発毛剤の真実

ミノキシジル・フィナステリド・ディタステリドのジェネリックでハゲ治療

ザガーロのジェネリックであるディタステリドAGA治療薬アボダート

アボダートとは、ザガーロと同じくデュタステリドを主成分としている医薬品で製造販売元もザガーロと同じく英国に本社を置くグラクソ・スミスクライン|GSK(GlaxoSmithKline plc)です。世界102カ国以上で前立腺肥大症(BPH)の治療薬として承認を受けていますが唯一、韓国でのみAGA治療薬としても承認されています。

 

デュタステリド

デュタステリドの含有量が0.5mgでGSKが製造したものであれば商品名が違うだけでアボダートとザガーロは中身は全く同じ薬ではあります。よってデュタステリドを主成分とする医薬品でAGA治療の適応が認められているのは日本(ザガーロ)と韓国(アボダート)の2カ国のみということになります。

日本国内では2009年に前立腺肥大症(BPH)の治療薬として発売されたものがデュタステリド0.5mg含有の「アボルブ」、2016年にAGA治療薬として発売されたのがデュタステリド0.1mgと0.5mgと含有量が2種類ある「ザガーロ」、商品名と用途が違うだけで、どちらもデュタステリド0.5mg含有したものであれば中身は同一の医薬品です。これが海外だとアボダートという製品名で発売しているだけなのです。 

アボダートの製品 

 

【商品名】アボダート(Avodart)
【販売元】グラクソ・スミスクライン(GlaxoSmithKline plc)(所在地:トルコのイスタンブール
※上記画像のAvodartの製造元は「GlaxoSmithKline Pharmaceuticals S.A.」でポーランドポズナンに拠点を置いています。
【主成分】デュタステリド(Dutasteride)※0.5mgのみ製造
【剤 形】長楕円形の軟カプセル剤
【効 果】アボルブカプセル0.5mgとほぼ同じ

国内でのアボダート入手の方法

日本国内ではアボダート厚労省未認可の医薬品であるため、入手するには海外から持ち帰るかインターネット等で個人輸入代行業者による通販サイトを利用するしか方法がありません。

前者の場合、あくまで個人が自分で使用する場合でのみ1ヶ月分まで(1日1カプセル服用するお薬なので30カプセルまで)であれば持ち込むことが可能です。デュタステリドは国内では規制区分が劇薬であるため1ヶ月分と定められています。
後者の場合も購入量は上記の通りの制限が設けられていますが、実際にはそれ以上の数でも税関にてスルーされてしまっているのが現状という印象です。

 

oneclck.net

アボダードを販売しているオオサカ堂

オオサカ堂は海外医薬品・サプリメント個人輸入代行サービスです。

日本のオンライン薬局では、オオサカ堂(1997年)、アイドラッグストアー(2001年)、ベストケンコー(2008年)が御三家として広く認知されていますが、最も歴史が長いオオサカ堂になります。

オオサカ堂が優れている点は運営年数の長さだけでなく、圧倒的な商品種類の多さと販売価格の安さにあります。特にフィンペシアやフォリックスなどのAGA治療薬(育毛剤)と、プラセントレックス(ヒトプラセンタ配合美容ジェル)などの美容医薬品は長きに渡り業界最安値をキープしています。
オオサカ堂といえばフォリックスやフィンペシアなどのAGA治療薬が安いことで有名ですが、そのほかにも幅広い医薬品を取り扱っています。

フォリックスFR16(Follics)通販 | 効果 | 育毛剤(外用) | オオサカ堂

アボダート服用方法

 ◾服用方法は1日1カプセルを水またはぬるま湯で飲みこんで下さい。1日飲むのを忘れたからといって1日に2カプセルは服用しないこと。
◾本剤の成分及び他の5α還元酵素阻害薬に対し過敏症の既往歴のある人は服用できません。
◾女性は服用禁忌です。(経皮吸収されることから、女性や小児はカプセルから漏れた薬剤に触れないこと。漏れた薬剤に触れた場合には、直ちに石鹸と水で洗うこと)
◾小児等も服用禁忌です。(小児等に対する適応はなく、安全性及び有効性は確立されていません)
◾服用中は献血ができません。(長期服用している場合は服用中止後でも6か月間は献血は避けて下さい)
前立腺癌の存在下であっても、投与6ヵ月後にPSA値を約50%減少させる。したがって、6ヵ月以上服用している人がPSA値を計測する時は、測定値を2倍した値を目安として基準値と比較すること。なお、PSA値は、本剤投与中止後6ヵ月以内に本剤投与開始前の値に戻ります。
◾重度の肝機能障害のある人は服用できません。

 

※ハゲを最短(3ケ月)で生やすなら、下記2点の治療薬のみでOK!

(本当にハゲ頭から髪が生えてくるので、ハゲで悩んでるならすぐに実践すべき)

下記2点の守り(ディタステリド)と攻め(ミノキシジル)の治療薬を併用すると髪が生えてきます。 

因みに、守りの治療薬は、フィナステリド(プロペシア等)もありますが、ディタステリドはフィナステリドの1.5倍の効果があります。

 

1、守りの治療薬のアボダード(服用最強のディタステリド)

oneclck.net

2、攻めの治療薬のフォリックスFR15(最強のミノキシジル15%)

oneclck.net

クリームタイプのフォリックスFR16という商品もありますが、

ローションタイプのフォリックスFR15のほうが頭皮に浸透しやすいのでオススメです。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村