発毛剤の真実

ミノキシジル・フィナステリド・ディタステリドのジェネリックでハゲ治療

プロペシアとミノキシジルの併用で髪が生える

プロペシアミノキシジルは、薄毛の治療薬としては一緒ですが成分が違うため、治療の効果は全く異なります。

ミノキシジルは、毛細血管の血流を促進し、毛母細胞を活性化させる効果があります。

むしろ、プロペシアミノキシジルの併用治療は、積極的な発毛を目的にしたAGA治療では、スタンダードな選択肢になりつつあります。

プロペシアミノキシジルを併用することで薄毛の進行を止めると同時に毛髪の増加が期待できるのです。

併用して、さらに発毛効果を実感しましょう。

また、併用することで副作用が強くなることはありませんので安心してください。 

 

f:id:participantlink:20190621024502p:plain

プロペシアに期待できる効果

まず、知っておいてもらいたいことは、プロペシアの特徴は脱毛を防ぐ作用であり、発毛や育毛効果はありません。

プロペシアの有効成分は、フィナステリドです。

AGA(男性型脱毛症)の主な原因物質は DHT(ジヒドロテストステロン)です。

AGAで悩む男性も脱毛箇所の頭皮に通常より多くのDHTが確認されています。

DHTは5α還元酵素によってテストステロンが変換され生成されます。このDHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合すると、成長期にある毛髪に対して退行期及び休止期に移行する信号が出されます。

 

その結果、毛周期(ヘアサイクル)が短くなり退行期の細い毛髪が増えたり、毛髪が長く太い毛に成長する前に抜けてしまうので、毛髪が薄くなってしまうのです。

プロペシアの主成分のフィナステリドは、AGAの原因であるDHTを生成するのに必要不可欠な5α?還元酵素を阻害することでDHTの生成を抑制します。

これにより成長期が長くなり細くなった髪の毛にコシが出てきて、休止期にある毛穴からの毛髪も成長しAGA改善の効果が期待できる医薬品です。

発毛よりも抜け毛を抑えることができ、髪が増える効果といえるでしょう。

ミノキシジルに期待できる効果

ミノキシジルは、毛包に直接働きかけ髪の毛を成長させることができます。

まず、髪の毛には、成長期、退行期、休止期という3段階のヘアサイクルがあります。

しかし、AGAの男性ホルモンの影響によって、ヘアサイクルが短縮されて、髪の毛が十分に成長することができず、弱々しくなり、成長途中の毛が抜けてしまいます。

そのため、健康な髪が生えてこず、薄毛になる事態に。

そのヘアサイクルが乱れる原因の一つは、「毛包」にあります。

毛包とは、頭皮の中で髪の毛を作り、育てることを担っている部分をいいます。

毛包に直接働きかけることにより、ヘアサイクルの乱れで小さくなっていた毛包が、血管を拡張する成分で細胞を活性化させ、毛包を成長させます。

血管が広がれば、必然的に血流が良くなり、毛細血管を通して毛包にも栄養分が届けられることにより、髪の毛が元気になります。

そのため、正常な発毛サイクルを取り戻せて発毛効果の実感が得られます。

プロペシアの1日の飲む量と時間

通常、医薬品には食前・食後・食間と服用のタイミングが決まっているものがありますが、プロペシアにはそういった決まりはありません。

飲み方の条件は、必ず1日1回、水またはぬるま湯で飲みましょう。

お茶やジュースなど水以外で飲んだ場合、予想できない作用が出て身体に悪影響を与える可能性があります。

主成分のフィナステリドは体内での血中濃度を24時間までしか保てません。

24時間を過ぎてしまうと効果を期待できなくなり、その間にAGAが進行することになってしまう恐れがあります。

そのため、毎日決まった時間に服用することがとても大切になるのです。

しかし、飲酒後には飲んではいけないので、就寝前よりはお酒を飲んでいる可能性が少ない朝に飲服用する方が安全です。

飲み忘れたからといって、一度に飲み忘れた分をまとめて服用するのは大変危険です。

たくさん服用したからといって、効果が倍増するわけではありません。

1日の上限を超える量を飲むと、肝臓への負担をはじめとする健康被害のおそれがあります。医薬品は服用量が決まっています。

生活サイクルの中で飲み忘れにくい時間帯を決め、1日1回の服用を心がけましょう。

ミノキシジルの1日の飲む量と時間

ミノキシジルには、2.5㎎、5㎎、10㎎があります。

高い効果を実感するためには、できるだけ長く体内に有効成分をとどめておく必要があります。

そのため、成分の血中濃度を維持するために1日1回~2回、朝と夜に服用すると効果的といわれています。

成人に対しては、1日服用量5mgから開始することが推奨されています。

必要に応じて1日服用量20mgまで増量ができ、その後1日服用量40mgまで増量ができます。

しかし、ミノキシジルには副作用が出る可能性があります。

副作用が心配な方は、最初は5mgから始めると良いでしょう。

また、1日1回の服用の場合は、毎日同じ時間に水またはぬるま湯で飲みむよう心がけましょう。

飲み忘れたからといって、一度にたくさん服用することはプロペシア同様大変危険です。

かえって副作用の頻度を上昇させるおそれがありますので、1日分の容量を守りましょう。

血管の拡張作用があるため、低血圧の方や降圧剤を使用されている方が服用すると、必要以上に血圧が下がり危険なことがあります。

プロペシアジェネリックミノキシジルはセット購入がお得

プロペシアミノキシジルも医薬品となりますので、医療機関から処方を受ける必要があります。

国内では、ドラッグストアやAmazon楽天などの通販では販売されていません。

AGA専門クリニックなどで医者に処方してもらう必要があります。

しかし、プロペシアミノキシジルは保険適用外の自由診療の為、治療費はすべて実費となります。

そのため、治療費は診察料込みで、毎月3万円程となり高額にあります。

また最近では、個人輸入を代行してくれるサービスもあり、パソコンやスマートフォンなどのインターネット環境さえあれば、誰でも簡単に入手できるようになりました。

個人輸入代行業者は、オオサカ堂が有名です。

オオサカ堂は、AGA治療薬を豊富に取り揃えていて、価格も安価で20年以上運営している実績のあるサイトですので安心して購入できます。

もちろんプロペシアジェネリック)とミノキシジルも取り扱っています。

価格は、日本の医療機関で処方してもらうよりもとても安く購入できます。

プロペシアジェネリック医薬品ミノキシジルのセットの商品も販売されています。

有効成分はプロペシアと同じですので、効果は変わりません。

 

 

oneclck.net

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村