発毛剤の真実

ミノキシジル・フィナステリド・ディタステリドのジェネリックでハゲ治療

ハゲを治すにはどうしたらいいか

ハゲを改善する方法はいくつもあり、日常生活をおくる中で気軽に試せるものもあります。

こハゲを改善するためにあなた自身ができる方法を紹介します。

AGAに起因するハゲどんな対策

ハゲというのはそもそもどのような症状で、どのような種類があるのでしょうか。AGAには3つのタイプがあります。

O字型ハゲ

頭頂部のつむじから薄毛が徐々に進行し、円形に広がる「O字型ハゲ」。

このハゲが進むと、後頭部と側頭部にだけ毛が残ります。

M字型ハゲ

左右のこめかみから徐々にハゲ、M字のかたちになるのが「M字型ハゲ」の特徴です。

U字型ハゲ

おでこがどんどん後退していくのが「U字型ハゲ」です。U字型ハゲが進行すると、後頭部と側頭部の毛が残ります。

AGAが原因で薄毛・抜け毛が進行してハゲている場合は、この「3つのタイプのいずれか」もしくは「3つのタイプが混在している」場合が考えられます。こうした症状に加えて、「抜け毛の量が増えた」「髪質が柔らかくなった」「ハリがなくなった」という自覚がある方は、AGAの症状を疑ってみましょう。

AGAは放置しても改善しない

AGAによるハゲへの対処法として最もふさわしくないのは、そのまま放置することです。AGAは、そのまま放置して改善するものではありません。自分でまずトライすべきなのは、生活習慣を改善することです。例えば、以下のような方法を試してみましょう。

栄養バランスを考えた食事をとる

十分な睡眠時間を確保する

飲酒・喫煙を控える

より刺激の少ないシャンプーを使用する

発毛剤を用いる

頭皮マッサージを行う

さらに、効果的な方法をとりたいなら、投薬治療を受けるという手もあります。クリニックに通院したり、市販のAGA治療薬を用いたりするといった選択肢がありますが、それぞれにメリット・デメリットがありますので、事前に確認しておくことが大切です。

自分でできるハゲ改善法を試す

AGAは遺伝や生活習慣、そして男性ホルモンなど、さまざまな要因が複雑に絡み合うことで引き起こされると言われています。

AGAの症状は、徐々に進行していくため「ハゲるのを防止したい」「ハゲを改善したい」と思うなら、そのレベルに即した対策が重要です。症状がまだ軽いうちは、気軽に試せるセルフケアから始めてみましょう。次に、自分でできるハゲ改善法をいくつか挙げ、解説していきます。

食事や睡眠など生活習慣を改善する

食生活の見直し

髪の毛の主成分は、タンパク質です。タンパク質が不足すると、薄毛も進行していきます。そこで、重要になるのがタンパク質やタンパク質を生成する際に必要となる栄養素「ビタミン」や「亜鉛」などです。タンパク質そのものを肉や魚、卵、大豆、乳製品などで摂取しつつ、血流促進効果があるビタミンや、髪をつくる際に必要な亜鉛などを意識して摂るようにしましょう。ビタミンが豊富なのは、豚肉やレバー、大豆、野菜などで、亜鉛は牡蠣や魚介類、レバーなどに多く含まれています。

その一方で、頭皮環境を悪化させる糖分や塩分、脂肪分などは控えたほうがよいでしょう。また、髪の毛の成長を促すホルモンが多く分泌される午後10時~午前2時にかけて食事すると、食べたものを消費するために血流がおなかに集中してしまいます。そのため、頭皮に十分な血液が回らず、栄養が行き届かなくなりがちです。食生活を改善する際は、食べ物の種類はもちろん、食事する時間帯などにも気を配りましょう。

十分な睡眠時間の確保

先述の通り、髪の毛の成長を促すホルモンは、午後10時~午前2時にかけての時間帯、深い眠りの最中に分泌されます。薄毛を改善するため、成長ホルモンの分泌を促進したいなら、この時間帯の十分な睡眠が欠かせません。

眠りにつく前に好きな音楽を聴くなどしてリラックスしておくと、副交感神経が優位に働き、質の高い睡眠をとりやすくなります。また、寝る直前のスマホを控え、ブルーライトを浴びないようにするのも、深い眠りにつくためのポイントです。

飲酒習慣、喫煙習慣の見直し

過度な飲酒・喫煙の習慣があると、頭皮の血行が悪化したり、髪に必要な栄養を分解してしまったりするため、髪の毛に十分な栄養がいきわたらなくなる可能性があります。お酒やたばこをやめるのが賢明ですが、習慣化している場合はなかなか難しいのも事実です。どうしてもやめられないという人は、「週に1~2日の休肝日をつくる」「たばこの本数を減らす」などから始めてみましょう。

過剰なストレスを溜め込まない

適度なストレスは身体に良い面もあるといわれていますが、過剰なストレスを溜め込んでしまうことは避けましょう。過剰にストレスを溜め込んでしまうと血流が滞り、頭皮環境の悪化を招きかねません。この状態が続くと、毛が成長する前に抜け落ちてしまい、ヘアサイクルが乱れてしまいます。

アサイクルを整えるためには、ストレスを発散することが大切です。趣味に興じる時間を確保したり、友達と遊ぶようにしたり、ウォーキングなど適度な運動をするようにしましょう。こうした時間をもつことで、適度にストレスを発散し、リラックスできるようになります。

育毛シャンプー・育毛剤などを試す

シャンプーを選ぶ際は、頭皮への刺激が少なく育毛効果が期待できるものがおすすめです。これらのシャンプーを正しい手順で使えば、頭皮を健康な状態に保つことができ、髪も生育しやすくなるでしょう。

シャンプーに際しては、シャンプー前にお湯で髪についた汚れやほこりを洗い流し、シャンプーを手で泡立てます。泡立てたシャンプーを指の腹を使って洗えば、頭皮に傷がつきにくくなります。シャンプー後は、すすぎ残しがないよう、根本から洗い流すことを意識してください。

頭皮マッサージを行う

毎日の生活の中に頭皮マッサージの習慣を取り入れるのも、ハゲ改善には効果が期待できるでしょう。頭皮マッサージは、頭皮を刺激し、血行を促進させる働きがあります。マッサージをする時間を決めておけば、習慣化しやすいでしょう。育毛シャンプーなどのすぐあとに頭皮マッサージをすれば、シャンプーに含まれる成分が頭皮の奥まで浸透し、シャンプーとの相乗効果が見込めます。

頭皮マッサージに際しては、指の腹を使ってやさしくもみこむのがポイントです。後頭部から耳の後ろ、側頭部、頭頂部、前頭部の順にマッサージし、頭皮の血行を改善しましょう。

症状がある程度進行しているなら、投薬治療を試す

AGAの症状が、かなり進行していて「薄毛・抜け毛の予防レベルではない」「毛を増やしたい」「より効果が高い方法を試したい」という方は、投薬治療を試してみましょう。クリニックなどで処方される薬にはいくつかの種類があり、期待される効果や費用、通院期間などが異なります。また、海外で認可されている治療薬を個人輸入したり、市販されている治療薬を使ったりすることも方法の一つです。ここでは、クリニックに通って処方薬を手に入れる方法と、個人的に治療薬を購入する方法について解説していきます。

クリニックに通って治療薬を処方してもらう

クリニックにおける一般的なAGA治療は、脱毛抑制剤と発毛剤による投薬治療(飲み薬・塗り薬)です。効果が実感できるのには個人差がありますが、治療し始めて6ヵ月ほど。治療期間としては、1年ほどを見込んでおけばよいでしょう。その間、月に1度の通院と、毎日の内服が必要です。

クリニックで処方される薬は、いずれも医師の処方せんを必要とするものです。

フィナステリド

フィナステリドは成分名で、「プロペシア」と呼ばれる男性型脱毛症用の薬です。

ミノキシジル

成長因子の分泌を促し、髪を生成する原動力になります。

こうした2種類の治療薬を併用することで、抜け毛を防ぎ、髪を増やしていくのです。クリニックに通うメリットは、個々人に適した治療薬を選択してもらえること。さらに、これらの薬以外に、栄養素などをプラスしたオリジナル薬を処方してもらえるケースがあります。

一方で、クリニックに通うデメリットは、「通院に時間がかかる」「クリニックごとに治療費が異なる」「AGA治療が可能なクリニックがある程度限られている」といったことです。また、AGAの治療薬には、保険が適用されません。クリニックで独自に価格を設定できることになっていますので、事前に下調べしておくようにしましょう。

市販のものを購入する場合

クリニックなどで処方される薬のほかにも、発毛剤が市販されています。一般用医薬品のため、クリニックなどで処方されているものより配合量は少なくなっていますが、市販の発毛剤にも「ミノキシジル」が配合されているのがポイントです。国内で市販されている薬のほかに、海外から個人輸入する方法もあります。しかし、虚偽製品をつかまされる可能性があったり、副作用などが出たときの対処方法がわかりにくかったりするなどリスクが高い傾向です。また、日本での安全性・有効性などが確認されていません。

市販の発毛剤を購入するメリットは、通院の必要がなく気軽に試せることです。診察料なども必要ないため、安くすみます。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村