発毛剤の真実

ミノキシジル・フィナステリド・ディタステリドのジェネリックでハゲ治療

ハゲ頭には攻めのミノキシジルと守りのフィナステリドの併用で発毛効果倍増

AGA治療において、まず第一に選択すべきは、現在のAGA治療の最先端医療において最も高い成果をあげている二大成分のフィナステリドとミノキシジルの投与です。

これら以外にも有効と考えられる成分はありますが、フィナステリドとミノキシジル 以外は実際の治療現場ではあまり信用性が無いというのが実情です。

フィナステリドとミノキシジルを併用することによって、改善スピードを上げる事が可能です。
フィナステリドが守でミノキシジルは攻めの作用を担います。

 

f:id:participantlink:20190517222818p:plain

 

フィナステリド

f:id:participantlink:20190517223022p:plain


AGA治療に効果が高いとされているフィナステリドですが、、脱毛や薄毛化を進行させる悪玉ホルモンジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑えることによってです。

人間のからだにはテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが存在します。このホルモンはからだに悪影響を与えることはありません。

むしろ、男性にとっては男らしく力強いからだをつくり、生殖能力を維持するのに欠かせません。精神的にアグレッシブにするという役割もあります。

しかし、テストステロンがある酵素と結びつくと悪玉ホルモンに変化してしまうのです。それが、5αリダクターゼという酵素です。

頭皮の毛根付近にこの酵素は多く存在していますが、テストステロンが5αリダクターゼと結びつくと、ジヒドロテストステロンという悪玉ホルモンが誕生してしまうのです。

ジヒドロテストステロンは、毛母細胞にある受容体と結びつくと、健康な毛根に成長をやめて脱毛させよという信号を送ります。すると毛根が弱ってしまい、成長段階の髪が脱毛してしまいます。

そして、毛根自体も弱ってゆきやがて閉じてしまうのです。

フィナステリドは、5αリダクターゼの働きを妨害します。

テストステロンが5αリダクターゼと結びつかなければ、悪玉ホルモンは誕生しません。

そして、抜け毛も起こらずに、正常な毛髪サイクルが保たれます。

ミノキシジル

f:id:participantlink:20190517222943j:plain


ミノキシジルは強い血管拡張作用と、新しい毛細血管を作るという作用があります。

そして、毛根への血液の流れを良くしてくれるのです。悪玉ホルモンジヒドロテストステロンによって毛根が弱ってくると、発毛能力が落ちてゆきます。

すると、古くて弱くなってしまった毛根には栄養を届ける必要が無いだろうとからだが判断し、毛細血管がなくなってしまいます。

そうなることで毛根はますます弱くなり、いずれはその役割を終えたと判断して自然に閉じてしまうのです。

こうした悪循環を断ち切るために、ミノキシジルは弱くなった毛根付近にも新しい毛細血管をつくりだしてくれます。

すると、毛根はまだまだ頑張ろうとして、発毛活動を活性化するのです。

髪の毛に良いとされる栄養素

 

f:id:participantlink:20190517223127p:plain


髪の毛に必要な栄養素はさまざまですが、髪の毛にとって最も良いとされている栄養素はタンパク質・亜鉛・ビタミンです。この栄養素は、髪の毛を作りだす際に重要となります。

 

タンパク質


髪の毛の約90%はケラチンというタンパク質からできています。このケラチンを構成するもとになっているメチオニンは、体内で生成できない必須アミノ酸の1つです。

そのため食事でのみこのケラチンを摂取することができます。

これら髪の毛の元となるタンパク質が不足してしまうと、髪の毛は細くなり薄毛や抜け毛につながるだけでなく、色素も薄くなることから白髪が増加してしまう可能性があります。

亜鉛


亜鉛は、ミネラルの1種でタンパク質を合成するのに欠かせない栄養素です。どんなにタンパク質を大量に摂取しても、亜鉛が不足していると髪の毛の成長につながりにくくなってしまいます。

髪の毛以外にも、亜鉛が不足すると免疫力の低下や味覚障害などが起こることもありますが、現代人が1日に摂取している亜鉛は必要量の半分にも満たないといわれています。

不足しがちな亜鉛は、食事だけでなくサプリメントで補うのも良いでしょう。

ビタミン

ビタミンは、主に他の栄養素が機能するように働く潤滑油のような存在です。

ビタミンは全部で13種類あり、その中でもA、B群、C、Eは髪に良いとされています。

また、ビタミンも体内生成できないため食べ物から摂取する必要があります。

ビタミンA

新陳代謝を促進し、頭皮の乾燥やフケ、かゆみを防いで頭皮環境を整える作用があります。

乾燥肌が気になる方は意識して摂取したいビタミンです。

しかし、ビタミンAを過剰摂取してしまうと、頭皮が硬くなり脱毛の原因になるため摂取量には注意が必要です。

サプリメントなどでビタミンA単体を摂取する場合は過剰摂取にならないようにしましょう。

ビタミンB群

ビタミンB1、B2、B6、B12、葉酸パントテン酸をまとめてB群と言います。B群は育毛、発毛を促していくために、優秀な働きをする栄養素です。

ビタミンC

頭皮環境を正常化、コラーゲンやタンパク質の構成を促進する効果があります。髪の毛のトラブルの原因となる疲労やストレスの回復にも効果があります。

ビタミンE

健康な髪の毛を育てる、抗酸化作用、抗炎症作用、血行促進などの働きが詰まっている栄養素です。

ビタミンCと一緒に摂取することで相乗効果が期待できます。

 

oneclck.net

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村