発毛剤の真実

ミノキシジル・フィナステリド・ディタステリドのジェネリックでハゲ治療

発毛治療AGA

AGAは「Androgenetic Alopecia」の略称で男性型脱毛症を意味し、男性ホルモンの影響により頭髪が薄くなる状態を指します。

 

f:id:participantlink:20190927222055j:plain

 

一般的には、思春期以降に発生することが多く、額の生え際や頭頂部の髪がどちらか一方、または両方薄くなる場合もあります。

 

日本人男性全体の約3割に見られる一般的な症状であり、進行の防止には発症早期からの対策・治療が重要です。

AGAの原因

毛髪は成長し伸びる「成長期」(約6年~8年)、細胞分裂が停止し、毛髪の成長が止まる「退行期」(約2週間)、さらに毛乳頭細胞が活動を止め、成長を停止した毛髪が脱落する「休止期」(約3~4ヵ月)という3つの周期があり、これを毛周期と呼びます。


AGAは遺伝的、環境的な種々の要素が関わっているとされますが、主な原因の一つとして特定されたものに男性ホルモン、特にジヒドロテストステロン(dihydrotestosterone, DHT)があります。DHTが「成長期」の毛髪に作用し、「成長期」の期間を約数か月から1年という期間に短縮してしまうことが分かっています。成長期の期間が短縮すると、毛髪は長く太い毛に成長する前に抜けてしまいます。

f:id:participantlink:20190921234335j:plain

 相対的に「退行期」、「休止期」の十分に育たない細く短い毛髪が多くなることで、全体として薄毛が目立つようになります。この男性ホルモンDHTによる毛周期の乱れが、AGAの原因なのです。


そのため、AGAに対する対策としてはジヒドロテストステロンの産生を抑えジヒドロテストステロンの影響から毛周期を守る、ことと十分に育たない細く短い毛髪を正常の状態に戻すことが重要になります。


DHTは「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンが主に男性の前頭部、口ひげ周囲、脇周囲に存在する「5α還元酵素」(5αリダクターゼ)と呼ばれる酵素によって、DHTに変換されます。 

f:id:participantlink:20190912160453p:plain

 

2005年12月に発売された「飲む育毛剤プロペシアは、 5α-還元酵素を阻害し、DHT(ジヒドロテストステロン産生を抑制します。 これにより「成長期を短縮する」作用を防ぎ、数年かけて毛周期の正常化をもたらします。

 

また、毛髪の現状維持のために予防的に使用することも多い非常に重要な薬剤です。


一方、十分に育たない細く短い毛髪を正常の状態に戻すためには、効果的な発毛・育毛剤や抗炎症剤、ビタミン・ミネラル類、外用薬等により、積極的な発毛・育毛治療を行います。 

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村