発毛剤の真実

ミノキシジル・フィナステリド・ディタステリドのジェネリックでハゲ治療

プロペシアとザガーロの効果の比較

プロペシアと同様にAGA治療薬として新たに注目を集めている新薬が、ザガーロです。ザガーロの主成分「デュタステリド」は、男性特有の病気である前立腺肥大症の治療薬としても効果を発揮する薬です。

前立腺肥大症の治療薬としては、「アボルブ」という名前になり、泌尿器科などで処方されています。

AGA治療薬のザガーロは、元々は5α-還元酵素阻害薬(5αリダクターゼ)として前立腺肥大症の治療用に研究・開発されていました。日本ではアボルブカプセル錠が2009年に承認されました。

5α-還元酵素阻害薬は、男性ホルモンの1種のDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑える効果がある薬です。

f:id:participantlink:20190614144624p:plain

DHTの生成を抑制することは、AGAにも効果が期待できると考え更に研究が進み、その結果としてAGA治療薬のザガーロが誕生し、2015年9月に承認されています。

プロペシアとは

5α-還元酵素Ⅱ型阻害薬

プロペシアは2型の5α-リダクターゼを阻害することで、男性ホルモンであるテストステロンがAGA(男性型脱毛症)の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)へと変換されるのを防ぐ、国内初の内服用AGA治療薬です。 

f:id:participantlink:20190614141235j:plain

f:id:participantlink:20190614141238j:plain

f:id:participantlink:20190614141242j:plain

主要有効成分:フィナステリド
効果範囲:5α-還元酵素Ⅱ型阻害
形状:錠剤
種類:0.2mg/1mg
主なジェネリックフィンペシア

添加物:結晶セルロース、乳糖水和物、部分アルファー化デンプン、デンプングリコール酸ナトリウム、ジオクチルソジウムスルホサクシネート、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、ヒドロキシプロピルセルロース、酸化チタン、タルク、三二酸化鉄、黄色三二酸化鉄、カルナウバロウ

ザガーロとは

5α-還元酵素Ⅰ型Ⅱ型阻害薬

ザガーロは2型だけでなく1型の5α-リダクターゼにも作用する、国内で2番目に承認された、内服型AGAです治療薬です。今まではAGAの治療としては2型のみを抑えれば良いと考えられていましたが、脱毛部位の毛包に1型も発現していることからAGAとの関係が示唆されています。頭頂部のみならず、前頭部にも強い発毛効果が見られることが特徴です。 

f:id:participantlink:20190614141712j:plain

f:id:participantlink:20190614141714j:plain

f:id:participantlink:20190614141718j:plain

主要有効成分:デュタステリド
効果範囲:5α-還元酵素Ⅰ型Ⅱ型阻害
形状:ソフトカプセル剤
種類:0.1mg/0.5mg
海外の承認商品:アボダート

添加物:ジブチルヒドロキシトルエン、中鎖モノ・ジグリセリド、ゼラチン、グリセリン、濃グリセリン、酸化チタン、黄色三二酸化鉄(0.1mgのみ)、三二酸化鉄、中鎖脂肪酸トリグリセリド、レシチン

ザガーロの効果

ザガーロは、「男性における男性型脱毛症(AGA)」を適応症として承認され、ザガーロカプセル0.1mgとザガーロカプセル0.5mgの2種類が承認されています。

ザガーロは1日に1回1錠を服用し、半年以上の長期間服用し続ける必要がある薬です。

基本は0.1mgを服用しますが、必要に応じて0.5mgを服用していきます。

半年間服用し続けた結果、男性型脱毛症の原因となる抜け毛に大きく関与している頭皮のジヒドロテストステロン(DHT)の濃度が40~52%減少したデータがあります。

頭皮のジヒドロテストステロンの濃度が下がると、男性ホルモンによる強制的な抜け毛がなくなり、強くて太い本来の健康的な髪の毛が増えていきます。

5α-還元酵素阻害薬のザガーロ

プロペシアもザガーロも、1日1回1錠ずつ服用します。どちらの薬も5α-還元酵素阻害薬で、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を防ぎます。プロペシアやザガーロを服用していくと、髪の毛のサイクルを正常に戻す事ができます。

薬の効果で大きく違う点に、プロペシアの主成分フィナステリドは、5α-還元酵素2型の阻害薬であることに対して、ザガーロのデュタステリドは1型・2型両方共阻害します。

5α-還元酵素の1型と2型の違い 

5α-還元酵素1型 

主に皮脂腺部分に多く存在する

5α-還元酵素2型 

主に毛乳頭部分に多く存在する

f:id:participantlink:20190614143300j:plain

この5α-還元酵素は人によって多い・少ないがあり、5α-還元酵素の活性を持つ遺伝子は優性遺伝することも分かっています。これらの要因により、親が薄毛の場合、子どもも薄毛になりやすくなるのではと推測されています。

AGAの治療においては、毛髪に直結した部位に注目が集まりますが、上記の部位以外にも5α-還元酵素は、精巣や前立腺にも存在しています。

前立線の5α-還元酵素を阻害する結果、前立腺の肥大化を抑える効果が生まれてきます。

副作用 

プロペシアとザガーロの主な副作用は、どちらもED(勃起不全)や性欲減退など、男性器に関連した症状が主な副作用となり、似たような症状となっています。

男性ホルモンは主に睾丸で生成されます。この生成自体を抑える抗アンドロゲン剤と異なり、5α-還元酵素阻害薬は生成される男性ホルモン量は変わりませんが、より強力にパワーアップ(ジヒドロテストステロンに変換)されるのを防ぎます。

成長期の男児にDHTが不足してしまうと、男性が男性らしい体つきに成長する事に大きく影響している男性ホルモンの力が弱まるため、生殖機能の成長に大きな悪影響が出ます。

そのため、成長期の子どもがザガーロなどの5α-還元酵素阻害薬を誤飲してしまうと、大きな問題になってしまいます。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

プロペシアの約1.5倍の効果を発揮するアボダート

男性の薄毛や抜け毛の代表的なものにAGA(男性型脱毛症)というものがあります。AGAは男性ホルモンが深く関わっているため、そこにアタックすることによって改善が期待できます。育毛剤もAGA特有の原因に作用するものがいくつか出回っています。そのひとつがプロペシアですがこの育毛剤よりも効果的という意見が多くあるのがアボダートです。

 

 

アボダートとは

 

f:id:participantlink:20190614015711j:plain

 

育毛剤には外用と内服のものがありますが、アボダートは内服するタイプの育毛剤です。

またアボダートはアボルブとも呼ばれます。

イギリスのグラクソ・スミスクラインという会社が製造と販売行っているのがアボダートです。

現在のところ世界85カ国で育毛剤として処方されている信頼できる薬です。もともとは前立腺肥大症の治療の薬として開発されて使われており、アメリFDAの認可もあります。

アボダートに含まれている有効成分デュタステリドで前立腺肥大の治療に使っていたところ、発毛効果が見られたためその後育毛剤として使われるようになりました。

日本のお隣・韓国では、2009年にすでにAGA治療薬として認可されています。

 

アボダートの作用のメカニズム

 

男性ホルモンが強いと薄毛や抜け毛になる傾向があると考えられていますが、最近ではさらに細かい原因が解明されてきています。AGA(男性型脱毛症)の場合は男性ホルモンのテストステロンが脱毛を誘引してしまう酵素である5αリダクターゼと結びついてしまうことで起こります。

テストステロンと5αリダクターゼが結びつくのを抑えてくれる働きがあるのがフェナステリドというものです。アボダートにはフェナステリドよりさらに強力なデュダステリドが主成分として採用されているためフェナステリドが主成分のプロペシアより大きな効果が期待できるのです。

 

フェナステリドよりデュダステリドの効果が高い理由

 

フェナステリドが主成分のプロペシアはAGA育毛剤としても最も有名といえます。

しかしそれよりもアボダートは効果が高いと言えるのは主成分の効果の大きさの違いがあるからです。

ではプロペシアの主成分であるフェナステリドよりもアボダートの主成分であるデュダステリドがより効果的な理由はどういうことなのでしょうか。

テストステロンと結びつくことで脱毛を促してしまう酵素5αリダクターゼは、実はⅠ型とⅡ型があります。フェナステリドもデュダステリドもいずれも5αリダクターゼがテストステロンに結びつくのを抑えるのは同様です。

しかしながらフェナステリドはⅡ型5αリダクターゼの一方だけしか結びつくのを阻害できません。

デュダステリドはⅠ型5αリダクターゼとⅡ型5αリダクターゼいずれにもアタックでき、結びつきを阻害できるのです。

だからデュダステリドが主成分のアボダートのほうが、AGA治療にはより効果的なのです。

プロペシアの約1.5倍以上の効果を発揮するアボダート

AGAは、ジヒドロテストステロンが毛母細胞の働きを低下させることが原因と言われています。

ジヒドロテストステロンとは、男女問わずヒトの体内に存在する男性ホルモンのテストテロンが5αリダクターゼと結びつくことで生成される物質です。このジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体(レセプター)と結びつくと、髪の毛の成長が抑制されます。

アボダートはⅠ型5αリダクターゼとⅡ型5αリダクターゼどちらにも作用し、ジヒドロテストステロンが毛包のレセプターと結合するのを防ぎ、抜け毛・薄毛の症状を抑制します。

またフェナステリドは頭頂部と前頭部に起こる脱毛を抑えることは得意ですが、それ以外の部分への効果がやや低いというデータがあります。

デュダステリドの場合は頭頂部、前頭部に加え側頭部や後頭部の抜け毛についても効果が高いのです。

頭髪全体のAGA起因の抜け毛にアタックできるのがアボダートの大きなアドバンテージ。アボダートプロペシアで効果を比較すると、おおむね1.5倍以上もアボダートのほうが効果が高くなると言われています。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

フィナステリド(プロペシア)の効果

フィナステリド(プロペシア)は、男性における男性型脱毛症の進行を遅らせる効能をもつ薬です。

 

フィナステリド(プロペシア
5α-還元酵素Ⅱ型阻害薬
プロペシアは2型の5α-リダクターゼを阻害することで、男性ホルモンであるテストステロンがAGA(男性型脱毛症)の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)へと変換されるのを防ぐ、国内初の内服用AGA治療薬です。

 

f:id:participantlink:20190611222402j:plain

f:id:participantlink:20190611222412j:plain

f:id:participantlink:20190611222421j:plain


主要有効成分:フィナステリド
効果範囲:5α-還元酵素Ⅱ型阻害
形状:錠剤
種類:0.2mg/1mg
主なジェネリックフィンペシア
添加物:結晶セルロース、乳糖水和物、部分アルファー化デンプン、デンプングリコール酸ナトリウム、ジオクチルソジウムスルホサクシネート、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、ヒドロキシプロピルセルロース、酸化チタン、タルク、三二酸化鉄、黄色三二酸化鉄、カルナウバロウ

 

男性型脱毛症は、男性ホルモンの過剰な活性化と遺伝的な要因が組み合わさって起こり、生活の質を低下させます。

主成分であるフィナステリドは、男性ホルモンの活性化に関わる5α還元酵素という酵素タンパク質の働きを止めて男性ホルモンの活性を下げ、脱毛を防ぐ効果を示します。
男性型脱毛症は、思春期以降の男性に起こる頭髪の脱毛症です。

 


薄毛は、特に若い人は外見上の大きな悩みのもとであり、生活の質を下げます。男性型脱毛症は、男性ホルモン反応性に遺伝的な問題がある人に起きやすいとされています。
フィナステリドは、男性ホルモン活性化に関わる酵素タンパク質5α還元酵素(5αリダクターゼ)の働きを低下させ、男性ホルモンの生理作用を弱めます。
男性ホルモンであるテストステロンは、精巣でつくられたあと、頭皮の細胞にある5α還元酵素によってジヒドロテストステロンという化合物に変換されます。

f:id:participantlink:20190611222247j:plain

ジヒドロテストステロンは活性化した男性ホルモンで、頭髪を作り出す毛母細胞の細胞分裂を止めるので、新しい毛髪ができません。頭髪が増えないのに、寿命がきた毛髪の脱毛だけが進むので、薄毛が起こるのです。
フィナステリドは、もともとは前立腺肥大症の治療薬を開発する過程で得られた薬です。

前立腺は男性ホルモンにより大きくなる臓器で、男性の尿道を取りまいています。

必要以上に男性ホルモンが活性化すると、大きくなった前立腺尿道を狭くして尿が出にくくなる前立腺肥大症という病気が起こります。フィナステリドは、5α還元酵素の働きを低下させて前立腺を小さくする効果が期待されましたが、その過程で男性型脱毛症の進行を止めるアイデアが生まれたのです。
ただし、フィナステリドは、男性ホルモンが関与しない脱毛症(例えば円形脱毛症)には効果はないと考えられています。

円形脱毛症は免疫細胞による毛母細胞の攻撃が原因と考えられており、免疫抑制薬を用いた治療法の研究開発が行われています。
フィナステリドはプロペシアという商品名で発売されました。

製品アピールの一環として、男性型脱毛症の略称であるAGA(androgenetic alopecia)の認知度を高めるための広報活動も行いました。

脱毛というネガティブな要素を持つ表現をAGAというアルファベットに置き換えるというアプローチは、性機能障害におけるEDと同じく、これまで表立って語りにくかった悩みをオープンに話せるようにする効果があったと思われます。
なお、プロペシアには健康保険が適用されず、薬剤費は全額自己負担です。

これは、薬剤の使用目的が病気の治療ではなく、頭髪という外見を整えるための美容的な使用を目的と認識されているからです。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

ブラックリバースで白髪を黒髪にする方法

マーロシリーズなどヘアケア製品・スキンケア製品で有名なネイチャーラボが、世界で初めて、髪色のメラニン色素を細胞レベルで活性化させることで、白髪化した毛髪を自然に回復させ、黒髪を取り戻すブラックリバース成分の開発に成功しました。

 

f:id:participantlink:20190611141255j:plain


このブラックリバースは、ネイチャーラボ社の研究開発部門セルラボと、機能性原料(医薬品・化粧品)などを開発する革新的メーカーであるカナダのルーカスマイヤーコスメティックス社とが、2011年から7年もの歳月をかけて研究開発されたものです。


毛髪の色と白髪になるメカニズム 髪の毛と言うのは最初から黒く色がついているわけではなく、そもそも誕生したての髪は無色(白色)の状態で、髪の成長とともにメラニン色素によって髪に色がつけられていきます。

このメラニン色素にも、ユーメラニンフェオメラニンの2種類があり、ユーメラニンは褐色~黒色のメラニンフェオメラニンは黄色~赤茶色のメラニンです。

そのメラニンの量のバランスによって、黒髪やブラウン、ブロンド色など多様な種類の髪色になります。日本人に多い黒髪であればほとんどがユーメラニンということになります。

髪に色がつくためにはこのメラニン色素が重要な存在になってきます。

髪が白髪になる原因は、このメラニン色素がほぼない状態になることと言われています。 メラニン色素が少なくなる理由は、メラニン色素を産出するメラノサイト自体の減少や機能低下によるメラニン産生の減少によって起こること、毛球に対して酸化ストレスが増加し、色素幹細胞の減少や活性酸素を分解するカタラーゼの発現・活性の減少によって、メラニン色素を損失させてしまうことが分かっています。

ブラックリバースは、加齢やストレスによってメラニン色素の減少によって、白髪になってしまった状態を、人間が本来持つメラニンを再活性化させ、自然な自分の髪色に、回復させることができる世界初の画期的な成分です。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

前髪が薄くなるM字ハゲ対策方法

頭髪がM字型に後退していく原因として、男性ホルモンのひとつであるテストステロンとの関係が挙げられます。

テストステロンの分泌量は加齢によって減少していき、代わりに5α還元酵素という物質が分泌されるようになります。

この5α還元酵素とテストステロンが結合するとDHT(ジヒドロテストステロン)という物質に変化するのですが、このDHTがクセ者で、毛髪を育てる細胞分裂を邪魔してしまうのです。

そして、5α還元酵素が前頭部に集中していることが要因で、額からじわじわと頭髪が後退します。

症状が進むとM字型にハゲができてしまうというわけです。

ちなみに、AGAは人によって進行速度が異なりますが、毛量が多いとなかなか気付けないこともM字ハゲの厄介な点です。

 

f:id:participantlink:20190611020937p:plain


前髪の部分の血行が悪い状態になると、髪の毛に十分な栄養が行き渡らなくなり、前髪が抜け落ちてしまったり、毛自体が細くなってボリュームが無くなり、前髪が薄くなったと感じる事になります。

血行不良かどうかは肩凝りがあるのか、額や前髪の部分の頭皮が硬くなっていないかなどをチェックしてみると分かりやすいです。

もしひどい肩凝りである、額や前髪部分の頭皮が堅い場合には、よくマッサージなどをして凝りの解消や柔らかい頭皮にしていくことで、栄養が行き渡って髪のボリュームがアップすることもあります。

前髪がハゲると、額が広くなって来たりM字型になってきたりします。

前髪を垂らしてごまかしているうちに取り返しがつかないほど、後退してしまうこともあります。

遺伝や男性ホルモンが影響する薄毛は、主に頭頂部に出やすいです。前髪がハゲる原因にも男性ホルモンの影響が出ますが、生活習慣の乱れがハゲる原因になっていることも多いパーツです。

原因としては、洗い過ぎ、慢性的な寝不足、栄養不足、運動不足、ストレス、飲酒・喫煙などが挙げられます。

洗い過ぎは、薄毛や不衛生を気にするあまり、過度に洗い過ぎて、本来、必要な皮脂まで取り除いてしまっているということが考えられます。

一般的なシャンプーに含まれている石油系の合成界面活性剤は非常に洗浄力が強い反面、頭皮に残りやすいと言われています。

シャンプーでゴリゴリ洗うよりも、シャンプー前のお湯で洗うということやすすぎ残しが無いようによくすすぐことが大切です。

サラリーマンで多いのが、寝不足や栄養不足、運動不足、ストレス、飲酒・喫煙などです。

これらの悪しき生活習慣は、頭皮の血行を悪くしてしまうため、頭皮が硬くなって薄毛の原因を引き起こします。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

ミノキシジルとフィナステリドの最安値AGA治療とは

ロゲインのジェネリックであるカークランド(ミノキシジル)とプロペシアジェネリックであるフィンペシア(フィナステリド)の組み合わせは、最安値のAGA治療です。

それでは、それぞれの効果を見ていきます。

カークランドは、ロゲインのジェネリック医薬品です。

 

f:id:participantlink:20190609234027j:plain



日本国内でも取り扱われているリアップと同成分であるミノキシジルを5%配合しています。

ミノキシジルは、世界90カ国以上で使用されている成分です。

毛髪の成長に関与する毛包に作用して、毛を太くする効果があり、脱毛症診療のガイドライン日本皮膚科学会)において、推奨度A(行うことを強くすすめる)とされている成分です。比較試験においてもその有効性が実証されています。

カークランドミノキシジルは、ヘアサイクルの変化によって小さくなってしまった毛包を大きくすることで、薄毛を改善します。


フィンペシアは有効成分・フィナステリドを含有する、男性型脱毛症治療薬です。

 

f:id:participantlink:20190609234200p:plain


フィンペシアに配合されているフィナステリドは、毛根中の毛乳頭細胞にある5-α還元酵素の働きを阻害して、男性ホルモンであるテストステロンが、脱毛症の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)へと変化するのを抑制し、髪の毛が薄くなるのを防ぎます。

ジヒドロテストステロン(DHT)は遺伝的な男性型脱毛症を誘発します。

よって、フィンペシアで5-α還元酵素を阻害しジヒドロテストステロン(DHT)へ変換されるのを妨げることは、男性型脱毛症の治療において有効です。

フィナステリドは、5-α還元酵素への選択性があるため、他のホルモン系への影響による副作用が極めて少ないことも利点の一つです。

また、フィナステリドは国内臨床試験において、改善率がプラセボ(偽薬)よりも有意に優れていることが確認されており、海外においてはフィナステリド1mg投与5年後の写真評価において、90%の患者で抜け毛の進行を抑える効果や改善効果のあることが認められています。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

成人男性の約3人に1人がAGA

AGAとは、「男性型脱毛症」のことで日本では、約1,260万人以上の方が対象とされており、成人男性を中心に髪が薄くなる状態をいいます。

 

f:id:participantlink:20190608144533j:plain

 

特定の薬剤の名称や治療法のことではなく、薄毛や抜け毛に悩んでいる方や将来自分の頭髪に不安があるという方をサポートし、生活習慣の改善まで含めてケアしていくことが「AGA治療」とされています。

成人男性の約3人に1人がAGAに悩まされていますが一番の理由とされるのが男性ホルモンの過剰分泌といわれ、頭頂部と額の生えぎわから起こることが特徴です。
よく、AGAと薄毛の差で混乱される方がいます。

 

薄毛は、一般的に思春期以降、額の生え際や頭頂部の髪の一方または双方から薄くなっていくとされます。

遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられていますが、AGAは皮膚内で毛髪を作り出す毛包が十分に成長しないため、髪の毛が太く長く育たないうちに抜けてしまいうことが原因といわれ、徐々に薄毛や抜け毛が進行していきます。

しかしながら、完全に髪がなくなるのではなく、細く弱々しいうぶ毛は残っている状態です。

とはいえ、毛包が存在している限り、髪の毛は太く長く育つ可能性があります。AGAの中心年齢は、30代?50代の中年の男性にみられる傾向ですが、近年では20代の若い人のAGAも増えてきています。

特にAGAは進行度に個人差がありますので、何もしないでゆっくりと髪の毛の数は減り続け、抜け毛・薄毛が徐々に目立ってきます。

髪は一定のサイクル(毛周期)にしたがって、成長しては抜け落ち、同じ毛根からまた新しい髪が生えてくるというサイクルを繰り返すとされています。

本来、髪の毛は抜けるものなので、シャンプーの際の抜け毛や朝起きたときの枕元の抜け毛などはあまり気にする必要はありませんが、抜け落ちる量が極端に多い場合は心配です。正常な毛髪のサイクルが保たれていれば、薄毛になることもありませんが、実はこのサイクルを乱す物質が存在します。

これが、「DHT(ジヒドロテストステロン)」と呼ばれる男性ホルモンの一種で、本来は男子の胎児期に外性器の発達を促す重要な働きをするホルモンです。

DHTは思春期を過ぎると、悪玉男性ホルモンへと変化し、この変化により、AGAだけでなく、ニキビを増やしたり、前立腺肥大などの症状を引き起こす原因となってしまうのです。

DHTが正常な毛髪サイクルを乱す原因となるメカニズムは、男性ホルモンである「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という酵素の働きによって「ジヒドロテストステロン(DHT)」となり、毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体(レセプター)と結びついてしまうと、薄毛を加速させてしまうといわれています。

通常、生えた髪の毛は2年~6年、維持されますが、「DHTタイプII」がターゲットである前頭部と頭頂部の髪の毛の毛乳頭細胞にある「男性ホルモンレセプター」に接続すると脱毛に関するたんぱく質を生成し、一気に毛髪の寿命を縮めてしまいます。

これにより数ヶ月から1年で成長が止まってしまいます。髪は、「毛周期」にあわせ、毎日少しずつ成長しています。AGAは、このヘアサイクルが崩れることによって起こってしまいます。

前述したとおり、AGAは「男性型脱毛症」という意味を持ち、数多くある脱毛タイプのひとつに数えられますが、男性であれば、薄毛・抜け毛の悩みはすべてAGAに当てはまるということではありません。

若い男性に多く見られることが多い脱毛タイプで、男性ホルモン(テストステロン)が大きく関係していると言われています。

その他にも、加齢・ストレス・食事・生活習慣なども関わっているとされています。
過剰なストレスなどを受けると血管収縮のため、頭皮への影響もありますので、ストレスのない生活を目指すことも大切です。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村