発毛剤の真実

ミノキシジル・フィナステリド・ディタステリドのジェネリックでハゲ治療

AGA治療で効果抜群なディタステリド

日本人男性の薄毛の原因と言えば「AGA(男性型脱毛症)」がほとんどで、その治療薬で有名なのが「プロペシア=フィナステリド」になります。
プロペシアの有効成分である「フィナステリド」がAGAの原因である「DHT(ジヒドロテストステロン)」の生成を抑制し、薄毛を改善へと導いてくれます。
しかし、中にはプロペシア(フィナステリド)が効かない人も存在し、その様な方のために開発されたのが「デュタステリド」になります。
そこで今回は、デュタステリドの効果と副作用について見ていきます。 

f:id:participantlink:20190712015355p:plain

デュタステリドとは?

デュタステリドとは、AGA治療薬の有効成分で、プロペシアの有効成分であるフィナステリドと同様もしくはそれ以上の効果を発揮する成分になります。
デュタステリドはフィナステリドと根本は同じDHTの生成を抑制する効果になりますが、その抑制効果はフィナステリド以上になります。
厳密に言いますと、フィナステリドもデュタステリドもDHTを抑制するのではなく、DHTを生成してしまう原因である「5αリダクターゼ(還元酵素)」の働きを阻害すると言うことになります。
5αリダクターゼが男性ホルモンであるテストステロンと結合することで、強力な脱毛ホルモンであるDHTを生成してしまうのです。
そしてこのDHTが毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体と結合することによってヘアサイクルが乱れ、抜け毛が増加し薄毛になってしまうのです。
つまり、フィナステリドもしくはデュタステリドを服用することによって、5αリダクターゼの働きを阻害することが可能となりますので、AGAの進行を防ぐ事が可能となり薄毛改善へと導いてくれると言うことなのです。

デュタステリドが誕生した経緯について

デュタステリドを開発したのは、イギリスの製薬会社である「グラクソ・スミスクライン社」で、2001年に発表されました。
デュタステリドもフィナステリド同様にもともとは前立腺肥大症の治療薬として開発された成分になります。
なぜなら、AGA医療において発症要因と言われているDHTが、そもそも前立腺肥大症の発症要因でもあるからになります。
DHT濃度が高くなると前立腺に作用し、前立腺肥大症を引き起こしてしまいます。
このような事実から開発されたデュタステリドは、2型5αリダクターゼだけではなく、1型5αリダクターゼにも効果を発揮すると言うことが臨床試験によって明らかとなり、フィナステリドよりもより強力な効果を発揮すると言うことが分かったのです。
こうした経緯から前立腺肥大症の臨床現場において非常に高い改善効果を示し、現在も前立腺肥大症の治療薬として活躍しているのです。
そして、この1型と2型の両方の5αリダクターゼの働きを阻害する効果が認められ、AGAの治療にも非常に高い効果があることが明らかとなり、AGA治療薬として認められたのです。

デュタステリドが国内で正式に認可された日

デュタステリドが正式に厚生労働省で認可されたのは「2015年9月28日」になります。
それまでは、フィナステリドを主成分としたプロペシアとそのじぇめリック医薬品であるファイザーのみでしたが、新たにデュタステリドがAGA医薬品として認められました。
厚生労働省で認可され、実際に日本国内で販売されていると言うことは、さまざまな臨床試験が行われ副作用試験や連続使用耐性試験等も行われて問題なかったと言う結果で、薬学的な安全性と発毛効果が正式に認められたと言う結果になります。
デュタステリドは世界的に注目されている成分
デュタステリドは、AGA発症要因となるDHTを抑制する成分で、1型と2型の両方の5αリダクターゼの働きを阻害してくれる非常に優れた成分で、世界的に注目されている有効成分になります。
しかしながら日本の厚生労働省に該当する「FDAアメリカ食品医薬品局)」では、デュタステリド成分を前立腺肥大症の治療薬としてしか認可しておらず、医学的見地からはAGA治療薬としての認識が薄かったと言う過去の経緯があります。
その理由は、プロペシアが先に大きな商業的成功を納めたためになります。
AGA医薬品として認可を得るためには膨大な研究資料と試験等の結果報告が必須で、とてつもない費用と時間が必要になります。
そのため、既にAGA治療薬として世界的に知名度のあるフィナステリド製剤(プロペシア)が発毛成果をあげていたことから、デュタステリドはAGA治療薬としてのFDA認可の申請を敢えて辞退したのです。
しかし現在ではフィナステリドよりもデュタステリドの方がAGA治療薬として優れていると言うことが世界的にも認められ、フィナステリドでは満足できる結果を得ることができないAGA患者から非常に高い支持を得ているのです。

デュタステリドのAGA改善効果について

AGA治療薬と言えばプロペシアと言う認識が広まっている中、プロペシアでは満足できる結果が出ていないと言う人も少なくはありません。
なぜなら、プロペシアの主成分であるフィナステリドが効果を発揮するのは、2型5αリダクターゼのみになるからです。
つまり、1型5αリダクターゼが多く存在している人にはそれほど効果を発揮しないと言うことになります。
ちなみにですが、頭頂部と前頭部では存在している5αリダクターゼの種類が異なることをご存知でしょうか?
頭頂部には2型5αリダクターゼ、前頭部には1型5αリダクターゼが多く存在しています。
つまり、前頭部の薄毛の方、いわゆるM字ハゲの方はプロペシアでは満足する事ができないと言うことなのです。
そこで効果を発揮してくれるのがデュタステリドと言う訳です。
しかも、デュタステリドはフィナステリドよりもDHT抑制効果が高いと言われていますので、頭頂部の薄毛の方でも今以上に復活させたいと言うことでしたら、デュタステリドに変更することをおすすめします。
AGAにおけるデュタステリドの実際の効果は?
デュタステリドのDHT抑制効果に基づく発毛効果に注目が集まり、研究が行われました。
20~50歳の同レベルのAGA患者を対象とした試験で、頭頂部(直径2.54㎝円内)の薄毛において、それぞれフィナステリドとデュタステリドを投与し、24週経過した時点での髪の毛の増加本数を比較してみたところ以下のような結果が出たのです。

【直径2.54㎝の範囲の毛髪再生本数測定試験の結果】

フィナステリド・・・56.5本の毛髪再生
デュタステリド・・・89.6本の毛髪再生

以上の結果から、デュタステリドはフィナステリドの約1.5倍の毛髪再生効果があると言うことになります。
加えて毛髪の太さにもポジティブな変化が報告されていて、頭頂部と前頭部の両方の薄毛に改善が見られ、特に頭頂部の改善効果が高いと言う結果が出ています。
また、同じような試験が「Journal of the American Academy of Dermatology誌」主催によって行われましたが、上記測定試験と同様の結果が出たと発表されています。
以上のことからフィナステリドよりもデュタステリドの方が圧倒的に効果が高いと言うことが明らかで、プロペシアで満足する結果が出ていない人や、フィナステリドに対する先天的な感受性が悪い人、一刻も早く発毛効果を得て薄毛を改善したいと言う方にデュタステリドはおすすめになります。

デュタステリドの国内長期服用試験も実施されました

デュタステリドが厚生労働省に認可されるまでは、国内でのAGA治療薬として認められていなかったため長期使用における薬品効果減退を検証する試験結果はありませんでしたが、実はデュタステリドの連続使用による「耐性」が発生する可能性が懸念されていたのです。
そこで0.5mgのザガーロを52週連続服用長期試験を行い24週目と変化がないか確認したところ、24週目と同程度の作用が確認されており、発毛効果(DHT抑制効果)が52週と言う長期使用においても維持されていると言う結果が出たのです。
この結果は個人輸入代行サイトにおけるデュタステリド製剤(アボダート)利用に関する知識としても非常に大きな収穫で、個人輸入代行サイトで購入を検討している方にとって非常に参考になる試験結果と言えます。 

デュタステリドとフィナステリドの違いについて

f:id:participantlink:20190712015612p:plain

デュタステリド(ザガーロ)とフィナステリド(プロペシア)の違いは上記でも触れていますのでなんとなく分かっていただけたと思いますが、改めて説明しておきたいと思います。
上記でも触れましたが、AGAの原因物質であるDHTを生成する5αリダクターゼには1型と2型があります。
最大の違いは、フィナステリドはこの内の2型5αリダクターゼにしか作用しないのに対して、デュタステリドは1型5αリダクターゼにも2型5αリダクターゼにも作用すると言うことです。
つまり、かんたんに言いますとプロペシアで改善しなかった薄毛も改善することができると言うことです。


①5αリダクターゼ抑制効果の差異

AGAの原因である5αリダクターゼは、主に毛根部分に存在していて、2型が主な原因として認識されています。
これはAGA患者の約8割が、2型5αリダクターゼの働きを阻害するフィナステリドを主成分としたプロペシアの服用で劇的に改善しているからになります。
しかし、プロペシアが効かない場合もあり、このような場合は2型5αリダクターゼよりも1型5αリダクターゼの方が優位に立っている可能性が高いからになります。
特に前頭部の薄毛の場合は1型5αリダクターゼが多く存在しているので、プロペシアでは改善しにくいと言われているのです。
プロペシアで改善しないAGAは、1型5αリダクターゼが原因となります。
フィナステリドでは1型5αリダクターゼの働きを阻害することができません。
1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼの両方を阻害するには、今のところデュタステリドしかないと言うことです。
そのため、プロペシアを半年以上服用しているけど改善効果が見られないと言う場合でも、デュタステリドだと劇的に改善する可能性があります。

②薬効残存時間の差異

デュタステリドの薬効残存時間は、フィナステリドよりも圧倒的に長くなります。
主に半減期と言う言葉を使われますが、半減期とは薬品成分が血液に溶け込む濃度が半分になるまでの時間のことを言います。
デュタステリドの場合はこの半減期が「2週間以上」続くことが公式に発表されています。
ちなみにフィナステリドの場合は「6~8時間」と公式に発表されています(ただしフィナステリド服用中止後もDHT抑制効果が数ヵ月続くケースがありますので一概には言えません。)。
そのため、継続吹くように置いてデュタステリドはフィナステリドよりも血中DHT抑制濃度の濃薄が発生しにくく、安定した頭髪整腸効果があると考えられているのです。
しかも、デュタステリドの場合はDHT抑制効果が非常に高くなりますので、デュタステリド含有濃度0.5mgでも十分で、フィナステリド含有濃度1.0mgのプロペシアよりも副作用のリスクが低くなるとも言われています。

デュタステリドの副作用について

デュタステリドもフィナステリド同様に副作用があります。
デュタステリドの副作用はフィナステリドの副作用に類似しています。
・性欲減退
・性機能不全(リビドー減退、勃起不全、射精障害)
・肝機能障害
・鼻咽頭炎
・黄疸

デュタステリドの副作用は以上で、フィナステリドの副作用とほぼ同じになります。
フィナステリド(プロペシア)の副作用ではみられない「鼻咽頭炎」とは、鼻水が出る花粉症や風邪のような症状に近いものになります。
この副作用の報告はデュタステリド服用患者の中でも最も多い副作用となっており、約15%の患者が鼻咽頭炎を報告しています。
その他の副作用に関しましては1%前後となっております。
以上のことから、男性が最も心配される性機能不全の副作用は、フィナステリドよりも確率が低くなっています。

ザガーロとは

ザガーロ
5α-還元酵素Ⅰ型Ⅱ型阻害薬
ザガーロは2型だけでなく1型の5α-リダクターゼにも作用する、国内で2番目に承認された、内服型AGAです治療薬です。今まではAGAの治療としては2型のみを抑えれば良いと考えられていましたが、脱毛部位の毛包に1型も発現していることからAGAとの関係が示唆されています。頭頂部のみならず、前頭部にも強い発毛効果が見られることが特徴です。

 f:id:participantlink:20190712020227p:plain

f:id:participantlink:20190712020230p:plain

f:id:participantlink:20190712020235p:plain

主要有効成分:デュタステリド
効果範囲:5α-還元酵素Ⅰ型Ⅱ型阻害
形状:ソフトカプセル剤
種類:0.1mg/0.5mg
海外の承認商品:アボダート
添加物:ジブチルヒドロキシトルエン、中鎖モノ・ジグリセリド、ゼラチン、グリセリン、濃グリセリン、酸化チタン、黄色三二酸化鉄(0.1mgのみ)、三二酸化鉄、中鎖脂肪酸トリグリセリド、レシチン

デュタステリドはどこで手に入る?

では、実際にデュタステリドはどこで手に入れることが可能なのでしょうか?
日本国内では医薬品を入手するには基本的には処方せんが必要になります。
または、個人輸入代行を使えば安価で入手することが可能です。

デュタステリド(ザガーロ)はAGAクリニックで手に入る

デュタステリドはAGAクリニックや皮膚科で手に入れることができます。
ただし、処方せんが必要になる薬になりますので、まずは診察を受ける必要があり、デュタステリドが必要な症状と診断される必要があります。
そのため、まずは皮膚科やAGAクリニックに相談するようにしましょう。

デュタステリド配合のAGA治療薬を格安で手に入れる方法

前頭部の薄毛に効果的な成分はデュタステリドと言うことになりますが、AGAクリニックや皮膚科で処方してもらうとなるとプロペシア同様に相当高くなってしまいます。
AGA治療にそこまでお金をかける経済的余裕がないと言う方も少なくはないと思いますので、デュタステリド配合のAGA治療薬を格安で入手する方法をご紹介したいと思います。
デュタステリドもフィナステリド同様に個人輸入代行業者での取り扱いがありますので、格安で手に入れることが可能となります。

まとめ

デュタステリドはフィナステリド以上のDHT抑制効果があるAGA治療薬になります。
一般的なAGAは、約8割が2型5αリダクターゼが主な原因による薄毛になりますが、残りの約2割の方は1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼの両方が原因となっていて、フィナステリドでは満足する結果を得る事ができません。
特に前頭部に1型5αリダクターゼが多く存在すると言われており、前頭部の薄毛にお悩みの方はフィナステリドでは満足する事ができません。
また、頭頂部にも1型5αリダクターゼは少なからず存在していますので、劇的に薄毛を改善したいと言う場合は1型にも2型にも効果を発揮するデュタステリドが効果的と言えるでしょう。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村