発毛剤の真実

ミノキシジル・フィナステリド・ディタステリドのジェネリックでハゲ治療

薄毛の原因と対策

成人男性の3人に1人が悩む薄毛の原因と対策について、見ていきます。

効果的な薄毛治療を行うためにも、まずは原因を把握することが大切です。そこで、代表的な薄毛の原因についてみていきます。

男性ホルモンによるもの

AGAは男性ホルモンを起因とする脱毛症の一種です。しかしながら、男性ホルモンそのものが直接的に薄毛を引き起こすわけではありません。今一度、その発症メカニズムを整理しておきましょう。

男性ホルモンの一種であるテストステロンは、5αリダクターゼ(5α還元酵素)と結びつくことにより、ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンに変換されます。このジヒドロテストステロンが毛包のホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)に結合することで、頭髪のヘアサイクルが乱れてしまうのです。

結果、ヘアサイクルの成長期が通常よりも短くなり、成長の途中で毛が抜け落ち、また、細く抜けやすい髪の毛しか育たなくなります。なお、テストステロンおよび5αリダクターゼはもともと体内に存在する物質であり、取り除くことができません。AGA治療の分野では、その働きを阻害することがもっとも効果的とされています。

遺伝

薄毛は遺伝することが判明しています。もっとも大きな要因となるのが、AGAとの関わりも深いホルモン受容体遺伝子です。上記の通り、AGAはホルモン受容体がジヒドロテストステロンと結合することで発症・進行します。

ホルモン受容体の数は人によって異なります。その数が多ければ多いほど、AGAの発症リスクが高まるのです。ホルモン受容体は遺伝子レベルで決まっていることから、薄毛が遺伝するケースも少なくありません。遺伝子レベルの治療は未だ確立されていませんので、根本的な対策は不可能です。なお、詳しくは後述しますが、別の角度からのアプローチによって、遺伝による薄毛の治療も不可能ではありません。

ストレス

ストレスが薄毛につながることは、今や広く知られています。一方で、ストレスによる原因の薄毛にもいくつかのパターンがあるのです。女性の薄毛の原因のひとつに、ホルモンバランスの乱れがあります。ホルモンは髪の毛と密接な関係にある物質です。そのため、ホルモンバランスが乱れると、薄毛を招く可能性があります。

そしてもうひとつが、交感神経への刺激によって血管が収縮し、頭皮の血行が悪化するパターンです。髪はケラチンというタンパク質の一種によって大部分が構成されています。ケラチンの生成に欠かせないアミノ酸やミネラル、ビタミンなどは血液によって頭皮まで運ばれているのです。頭皮の血行不良が起これば、必然的に発毛や髪の成長が鈍化します。

食事・生活習慣

食生活の偏りは、発毛や髪の成長に悪影響を与えることがわかっています。例えば、タンパク質や亜鉛などのミネラルが不足するだけで、髪の毛の成長に歯止めをかけてしまうのです。また、一見髪の毛とは関係がなさそうに思われる糖質も、不足してはならない栄養素のひとつとなります。

万が一不足すると、体内のタンパク質がエネルギーに変換・消費されます。近年では、ダイエットの観点から敬遠されがちな栄養素となっていますが、髪の成長のためにも、適量を摂取しましょう。
生活習慣の乱れも薄毛の原因となります。生活リズムが乱れると心身共にストレスを感じるため、心あたりのある方は今一度見直してみてはいかがでしょうか。さらに、発毛や髪の成長は睡眠中に行われるため、睡眠不足が薄毛を引き起こす可能性もあります。慢性的に睡眠不足という方は、特に注意しましょう。

外的要因

日常生活における外的要因は、頭皮環境の悪化を招きます。例えば、パーマやカラーは直接的な薄毛の原因とはなりませんが、使用する薬剤には刺激の強いものも含まれます。これらが頭皮に付着することで、部分的な炎症を引き起こす恐れがあるのです。いうまでもなく、頭皮環境の悪化は薄毛リスクを大幅に高めます。これから本格的な治療に取り組む予定の方は、可能な限りパーマやカラーは避けましょう。使用するにしても、髪に優しい成分で出来たカラー剤などを使用しましょう。

身近なところに潜む外的要因として、紫外線にも触れておかなければなりません。紫外線は長時間浴び続けると頭皮にダメージを与え、頭皮環境を悪化させます。特に気をつけたいのが夏場です。帽子を被るのがもっとも手軽な対策法ですが、長時間被り続けると頭皮が蒸れるため、かぶり続けるのは避けましょう。

このほか、ワックスなどの整髪料や刺激の強い石油系のシャンプーの使用など、日常生活にはさまざまな外的要因が潜んでいます。これらが主に招くのは頭皮環境の悪化ですが、一つひとつ対策を打つことが可能です。

髪の役割とヘアサイクル

髪は頭部を直射日光や暑さ寒さから守り、外部の衝撃から保護するクッションの役割を果たしています。
髪を含むすべての体毛は、伸び続けるわけではなく、成長しては抜け落ち、同じ毛根からまた新しい毛が生えてくるというサイクルをくり返します。
これをヘアサイクルといい、「成長期」「移行期」「休止期」の3期に分けられます。

アサイクル

f:id:participantlink:20200830095240j:plain

成長期

毛の生えはじめから、成長が止まるまでの間 通常2~6年くらい
今生えている頭髪の85~90%

移行期

成長期から休止期に移行する過程の一時期 約2週間
今生えている頭髪の1%

休止期

毛根が退化してから脱毛するまでの期間 約3ヶ月間
今生えている頭髪の9~14%

休止期に入ると、毛包の長さ(毛根部分の長さ)は、成長期の2分の1から3分の1くらいになり、毛幹(見えている毛)は、皮膚表面近くまで押し上げられ、やがて脱毛します。

薄毛の主な原因

薄毛とは、頭髪の量が減って地肌が見えてしまう状態です。本数は変わらないまま毛が細くなる場合と、抜け落ちて本数そのものが減ってしまう場合があります。髪の本数を平均約10万本として計算すると、1日に50本から100本は自然に脱毛していると考えられますが、150本以上の状態が続くようなら、病的な抜け毛(異常脱毛)といえるでしょう。

 

f:id:participantlink:20200830095840j:plain


薄毛の原因としては、以下の4つの説があると一般的に言われています。

 

1. 血液循環不良説髪の毛は毛乳頭にある毛細血管から栄養を補給されて成長します。

血流が悪くなると成長が鈍り、髪の毛は抜けやすくなります。

 

2. 男性ホルモン説遺伝的に男性ホルモンに影響される感受性を持つ人にみられます。

男性ホルモンの影響で、毛乳頭細胞の分裂が抑えられると考えられています。

 

3. 脂漏説皮脂が異常に多く分泌されると、毛穴が詰まったり、皮膚に炎症が起きるなど、髪の成長を阻害します。

 

4. 頭皮緊張説成長などにより、頭皮が突っぱって頭蓋骨と頭皮の間の血管を圧迫することにより、血流が悪くなって毛乳頭細胞の活動が低下するといわれています。

 

これらの4つのうちのどれかひとつが薄毛の原因とは限りません。複数の原因が互いに影響しあっている場合も多いと考えられます。

 

f:id:participantlink:20200830095634j:plain

男性型脱毛症(Androgenetic Alopecia:AGA)

男性ホルモンなどが主な原因で、軟毛化(毛の数は変わらなくても、太く長い毛が再生せず、細く短い毛に置き換わる)が進み、薄毛になる状態です。軟毛化は、ヘアサイクルの成長期が短縮され、毛根が小さくなってしまうことによって起こります。
早い人では20歳代前半から始まります。ただ、男性が誰でも若くして薄毛になるわけではなく、遺伝的な素質に加え、ストレス、食事、生活習慣などの影響も大きいと考えられます。なお、男性ホルモンは、髪は薄くする方向にはたらきますが、ひげや陰毛などは濃くする(硬毛化)方向にはたらくと考えられています。

 

脱毛の進行パターン脱毛は前頭部または頭頂部から起こることが多く、額の生え際から後退していくタイプ、頭頂部から薄くなるタイプ、これらの混合タイプなどさまざまな進行パターンがあります。

 

f:id:participantlink:20200830095534j:plain

男性型脱毛症/壮年性脱毛症の原因

発症の兆候頭皮や顔が脂っぽい、毛が細く柔らかい、細くて短い抜け毛が目立つ、といった兆候があると、男性型脱毛症(AGA)/壮年性脱毛症になりやすいといわれています。早期の対策を行っていきましょう。

 

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村