発毛剤の真実

ミノキシジル・フィナステリド・ディタステリドのジェネリックでハゲ治療

男性の薄毛の90%以上を占めるAGA

男性の薄毛の90%以上を占めるAGAですが、そのAGAの予防には、まずはAGAの原因を理解することが重要になります。

自分の置かれている状態を正しく把握した上で、自分にあった正しい対策を講じることが重要になります。

 

f:id:participantlink:20190912160453p:plain

 

AGAの仕組みからもわかるようにAGAの発症は男性ホルモンが大きく関係しており、遺伝とも密接に関係していると考えられています。

但し、AGAは、遺伝が全てではなく、生活環境や食習慣など後天的な要素からも発症するケースもあります。

男性ホルモン

男性ホルモンとは、主に睾丸から分泌されるホルモンで、テストステロンと言われています。

このテストステロンが、血液を通して体中を巡り頭皮に存在する5αリダクターゼという酵素と結びつくことで、より強力な男性ホルモンであるDHTに変化します。

これが毛乳頭にある男性ホルモンレセプターと結合して脱毛因子「TGF-β」を増やし、毛乳頭や毛母細胞へ髪が抜けるよう指令を出します。
 

このようにAGAの原因は、突き詰めれば男性ホルモンが原因ということになります。

遺伝

AGAと遺伝の因果関係は明確に解明されていませんが密接な関係があると考えられています。

遺伝によって5αリダクターゼを多く生産する体質や感受性が高い男性ホルモンレセプターを受け継いでしまった場合は、AGAを発症するリスクが高くなることがわかっています。

生活習慣

AGAの原因には遺伝などの先天的要素のほか生活習慣の乱れなどの後天的要素もあると考えられています。また、以下のような後天的要素はAGAの進行を早めるとも言われています。

偏った食事や過度なダイエットは、髪の製造に必要な栄養の不足を引き起こし、運動不足や睡眠不足、睡眠サイクルの乱れ、過度のストレスなどは自律神経やホルモンのバランスを乱す原因となります。

また、喫煙や過度な飲酒なども、血流が悪くなり髪に栄養が行き渡りにくくなったり、髪の製造に必要なタンパク質を合成する肝臓に負担をかける原因となりますのでよくありません。

これらがきっかけとなって、AGAを発症、また一層悪化させる要因になるのではないかと考えられています。

DHTの生成を抑制

最も有効なAGA(男性型脱毛症)対策の1つが男性ホルモンに対する対策です。

つまり、男性ホルモンであるテストステロンをDHTへ変換する酵素である5αリダクターゼ (主に2型)を阻害したり、DHTを生成しにくくすることがAGA対策として有効となります。

遺伝で引き継いだAGA体質もこの対策で対抗することができます。


5αリダクターゼ (主に2型)を阻害する成分(AGA治療薬)としては、フィナステリド(プロペシア)が有名ですが、副作用のリスクが高いことから安易に手を出すべきではありません。

現在では、このAGAのメカニズムを崩すべく5αリダクターゼやDHTの生成を抑制したり、脱毛因子を抑制したりする天然成分が多数見つかっており、多くの育毛剤や育毛サプリメントに配合され販売されています。

これらは、副作用のリスクも殆ど無く安心して使用することができます。

購入前にはその点(これらのAGA対抗成分が配合されているか)をしっかりチェックした上で購入することが重要です。

単に血行をよくしたり、細胞の活性化を促す成分の配合だけではAGA対策として不十分です。

血管を拡張し、頭皮の血行を促進

脱毛が進行してしまった毛根は、髪へ栄養を届けるための血管が収縮し、髪へ栄養補給する力が弱まってしまっています。AGAの元凶である5αリダクターゼやDHTの働きを抑制しつつも本来の髪の育成のためにも頭皮の血行を改善したり成長因子を分泌させることは非常に有効です。

現在、血管拡張・血行促進の効能がある治療薬としてはミノキシジルというものが有名です。

ミノキシジルは、血管拡張や発毛シグナル(成長因子)の産出により、脱毛が進行してしまった毛根や収縮した血管の再生を促します。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村