発毛剤の真実

ミノキシジル・フィナステリド・ディタステリドのジェネリックでハゲ治療

プロペシアとミノキシジルの併用効果

現在、発毛に有効性が認められている発毛剤は、2つあります。

ご存じの人も多いかもしれませんが、プロペシアミノキシジルです。

 

f:id:participantlink:20190713003416j:plain

 

プロペシアは抜け毛にブレーキをかける薬、ミノキシジルのほうは発毛を促進する薬という役割分担になります。

 

プロペシアは飲む薬だけですが、ミノキシジルには塗るタイプと飲むタイプがあります。

 

こういう実際に効く薬を処方できるところが、サロンにはないクリニックの強みと言っていいでしょう。

 

プロペシアのほうから説明すると、その有効成分はフィナステリド。

 

では、「その成分、そもそも何なの?」というと、男性ホルモンを抑える薬です。中年を過ぎた男性には、よく前立腺肥大という病気が起こりますが、その原因は男性ホルモンなのです。活性化した男性ホルモンに、ジヒドロテストステロンというのがあるのですが、これが前立腺肥大を起こすと言われています。

 

そして、同じ原因で起こるのが、男性型のハゲであるAGA。

 

プロペシアは、男性ホルモンを抑える前立腺肥大の治療薬だったのですが、これが脱毛にもブレーキをかけるというわけです。

塗り薬として有名だが、経口用もある「ミノキシジル

そしてミノキシジル。これは、たぶんプロペシアよりも多くの人になじみのある育毛剤ではないでしょうか。

 

というのは、市販されている『リアップ』の成分が、ミノキシジルなのです。日本では、大正製薬一般用医薬品として『リアップ』を売っていますが、海外では『ロゲイン』という商品名で売られています。

 

リアップはもちろん塗る薬ですが、クリニックに行くと、飲むタイプのミノキシジルもあります。一般には飲むプロペシアと塗るミノキシジルの併用が多いのですが、かなりイッてるハゲには、飲むミノキシジルが処方されることも多いです。

 

そして、塗るのと飲むのでは、飲むタイプが圧倒的に効きます。

 

では、そのミノキシジルとは何かというと、心臓病とか動脈硬化の薬として開発されたものなのです。

 

血管を拡張する作用があるので、頭皮の毛根にも、栄養が行き届きやすくなる。その血管拡張作用で、服用している人にみんな髪が生えてきたといいます。そういうことから、「育毛の薬としても使える」となったのが、そもそもの始まりです。

 

注意したいのは、プロペシアミノキシジルも、即効性が期待できる薬ではないということです。最低3カ月以上は続けて使うことが推奨されています。

 

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村