発毛剤の真実

ミノキシジル・フィナステリド・ディタステリドのジェネリックでハゲ治療

プロペシアとミノキシジルタブレットの併用効果

AGA(男性型脱毛症)の治療で使用される最強の発毛剤(育毛剤)として有名な成分が「ミノキシジルタブレット」になりますが、一般的な皮膚科や内科では処方されることはありませんので知らない人の方が多いかもしれません。
ミノキシジルタブレットは、発毛を促進させるためのAGA治療薬として、特に薄毛の症状がひどい方にAGAクリニックで処方される内服薬で、その発毛(育毛)効果の高さから多くの方が薄毛の悩みを克服しているのです。
後ほど詳しく解説しますが、AGA治療薬で有名なプロペシア(フィナステリド)単品だけでの発毛効果はそれほど期待できません。
なぜなら、プロペシアは(フィナステリド)あくまでも薄毛を食い止める「守り」の治療薬になるからです。
そのため、劇的に髪の毛を増やしたいと言う場合は、発毛効果の高いミノキシジルタブレットという「攻め」の治療薬が必須となってくるのです。  

f:id:participantlink:20200627153931p:plain

今回はAGA治療薬であるプロペシア(フィナステリド)と併用した方が良いミノキシジルタブレットについて解説していきたいと思いますので、プロペシア(フィナステリド)を飲んでいるけど、思うように薄毛が改善していないと言う方にプロペシア(フィナステリド)とミノキシジルタブレットの併用がかなり効果的になります。

ミノキシジルとは

f:id:participantlink:20190712234015j:plain

ミノキシジルとは、「発毛・育毛」効果の高い成分のことで、もともとは高血圧症の治療薬として使用されていた成分になります。
1970年代後半にアメリカで血管拡張剤として開発され、高血圧症の治療薬として使用されていましたが、その副作用に「全身の多毛症(Hypertrichosis)」を頻繁に起こしてしまうことが分かり、頭皮に対しての外用薬として臨床試験が実施されました。
その結果、頭部の脱毛症に有効と言うことが明らかとなったのです。
現代ではミノキシジル配合の発毛剤や、ミノキシジルタブレットなどがAGA治療に使われていて、外用薬内用薬共に高い効果があることからほとんどのAGAクリニックで取り扱いがあります。
つまり、ミノキシジルは「医薬品成分としての発毛効果が認められている」と言うことです。
ミノキシジルは、正式に厚生労働省から発毛医薬品として認可されており、AGA(薄毛)改善の治療薬として幅広く使用されているのです。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルの効果は、発毛(育毛)になります。
具体的に言いますと、細胞分裂を活性化させて髪の毛を成長させる効果があるります。
もう少し詳しく説明しますと、ミノキシジルは直接髪の毛の毛母細胞に働きかけ、毛母の細胞分裂を活性化させて、髪の毛の成長を早める働きをすると言うことです。
現在日本では、ミノキシジルを配合した発毛剤として「リアップX5プラスネオ」60ml本体価格 : 7,752円と高額で発売されています。

f:id:participantlink:20200627155342j:plain

リアップX5プラスネオはミノキシジル含有量5%の発毛剤で、最低でも4ヶ月の連続使用を要すると言われております。

リアップX5プラスネオは高いと感じている方は、ミノキシジル5%配合している商品でカークランドという安価な商品があります。

カークランドは2本セットで3,240 円となりますので1本あたり1,620円となりますので、リアップX5プラスネオとカークランドの1本当たりの価格を比べると、

リアップX5プラスネオ(7,752円)- カークランド(1,620円)= 5,623円

カークランドのほうがリアップⅩ5プラスネオより5,623円安くなりますので経済的です。

どちらもミノキシジル5%になりますので、全く同じ効果となります。

oneclck.net
ちなみに、ミノキシジル5%で効果がでてない方は、ミノキシジルを16%配合した世界最高濃度の発毛剤「フォリックスFR16 」を使えば効果が期待できます。

ミノキシジルの濃度が高いほど効果も高くなっていきます。

現在のところミノキシジル16%が世界で最もミノキシジルの濃度が高い商品になります。

どうしても髪を生やしたいと思っている方には必須商品になります。

基本的に人間の髪の毛には「毛周期(ヘアサイクル)」があり「成長期→退行期→休止期」の様になっていて、2~6年の期間をかけて成長し、やがて退行期を迎えて成長が止まります。
そして休止期を迎えて仮眠の毛は抜け落ち、再び新しい髪の毛が生え成長期になります。f:id:participantlink:20190713003416j:plain

しかし、AGAの場合はこの毛周期が「DHT(ジヒドロテストステロン)」に狂わされるため、全うに成長することができなくなってしまうのです。
DHTは、男性ホルモンであるテストステロンが「5αリダクターゼ(還元酵素)」と結合することによって生成される強力な脱毛ホルモンのことです。
このDHTが大量に生成されることで、AGAとなり髪の毛が失われ薄毛になってしまうのです。
つまり、DHTさえ抑制することができれば脱毛を防止するができます。
そこで活躍してくれるのが5αリダクターゼの働きを阻害してくれる成分「フィナステリド」です。 

f:id:participantlink:20190713002957p:plain

フィナステリドを主成分としたプロペシアを継続して服用することで、5αリダクターゼの働きを阻害してくれますので脱毛ホルモンであるDHTが生成されなくなります。
その結果、AGAの進行を防ぐことが可能となるのです。
また、DHTが抑制されることで正常なヘアサイクルに戻りますので、髪の毛は太く長く成長することが可能となります。
しかし、フィナステリドはあくまでも薄毛の進行を食い止める成分になりますので、発毛や育毛を促進させる効果のある成分ではありません。
そのため、発毛・育毛を促進させるためにミノキシジルが必要不可欠と言う訳なのです。
AGAクリニックでは、ミノキシジルとフィナステリド(プロペシア)の併用を推奨していて、ほとんどのクリニックでは2種類の内服薬を処方しています。

ミノキシジルが攻めの役割で、フィナステリドが守りの役割です。 

f:id:participantlink:20190713002642p:plain

ミノキシジルプロペシアの併用が最強

ミノキシジルは上記でも言いましたように「発毛成分」になります。
一方プロペシアはAGAの進行を食い止める治療薬になります。
AGAの改善と言う意味では、プロペシアを服用すれば薄毛の進行を食い止めることはできますが、失ってしまった髪の毛を取り戻すことはできません。
しかし、ミノキシジルの効果をもってすれば、発毛を促進させて髪の毛の成長を早めてくれるので、薄毛が改善されるようになります。
つまり、ミノキシジルプロペシアの併用は最強と言うことです。
これはAGA治療の専門医も言っていることで、よりAGAに効果的な方法は、ミノキシジルプロペシアの併用処方になります。
AGA初期段階であれば、プロペシアの処方だけの場合もありますが、進行具合によってはプロペシアミノキシジル(外用)、さらに進行している場合はプロペシアミノキシジルタブレットの処方となります。
プロペシアでAGAの原因であるDHTを抑制し、ミノキシジルで発毛因子を刺激し、発毛を促し育毛を促進させることで薄毛が回復していくのです。
このように、双方の効果を同時に得ることで薄毛の悩みから解放されるのです。
プロペシアを服用しているけど一向にAGA(薄毛)が改善されないと言う場合は、ミノキシジルとの併用が効果的です。

最強の育毛剤ミノキシジルタブレット」が効果絶大

ミノキシジルは、上記で外用薬の育毛剤「リアップX5」をご紹介しましたが、外用薬よりも圧倒的に効果が高いのが服用タイプの「ミノキシジルタブレット」になります。
そのため、ほとんどのAGAクリニックではフィナステリド(プロペシア)とミノキシジルタブレットの併用を推奨していて、AGA治療で処方される内服薬は基本的にこの2種類になります。
ちなみにですが、ミノキシジル外用薬は頭頂部にしか効果を発揮しませんが、ミノキシジルタブレットの場合は頭頂部にも前頭部にも発毛(育毛)効果を発揮してくれます。
つまり、AGA治療に最強のコンビはフィナステリド(プロペシア)とミノキシジルタブレットと言うことです。
ただし、同じAGAでも前頭部の薄毛の場合は、頭頂部の薄毛とは原因が異なりますので注意が必要になります。
そのため、ミノキシジルタブレットを服用しても思うように薄毛が改善しない場合もあるのです。

ミノキシジルタブレットを服用しても思うように薄毛が改善しない場合もある

どういう事かと言いますと、AGAの原因はDHTになりますが、このDHTを生成する5αリダクターゼは実は2種類あるのです。
5αリダクターゼには1型と2型が存在し、頭頂部に多いのが2型5αリダクターゼで、前頭部に多いのが1型5αリダクターゼになります。
そして、フィナステリドが効果を発揮するのは頭頂部に多い2型5αリダクターゼだけになります。
つまり、前頭部の脱毛はフィナステリドでは完璧に防止できないと言うことです。
そのため、同じAGAでも前頭部の薄毛は改善しにくいと言われているのです。
ですから、ミノキシジルタブレットを継続して服用しても、脱毛を防止できなければ劇的な薄毛改善には期待できないと言うことなのです。
しかし最近は、1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼの両方の働きを阻害しくれる成分「デュタステリド」が登場し、厚生労働省の認可を受け実際に日本国内でも発売されるようになったのです。
ですからAGAでも頭頂部だけが薄毛の方の場合は「フィナステリド+ミノキシジルタブレット」で、前頭部が薄毛、もしくは前頭部も頭頂部も両方が薄毛と言う場合は「デュタステリド+ミノキシジルタブレット」が最強のコンビと言うことになります。
いずれにしても、劇的にAGA(薄毛)を改善するためには、発毛を促進させてくれるミノキシジルタブレットは必要不可欠と言うことになります。

ミノキシジルタブレットは前頭部にも効果を発揮してくれる

上記でも軽く触れましたが、ミノキシジルタブレットはAGAの中でも最も改善しにくいと言われている前頭部の薄毛にも効果を発揮してくれます。
つまり、額の生え際部分がハゲているいわゆるM字ハゲにも発毛効果があると言うことです。
ミノキシジルの外用薬であるリアップX5は、前頭部にそれほど効果を発揮しませんので諦めている方も多いと思いますが、服用タイプのミノキシジルタブレットでしたらM字ハゲ改善にも十分に期待できるのです。
ミノキシジルは毛母細胞を直接刺激し、髪の毛の発毛や育毛を促進させてくれます。
ミノキシジルタブレットは、体内で吸収され血液によって全身に運搬されますので、外用薬では効果を得にくい前頭部にもしっかりと有効成分が届きます。
そのため、生え際には効果を発揮しないと言う根拠がないのです。
要するにミノキシジルタブレットを服用することで額の生え際部分のハゲ対策も完璧にできると言うことです。

ミノキシジルタブレットは認可されていない

ミノキシジルタブレットは、絶大な発毛促進効果があります。
しかし、これだけ発毛効果があるにも関わらず「AGA治療薬として認可されていない」のが現状になります。
つまり、ミノキシジルタブレットは、あくまでも「高血圧症の治療薬」と言うことです。
そのため、原則として医師の処方のみでしか入手することができませんでしたが、最近では個人輸入でも購入することができるようになりました。

ミノキシジルタブレットを入手するには

ミノキシジルタブレット通称「ミノタブ」を入手する方法は2パターンあります。
①AGAクリニックで処方してもらう
個人輸入代行サイトで入手する
基本的にミノキシジルタブレットを手に入れる方法は上記の2つになります。

①AGAクリニックで処方してもらう 

一般的には、ミノキシジルタブレットの入手方法は「AGAクリニックで処方してもらう」方法になります。
上記でも言いましたが、ミノキシジルタブレットはAGA治療薬として世界的に認可されていない薬で、基本的には高血圧症の治療薬になるため扱いが非常に難しくなります。
そのため、しっかりと専門医の診察を受けて、あなたの薄毛にはミノキシジルタブレットが必要だと言う医師の診断が必要になります。
そして初めて処方してもらえるのが基本的にミノキシジルタブレットの入手方法になります。
しかもAGAクリニックでは、しっかりと血液検査等を行い、あなたの薄毛の細かい原因まで徹底的に調べてから、症状に合った治療薬を処方する必要があります。
その分どうしても料金が高額になってしまいます。

個人輸入代行サイトで入手する 

ミノキシジルタブレットの入手方法の2つ目は「個人輸入代行サイト」を利用するかたちになります。
個人輸入代行サイトも複数ありますが、全国的に有名で比較的安心できると言えばやはりオオサカ堂です。
ちなみにですが、オオサカ堂では海外正規品の医薬品を格安で販売していて、代行手数料も送料も全て無料になりますので意外と多くの方が利用しています。
特にプロペシアの価格は激安で、皮膚科や内科では最低でも10,000円はしますが、オオサカ堂でしたら半額以下の3,000円代での購入が可能となります。
オオサカ堂は設立20年以上になる個人輸入代行サイトの中でも老舗になりますので、信頼と実績があり多くの方が利用しています。
そのため、安全ではあると思いますがご利用の際は自己責任になります。

AGA治療の基本はプロペシアミノキシジルの併用

AGA治療と言えば、「プロペシアの内服療法」が一般的に認識されていますが、実はプロペシアだけでは改善しない場合があります。
なぜなら、プロペシアは脱毛ホルモンであるDHTの生成を抑制し脱毛を防止するための治療薬であり、発毛を促進させる効果には期待できないからになります。
もちろんプロペシアの服用だけで薄毛が改善したと言う方も居ますが、このようなケースは早期治療をはじめた方で、もともとハゲではなく若干の薄毛だった場合になります。
完全にハゲてしまっている場合は、プロペシアでDHTを抑制してもすでにハゲてしまっているためあまり意味がありません。
つまり、プロペシアはあくまでも「現状維持」と言うかたちの薬であると言うことになります。
現状細く弱々しくなっている髪の毛でも残っているのなら、DHT生成を抑制し、太く長い健康な髪の毛に成長させることは可能ではありますが、髪の毛が残っていない状態だとプロペシアだけで完全復活することは難しいと言えます。
ちなみにですが、AGAクリニックではなく皮膚科に相談した場合は基本的にプロペシアの処方しか行いません。
一方AGAクリニックに相談した場合はプロペシアミノキシジルの両方の処方を行います(状況によります)。
これは、プロペシアでAGAの原因であるDHTを抑制することと、ミノキシジルで発毛を促進させることが目的になるからです。
だからAGAクリニックに通院しているほとんどの方が早い段階で薄毛を克服しているのです。
つまり、プロペシアにはプロペシアの役割があり、ミノキシジルにはミノキシジルの役割があると言うことです。
以上のことから、プロペシアミノキシジルの併用がAGA治療の基本中の基本になると言うことが分かります。

プロペシアの特徴と役割について

改めてAGA治療薬であるプロペシアの特徴と役割について解説しておきたいと思います。
AGAと言われる男性型脱毛症がなぜ起こってしまうのかと言いますと、「男性ホルモンであるTH(テストステロン)が5αリダクターゼと結合することによってDHT(ジヒドロテストステロン)が生成され、DHTが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体(レセプター)と結合することでヘアサイクルが乱れ脱毛が起こる」と言うことになります。
以上のことからAGAの原因を作っているのはDHTと言うことが分かりますね。
そしてこのDHTを生成しているのが男性ホルモンであるテストステロンをジヒドロテストステロンに変換させてしまう5αリダクターゼになります。
つまり、5αリダクターゼの働きを阻害することができれば、脱毛を防止することができると言うことになります。
その役割を担ってくれるのが、プロペシア(フィナステリド)なのです。
プロペシアの主成分であるフィナステリドは、5αリダクターゼの働きを阻害してくれますので、DHTの生成を抑制させることができます。
プロペシアはDHTを減らし、毛根を守ってくれる薬になりますのであくまでも現状維持のための治療薬と言うことになります。
そのため、プロペシアを服用することで今以上に髪の毛が減ることはないのです。
また、薄毛の症状が軽い場合はプロペシアを服用すれば薄毛が復活する場合もあります。
これがプロペシアの特徴と役割になります。

ミノキシジルの特徴と役割について

ミノキシジルは、プロペシアとは逆に「発毛効果」のあるAGA治療薬になります。
ミノキシジルは、皮膚科や内科で処方されることがないためその存在自体を知らないと言う方の方が多いと思います。
ミノキシジルと一口に言っても、服用タイプのミノキシジルタブレットと、外用タイプの育毛剤があります。
主にAGAクリニックで処方されるのは服用タイプのミノキシジルタブレットで通称「ミノタブ」になります。
ミノキシジルは、もともとは高血圧の治療薬として開発された医薬品なのですが、服用した患者に「全身の多毛症」と言う副作用が見られたため育毛剤としての研究が進み、AGA治療に利用されるようになりました。
それを外用の育毛剤として開発されたのが大正製薬から販売されている「リアップX5」なのです。
他にもロゲインなども有名ですが、人気はテレビCMでお馴染みで安心感のあるリアップX5になります。
ミノキシジルの特徴は、血管を拡張させ毛根への血流を改善させることで髪の毛の成長に必要な栄養素を届きやすくすることになります。
血行不良は薄毛の原因の一つになります。
また、ミノキシジルはただ血管を拡張させるだけではなく、ミノキシジル特有の発毛を促進させる効果がありますので、その他の高血圧治療薬とは訳が違います(ミノキシジル以外の高血圧治療薬全てに発毛効果はありません)。
実際の研究でミノキシジルは毛乳頭細胞に直接作用し、発毛に必要な成長因子を分泌させることで髪の毛の成長を促進させることが明らかとなっています。
つまり、ミノキシジルは脱毛を防止する守りのプロペシアとは全く逆の効果を発揮する薬で、攻めの薬と言うことになります。
ちなみにですが、ミノキシジルは内服薬(ミノキシジルタブレット)と外用薬(育毛剤)とがあると言いましたが、発毛効果育毛効果共に効果が高いのは服用タイプのミノキシジルタブレットになります。
リアップX5などの育毛剤タイプのミノキシジルは効果が弱い分副作用の心配は少なくなりますが、リアップX5では効果がない場合もあります。
育毛剤だと薄毛の状態によっては物足りない場合もありますが、薬ばかり飲みたくないと言う方や、副作用を気にされる方はまずはリアップX5のような育毛剤タイプとの併用から試してみると良いと思います。

プロペシアミノキシジルを併用した方が良い3つの理由

それではプロペシアミノキシジルを併用した方が良い3つの理由をご紹介していきたいと思います。

理由①プロペシアだけでは髪の毛は生えないから併用が良い

上記で説明した通り、プロペシアは発毛を促進させる効果のある治療薬ではなく、脱毛を防止する役割の治療薬になります。
そのため、プロペシアに発毛効果は期待できないと言うことです。
プロペシアを服用することで弱っている髪の毛が、健康な状態となり太く長く成長をはじめますので、多くの方はプロペシアを飲むと髪の毛が生えると勘違いしていますが、実際はプロペシアに発毛効果はありません。
初の服用タイプの育毛剤ということで注目されましたので「プロペシア=発毛(育毛)効果」と思われている方が多いと思いますが、期待して服用するとガッカリしてしまう場合がほとんどです。
ちなみにですが、プロペシアの発毛率はほんの数%しかありません。
臨床試験で全体の約6割の方がプロペシアで薄毛が改善したというデータがありますが、これは軽度改善や中程度改善のケースも含まれています。
つまり、プロペシアの服用で劇的に髪の毛が増えた人ばかりではなく、ちょっとだけ髪の毛が増えた場合でも一括りにして「改善」としているのです。
このような発表があると、多くの方の薄毛が改善したかのように受け取ってしまうと思いますが、実際はそうではなく劇的に改善した人はほんの数%になります。
そのため、AGA治療をはじめるならプロペシアで抜け毛を防止しながら発毛効果の高いミノキシジルを併用した方が良いのです。

理由②ミノキシジルだけでは脱毛を防げないから併用が良い

プロペシアは脱毛を防止する役割で、ミノキシジルは発毛を促進させる役割と言うことは理解していただいていると思います。
ミノキシジルは服用タイプの方が効果は高いのですが、外用タイプの育毛剤でもプロペシアよりも圧倒的に発毛効果が高くなります。
そのため「ミノキシジルだけでも十分髪の毛が生えるんじゃないの」と考える人が居ます。
少しでも治療費を安く抑えたいという理由から、上記のような考えに至るケースが多いのですが、ミノキシジルは発毛効果はあるけど脱毛を防止する効果がないと言うことを忘れないでください。
そもそもAGA(薄毛)の原因は、ヘアサイクルを乱してしまうDHTにあります。
つまり、このDHTを抑制しない限り髪の毛はなくなるまで抜け続けると言うことです。
しかもミノキシジルではこのDHTの生成を抑制することはできません。
ですから、ミノキシジルで髪の毛の成長を促しても、結局後ろからDHTがやってきて髪の毛を抜け落ちさせてしまうのです。
そのため、AGA治療をはじめるならプロペシアで抜け毛を防止しながら発毛効果の高いミノキシジルを併用して発毛を促した方が良いのです。

理由③プロペシアとフィナステリドの併用でお互いの欠点を補える

プロペシアは脱毛を防いでくれますが発毛を促す効果がありません。
ミノキシジルは発毛を促進させるけど脱毛を防ぐ効果はありません。
お互いに欠点がある治療薬ではありますが、それぞれを併用することでお互いの欠点を補うことが可能となります。
また、それぞれの役割を効率よく発揮できるようになりますので、AGA治療においてプロペシアミノキシジルの併用は基本中の基本であり最強と言えるのです。
そのため、AGA治療をはじめるならプロペシアで抜け毛を防止しながら発毛効果の高いミノキシジルを併用した方が良いのです。

以上3つがプロペシアミノキシジルを併用した方が良い理由になります。お互いの欠点を補いながらそれぞれの役割を全うできるため、AGA改善までの道のりが最短になります。一刻も早く薄毛を改善したいと言う方は、このプロペシアミノキシジルを併用した方が良いでしょう。

薄毛予防の場合はプロペシア単独でも効果あり

今現在薄毛ではないけど、将来的にハゲたくないと言う方は予防目的でプロペシアの服用をしましょう。
プロペシアの主成分であるフィナステリドは、AGAの原因であるDHTを生成してしまう5αリダクターゼの働きを阻害してくれる効果があります。
つまり、薄毛の進行を食い止める効果に関してはプロペシアは最強と言うことです。
そのため今現在は薄毛ではないけど、
①親族に薄毛の人が居る(特に母方の祖父に注意)
②最近抜け毛が増えてきた(シャンプー時に髪が抜ける)
③最近と薄くなってきた気がする
このような状況の方は、薄毛予防のためにプロペシアを単体で服用してみても良いと思います。
ハゲてからでは手遅れになる場合もありますので、ハゲる前に手を打つ人も少なくありません。
ただし、既にある程度薄毛になっているケースで、AGAが進行している場合はプロペシア単体では物足りない場合もありますので、ミノキシジルを併用した方が良いでしょう。
自分の頭部の状態をチェックしても自分で判断できないと言う場合は、AGAクリニックの無料カウンセリングなどを活用して相談してみるのもおすすめです。

プロペシアミノキシジルの併用でAGAが改善しない場合の対処法

プロペシアミノキシジルを併用しているにも関わらずAGAが一向に改善しないと言う場合は正直焦りますよね・・・
このような場合に考えられることは「栄養不足」もしくは「睡眠不足」になります。
まず、プロペシアは脱毛防止効果、ミノキシジルは血管拡張で血流改善になりますが、抜け毛を防ぎ血流を改善したところで髪の毛の成長に必要な栄養素が不足していると期待通りに髪の毛が成長しない場合もあります。
そのため、髪の毛の成長に必要な栄養素をしっかりと摂り入れる必要があるのです。
それから睡眠不足の場合も髪の毛の成長に悪影響を及ぼしますので要注意です。
なぜなら、髪の毛は寝ている間に成長しているからになります。
睡眠不足の状態だと、どれだけ効果のある薬を飲んでいたとしても効果を最大限発揮できない場合があるのです。
プロペシアミノキシジルを併用しているにも関わらず思うように改善しないと言う場合は、髪の毛の成長に必要な栄養素と睡眠時間をしっかりとるようにしてみてください。
それでも薄毛が改善しない場合は、プロペシアがきかない体質のかのうせいがありますので、以下の記事を参考にしてみてください。

ミノキシジルタブレット個人輸入

フィナステリド(プロペシア)やデュタステリド(ザガーロ)を服用しているにも関わらず、一向にAGAが改善しない、薄毛が治らないと言う方も少なくはありません。
なぜなら、フィナステリドもデュタステリドも脱毛を防止するための成分で、発毛や育毛を促進させる効果には期待できないからになります。
そのため、劇的な薄毛改善を求めるならば上記で紹介しましたミノキシジルの力が必要不可欠となるのです。
特にミノキシジルタブレットの発毛効果は絶大で、リアップX5などの育毛剤と比較しても圧倒的な発毛効果があります。
しかし、ミノキシジルタブレットはもともと高血圧症の治療薬であると言うことと、服用量によっては副作用のリスクが高まってしまいますので、まずは専門医の判断を得ることが安全に服用するための秘訣になります。
ミノキシジルタブレットに発毛効果があることは世界的にも認められていますが、AGA治療薬としては全世界で認可されていませんので専門医の判断が重要になります。
そのため、ミノキシジルタブレットの服用を検討していると言う方は、個人輸入で手に入れることをおすすめします。

まとめ

以上のようにミノキシジルは非常に発毛(育毛)効果の高い成分で、AGA治療には欠かせないものとなります。
しかし、皮膚科や内科ではミノキシジルタブレットの処方は一切ないのでその存在を知らない人が多いのも事実になります。
もし、プロペシアやザガーロを飲んでいるけどそれほど薄毛が改善していないと言うことでしたら、ミノキシジルタブレットを併用することで薄毛を改善することが可能になります。 

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

AGA治療で効果抜群なディタステリド

日本人男性の薄毛の原因と言えば「AGA(男性型脱毛症)」がほとんどで、その治療薬で有名なのが「プロペシア=フィナステリド」になります。
プロペシアの有効成分である「フィナステリド」がAGAの原因である「DHT(ジヒドロテストステロン)」の生成を抑制し、薄毛を改善へと導いてくれます。
しかし、中にはプロペシア(フィナステリド)が効かない人も存在し、その様な方のために開発されたのが「デュタステリド」になります。
そこで今回は、デュタステリドの効果と副作用について見ていきます。 

f:id:participantlink:20190712015355p:plain

デュタステリドとは?

デュタステリドとは、AGA治療薬の有効成分で、プロペシアの有効成分であるフィナステリドと同様もしくはそれ以上の効果を発揮する成分になります。
デュタステリドはフィナステリドと根本は同じDHTの生成を抑制する効果になりますが、その抑制効果はフィナステリド以上になります。
厳密に言いますと、フィナステリドもデュタステリドもDHTを抑制するのではなく、DHTを生成してしまう原因である「5αリダクターゼ(還元酵素)」の働きを阻害すると言うことになります。
5αリダクターゼが男性ホルモンであるテストステロンと結合することで、強力な脱毛ホルモンであるDHTを生成してしまうのです。
そしてこのDHTが毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体と結合することによってヘアサイクルが乱れ、抜け毛が増加し薄毛になってしまうのです。
つまり、フィナステリドもしくはデュタステリドを服用することによって、5αリダクターゼの働きを阻害することが可能となりますので、AGAの進行を防ぐ事が可能となり薄毛改善へと導いてくれると言うことなのです。

デュタステリドが誕生した経緯について

デュタステリドを開発したのは、イギリスの製薬会社である「グラクソ・スミスクライン社」で、2001年に発表されました。
デュタステリドもフィナステリド同様にもともとは前立腺肥大症の治療薬として開発された成分になります。
なぜなら、AGA医療において発症要因と言われているDHTが、そもそも前立腺肥大症の発症要因でもあるからになります。
DHT濃度が高くなると前立腺に作用し、前立腺肥大症を引き起こしてしまいます。
このような事実から開発されたデュタステリドは、2型5αリダクターゼだけではなく、1型5αリダクターゼにも効果を発揮すると言うことが臨床試験によって明らかとなり、フィナステリドよりもより強力な効果を発揮すると言うことが分かったのです。
こうした経緯から前立腺肥大症の臨床現場において非常に高い改善効果を示し、現在も前立腺肥大症の治療薬として活躍しているのです。
そして、この1型と2型の両方の5αリダクターゼの働きを阻害する効果が認められ、AGAの治療にも非常に高い効果があることが明らかとなり、AGA治療薬として認められたのです。

デュタステリドが国内で正式に認可された日

デュタステリドが正式に厚生労働省で認可されたのは「2015年9月28日」になります。
それまでは、フィナステリドを主成分としたプロペシアとそのじぇめリック医薬品であるファイザーのみでしたが、新たにデュタステリドがAGA医薬品として認められました。
厚生労働省で認可され、実際に日本国内で販売されていると言うことは、さまざまな臨床試験が行われ副作用試験や連続使用耐性試験等も行われて問題なかったと言う結果で、薬学的な安全性と発毛効果が正式に認められたと言う結果になります。
デュタステリドは世界的に注目されている成分
デュタステリドは、AGA発症要因となるDHTを抑制する成分で、1型と2型の両方の5αリダクターゼの働きを阻害してくれる非常に優れた成分で、世界的に注目されている有効成分になります。
しかしながら日本の厚生労働省に該当する「FDAアメリカ食品医薬品局)」では、デュタステリド成分を前立腺肥大症の治療薬としてしか認可しておらず、医学的見地からはAGA治療薬としての認識が薄かったと言う過去の経緯があります。
その理由は、プロペシアが先に大きな商業的成功を納めたためになります。
AGA医薬品として認可を得るためには膨大な研究資料と試験等の結果報告が必須で、とてつもない費用と時間が必要になります。
そのため、既にAGA治療薬として世界的に知名度のあるフィナステリド製剤(プロペシア)が発毛成果をあげていたことから、デュタステリドはAGA治療薬としてのFDA認可の申請を敢えて辞退したのです。
しかし現在ではフィナステリドよりもデュタステリドの方がAGA治療薬として優れていると言うことが世界的にも認められ、フィナステリドでは満足できる結果を得ることができないAGA患者から非常に高い支持を得ているのです。

デュタステリドのAGA改善効果について

AGA治療薬と言えばプロペシアと言う認識が広まっている中、プロペシアでは満足できる結果が出ていないと言う人も少なくはありません。
なぜなら、プロペシアの主成分であるフィナステリドが効果を発揮するのは、2型5αリダクターゼのみになるからです。
つまり、1型5αリダクターゼが多く存在している人にはそれほど効果を発揮しないと言うことになります。
ちなみにですが、頭頂部と前頭部では存在している5αリダクターゼの種類が異なることをご存知でしょうか?
頭頂部には2型5αリダクターゼ、前頭部には1型5αリダクターゼが多く存在しています。
つまり、前頭部の薄毛の方、いわゆるM字ハゲの方はプロペシアでは満足する事ができないと言うことなのです。
そこで効果を発揮してくれるのがデュタステリドと言う訳です。
しかも、デュタステリドはフィナステリドよりもDHT抑制効果が高いと言われていますので、頭頂部の薄毛の方でも今以上に復活させたいと言うことでしたら、デュタステリドに変更することをおすすめします。
AGAにおけるデュタステリドの実際の効果は?
デュタステリドのDHT抑制効果に基づく発毛効果に注目が集まり、研究が行われました。
20~50歳の同レベルのAGA患者を対象とした試験で、頭頂部(直径2.54㎝円内)の薄毛において、それぞれフィナステリドとデュタステリドを投与し、24週経過した時点での髪の毛の増加本数を比較してみたところ以下のような結果が出たのです。

【直径2.54㎝の範囲の毛髪再生本数測定試験の結果】

フィナステリド・・・56.5本の毛髪再生
デュタステリド・・・89.6本の毛髪再生

以上の結果から、デュタステリドはフィナステリドの約1.5倍の毛髪再生効果があると言うことになります。
加えて毛髪の太さにもポジティブな変化が報告されていて、頭頂部と前頭部の両方の薄毛に改善が見られ、特に頭頂部の改善効果が高いと言う結果が出ています。
また、同じような試験が「Journal of the American Academy of Dermatology誌」主催によって行われましたが、上記測定試験と同様の結果が出たと発表されています。
以上のことからフィナステリドよりもデュタステリドの方が圧倒的に効果が高いと言うことが明らかで、プロペシアで満足する結果が出ていない人や、フィナステリドに対する先天的な感受性が悪い人、一刻も早く発毛効果を得て薄毛を改善したいと言う方にデュタステリドはおすすめになります。

デュタステリドの国内長期服用試験も実施されました

デュタステリドが厚生労働省に認可されるまでは、国内でのAGA治療薬として認められていなかったため長期使用における薬品効果減退を検証する試験結果はありませんでしたが、実はデュタステリドの連続使用による「耐性」が発生する可能性が懸念されていたのです。
そこで0.5mgのザガーロを52週連続服用長期試験を行い24週目と変化がないか確認したところ、24週目と同程度の作用が確認されており、発毛効果(DHT抑制効果)が52週と言う長期使用においても維持されていると言う結果が出たのです。
この結果は個人輸入代行サイトにおけるデュタステリド製剤(アボダート)利用に関する知識としても非常に大きな収穫で、個人輸入代行サイトで購入を検討している方にとって非常に参考になる試験結果と言えます。 

デュタステリドとフィナステリドの違いについて

f:id:participantlink:20190712015612p:plain

デュタステリド(ザガーロ)とフィナステリド(プロペシア)の違いは上記でも触れていますのでなんとなく分かっていただけたと思いますが、改めて説明しておきたいと思います。
上記でも触れましたが、AGAの原因物質であるDHTを生成する5αリダクターゼには1型と2型があります。
最大の違いは、フィナステリドはこの内の2型5αリダクターゼにしか作用しないのに対して、デュタステリドは1型5αリダクターゼにも2型5αリダクターゼにも作用すると言うことです。
つまり、かんたんに言いますとプロペシアで改善しなかった薄毛も改善することができると言うことです。


①5αリダクターゼ抑制効果の差異

AGAの原因である5αリダクターゼは、主に毛根部分に存在していて、2型が主な原因として認識されています。
これはAGA患者の約8割が、2型5αリダクターゼの働きを阻害するフィナステリドを主成分としたプロペシアの服用で劇的に改善しているからになります。
しかし、プロペシアが効かない場合もあり、このような場合は2型5αリダクターゼよりも1型5αリダクターゼの方が優位に立っている可能性が高いからになります。
特に前頭部の薄毛の場合は1型5αリダクターゼが多く存在しているので、プロペシアでは改善しにくいと言われているのです。
プロペシアで改善しないAGAは、1型5αリダクターゼが原因となります。
フィナステリドでは1型5αリダクターゼの働きを阻害することができません。
1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼの両方を阻害するには、今のところデュタステリドしかないと言うことです。
そのため、プロペシアを半年以上服用しているけど改善効果が見られないと言う場合でも、デュタステリドだと劇的に改善する可能性があります。

②薬効残存時間の差異

デュタステリドの薬効残存時間は、フィナステリドよりも圧倒的に長くなります。
主に半減期と言う言葉を使われますが、半減期とは薬品成分が血液に溶け込む濃度が半分になるまでの時間のことを言います。
デュタステリドの場合はこの半減期が「2週間以上」続くことが公式に発表されています。
ちなみにフィナステリドの場合は「6~8時間」と公式に発表されています(ただしフィナステリド服用中止後もDHT抑制効果が数ヵ月続くケースがありますので一概には言えません。)。
そのため、継続吹くように置いてデュタステリドはフィナステリドよりも血中DHT抑制濃度の濃薄が発生しにくく、安定した頭髪整腸効果があると考えられているのです。
しかも、デュタステリドの場合はDHT抑制効果が非常に高くなりますので、デュタステリド含有濃度0.5mgでも十分で、フィナステリド含有濃度1.0mgのプロペシアよりも副作用のリスクが低くなるとも言われています。

デュタステリドの副作用について

デュタステリドもフィナステリド同様に副作用があります。
デュタステリドの副作用はフィナステリドの副作用に類似しています。
・性欲減退
・性機能不全(リビドー減退、勃起不全、射精障害)
・肝機能障害
・鼻咽頭炎
・黄疸

デュタステリドの副作用は以上で、フィナステリドの副作用とほぼ同じになります。
フィナステリド(プロペシア)の副作用ではみられない「鼻咽頭炎」とは、鼻水が出る花粉症や風邪のような症状に近いものになります。
この副作用の報告はデュタステリド服用患者の中でも最も多い副作用となっており、約15%の患者が鼻咽頭炎を報告しています。
その他の副作用に関しましては1%前後となっております。
以上のことから、男性が最も心配される性機能不全の副作用は、フィナステリドよりも確率が低くなっています。

ザガーロとは

ザガーロ
5α-還元酵素Ⅰ型Ⅱ型阻害薬
ザガーロは2型だけでなく1型の5α-リダクターゼにも作用する、国内で2番目に承認された、内服型AGAです治療薬です。今まではAGAの治療としては2型のみを抑えれば良いと考えられていましたが、脱毛部位の毛包に1型も発現していることからAGAとの関係が示唆されています。頭頂部のみならず、前頭部にも強い発毛効果が見られることが特徴です。

 f:id:participantlink:20190712020227p:plain

f:id:participantlink:20190712020230p:plain

f:id:participantlink:20190712020235p:plain

主要有効成分:デュタステリド
効果範囲:5α-還元酵素Ⅰ型Ⅱ型阻害
形状:ソフトカプセル剤
種類:0.1mg/0.5mg
海外の承認商品:アボダート
添加物:ジブチルヒドロキシトルエン、中鎖モノ・ジグリセリド、ゼラチン、グリセリン、濃グリセリン、酸化チタン、黄色三二酸化鉄(0.1mgのみ)、三二酸化鉄、中鎖脂肪酸トリグリセリド、レシチン

デュタステリドはどこで手に入る?

では、実際にデュタステリドはどこで手に入れることが可能なのでしょうか?
日本国内では医薬品を入手するには基本的には処方せんが必要になります。
または、個人輸入代行を使えば安価で入手することが可能です。

デュタステリド(ザガーロ)はAGAクリニックで手に入る

デュタステリドはAGAクリニックや皮膚科で手に入れることができます。
ただし、処方せんが必要になる薬になりますので、まずは診察を受ける必要があり、デュタステリドが必要な症状と診断される必要があります。
そのため、まずは皮膚科やAGAクリニックに相談するようにしましょう。

デュタステリド配合のAGA治療薬を格安で手に入れる方法

前頭部の薄毛に効果的な成分はデュタステリドと言うことになりますが、AGAクリニックや皮膚科で処方してもらうとなるとプロペシア同様に相当高くなってしまいます。
AGA治療にそこまでお金をかける経済的余裕がないと言う方も少なくはないと思いますので、デュタステリド配合のAGA治療薬を格安で入手する方法をご紹介したいと思います。
デュタステリドもフィナステリド同様に個人輸入代行業者での取り扱いがありますので、格安で手に入れることが可能となります。

まとめ

デュタステリドはフィナステリド以上のDHT抑制効果があるAGA治療薬になります。
一般的なAGAは、約8割が2型5αリダクターゼが主な原因による薄毛になりますが、残りの約2割の方は1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼの両方が原因となっていて、フィナステリドでは満足する結果を得る事ができません。
特に前頭部に1型5αリダクターゼが多く存在すると言われており、前頭部の薄毛にお悩みの方はフィナステリドでは満足する事ができません。
また、頭頂部にも1型5αリダクターゼは少なからず存在していますので、劇的に薄毛を改善したいと言う場合は1型にも2型にも効果を発揮するデュタステリドが効果的と言えるでしょう。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

ハゲの救世主オオサカ堂の激安ミノキシジルタブレット

ハゲの見方オオサカ堂の激安ミノキシジルタブレットについて解説していきます。

オオサカ堂でミノタブを買うと1ヶ月700円と激安です。

AGAクリニックでミノタブを処方してもらうと1ヶ月1万円以上かかってしまします。

つまり、オオサカ堂はAGAクリニックより1ヶ月9,300円安く買えます。1年間だと11万円安くなります。

 

f:id:participantlink:20200505103124p:plain

 

oneclck.net

ミノキシジルタブレット通販

ミノキシジルタブレットとは、有効成分にミノキシジルを含有している医薬品になります。

ミノキシジルには血管拡張作用があり、これによって血流が改善され、育毛効果を発揮しますので、薄毛や脱毛のお悩みを抱えているという方は、ミノキシジルの外用薬よりもミノキシジルの内服であるミノキシジルが効果的です。

そんなミノキシジルタブレットは、日本国内では適応がありませんが、日本からも購入できる方法があるのです。

インターネットの個人輸入代行サイトのオオサカ堂であればミノキシジルタブレットの取り扱いがありますので、日本からも購入が可能することが可能となります。

日本から購入しても商品は香港からの発送となりますが、全国無料で購入が可能です。気になる価格はミノキシジルタブレット2.5mgが1本100錠入りで3,400円、2本5,050円、3本7,000円となり、まとめ買いをするとよりお得になります。

オオサカ堂なら20年以上の歴史ある個人輸入代行サイトとなり、初めて海外から医薬品を購入される方も、安心して利用ができます。

また、メーカー正規品保証がついておりますので、偽物が届く心配がないです。。  

oneclck.net

 ミノキシジルタブレットAmazonで購入不可

ミノキシジルタブレットとは、英国で適応となっている医薬品なのうです。

男女兼用で服用が出来る脱毛でお悩みの方、薄毛の気になる方、育毛ケアをお考えの方にふさわしい経口タイプの育毛剤となり、脱毛や薄毛にお悩みの方は、ミノキシジルタブレットを服用が効果的と言われてます。

そんなミノキシジルタブレットを最安値で購入したいと思われている方は、Amazonでしょうか・・・

調べたところ、ミノキシジルタブレットは日本国内では適応のない医薬品となっておりますので、Amazonでは取り扱いがありません。

しかし、日本からもインターネットの個人輸入代行サイトのオオサカ堂を通して購入が可能となっています。オオサカ堂なら商品は香港からの発送となりますが、全国無料で購入が出来ます。気になる価格はミノキシジルタブレット2.5mgが1本100錠入りで3,400円、2本5,050円、3本7,000円となりますので、まとめ買いをするとより最安値での購入が可能です。 

oneclck.net

ミノキシジルタブレット個人輸入で激安購入

ミノキシジルタブレットとは、英国で適応の医薬品です。ミノキシジルは元来、高血圧症の治療向けに血圧降下剤として開発された歴史があります。

血管を拡張させる作用により、毛髪の再生および男性型脱毛症(AGA)に効果があったため、育毛剤として応用されるようになった経緯がありますので、脱毛や薄毛の悩みを抱えているという方は、ミノキシジルタブレットを服用して症状緩和の効果を期待できます。

そんなミノキシジルタブレットは日本国内では適応のない医薬品となっています。

しかし、日本からも購入出来る方法があります。個人輸入で激安購入出来ます。

インターネットの個人輸入代行サイトのオオサカ堂なら日本からもミノキシジルタブレットの購入が可能となっており、ミノキシジルタブレット2.5mgが1本100錠入りで3,400円、2本5,050円、3本7,000円となりますので、まとめ買いをするとよりお得ではないでしょうか。商品は香港からの発送となりますが、全国無料で購入が出来ます。

初めて海外から医薬品を購入されるという方にもおすすめです。

oneclck.net

 ミノキシジルタブレット偽物

ミノキシジルタブレットとは、ミノキシジルには血管拡張作用があり、これによって血流が改善され、育毛効果を発揮しますので、頭皮にお悩みを抱えているという方は、ミノキシジルタブレットの高い効果を期待出来ます。

脱毛や薄毛の悩みを解消して、自信を持てる頭皮を取り戻したいですよね。

そんなミノキシジルタブレットは、日本国内では適応のない医薬品となっておりますので、日本では購入が出来ないのですが、日本からも購入できる方法があります。

インターネットの個人輸入代行サイトのオオサカ堂なら、ミノキシジルタブレットの取り扱いがありますので、商品は香港からの発送となりますが、全国無料で購入が出来ます。日本のインターネットショッピングサイトを利用している感覚で利用が出来るところが魅力ですね。また、気になる価格はミノキシジルタブレット2.5mgが1本100錠入りで3,400円、2本5,050円、3本7,000円となりますので、まとめ買いをするとよりお得に購入が出来ます。メーカー正規品保証がついておりますので、偽物が届く心配なく、安心して利用が出来るでしょう。  

oneclck.net

ミノキシジルタブレットの口コミ

ミノキシジルタブレットとは、男女兼用で服用が出来る医薬品です。

血管拡張作用があり、これによって血流が改善され、育毛効果を発揮される効果を期待できますので、脱毛や薄毛にお悩みの方は、ミノキシジルタブレットを使用されてみてはいかがでしょうか。

そんなミノキシジルタブレットを服用されている方の口コミを調べてみたところ、「髪の毛が増えました。まつ毛、眉毛、薄い産毛の体毛も濃くなります。」と、全身の毛が生えてくるようです。「分かってはいたのですが、やはり体毛まで濃くなってしまったため、途中で断念しました!ただ効果はやはり、あると思います」という声も見受けられます。

「ずっと使っています。明らかに使っていないよりも抜け毛が少なくなっています。特に副作用もみられていないので、今後も使い続ける予定です」という声や、「最初は抵抗がありましたが、服用してからはフサフサになり帽子とはおさらばしております、商品は凄く感謝しております。これからとずっと服用を続けたいと思っています。」と、リピーターになっている方もいますので、服用して効果を期待したいですね。 

oneclck.net

ミノキシジルタブレットとは

ミノキシジルタブレットとは、脱毛でお悩みの方、薄毛の気になる方、育毛ケアをお考えの方にふさわしい経口タイプの育毛剤です。男女兼用で服用が出来ますので、毛髪にお悩みの方は、ミノキシジルタブレットを服用して効果を期待していきましょう。

そんなミノキシジルタブレットは、英国での適応となっておりますので、日本国内では適応のない医薬品となっています。しかし、日本からもインターネットの個人輸入代行サイトのオオサカ堂を通して購入が可能となっています。オオサカ堂なら商品は香港からの発送となりますが、全国無料で購入が出来ますので、日本のインターネットショッピングサイトを利用している感覚で購入が出来ますし、気になる価格はミノキシジルタブレット2.5mgが1本100錠入りで3,400円、2本5,050円、3本7,000円となりますので、長期的にミノキシジルタブレットを服用したいと思われている方は、より医薬品を安価に購入が出来ますのでおすすめです。オオサカ堂ならメーカー正規品保証がついておりますので、偽物や類似品が届く心配もありませんので、安心して利用が出来るでしょう。  

oneclck.net

ミノキシジルタブレットの成分

ミノキシジルタブレットとは、ミノキシジルを有効成分とする経口用の医薬品となっています。服用すると血流が改善されて、育毛効果を発揮しますので、高い効果を期待出来る医薬品なのではないでしょうか。

そんなミノキシジルタブレットの成分となるミノキシジルは耳にしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。元来、高血圧症の治療向けに血圧降下剤として開発されました。血管を拡張させる作用により、毛髪の再生および男性型脱毛症(AGA)に効果があったため、育毛剤として応用されるようになった経緯がありますので、ミノキシジルタブレットを服用して血管を拡張して血流を増加させていきましょう。

毛髪再生に必要な栄養素を届けて、毛髪の成長を促していきましょう。そんなミノキシジルタブレットは日本国内では適応のない医薬品となりますが、日本からもインターネットの個人輸入代行サイトのオオサカ堂を通して購入が可能となっています。オオサカ堂なら商品は香港からの発送となりますが、全国無料で購入が出来ます。始めて利用される方も安心して購入が出来るでしょう。  

oneclck.net

 ミノキシジルタブレットの使い方

ミノキシジルタブレットとは、ミノキシジルを有効成分とする経口用の医薬品となっています。血管拡張作用があり、これによって血流が改善され、育毛効果を発揮しますので、ミノキシジルタブレットを服用して育毛に効果を期待したいという方にもおすすめとなっています。そんなミノキシジルタブレットの使い方としては、ミノキシジルタブレット2.5㎎が1日2錠から開始することを推奨しています。必要に応じて1日8錠まで増量が出来るのですが、日本国内では適応のない医薬品となりますので、服用される前には必ず、医師や薬剤師に相談の上、服用をされるようにしましょう。

日本からもインターネットの個人輸入代行サイトのオオサカ堂を通して購入が可能となりますので、オオサカ堂なら商品はミノキシジルタブレット2.5mgが1本100錠入りで3,400円、2本5,050円、3本7,000円となり、まとめ買いをするとよりお得です。初めて海外から医薬品を購入される方も、オオサカ堂なら商品は香港からの発送となりますが、全国無料で購入が出来ますので安心して利用が出来るのではないでしょうか。

oneclck.net

ミノキシジルタブレットの効果

ミノキシジルタブレットとは、高血圧症に効果を期待出来る治療薬となっています。血管拡張作用があり、これによって血流が改善され、育毛効果を発揮しますので、頭皮にお悩みを抱えているという方も、ミノキシジルタブレットを服用して効果を期待されてみてはいかがでしょうか。

英国での対応となりますので、日本国内では適応のない医薬品となるのですが、日本からもインターネットの個人輸入代行サイトのオオサカ堂を通して購入が可能となっています。オオサカ堂なら商品は香港からの発送となりますが、全国無料で購入が出来ます。そんなミノキシジルタブレット2.5mgが1本100錠入りで3,400円、2本5,050円、3本7,000円で購入が出来ます。まとめ買いをするとよりお得ではないでしょうか。初めて海外から医薬品を購入されるという方も、お得に購入が出来るのなら安心して利用が出来ますね。

また、オオサカ堂は20年以上の歴史ある個人輸入代行サイトとなっておりますので、安心と信頼の個人輸入代行サイトとなっておりますので、初めての方も利用しやすいのではないでしょうか。  

oneclck.net

ミノキシジルタブレットの副作用

ミノキシジルタブレットとは、有効成分にミノキシジルを含有している医薬品です。ミノキシジルには血管拡張作用がありますので、血流改善がされて育毛効果も発揮してくれます。その為、脱毛でお悩みの方、薄毛の気になる方、育毛ケアをお考えの方におすすめの医薬品となっているのです。

ミノキシジルタブレットを服用して悩みやコンプレックスとなっている頭皮の問題を解消していきたいですね。そんなミノキシジルタブレットには気になる副作用はあるのでしょうか。調べたところ、ミノキシジルタブレットにはめまい、動悸、胸痛、痒み、顔のむくみ、血圧低下、心拍数の増加、浮腫、催奇形性、白血球減少症、血小板減少症、吐き気、嘔吐、心膜腔液貯溜などの症状が現れる場合があります。

その為、万が一ミノキシジルタブレットを服用していてこれらの症状を感じた場合には、速やかに服用を中止して、医師の診察を受けるようにしましょう。また、初めて服用される方は、日本での適応がありませんので、必ず医師や薬剤師に相談の上、服用をされるようにしましょう。 

oneclck.net

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

育毛剤と発毛剤のAGA効果の比較

AGAに育毛剤の効果は薄いが、試してみる価値はあります。
発毛剤に関しては効果が見込めるが、副作用に注意してください。
というのが結論です。

AGAというものを誤解している方が多く、実際AGAだと思っていたけど違うという方も多くいます。
そのような方であれば、育毛剤で十分です。
自分の髪がAGAかどうかは、検査をすることでわかります。 

f:id:participantlink:20200101234430j:plain

クリニックに行けば、遺伝子を調べてもらい、検査を受けることができます。
自宅でも、検査キットを購入して、郵送すれば1か月ほどで検査結果がわかります。
育毛剤や発毛剤のどちらを使おうと迷っている方は、まずは検査することをおすすめします。 

AGAとは

AGAとは、Androgenetic Alopeciaという言葉の略語です。
エージーエーと呼ばれ、成人男性に恐れられている髪が薄くなっていく病気です。
日本語で略すと、男性型脱毛症と言われています。
髪が薄くなり、抜け毛が増えてこればAGAの可能性があります。
AGAを進行させてしまう成分に、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれるものがあります。

f:id:participantlink:20200101234608p:plain

この成分は、男性ホルモンのテストステロンに、5aリダクターゼという酵素が働き、作られています。
テストステロンは、もともと無害な男性ホルモンです。男性らしい筋肉や骨格を作ったり、性欲を高めてくれたり、やる気を出させてくれたりしてくれる大切なホルモンです。
ただ、加齢によってだんだん力が弱くなっていってしまい、本来の働きをしなくなってしまいます。
そこで登場するのが、5a-リダクターゼです。弱まったテストステロンと結びつき、より強い男性ホルモンの、ジヒドロテストステロンに進化させるのです。
薄毛やAGAの世界では、ジヒドロテストステロンは悪者扱いにされることが多いです。強力になってしまった男性ホルモンの影響で抜け毛や薄毛を促してしまうからです。
ただ本来の目的は、加齢によって減少してしまった男性ホルモンの働きを取り戻してくれているのです。 

AGAの原因は遺伝が多い

AGAの原因は遺伝的な部分が多いと言われています。

f:id:participantlink:20200101234906j:plain

テストステロンと5a-リダクターゼと結合によって生まれたDHTにより薄毛や抜け毛が進行していきます。
テストステロンやDHTはどんな男性でも一定の分泌量があります。
ただ、5a-リダクターゼの分泌量は人によって異なり、分泌量が多い人ほどDHTを作ってしまうのです。
この分泌量の多さが、遺伝によって左右されるのです。
遺伝的に分泌量が多いか少ないかというのは、検査キットで気軽に知ることができます。
母親の祖父がハゲていれば、自分もハゲてしまう可能性が高いようです。 

AGAに有効な成分

AGAに効果があると言われている成分にはミノキシジルとフィナステリドというものがあります。 

f:id:participantlink:20200101235009p:plain


ミノキシジルは、血管を拡張させて血行をよくする作用があり、萎縮してしまった毛包に栄養を多く届けることができます。
一度元気がなくなってしまった毛も、これにより復活するといった仕組みです。
ただ、薬の力で無理やり拡張していくので、動悸やめまいなどの副作用が報告されています。
フィナステリドは、ホルモンの生成に作用してくれます。
テストステロンと5a-リダクターゼが結びつくのを阻止する働きがあるのです。
そのため、強力な男性ホルモンDHTが生成されにくくなります。男性ホルモンの生成を抑制する働きがあるので、性欲減退や、勃起機能不全といった副作用が起こります。

有効な成分が入っているのは発毛剤

ミノキシジルやフィナステリドという成分は育毛剤には入っておらず、発毛剤に入っています。
薬局でも購入することができますが、この成分が入っている発毛剤は、第一類医薬品に分類されています。
第一類医薬品は、効果を見込めるが副作用の恐れがあるので、購入の際に薬剤師による書類による説明という物が義務付けられています。
料金も安いものでも5,000円くらいから。高いものであれば1万をこえる物もあります。
発毛剤は、使用を始めてから効果が表れるまで最低4か月かかると言われています。

育毛剤にも薄毛や抜け毛に働く成分というものが入っています。
センブリエキスやニンジンエキスは、血行を良くしてくれる成分で、丈夫な毛を育てる役割があります。
ビオチンや白薬子エキスは、毛母細胞を活性化させる成分で、抜け毛を予防したりする、発毛を促す効果が期待できます。
AGAの進行が初期の場合、薄くなってきた毛を改善できる可能性はあります。 

発毛剤をやめたらどうなるか

発毛剤は、基本的に使い続けないと効果は持続しません。

f:id:participantlink:20200101235445p:plain
やめてしまうと、せっかく生えてきた毛も弱くなり、抜け毛が進行していってしまいます。
特に注意したいのが、フィナステリドという成分が入っている場合の発毛剤です。
フィナステリドは、ホルモンが合体するのを止める作用があります。当然、発毛剤をやめてしまうと合体を阻止していたものが、止められなくなってしまいます。
使用をやめた途端に、DHTが増加してしまうでしょう。
ミノキシジルに関しても、薬の力で血流を良くしているだけなので、使用をやめることで流れは確実に悪くなってしまいます。

一方育毛剤の場合は、髪の頭皮を悪い状態から、環境をよくするために使用されます。
そのため、頭皮環境がある程度良くなった場合、発毛剤ほどの急激な変化はないでしょう。ただ、年月が経てば確実に弱まっていきますので継続的に使用していった方がいいです。 

発毛剤と育毛剤を併用について

発毛剤は髪を生やすもので、育毛剤は髪を育てるものです。
両方使えば、効果が増すのではないかと考える人も多いでしょう。
原則的には、併用はおすすめしません。理由としては髪に負担がかかりすぎてしまうからです。
ただでさえ作用が強い発毛剤に、育毛剤も使ってしまうと頭皮が荒れてしまう可能性が非常に高いのです。
ただ、病院によっては併用を促している所もあるのは事実です。
継続的に発毛剤を使っていたが、副作用やコストの面で長期間使うのが厳しくなってきた場合、育毛剤に切り替えるという事は良いかもしれません。
逆に育毛剤を使っていて、効果を感じられないという理由で発毛剤に切り替えるというのも良いでしょう。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

プロペシアとザガーロ

発毛剤のフィナステリドは3年の服用で78%の人に効果あり

フィナステリドは3年の服用で78%の人に効果を発揮してます。

フィナステリドとは、AGA(男性型脱毛症)に有効な治療薬として、日本を始め米国食品医薬局(FDA)の認可を受けている、世界60ヶ国以上で売られている「最強の発毛剤」のことです。

国内の臨床試験で、半年で48%、1年で58%、2年で68%、3年では78%もの対象者が髪が増えたと実感しているという研究結果が出ています。

日本では2005年にプロペシアという名称で販売が開始されました。

世界中で使用されているのがプロペシアです。 

プロペシア 

5α-還元酵素Ⅱ型阻害薬
プロペシアは2型の5α-リダクターゼを阻害することで、男性ホルモンであるテストステロンがAGA(男性型脱毛症)の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)へと変換されるのを防ぐ、国内初の内服用AGA治療薬です。

f:id:participantlink:20190531232332j:plain

f:id:participantlink:20190531232335j:plain

f:id:participantlink:20190531232338j:plain
主要有効成分:フィナステリド
効果範囲:5α-還元酵素Ⅱ型阻害
形状:錠剤
種類:0.2mg/1mg
主なジェネリックフィンペシア
添加物:結晶セルロース、乳糖水和物、部分アルファー化デンプン、デンプングリコール酸ナトリウム、ジオクチルソジウムスルホサクシネート、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、ヒドロキシプロピルセルロース、酸化チタン、タルク、三二酸化鉄、黄色三二酸化鉄、カルナウバロウ 

世界60か国以上で承認 

f:id:participantlink:20190531233426j:plain

米国食品医薬局(FDA)の認可を受け、現在では世界60か国以上で使われている最強の発毛剤です。

A評価成分

日本皮膚科学会で強く推奨されるA評価(最高ランク)を受けているのはフィナステリドとミノキシジルのみです。

前頭部と側頭部に効果的

頭頂部だけでなく、前頭部と側頭部などの生え際にも有効で、従来の育毛剤から抜きん出た効果を発揮します。

78%の効果

国内の臨床試験では、半年で48%、1年で58%、2年で68%、3年では78%と髪が増える人が経時的に増えていったことを確認できてます。

海外ではロゲイン(ミノキシジル)が人気で、日本ではフィナステリドが人気です。

日本人は「前頭部と側頭部」が薄い人が断然多いです。

頭頂部がうす毛になる原因である「肉(動物油)」をよく食べる欧米人は頭頂部の薄毛の人が多い為、頭頂部に非常に効果的なミノキシジルが人気です。

しかし、日本人は頭頂部よりも「前頭部と側頭部」が薄い人が断然多いと言われています。そして、その「前頭部と側頭部」に効果のある成分が『フィナステリド』なのです。

フィナステリドの副作用

フィナステリド錠の副作用としては、リビドー減退(性欲の減退)、勃起不全があります。

他にも細かい副作用など、およそ2%の確率で性機能の低下が報告されています。

しかし、これはフィナステリドが直接関与しているものと証明されておらず、単にフィナステリドを使用した時期に勃起不全の症状が出ただけとも言われています。

勃起不全(ED)は50代で40%の方に症状があると言われています。

プロペシアの使用は男性限定です。女性と小児には使用してはいけません。

フィナステリドはミノキシジルと組み合わせることでより効果を発揮

日本皮膚科学会の薄毛治療ガイドラインによると、「強く勧められる」と評価された治療法は、「フィナステリドの内服」と、「ディタステリドの内服」と「ミノキシジルの外用」です。

フィナステリドは単体だけでも効果が高い育毛剤なのですが、ミノキシジルと組み合わせることで、より高い育毛・発毛効果を見込めます。

これは、どちらの成分も同じ効果をもつのではなく、互いに違う効果(フィナステリドは脱毛を引き起こすホルモンの生成を邪魔し、ミノキシジルは発毛・育毛を促すために血流をよくする)を有するもので、併用使用することにより相乗効果をもたらす、と言われています。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

ハゲが治る発毛剤のザガーロとプロペシアはどう違うの?

プロペシアと同様にAGA(男性型脱毛症)治療薬として新たに注目を集めている新薬が、ザガーロです。

 

f:id:participantlink:20190509222201j:plain

 

ザガーロの主成分「デュタステリド」は、男性特有の病気であるBPH(前立腺肥大症)の治療薬としても効果を発揮する薬です。

BPH(前立腺肥大症)の治療薬としては、「アボルブ」という名前になり、泌尿器科などで処方されています。

AGA(男性型脱毛症)治療薬のザガーロは、元々は5α-還元酵素阻害薬(5αリダクターゼ)としてBPH(前立腺肥大症)の治療用に研究・開発されていました。

日本ではアボルブカプセル錠が2009年に承認されました。

5α-還元酵素阻害薬は、男性ホルモンの1種のDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑える効果がある薬です。

DHT(ジヒドロテストステロン) の生成を抑制することは、AGA(男性型脱毛症)にも効果が期待できると考え更に研究が進み、その結果としAGA(男性型脱毛症) 治療薬のザガーロが誕生し、2015年9月に承認されています。

 

 

AGA(男性型脱毛症)の治療薬ザガーロ 

f:id:participantlink:20190509222251j:plain


ザガーロは、「男性におけるAGA(男性型脱毛症)」を適応症として承認され、ザガーロカプセル0.1mgとザガーロカプセル0.5mgの2種類が承認されています。

ザガーロは1日に1回1錠を服用し、半年以上の長期間服用し続ける必要がある薬です。

基本は0.1mgを服用しますが、必要に応じて0.5mgを服用していきます。

半年間服用し続けた結果、男性型脱毛症の原因となる抜け毛に大きく関与している頭皮のDHT(ジヒドロテストステロン) の濃度が40~52%減少したデータがあります。

頭皮のジヒドロテストステロンの濃度が下がると、男性ホルモンによる強制的な抜け毛がなくなり、強くて太い本来の健康的な髪の毛が増えていきます。

5α-還元酵素阻害薬のザガーロ

f:id:participantlink:20190509222336p:plain


プロペシアもザガーロも、1日1回1錠ずつ服用します。

どちらの薬も5α-還元酵素阻害薬で、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を防ぎます。

プロペシアやザガーロを服用していくと、ヘアサイクルを正常に戻す事ができます。

 

f:id:participantlink:20190509222417j:plain


薬の効果で大きく違う点に、プロペシアの主成分フィナステリドは、5α-還元酵素2型の阻害薬であることに対して、ザガーロのデュタステリドは1型・2型両方共阻害します。

5α-還元酵素の1型と2型の比較

f:id:participantlink:20190509222446p:plain

5α-還元酵素1型

主に皮脂腺部分に多く存在する

5α-還元酵素2型

主に毛乳頭部分に多く存在する

 

この5α-還元酵素は人によって多い・少ないがあり、5α-還元酵素の活性を持つ遺伝子は優性遺伝することも分かっています。

これらの要因により、親が薄毛の場合、子どもも薄毛になりやすくなるのではと推測されています。

AGA(男性型脱毛症)の治療においては、毛髪に直結した部位に注目が集まりますが、上記の部位以外にも5α-還元酵素は、精巣や前立腺にも存在しています。

前立線の5α-還元酵素を阻害する結果、前立腺の肥大化を抑える効果が生まれてきます。

プロペシアとザガーロの副作用

 

f:id:participantlink:20190509222533p:plain


プロペシアとザガーロの主な副作用は、どちらもED(勃起不全)や性欲減退など、男性器に関連した症状が主な副作用となり、似たような症状となっています。

男性ホルモンは主に睾丸で生成されます。

この生成自体を抑える抗アンドロゲン剤と異なり、5α-還元酵素阻害薬は生成される男性ホルモン量は変わりませんが、より強力にパワーアップ(ジヒドロテストステロンに変換)されるのを防ぎます。

成長期の男児にDHT(ジヒドロテストステロン) が不足してしまうと、男性が男性らしい体つきに成長する事に大きく影響している男性ホルモンの力が弱まるため、生殖機能の成長に大きな悪影響が出ます。

そのため、成長期の子どもがザガーロなどの5α-還元酵素阻害薬を誤飲してしまうと、大きな問題になってしまいます。

プロペシアとザガーロの比較

 

f:id:participantlink:20190509222618p:plain

 

プロペシアの主成分フィナステリドは、5α-還元酵素2型の阻害薬として、AGA(男性型脱毛症)の治療で使われています。

ザガーロは1型と2型両方の5α-還元酵素を阻害します。

AGA(男性型脱毛症)治療においては、5α-還元酵素2型を主に阻害することで、頭頂部の抜け毛予防につながります。

特化型のプロペシアに対して万能型のザガーロとなり、どちらの薬もAGA(男性型脱毛症)治療においては効果的となっています。

ザガーロの主成分デュタステリドは、もともとはBPH(前立腺肥大症)の治療薬として開発されていた経緯もあって、AGA(男性型脱毛症)治療だけでなく、BPH(前立腺肥大症)の治療にも使わている点が大きく異なっています。

BPH(前立腺肥大症)の治療においては、前立腺で男性ホルモンがDHT(ジヒドロテストステロン) へと変換されることを防ぐため、50代で30%、60代で60%とも言われる男性なら極めて高確率で罹患するBPH(前立腺肥大症)のものを治療し、前立腺の肥大化を防ぐだけでなく長期間の服用で徐々に小さくしてくれます。

デュタステリドのBPH(前立腺肥大症)への効果

f:id:participantlink:20190509222655p:plain

ザガーロの主成分デュタステリドには、加齢とともに肥大化していく前立腺を縮める効果があります。

同じ5α還元酵素阻害薬のプロペシアにも同じ様な効果があるのではと言われていますが、2018年の時点では厚生労働省に適応症として認められていません。

日本泌尿器科学会においても、プロペシアの主成分フィナステリドを処方する場合は、適応症外のため保険適用外となっています。

デュタステリドは、中度~重度のBPH(前立腺肥大症)患者に、強く処方を勧められる薬となります。

この適応症の差が、フィナステリド(プロペシア)とデュタステリド(ザガーロ)の大きな違いと言えます。

ちなみにデュタステリドがBPH(前立腺肥大症)の治療薬として処方される場合は、日本国内では「アボルブ」という名前で販売されています。アメリカやイギリスなど欧米では「アボダート」という名前で流通しており、どちらも同じ薬です。

アボルブや欧米版のアボダートも、ザガーロと同じ1錠にデュタステリドが0.5mgもしくは0.1mg分が含まれているため、AGA(男性型脱毛症)治療でザガーロを服用している方は、長期間服用し続けていけば、将来的な前立腺肥大症のリスクも同時に軽減することができるのです。そのため、40代以降でAGA(男性型脱毛症)治療を検討している方は、長期間の服用で前立腺肥大症のリスクも軽減できるため、ザガーロの方がオススメと言えます。

また既に前立腺肥大化の治療でアボルブを服用している方は、AGA(男性型脱毛症)治療の効果も期待できるのです。

フィナステリドの可能性 

プロペシアの主成分フィナステリドは、BPH(前立腺肥大症)への治療効果について明確な研究結果が示されてはいないため、現時点では何とも言えないのが実情です。

しかし、ザガーロと同じ5α還元酵素阻害薬であることに変わりらはないため、薬を服用していない方よりは、少なからずの好影響を与えているのではと推測できます。

事実、海外ではBPH(前立腺肥大症)の治療薬としてプロペシアの主成分フィナステリドが承認されている国もあります。

プロペシアをBPH(前立腺肥大症)の治療目的で服用するのは、日本国内では適切な治療方法ではありませんが、AGA(男性型脱毛症) 治療目的で服用している方には、BPH(前立腺肥大症)への好影響も同時に受けれることができ、一石二鳥となります。

ザガーロとプロペシアの比較

f:id:participantlink:20190509222732j:plainプロペシアはAGA(男性型脱毛症) 治療でのみ承認されている

ザガーロはAGA(男性型脱毛症) 治療薬とBPH(前立腺肥大症)の治療薬としての効果も承認されている

アボダート 

 

oneclck.net

日本国内では、主成分デュタステリドの薬が、ザガーロにアボルブと2種類ありますが、海外ではアボダートのみです。どれも名前が異なるだけで、同じ薬です。

事実韓国では、AGA(男性型脱毛症)治療薬アボダート(AVODART)として日本よりも早く2009年に承認されています。

イギリスやアメリカでは、BPH(前立腺肥大症)に関した治療でのみ承認されています。

つまり、ザガーロもアボルブも名前が異なるためややこしいですが、日本国内においては保険適用の有無くらいしか違いがなく、同じ薬という認識で問題ありません。

アボダートをまとめ買いでお得 

ザガーロは医薬品の通販サイトではアボダート(アボルブ)という名称で販売されています。

この名称は、BPH(前立腺肥大症)の治療薬の名前ですが、主成分も含有量も全く同じとなるため、AGA(男性型脱毛症)治療薬ザガーロとして服用しても全く問題ありません。

医薬品の通販サイトで販売されているアボダートは、まとめ買いで安く購入できます。

プロペシアと同様に、ザガーロ(アボダート)も長期間の服用し続けないと、AGA(男性型脱毛症)治療にはつながりません。

本気でAGA(男性型脱毛症)治療を検討しているのであれば、まとめ買いによる購入が経済的です。

最低でも半年間は毎日継続して薬を服用していきましょう。

効果のあらわれ方もプロペシアと同様で、初期脱毛によって髪の毛の育毛サイクルを一度リセットさせてから、新たな活力を秘めた力強い髪の毛へと生え変わっていきます。

アボダート個人輸入 

f:id:participantlink:20190509222825g:plain



ザガーロは日本国内では処方箋薬のため、医師の診察を受けないと購入できません。

しかし、ザガーロと同成分のアボダートであれば医薬品の通販サイトの利用で、手軽に安価でネットから注文できます。

個人輸入は一見難しそうに感じられますが、個人輸入代行サイトのオオサカ堂を利用すればとても簡単にフィンペシアを購入できます。

個人輸入代行サイトは購入者と薬の販売元を結んでくれる存在です。

言語の壁や複雑な手続きを取り払ってくれるため、一般的な通販と同じ感覚で欲しい商品を選ぶだけで購入可能です。

 

1、買い物カゴへ入れる
2、購入画面へ
3、フルネーム・住所・電話番号・性別などを入力
4、購入決定し、支払い方法を選択
5、決済したら発送通知を待つ
6、商品が自宅に届く

 

このようにごくシンプルな手順で購入可能です。

ひとつ気をつけておきたいのが、商品は海外から発送されるということです。

手元に届くまでに約5~10日 かかるので、薬の服用ペースを確かめたうえでゆとりを持って注文する必要があります。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

髪の毛が薄くなる食べ物ワースト10

髪の毛が薄くなる食べ物があります。
今回は、髪の毛や頭皮に悪い影響を与えてしまう食べ物を見ていきます。
下記がハゲる食べ物ワースト10 になります。 

1位 ラーメン

f:id:participantlink:20190422235904j:plain

大量の脂肪分が1番の原因です。
脂質だけでなく塩分やカロリーも非常に高い食べ物になります。
血行を鈍らせ皮脂を過剰分泌させるラーメンはハゲる食べ物ナンバー1です。

2位 スナック菓子

f:id:participantlink:20190422235945j:plain

塩分の高い食べ物は、血中塩分濃度を下げるために心臓へ負担がかかり血行不良を招きます。
血行不良はハゲにとっての大敵なので、血行を鈍らせる食べ物はハゲを進行させます。
さらに大量の添加物と脂質が合わさり最悪です。

3位 コンビニの食品

f:id:participantlink:20190423000009j:plain

コンビニは手軽で便利ですが、お弁当、おにぎり、パンなどコンビニの食品には、大量の防腐剤や添加物が含まれています。

4位 ファーストフード

f:id:participantlink:20190423000033j:plain

ハンバーガーやフライドポテトは脂質や塩分も多く含まれているヘゲる食べ物です。
生産性とコストを重視したファーストフード店の食べ物には、大量の添加物が含まれてます。 

5位 インスタント食品

f:id:participantlink:20190423000102j:plain

カップ麺やカップスープは食品添加物の多い食べ物です。
添加物はハゲる食べ物の定番です。
健康を害するだけでなく、酷い血行不良を招きます。

6位 お酒

f:id:participantlink:20190423000128j:plain

お酒を飲むと、アルコールを分解する役目を担う肝臓に負担がかかります。
肝臓は髪の毛の主成分となるたんぱく質の合成を行う器官でもあります。
アルコールの分解に精一杯になり、タンパク質の合成が鈍ってしまいます。

7位 肉の脂身

f:id:participantlink:20190423000156j:plain

脂身の多い肉はハゲる食べ物なので避けるのが懸命です。
特に肉の脂身は動物性脂肪になるので、植物油よりもハゲるリスクの高い食べ物です。

8位 コーラ

f:id:participantlink:20190423000217j:plain

コーラに含まれているリンは、薄毛・抜け毛の原因になる成分です。
一般的には350mlの飲料水の中にはリンが10mg前後含まれていると言われていますが、コーラの場合はなんと40~70mgも含まれており、非常に多量のリンを含んだ飲料水です。
また、甘味をつけるために使用されているのが、ショ糖と言う糖分です。
ショ糖を分解するために大量のビタミンB2・ミネラルが消費され、髪の毛に栄養が回らなくなってしまいます。
ビタミンB2が大量に消費されると皮脂が過剰に分泌され、毛穴が塞がってしまい毛髪が育たない環境が出来てしまいダブルパンチとなります。

9位 甘い食べ物

f:id:participantlink:20190423000250j:plain

甘いものといえば、ケーキやアイスクリーム、チョコレートなどが最初に思いつくのではないでしょうか。
高脂肪で高コレステロールのものは髪に悪影響を及ぼします。

10位 コーヒー

f:id:participantlink:20190423000320j:plain

コーヒーに含まれるタンニンには、亜鉛の吸収を妨害する働きがあります。
亜鉛は髪に必要な栄養素です。
まあ、カフェインにより睡眠障害や意を荒らしてしまう事で消化機能や吸収能力が低下してしまい、必要な栄養も十分に吸収できず弱った髪の毛を作る原因になります。

上記が髪に悪い食べ物ですので、ハゲ克服するには控えた方が良いです。
逆に髪に良い食べ物には下記の通りです。

髪に良い食べ物

f:id:participantlink:20190520154405p:plain


・髪の基本成分のケラチンのもとになる上質アミノ酸を含むタンパク質が多い食品

肉、魚、卵、大豆製品、牛乳、乳製品、カキ

甲状腺の働きを助け、髪の発育を促進するヨードを多く含む食品

わかめ、昆布、ひじきなどの海藻類

・血行をよくして抜け毛を防ぐビタミンE、Aを多く含む食品

にんじん、かぼちゃ、小松菜、ほうれん草などの緑黄色野菜、玄米、胚芽米、小麦胚芽油、ごま、ナッツ類、紅花油

・ビタミン、特にA、C、E、Fなどを多く含む食品

レモン、オレンジ、キンカンさくらんぼ、いちごなどの柑橘類

・血液の凝固力を下げコレステロールを防ぐエイコサペンタエン酸を多く含む食品

いわし、ぶり、さばなどの背の青い魚

・頭皮の新陳代謝を促進するビタミンBを多く含む食品

玄米、小麦胚芽油、豚肉の赤身、レバー、マグロ

・髪のツヤや張りをよくするコラーゲンを多く含む食品

長いも、れんこん、納豆

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

生え際の発毛させる発毛剤はミノタブが効果的

自分の顔は毎日鏡で見ているので、ちょっとした変化には気づきづらいです。

生え際の後退にはできるだけ早い対処が重要ですので、生え際の変化にいち早く気づくことが必要なのです。

 

f:id:participantlink:20200105184101j:plain

頭皮からのSOS!生え際後退のサイン

・髪を洗うときの抜け毛が増える
・前髪から見えるおでこの面積が広くなった
・髪のボリュームがなくなり、髪が細くなってきた
・生え際の産毛が増えた

生え際の後退は、髪が完全に育たなかったり、髪が弱くなったりしてしまうことによって起こります。

ヤバい生え際のサインに気がつかず、他人の視線で気がつくようではもはや手遅れになります。

何だか前髪に元気がないと感じたり、前髪が少ないと感じたときは、間髪を入れずに生え際対策をスタートしましょう。

生活習慣見直しでハゲるのを止める方法

髪のお悩みには遺伝が強く関わっていると言われていますが、実は遺伝よりも生活習慣が原因となっていることが多いのです。

生活習慣を少し見直すだけで髪のお悩みが解消されたらと思うはずです。

そこで、生え際の後退を食い止めるための生活習慣についてご紹介します。

生え際の後退を食い止めるための生活習慣

・禁煙する
・睡眠のリズムを整える
・お酒の量を最盛期の半分に減らす
・スナック菓子や脂っこい食べ物を断つ
・趣味や遊びでストレスを解消する

ストレスや血行不良がそもそもの生え際の後退の原因となるため、生活習慣の見直しとストレスを溜めないことが肝心です。

さらに運動不足も血行不良の原因ですので、定期的な運動習慣も持つようにしましょう。

頭皮ケアで髪が育つ素地を作る方法

生え際の後退を食い止めるには、髪が生えてくる素地を十分にケアする必要があります。

頭皮ケアというと特別なものが必要なように思われがちですが、家にもあるものを使って簡単に頭皮ケアをすることができます。

そこで、自宅で簡単にできる頭皮ケアについてご紹介します。

シャンプー前にできる頭皮ケア

 ①頭皮マッサージ
指の腹やブラシで頭皮を下から上に3分間マッサージすることで、頭皮の血行を良くします。

②頭皮クレンジング
シャンプー前にオリーブオイルを使って頭皮をマッサージすることで、毛穴の汚れを浮き上がらせることができます。

③炭酸水で頭皮を予洗い
オリーブオイルを炭酸水でしっかり洗い流す予洗いを行えば、毛穴から出た汚れを落とすことができます。

①②③と順番に実践していただくのがベストですが、③炭酸水で予洗いは本当におススメです。

炭酸水は通販で安く手に入りますし、炭酸水を作れるガスチャージ型の商品もあります。

炭酸水を食事前に飲めば、お腹が膨れて食事の量を減らすこともできるので、ダイエット効果もあります。

頭皮ケア+ダイエット効果の一挙両得を狙えますので、ぜひ試してみてください。 

 入浴後に実践!発毛を促すツボ押し方法

ツボ押しには様々な効果があり、発毛に効果があるツボもあるのです。ツボ押しならどこでもできますし、簡単に取り入れやすいです。

そこで、発毛を促すツボをご紹介します!


発毛を促すツボ

・百会
頭頂部の中央にあるツボです。

・あ門
うなじの中央、生え際から2cmほど上にあるツボです。

・角孫
耳の上の生え際にあるツボです。

ツボの押し方は『10秒間押して、5秒間休む』の15秒1セットをツボごとに1分間ずつ行いましょう。

育毛剤の力を借りて髪に喝を入れる方法

生え際の後退に直接的に対処するには育毛剤は欠かせませんが、様々な育毛剤があるので選ぶのも大変です。

実は、自分に合った育毛剤を選ばなければ髪のお悩みに対する効果は薄くなってしまうのです。

そこで、正しい育毛剤の選び方をご紹介します。

育毛剤

 ・自分の症状や原因に合った育毛剤を選ぶ
症状や原因によって様々な育毛剤があります。
男性ホルモンが原因のお悩みなら男性ホルモンを抑制するタイプなど、お悩みに合わせて育毛剤を選びましょう。

・長く続けられる価格のものを選ぶ
育毛剤は続けることで効果を発揮するので、価格が高すぎないものを選びましょう。

・安全性を確認する
頭皮に直接つけるものですので、危険なものや刺激の強いものが含まれていないか確認しましょう。

育毛剤は続けることが重要ですので、価格や安全性にも注意することが必要です。お悩みに合った育毛剤を選んで、生え際の後退に直接対処しましょう!

頭頂部が薄くなるのと違い、生え際の後退は前髪を伸ばせば誤魔化せますが、何の対策をしないと誤魔化せる前髪自体は生えてこなくなります。

 

oneclck.net

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

ザガーロのジェネリックであるアボダートで薄毛治療する方法

ザガーロのジェネリックであるアボダートで薄毛治療する方法について見ていきます。

 

 

アボダートの効果

f:id:participantlink:20190423215655j:plain

アボダートの有効成分デュタステリドが生え際や前頭部頭頂部の抜け毛を予防し手、薄毛の進行を食い止めてくれます。
アボダートは「Ⅰ型」及び「Ⅱ型」の5α還元酵素(リダクターゼ)を阻害することができるため、「Ⅱ型」の5α還元酵素を阻害するプロペシア(フィナステリド)以上の脱毛抑制・発毛効果があると期待されています。
男性型脱毛症(AGA)は、思春期以降に発症し徐々に進行する男性に多く見られる脱毛の症状です。
初期症状としては額の生え際(前頭部)や頭頂部の毛髪が細く短くなり、次第に額の生え際が後退したり頭頂部の毛髪がなくなります。
この男性型脱毛症(AGA)にはジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンが関与しています。
そしてジヒドロテストステロン(DHT)の生成には5α還元酵素(Ⅰ型、Ⅱ型)が作用していますが、今回の新薬アボダートには、Ⅰ型及びⅡ型の5α還元酵素が作用することを阻害する働きがあります。
すでに臨床試験において、毛髪数の増加(発毛の評価指標として設定)、硬毛数及び毛髪の太さの増加(育毛の評価指標として設定)といった効果・効能が確認されており、これによって男性型脱毛症の治療薬として厚生労働省に認可されました。
また海外の臨床試験では、アボダート(デュタステリド)0.5mgとフィナステリド5㎎(※プロペシア1mgの5倍量)を半年間服用するという比較試験にて、アボダート服用群の発毛量が30%ほど多かったという報告があります。
なおMSD社のプロペシア錠やファイザー社のフィナステリド錠の効果・効能欄には、「男性における男性型脱毛症の進行遅延」という記載がされているのに対して、アボダートは「男性における男性型脱毛症」と記載されています。
進行遅延だけではなく発毛・育毛効果も認められているためこのような記載になっている点も特長です。

アボダートの成分

f:id:participantlink:20190423215741p:plain

アボダートはデュタステリドを有効成分としています。 プロペシア(フィナステリド)は「Ⅱ型」の5α還元酵素を阻害し脱毛・薄毛を抑制しますが、アボダートの有効成分であるデュタステリドは「Ⅰ型」及び「Ⅱ型」の5α還元酵素を阻害することができます。
男性型脱毛症(AGA)には、男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)が関与しています。
通常のヘアサイクルは6年程度ですが、ジヒドロテストステロン(DHT)が多く存在する部分は毛の成長が阻害されるためヘアサイクルが乱れ、細く薄い毛となり1年弱で抜けてしまいます。
この脱毛の原因であるジヒドロテストステロン(DHT)は5α還元酵素の働きによって活性化されるのですが、アボダートは「Ⅰ型」及び「Ⅱ型」の5α還元酵素を阻害するため抜け毛・薄毛の原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の濃度を下げることができます。
さらにアボダートはジヒドロテストステロン(DHT)レセプター(受容体)への占有率が高いためより強い脱毛抑制、発毛効果が期待できます。

アボダートプロペシアとの違い

f:id:participantlink:20190423215820j:plain

アボダートの主成分である「デュタステリド」はプロペシアの主成分である「フィナステリド」と同じく、5α-還元酵素阻害薬に分類されますので、同様の作用機序となります。
フィナステリドは上記の5α-還元酵素のⅡ型のみを阻害するのに対して、アボダートの主成分であるデュタステリドはⅡ型に加えてⅠ型をも阻害します。
よってⅡ型のみを阻害するフィナステリドよりも、Ⅰ型とⅡ型の両方を阻害するデュタステリドのほうが発毛効果はより高いと考えられており、臨床試験において、アボダート0.5mg の24週間の内服は、フィナステリド1mgの同様の内服に比べて発毛効果が約1.6倍である、とするデータがあります。

アボダートの歴史

f:id:participantlink:20190423215851p:plain

AGA治療薬の新薬として新たに認可されたアボダートですが、この主成分であるデュタステリドは、アボダートとして発売される以前から、前立腺肥大症の治療薬(5α-還元酵素阻害薬)アボルブとして発売されていました。
前立腺肥大症とは、前立腺が肥大することによって、尿のきれが悪かったり残尿感が残ってしまったりする病気です。前立腺の肥大は男性ホルモンと大きな関係があり、男性ホルモンが前立腺に作用することにより前立腺が肥大していき、前立腺肥大症が発症してきます。
この前立腺肥大にかかわる男性ホルモンがテストステロンであり、このテストステロンが5α-還元酵素とよばれる酵素によってジヒドロテストステロン(DHT)という物質に変換され、効率的に前立腺を肥大させることによって前立腺肥大症が発症します。そこで5α-還元酵素の働きを阻害するデュタステリド(アボルブ)を服用することにより、DHTの産生を抑制し前立腺が肥大するのを抑えます。
このように、前立腺肥大症の治療薬としてすでに認可が下りていたアボルブですが、その副作用として増毛効果があることは以前から注目されていました。前立腺肥大症の原因とされているDHTが、AGAの発生の要因でもあるからです。
ではいまでなぜ、AGAの治療薬としての申請がされていなかったかというと、成分や効能が近いフィナステリド(プロペシア)がAGA治療薬として先に認可を受けたことで、商業的に成功が期待できないと判断されて申請を途中棄権したのが理由のようです。

アボダートの期待される発毛の変化

アボダートの主成分のデュタステリドという成分は、プロペシアの主成分フィナステリドと同様に、AGAの原因である5α-還元酵素を阻害し、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質の生成を抑える効果をもちます。
この5α-還元酵素を阻害する作用はフィナステリドと同様ですが、5α-還元酵素にはⅠ型とⅡ型の2種類がありフィナステリドがⅠ型の5α-還元酵素のみを阻害するのに対し、デュタステリドはⅠ型とⅡ型の5α-還元酵素の両方を阻害する効果を持っていて、AGA治療において、フィナステリドの1.5倍の脱毛を抑制する効果があるといわれています。
また、デュタステリドは半減期(薬品成分が血液に溶け込む濃度が半分になるまでの時間)が大変長く、2週間ほどあると公式に発表されているのに対し、フィナステリドの半減期は約6~8時間と発表されていて、このため継続的に服用することでデュタステリドは血中濃度のDHT抑制濃度がフィナステリドよりも、より一定に保たれるので、このこともデュタステリドとフィナステリドの効果の差になっていると考えられます。

 

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

AGAクリニックの費用は治療内容で変わる

薄毛が病院の治療で治ると知って、通院してみようと思っているけど、実際に必要な料金や期間が分からず、一歩踏み出せない男性って意外と多いのではないでしょうか。
そこで今回は、AGAの治療法ごとの費用、薬価格や施術料金を徹底解説!さらにAGAを治療してくれるおすすめ専門クリニックもご紹介するので、最後まで要チェックです。

 

f:id:participantlink:20200210214413j:plain

 

AGAの費用は治療内容で変わる

AGAの治療費用の相場は1ヶ月5,000円〜が相場になります。金額の上限がないのは、どのAGA治療を行うかで費用が変わってくるためです。
実はAGAの治療方法は大きく分けて4種類あります。ここではまず各治療方法の内容と必要な費用、治療期間を解説してきます。治療料金と期間を照らし合わせながら、選ぶときの参考にしてみてくださいね。
ただし、それぞれ効果やリスクは異なるため今回はあくまで目安。最終的な決定は専門医とのカウンセリングで相談してから決めるようにしましょう。

AGAクリニックでできる治療方法とその費用1. 投薬治療(内服薬)

一番ベーシックな薄毛の治療法の投薬治療は、内服薬の処方によって薄毛改善を目指すものです。
内服薬にはさらに2種類あり、抜け毛を防ぐフィナステリドと発毛促進が期待できるミノキシジルに分けられます。
薬を飲むだけでいいので、お手軽にAGA治療を始められます。初めて薄毛治療に取り組む方におすすめですね。
一般的な皮膚科では、抜け毛防止の薬しか処方してくれない医院が多いので、発毛まで治療をしたいなら、AGAを専門にしているクリニックを選ぶのが得策です。

投薬治療費用の相場は「5,000〜20,000円/月」
飲み薬の代金は固定されておらず各院で変わりますが、フィナステリドの費用相場が「7,000円前後」、ミノキシジルが「12,000円前後」。
加えて、ジェネリック薬の「デュタステリド」を処方してくれたり、フィナステリドだけだったり、の場合など病院によって処方内容が変わるので、5,000〜20,000円/月」 と幅が出てしまいます。
費用面はクリニックで相談できるので、カウンセリングを活用して尋ねてみてください。

投薬治療の期間は「4ヶ月〜1年」が一般的

内服薬を使ったAGA治療で薄毛改善が見え始めるのは大体4ヶ月から1年。少なくとも4ヶ月は治療を継続するので、治療を行う期間分を計算して金額を確認しましょう。
なお発毛が期待できるミノキシジルを服用すると、毛が生え変わる“初期脱毛”と呼ばれる期間があり、一時的に抜け毛が増えることがあります。その経過を経て頭皮が改善されていくので時間はかかってしまいます。
頭皮状況、内服薬の副作用など不安な点は医師に相談しましょう。

服用を止めてしまうとAGAがまた進行するので、医師に相談しながら調整しましょう。
一般的に、服薬を減らしていく段階には、2パターンあります。副作用が気になった、満足できるほどに毛が生えてきた、のどちらかです。
医師との相談が必要ですが、最初にサプリメントなどの栄養補助を止め、次に満足できる毛量にまで達したら発毛促進のミノキシジルを止めるという流れです。
最終的には、十分に生えた毛を抜けないようにフィナステリドだけを服用していれば、毛量は維持できるので、医師に相談しながら、服薬の種類や量を調整していきましょう。

AGAクリニックでできる治療方法とその費用2. 頭皮への塗布治療(外用薬)

内服薬でも紹介したミノキシジルを、直接頭皮に塗る治療法もあります。塗布薬は国内で認められた一般的なもの。薬剤師がいるドラッグストアでも購入可能。
安い価格でお手軽に購入できますが、髪の毛や皮脂、汚れなどに阻まれ、頭皮まできちんと有効成分が届かない可能性も含んでいます。
育毛剤として薬局でも購入できるところもあるので内服薬と同じくらい始めやすい薄毛治療法です。

塗布治療費用の相場 「7,000〜15,000円/月」
外用薬・塗布薬の場合は、クリニックや処方量によって価格が大きく変わりますが、大体1万円前後。
内服薬のほうが直接体内に取り込む分効果が期待できるので、外用薬は取り入れずに、内服薬だけで治療を行う方も多いとのこと。

塗布治療の期間は「半年〜1年」
外用薬による塗布治療は、有効成分がうまく頭皮に届きにくいこともあるため、内服薬よりも期間は長め。ただし体内に取り入れない分副作用のリスクが低くなっているので、気長に薄毛治療を行いたい男性にはおすすめです。

AGAクリニックでできる治療方法とその費用3. 注入治療

医師による施術を伴うAGAの治療法なのが、有効成分を注射で直接頭皮に注入する治療です。ここにはメソセラピーやHARG療法も含まれます。
メソセラピー・・・ミノキシジルやフィナステリド、ヒアルロン酸などの成長因子が配合された薬剤を注入するもの
HARG療法・・・脂肪幹細胞から抽出した毛髪の成長因子であるたんぱく質AAPEを中心にビタミンやアミノ酸などの髪の毛の栄養になる成分が配合された薬剤を注入するもの
という違いがあり、内服薬や外用薬の補助的な立ち位置の薄毛治療になります。どちらも医師による施術が必要なので、治療を受けるなら豊富な知識を持っているAGA専門のクリニックがベストです。

注入治療費用の相場は「10,000〜100,000円/回」
注入治療は、一回ごとの金額で設定されています。一回ごとの金額を提示しているクリニックもあれば、複数回セットの金額(3回で〇〇円など)の場合もあります。
安くても数万円かかる治療方法になるので、いきなり治療に踏み切らずに、薄毛の進行度合いを見て、検討しましょう。カウンセリングの際に相談してみてください。1回で良いのか、複数回の施術が必要なのかは、医師と相談してから決めるのが望ましいです。

AGAクリニックでできる治療方法とその費用4. 自毛植毛治療

自毛植毛は外科的治療を伴う医療行為。比較的薄毛になりにくい後頭部や側頭部から、自分の毛を細胞ごと移植する手術方法です。気になる部分だけ毛髪を増やしたい、自然な仕上がりが良いという男性におすすめです。
ただし、毛根が残っていない頭皮で、薬による回復が厳しい状態に行われる最終手段的な立ち位置となっています。リスクもAGA治療の中では高い方なので、必ず医師との相談、カウンセリングを行ってからにしてください。

自毛植毛治療費用の相場「1,000〜2,000円/グラフト(毛穴)」
自毛植毛の料金はグラフト単位で加算されますが、必要なだけ移植するので、トータルで数十万から数百万円かかります。
それに加えて、基本料金なども設定しているクリニックもあるので、費用はAGAの治療法の中で最も高額。本当に最後の最後、最終手段として検討をおすすめします。

AGA治療は保険適用外の「自由診療」でクリニックごとに費用が違う

ここまで料金プランや費用を見てもらって分かるように、AGA治療は美容整形などと同じ保険適用外の自由診療扱いなので全額実費負担になります。
AGA専門のクリニックでも一般的な皮膚科でも、例外なく全額実費負担です。
また、処方される薬や施術内容が同じでも、クリニックごとに薬の値段や施術費用、治療回数は異なります。
必ずAGA治療に必要な金額を比較して、適正価格かどうかを確認することが大切です。

結局、AGAの費用は年間でいくらになるの?

これまでそれぞれの治療ごとの費用を見てきた通り、治療の内容や期間で費用は変わります。
ですが一般的な内服薬治療を行った場合、年間費用で12万円〜24万円程度、1ヶ月あたり1万円〜2万円と想定できます。(内服薬治療(フィナステリド、ミノキシジル)を行った場合の想定)。病院によってはここに、初診料や再診料などの診察費が加わるところも(無料のクリニックもあります)。
ただし治療法やクリニック、ジェネリック医薬品によっても金額は変わりますので、必ず医師と相談をした上で治療するかどうかを決めましょう。

【料金での比較方法】費用対効果が高いAGAクリニックの見つけ方

保険適用外のAGAの治療は高額に気をつけて治療しないと高額になりがちです。クリニックごとに費用が変わってくるAGAの治療ですが、なるべく効果的で納得できる治療メニューを見つけたいですよね。
そこでここからは、費用を抑えながら効果的な治療に取り組めるAGA病院を見つけるための選び方をご紹介。
費用満足度が高いクリニックを見つけるために注目すべき点は2つ。コスパが良いクリニックを見つけるための参考にしてみてください。

費用で比較する方法1. ジェネリック医薬品の有無を確認、金額を比較する

ジェネリック医薬品とは、新薬(先発医薬品)と同じ有効成分ですが、品質や効き目、安全性が同等な薬を指します。価格は安いですが厚生労働大臣の承認を受け、国の基準、法律に基づき製造・販売している薬です。
AGAの薬では、抜け毛を防ぐフィナステリド(プロペシア)のジェネリックフィンペシア、フィナロなど)はありますが、発毛促進効果が期待できるミノキシジルジェネリックはありません。
薬の価格で費用を抑えるなら、フィナステリドのジェネリック薬の有無を確認しましょう。

費用で比較する方法2. 初診料やカウンセリング料が無料のクリニックを選ぶ

AGAクリニックには、初診料やカウンセリング料金が無料のクリニックがあります。一般的な皮膚科でも内服薬の処方は受けられますが、初診料が発生してカウンセリングが無い病院もあります。その場合の初診料は3,000円〜5,000円くらいです。
AGA治療の専門病院なら、知識と実績が豊富なドクターからのアドバイスを無料で受けられたり、カウンセリングを通じて実際の頭皮状態を確認できます。初期費用を抑えて専門家の意見も聞けるのでおすすめ。
AGAを専門に治療している病院で、カウンセリングと初診料が無料のクリニックを比較して選びましょう。

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

ミノキシジルタブレットの効果と期間

ミノキシジルタブレットの効果を実感できるまでには最低4~6ヶ月ほどかかるといわれています。

早い方では2~3ヶ月で効果を実感する方もいますが、 髪の毛にはヘアサイクルがあるため最低でも半年間は服用するよう推奨されています。

 

f:id:participantlink:20200505105421j:plain

ミノキシジルタブレットとは

ミノキシジルは高い発毛効果を有しておりミノキシジルタブレットミノキシジルの内服薬です。ミノキシジルはロゲインなど外用剤、内服薬、注射等になります。

元々ミノキシジルは高血圧の処方薬として現在のファイザー社により開発された成分ですが治療中の患者に多毛症が認められたことから、医療用の発毛剤として改めて開発されました歴史があります。

ミノキシジルプロペシア(フィナステリド)、ザガーロ(デュタステリド)を比較するとAGAの原因物質である男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)産生を抑制するプロペシア、ザガーロと作用機序が違い、ミノキシジルは主に血流を良くする事で毛細血管から毛乳頭に栄養を与え、発毛を促し髪の毛が生えてきます。

そのためミノキシジルは女性でも服用が可能な発毛剤です。

またプロペシア、ザガーロとの併用治療も可能です。ミノキシジルタブレットミノキシジル外用剤のリアップ、ロゲイン、カークランドと違い、直接体内に吸収されるため、ミノキシジルタブレットが発毛により高い効果を期待できます。

ミノキシジルタブレットの服用方法

ミノキシジル錠剤の種類は2.5㎎錠、5㎎錠、10㎎錠の種類があります。

服用方法は1日1~2回服用となります。

用量に関しては通常1日5㎎で服用する方が多いですが薄毛の程度や期間により調整をした場合がいい時もありますので治療開始時に医師と相談して服用量を決めるようにしてください。またミノキシジルの飲み忘れは期待される発毛効果が得られなくなります。服用する時間を決めて飲み忘に注意が必要になります。

ミノキシジルタブレットの効果

ミノキシジルは現在、最も発毛・育毛効果の高い発毛剤・育毛剤です。

プロペシア、ザガーロと比べ高い発毛効果を発揮してくれます。

ミノキシジルの効果期間はミノキシジルの内服を開始して早い方だと開始から3~4ヵ月程度で効果を実感できてきます。

通常はミノキシジルの効果が確認できるまで6ヶ月間の連日投与が必要です。

改善の程度には個人差がありますが、1年~3年続ける事で多くの人が発毛を実感します。

ミノキシジルタブレットと生え際・頭頂部・前頭部

ミノキシジルは発毛効果の高い薄毛治療薬でAGA治療に高い効果を発揮しますし、びまん性脱毛など女性に多いタイプの薄毛にも効果が見られ多くの薄毛に効果的です。AGAに関しては全体に効果を発揮しますが特に頭頂部の薄毛に効果的です。
生え際や前頭部に関して生え際の産毛を生やすこと(発毛)はミノキシジルと比較してプロペシア(フィナステリド)、ザガーロ(デュタステリド)の方が得意です。

これは前頭部においても同様です。一般的に生え際や前頭部の薄毛の部位にAGAの原因物質である男性ホルモンDHTが多く存在するためプロペシア、ザガーロが産毛を発毛させやすいのですが生え際の産毛をしっかり太くする(育毛)効果はプロペシア、ザガーロよりミノキシジルがより高い効果を期待できます。このように説明するとミノキシジルの発毛効果が弱いと感じる方がいらっしゃるかもしれませんがミノキシジルタブレットは単剤で高い発毛効果を有しているのでミノキシジルのみの服用でもミノキシジルが生え際の発毛に効かないことはありませんし、まして悪化させることもありえません。

プロペシア、ザガーロとミノキシジルの併用

薄毛治療において作用機序や発毛・育毛の得意な部位が違うプロペシアミノキシジルの併用やザガーロとミノキシジルの併用は非常に有効です。しっかりと発毛したい方は併用するといいでしょう。またミノキシジルタブレットとリアップ、ロゲイン、カークランドの併用も可能です。

ミノキシジルタブレットの副作用

ミノキシジルタブレットは元々高血圧の薬ですので副作用として手足の浮腫(むくみ)、血圧低下があります。

ミノキシジルのその他の副作用として体毛の増加、吐き気、嘔吐、腹痛、性欲減退などが報告されています。当院でのミノキシジルの副作用は「多毛」が最多でミノキシジルのむくみ等です。

ミノキシジルタブレット服用の注意点

ミノキシジルタブレットは元々高血圧の薬ですのでアルコールを取り過ぎると血圧の低下により気持ち悪くなることがあります。元々血圧の低めの方は注意が必要です。
外用する場合は外用剤を用いてください。ミノキシジルタブレットを水に溶かして頭皮に塗付しても発毛効果はありません。

ロゲインなどミノキシジルローションは頭皮に吸収されやすく作られています。
ミノキシジルの耐性に関してははっきりしていません。耐性対策としては用量をむやみに増やさず医師と相談しながら判断してください。

ミノキシジルタブレットの初期脱毛


ミノキシジルタブレット開始2週間から6週間ごろに多くみられる『初期脱毛』と言って普段よりも脱毛症状が進行したような抜け毛がある場合があります。

これは、AGAによって発毛のサイクルに異常があった状態が、薬の効果で正常に戻り、そのため一時的に毛の退行期が重なることによるもので、薬の効果が出ている証拠ですので慌てることはありません。

また全員に初期脱毛が起きるものでもありません。

ミノキシジルタブレット個人輸入

AGA治療薬の通販や個人輸入に関して、AGAクリニックで処方されるミノキシジルタブレットは1万円以上の価格がしますので、個人輸入ん方が安価で経済的になります。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

ミノキシジル5%で効果がない場合は16%まで上げてみよう

ミノキシジル16%のフォリックスFR16を使用した半年後のレポートをします。

 

oneclck.net


学生時代、ハゲだけは絶対になりたくないと思っていました。
しかし、その強い意志も、遺伝と加齢にあっけなく負けました。髪は徐々に抜け落ち、頭頂部は地肌が露出してきました。
いわゆるフランシスコ・ザビエルタイプであり、カッパ頭です。かっこいいハゲ方ではありません。
ちょうど芸人のフットボールアワー岩尾のような感じです。岩尾はハゲで笑いを取れますが、私はそんな笑いを取りたくありません。
相方後藤の「ハゲとるやないか!」という突っ込みに心を痛くしていました。

 

f:id:participantlink:20200504150837j:plain

 

この状況から抜け出したいと常々思っていました。
しかし、カツラをつけたり、粉をかけたりするのは、ごまかしでありウソです。バレたらより失笑されます。
植毛は金額とメンテナンスがかなり大変と聞きます。
やっぱり自分の髪が生えてくるのが最善最良です。

思い立ったきっかけは、香取慎吾、草彅剛のミノキ兄弟のCMです。
自分もやってみようと思いました。「ダメモト」とはこのことです。
そして、ミノキシジルをいろいろ調べると、このオオサカ堂のフォリックスにたどり着きました。

フォリックスFR16を選んだのは、ミノキシジル16%で最高濃度だからです。
私の性格から、5%でダメなら10%、10%でダメなら・・・と思うから、初めから後悔したくない最高濃度を選びました。
このフォリックスの他に、ミノキシジルタブレット5mg、フィナロイド1mgも服用し、万全の体制で臨みました。
これで半年使いダメなら、諦める覚悟でした。

発毛生活が始まりました。
最初に驚いたのは初期脱毛です。
FR16を塗布しマッサージすると、髪が驚くほど抜けました。
何本抜けたか、白い紙を敷いて、落ちた髪を数えてみました。
50本を数えたところでやめました。残りが半分以上あります。120~130本は抜けています。
これはショックでした。1回で100本以上なら、洗髪を含めると、1日300本くらいは優に抜けてしまうことになります。
10日間で3000本以上もの自毛が失われます。これではもっとハゲてしまいます。
「大丈夫かな・・・」と一瞬躊躇しましたが、初期脱毛があることは知っていましたから、ミノキシジルを信じ、続ける気持ちは折れませんでした。
とにかく黙って6か月という思いで継続しました。

その結果。
髪の毛が生えてきました!
本当です。産毛ではありません。うっすらでもありません。しっかりした髪が頭頂部に生えてきました。
しかも、既存の髪にはハリ、コシが生まれました。抜け毛は格段に減りました。先日塗布後のマッサージで抜け毛は11本でした。
頭頂部は周りと比較してまだ薄いのはしかたないところですが、周りの毛量も増え、さらにハリ、コシも加わったことにより、地肌がほとんど見えなくなりました。
妻はびっくりし、もうハゲとは言われないと言ってくれました。
今は髪の毛が増えたことで、カツラをつけたような違和感があります。(カツラをつけたことはありませんが)
嬉しい悲鳴とはこのことです。

私が実践した方法を紹介します。少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

 

 

【シャンプー】


シャンプーはただ汚れだけでなく、毛根に詰まった皮脂を落とすことに努めました。皮脂は脱毛の大きな原因に挙げられています。
以前アートネイチャーの毛髪診断を受けたことがあります。
事前に洗髪してきて欲しいと言われ、自分では丁寧に2度洗いしてから行きました。
モニター画面に映し出された私の毛根には皮脂が詰まっていて、洗髪不完全を指摘されました。
自分ではしっかり洗ったつもりでも、毛根に詰まった皮脂は簡単には落とせないと知りました。
皮脂を落とすには、指先を頭皮に押しあて、毛根から皮脂を搾り出す感じと習いました。ところが、これを毎日継続するのはけっこう大変です。
そこでスカルプブラシを使いました。自分にフィットするブラシがなかなか見つからず、10個以上は購入しました。
巡り合ったのが俺のシャンプーブラシ。細いピンの先端が丸まっていて、これで指では落とし切れない毛根の皮脂を落とせます。
しかも気持ちがいいです。髪が乾くとさっぱりし、油っ気が抜けた感じがします。

 

【フォリックスの塗り方】


1.朝晩1日2回。
2.空腹時に塗布。
3.頭皮が湿った状態で塗布。
この3つのルールを守りました。
ミノキシジルは空腹時により発毛効果が高まり、また頭皮が湿った状態の方がより浸透率が高まるという研究結果があります。
なので、夜はジムでのお風呂上りに塗りました。朝は朝食前に、蒸しタオルで頭頂部を湿らせた後に塗りました。

 

oneclck.net

 

【マッサージ】


フォリックス塗布後、ミノキシジルが浸透するよう、入念なマッサージをしました。
しかし、指先が疲れ、3分するにも長く感じました。
そこで、ここでもブラシを活用しました。シャンプー用に購入したスクラビングブラシが頭皮マッサージにぴったりでした。
ブラシの突起は固いのですが、頭皮に当てると痛いわけではなく、適度な刺激となり何とも言えない心地よさがあります。
指先が疲れると、このブラシ2個を両手に持って、頭皮にあて小刻みに前後左右に振動しました。
これでマッサージの時間が長くできるようになりました。
このスクラビングブラシはシャンプーにも使い、俺のブラシと併用しています。

 

【食事】


シスチンを含んだたんぱく質がいいと言われているので、意識して摂取しようと思いました。
幸いなことに、肉類、刺身は好きで、納豆・豆腐など大豆食品、たまごも普段からよく食べるので、食事は普段通りでした。
ただひとつ意識したのはEPA食品。EPA食品はサバ・イワシ・サンマ・ツナ等の魚の缶詰です。
TV各局の健康番組で、発毛にEPAがいいと、医師がお墨付けを与えていました。
髪の毛以外にも、魚の缶詰は健康にいいことだらけであり、2日で1缶は食べるように心がけました。
ちなみに、海藻類に発毛効果はありません。発毛を期待して海藻類を食べる意味はありません。

 

【内服薬】


ミノキシジルタブレット5mg
プロペシアジェネリックのフィナロイド1mg
1日各1錠
フィナロイドは抜け毛防止効果が認められる薬です。
発毛促進だけでなく、抜け毛防止を併せることで髪が増やせます。

 

【気にしたこと】


「ゴシゴシNG」。
シャンプー、タオル、マッサージでのゴシゴシはやめました。
頭皮を傷つけることはもちろん、髪の毛が抜ける行為につながるからです。
ブラシを使うときは、ゴシゴシはせず、頭皮に軽くあてて微振動しました。
特に、タオルで水気を拭き取るときに、ゴシゴシをやりがちです。
摩擦で髪の毛に負荷がかかり、抜けなくていい健康な髪の毛まで抜けてしまいます。
水気はタオルを髪に押しあてて取りました。
このゴシゴシNGはAGA医師から聞きました。

 

【その他】


フォリックスは使い切ったようでも容器の底にはクリームがまだ残っています。
私は最後に容器をノコギリで切ります。3~5回分はへばりついています。
もったいないので、お試しください。

 

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

AGA治療の初期脱毛の期間

AGAの治療薬には、プロペシア(フィナステリド)とザガーロ(デュタステリド)とミノキシジルがあります。

どれも初期脱毛の症状が起こり得ます。

しかし、初期脱毛が発生するのには、きちんとした理由が存在するのです。
発毛剤を使い始めてしばらくすると、髪が抜ける症状が出てきます。

初期脱毛

どうして初期脱毛が起こるのかというと、発毛剤の使い始めに起こる初期脱毛は、使用開始後の約1~2週間に発生して一か月前後ほど続くことが多いです。

特に、髪を洗った後は排水口に抜けた髪が詰まるほど、大量の抜け毛が起こります。

髪にはそれぞれ休止期、成長期、退行期というヘアサイクルがあります。

 

f:id:participantlink:20190512233649j:plain

発毛剤の多くは、この乱れてしまった髪のサイクルを正常化し、健康的な発毛をサポートする効果があります。

発毛剤を使用し始める事で初期脱毛が発生するのは、乱れたヘアサイクルが正常化するためです。

 

f:id:participantlink:20190512233759j:plain

 

一時的に抜け毛の量が増えて、驚く人もいますが時間が経てば自然と抜け毛の量は落ち着くことがほとんどで、症状が落ち着く頃は徐々に新しい髪が成長しているのです。

初期脱毛は発毛剤の効果が出てきている証拠でもあります。

この初期脱毛が起きている時期に正しいヘアケアを心がけることで、さらに発毛しやすい頭皮環境に導くこともできるのです。

そこで、以下が発毛のポイントになります。 

洗髪の際は優しく

初期脱毛の時期は新しい髪が生えてくる大切な時期でもあります。

この時、頭皮を傷めたり生えたばかりの髪に刺激を与えたりすると、健康な髪まで抜けてしまう原因になってしまいます。

そこで、シャンプーを使う際はゴシゴシとこすらずに、頭皮をマッサージするよう揉み込んで洗います。

また、シャンプーは直接頭皮へつけず、泡立てた状態で髪につけると頭皮への刺激を最小限にできます。 

最低でも4カ月以上発毛剤を使い続ける

中には初期脱毛に驚いてしまい、脱毛剤の使用を中止したくなります。

この初期脱毛は抜けるべき髪なので、時期が過ぎれば抜けた箇所から健康な髪が生えてきます。

そのため、発毛剤は最低でも4か月以上継続的に使用するのが重要です。 

睡眠をしっかりとる

健康的な髪を作るには、頭皮へ必要な酸素や栄養素を行き渡らせる必要があります。

睡眠不足が続くと、血流が悪くなって頭皮が硬直してしまう原因になってしまいます。

そのため、夜はぐっすり熟睡できるような環境作ることが重要です。

夜にしっかりと入浴して体を温め、心身ともにリラックスすることで入眠がスムーズになります。

また、目に光が入ると脳が働いたままで熟睡できなくなるので、眠る一時間前からスマートフォンやパソコンを触らないようにするのも大切です。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

生活習慣を改善してハゲを克服

発毛の力が弱ってしまってからの回復は焦らず時間をかけてやっていく気持ちが大事になります。

生活習慣からの脱毛・抜け毛、発毛への悪影響からの回復には生活習慣の改善を大きく見直すなど基本的に時間がかかります。

そして、個人差がありますので焦って間違った方法で発毛対策などやってしまうと、むしろ逆効果、さらに状態が悪化する恐れもあるのです。

 

f:id:participantlink:20190619225911g:plain

 

 

生活習慣の改善

f:id:participantlink:20190619230858j:plain

生活習慣の影響はかなり大きいものがあります。

まずは、自身の生活習慣に悪影響を与えているようなことが無いか確認をして、食事・睡眠で不規則な生活をされているようでしたら、見なおすことが大切です。

具体的にどのようなポイントを改善すればいいのかを見ていきます。

規則正しく過ごすに越したことはありませんが、忙しく過ごしているとなかなか難しいこともあります。

下記がハゲ克服するために、特に注意したい生活習慣3つになります。

食生活

f:id:participantlink:20190619231135g:plain

健康な身体を維持するために欠かせないのが、食事です。

健康維持はもちろんのこと、髪の成長に必要なエネルギーも食事から摂取しているのです。

バランスのとれた食事を心がければ健やかな髪が生えてきますが、栄養が不足すると髪の成長の妨げになります。

また、過度な脂質など栄養が偏っていると、頭皮環境を悪化させハゲが進行する原因になることもあります。

ハゲや薄毛を克服しようと思ったら、まずは食生活を見直してみましょう。

特に意識したい食事のポイントは、次の通りです。

・髪の成長に必要なビタミン、亜鉛、タンパク質を積極的に摂る
・脂っこい食事は控えめにする
・栄養不足にならないように、3食しっかり食べる

睡眠

f:id:participantlink:20190619231221j:plain

睡眠も、ハゲを克服するためには非常に重要な生活習慣の一つです。

髪の毛の成長に大きく関わる成長ホルモンは、夜寝ている間に最も多く分泌されます。

そのため、睡眠時間が不足していたり睡眠の質が悪いと、髪の成長が妨げられてしまうのです。

成長ホルモンは、眠り始めから約3時間後に最も多く分泌されるため、このタイミングにいかに深い眠りについているかが重要です。

睡眠の質を上げハゲを克服するために、下記のポイントになります。

・寝る前にスマホやテレビ画面などを見ることを控える
・食事は睡眠の3時間前までに食べる
・寝る前にお風呂に入る時はぬるま湯にする
・睡眠時間を7時間以上とる

ストレス

f:id:participantlink:20190619231548g:plain

ストレスは、心身に良い影響を与えないものですが、ハゲにももちろん悪影響を及ぼします。

ストレスを感じることで、血管が収縮するため頭皮の血行が悪くなってしまいます。

そうすると、髪の成長を妨げられて薄毛が進行してしまうんです。

また、強いストレスは免疫機能を低下させ、たとえば円形脱毛症などのハゲの原因になるとも考えられています。

多くの人が取り入れているストレス解消方法は下記の通りです。

・休みの日にとにかく好きなだけ眠る
・自分をとことん甘やかす
・運動して汗を流す

ストレスをこまめに発散するには、さまざまなストレス解消方法を知っておくと気付いた時に様々な方法で発散できます。

ハゲ克服のために、ストレスを溜めないようにすることが大切です。

頭皮改善

f:id:participantlink:20190619231841j:plain

発毛が適正に行われていない、ということは頭皮も弱っている状況です。

血液循環が滞っていると頭皮が硬くなっていますし、皮脂分泌が過剰ですと頭皮の毛穴が詰まっています。

また、頭皮と顔はつながってるので、肌と一緒なのです。

顔のケアをするように頭皮のケアも大事です。

具体的な例のひとつとして、シャンプーがあげられます。

過剰なシャンプーやコンディショナー、間違ったシャンプーの方法は結構、多くの人がしているものです。

まず、シャンプーは髪を洗うものでなく頭皮を洗うものです。

髪の毛ばかり一生懸命洗っていても汚れた頭皮はそのままになってしまいますし、過度なシャンプーで髪の毛も傷んでしまいます。

頭皮を正しく洗わないと、頭皮の脂やシャンプー剤でで毛穴がつまってしまい、結果、頭皮に悪影響を与えてしまうことになります。

清潔で健やかな頭皮にするのには、日々のシャンプーも見なおすことが大切です。

発毛を促す

f:id:participantlink:20190619232248j:plain

生活習慣を見直し、頭皮を健康な状態に戻せたら、ここで初めて発毛剤の出番です。

とわいっても、発毛剤を使用できるようになれば、すぐに効果が出てくるというわけではありません。

一旦、発毛の力が弱まってしまった状態から発毛を促すのには、やはりそれなりの時間が必要です。

自分に合った発毛剤で根気よく継続をすることが発毛のポイントです。

もし、発毛剤を使っても頭皮の状態がまた良くない場合は、再度、生活習慣の見直しをすることが必要です。

頭皮が健康なことが発毛の大前提になります。

 

 

oneclck.net

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

日本ではAGAの悩みを持つ男性が1260万人

AGAとは、Andro Genetic Alopeciaの略語で男性型脱毛症のことです。


AGAはここ最近はテレビCMなどから一般の方にも広く知れ渡りました。

 

AGAは成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。男性ホルモンの影響や遺伝などを主な原因として、生え際(M字部分)や頭頂部の髪がどんどん薄くなっていきます。

 

AGAは生え際から後退したり、頭頂部から薄くなり始めたり、その両方であったりと様々な進行のパターンがあるというのが特徴です。

 

現在、日本ではAGAの悩みを持つ男性が1260万人もいるといわれており、その数がどんどん増えていっている状態です。

 

 

AGAの大きな原因は、テストステロンです。

男性ホルモンであるテストステロンは、血流にのって毛根に至り、そこで毛髪の元である毛乳頭細胞に取り込まれます。このテストステロンは、本来それほど強い活性をもつものではありません。

しかし、毛乳頭細胞内で5α-リダクターゼと呼ばれる酵素が働きかけると、より活性の強いディハイドロテストステロンに変換されてしまいます。

このディハイドロテストステロンが、アンドロゲン受容体と呼ばれるタンパク質に結合し、毛乳頭細胞の核の中に移動することにより、遺伝子が活性化し、毛乳頭細胞から脱毛因子が放出されます。

そのため、毛母細胞がダメージを受けて萎縮し、AGAが引き起こされてしまうのです。

AGAには脱毛の進行パターンがあり、額の生え際から薄くなっていくタイプ、頭頂部から薄くなっていくタイプ、その混合タイプなどがあります。

これは、アメリカのハミルトン医師が作った、男性型脱毛症に対する進行度合いを毛髪のパターンごとに分類し、提唱したものです。

そののちに、ノーウッド医師が改定を加えたハミルトン・ノーウッド分類が、今では世界的な標準として扱われています。

 

 

ハミルトン・ノーウッド分類

 

f:id:participantlink:20190514001404j:plain

 

第一段階(Ⅰ)

生え際に薄毛が進行し、額の面積が広がってきます。見た目に問題がないためAGAが始まっていると気付かない方が多い初期ステージになります。

第二段階(Ⅱ、Ⅱa、Ⅱvertex)

生え際の進行に加え、髪全体のボリュームの減りも目立ち始めます。
併せて、頭頂部に薄毛が進行する方(O型)、額の進行が激しい方(M型)で見栄えも分

第三段階(Ⅲ、Ⅲa、Ⅲvertex)

前頭部の進行と頭頂部の進行が少しずつつながってきます。前頭部に早い進行が見られるM型の方も、頭頂部に薄毛が見られるようになります。第三段階では明らかにAGAであると診断しやすい特徴が表れています。

第四段階(Ⅳ、Ⅳa)

生え際・頭頂部ともに頭皮が見える面積が広がっています。治療をお考えの方は、第四段階までに開始すると結果が出やすいといわれています。

第五段階(Ⅴ、Ⅴa)

前頭部の進行と頭頂部の進行が完全につながってしまいます。全体の1/3ほど頭皮が見える程の状態で、薄毛・発毛治療の結果が出にくくなってくるステージです。

第六段階(Ⅵ)・第七段階(Ⅶ)

M型O型の区別がつかないくらい、薄毛の部分が広がります。ここまで進行してしまうと、増毛施術を選ぶ方が多くなります。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村