発毛剤の真実

ミノキシジル・フィナステリド・ディタステリドのジェネリックでハゲ治療

人工毛の単価はいくら

増毛の費用について紹介していきたいと思いますが、増毛をする際にかかる費用はそれぞれの増毛を行っている機関によって
違っていると思いますが、だいたい自毛1本に結びつける人工毛の単価としては、30円から60円位といわれていますから
1000本増毛した場合にはだいたい五万円前後の費用がかかると思っておけばいいと思います。

1本の自毛に対して5本の人工毛をつけた場合には5倍の費用がかかりますから増毛費用としては二十五万円前後
かかることになりますが、これだけ増毛すればかなり見た目も変わってくると思います。

増毛は本数で決めずに予算に合わせて決めることもできますから安心して受けることができますね。

 

f:id:participantlink:20190718153651j:plain

 

本格的に増毛したいと思っている人は増毛専門の機関で千本単位での増毛がいいと思いますが、もしも少し薄くなってきた
部分の増毛だけでいいというのであれば、経済的にも安くすみますから100本単位の増毛もいいかもしれませんね。

ボリュームを出したいところにターゲットを合わせて手軽にリーズナブルな価格で増毛できるというのが増毛の
メリットといえるかもしれません。

増毛は費用の面でもほかの薄毛対策の施術に比べると安心して受けることができるのではないでしょうか。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

人工毛のメリットデメリット

人工植毛のメリットとデメリットについて紹介していきたいと思いますが、まず人工植毛を考える場合には、髪の毛のボリュームがあまりないという人でも気軽に植毛できる方法が人工植毛です。

f:id:participantlink:20190718104948p:plain

人工植毛では、アクリルやポリアミド単繊維といった原材料を素材にして人工毛を作っていて頭皮の部分に直接植えていきます。
自分の毛で行う植毛の人工植毛と比べると頭皮を切開する必要もありませんし、手術の際の傷口について心配する必要がないのが人工植毛のメリットです。
髪の毛全体が薄くなっていてボリュームも少ない人でも植毛が可能です。

自毛植毛に比べると時間も短時間で植毛できるというメリットもあります。
自分の希望している本数を広範囲にわたって植毛できるメリットがありますね。人工植毛のデメリットとしては自分の髪の毛ではないために、植毛後に拒絶反応がおこったり、炎症が起きてしまうということもあります。
また、頭皮が新陳代謝することで植毛した髪の毛が抜けてしまうこともありますし、定着率に個人差がありますが人によってはなかなか定着しないというデメリットもあります。
人工毛のデメリットはこのようになっていますからメリットデメリットをよく考えて相談してみましょう。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

新しい育毛、薄毛対策としてオキナワモズクに注目

最近、あるところの研究で、脱毛の原因となるたんぱく質が発見されました。

また、このたんぱく質の働きを抑える物質を、生薬や植物、海藻など約300種類の候補から探し出し、
オキナワモズクの抽出成分が有効であることも見つけた、としています。

育毛、薄毛に悩む人には朗報かもしれません。

 

f:id:participantlink:20190717003417p:plain

 

「オキナワモズク」の抽出物を、頭部で毛を作り出す毛乳頭細胞などに作用させると、脱毛の原因となるたんぱく質の生成が抑制され、それにより脱毛を防ぐことが可能になる実験結果が出ています。

オキナワモズクを応用した、育毛、薄毛のための薬が開発されるようです。

以前から、海草が育毛、薄毛に効果的、と言われていましたが、そのなかでも、
オキナワモズクが効果がある、ということの立証ともいえるようです。

しかし、食べる、ということでは、果たして、海草は育毛、薄毛に効果があるのでしょうか?

育毛、薄毛のためには、たんぱく質の過不足ない摂取が必須条件となります。

海草類が髪によいというのは、たんぱく質の適切な摂取があってこそとなります。
髪のツヤをよくし、白髪も防ぐといわれるミネラルやヨードが海草には豊富に含まれていても、50gや100gの海草に含まれるミネラルやヨードの量は僅かです。

毎日、ワカメの味噌汁を飲み、海草サラダを食べるくらいでは、育毛、薄毛に即効果が現れると言うものでもないのです。

毎日、適度にワカメやこんぶを食べると同時に、たんぱく質の摂取も欠かさない栄養の
バランスに気をつけることが第一です。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

信頼できる医師に、育毛、薄毛の相談をしよう

育毛、薄毛で悩みを抱える日本の成人男性は、1,260万人と言われています。

最近は、生活習慣の変化、ストレスの増加などで、若物や女性でも育毛、薄毛に悩んでいる人が増加傾向にあります。

こうした現状の中、育毛、薄毛に関し、医学的な根拠や知識に基づいた信頼できる正確な情報、治療を提供できる頭髪専門医師の必要性が求められています。

また、女性の場合、産後の抜け毛や、病気治療の後の抜け毛、などの症状が現れることもあります。
このため、一人一人の症状に応じ、場合によっては、産婦人科、内科の医師からの治療、アドバイスが必要になってくることもあるのです。

 

きちんとした医者に相談すれば、育毛、薄毛の悩みが解消される可能性は充分あります。
ただし、「治ること」と「改善が認められること」は異なります。

得に育毛、薄毛に関しては、どれだけ改善したから治ったと認めるのは医師ではなく、
最終的には患者さん自身です。

そこが他の疾患の治療と大きく異なる難しいところです。
育毛、薄毛の悩みは、一つの質問に対し、発毛治療の専門医師や毛髪診断士、ヘアカウンセラー、
薬剤師、メーカーなどの専門家の方々から、いろいろな角度から見たアドバイスを得ることが出来ます。

さまざまな意見をもとに比較検討して自分にあったものを選び解決していきましょう。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

食生活の乱れが薄毛になる

薄毛と食生活というのは密接な関係を持っています。
食生活の乱れが今指摘されている日本ですが、バランスが悪い食生活習慣を続けていれば、薄毛になる確率は高くなります。 

f:id:participantlink:20190714195131j:plain

特に、脂っこい食べ物を好む人、カロリーの高い食べ物を好む人というのは、薄毛になりやすいともいわれていますが、それだけでなく、生活習慣病メタボリックシンドロームなども引き起こす可能性もありますから、注意が必要です。

欧米化している今の日本の食生活習慣では、薄毛が目立つのも無理ないとされていますが、だからと言って、好きなものを食べて薄毛になっても仕方がないということではないと思います。

薄毛を予防するためには、栄養バランスを考えた、正しい食生活習慣を身につける必要があるのではないでしょうか。

正しい栄養バランスというのは、タンパク質やミネラル、ビタミンなどをバランスよく摂取することが基本で、もちろん一切油ものをとらないというわけではありません。

バランスよく摂取することで、髪の毛にとっても栄養がしっかりといきわたって結構な髪の毛が生えてきます。
薄毛について考える際の栄養としては他にも、亜鉛を欠かすことはできません。

亜鉛というのは、細胞の分裂を復活させるのに効果があるとされているのですが、亜鉛があまり摂取されなくなってしまうと、髪の毛はなかなか成長しなくなります。

そして、切れ毛や薄毛につながりますから、亜鉛が不足しないように注意した食生活をすることも大切です。


下記がハゲる食べ物ワースト10 になります。 

1位 ラーメン

f:id:participantlink:20190422235904j:plain

大量の脂肪分が1番の原因です。
脂質だけでなく塩分やカロリーも非常に高い食べ物になります。
血行を鈍らせ皮脂を過剰分泌させるラーメンはハゲる食べ物ナンバー1です。

2位 スナック菓子

f:id:participantlink:20190422235945j:plain

塩分の高い食べ物は、血中塩分濃度を下げるために心臓へ負担がかかり血行不良を招きます。
血行不良はハゲにとっての大敵なので、血行を鈍らせる食べ物はハゲを進行させます。
さらに大量の添加物と脂質が合わさり最悪です。

3位 コンビニの食品

f:id:participantlink:20190423000009j:plain

コンビニは手軽で便利ですが、お弁当、おにぎり、パンなどコンビニの食品には、大量の防腐剤や添加物が含まれています。

4位 ファーストフード

f:id:participantlink:20190423000033j:plain

ハンバーガーやフライドポテトは脂質や塩分も多く含まれているヘゲる食べ物です。
生産性とコストを重視したファーストフード店の食べ物には、大量の添加物が含まれてます。

 

5位 インスタント食品

f:id:participantlink:20190423000102j:plain

カップ麺やカップスープは食品添加物の多い食べ物です。
添加物はハゲる食べ物の定番です。
健康を害するだけでなく、酷い血行不良を招きます。

6位 お酒

f:id:participantlink:20190423000128j:plain

お酒を飲むと、アルコールを分解する役目を担う肝臓に負担がかかります。
肝臓は髪の毛の主成分となるたんぱく質の合成を行う器官でもあります。
アルコールの分解に精一杯になり、タンパク質の合成が鈍ってしまいます。

7位 肉の脂身

f:id:participantlink:20190423000156j:plain

脂身の多い肉はハゲる食べ物なので避けるのが懸命です。
特に肉の脂身は動物性脂肪になるので、植物油よりもハゲるリスクの高い食べ物です。

8位 コーラ

f:id:participantlink:20190423000217j:plain

コーラに含まれているリンは、薄毛・抜け毛の原因になる成分です。
一般的には350mlの飲料水の中にはリンが10mg前後含まれていると言われていますが、コーラの場合はなんと40~70mgも含まれており、非常に多量のリンを含んだ飲料水です。
また、甘味をつけるために使用されているのが、ショ糖と言う糖分です。
ショ糖を分解するために大量のビタミンB2・ミネラルが消費され、髪の毛に栄養が回らなくなってしまいます。
ビタミンB2が大量に消費されると皮脂が過剰に分泌され、毛穴が塞がってしまい毛髪が育たない環境が出来てしまいダブルパンチとなります。

9位 甘い食べ物

f:id:participantlink:20190423000250j:plain

甘いものといえば、ケーキやアイスクリーム、チョコレートなどが最初に思いつくのではないでしょうか。
高脂肪で高コレステロールのものは髪に悪影響を及ぼします。

10位 コーヒー

f:id:participantlink:20190423000320j:plain

コーヒーに含まれるタンニンには、亜鉛の吸収を妨害する働きがあります。
亜鉛は髪に必要な栄養素です。
まあ、カフェインにより睡眠障害や意を荒らしてしまう事で消化機能や吸収能力が低下してしまい、必要な栄養も十分に吸収できず弱った髪の毛を作る原因になります。

上記が髪に悪い食べ物ですので、ハゲ克服するには控えた方が良いです。
逆に髪に良い食べ物には下記の通りです。

髪に良い食べ物

f:id:participantlink:20190520154405p:plain


・髪の基本成分のケラチンのもとになる上質アミノ酸を含むタンパク質が多い食品

肉、魚、卵、大豆製品、牛乳、乳製品、カキ

甲状腺の働きを助け、髪の発育を促進するヨードを多く含む食品

わかめ、昆布、ひじきなどの海藻類

・血行をよくして抜け毛を防ぐビタミンE、Aを多く含む食品

にんじん、かぼちゃ、小松菜、ほうれん草などの緑黄色野菜、玄米、胚芽米、小麦胚芽油、ごま、ナッツ類、紅花油

・ビタミン、特にA、C、E、Fなどを多く含む食品

レモン、オレンジ、キンカンさくらんぼ、いちごなどの柑橘類

・血液の凝固力を下げコレステロールを防ぐエイコサペンタエン酸を多く含む食品

いわし、ぶり、さばなどの背の青い魚

・頭皮の新陳代謝を促進するビタミンBを多く含む食品

玄米、小麦胚芽油、豚肉の赤身、レバー、マグロ

・髪のツヤや張りをよくするコラーゲンを多く含む食品

長いも、れんこん、納豆

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

植毛の流れ

植毛の流れについてですが、まず、植毛をする際には検査やカウンセリングを受けてからになります。
植毛をする前には、血液検査もありますし、植毛の適性検査、頭皮のチェックなどが行われます。

植毛の手術は、麻酔を使って行われますから麻酔の検査などもあります。

検査が一通り終了すれば、医師とのカウンセリングがありますが植毛後にトラブルが起きないためにもカウンセリングでは
いろいろと聞きたいことがあるなら聞いておくといいと思います。

そして植毛の前にはシャンプーをしておきますが、植毛してからはしばらくシャンプーをすることができなくなるので注意しましょう。 

f:id:participantlink:20190714193538j:plain

そして、いよいよ植毛の手術になりますが、局部麻酔を使って手術中は意識がある中で植毛の手術になります。

だいたい植毛の手術にかかる時間としては、自毛植毛で2000本くらい植毛する場合には、4時間から5時間くらいの時間がかかります。

人工植毛の時には、もう少し手術時間が早いといわれています。
そして植毛の手術の後はその日に家に帰ることができるのですが手術から1週間くらいしたら抜糸しなければいけません。

シャンプーなどもだいたい抜糸が終わってからになります。
植毛の流れはこのようになっています。

植毛後のことについてですが、植毛後の髪の毛は自毛植毛法なら伸びてくるといわれていますがだいたいどれくらいで伸びるのか知りたい人も多いのではないでしょうか。

自毛植毛法で植毛をした後は、だいたい手術をしてから数日で伸びてきて1か月後には抜けることが多いようです。
しかし、この植毛後の脱毛は問題ないので安心してください。

それから、2か月か3か月くらいすれば髪の毛は伸びてきますしだいたい半年もすれば植毛後に髪の毛は伸びていくと思います。

植毛の手術をしてからどれくらいは仕事を休む必要があるのかと思っている人もいるかもしれませんが、仕事にもよりますが植毛手術の次の日から仕事に出ることができます。

植毛をせっかくしたのに遺伝でまたはげるのではないかと心配していると思いますが、遺伝には関係なく植毛をした時のままの性質で髪の毛は伸びていきますから抜けにくい髪の毛になるといわれています。

植毛後は、自分のヘアスタイルを自由に変えられるのか楽しみにしている人も多いと思いますが、植毛後は優に変えることができますし、ヘアムーズやワックスなどをつけてアレンジすることもできるので植毛をすれば自分の好きなヘアスタイルが毎日楽しめます。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

植毛の注意点

植毛をこれから受けるという人はまずは注意点を確認しておいた方が安心だと思います。植毛というのは医療行為に当たりますから手術をするわけです。
普通に病気になった際にはいろいろと話を聞いて医師から指示を受けて手術を受けることになると思いますから植毛をする際にも医師の話はよく聞かなくてはいけません。
まず植毛をする前には医師やスタッフとコミュニケーションをとって納得いく手術方法を説明してもらいましょう。そして手術をする医療機関の今までの植毛の実績などが見れるなら見せてもらった方がいいですね。
医師に自分がどうなりたいのか植毛語の希望を伝えることも大切です。

植毛に対して手術や費用の把握、植毛後のケアなどについての説明も受けているでしょうか。 

f:id:participantlink:20190714174913p:plain

そして、植毛の手術を受けるにあたっての日常生活で気をつけなければいけないことなども確認しておく必要があると思います。
植毛を受けるということは、メリットだけではないと思いますから植毛のデメリットなども理解したうえで植毛の手術の際に注意することなどについても説明を受けておいた方がいいと思います。
植毛を受けるということは手術を受けることですから十分にいろいろと説明を受けてから受けるようにしましょう。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

植毛の成功

植毛を成功させるためのポイントについて紹介したいと思います。

少しでも自分の思っているような植毛ができるためには、植毛が成功するためのポイントを押さえておくといいかもしれませんね。
まず一つ目としては植毛を行う際には手術のスケジュールなどは徹底した管理をしましょう。植毛をするためには、カウンセリングを受けなければいけませんし、血液検査や事前の色々な準備もあります。
また、植毛の手術の後には抜糸もありますし、何回かに分けて植毛をした病院へ通って経過を見せる必要があります。ですから、仕事のスケジュールや冠婚葬祭がないような時期を狙って植毛をするようにスケジュール管理は徹底しておきましょう。

 

f:id:participantlink:20190714164812j:plain


そして、植毛を成功させるために大切なこととして植毛した髪の毛の定着率というものがあります。
これは、皮膚に定着する確率についてなのですが、規則正しい生活をして、しっかりとバランスのいい食べ物を食べるということで体調がよくなって植毛した髪の毛の定着率もアップすると思いますから早く定着するようにするためには生活習慣を見直す必要があります。

f:id:participantlink:20190714164909p:plain

そして、植毛を生活させるためには、自分で色々と医療機関を探すことも大切です。

植毛の成功は医師の腕にかかっていると言ってもいいでしょう。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

植毛の手術について

植毛手術を行う際には医療行為の手術ですから、外科手術を受けるのと同じなので心配な人も多いのではないでしょうか。

f:id:participantlink:20190714141354g:plain

まず、痛みについての心配が一番多いと思いますが、植毛の際の痛みは、事前に局部麻酔をして麻酔をかけて植毛手術は行われるので植毛手術の際の痛みというのはないので安心です。

静脈麻酔を使っている植毛のクリニックもあるので、植毛手術の痛みだけでなく麻酔をする際の痛みも感じないこともあります。

また、植毛の手術後は痛みがひどいのではないかと思っている人も多いかもしれませんがクリニックによっては植毛後の痛み止めを処方してくれるところもありますから安心して植毛手術を受けることができます。
植毛の手術をする際に一回の手術でだいたい何本くらい植毛が可能なのかというと、病院によっても違うと思いますが
人工植毛の場合なら4000本から5000本くらいはできるといわれています。

なぜ、一度に可能な植毛の本数があるのかというと、長時間同じ姿勢で手術を受けなければいけませんからそのことを考えて本数は決められています。

もし、決められた植毛の本数以上植毛したい場合には、時間を開けて植毛をすることができると思いますから相談してみるといいのではないでしょうか。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

植毛とは

薄毛や脱毛に悩んでいる人の治療法などに、植毛というものがあります。
この植毛とは、一体どのようなことをするものなのでしょう。

毛を植える、とかく植毛は名前の通り頭皮などに、毛を植え付けるという治療法のことをいいます。

この植毛は、頭髪の薄毛や脱毛などに悩んでいる人にとってはもちろん、
最近では眉毛や睫などの植毛も人気があるそうです。

植毛は、手術によって髪の毛や髪の毛の組織などを頭皮に植え付けていくという、医療行為にあたります。

この植毛は、もともとは事故や火傷などでの外傷や、病気や薬などの副作用によって毛が抜けてしまった
人に対して研究されていた技術でした。

しかし、最近ではこの植毛はそのような用途はもちろん、薄毛や脱毛に悩む人や、女性の美容などでも用いられている技術となっています。

植毛の方法には、いろいろな方法があります。

自分の毛髪を使って移植を行う、「自毛植毛法」という方法や、人工的に作った人工毛を頭皮に植え付ける「人工毛植毛法」などがあります。

 

f:id:participantlink:20190714124021j:plain

 

前者の「自毛植毛法」という植毛の方法では、自分の毛の組織をそのまま皮膚と一緒に移植するという方法です。
この植毛の方法の場合、側頭部や後頭部などの、薄毛になりにくいと言われている部分の頭皮を毛根ごと切り取ります。

そして、その切り取った部分をまた毛穴ごとに細かくわける作業を経て、1本ずつていねいに移植していきます。

この植毛の方法の良い点は、自分の毛や毛根を使っているため、見た目がとても自然であるということや、
抜けてしまった場合でもまた生えてくるということが挙げられます。

後者の「人工毛植毛法」の植毛の方法では、人工の毛を1本ずつていねいに植え付けていくことになります。

人工の毛を使った植毛の方法となるため、自分の毛や毛根などを使った植毛の方法の場合よりも、
手術としては簡単な手術となることが多いようです。

しかし、やはり人気の植毛の方法は、自分の毛を使った植毛です。

自分の毛や毛根を使った植毛は、拒否反応が少なく、自然さにかけては他のものより優れているのが、この植毛が人気の理由です。

この植毛の手術を受けるためには、まず検査やカウンセリングを受ける必要があります。
植毛の手術自体は、入院する必要はなく、日帰りで受けることができます。

抜糸は1週間ほどで行われ、洗髪なども1週間ほどで行うことができます。

植毛の手術の費用は、保険が適用されることがないため、あらかじめカウンセリングなどで費用の面なども詳しく聞いておくことが必要です。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

植毛とのメリット

植毛をするメリットについて紹介していきたいと思います。
植毛をするメリットというのは何でしょうか。

やはり植毛をするメリットというのは、自然な感じで仕上がりますからカツラやエクステンションをするのとは
全く違ってとても自然でわからないと思います。

カツラの場合には日常生活でも制限されることが多いのですが、ジョギングをするときもスポーツをするときも気兼ねなく植毛なら楽しむことができます。

また、植毛ならサウナや温泉に行ってもむれませんし、髪の毛が濡れることで髪型を心配することもないのが植毛のメリットではないでしょうか。

やはりカツラをしていると温泉やサウナなどへ行くと蒸れてしまいますし、水がかかっても焦りますよね。

 

f:id:participantlink:20190713230637p:plain

今まで薄毛に悩んでいたという人の場合には育毛剤を買って何とか自分の毛を生やそうとしていたと思いますが、植毛すればもう育毛剤を買う心配もありませんし、経済的な負担も解消されるのではないでしょうか。

そして、植毛は実際に植え付けるわけですから自分の好きな髪型をすることができますからカラーやパーマなども楽しめるというのも植毛のメリットだと思います。

植毛のメリットはこのようにいろいろとありますから薄毛に悩んでいる人は一度考えてみるといいですね。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

プロペシアとミノキシジルタブレットの併用効果

AGA(男性型脱毛症)の治療で使用される最強の発毛剤(育毛剤)として有名な成分が「ミノキシジルタブレット」になりますが、一般的な皮膚科や内科では処方されることはありませんので知らない人の方が多いかもしれません。
ミノキシジルタブレットは、発毛を促進させるためのAGA治療薬として、特に薄毛の症状がひどい方にAGAクリニックで処方される内服薬で、その発毛(育毛)効果の高さから多くの方が薄毛の悩みを克服しているのです。
後ほど詳しく解説しますが、AGA治療薬で有名なプロペシアは、発毛効果はそれほど期待できません。
なぜなら、プロペシアはあくまでも薄毛を食い止める治療薬になるからです。
そのため、劇的に髪の毛を増やしたいと言う場合は、発毛効果の高いミノキシジルタブレットが必須となってくるのです。
今回はAGA治療薬であるプロペシアと併用した方が良いミノキシジルタブレットについて解説していきたいと思いますので、プロペシアを飲んでいるけど、思うように薄毛が改善していないと言う方にプロペシアミノキシジルタブレットの併用が効果的です。 

ミノキシジルとは

f:id:participantlink:20190712234015j:plain

ミノキシジルとは、「発毛・育毛」効果の高い成分のことで、もともとは高血圧症の治療薬として使用されていた成分になります。
1970年代後半にアメリカで血管拡張剤として開発され、高血圧症の治療薬として使用されていましたが、その副作用に「全身の多毛症(Hypertrichosis)」を頻繁に起こしてしまうことが分かり、頭皮に対しての外用薬として臨床試験が実施されました。
その結果、頭部の脱毛症に有効と言うことが明らかとなったのです。
現代ではミノキシジル配合の発毛剤や、ミノキシジルタブレットなどがAGA治療に使われていて、外用薬内用薬共に高い効果があることからほとんどのAGAクリニックで取り扱いがあります。
つまり、ミノキシジルは「医薬品成分としての発毛効果が認められている」と言うことです。
ミノキシジルは、正式に厚生労働省から発毛医薬品として認可されており、AGA(薄毛)改善の治療薬として幅広く使用されているのです。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルの効果は、発毛(育毛)になります。
具体的に言いますと、細胞分裂を活性化させて髪の毛を成長させる効果があるります。
もう少し詳しく説明しますと、ミノキシジルは直接髪の毛の毛母細胞に働きかけ、毛母の細胞分裂を活性化させて、髪の毛の成長を早める働きをすると言うことです。
現在日本では、ノキシジルを配合した育毛剤「リアップX5プラス」が大正製薬から発売されています。

f:id:participantlink:20190713001512j:plain

リアップX5プラスはミノキシジル含有量5%の育毛剤で、この数値はさまざまな臨床試験の結果最も日本人の体質に適していると言う数値になります。
ミノキシジルを5%配合した育毛剤を使用した実験をした結果、連続使用した場合で最低でも6ヶ月の期間を要すると言われております。
ちなみに、ミノキシジルを16%配合した世界最高濃度の発毛剤「フォリックスFR16 」は効果抜群です。

また、ミノキシジル外用薬が効果を発揮するのは「頭頂部」のみで、額の生え際の「前頭部」には効果は確認されておりません。
基本的に人間の髪の毛には「毛周期(ヘアサイクル)」があり「成長期→退行期→休止期」の様になっていて、2~6年の期間をかけて成長し、やがて退行期を迎えて成長が止まります。
そして休止期を迎えて仮眠の毛は抜け落ち、再び新しい髪の毛が生え成長期になります。f:id:participantlink:20190713003416j:plain

しかし、AGAの場合はこの毛周期が「DHT(ジヒドロテストステロン)」に狂わされるため、全うに成長することができなくなってしまうのです。
DHTは、男性ホルモンであるテストステロンが「5αリダクターゼ(還元酵素)」と結合することによって生成される強力な脱毛ホルモンのことです。
このDHTが大量に生成されることで、AGAとなり髪の毛が失われ薄毛になってしまうのです。
つまり、DHTさえ抑制することができれば脱毛を防止するができます。
そこで活躍してくれるのが5αリダクターゼの働きを阻害してくれる成分「フィナステリド」です。 

f:id:participantlink:20190713002957p:plain

フィナステリドを主成分としたプロペシアを継続して服用することで、5αリダクターゼの働きを阻害してくれますので脱毛ホルモンであるDHTが生成されなくなります。
その結果、AGAの進行を防ぐことが可能となるのです。
また、DHTが抑制されることで正常なヘアサイクルに戻りますので、髪の毛は太く長く成長することが可能となります。
しかし、フィナステリドはあくまでも薄毛の進行を食い止める成分になりますので、発毛や育毛を促進させる効果のある成分ではありません。
そのため、発毛・育毛を促進させるためにミノキシジルが必要不可欠と言う訳なのです。
AGAクリニックでは、ミノキシジルとフィナステリド(プロペシア)の併用を推奨していて、ほとんどのクリニックでは2種類の内服薬を処方しています。

ミノキシジルが攻めの役割で、フィナステリドが守りの役割です。 

f:id:participantlink:20190713002642p:plain

ミノキシジルプロペシアの併用が最強

ミノキシジルは上記でも言いましたように「発毛成分」になります。
一方プロペシアはAGAの進行を食い止める治療薬になります。
AGAの改善と言う意味では、プロペシアを服用すれば薄毛の進行を食い止めることはできますが、失ってしまった髪の毛を取り戻すことはできません。
しかし、ミノキシジルの効果をもってすれば、発毛を促進させて髪の毛の成長を早めてくれるので、薄毛が改善されるようになります。
つまり、ミノキシジルプロペシアの併用は最強と言うことです。
これはAGA治療の専門医も言っていることで、よりAGAに効果的な方法は、ミノキシジルプロペシアの併用処方になります。
AGA初期段階であれば、プロペシアの処方だけの場合もありますが、進行具合によってはプロペシアミノキシジル(外用)、さらに進行している場合はプロペシアミノキシジルタブレットの処方となります。
プロペシアでAGAの原因であるDHTを抑制し、ミノキシジルで発毛因子を刺激し、発毛を促し育毛を促進させることで薄毛が回復していくのです。
このように、双方の効果を同時に得ることで薄毛の悩みから解放されるのです。
プロペシアを服用しているけど一向にAGA(薄毛)が改善されないと言う場合は、ミノキシジルとの併用が効果的です。

最強の育毛剤ミノキシジルタブレット」が効果絶大

ミノキシジルは、上記で外用薬の育毛剤「リアップX5」をご紹介しましたが、外用薬よりも圧倒的に効果が高いのが服用タイプの「ミノキシジルタブレット」になります。
そのため、ほとんどのAGAクリニックではフィナステリド(プロペシア)とミノキシジルタブレットの併用を推奨していて、AGA治療で処方される内服薬は基本的にこの2種類になります。
ちなみにですが、ミノキシジル外用薬は頭頂部にしか効果を発揮しませんが、ミノキシジルタブレットの場合は頭頂部にも前頭部にも発毛(育毛)効果を発揮してくれます。
つまり、AGA治療に最強のコンビはフィナステリド(プロペシア)とミノキシジルタブレットと言うことです。
ただし、同じAGAでも前頭部の薄毛の場合は、頭頂部の薄毛とは原因が異なりますので注意が必要になります。
そのため、ミノキシジルタブレットを服用しても思うように薄毛が改善しない場合もあるのです。

ミノキシジルタブレットを服用しても思うように薄毛が改善しない場合もある

どういう事かと言いますと、AGAの原因はDHTになりますが、このDHTを生成する5αリダクターゼは実は2種類あるのです。
5αリダクターゼには1型と2型が存在し、頭頂部に多いのが2型5αリダクターゼで、前頭部に多いのが1型5αリダクターゼになります。
そして、フィナステリドが効果を発揮するのは頭頂部に多い2型5αリダクターゼだけになります。
つまり、前頭部の脱毛はフィナステリドでは完璧に防止できないと言うことです。
そのため、同じAGAでも前頭部の薄毛は改善しにくいと言われているのです。
ですから、ミノキシジルタブレットを継続して服用しても、脱毛を防止できなければ劇的な薄毛改善には期待できないと言うことなのです。
しかし最近は、1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼの両方の働きを阻害しくれる成分「デュタステリド」が登場し、厚生労働省の認可を受け実際に日本国内でも発売されるようになったのです。
ですからAGAでも頭頂部だけが薄毛の方の場合は「フィナステリド+ミノキシジルタブレット」で、前頭部が薄毛、もしくは前頭部も頭頂部も両方が薄毛と言う場合は「デュタステリド+ミノキシジルタブレット」が最強のコンビと言うことになります。
いずれにしても、劇的にAGA(薄毛)を改善するためには、発毛を促進させてくれるミノキシジルタブレットは必要不可欠と言うことになります。

ミノキシジルタブレットは前頭部にも効果を発揮してくれる

上記でも軽く触れましたが、ミノキシジルタブレットはAGAの中でも最も改善しにくいと言われている前頭部の薄毛にも効果を発揮してくれます。
つまり、額の生え際部分がハゲているいわゆるM字ハゲにも発毛効果があると言うことです。
ミノキシジルの外用薬であるリアップX5は、前頭部にそれほど効果を発揮しませんので諦めている方も多いと思いますが、服用タイプのミノキシジルタブレットでしたらM字ハゲ改善にも十分に期待できるのです。
ミノキシジルは毛母細胞を直接刺激し、髪の毛の発毛や育毛を促進させてくれます。
ミノキシジルタブレットは、体内で吸収され血液によって全身に運搬されますので、外用薬では効果を得にくい前頭部にもしっかりと有効成分が届きます。
そのため、生え際には効果を発揮しないと言う根拠がないのです。
要するにミノキシジルタブレットを服用することで額の生え際部分のハゲ対策も完璧にできると言うことです。

ミノキシジルタブレットは認可されていない

ミノキシジルタブレットは、絶大な発毛促進効果があります。
しかし、これだけ発毛効果があるにも関わらず「AGA治療薬として認可されていない」のが現状になります。
つまり、ミノキシジルタブレットは、あくまでも「高血圧症の治療薬」と言うことです。
そのため、原則として医師の処方のみでしか入手することができませんでしたが、最近では個人輸入でも購入することができるようになりました。

ミノキシジルタブレットを入手するには

ミノキシジルタブレット通称「ミノタブ」を入手する方法は2パターンあります。
①AGAクリニックで処方してもらう
個人輸入代行サイトで入手する
基本的にミノキシジルタブレットを手に入れる方法は上記の2つになります。

①AGAクリニックで処方してもらう 

一般的には、ミノキシジルタブレットの入手方法は「AGAクリニックで処方してもらう」方法になります。
上記でも言いましたが、ミノキシジルタブレットはAGA治療薬として世界的に認可されていない薬で、基本的には高血圧症の治療薬になるため扱いが非常に難しくなります。
そのため、しっかりと専門医の診察を受けて、あなたの薄毛にはミノキシジルタブレットが必要だと言う医師の診断が必要になります。
そして初めて処方してもらえるのが基本的にミノキシジルタブレットの入手方法になります。
しかもAGAクリニックでは、しっかりと血液検査等を行い、あなたの薄毛の細かい原因まで徹底的に調べてから、症状に合った治療薬を処方する必要があります。
その分どうしても料金が高額になってしまいます。

個人輸入代行サイトで入手する 

ミノキシジルタブレットの入手方法の2つ目は「個人輸入代行サイト」を利用するかたちになります。
個人輸入代行サイトも複数ありますが、全国的に有名で比較的安心できると言えばやはりオオサカ堂です。
ちなみにですが、オオサカ堂では海外正規品の医薬品を格安で販売していて、代行手数料も送料も全て無料になりますので意外と多くの方が利用しています。
特にプロペシアの価格は激安で、皮膚科や内科では最低でも10,000円はしますが、オオサカ堂でしたら半額以下の3,000円代での購入が可能となります。
オオサカ堂は設立20年以上になる個人輸入代行サイトの中でも老舗になりますので、信頼と実績があり多くの方が利用しています。
そのため、安全ではあると思いますがご利用の際は自己責任になります。

AGA治療の基本はプロペシアミノキシジルの併用

AGA治療と言えば、「プロペシアの内服療法」が一般的に認識されていますが、実はプロペシアだけでは改善しない場合があります。
なぜなら、プロペシアは脱毛ホルモンであるDHTの生成を抑制し脱毛を防止するための治療薬であり、発毛を促進させる効果には期待できないからになります。
もちろんプロペシアの服用だけで薄毛が改善したと言う方も居ますが、このようなケースは早期治療をはじめた方で、もともとハゲではなく若干の薄毛だった場合になります。
完全にハゲてしまっている場合は、プロペシアでDHTを抑制してもすでにハゲてしまっているためあまり意味がありません。
つまり、プロペシアはあくまでも「現状維持」と言うかたちの薬であると言うことになります。
現状細く弱々しくなっている髪の毛でも残っているのなら、DHT生成を抑制し、太く長い健康な髪の毛に成長させることは可能ではありますが、髪の毛が残っていない状態だとプロペシアだけで完全復活することは難しいと言えます。
ちなみにですが、AGAクリニックではなく皮膚科に相談した場合は基本的にプロペシアの処方しか行いません。
一方AGAクリニックに相談した場合はプロペシアミノキシジルの両方の処方を行います(状況によります)。
これは、プロペシアでAGAの原因であるDHTを抑制することと、ミノキシジルで発毛を促進させることが目的になるからです。
だからAGAクリニックに通院しているほとんどの方が早い段階で薄毛を克服しているのです。
つまり、プロペシアにはプロペシアの役割があり、ミノキシジルにはミノキシジルの役割があると言うことです。
以上のことから、プロペシアミノキシジルの併用がAGA治療の基本中の基本になると言うことが分かります。

プロペシアの特徴と役割について

改めてAGA治療薬であるプロペシアの特徴と役割について解説しておきたいと思います。
AGAと言われる男性型脱毛症がなぜ起こってしまうのかと言いますと、「男性ホルモンであるTH(テストステロン)が5αリダクターゼと結合することによってDHT(ジヒドロテストステロン)が生成され、DHTが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体(レセプター)と結合することでヘアサイクルが乱れ脱毛が起こる」と言うことになります。
以上のことからAGAの原因を作っているのはDHTと言うことが分かりますね。
そしてこのDHTを生成しているのが男性ホルモンであるテストステロンをジヒドロテストステロンに変換させてしまう5αリダクターゼになります。
つまり、5αリダクターゼの働きを阻害することができれば、脱毛を防止することができると言うことになります。
その役割を担ってくれるのが、プロペシア(フィナステリド)なのです。
プロペシアの主成分であるフィナステリドは、5αリダクターゼの働きを阻害してくれますので、DHTの生成を抑制させることができます。
プロペシアはDHTを減らし、毛根を守ってくれる薬になりますのであくまでも現状維持のための治療薬と言うことになります。
そのため、プロペシアを服用することで今以上に髪の毛が減ることはないのです。
また、薄毛の症状が軽い場合はプロペシアを服用すれば薄毛が復活する場合もあります。
これがプロペシアの特徴と役割になります。

ミノキシジルの特徴と役割について

ミノキシジルは、プロペシアとは逆に「発毛効果」のあるAGA治療薬になります。
ミノキシジルは、皮膚科や内科で処方されることがないためその存在自体を知らないと言う方の方が多いと思います。
ミノキシジルと一口に言っても、服用タイプのミノキシジルタブレットと、外用タイプの育毛剤があります。
主にAGAクリニックで処方されるのは服用タイプのミノキシジルタブレットで通称「ミノタブ」になります。
ミノキシジルは、もともとは高血圧の治療薬として開発された医薬品なのですが、服用した患者に「全身の多毛症」と言う副作用が見られたため育毛剤としての研究が進み、AGA治療に利用されるようになりました。
それを外用の育毛剤として開発されたのが大正製薬から販売されている「リアップX5」なのです。
他にもロゲインなども有名ですが、人気はテレビCMでお馴染みで安心感のあるリアップX5になります。
ミノキシジルの特徴は、血管を拡張させ毛根への血流を改善させることで髪の毛の成長に必要な栄養素を届きやすくすることになります。
血行不良は薄毛の原因の一つになります。
また、ミノキシジルはただ血管を拡張させるだけではなく、ミノキシジル特有の発毛を促進させる効果がありますので、その他の高血圧治療薬とは訳が違います(ミノキシジル以外の高血圧治療薬全てに発毛効果はありません)。
実際の研究でミノキシジルは毛乳頭細胞に直接作用し、発毛に必要な成長因子を分泌させることで髪の毛の成長を促進させることが明らかとなっています。
つまり、ミノキシジルは脱毛を防止する守りのプロペシアとは全く逆の効果を発揮する薬で、攻めの薬と言うことになります。
ちなみにですが、ミノキシジルは内服薬(ミノキシジルタブレット)と外用薬(育毛剤)とがあると言いましたが、発毛効果育毛効果共に効果が高いのは服用タイプのミノキシジルタブレットになります。
リアップX5などの育毛剤タイプのミノキシジルは効果が弱い分副作用の心配は少なくなりますが、リアップX5では効果がない場合もあります。
育毛剤だと薄毛の状態によっては物足りない場合もありますが、薬ばかり飲みたくないと言う方や、副作用を気にされる方はまずはリアップX5のような育毛剤タイプとの併用から試してみると良いと思います。

プロペシアミノキシジルを併用した方が良い3つの理由

それではプロペシアミノキシジルを併用した方が良い3つの理由をご紹介していきたいと思います。

理由①プロペシアだけでは髪の毛は生えないから併用が良い

上記で説明した通り、プロペシアは発毛を促進させる効果のある治療薬ではなく、脱毛を防止する役割の治療薬になります。
そのため、プロペシアに発毛効果は期待できないと言うことです。
プロペシアを服用することで弱っている髪の毛が、健康な状態となり太く長く成長をはじめますので、多くの方はプロペシアを飲むと髪の毛が生えると勘違いしていますが、実際はプロペシアに発毛効果はありません。
初の服用タイプの育毛剤ということで注目されましたので「プロペシア=発毛(育毛)効果」と思われている方が多いと思いますが、期待して服用するとガッカリしてしまう場合がほとんどです。
ちなみにですが、プロペシアの発毛率はほんの数%しかありません。
臨床試験で全体の約6割の方がプロペシアで薄毛が改善したというデータがありますが、これは軽度改善や中程度改善のケースも含まれています。
つまり、プロペシアの服用で劇的に髪の毛が増えた人ばかりではなく、ちょっとだけ髪の毛が増えた場合でも一括りにして「改善」としているのです。
このような発表があると、多くの方の薄毛が改善したかのように受け取ってしまうと思いますが、実際はそうではなく劇的に改善した人はほんの数%になります。
そのため、AGA治療をはじめるならプロペシアで抜け毛を防止しながら発毛効果の高いミノキシジルを併用した方が良いのです。

理由②ミノキシジルだけでは脱毛を防げないから併用が良い

プロペシアは脱毛を防止する役割で、ミノキシジルは発毛を促進させる役割と言うことは理解していただいていると思います。
ミノキシジルは服用タイプの方が効果は高いのですが、外用タイプの育毛剤でもプロペシアよりも圧倒的に発毛効果が高くなります。
そのため「ミノキシジルだけでも十分髪の毛が生えるんじゃないの」と考える人が居ます。
少しでも治療費を安く抑えたいという理由から、上記のような考えに至るケースが多いのですが、ミノキシジルは発毛効果はあるけど脱毛を防止する効果がないと言うことを忘れないでください。
そもそもAGA(薄毛)の原因は、ヘアサイクルを乱してしまうDHTにあります。
つまり、このDHTを抑制しない限り髪の毛はなくなるまで抜け続けると言うことです。
しかもミノキシジルではこのDHTの生成を抑制することはできません。
ですから、ミノキシジルで髪の毛の成長を促しても、結局後ろからDHTがやってきて髪の毛を抜け落ちさせてしまうのです。
そのため、AGA治療をはじめるならプロペシアで抜け毛を防止しながら発毛効果の高いミノキシジルを併用して発毛を促した方が良いのです。

理由③プロペシアとフィナステリドの併用でお互いの欠点を補える

プロペシアは脱毛を防いでくれますが発毛を促す効果がありません。
ミノキシジルは発毛を促進させるけど脱毛を防ぐ効果はありません。
お互いに欠点がある治療薬ではありますが、それぞれを併用することでお互いの欠点を補うことが可能となります。
また、それぞれの役割を効率よく発揮できるようになりますので、AGA治療においてプロペシアミノキシジルの併用は基本中の基本であり最強と言えるのです。
そのため、AGA治療をはじめるならプロペシアで抜け毛を防止しながら発毛効果の高いミノキシジルを併用した方が良いのです。

以上3つがプロペシアミノキシジルを併用した方が良い理由になります。お互いの欠点を補いながらそれぞれの役割を全うできるため、AGA改善までの道のりが最短になります。一刻も早く薄毛を改善したいと言う方は、このプロペシアミノキシジルを併用した方が良いでしょう。

薄毛予防の場合はプロペシア単独でも効果あり

今現在薄毛ではないけど、将来的にハゲたくないと言う方は予防目的でプロペシアの服用をしましょう。
プロペシアの主成分であるフィナステリドは、AGAの原因であるDHTを生成してしまう5αリダクターゼの働きを阻害してくれる効果があります。
つまり、薄毛の進行を食い止める効果に関してはプロペシアは最強と言うことです。
そのため今現在は薄毛ではないけど、
①親族に薄毛の人が居る(特に母方の祖父に注意)
②最近抜け毛が増えてきた(シャンプー時に髪が抜ける)
③最近と薄くなってきた気がする
このような状況の方は、薄毛予防のためにプロペシアを単体で服用してみても良いと思います。
ハゲてからでは手遅れになる場合もありますので、ハゲる前に手を打つ人も少なくありません。
ただし、既にある程度薄毛になっているケースで、AGAが進行している場合はプロペシア単体では物足りない場合もありますので、ミノキシジルを併用した方が良いでしょう。
自分の頭部の状態をチェックしても自分で判断できないと言う場合は、AGAクリニックの無料カウンセリングなどを活用して相談してみるのもおすすめです。

プロペシアミノキシジルの併用でAGAが改善しない場合の対処法

プロペシアミノキシジルを併用しているにも関わらずAGAが一向に改善しないと言う場合は正直焦りますよね・・・
このような場合に考えられることは「栄養不足」もしくは「睡眠不足」になります。
まず、プロペシアは脱毛防止効果、ミノキシジルは血管拡張で血流改善になりますが、抜け毛を防ぎ血流を改善したところで髪の毛の成長に必要な栄養素が不足していると期待通りに髪の毛が成長しない場合もあります。
そのため、髪の毛の成長に必要な栄養素をしっかりと摂り入れる必要があるのです。
それから睡眠不足の場合も髪の毛の成長に悪影響を及ぼしますので要注意です。
なぜなら、髪の毛は寝ている間に成長しているからになります。
睡眠不足の状態だと、どれだけ効果のある薬を飲んでいたとしても効果を最大限発揮できない場合があるのです。
プロペシアミノキシジルを併用しているにも関わらず思うように改善しないと言う場合は、髪の毛の成長に必要な栄養素と睡眠時間をしっかりとるようにしてみてください。
それでも薄毛が改善しない場合は、プロペシアがきかない体質のかのうせいがありますので、以下の記事を参考にしてみてください。

ミノキシジルタブレット個人輸入

フィナステリド(プロペシア)やデュタステリド(ザガーロ)を服用しているにも関わらず、一向にAGAが改善しない、薄毛が治らないと言う方も少なくはありません。
なぜなら、フィナステリドもデュタステリドも脱毛を防止するための成分で、発毛や育毛を促進させる効果には期待できないからになります。
そのため、劇的な薄毛改善を求めるならば上記で紹介しましたミノキシジルの力が必要不可欠となるのです。
特にミノキシジルタブレットの発毛効果は絶大で、リアップX5などの育毛剤と比較しても圧倒的な発毛効果があります。
しかし、ミノキシジルタブレットはもともと高血圧症の治療薬であると言うことと、服用量によっては副作用のリスクが高まってしまいますので、まずは専門医の判断を得ることが安全に服用するための秘訣になります。
ミノキシジルタブレットに発毛効果があることは世界的にも認められていますが、AGA治療薬としては全世界で認可されていませんので専門医の判断が重要になります。
そのため、ミノキシジルタブレットの服用を検討していると言う方は、個人輸入で手に入れることをおすすめします。

まとめ

以上のようにミノキシジルは非常に発毛(育毛)効果の高い成分で、AGA治療には欠かせないものとなります。
しかし、皮膚科や内科ではミノキシジルタブレットの処方は一切ないのでその存在を知らない人が多いのも事実になります。
もし、プロペシアやザガーロを飲んでいるけどそれほど薄毛が改善していないと言うことでしたら、ミノキシジルタブレットを併用することで薄毛を改善することが可能になります。 

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

ディタステリドの効果と副作用

日本人男性の薄毛の原因と言えば「AGA(男性型脱毛症)」がほとんどで、その治療薬で有名なのが「プロペシア」になります。
プロペシアの有効成分である「フィナステリド」がAGAの原因である「DHT(ジヒドロテストステロン)」の生成を抑制し、薄毛を改善へと導いてくれます。
しかし、中にはプロペシア(フィナステリド)が効かない人も存在し、その様な方のために開発されたのが「デュタステリド」になります。
そこで今回は、デュタステリドの効果と副作用について見ていきます。 

f:id:participantlink:20190712015355p:plain

デュタステリドとは?

デュタステリドとは、AGA治療薬の有効成分で、プロペシアの有効成分であるフィナステリドと同様もしくはそれ以上の効果を発揮する成分になります。
デュタステリドはフィナステリドと根本は同じDHTの生成を抑制する効果になりますが、その抑制効果はフィナステリド以上になります。
厳密に言いますと、フィナステリドもデュタステリドもDHTを抑制するのではなく、DHTを生成してしまう原因である「5αリダクターゼ(還元酵素)」の働きを阻害すると言うことになります。
5αリダクターゼが男性ホルモンであるテストステロンと結合することで、強力な脱毛ホルモンであるDHTを生成してしまうのです。
そしてこのDHTが毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体と結合することによってヘアサイクルが乱れ、抜け毛が増加し薄毛になってしまうのです。
つまり、フィナステリドもしくはデュタステリドを服用することによって、5αリダクターゼの働きを阻害することが可能となりますので、AGAの進行を防ぐ事が可能となり薄毛改善へと導いてくれると言うことなのです。

デュタステリドが誕生した経緯について

デュタステリドを開発したのは、イギリスの製薬会社である「グラクソ・スミスクライン社」で、2001年に発表されました。
デュタステリドもフィナステリド同様にもともとは前立腺肥大症の治療薬として開発された成分になります。
なぜなら、AGA医療において発症要因と言われているDHTが、そもそも前立腺肥大症の発症要因でもあるからになります。
DHT濃度が高くなると前立腺に作用し、前立腺肥大症を引き起こしてしまいます。
このような事実から開発されたデュタステリドは、2型5αリダクターゼだけではなく、1型5αリダクターゼにも効果を発揮すると言うことが臨床試験によって明らかとなり、フィナステリドよりもより強力な効果を発揮すると言うことが分かったのです。
こうした経緯から前立腺肥大症の臨床現場において非常に高い改善効果を示し、現在も前立腺肥大症の治療薬として活躍しているのです。
そして、この1型と2型の両方の5αリダクターゼの働きを阻害する効果が認められ、AGAの治療にも非常に高い効果があることが明らかとなり、AGA治療薬として認められたのです。

デュタステリドが国内で正式に認可された日

デュタステリドが正式に厚生労働省で認可されたのは「2015年9月28日」になります。
それまでは、フィナステリドを主成分としたプロペシアとそのじぇめリック医薬品であるファイザーのみでしたが、新たにデュタステリドがAGA医薬品として認められました。
厚生労働省で認可され、実際に日本国内で販売されていると言うことは、さまざまな臨床試験が行われ副作用試験や連続使用耐性試験等も行われて問題なかったと言う結果で、薬学的な安全性と発毛効果が正式に認められたと言う結果になります。
デュタステリドは世界的に注目されている成分
デュタステリドは、AGA発症要因となるDHTを抑制する成分で、1型と2型の両方の5αリダクターゼの働きを阻害してくれる非常に優れた成分で、世界的に注目されている有効成分になります。
しかしながら日本の厚生労働省に該当する「FDAアメリカ食品医薬品局)」では、デュタステリド成分を前立腺肥大症の治療薬としてしか認可しておらず、医学的見地からはAGA治療薬としての認識が薄かったと言う過去の経緯があります。
その理由は、プロペシアが先に大きな商業的成功を納めたためになります。
AGA医薬品として認可を得るためには膨大な研究資料と試験等の結果報告が必須で、とてつもない費用と時間が必要になります。
そのため、既にAGA治療薬として世界的に知名度のあるフィナステリド製剤(プロペシア)が発毛成果をあげていたことから、デュタステリドはAGA治療薬としてのFDA認可の申請を敢えて辞退したのです。
しかし現在ではフィナステリドよりもデュタステリドの方がAGA治療薬として優れていると言うことが世界的にも認められ、フィナステリドでは満足できる結果を得ることができないAGA患者から非常に高い支持を得ているのです。

デュタステリドのAGA改善効果について

AGA治療薬と言えばプロペシアと言う認識が広まっている中、プロペシアでは満足できる結果が出ていないと言う人も少なくはありません。
なぜなら、プロペシアの主成分であるフィナステリドが効果を発揮するのは、2型5αリダクターゼのみになるからです。
つまり、1型5αリダクターゼが多く存在している人にはそれほど効果を発揮しないと言うことになります。
ちなみにですが、頭頂部と前頭部では存在している5αリダクターゼの種類が異なることをご存知でしょうか?
頭頂部には2型5αリダクターゼ、前頭部には1型5αリダクターゼが多く存在しています。
つまり、前頭部の薄毛の方、いわゆるM字ハゲの方はプロペシアでは満足する事ができないと言うことなのです。
そこで効果を発揮してくれるのがデュタステリドと言う訳です。
しかも、デュタステリドはフィナステリドよりもDHT抑制効果が高いと言われていますので、頭頂部の薄毛の方でも今以上に復活させたいと言うことでしたら、デュタステリドに変更することをおすすめします。
AGAにおけるデュタステリドの実際の効果は?
デュタステリドのDHT抑制効果に基づく発毛効果に注目が集まり、研究が行われました。
20~50歳の同レベルのAGA患者を対象とした試験で、頭頂部(直径2.54㎝円内)の薄毛において、それぞれフィナステリドとデュタステリドを投与し、24週経過した時点での髪の毛の増加本数を比較してみたところ以下のような結果が出たのです。

【直径2.54㎝の範囲の毛髪再生本数測定試験の結果】

フィナステリド・・・56.5本の毛髪再生
デュタステリド・・・89.6本の毛髪再生

以上の結果から、デュタステリドはフィナステリドの約1.5倍の毛髪再生効果があると言うことになります。
加えて毛髪の太さにもポジティブな変化が報告されていて、頭頂部と前頭部の両方の薄毛に改善が見られ、特に頭頂部の改善効果が高いと言う結果が出ています。
また、同じような試験が「Journal of the American Academy of Dermatology誌」主催によって行われましたが、上記測定試験と同様の結果が出たと発表されています。
以上のことからフィナステリドよりもデュタステリドの方が圧倒的に効果が高いと言うことが明らかで、プロペシアで満足する結果が出ていない人や、フィナステリドに対する先天的な感受性が悪い人、一刻も早く発毛効果を得て薄毛を改善したいと言う方にデュタステリドはおすすめになります。

デュタステリドの国内長期服用試験も実施されました

デュタステリドが厚生労働省に認可されるまでは、国内でのAGA治療薬として認められていなかったため長期使用における薬品効果減退を検証する試験結果はありませんでしたが、実はデュタステリドの連続使用による「耐性」が発生する可能性が懸念されていたのです。
そこで0.5mgのザガーロを52週連続服用長期試験を行い24週目と変化がないか確認したところ、24週目と同程度の作用が確認されており、発毛効果(DHT抑制効果)が52週と言う長期使用においても維持されていると言う結果が出たのです。
この結果は個人輸入代行サイトにおけるデュタステリド製剤(アボダート)利用に関する知識としても非常に大きな収穫で、個人輸入代行サイトで購入を検討している方にとって非常に参考になる試験結果と言えます。 

デュタステリドとフィナステリドの違いについて

f:id:participantlink:20190712015612p:plain

デュタステリド(ザガーロ)とフィナステリド(プロペシア)の違いは上記でも触れていますのでなんとなく分かっていただけたと思いますが、改めて説明しておきたいと思います。
上記でも触れましたが、AGAの原因物質であるDHTを生成する5αリダクターゼには1型と2型があります。
最大の違いは、フィナステリドはこの内の2型5αリダクターゼにしか作用しないのに対して、デュタステリドは1型5αリダクターゼにも2型5αリダクターゼにも作用すると言うことです。
つまり、かんたんに言いますとプロペシアで改善しなかった薄毛も改善することができると言うことです。


①5αリダクターゼ抑制効果の差異

AGAの原因である5αリダクターゼは、主に毛根部分に存在していて、2型が主な原因として認識されています。
これはAGA患者の約8割が、2型5αリダクターゼの働きを阻害するフィナステリドを主成分としたプロペシアの服用で劇的に改善しているからになります。
しかし、プロペシアが効かない場合もあり、このような場合は2型5αリダクターゼよりも1型5αリダクターゼの方が優位に立っている可能性が高いからになります。
特に前頭部の薄毛の場合は1型5αリダクターゼが多く存在しているので、プロペシアでは改善しにくいと言われているのです。
プロペシアで改善しないAGAは、1型5αリダクターゼが原因となります。
フィナステリドでは1型5αリダクターゼの働きを阻害することができません。
1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼの両方を阻害するには、今のところデュタステリドしかないと言うことです。
そのため、プロペシアを半年以上服用しているけど改善効果が見られないと言う場合でも、デュタステリドだと劇的に改善する可能性があります。

②薬効残存時間の差異

デュタステリドの薬効残存時間は、フィナステリドよりも圧倒的に長くなります。
主に半減期と言う言葉を使われますが、半減期とは薬品成分が血液に溶け込む濃度が半分になるまでの時間のことを言います。
デュタステリドの場合はこの半減期が「2週間以上」続くことが公式に発表されています。
ちなみにフィナステリドの場合は「6~8時間」と公式に発表されています(ただしフィナステリド服用中止後もDHT抑制効果が数ヵ月続くケースがありますので一概には言えません。)。
そのため、継続吹くように置いてデュタステリドはフィナステリドよりも血中DHT抑制濃度の濃薄が発生しにくく、安定した頭髪整腸効果があると考えられているのです。
しかも、デュタステリドの場合はDHT抑制効果が非常に高くなりますので、デュタステリド含有濃度0.5mgでも十分で、フィナステリド含有濃度1.0mgのプロペシアよりも副作用のリスクが低くなるとも言われています。

デュタステリドの副作用について

デュタステリドもフィナステリド同様に副作用があります。
デュタステリドの副作用はフィナステリドの副作用に類似しています。
・性欲減退
・性機能不全(リビドー減退、勃起不全、射精障害)
・肝機能障害
・鼻咽頭炎
・黄疸

デュタステリドの副作用は以上で、フィナステリドの副作用とほぼ同じになります。
フィナステリド(プロペシア)の副作用ではみられない「鼻咽頭炎」とは、鼻水が出る花粉症や風邪のような症状に近いものになります。
この副作用の報告はデュタステリド服用患者の中でも最も多い副作用となっており、約15%の患者が鼻咽頭炎を報告しています。
その他の副作用に関しましては1%前後となっております。
以上のことから、男性が最も心配される性機能不全の副作用は、フィナステリドよりも確率が低くなっています。

ザガーロとは

ザガーロ
5α-還元酵素Ⅰ型Ⅱ型阻害薬
ザガーロは2型だけでなく1型の5α-リダクターゼにも作用する、国内で2番目に承認された、内服型AGAです治療薬です。今まではAGAの治療としては2型のみを抑えれば良いと考えられていましたが、脱毛部位の毛包に1型も発現していることからAGAとの関係が示唆されています。頭頂部のみならず、前頭部にも強い発毛効果が見られることが特徴です。

 f:id:participantlink:20190712020227p:plain

f:id:participantlink:20190712020230p:plain

f:id:participantlink:20190712020235p:plain

主要有効成分:デュタステリド
効果範囲:5α-還元酵素Ⅰ型Ⅱ型阻害
形状:ソフトカプセル剤
種類:0.1mg/0.5mg
海外の承認商品:アボダート
添加物:ジブチルヒドロキシトルエン、中鎖モノ・ジグリセリド、ゼラチン、グリセリン、濃グリセリン、酸化チタン、黄色三二酸化鉄(0.1mgのみ)、三二酸化鉄、中鎖脂肪酸トリグリセリド、レシチン

デュタステリドはどこで手に入る?

では、実際にデュタステリドはどこで手に入れることが可能なのでしょうか?
日本国内では医薬品を入手するには基本的には処方せんが必要になります。
または、個人輸入代行を使えば安価で入手することが可能です。

デュタステリド(ザガーロ)はAGAクリニックで手に入る

デュタステリドはAGAクリニックや皮膚科で手に入れることができます。
ただし、処方せんが必要になる薬になりますので、まずは診察を受ける必要があり、デュタステリドが必要な症状と診断される必要があります。
そのため、まずは皮膚科やAGAクリニックに相談するようにしましょう。

デュタステリド配合のAGA治療薬を格安で手に入れる方法

前頭部の薄毛に効果的な成分はデュタステリドと言うことになりますが、AGAクリニックや皮膚科で処方してもらうとなるとプロペシア同様に相当高くなってしまいます。
AGA治療にそこまでお金をかける経済的余裕がないと言う方も少なくはないと思いますので、デュタステリド配合のAGA治療薬を格安で入手する方法をご紹介したいと思います。
デュタステリドもフィナステリド同様に個人輸入代行業者での取り扱いがありますので、格安で手に入れることが可能となります。

まとめ

デュタステリドはフィナステリド以上のDHT抑制効果があるAGA治療薬になります。
一般的なAGAは、約8割が2型5αリダクターゼが主な原因による薄毛になりますが、残りの約2割の方は1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼの両方が原因となっていて、フィナステリドでは満足する結果を得る事ができません。
特に前頭部に1型5αリダクターゼが多く存在すると言われており、前頭部の薄毛にお悩みの方はフィナステリドでは満足する事ができません。
また、頭頂部にも1型5αリダクターゼは少なからず存在していますので、劇的に薄毛を改善したいと言う場合は1型にも2型にも効果を発揮するデュタステリドが効果的と言えるでしょう。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

植毛

植毛というのを聞いたことがありますか?

植毛というのは何かというと感じを見てわかるように、植毛は髪の毛を植えることをいいます。
髪の毛が薄くなってしまった部分や、髪の毛が抜けてしまってもうはえてこないという場合には、植毛をするという方法があります。
植毛は、手術をして自分の髪の毛を毛根から植えることもありますし、自分の髪の毛以外に人工の髪の毛を頭皮にじかに植えるという方法もありますから植毛といってもいろいろな種類があります。
植毛と育毛は同じように思われがちなのですが、植毛と育毛はまったく違っていて、自分の頭皮に直接髪の毛を植えたり人口毛を植えるのが植毛ですから医師免許を持っている人しか植毛の手術を行うことができないことになっています。

f:id:participantlink:20190712012324p:plain

植毛はもともと、やけどや何らかの病気で抜け毛に悩んでいる人のために研究がおこなわれてきて開発されたのがきっかけだといわれていたのです.
だが、最近は植毛は美容の一環としても注目を集めていて、日本よりもアメリカの方が植毛についての研究や治療が多く行われているといわれています。
植毛をするということは、医療行為なのでその点をしっかりと考えたうえで植毛をするかどうかを考えた方がいいかもしれませんね。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

若ハゲ対策

10代~30代くらいの若い時代にも関わらず、髪が薄かったり脱毛が激しかったりする場合、若ハゲという症状と呼ばれます。

この若ハゲ対策はどのようにしたらよいのでしょうか。

若年性脱毛症という名称を持つ若ハゲは、額の髪の生え際あたりからどんどん髪が薄くなってくるという症状を持つものです。
この若ハゲ対策として、考えられるものが、男性ホルモンのバランスや遺伝的な要素などです。

しかし、その他にも若ハゲ対策としてできることはいろいろあります。
若ハゲ対策として、シャンプーの回数を多くする人がいます。

実は、このシャンプーの回数を増やすという若ハゲ対策は逆に若ハゲを進行させてしまう恐れもあるのです。
若ハゲ対策としてシャンプーを多くやるという人は、若ハゲ対策として頭皮をキレイにしておこうと思っていると思います。

しかし、一見若ハゲ対策として有効であるようなこの方法は、逆に頭皮を乾燥させてしまう要因となることがあるのです。
そのため、正しい若ハゲ対策としてのシャンプーの回数は、適度に行うことが大切なのです。

また、若ハゲ対策として、シャンプー類をきちんと丁寧にすすぎ流すということも大切です。
その他の若ハゲ対策としては、食生活をみなおすということがあります。

若ハゲ対策の観点から見ると、お肉や油っこい食べ物というのは、若ハゲにとってあまり良いとはいえないものなのです。
そのため、若ハゲ対策としての食生活を考えると、お米や味噌汁、魚類などの和食系の食生活が若ハゲ対策によいでしょう。

その他にできる若ハゲ対策は、頭皮のマッサージがあります。
頭皮には、足の裏以上のツボがあるといわれているのです。

若ハゲ対策の頭皮マッサージは、そのツボを刺激することにより、頭皮の血行などを促進していくという若ハゲ対策です。
毎日、指の腹を使っての頭皮マッサージは、若ハゲ対策として良いだけではなく、気持ちも良いものです。

 

f:id:participantlink:20190712003457j:plain

 

リラックスした気分でこの頭皮マッサージを行うことにより、ストレス解消の若ハゲ対策もできる為、一挙両得です。

さらに、若ハゲ対策として禁止するべきものは、お酒やタバコです。
お酒やタバコは、全身の血行を悪くする働きがあるため、これらを禁止することは、若ハゲ対策としてとても有効なものだといえます。

豚毛のヘアブラシでのブラッシングも、若ハゲ対策として有効だといわれています。

豚毛はとても髪に良いと言われていて、頭皮にも適度な刺激を与える働きがあるため、この豚毛ヘアブラシを使用する
ブラッシングも、若ハゲ対策に良いでしょう。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村