発毛剤の真実

ミノキシジル・フィナステリド・ディタステリドのジェネリックでハゲ治療

ザガーロとプロペシアの違い

今まで薄毛治療に一般的であったプロペシアと同様にAGA治療薬として新たに注目を集めている新薬が、ザガーロになります。

ザガーロの主成分デュタステリドは、男性特有の病気である前立腺肥大症の治療薬としても効果を発揮する薬です。

前立腺肥大症の治療薬としては、アボルブという名前になり、泌尿器科などで処方されています。

AGA治療薬のザガーロは、元々は5α-還元酵素阻害薬(5αリダクターゼ)として前立腺肥大症の治療用に研究・開発されていました。

日本ではアボルブカプセル錠が2009年に承認されました。

5α-還元酵素阻害薬は、男性ホルモンの1種のDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑える効果がある薬です。

DHTの生成を抑制することは、AGAにも効果が期待できると考え更に研究が進み、その結果としてAGA治療薬のザガーロが誕生し、2015年9月に承認されています。

 

f:id:participantlink:20190523002107j:plain

 

 

男性型脱毛症(AGA)の治療薬ザガーロ

ザガーロは、男性における男性型脱毛症(AGA)を適応症として承認され、ザガーロカプセル0.1mgとザガーロカプセル0.5mgの2種類が承認されています。

ザガーロは1日に1回1錠を服用し、半年以上の長期間服用し続ける必要がある薬です。基本は0.1mgを服用しますが、必要に応じて0.5mgを服用していきます。

半年間服用し続けた結果、男性型脱毛症の原因となる抜け毛に大きく関与している頭皮のジヒドロテストステロン(DHT)の濃度が40~52%減少したデータがあります。

頭皮のジヒドロテストステロンの濃度が下がると、男性ホルモンによる強制的な抜け毛がなくなり、強くて太い本来の健康的な髪の毛が増えていきます。

 

5α-還元酵素阻害薬のザガーロ

プロペシアもザガーロも、1日1回1錠ずつ服用します。どちらの薬も5α-還元酵素阻害薬で、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を防ぎます。プロペシアやザガーロを服用していくと、髪の毛のサイクルを正常に戻す事ができます。

薬の効果で大きく違う点に、プロペシアの主成分フィナステリドは、5α-還元酵素2型の阻害薬であることに対して、ザガーロのデュタステリドは1型・2型両方共阻害します。

 

5α-還元酵素の1型と2型の違い

 

5αリダクターゼ(酵素)は、人体に存在する酵素の一種で、男性型脱毛症(AGA)の原因物質でもあることがわかってます。

5αリダクターゼ(酵素)には、
・Ⅰ型5αリダクターゼと
・Ⅱ型5αリダクターゼ
の2種類のタイプがあります。

頭皮では、
・Ⅰ型5αリダクターゼは、皮脂腺に多く存在し、
・Ⅱ型5αリダクターゼは、前頭部や頭頂部の毛乳頭細胞に多く存在する
ことがわかっています。

薄毛は前頭部や頭頂部から進行することからもわかる通り、AGA(男性型脱毛症)は、主に「Ⅱ型5α-リダクターゼ」の影響を強く受けると考えられています。

このⅡ型5αリダクターゼ(酵素)は、男性ホルモンのテストステロンを、より強力な男性ホルモンであるDHT( ジヒドロテストステロン)に変換する働きがあります。

DHT(ジヒドロテストステロン)がさらに男性ホルモンレセプターに結合して毛乳頭や毛母細胞へ髪の毛を成長させないよう脱毛因子 (TGF-β)が指令を出します。

 

5αリダクターゼの役割

 

5αリダクターゼの活性の強さや男性ホルモンレセプターの感受性の強さは親から遺伝されると考えられています。

このように、Ⅱ型5α-リダクターゼは、男性型脱毛症(AGA)に大きく関与しています。このことからも、男性型脱毛症(AGA)対策としては、

「5αリダクターゼの働きを抑制すること」
「DHTの働きを抑制すること」
「男性ホルモンレセプターの活動を阻害して流れを断ち切ること」
「脱毛因子「TGF-β」 の活動を抑制すること」
「毛乳頭が出す脱毛サイン物質を抑制すること」
「毛乳頭が出す発毛サイン物質を増やすこと」
といった発想などから育毛剤や育毛サプリメントの研究が進んでいます。

 

f:id:participantlink:20200102205104p:plain

 

主に毛乳頭部分に多く存在する

 

この5α-還元酵素は人によって多い少ないがあり、5α-還元酵素の活性を持つ遺伝子は優性遺伝することも分かっています。

これらの要因により、親が薄毛の場合、子どもも薄毛になりやすくなるのではと推測されています。

AGAの治療においては、毛髪に直結した部位に注目が集まりますが、上記の部位以外にも5α-還元酵素は、精巣や前立腺にも存在しています。

前立線の5α-還元酵素を阻害する結果、前立腺の肥大化を抑える効果が生まれてきます。

 

副作用の違い

 

プロペシアとザガーロの主な副作用は、どちらもED(勃起不全)や性欲減退など、男性器に関連した症状が主な副作用となり、似たような症状となっています。

男性ホルモンは主に睾丸で生成されます。

この生成自体を抑える抗アンドロゲン剤と異なり、5α-還元酵素阻害薬は生成される男性ホルモン量は変わりませんが、より強力にパワーアップ(ジヒドロテストステロンに変換)されるのを防ぎます。

成長期の男児にDHTが不足してしまうと、男性が男性らしい体つきに成長する事に大きく影響している男性ホルモンの力が弱まるため、生殖機能の成長に大きな悪影響が出ます。

そのため、成長期の子どもがザガーロなどの5α-還元酵素阻害薬を誤飲してしまうと、大きな問題になってしまいます。

 

効果の違い

 

プロペシアの主成分フィナステリドは、5α-還元酵素2型の阻害薬として、AGAの治療で使われています。ザガーロは1型と2型両方の5α-還元酵素を阻害します。

AGA治療においては、5α-還元酵素2型を主に阻害することで、頭頂部の抜け毛予防につながります。特化型のプロペシアに対して万能型のザガーロとなり、どちらの薬もAGA治療においては効果的となっています。

ザガーロの主成分デュタステリドは、もともとは前立腺肥大症の治療薬として開発されていた経緯もあって、AGA治療だけでなく、前立腺肥大症の治療にも使わている点が大きく異なっています。

前立腺肥大症の治療においては、前立腺で男性ホルモンがDHTへと変換されることを防ぐため、50代で30%、60代で60%とも言われる男性なら極めて高確率で罹患する前立腺肥大症そのものを治療し、前立腺の肥大化を防ぐだけでなく長期間の服用で徐々に小さくしてくれます。

 

デュタステリドの前立腺肥大症への効果

 

ザガーロの主成分デュタステリドには、加齢とともに肥大化していく前立腺を縮める効果があります。

同じ5α還元酵素阻害薬のプロペシアにも同じ様な効果があるのではと言われていますが、2018年の時点では厚生労働省に適応症として認められていません。

日本泌尿器科学会においても、プロペシアの主成分フィナステリドを処方する場合は、適応症外のため保険適用外となっています。

デュタステリドは、中度~重度の前立腺肥大症患者に、強く処方を勧められる薬となります。この適応症の差が、フィナステリド(プロペシア)とデュタステリド(ザガーロ)の大きな違いと言えます。

ちなみにデュタステリドが前立腺肥大症の治療薬として処方される場合は、日本国内ではアボルブという名前で販売されています。

アメリカやイギリスなど欧米ではアボダートという名前で流通しており、どちらも同じ薬です。

アボルブや欧米版のアボダートも、ザガーロと同じ1錠にデュタステリドが0.5mgもしくは0.1mg分が含まれているため、AGA治療でザガーロを服用している方は、長期間服用し続けていけば、将来的な前立腺肥大症のリスクも同時に軽減することができるのです。

そのため、30代以降でAGA治療を検討している方は、長期間の服用で前立腺肥大症のリスクも軽減できるため、ザガーロの方がオススメと言えます。

また既に前立腺肥大化の治療でアボルブを服用している方は、AGA治療の効果も期待できるのです。

 

フィナステリドの可能性

 

プロペシアの主成分フィナステリドは、前立腺肥大症への治療効果について明確な研究結果が示されてはいないため、現時点では何とも言えないのが実情です。

しかし、ザガーロと同じ5α還元酵素阻害薬であることに変わりらはないため、薬を服用していない方よりは、少なからずの好影響を与えているのではと推測できます。

事実、海外では前立腺肥大症の治療薬としてプロペシアの主成分フィナステリドが承認されている国もあります。

プロペシア前立腺肥大症の治療目的で服用するのは、日本国内では適切な治療方法ではありませんが、AGA治療目的で服用している方には、前立腺肥大症への好影響も同時に受けれることができ、一石二鳥となります。

 

ザガーロとプロペシアの違い

 

プロペシアはAGA治療でのみ承認されている

・ザガーロはAGA治療薬と前立腺肥大症の治療薬としての効果も承認されている

日本国内では、主成分デュタステリドの薬が、ザガーロにアボルブと2種類ありますが、海外ではアボダートのみです。

どれも名前が異なるだけで、同じ薬です。

事実韓国では、AGA治療薬アボダート(AVODART)として日本よりも早く2009年に承認されています。イギリスやアメリカでは、BPH(前立腺肥大症)に関した治療でのみ承認されています。

つまり、ザガーロもアボルブも名前が異なるためややこしいですが、日本国内においては保険適用の有無くらいしか違いがなく、同じ薬という認識で問題ありません。

  

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村