発毛剤の真実

ミノキシジル・フィナステリド・ディタステリドのジェネリックでハゲ治療

 ミノキシジルタブレットの効果と副作用の最新情報

今回は毛細血管の改善が見込めるミノキシジルタブレット(ミノタブ)のについて見ていきます。

f:id:participantlink:20201015004323j:plain



ミノタブには脱毛を減少させる効果がありますが、多毛症や血圧降下などの副作用があります。
また、国内未承認ということでミノキシジル外用ほどは信頼性が担保されていません。
購入する場合は、ミノタブの効果や副作用、購入方法、服用する際の注意点などを確認する必要があります。
それでは、ミノキシジルタブレットの効果や副作用、購入方法を見ていきます。

 

f:id:participantlink:20190506100829p:plain

 

 

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)

ミノキシジルタブレットとは、血管拡張作用があるミノキシジル配合の内服薬のことをいいます。
血管拡張作用があり血圧を下げる効果があるため、もともとは高血圧の治療薬として開発された薬です。
しかし、ミノキシジルには発毛作用にも期待できることが発見され、現在では薄毛治療薬として用いられるようになりました。
外用薬としてのミノキシジルは、国内承認されているため、様々なミノキシジル配合の外用薬がドラックストアーで売られています。
これを内服薬にしたのが「ミノキシジルタブレット」です。
外用薬同様、発毛効果を狙って開発されていますが、まだ国内の承認にはいたってない状態です。
ただし、ハゲ克服の為には最も効果がある医薬品になります。

ミノタブの効果

ミノタブは、ミノキシジルを成分とする医薬品です。
ミノキシジルには血管を拡張して血流を改善する作用があり、この作用が頭皮にも期待できます。
頭皮に走る毛細血管は、毛母細胞に栄養を供給する大切な器官になります。
頭皮の血流が改善されることで、タンパク質や亜鉛などの栄養素がきちんと補給され、毛母細胞が活性化し、髪の毛の成長サイクルの維持に期待できるようになります。
ハゲ薄毛の症状としてもっとも多く、かつ深刻なのが、進行性のAGAになります。
AGAは、前頭部から薄毛になるM字タイプや、頭頂部から薄毛が進行するO字タイプと生え際から薄毛が進行するM字タイプがあります。
ミノキシジルタブレットのような血管拡張作用を持つAGA治療薬によって頭皮環境が正常化することで、AGAの進行もストップさせることができます。

ミノタブとプロペシアとの違い

ミノキシジルプロペシアは、ともに信頼性の高いAGA治療薬となります。
ミノキシジルタブレットミノキシジルを含む医薬品で、プロペシアはフィナステリドを含むAGA治療薬になります。
プロペシアに含まれるフィナステリドには、AGAを引き起こす5αリダクターゼを抑制することができます。
AGAは、頭頂部や前頭部の皮脂腺などに多く含まれる5αリダクターゼがテストステロンと結合することで、ジヒドロテストステロン(DHT)が生成され、ハゲてしまします。
つまり、プロペシアは、脱毛因子の発生を抑制する狙いで開発されたAGA治療薬になります。
ミノキシジルタブレットは、血管を拡張して毛母細胞を活性化させるAGA治療薬になります。
プロペシアが薄毛ストップさせる効果で、ミノキシジルタブレットは発毛促進させる効果に重点を置いた治療薬になります。

ミノタブの副作用

ミノキシジルタブレットの副作用でよく知られるのは、体毛が濃くなる多毛症になります。
ハゲが解消されたとしても、頭部以外の部分の毛も濃くなる場合もあります。

ミノタブの購入方法と値段


簡単にミノタブを入手する方法は、インターネット通販で個人輸入代行業者を利用する方法です。
安心できるのは、有名な個人輸入代行サイトであるオオサカ堂になります。
値段は100錠で3,000円前後が相場です。

ミノタブ服用の注意点

ミノタブの服用で注意することは、摂取量を増やしすぎないことです。
髪の毛を生やしたい、気持ちで多めに服用したとしても、摂取量を増量したからといって薄毛が、より改善されるわけでもないです。
反対に副作用のリスクを高める可能性があるため、用法・用量をしっかりと守ることが大切です。
また、アルコールとの同時摂取は禁物になります。
お酒には血管を広げてしまう作用があるため、ミノキシジルタブレットと一緒に飲めば血管に大きな負担がかかりすぎてしまします。
肝臓にも悪影響を与えてしまう恐れがあるため、ミノキシジルタブレットの服用前後は、お酒は絶対に飲んだらいけません。

ミノタブとプロペシアの併用

ミノタブとプロペシアの併用は可能です。
併用によって、より高い発毛効果が発揮します。
ジヒドロテストステロンの生成を抑えるプロペシアには、高い薄毛改善効果があります。
プロペシアミノキシジルには単体でも高い治療効果が期待できますが、併用することで相乗効果が期待できます。
ミノキシジルタブレットには血管拡張作用、プロペシアにはDHT抑制作用することができます。
それぞれ効果ポイントが異なるため、同時に服用することによって足りない部分を補い合い、高い効果を期待できるのです。

 

f:id:participantlink:20190926094639p:plain

ミノタブ服用時の初期脱毛

ミノキシジルタブレットの服用によって、初期脱毛が起こることがあります。
初期脱毛とは、AGA治療薬の服用後、一定期間髪の毛が大量に抜け落ちてしまう現象をいいます。
どれくらいの初期脱毛にするについては個人差があります。
なぜ、AGA治療薬の服用直後に初期脱毛が起こるかというと、成長サイクルが正常化するには古い髪の毛がすべて抜けて新しい髪の毛に生え替わる必要があります。
古い髪の毛が抜け落ちた後は、健康的な髪の毛が生えます。
つまり、初期脱毛は健康な毛髪に生まれ変わるためのプロセスになります。
ミノキシジルタブレットの服用によって大量の脱毛が発生したら、それは効果が表れている証拠です。
そのため、服用し初めに、脱毛が増えても慌てる必要はないです。
脱毛は一時的なものでやがて収束しますので、継続することがハゲ克服するポイントになります。

最安値でセット購入する方法

発毛を助けると医学的にも有名なプロペシア(フィナステリド)のジェネリック薬品のフィナロイド1mgと血管を広げることで血流を良くして発毛を促すと言われているミノキシジルが5mg入ったセットで購入するとお得です。
1日に飲む量はフィナロイド2㎎(2錠)とミノキシジル5㎎を1錠です。
ミノキシジルの摂取量を5mgから10mgに上げるよりもフィナステリドと併用して服用した方が効果が期待できます。

oneclck.net

 

※ハゲを最短(3ケ月)で生やすなら、下記2点の治療薬のみでOK!

(本当にハゲ頭から髪が生えてくるので、ハゲで悩んでるならすぐに実践すべき)

下記2点の守り(ディタステリド)と攻め(ミノキシジル)の治療薬を併用すると髪が生えてきます。 

因みに、守りの治療薬は、フィナステリド(プロペシア等)もありますが、ディタステリドはフィナステリドの1.5倍の効果があります。

 

1、守りの治療薬のアボダード(服用最強のディタステリド)

oneclck.net

2、攻めの治療薬のフォリックスFR15(最強のミノキシジル15%)

oneclck.net

クリームタイプのフォリックスFR16という商品もありますが、

ローションタイプのフォリックスFR15のほうが頭皮に浸透しやすいのでオススメです。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村