発毛剤の真実

ミノキシジル・フィナステリド・ディタステリドのジェネリックでハゲ治療

アボルブ(デュタステリド)はフィナステリドよりも効果あり

アボルブ(デュタステリド)は、薄毛治療薬としては新しい薬であり、これからの薄毛治療で大変期待されているものです。

もともと前立腺肥大症の治療のために研究されていたもので、フィナステリドと同様のはたらきがあります。

フィナステリドを主成分とする薄毛治療薬のプロペシアとほぼ同じ役割で用いられてきました。

ただし、アボルブ(デュタステリド)はフィナステリドよりも効果も副作用のリスクも強いと言われています。

それには男性ホルモンへの働き方が関係していると考えられます。

アボルブ(デュタステリド)のはたらき

アボルブ(デュタステリド)のはたらきはプロペシアと同じです。

アボルブ(デュタステリド)のはたらきは、5aリダクターゼの抑制であり、これはプロペシアに含まれている薄毛治療の有効成分であるフィナステリドと同じものです。

フィナステリドと同様に前立腺肥大症の治療のために研究開発されていましたが、薄毛への効果に注目されて薄毛治療の効果への期待が高まっています。

アボルブ(デュタステリド)は、内服薬として服用することで、血液を通して頭皮へとたどり着きます。

頭皮ではテストステロンという男性ホルモンが5aリダクターゼの影響を受けてジヒドロテストステロンに変わり、毛根にある細胞を攻撃して薄毛が進行します。

アボルブ(デュタステリド)は、そんな5aリダクターゼに働きかけてテストステロンがジヒドロテストステロンに変わらないようにするためのものです。

アボルブ(デュタステリド)の成分はフィナステリドと同様ですが、その効果はフィナステリド以上と考えられています。

強力な効果が期待できますが、男性の性機能に関する副作用のリスクも高くなってしまう恐れがあります。

5aリダクターゼⅠ型とⅡ型

f:id:participantlink:20190504222416j:plain

アボルブ(デュタステリド)は5aリダクターゼⅠ型とⅡ型に働きかけます。

アボルブ(デュタステリド)の薄毛治療への効果が優れていると言われているのは、含まれている成分が5aリダクターゼⅠ型とⅡ型の両方に働きかけるためと言われています。

フィナステリドと同様に薄毛を引き起こす要因と考えられている5aリダクターゼに機能するのは同様ですが、それにはいくつかのタイプがあり、全てが頭皮で薄毛を進行するとは言えないのです。

特に5aリダクターゼのⅠ型は、毛根ではなく皮脂腺に多く集まっています。

この場合には、5aリダクターゼは皮脂の分泌を過剰にしてニキビ肌やオイリー肌を作ります。

毛根の毛乳頭という部分に作用して薄毛を引き起こすのは主にⅡ型です。

アボルブ(デュタステリド)はそのⅡ型とⅠ型の両方に機能します。

少ないですがⅠ型をもつ薄毛のタイプもあるため、両方に働きかけることができることは大切です。

アボルブ(デュタステリド)は副作用

アボルブ(デュタステリド)は副作用も持っています。

アボルブ(デュタステリド)は、フィナステリドと同様の機能を持っている治療薬です。

しかし、フィナステリドと同様に、男性ホルモンに影響を与えることによる副作用もあります。

アボルブ(デュタステリド)の副作用は、薄毛に対する効果が高い分だけ重く、また確率としても起こりやすいと言われているため注意が必要です。

アボルブ(デュタステリド)の副作用の主なものは、勃起不全や性欲減退、乳房障害などです。

それ以外にも倦怠感、食欲不振、肝機能障害などを引き起こす可能性もあります。

フィナステリドと同じ副作用ですが、アボルブ(デュタステリド)で起こりうる副作用の確率は、それ以上と言われています。

フィナステリドの副作用の確率は3%程度と言われていますが、アボルブ(デュタステリド)では10%程度になっています。

アボルブ(デュタステリド) のまとめ

アボルブ(デュタステリド)は効果も副作用も強い薬とされています。

アボルブ(デュタステリド)はフィナステリドと同様のはたらきを持っており、薄毛治療への効果が期待されています。

ただしフィナステリドに比べて副作用も強めに出るリスクも懸念されています。

アボルブ(デュタステリド)の働きはプロペシアと同じです。

アボルブ(デュタステリド)はプロペシアに含まれる有効成分のフィナステリドと同じ性質を持っています。

薄毛への効果は高くなっておりますが、その分副作用のリスクも高くなってしまいます。

アボルブ(デュタステリド)は5aリダクターゼⅠ型とⅡ型に働きかけます。

アボルブ(デュタステリド)は5aリダクターゼのⅠ型とⅡ型の両方に働きかけて薄毛の治療効果を与えると考えられています。

薄毛の主な原因として考えられるのはⅡ型ですが、少数派でⅠ型を持つ人もいるので両方に効く薬は大切です。

アボルブ(デュタステリド)は副作用も持っています。

アボルブ(デュタステリド)はフィナステリド以上の効果とともに副作用も強く、勃起不全や性欲減退などの症状が起こると考えられます。

その確率もフィナステリド以上となっています。

ディタステリドの最安値商品アボダート

f:id:participantlink:20190504222540j:plain

アボダートとは、ザガーロと同じくデュタステリドを主成分としている医薬品で製造販売元も同じく英国に本社を置くグラクソ・スミスクライン|GSK(GlaxoSmithKline plc)です。

世界102カ国以上で前立腺肥大症(BPH)の治療薬として承認を受けていますが唯一、韓国でのみAGA治療薬としても承認されています。

デュタステリドの含有量が0.5mgでGSKが製造したものであれば商品名が違うだけでザガーロは中身は全く同じ薬です。

よってデュタステリドを主成分とする医薬品でAGA治療の適応が認められているのは日本(ザガーロ)と韓国(アボダート)の2カ国のみということになります。

日本国内では2009年に前立腺肥大症(BPH)の治療薬として発売されたものがデュタステリド0.5mg含有の「アボルブ」、2016年にAGA治療薬として発売されたのがデュタステリド0.1mgと0.5mgと含有量が2種類ある「ザガーロ」、商品名と用途が違うだけで、どちらもデュタステリド0.5mg含有したものであれば中身は同一の医薬品です。

これが海外だとアボダートという製品名で発売しているだけなのです。

アボダートは成分が同じ商品のザガーロやアボルブよりも安価に手に入れることができます。 

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村