発毛剤の真実

ミノキシジル・フィナステリド・ディタステリドのジェネリックでハゲ治療

発毛剤最強のデュタステリドの効果がでるまでの期間

デュタステリドとは、AGAに効果があるとされる有効成分の一つになります。

デュタステリドを主成分として作られたAGAの治療薬のザガーロは、イギリスに本社を置く製薬会社グラクソ・スミスクライン株式会社(GSK)で開発されました。

日本でも2015年9月に厚生労働省から認可され、2016年6月から販売が開始されています。

デュタステリドは元々前立腺肥大症の治療薬として開発されたものです。

f:id:participantlink:20190426001841j:plain

5αリダクターゼという還元酵素の働きを阻害する作用があることから、5α還元酵素阻害剤とも呼ばれることもあります。

デュタステリドはⅠ型及びⅡ型の5α還元酵素リダクターゼを阻害することができるため、Ⅱ型の5α還元酵素のみを阻害するプロペシア以上の脱毛抑制や発毛効果があると期待されています。

・I型5α-リダクターゼ
全ての毛穴の皮脂腺に存在
(脂性タイプの人に多い)

・II型5α-リダクターゼ
前頭部・頭頂部の毛乳頭に多く存在
(髭や体毛が濃い人に多い)

 

f:id:participantlink:20190528003330g:plain

 

 

デュタステリドの成分を含む治療薬

デュタステリドには、色々な名前の治療薬があります。

 


下記は全部、デュタステリドです。
デュタス以外は、全部グラクソスミスクライン社が製造して販売してます。
アボダートアメリカでの名前(前立腺肥大の薬として承認)
アボルブ:日本での名前(前立腺肥大の薬として承認)
ザガーロ:日本での名前(脱毛症の薬として承認)
つまり、この3つは同じものになります。
デュタスは、特許というものを無視をして、DR. REDDY’S LABOLATORIES社が製造販売を行っている、アボダートの後発品(ジェネリック医薬品でもない模造品)になります。

 

デュタステリドの効果

 

デュタステリドには、抜け毛の原因物質であるDHTの生成を抑制する効果があります。

DHTは、テストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼと結びつくことで生成される男性ホルモンの1種になります。

毛髪の元となる毛母細胞の働きを低下させる作用があることから、AGAを引き起こすホルモンだと言われています。

デュタステリドには5αリダクターゼの働きを阻害する効果があるため、服用することでDHTの生成が抑制され、薄毛の改善へと繋がります。

ミノキシジルや主要成分がフィナステリドであるプロペシアなど、他のAGA治療薬で効果がなかった人にも薄毛の改善が期待できます。

また、薬の濃度が半分になるまでの時間である半減期が長く、成分の血中濃度が下がりにくいという特徴があります。

長時間体内に留まり作用し続けてくれるので、少量でも効果が期待できます。

 

効果が現れる期間の目安

 

デュタステリドの服用を開始して効果が現れるまでの期間として、3ヶ月~半年程度の期間を要するのが一般的です。

なぜなら、髪の毛の成長スピードが1ヶ月あたり1センチメートル程度のため、短期間では効果が現れたかどうかの判断が難しいからです。

また、髪の毛の成長スピードには個人差があり、1ヶ月あたり数ミリメートルしか伸びない人もいます。

そのような人は1ヶ月程度では服用前との変化が見分けにくいため、最低でも3ヶ月程度は治療を続ける必要があります。

※ハゲを最短(3ケ月)で生やすなら、下記2点の治療薬のみでOK!

(本当にハゲ頭から髪が生えてくるので、ハゲで悩んでるならすぐに実践すべき)

下記2点の守り(ディタステリド)と攻め(ミノキシジル)の治療薬を併用すると髪が生えてきます。 

因みに、守りの治療薬は、フィナステリド(プロペシア等)もありますが、ディタステリドはフィナステリドの1.5倍の効果があります。

 

1、守りの治療薬のアボダード(服用最強のディタステリド)

oneclck.net

2、攻めの治療薬のフォリックスFR15(最強のミノキシジル15%)

oneclck.net

クリームタイプのフォリックスFR16という商品もありますが、

ローションタイプのフォリックスFR15のほうが頭皮に浸透しやすいのでオススメです。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村