノキシジルタブレットは必要不可欠と言うことになります。

ミノキシジルタブレットは前頭部にも効果を発揮してくれる

上記でも軽く触れましたが、ミノキシジルタブレットはAGAの中でも最も改善しにくいと言われている前頭部の薄毛にも効果を発揮してくれます。
つまり、額の生え際部分がハゲているいわゆるM字ハゲにも発毛効果があると言うことです。
ミノキシジルの外用薬であるリアップX5は、前頭部にそれほど効果を発揮しませんので諦めている方も多いと思いますが、服用タイプのミノキシジルタブレットでしたらM字ハゲ改善にも十分に期待できるのです。
ミノキシジルは毛母細胞を直接刺激し、髪の毛の発毛や育毛を促進させてくれます。
ミノキシジルタブレットは、体内で吸収され血液によって全身に運搬されますので、外用薬では効果を得にくい前頭部にもしっかりと有効成分が届きます。
そのため、生え際には効果を発揮しないと言う根拠がないのです。
要するにミノキシジルタブレットを服用することで額の生え際部分のハゲ対策も完璧にできると言うことです。

ミノキシジルタブレットは認可されていない

ミノキシジルタブレットは、絶大な発毛促進効果があります。
しかし、これだけ発毛効果があるにも関わらず「AGA治療薬として認可されていない」のが現状になります。
つまり、ミノキシジルタブレットは、あくまでも「高血圧症の治療薬」と言うことです。
そのため、原則として医師の処方のみでしか入手することができませんでしたが、最近では個人輸入でも購入することができるようになりました。

ミノキシジルタブレットを入手するには

ミノキシジルタブレット通称「ミノタブ」を入手する方法は2パターンあります。
①AGAクリニックで処方してもらう
個人輸入代行サイトで入手する
基本的にミノキシジルタブレットを手に入れる方法は上記の2つになります。

①AGAクリニックで処方してもらう 

一般的には、ミノキシジルタブレットの入手方法は「AGAクリニックで処方してもらう」方法になります。
上記でも言いましたが、ミノキシジルタブレットはAGA治療薬として世界的に認可されていない薬で、基本的には高血圧症の治療薬になるため扱いが非常に難しくなります。
そのため、しっかりと専門医の診察を受けて、あなたの薄毛にはミノキシジルタブレットが必要だと言う医師の診断が必要になります。
そして初めて処方してもらえるのが基本的にミノキシジルタブレットの入手方法になります。
しかもAGAクリニックでは、しっかりと血液検査等を行い、あなたの薄毛の細かい原因まで徹底的に調べてから、症状に合った治療薬を処方する必要があります。
その分どうしても料金が高額になってしまいます。

個人輸入代行サイトで入手する 

ミノキシジルタブレットの入手方法の2つ目は「個人輸入代行サイト」を利用するかたちになります。
個人輸入代行サイトも複数ありますが、全国的に有名で比較的安心できると言えばやはりオオサカ堂です。
ちなみにですが、オオサカ堂では海外正規品の医薬品を格安で販売していて、代行手数料も送料も全て無料になりますので意外と多くの方が利用しています。
特にプロペシアの価格は激安で、皮膚科や内科では最低でも10,000円はしますが、オオサカ堂でしたら半額以下の3,000円代での購入が可能となります。
オオサカ堂は設立20年以上になる個人輸入代行サイトの中でも老舗になりますので、信頼と実績があり多くの方が利用しています。
そのため、安全ではあると思いますがご利用の際は自己責任になります。

AGA治療の基本はプロペシアミノキシジルの併用

AGA治療と言えば、「プロペシアの内服療法」が一般的に認識されていますが、実はプロペシアだけでは改善しない場合があります。
なぜなら、プロペシアは脱毛ホルモンであるDHTの生成を抑制し脱毛を防止するための治療薬であり、発毛を促進させる効果には期待できないからになります。
もちろんプロペシアの服用だけで薄毛が改善したと言う方も居ますが、このようなケースは早期治療をはじめた方で、もともとハゲではなく若干の薄毛だった場合になります。
完全にハゲてしまっている場合は、プロペシアでDHTを抑制してもすでにハゲてしまっているためあまり意味がありません。
つまり、プロペシアはあくまでも「現状維持」と言うかたちの薬であると言うことになります。
現状細く弱々しくなっている髪の毛でも残っているのなら、DHT生成を抑制し、太く長い健康な髪の毛に成長させることは可能ではありますが、髪の毛が残っていない状態だとプロペシアだけで完全復活することは難しいと言えます。
ちなみにですが、AGAクリニックではなく皮膚科に相談した場合は基本的にプロペシアの処方しか行いません。
一方AGAクリニックに相談した場合はプロペシアミノキシジルの両方の処方を行います(状況によります)。
これは、プロペシアでAGAの原因であるDHTを抑制することと、ミノキシジルで発毛を促進させることが目的になるからです。
だからAGAクリニックに通院しているほとんどの方が早い段階で薄毛を克服しているのです。
つまり、プロペシアにはプロペシアの役割があり、ミノキシジルにはミノキシジルの役割があると言うことです。
以上のことから、プロペシアミノキシジルの併用がAGA治療の基本中の基本になると言うことが分かります。

プロペシアの特徴と役割について

改めてAGA治療薬であるプロペシアの特徴と役割について解説しておきたいと思います。
AGAと言われる男性型脱毛症がなぜ起こってしまうのかと言いますと、「男性ホルモンであるTH(テストステロン)が5αリダクターゼと結合することによってDHT(ジヒドロテストステロン)が生成され、DHTが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体(レセプター)と結合することでヘアサイクルが乱れ脱毛が起こる」と言うことになります。
以上のことからAGAの原因を作っているのはDHTと言うことが分かりますね。
そしてこのDHTを生成しているのが男性ホルモンであるテストステロンをジヒドロテストステロンに変換させてしまう5αリダクターゼになります。
つまり、5αリダクターゼの働きを阻害することができれば、脱毛を防止することができると言うことになります。
その役割を担ってくれるのが、プロペシア(フィナステリド)なのです。
プロペシアの主成分であるフィナステリドは、5αリダクターゼの働きを阻害してくれますので、DHTの生成を抑制させることができます。
プロペシアはDHTを減らし、毛根を守ってくれる薬になりますのであくまでも現状維持のための治療薬と言うことになります。
そのため、プロペシアを服用することで今以上に髪の毛が減ることはないのです。
また、薄毛の症状が軽い場合はプロペシアを服用すれば薄毛が復活する場合もあります。
これがプロペシアの特徴と役割になります。

ミノキシジルの特徴と役割について

ミノキシジルは、プロペシアとは逆に「発毛効果」のあるAGA治療薬になります。
ミノキシジルは、皮膚科や内科で処方されることがないためその存在自体を知らないと言う方の方が多いと思います。
ミノキシジルと一口に言っても、服用タイプのミノキシジルタブレットと、外用タイプの育毛剤があります。
主にAGAクリニックで処方されるのは服用タイプのミノキシジルタブレットで通称「ミノタブ」になります。
ミノキシジルは、もともとは高血圧の治療薬として開発された医薬品なのですが、服用した患者に「全身の多毛症」と言う副作用が見られたため育毛剤としての研究が進み、AGA治療に利用されるようになりました。
それを外用の育毛剤として開発されたのが大正製薬から販売されている「リアップX5」なのです。
他にもロゲインなども有名ですが、人気はテレビCMでお馴染みで安心感のあるリアップX5になります。
ミノキシジルの特徴は、血管を拡張させ毛根への血流を改善させることで髪の毛の成長に必要な栄養素を届きやすくすることになります。
血行不良は薄毛の原因の一つになります。
また、ミノキシジルはただ血管を拡張させるだけではなく、ミノキシジル特有の発毛を促進させる効果がありますので、その他の高血圧治療薬とは訳が違います(ミノキシジル以外の高血圧治療薬全てに発毛効果はありません)。
実際の研究でミノキシジルは毛乳頭細胞に直接作用し、発毛に必要な成長因子を分泌させることで髪の毛の成長を促進させることが明らかとなっています。
つまり、ミノキシジルは脱毛を防止する守りのプロペシアとは全く逆の効果を発揮する薬で、攻めの薬と言うことになります。
ちなみにですが、ミノキシジルは内服薬(ミノキシジルタブレット)と外用薬(育毛剤)とがあると言いましたが、発毛効果育毛効果共に効果が高いのは服用タイプのミノキシジルタブレットになります。
リアップX5などの育毛剤タイプのミノキシジルは効果が弱い分副作用の心配は少なくなりますが、リアップX5では効果がない場合もあります。
育毛剤だと薄毛の状態によっては物足りない場合もありますが、薬ばかり飲みたくないと言う方や、副作用を気にされる方はまずはリアップX5のような育毛剤タイプとの併用から試してみると良いと思います。

プロペシアミノキシジルを併用した方が良い3つの理由

それではプロペシアミノキシジルを併用した方が良い3つの理由をご紹介していきたいと思います。

理由①プロペシアだけでは髪の毛は生えないから併用が良い

上記で説明した通り、プロペシアは発毛を促進させる効果のある治療薬ではなく、脱毛を防止する役割の治療薬になります。
そのため、プロペシアに発毛効果は期待できないと言うことです。
プロペシアを服用することで弱っている髪の毛が、健康な状態となり太く長く成長をはじめますので、多くの方はプロペシアを飲むと髪の毛が生えると勘違いしていますが、実際はプロペシアに発毛効果はありません。
初の服用タイプの育毛剤ということで注目されましたので「プロペシア=発毛(育毛)効果」と思われている方が多いと思いますが、期待して服用するとガッカリしてしまう場合がほとんどです。
ちなみにですが、プロペシアの発毛率はほんの数%しかありません。
臨床試験で全体の約6割の方がプロペシアで薄毛が改善したというデータがありますが、これは軽度改善や中程度改善のケースも含まれています。
つまり、プロペシアの服用で劇的に髪の毛が増えた人ばかりではなく、ちょっとだけ髪の毛が増えた場合でも一括りにして「改善」としているのです。
このような発表があると、多くの方の薄毛が改善したかのように受け取ってしまうと思いますが、実際はそうではなく劇的に改善した人はほんの数%になります。
そのため、AGA治療をはじめるならプロペシアで抜け毛を防止しながら発毛効果の高いミノキシジルを併用した方が良いのです。

理由②ミノキシジルだけでは脱毛を防げないから併用が良い

プロペシアは脱毛を防止する役割で、ミノキシジルは発毛を促進させる役割と言うことは理解していただいていると思います。
ミノキシジルは服用タイプの方が効果は高いのですが、外用タイプの育毛剤でもプロペシアよりも圧倒的に発毛効果が高くなります。
そのため「ミノキシジルだけでも十分髪の毛が生えるんじゃないの」と考える人が居ます。
少しでも治療費を安く抑えたいという理由から、上記のような考えに至るケースが多いのですが、ミノキシジルは発毛効果はあるけど脱毛を防止する効果がないと言うことを忘れないでください。
そもそもAGA(薄毛)の原因は、ヘアサイクルを乱してしまうDHTにあります。
つまり、このDHTを抑制しない限り髪の毛はなくなるまで抜け続けると言うことです。
しかもミノキシジルではこのDHTの生成を抑制することはできません。
ですから、ミノキシジルで髪の毛の成長を促しても、結局後ろからDHTがやってきて髪の毛を抜け落ちさせてしまうのです。
そのため、AGA治療をはじめるならプロペシアで抜け毛を防止しながら発毛効果の高いミノキシジルを併用して発毛を促した方が良いのです。

理由③プロペシアとフィナステリドの併用でお互いの欠点を補える

プロペシアは脱毛を防いでくれますが発毛を促す効果がありません。
ミノキシジルは発毛を促進させるけど脱毛を防ぐ効果はありません。
お互いに欠点がある治療薬ではありますが、それぞれを併用することでお互いの欠点を補うことが可能となります。
また、それぞれの役割を効率よく発揮できるようになりますので、AGA治療においてプロペシアミノキシジルの併用は基本中の基本であり最強と言えるのです。
そのため、AGA治療をはじめるならプロペシアで抜け毛を防止しながら発毛効果の高いミノキシジルを併用した方が良いのです。

以上3つがプロペシアミノキシジルを併用した方が良い理由になります。お互いの欠点を補いながらそれぞれの役割を全うできるため、AGA改善までの道のりが最短になります。一刻も早く薄毛を改善したいと言う方は、このプロペシアミノキシジルを併用した方が良いでしょう。

薄毛予防の場合はプロペシア単独でも効果あり

今現在薄毛ではないけど、将来的にハゲたくないと言う方は予防目的でプロペシアの服用をしましょう。
プロペシアの主成分であるフィナステリドは、AGAの原因であるDHTを生成してしまう5αリダクターゼの働きを阻害してくれる効果があります。
つまり、薄毛の進行を食い止める効果に関してはプロペシアは最強と言うことです。
そのため今現在は薄毛ではないけど、
①親族に薄毛の人が居る(特に母方の祖父に注意)
②最近抜け毛が増えてきた(シャンプー時に髪が抜ける)
③最近と薄くなってきた気がする
このような状況の方は、薄毛予防のためにプロペシアを単体で服用してみても良いと思います。
ハゲてからでは手遅れになる場合もありますので、ハゲる前に手を打つ人も少なくありません。
ただし、既にある程度薄毛になっているケースで、AGAが進行している場合はプロペシア単体では物足りない場合もありますので、ミノキシジルを併用した方が良いでしょう。
自分の頭部の状態をチェックしても自分で判断できないと言う場合は、AGAクリニックの無料カウンセリングなどを活用して相談してみるのもおすすめです。

プロペシアミノキシジルの併用でAGAが改善しない場合の対処法

プロペシアミノキシジルを併用しているにも関わらずAGAが一向に改善しないと言う場合は正直焦りますよね・・・
このような場合に考えられることは「栄養不足」もしくは「睡眠不足」になります。
まず、プロペシアは脱毛防止効果、ミノキシジルは血管拡張で血流改善になりますが、抜け毛を防ぎ血流を改善したところで髪の毛の成長に必要な栄養素が不足していると期待通りに髪の毛が成長しない場合もあります。
そのため、髪の毛の成長に必要な栄養素をしっかりと摂り入れる必要があるのです。
それから睡眠不足の場合も髪の毛の成長に悪影響を及ぼしますので要注意です。
なぜなら、髪の毛は寝ている間に成長しているからになります。
睡眠不足の状態だと、どれだけ効果のある薬を飲んでいたとしても効果を最大限発揮できない場合があるのです。
プロペシアミノキシジルを併用しているにも関わらず思うように改善しないと言う場合は、髪の毛の成長に必要な栄養素と睡眠時間をしっかりとるようにしてみてください。
それでも薄毛が改善しない場合は、プロペシアがきかない体質のかのうせいがありますので、以下の記事を参考にしてみてください。

ミノキシジルタブレット個人輸入

フィナステリド(プロペシア)やデュタステリド(ザガーロ)を服用しているにも関わらず、一向にAGAが改善しない、薄毛が治らないと言う方も少なくはありません。
なぜなら、フィナステリドもデュタステリドも脱毛を防止するための成分で、発毛や育毛を促進させる効果には期待できないからになります。
そのため、劇的な薄毛改善を求めるならば上記で紹介しましたミノキシジルの力が必要不可欠となるのです。
特にミノキシジルタブレットの発毛効果は絶大で、リアップX5などの育毛剤と比較しても圧倒的な発毛効果があります。
しかし、ミノキシジルタブレットはもともと高血圧症の治療薬であると言うことと、服用量によっては副作用のリスクが高まってしまいますので、まずは専門医の判断を得ることが安全に服用するための秘訣になります。
ミノキシジルタブレットに発毛効果があることは世界的にも認められていますが、AGA治療薬としては全世界で認可されていませんので専門医の判断が重要になります。
そのため、ミノキシジルタブレットの服用を検討していると言う方は、個人輸入で手に入れることをおすすめします。

まとめ

以上のようにミノキシジルは非常に発毛(育毛)効果の高い成分で、AGA治療には欠かせないものとなります。
しかし、皮膚科や内科ではミノキシジルタブレットの処方は一切ないのでその存在を知らない人が多いのも事実になります。
もし、プロペシアやザガーロを飲んでいるけどそれほど薄毛が改善していないと言うことでしたら、ミノキシジルタブレットを併用することで薄毛を改善することが可能になります。 

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

AGA治療で効果抜群なディタステリド

日本人男性の薄毛の原因と言えば「AGA(男性型脱毛症)」がほとんどで、その治療薬で有名なのが「プロペシア=フィナステリド」になります。
プロペシアの有効成分である「フィナステリド」がAGAの原因である「DHT(ジヒドロテストステロン)」の生成を抑制し、薄毛を改善へと導いてくれます。
しかし、中にはプロペシア(フィナステリド)が効かない人も存在し、その様な方のために開発されたのが「デュタステリド」になります。
そこで今回は、デュタステリドの効果と副作用について見ていきます。 

f:id:participantlink:20190712015355p:plain

デュタステリドとは?

デュタステリドとは、AGA治療薬の有効成分で、プロペシアの有効成分であるフィナステリドと同様もしくはそれ以上の効果を発揮する成分になります。
デュタステリドはフィナステリドと根本は同じDHTの生成を抑制する効果になりますが、その抑制効果はフィナステリド以上になります。
厳密に言いますと、フィナステリドもデュタステリドもDHTを抑制するのではなく、DHTを生成してしまう原因である「5αリダクターゼ(還元酵素)」の働きを阻害すると言うことになります。
5αリダクターゼが男性ホルモンであるテストステロンと結合することで、強力な脱毛ホルモンであるDHTを生成してしまうのです。
そしてこのDHTが毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体と結合することによってヘアサイクルが乱れ、抜け毛が増加し薄毛になってしまうのです。
つまり、フィナステリドもしくはデュタステリドを服用することによって、5αリダクターゼの働きを阻害することが可能となりますので、AGAの進行を防ぐ事が可能となり薄毛改善へと導いてくれると言うことなのです。

デュタステリドが誕生した経緯について

デュタステリドを開発したのは、イギリスの製薬会社である「グラクソ・スミスクライン社」で、2001年に発表されました。
デュタステリドもフィナステリド同様にもともとは前立腺肥大症の治療薬として開発された成分になります。
なぜなら、AGA医療において発症要因と言われているDHTが、そもそも前立腺肥大症の発症要因でもあるからになります。
DHT濃度が高くなると前立腺に作用し、前立腺肥大症を引き起こしてしまいます。
このような事実から開発されたデュタステリドは、2型5αリダクターゼだけではなく、1型5αリダクターゼにも効果を発揮すると言うことが臨床試験によって明らかとなり、フィナステリドよりもより強力な効果を発揮すると言うことが分かったのです。
こうした経緯から前立腺肥大症の臨床現場において非常に高い改善効果を示し、現在も前立腺肥大症の治療薬として活躍しているのです。
そして、この1型と2型の両方の5αリダクターゼの働きを阻害する効果が認められ、AGAの治療にも非常に高い効果があることが明らかとなり、AGA治療薬として認められたのです。

デュタステリドが国内で正式に認可された日

デュタステリドが正式に厚生労働省で認可されたのは「2015年9月28日」になります。
それまでは、フィナステリドを主成分としたプロペシアとそのじぇめリック医薬品であるファイザーのみでしたが、新たにデュタステリドがAGA医薬品として認められました。
厚生労働省で認可され、実際に日本国内で販売されていると言うことは、さまざまな臨床試験が行われ副作用試験や連続使用耐性試験等も行われて問題なかったと言う結果で、薬学的な安全性と発毛効果が正式に認められたと言う結果になります。
デュタステリドは世界的に注目されている成分
デュタステリドは、AGA発症要因となるDHTを抑制する成分で、1型と2型の両方の5αリダクターゼの働きを阻害してくれる非常に優れた成分で、世界的に注目されている有効成分になります。
しかしながら日本の厚生労働省に該当する「FDAアメリカ食品医薬品局)」では、デュタステリド成分を前立腺肥大症の治療薬としてしか認可しておらず、医学的見地からはAGA治療薬としての認識が薄かったと言う過去の経緯があります。
その理由は、プロペシアが先に大きな商業的成功を納めたためになります。
AGA医薬品として認可を得るためには膨大な研究資料と試験等の結果報告が必須で、とてつもない費用と時間が必要になります。
そのため、既にAGA治療薬として世界的に知名度のあるフィナステリド製剤(プロペシア)が発毛成果をあげていたことから、デュタステリドはAGA治療薬としてのFDA認可の申請を敢えて辞退したのです。
しかし現在ではフィナステリドよりもデュタステリドの方がAGA治療薬として優れていると言うことが世界的にも認められ、フィナステリドでは満足できる結果を得ることができないAGA患者から非常に高い支持を得ているのです。

デュタステリドのAGA改善効果について

AGA治療薬と言えばプロペシアと言う認識が広まっている中、プロペシアでは満足できる結果が出ていないと言う人も少なくはありません。
なぜなら、プロペシアの主成分であるフィナステリドが効果を発揮するのは、2型5αリダクターゼのみになるからです。
つまり、1型5αリダクターゼが多く存在している人にはそれほど効果を発揮しないと言うことになります。
ちなみにですが、頭頂部と前頭部では存在している5αリダクターゼの種類が異なることをご存知でしょうか?
頭頂部には2型5αリダクターゼ、前頭部には1型5αリダクターゼが多く存在しています。
つまり、前頭部の薄毛の方、いわゆるM字ハゲの方はプロペシアでは満足する事ができないと言うことなのです。
そこで効果を発揮してくれるのがデュタステリドと言う訳です。
しかも、デュタステリドはフィナステリドよりもDHT抑制効果が高いと言われていますので、頭頂部の薄毛の方でも今以上に復活させたいと言うことでしたら、デュタステリドに変更することをおすすめします。
AGAにおけるデュタステリドの実際の効果は?
デュタステリドのDHT抑制効果に基づく発毛効果に注目が集まり、研究が行われました。
20~50歳の同レベルのAGA患者を対象とした試験で、頭頂部(直径2.54㎝円内)の薄毛において、それぞれフィナステリドとデュタステリドを投与し、24週経過した時点での髪の毛の増加本数を比較してみたところ以下のような結果が出たのです。

【直径2.54㎝の範囲の毛髪再生本数測定試験の結果】

フィナステリド・・・56.5本の毛髪再生
デュタステリド・・・89.6本の毛髪再生

以上の結果から、デュタステリドはフィナステリドの約1.5倍の毛髪再生効果があると言うことになります。
加えて毛髪の太さにもポジティブな変化が報告されていて、頭頂部と前頭部の両方の薄毛に改善が見られ、特に頭頂部の改善効果が高いと言う結果が出ています。
また、同じような試験が「Journal of the American Academy of Dermatology誌」主催によって行われましたが、上記測定試験と同様の結果が出たと発表されています。
以上のことからフィナステリドよりもデュタステリドの方が圧倒的に効果が高いと言うことが明らかで、プロペシアで満足する結果が出ていない人や、フィナステリドに対する先天的な感受性が悪い人、一刻も早く発毛効果を得て薄毛を改善したいと言う方にデュタステリドはおすすめになります。

デュタステリドの国内長期服用試験も実施されました

デュタステリドが厚生労働省に認可されるまでは、国内でのAGA治療薬として認められていなかったため長期使用における薬品効果減退を検証する試験結果はありませんでしたが、実はデュタステリドの連続使用による「耐性」が発生する可能性が懸念されていたのです。
そこで0.5mgのザガーロを52週連続服用長期試験を行い24週目と変化がないか確認したところ、24週目と同程度の作用が確認されており、発毛効果(DHT抑制効果)が52週と言う長期使用においても維持されていると言う結果が出たのです。
この結果は個人輸入代行サイトにおけるデュタステリド製剤(アボダート)利用に関する知識としても非常に大きな収穫で、個人輸入代行サイトで購入を検討している方にとって非常に参考になる試験結果と言えます。 

デュタステリドとフィナステリドの違いについて

f:id:participantlink:20190712015612p:plain

デュタステリド(ザガーロ)とフィナステリド(プロペシア)の違いは上記でも触れていますのでなんとなく分かっていただけたと思いますが、改めて説明しておきたいと思います。
上記でも触れましたが、AGAの原因物質であるDHTを生成する5αリダクターゼには1型と2型があります。
最大の違いは、フィナステリドはこの内の2型5αリダクターゼにしか作用しないのに対して、デュタステリドは1型5αリダクターゼにも2型5αリダクターゼにも作用すると言うことです。
つまり、かんたんに言いますとプロペシアで改善しなかった薄毛も改善することができると言うことです。


①5αリダクターゼ抑制効果の差異

AGAの原因である5αリダクターゼは、主に毛根部分に存在していて、2型が主な原因として認識されています。
これはAGA患者の約8割が、2型5αリダクターゼの働きを阻害するフィナステリドを主成分としたプロペシアの服用で劇的に改善しているからになります。
しかし、プロペシアが効かない場合もあり、このような場合は2型5αリダクターゼよりも1型5αリダクターゼの方が優位に立っている可能性が高いからになります。
特に前頭部の薄毛の場合は1型5αリダクターゼが多く存在しているので、プロペシアでは改善しにくいと言われているのです。
プロペシアで改善しないAGAは、1型5αリダクターゼが原因となります。
フィナステリドでは1型5αリダクターゼの働きを阻害することができません。
1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼの両方を阻害するには、今のところデュタステリドしかないと言うことです。
そのため、プロペシアを半年以上服用しているけど改善効果が見られないと言う場合でも、デュタステリドだと劇的に改善する可能性があります。

②薬効残存時間の差異

デュタステリドの薬効残存時間は、フィナステリドよりも圧倒的に長くなります。
主に半減期と言う言葉を使われますが、半減期とは薬品成分が血液に溶け込む濃度が半分になるまでの時間のことを言います。
デュタステリドの場合はこの半減期が「2週間以上」続くことが公式に発表されています。
ちなみにフィナステリドの場合は「6~8時間」と公式に発表されています(ただしフィナステリド服用中止後もDHT抑制効果が数ヵ月続くケースがありますので一概には言えません。)。
そのため、継続吹くように置いてデュタステリドはフィナステリドよりも血中DHT抑制濃度の濃薄が発生しにくく、安定した頭髪整腸効果があると考えられているのです。
しかも、デュタステリドの場合はDHT抑制効果が非常に高くなりますので、デュタステリド含有濃度0.5mgでも十分で、フィナステリド含有濃度1.0mgのプロペシアよりも副作用のリスクが低くなるとも言われています。

デュタステリドの副作用について

デュタステリドもフィナステリド同様に副作用があります。
デュタステリドの副作用はフィナステリドの副作用に類似しています。
・性欲減退
・性機能不全(リビドー減退、勃起不全、射精障害)
・肝機能障害
・鼻咽頭炎
・黄疸

デュタステリドの副作用は以上で、フィナステリドの副作用とほぼ同じになります。
フィナステリド(プロペシア)の副作用ではみられない「鼻咽頭炎」とは、鼻水が出る花粉症や風邪のような症状に近いものになります。
この副作用の報告はデュタステリド服用患者の中でも最も多い副作用となっており、約15%の患者が鼻咽頭炎を報告しています。
その他の副作用に関しましては1%前後となっております。
以上のことから、男性が最も心配される性機能不全の副作用は、フィナステリドよりも確率が低くなっています。

ザガーロとは

ザガーロ
5α-還元酵素Ⅰ型Ⅱ型阻害薬
ザガーロは2型だけでなく1型の5α-リダクターゼにも作用する、国内で2番目に承認された、内服型AGAです治療薬です。今まではAGAの治療としては2型のみを抑えれば良いと考えられていましたが、脱毛部位の毛包に1型も発現していることからAGAとの関係が示唆されています。頭頂部のみならず、前頭部にも強い発毛効果が見られることが特徴です。

 f:id:participantlink:20190712020227p:plain

f:id:participantlink:20190712020230p:plain

f:id:participantlink:20190712020235p:plain

主要有効成分:デュタステリド
効果範囲:5α-還元酵素Ⅰ型Ⅱ型阻害
形状:ソフトカプセル剤
種類:0.1mg/0.5mg
海外の承認商品:アボダート
添加物:ジブチルヒドロキシトルエン、中鎖モノ・ジグリセリド、ゼラチン、グリセリン、濃グリセリン、酸化チタン、黄色三二酸化鉄(0.1mgのみ)、三二酸化鉄、中鎖脂肪酸トリグリセリド、レシチン

デュタステリドはどこで手に入る?

では、実際にデュタステリドはどこで手に入れることが可能なのでしょうか?
日本国内では医薬品を入手するには基本的には処方せんが必要になります。
または、個人輸入代行を使えば安価で入手することが可能です。

デュタステリド(ザガーロ)はAGAクリニックで手に入る

デュタステリドはAGAクリニックや皮膚科で手に入れることができます。
ただし、処方せんが必要になる薬になりますので、まずは診察を受ける必要があり、デュタステリドが必要な症状と診断される必要があります。
そのため、まずは皮膚科やAGAクリニックに相談するようにしましょう。

デュタステリド配合のAGA治療薬を格安で手に入れる方法

前頭部の薄毛に効果的な成分はデュタステリドと言うことになりますが、AGAクリニックや皮膚科で処方してもらうとなるとプロペシア同様に相当高くなってしまいます。
AGA治療にそこまでお金をかける経済的余裕がないと言う方も少なくはないと思いますので、デュタステリド配合のAGA治療薬を格安で入手する方法をご紹介したいと思います。
デュタステリドもフィナステリド同様に個人輸入代行業者での取り扱いがありますので、格安で手に入れることが可能となります。

まとめ

デュタステリドはフィナステリド以上のDHT抑制効果があるAGA治療薬になります。
一般的なAGAは、約8割が2型5αリダクターゼが主な原因による薄毛になりますが、残りの約2割の方は1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼの両方が原因となっていて、フィナステリドでは満足する結果を得る事ができません。
特に前頭部に1型5αリダクターゼが多く存在すると言われており、前頭部の薄毛にお悩みの方はフィナステリドでは満足する事ができません。
また、頭頂部にも1型5αリダクターゼは少なからず存在していますので、劇的に薄毛を改善したいと言う場合は1型にも2型にも効果を発揮するデュタステリドが効果的と言えるでしょう。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村