発毛剤の真実

ミノキシジル・フィナステリド・ディタステリドのジェネリックでハゲ治療

ミノタブの絶大なる発毛効果

 ミノキシジルは高い発毛効果を有しておりミノキシジルタブレット(ミノタブ)はミノキシジルの内服薬です。ミノキシジルはロゲインなど外用剤、内服薬、注射があります。元々ミノキシジルは高血圧の処方薬として現在のファイザー社により開発された成分ですが治療中の患者に多毛症が認められたことから、医療用の発毛剤として改めて開発されました。日本ではミノキシジルを高血圧に処方することはありません。ミノキシジルプロペシア(フィナステリド)、ザガーロ(デュタステリド)を比較するとAGAの原因物質である男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)産生を抑制するプロペシア、ザガーロと作用機序が違い、ミノキシジルは主に血流を良くする事で毛細血管から毛乳頭に栄養を与え、発毛を促します。そのためミノキシジルは女性でも服用することができます。またプロペシア、ザガーロとの併用治療も可能です。ミノキシジルタブレットミノキシジル外用剤のロゲイン(リアップ)と違い、直接体内に吸収されるため、ミノキシジルタブレットが発毛・育毛により高い効果を発揮します。

 

f:id:participantlink:20190823112803j:plain

 

 

ミノタブの飲み方・服用方法

ミノキシジル錠剤の種類は2.5㎎錠、5㎎錠、10㎎錠があります。飲み方・服用方法は1日1~2回服用します。用量に関しては通常1日5㎎で服用する方が多いですが薄毛の程度や期間により調整をした場合がいい時もありますのではじめは、2.5㎎錠から服用するのことをおすすめします。またミノキシジルの飲み忘れは期待される発毛効果が得られなくなります。服用する時間を決めて飲み忘れないようにしましょう。

ミノタブの効果

ミノキシジルは現在、最も発毛・育毛効果の高い発毛剤・育毛剤です。プロペシア、ザガーロと比べ高い発毛・育毛効果を有しています。ミノキシジルの効果期間はミノキシジルの内服を開始して早い方だと開始から3~4ヵ月程度で効果を実感できます。通常はミノキシジルの効果が確認できるまで6ヶ月間の連日投与が必要となります。改善の程度には個人差がありますが、1年~3年続ける事で多くの人が発毛を実感します。

ミノタブと生え際・頭頂部・前頭部

ミノキシジルは発毛効果の高い薄毛治療薬でAGA治療に高い効果を発揮しますし、びまん性脱毛など女性に多いタイプの薄毛にも効果が見られ多くの薄毛に効果的です。AGAに関しては全体に効果を発揮しますが特に頭頂部の薄毛に効果的です。
生え際や前頭部に関して生え際の産毛を生やすこと(発毛)はミノキシジルと比較してプロペシア(フィナステリド)、ザガーロ(デュタステリド)の方が得意です。これは前頭部においても同様です。一般的に生え際や前頭部の薄毛の部位にAGAの原因物質である男性ホルモンDHTが多く存在するためプロペシア、ザガーロが産毛を発毛させやすいのですが生え際の産毛をしっかり太くする(育毛)効果はプロペシア、ザガーロよりミノキシジルがより高い効果を期待できます。このように説明するとミノキシジルの発毛効果が弱いと感じる方がいらっしゃるかもしれませんがミノキシジルタブレットは単剤で高い発毛効果を有しているのでミノキシジルのみの服用でもミノキシジルが生え際の発毛に効かないことはありませんし、まして悪化させることもありえません。

プロペシア、ザガーロとミノキシジルの併用

薄毛治療において作用機序や発毛・育毛の得意な部位が違うプロペシアミノキシジルの併用やザガーロとミノキシジルの併用は非常に有効です。しっかりと発毛したい方は併用するといいでしょう。またミノキシジルタブレットとロゲイン(リアップ)の併用も可能です。

ミノタブの副作用

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)は元々高血圧の薬ですので副作用として手足の浮腫(むくみ)、血圧低下があります。ミノキシジルのその他の副作用として体毛の増加、吐き気、嘔吐、腹痛、性欲減退などが報告されています。ミノキシジルの副作用は「多毛」が最多でミノキシジルのむくみの場合は、ミノキシジルの休薬でいずれも改善します。

ミノタブ服用の注意点

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)は元々高血圧の薬ですのでアルコールを取り過ぎると血圧の低下により気持ち悪くなることがあります。元々血圧の低めの方は注意が必要です。
外用する場合は外用剤を用いてください。ミノキシジルタブレットを水に溶かして頭皮に塗付しても発毛効果はありません。ロゲインなどミノキシジルローションは頭皮に吸収されやすく作られています。
ミノキシジルの耐性に関してははっきりしていません。

ミノタブの初期脱毛

ミノキシジルタブレット開始2週間から6週間ごろに多くみられる『初期脱毛』と言って普段よりも脱毛症状が進行したような抜け毛がある場合があります。これは、AGA(エージーエー)によって発毛のサイクルに異常があった状態が、薬の効果で正常に戻り、そのため一時的に毛の退行期が重なることによるものです。薬の効果が出ている証拠ですのでご安心下さい。また全員に初期脱毛が起きるわけではありません。

 

oneclck.net

  

※ハゲを最短(3ケ月)で生やすなら、下記2点の治療薬のみでOK!

(本当にハゲ頭から髪が生えてくるので、ハゲで悩んでるならすぐに実践すべき)

下記2点の守り(ディタステリド)と攻め(ミノキシジル)の治療薬を併用すると髪が生えてきます。 

因みに、守りの治療薬は、フィナステリド(プロペシア等)もありますが、ディタステリドはフィナステリドの1.5倍の効果があります。

 

1、守りの治療薬のアボダード(服用最強のディタステリド)

oneclck.net

2、攻めの治療薬のフォリックスFR15(最強のミノキシジル15%)

oneclck.net

クリームタイプのフォリックスFR16という商品もありますが、

ローションタイプのフォリックスFR15のほうが頭皮に浸透しやすいのでオススメです。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村