発毛剤の真実

ミノキシジル・フィナステリド・ディタステリドのジェネリックでハゲ治療

生え際がハゲてくるM字ハゲの理由と対策

生え際は、頭頂部よりもハゲが目につきやすいため、ハゲに気づきやすく薄毛が目立つ場所です。
では、生え際の薄毛トラブルはどうしたら改善できるかを見ていきます。 

生え際の薄毛の基準

f:id:participantlink:20190422180908g:plain

最近、前髪が決まらないなと思ったら、実は生え際がハゲて来た・・・なんてことはありませんか。
生え際は人それぞれなので、若い頃はそこまで気にならなかったという人も、いつの間にかハゲの仲間入りする方が多いです。
生え際ハゲとされる基準は生え際と頭頂線の長さが2cm以内だとAGAだと考えられます。
生え際が薄くなり、M字に後退することが多いです。
前髪のボリュームが減りまとまらない、ぺたんこになるなどの症状が表れてきます。

生え際が薄くなる理由

f:id:participantlink:20190422181002j:plain

まず、AGAが疑われます。
おでこや頭頂部など頭蓋骨が出っ張っている部分は、構造的に血流が滞りやすいと言われています。
加えて、長時間のデスクワークによる眼精疲労の蓄積がおでこの頭皮の筋肉をこわばらせ、さらに血流を悪くします。
すると髪の毛が生え変わるサイクルが乱れ、薄毛が進んでしまいます。
薄毛はヘアサイクルの乱れによって起こります。
現在のところ、以下の4つが大きく影響していると考えられています。

血行不良

血流が悪くなることで毛球の成長が鈍ったり、髪の毛を立たせる頭皮の筋肉が弱ったりして、抜けやすくなります。
髪の毛は、毛細血管から栄養を補給して成長するため、血流が悪くなると十分な栄養を得られなくなります。
血行不良になる原因はさまざまですが、そのうちのひとつに頭蓋骨による頭皮の圧迫があります。
人間の頭蓋骨は成人しても発達しますが、頭皮の成長は止まってしまいます。
すると成長を続ける頭蓋骨が頭皮を内側から圧迫し、頭皮がつっぱるように感じます。頭皮のつっぱりを感じたら血行不良の1つのサインです。

脂漏性皮膚炎

食生活が乱れたり、ストレスなどがたまると、毛穴に常在しているマセラチア菌が増殖し、毛穴から出てくる皮脂に含まれる成分を分解します。
その成分が、炎症の原因となる遊離脂肪酸中性脂肪)となって肌を刺激します。
すると、皮膚のかゆみや赤みなどが起こります。
炎症が進んだ状態を放置すると、炎症は毛穴の奥まで進んでしまい、毛穴がダメージを受け、抜け毛の原因となります。

男性ホルモン由来物質

男性ホルモンのテストステロンが代謝によりジヒドロテストステロンという物質に変わると、ジヒドロテストステロンは、毛乳頭細胞の受容体に取り込まれ、ヘアサイクルの成長期が短くなります。
成長期が短いと、細く短い毛しか生えなくなります。さらに、抜け毛も進行し、薄毛の状態となります。
毛乳頭細胞の受容体の感度が低い人はヘアサイクルの変化がなく、感度が高い人はヘアサイクルに変化が出ます。受容体の感度は体質の違いや遺伝によるものだと言われています。

紫外線

長時間紫外線に当たると、髪の毛の中に含まれる水分が失われ、強度が低下して切れやすくなります。
髪の毛は、自己修復能力をもっていないため、一度受けたダメージはそのまま残ってしまい、毛量の減少につながります。
薄毛になる理由は、これらの要因が複数影響していると言われています。

AGAとは

f:id:participantlink:20190422181150p:plain

AGAとは、AndroGenetic Alopeciaの略称で「男性型脱毛症」を意味します。
成人男性に発症する進行性の脱毛症のことをいい、額の生え際や頭頂部の髪の毛が徐々に細くなっていき、最終的には脱毛してしまうことで額が後退し頭頂部の地肌が見えるようになることが典型的な症状です。
AGAが原因の薄毛の場合、症状は進行性のため、一旦発症してしまうと効果的なケアをしない限り症状は進行し、薄毛が目立つようになっていきます。

生活習慣の悪化

f:id:participantlink:20190422181239g:plain

偏った食生活や、過度の飲酒・喫煙、ストレスによる自律神経の乱れ、不眠などの生活習慣の乱れは、栄養不足と血行不良で薄毛となります。
また、サプリなどで栄養だけを補ったとしても、血行不良では上手く頭皮や髪にまで栄養が届けることができません。

頭皮環境の悪化

f:id:participantlink:20190422181326j:plain

頭皮環境の改善への大きなポイントは、皮脂のコントロールです。
皮脂が多い原因として見直さなければならない生活習慣は2つ。食事とシャンプーの仕方です。
昨日の脂っこい食事の脂肪が直接、皮脂として分泌されるわけではありません。
しかし、脂質や糖質は体内で中性脂肪に変換されます。
偏った栄養状態の食事が続くことで、皮脂腺の働きが活発になり、頭皮の皮脂分泌は増えてしまうのです。
ビタミンや食物繊維が多い食事を摂るように気をつけ、余分な糖分・脂質を減らすように心がけることが大切です。
1ヶ月もすると、皮脂の分泌量が変わったことに気がつくはずです。
また、シャンプーの仕方にも注意が必要です。
皮脂の分泌が増えると、しっかりと落とそうと必死にゴシゴシと髪を洗うのは逆効果です。
皮脂は皮膚を守るために分泌されるものです。
皮脂が多いということは頭皮の環境が悪くなっているという証拠でもあるのです。
シャンプーの仕方が悪いと、頭皮を傷つけて頭皮環境を悪化させ、かえって皮脂の分泌を増やしてしまいます。
正しいシャンプーの仕方は、あくまでも優しく、頭皮を洗うことです。

生え際ハゲに効く食べ物

f:id:participantlink:20190422181400j:plain

生え際ハゲを食べ物から考えた場合、カリウム過多が考えられます。
カリウム過多は細胞をゆるめ、毛穴が開き、額の抜け毛に繋がるからです。
カリウムの多い甘いものやアルコールを控え、毛穴を締めるようにしましょう。
合わせて、ひじきや昆布などの海藻類や、梅干しなどもとりましょう。
薄毛対策には、体の血流が大切です。
血液の質をよくする玄米や海藻、ごまなどでビタミンやミネラルを取り入れることもおすすめです。
少しでも早く普段の生活を見直し、食習慣を改善するとよいでしょう。

 

※ハゲを最短(3ケ月)で生やすなら、下記2点の治療薬のみでOK!

(本当にハゲ頭から髪が生えてくるので、ハゲで悩んでるならすぐに実践すべき)

下記2点の守り(ディタステリド)と攻め(ミノキシジル)の治療薬を併用することが髪を生やすポイントとなる。 

因みに、守りの治療薬は、フィナステリド(プロペシア等)もあるが、ディタステリドはフィナステリドの1.5倍の効果がある。

 

1、守りの治療薬のアボダード(服用最強のディタステリド)

oneclck.net

2、攻めの治療薬のフォリックスFR15(最強のミノキシジル15%)

oneclck.net

クリームタイプのフォリックスFR16という商品もあるが、

ローションタイプのフォリックスFR15のほうが断然オススメ!

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村