発毛剤の真実

ミノキシジル・フィナステリド・ディタステリドのジェネリックでハゲ治療

育毛剤と発毛剤の違い

一般的な薬局で誰でも購入することのできる発毛効果のあるトニックやシャンプーなどは、「発毛剤」ではなく、「育毛剤」と表記されていることがほとんどです。

 

f:id:participantlink:20190519235604p:plain

 

これには理由があり、発毛剤と表記するには、発毛成分が確認されている「ミノキシジル」や「フィナステリド」といった成分が含まれている必要があります。

これらは医薬品として認可されている成分で、これらが含まれているものは医薬品となり、発毛剤と表現することがほとんどです。

それ以外の成分で作られているものは、育毛剤という表記に留まることが多くなります。

正確には厳密にそのような区別がある訳ではありませんが、医薬品である発毛剤の方がより効果が高いと考えて間違いはありません。

医薬品である発毛剤は一般的な薬局ではあまり扱っておらず、専門のクリニックで医師の指導の下に処方されることになります。

ミノキシジルは主にトニックなどの外用薬に含まれることが多く、フィナステリドは内服用の発毛効果の高い成分として知られています。

 

f:id:participantlink:20190519235711j:plain

 

発毛剤と呼べる内服薬では、このフィナステリドを配合した「プロペシア」が有名になります。

専門のクリニックではプロペシアミノキシジルが処方されることが一般的です。

 

f:id:participantlink:20190519235752j:plain

薄毛になってしまうのは幾つもの影響が考えられるのですが、人によっては遺伝が関係していることがあります。

これは遺伝子の中に薄毛に影響を与える部分が分かっており、その部分が色濃く伝達していると薄毛になってしまう可能性が高いです。

ただし、5α-リダクターゼの影響が出やすい人だったとしても、しっかりとしたAGA治療をすることによって克服することは可能となります。

問題なのは早めに自分の頭皮の環境をチェックして、薄毛対策を早急に始めることが重要になります。

まだ、髪の毛が残っている状態でしっかりとした対策を始めていけば、髪の毛をキープすることはそれほど難しいことではないのです。

フィナステリドで抜け毛を抑えることができるとともに、ミノキシジルなどの有効成分が高濃度に関与してるタイプを選ぶことによって、これまでうぶ毛も生えてこなかったような部分に新たな髪の毛を期待する事もできるのです。

現状がどのように改善したのか確認していくためにも、最初の段階の頭皮の写真などを撮影して置く事が重要になります。

明らかに生え際が後退してる状況においても、発毛剤を使ってどれくらい改善できるのが観察することが重要です。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村