発毛剤の真実

ミノキシジル・フィナステリド・ディタステリドのジェネリックでハゲ治療

ミノキシジルタブレット 効果

ミノキシジルタブレットの効果と副作用の最新情報

海外には、発毛剤として効果あると期待されるミノキシジルタブレット(ミノタブ)という発毛剤があります。

 

ミノタブは2.5mgと5mgと10mgの3種類の濃度があり、どの濃度のミノタブを服用するのがベストなのかを順番に解説します。

 

oneclck.net

 

ミノタブ2.5mgと5mgと10m

ミノタブの服用の濃度の重要性を順番に解説します。

副作用の不安がある方は、まずは、1日2.5mg、また5mg(1錠)の服用を3ヶ月を目処に始めていくことをおすすめします。
ミノタブに慣れてきたら10mgに徐々に増量していぐと効果的です。

服用を増量させる場合は、3日以上をかけて、1日あたり5~10mg(1~2錠)の範囲内で増量することがポイントです。

何週間か経ち、2.5mgまたは5mgの服用に慣れた方は、本当に発毛効果が出ているかが次の不安要素になってきます。


3日以上をかけて、1日あたり5~10mgを増量していくプランで進めていく服用法が安心です。

ミノキシジルの最大摂取量は正規マニュアルによると1日50mgとされていますが、だからといって初日から50mg(10mg×5錠)を1日摂取するのは極力控えたほうがいいです。

1日20mg服用する猛者もいますが、濃度がかなり高い服用になってくるので、あまりおすすめしません。

【オススメしない理由】


ミノキシジルは長年続けていくと、効果が徐々に薄れていく傾向が稀に報告されている
量が多いと、副作用のリスクをより高めてしまう(50mgはかなりの量なので危険です)

血圧を下げる効能もあるのでその分体への負担が大きくなる

ミノキシジルは、元は血管拡張剤として開発された成分ですので、高血圧の患者さんが飲むお薬として用いられていた医薬品でした。
そのため、過剰摂取すればするほど副作用のリスクが高くなる薬剤となっています。 

ミノタブ服用方法 朝1回ずつ飲む服用法

ミノタブには特に服用に決まりがありませんが、朝の服用をおすすめします。

朝服用するメリット   ​

・フレッシュな朝、飲むようにすることで習慣付けしやすい
・夜はお酒が入るケースが多い
・デメリットが少ない

また、朝と晩に服用を分ける方法もあります。

 

朝と晩に服用を分けるメリット

・髪の毛が最も成長する時間帯なので朝以上の効果を期待できる
・朝と晩の服用合計2回摂取することで、ミノキシジルの効果がより長時間持続する
・朝と晩に服用をわけることで、1回あたりの服用量を減らせる

 

一方、朝と晩に服用を分けるデメリットもあります。

・血圧が下がりすぎることで、朝起きられない、冷え性・肩こりの悪化のおそれがある
・夜の摂取時に、お酒と一緒に摂取すると、アルコールと反応して身体全体に負担がかかってしまう

お酒との飲み合わせに注意

f:id:participantlink:20190820000959p:plain

お酒と飲み合わせる際には以下の注意が必要です。
       
アルコールは一時的に血圧を下げる働きがあるため、ミノキシジルが持つ血圧降下の効果と二重作用し、肝臓の負担をかけ、肝機能障害を引き起こす危険がある!
アルコールを摂取した後の服用は絶対にやめましょう。

最低でもミノタブ服用とアルコールの摂取は、6時間前後以上は間を空けるようにしましょう。 

耐性が出来た時の対処法

ミノタブで耐性がついていくという研究は今のところないようですが、「効果が減った」と感じる方もいるようです。
一般的に、耐性には「組織耐性」と「代謝耐性」という薬剤の効果を発揮できなくなっていく2つの耐性があります。
ある特定の成分に対して分解能力が上がることで、薬の効果が効きにくくなるこの現象に対する対処法が以下の通りになります。

ミノタブ服用を数ヶ月から半年ほど中断する


服用する量を減らす
服用を再開するときも摂取量は守る
耐性がついた場合、上記の対処法を活用することで体に溜まっていたミノキシジルの成分が抜け、再び服用した時にまた効力を発揮することができます 

副作用

ミノタブは、AGAに悩む人には劇的な効果をもたらせてくれますが、当然副作用のことを考えなければなりません。
内服薬は体の中に直接薬理成分を取り入れているので、副作用も体全体に及ぶ恐れがあります。

量が多く濃度が高いほど副作用の危険性は高まる

ミノタブを服用すると「血圧降下」が生じることがあります。
その場合、動悸や立ちくらみ等のめまい、倦怠感、不整脈が現れることがあります。
→治療前から低血圧気味の方は、医師と相談する必要があります。
ミノタブを服用されている方は、「多毛」の効果が全身に及びます。
髪の毛だけではなく、全身の体毛が濃くなることが報告されているので、注意してください。
副作用である初期脱毛は、かなり抜け毛が生じてしまうので、不安になるとおもいますが、それは薬が効いて健康的な髪の毛が生えてきている証拠なので、あまり心配する必要はありません。

5mgはこんな人にオススメ

 



・ ミノタブ2.5mgを使ったが、効果を感じられなかった方
・ 初めてミノタブを利用する方
・ 副作用が心配の方
・ 薄毛が目立ってきたものの、まだ進行がそこまで進んでいない方

でしたら、5mgはかなりオススメできます!濃度の中でも比較的安心して服用できる物となっているので、他薬の併用にも大きなメリットがあります。

 

10mgはこんな人にオススメ

 



・ 発毛剤やミノタブ5mgをすでに使用しているが発毛効果をあまり感じられない方
・ 薄毛が以前より進行しているという方
・ 10mgをピンカッターで半分にし、利用コストを低くして使用したい方
・ 医師と相談した結果、10mgから始めるよう言われた方


上記に該当するばあい、10mgのミノタブをおすすめできます。
ただ、長期でミノタブを使用される場合、副作用と身体への負担もその分大きくなっていきます。
もし高濃度で服用される場合は、その点に注意をしながら服用することがポイントです。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村