発毛剤の真実

ミノキシジル・フィナステリド・ディタステリドのジェネリックでハゲ治療

ミノキシジルとフィナステリドの最安値AGA治療

フィナステリドとミノキシジルは、ともに日本皮膚科学会が発表した薄毛治療のガイドラインで、クラスAの評価です。それぞれ単体として使用しても治療に用いられますが、2種類を併用して治療を行うこともあります。

フィナステリドは、酵素である5α-リダクターゼが男性ホルモンのテストステロンに働きかけ、ジヒドロテストステロン(DHT)に変換してしまうのを防ぐ効果があります。

DHTはAGAにおける抜け毛の原因のひとつであるため、DHTの生成そのものを阻害することにより、抜け毛の原因に働きかけます。フィナステリドは日本国内ではプロペシアの名で製造・販売されています。

 

ミノキシジルは、血流を増やす作用があります。血流を増やすことにより、髪の成長を促す環境を整えます。ミノキシジルを単剤使用した場合は、すでにある毛根に対しては成長を促しますが、産毛を生やすという作用は多くありません。

 

髪の成長を最も効果的に促進するにはミノキシジルとフィナステリド併用することと考えられています。ミノキシジルには外用薬と内服薬があり、外用薬については薬局でも購入できますが内服薬については通常の医療機関では取り扱いをしているところは少なく、発毛専門の医療機関で取り扱うことが多いです。

 

ロゲインのジェネリックであるカークランド(ミノキシジル)とプロペシアジェネリックであるフィンペシア(フィナステリド)の組み合わせは、最安値のAGA治療です。

それでは、それぞれの効果を見ていきます。

カークランドは、ロゲインのジェネリック医薬品です。

 

f:id:participantlink:20190609234027j:plain



日本国内でも取り扱われているリアップと同成分であるミノキシジルを5%配合しています。

ミノキシジルは、世界90カ国以上で使用されている成分です。

毛髪の成長に関与する毛包に作用して、毛を太くする効果があり、脱毛症診療のガイドライン日本皮膚科学会)において、推奨度A(行うことを強くすすめる)とされている成分です。比較試験においてもその有効性が実証されています。

カークランドミノキシジルは、ヘアサイクルの変化によって小さくなってしまった毛包を大きくすることで、薄毛を改善します。 


フィンペシアは有効成分・フィナステリドを含有する、男性型脱毛症治療薬です。

 

f:id:participantlink:20190609234200p:plain


フィンペシアに配合されているフィナステリドは、毛根中の毛乳頭細胞にある5-α還元酵素の働きを阻害して、男性ホルモンであるテストステロンが、脱毛症の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)へと変化するのを抑制し、髪の毛が薄くなるのを防ぎます。

ジヒドロテストステロン(DHT)は遺伝的な男性型脱毛症を誘発します。

よって、フィンペシアで5-α還元酵素を阻害しジヒドロテストステロン(DHT)へ変換されるのを妨げることは、男性型脱毛症の治療において有効です。

フィナステリドは、5-α還元酵素への選択性があるため、他のホルモン系への影響による副作用が極めて少ないことも利点の一つです。

また、フィナステリドは国内臨床試験において、改善率がプラセボ(偽薬)よりも有意に優れていることが確認されており、海外においてはフィナステリド1mg投与5年後の写真評価において、90%の患者で抜け毛の進行を抑える効果や改善効果のあることが認められています。 

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村