発毛剤の真実

ミノキシジル・フィナステリド・ディタステリドのジェネリックでハゲ治療

フィナステリドの発毛効果

フィナステリドは、男性型脱毛症(AGA)の治療薬として米国食品局(FDA)が認可した薬です。

もともとは前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発された医薬品ですが、副作用として異常発毛をみたことから発毛剤としての用途が広がりました。

メキシコに自生するノコギリヤシの薬効成分を研究してできた化学合成品です。

日本では、プロペシアという商品名で流通しています。

oneclck.net

フィナステリドの効果

男性型脱毛症(AGA)は、遺伝や生活習慣などの要因により引き起こされる脱毛症ですが、男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成が主な原因とされています。

DHT(ジヒドロテストステロン)は、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼ(主に2型)という酵素により変換されることで作られます。

DHTは、毛母細胞の機能を弱らせ、結果としてAGAによる薄毛や脱毛を進行させてしまいます。

フィナステリドは、男性ホルモンのテストステロンをDHTへ変換する酵素である5αリダクターゼを阻害することによって作用します。

5αリダクターゼを阻害ることで脱毛指令を出すDHTの産出を抑えることができ、抜け毛を減らします。

f:id:participantlink:20190524232119j:plain

フィナステリドの内服期間と効果

フィナステリド(1mg/日、0.2mg/日)を用いた414 名の「日本人」男性被験者を対象とした観察期間48週間の比較試験においては、頭頂部の写真撮影による効果判定で、
1mg/日では 58%
0.2mg/日では 54%
軽度改善以上の効果があったとされています。

また、引き続き1mg/日投与を継続した比較試験では、
2年間の内服継続により68%
3年間の内服継続により78%
の軽度改善以上の効果が得られ、その率は増加傾向を示したとあります。

フィナステリド(内服)は、日本皮膚科学会の男性型および女性型脱毛症診療ガイドラインにおいて、男性型脱毛症にはミノキシジル外用とともに推奨度A(行うよう強く勧める)に、にランク付けされています。

このため、一般的にAGA治療の専門クリニックの多くでは、男性に対してはミノキシジルとフィナステリドが処方されます。

フィナステリドで抜け毛となる原因を阻害し、ミノキシジルで強くて太い髪の毛を発毛するという攻めと防御により発毛効果を狙っています。

一方、女性型脱毛症には、フィナステリドは、推奨度D(行うべきではない)にランクされています。

その理由は、女性については有効性を示すエビデンスが得られなかったことと、また、下の副作用の項目でも記載している通り、フィナステリドが男性胎児の生殖器官の発育に影響を及ぼす可能性があるためです。

このことから、妊娠している可能性がある女性や妊婦、授乳中の人、またはこれから妊娠する予定のある人は服用はおろかその取扱いには充分注意しなければなりません。

フィナステリドの副作用

フィナステリドの副作用としては、以下のようなものが確認されています。
・勃起不全
・性欲減退
精子の減少
・肝機能障害
といったもののほか、鬱症状が表れるといったことも言われています。

フィナステリドの初期脱毛

フィナステリドは抜け毛を抑える働きが中心のためミノキシジルのような初期脱毛は比較的起こりにくいと考えられています。

現在では薄毛改善・育毛ケアともに安心安全な成分が開発されており、上記のような副作用やリスクがない商品も多数販売されていますので、購入前にはその点をしっかりチェックしてから使用することが重要といえます。

 

 

oneclck.net

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村