発毛剤の真実

ミノキシジル・フィナステリド・ディタステリドのジェネリックでハゲ治療

ザガーロのジェネリック

ザガーロは海外名をアボダートといいます。
ザガーロ同様、男性型脱毛症(AGA)による抜け毛を抑えることができる最新の薄毛治療薬です。
アボダートは名前は違えど、効果・効能はザガーロと同等です。
ザガーロより安く購入することができるので、国内外で愛用者がとても多い薄毛治療薬です。
頭頂部だけでなく、側頭部・後頭部の抜け毛を防止することが期待できます。
また、発毛にも効果があるため、より確実に薄毛を改善することができます。
アボダートは通販でのみ購入することが可能で、ザガーロの半額以下で購入できます。

 

ザガーロは通販で販売されている

男性型脱毛症(AGA)に効果的に働き、抜け毛や発毛効果が期待できる「ザガーロ」。薄毛治療薬として注目を集めている育毛剤です。
病院では薄毛治療は保険適応外なので、ザガーロを処方してもらうには治療費が高くなってしまいますが、通販なら病院より安く購入することができます。
しかし、ザガーロはamazon楽天などの日本の通販サイトでは購入できません。
ザガーロを購入するには個人輸入代行サイトを利用します。
個人輸入代行サイトを利用することで、海外の医薬品などをあなたの代わりに日本まで輸入し、手元に届けてくれます。

ザガーロに向いている人

ザガーロはどういう人におすすめ出来るかというと、簡潔に言えばプロペシアで思ったような効果が現れなかった方でしょう。
といいますのも、プロペシアではどうしても抜け毛を防ぐ事が出来ない箇所があるためです。
その箇所とは「側頭部」と「後頭部」。男性型脱毛症(AGA)を発症した際、大多数の人は頭頂部と前頭部の抜け毛が多くなります。
実は側頭部と後頭部はかなり抜けにくい箇所なのです。
しかしどういうわけか、この部分からも抜け毛が多くなってしまうケースが発生してしまいます。後頭部は少し見にくいですが、側頭部ならば目視出来るので確認しやすいでしょう。
もっと分かりやすい目安もあり、頭皮の脂っぽさが気になったら要注意です。
以前と比べ明らかに頭皮が脂っぽいと自覚出来たのであれば、プロペシアを使っても効果が出ないかもしれません。
その場合はザガーロを使うべきでしょう。なぜならば薄毛の原因となる物質に違いがあるためです。もし自身で判別出来ない場合は医療機関で診断してもらって下さい。
効果の詳細については後程ご説明します。
ちなみに発毛効果はザガーロが上です。単体で使われても十分に発毛が出来るとのデータがあります。
しかし本当ならば確実性を増すため、ミノキシジルとの併用がおすすめです。
あまり体に負担をかけたくない、とお考えの場合ザガーロのみで薄毛改善に挑戦してみても良いかもしれません。

ザガーロとプロペシアの違い

f:id:participantlink:20190502113008j:plain

同じ作用を持つにも関わらずプロペシアよりもザガーロの方が高い効果を持っているのはなぜか?
それは5αリダクターゼの阻害作用が関係しています。実は1型・2型と2タイプあり、2型の方が多いと抜け毛の原因になるのです。
2型が多く分布している箇所は前立腺と、頭部では前頭部と頭頂部。なぜこの部分が薄毛になってしまうかもう理由がお分かりになりましたね?
そこでプロペシアを使うと有効成分フィナステリドが「2型を阻害」し、この部分の薄毛を改善していきます。
しかし男性型脱毛症(AGA)は前頭部や頭頂部だけでなく、抜けにくい側頭部や後頭部も薄くなってしまうパターンもあり、その場合はプロペシアで治療をする事が出来ません。
なぜならこの部分の薄毛は1型が関与しているためです。目安は全身の皮脂腺に分布しているので、頭皮が脂っぽければほぼ間違いないです。
また1型による男性型脱毛症(AGA)だから2型は関与しない、というわけではなくどちらのタイプも作用し、薄毛が頭皮全体に及んでしまう事もあります。
その場合にはザガーロを使いましょう。
なぜならば2型の働きはもちろん、「1型の働きも阻害」出来るためです。
そうです、ザガーロはプロペシアでは抑える事が出来ない1型5αリダクターゼにも有効なのです。
しかも2型に関しては約3倍も阻害出来る力を持っているので、これだけでも効果が上であるとお分かりいただけるでしょう。
もしどういうタイプの男性型脱毛症(AGA)か分からない場合、医療機関で相談してみて下さい。

有効成分のデュタステリド 

ザガーロの有効成分はデュタステリドと言い、薄毛の原因となる物質(DHT)の生成を抑える事で薄毛を改善していきます。
しかし元々は薄毛治療のために開発された成分ではありません。
前立腺肥大症の治療薬として開発されました。前立腺肥大症もDHTの過剰分泌が一因で発症します。
薬の名称は「アボルブ」といい、国内では2009年に発売されました。もちろん製造販売はグラクソ・スミスクラインが行っています。デュタステリドの作用が肥大化した前立腺を小さくし、症状である排尿の異常や頻尿、残尿感などを軽減していきます。
最初は前立腺肥大症の治療薬として使われていたものの、さらに研究の結果、男性型脱毛症(AGA)による薄毛改善が判明したという経緯はプロペシアと同じと言えるでしょう。フィナステリドとデュタステリド、似た作用を持つふたつの成分の違いは一体何なのか?これについては後程ご説明を致します。

前立腺肥大治療薬アボルブ 

ザガーロは薄毛治療薬としてではなく、前立腺肥大症の治療薬として販売されていました。それがアボルブです。前立腺肥大症の原因も男性型脱毛症(AGA)の原因も、DHTという非常に強い力を持つホルモンが大きく関わっています。デュタステリドはその肥大化した前立腺を小さくし、症状を次第に鎮めていくという作用を持っています。
これまで使われていた前立腺肥大症の治療薬は筋肉や尿道に作用し、拡げることで症状を改善していくというものでした。しかし前立腺に直接作用するわけではないのでさらに肥大化する事もあるらしく結局元に戻る事もあるのだとか。

その点アボルブは前立腺を直接小さくしていきます。根本に作用するというわけなので、かなり有効な薬であるといえるでしょう。
ただしひとつ注意事項があります。前立腺がんによって肥大した場合にもデュタステリドは作用します。そのため、検査を行った際にがんを見抜けなくなるという可能性も指摘されているのです。もしもがん検診を受ける機会がありましたら、アボルブを使用していると医師にお伝え下さい。これはデュタステリドが有効成分であるザガーロにも言えるのでお忘れなきよう。

ザガーロの効果 

ザガーロの作用は男性型脱毛症(AGA)により抜け毛を抑制することです。有効成分のデュタステリドが5αリダクターゼの働きを阻害し、DHTの生成を徐々に少なくしていきます。
するとヘアサイクルの乱れも改善されていき、正常に戻っていくのです。
さらにザガーロには発毛作用も期待されているので、単体で使っても髪の量が少しずつ増えていく可能性があります。
プロペシアの1.6倍高い効果を持つ」という触れ込みでも話題になりましたが、ザガーロは確かに新しい育毛剤として、これからの薄毛改善を担う薬になっていくでしょう。

ザガーロ(デュタステリド)の作用機序 

ここからはもう少し詳しくザガーロの効果についてお話しましょう。
ザガーロの有効成分であるデュタステリドは、男性型脱毛症(AGA)の原因になるホルモン、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えることで症状を改善していきます。
つまり薄毛改善です。
デュタステリドもプロペシアの有効成分(フィナステリド)と同じく、直接DHTに作用するわけではありません。
もっと根本的な物質に作用します。その物質こそ5αリダクターゼです。テストステロンという男性ホルモンを元に、5αリダクターゼはDHTを生成します。
しかしデュタステリドを取り込むとその働きは阻害されてしまいます。5αリダクターゼは、テストステロンを代謝することが出来ません。
それにより現在男性型脱毛症(AGA)が進行している方は、ヘアサイクルの乱れによって起きていた抜け毛が次第におさまっていきます。
2種類の5αリダクターゼを抑えることが出来る
プロペシアとの違い]でも少し触れていますが、ザガーロは2種類の5αリダクターゼに作用することが出来ます。
1型と2型があり、2型によって起きる男性型脱毛症(AGA)の方が一般的には多いと言われています。
特徴としては頭頂部、または前頭部に症状(薄毛)が確認出来れば、5αリダクターゼ2型による男性型脱毛症(AGA)といえるでしょう。
しかし1型で起きる男性型脱毛症(AGA)は違う部位に薄毛が見られます。
抜け毛が起きにくいとされる側頭部、または後頭部の髪が抜け、薄毛になってしまったのであれば1型が関係しているといえるでしょう。
また2型で起きる男性型脱毛症(AGA)とは違い、頭皮がアブラっぽくなるのも特徴です。

使い始めに起きる初期脱毛

ミノキシジルプロペシアと同じように、ザガーロも使い始めてから2週間程度経過したら抜け毛の量が増えてくるかと思います。
これは「初期脱毛」と呼ばれる現象で、副作用として挙げられるものです。とはいえこの初期脱毛は一概に悪いこととは言えません。
なぜならば改善の兆候ともいうべきものだからです。というのも男性型脱毛症(AGA)はヘアサイクルが乱されることで髪の成長が短くなり、抜ける間隔が早くなるという症状ですよね?
ザガーロの作用によってDHTの生成が抑制され、次第にヘアサイクルの乱れがおさまってきます。
それにより休止期の状態の髪が徐々に抜け始めていきます。その状態の髪が多ければ多いほど抜け毛の量は多くなってしまい、一時的ではありますがさらに頭皮がスカスカになってしまうのです。しかしザガーロの作用によって発毛・育毛の準備が整い、徐々に髪が生えだしてくるでしょう。

ザガーロだけでも発毛が可能

ミノキシジルを除いた育毛剤の中で、ザガーロはとても高い発毛効果が検証結果として報告されています。
ザガーロの作用は5αリダクターゼを阻害して男性型脱毛症(AGA)を防ぐ、あるいは抑えるというものです。
それにより男性型脱毛症(AGA)の原因となるホルモン(DHT)の生成が防げるので、ヘアサイクルの乱れを止めることが出来ます。
アサイクルの乱れは発毛にも影響を及ぼし、新しい髪が作られにくくなってしまうのです。
つまりザガーロを使わず男性型脱毛症(AGA)を放置していると、いずれ頭皮がスカスカではなくツルツルになってしまう恐れもあるのです。
アサイクルが正常に戻ってくると、毛根が生きている限りは再び発毛が始まるのです。
ザガーロを発売するグラクソ・スミスクラインが行った検証によると、デュタステリド(ザガーロ)とフィナステリド(プロペシア)を比較した場合、発毛効果はデュタステリドの方が高いという結果が分かりました。
1.6倍という数値として報告されています。

メーカーが発表している発毛効果の検証

プロペシアよりも発毛効果が高い、というのは何も誇大広告のために言っているわけではありません。
メーカーのグラクソ・スミスクラインが実際に検証した結果により分かった事なので安心して下さい。もちろん体質によってはプロペシア(フィナステリド)の方が合っているという方もいらっしゃいます。
行われた期間は24週で、範囲は直径2.54cmでどちらも検証が行われました。
デュタステリド(ザガーロ)とフィナステリド(プロペシア)の他にもプラセボ(偽薬)も入り、3種類のパターンで比較されています。人種はアジア人、ヒスパニック、白人と様々な人種を集めて行われたようです。

ザガーロの副作用 

ザガーロの副作用はプロペシアとよく似ています。
有効成分デュタステリドによる作用機序は5αリダクターゼの阻害。つまり男性ホルモンの生成が少なくなってしまうことでその弊害が出てしまう場合があるのです。
しかもプロペシアよりもその発現率は高いようなのでちょっと気にかけてみてもらえればと思います。
まだ実証結果としては少ないようなのですが0.1mgを服用した場合は13%。0.5mgを服用した場合は15%と比較的高い数字が出ているので、これを十分理解してザガーロを使用していきましょう。
これらの症状が確認された場合は医師に相談するなどして対策を立てて薄毛治療にあたって下さい。

男性機能の低下

5αリダクターゼを阻害することにより男性ホルモンの生成が少なくなってしまうので、男性機能の低下が起きる事があります。
これは同じ作用機序を持つプロペシアにも起きることですが、先にも申したようにザガーロのほうが幾分その発現が高い傾向にあるようです。
いくつかの症例がありますが最も多いものとしてはEDが挙げられます。
いわゆる勃起不全のことで、うまく勃起が出来ないことで薄毛とは別のストレスが生じてしまいます。どちらの症状も精神的なプレッシャーが良くない影響を与えてしまいます。
ですがザガーロの副作用でEDを発症しても心配は無用です。
なぜならバイアグラなどの優秀なED治療薬があるため。
もしも起きてしまったのであれば使ってみましょう。もちろん飲み合わせが悪いということはありませんので心配は無用です。
ED以外にも性欲が減退し、行為をする気が起きなかったりもします。これもまた男性ホルモンの生成が少なくなることにより起きる現象です。
さらに射精障害が起きることも報告されています。射精障害は男性不妊の原因になるものであり、特に子供を望まれる夫婦にとっては深刻な問題に繋がるのです。
また女性にとってザガーロは禁忌薬になるので、子供を望まれている方は使用を控えた方がいいかもしれません。なぜ女性のとってそのような扱いになるのかは後程ご説明致します。

男性機能低下以外に起きる副作用

男性ホルモンは気力にも関係しています。その生成が少なくなってしまった場合、やる気が起きなくなる事があるようです。
プロペシアではそれよりもさらに重度なものであるうつ病の発生も報告されていますが、ザガーロには今のところ報告はありません。
その他にも蕁麻疹や湿疹などが発生する皮膚障害や、乳房の女性化してしまうという報告もあります。
肝機能が低下している方はよりそれが進行する可能性があります。これも男性ホルモンが少なくなる事で女性ホルモンが優位となりこのような副作用を起こしてしまうのです。
今のところプロペシアで注意喚起されている肝機能障害を起こすという報告はされておりません。
ただ、何かいつもとおかしいと思ったのであれば医師と相談をして判断を仰ぎましょう。

ザガーロの服用方法や気を付けるべき点

ザガーロの使い方は至って簡単です。1日1回1錠、自身で決めた時間に服用します。0.5mgあるいは0.1mg錠のどちらも錠数は変わりません。
またカプセル状なのでピルカッターで分割して服用するのはあまりおすすめ出来ません。決めた時間に服用する理由は体内のデュタステリド濃度を一定に保つためです。
それにより薄毛を改善していきます。
副作用の発現が気になる場合は、軽減をするためには3日に1回服用されている方がいるようです。
実はデュタステリドの半減期血中濃度が減る速度)はとても長いため継続して使用した場合、なかなか血中からなくなりません。
そのような理由から2日、あるいは3日空けることで副作用の発現が低下するかもしれないのです。ただ実証されているわけではないのでその点は気を付けましょう。

ミノキシジルと併用して効果アップ

より発毛を促すためにミノキシジルとの併用をおすすめ致します。プロペシアよりも発毛効果の高さが特徴の1つでもありますがあくまでも原因を抑制する働きのほうがメインです。
それが次第に強い髪を作り出すことに変化していくのですが、よりその効果を高め新しい髪を作り出すには特化しているミノキシジルが向いています。塗るタイプ(外用薬)かタブレットミノキシジルタブレット:飲み薬)をザガーロを服用する際に併用すれば良いだけなので非常に簡単です。薄毛をもっと効率よく改善するためにぜひ試してみましょう。

ザガーロ効果で薄毛改善

ザガーロは、プロペシアでは改善出来ない薄毛の治療に使用されます。
有効成分のデュタステリドは2種類ある5αリダクターゼを阻害出来るため、頭部全体にまで広がった男性型脱毛症(AGA)の症状を改善し強い髪にしていく効果があります。
処方箋医薬品ですので医療機関で手に入れるしかありませんが海外医薬品を販売する通販を利用することで、海外版ザガーロ(アボダート)やザガーロジェネリックを購入でき、とても安い価格で購入出来るため、費用に関しても心配は必要ありません。
ザガーロ(アボダート)で行う薄毛改善はまさに次世代です。
ぜひ、その効果を確かめてみて下さい。
きっと満足出来ると思います。

oneclck.net

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村