発毛剤の真実

ミノキシジル・フィナステリド・ディタステリドのジェネリックでハゲ治療

プロペシアのジェネリックである業界最安値フィンペシア

男性の悩みとして多くの人があげる薄毛の症状です。

この症状には大きく分けて2つの症状があります。

1つはストレス等によって発症する脱毛症という症状です。

そしてもう1つは体内で分泌される男性ホルモンが原因となって起こるAGAという症状です。

f:id:participantlink:20190912160453p:plain

これら2つの症状にはそれぞれ違った治療方法が存在していますが、その中でも特に優れた治療方法としてオススメの方法、それがフィンペシアという医薬品を使用する方法です。

ここではフィンペシアとはどういった製品化、そしてAGAという症状はどういった症状なのか、といったことについて紹介をします。 

フィンペシアとは

まず初めにフィンペシアとはどういった製品なのか、というのを紹介します。

フィンペシアというのはインドのムンバイに拠点を置く製薬会社のシプラ(Cipla)が製造と販売を行っているAGA治療薬の1つです。

このシプラという企業が製造する医薬品はジェネリックと呼ばれる既存の医薬品を基に作られた製品が非常に多く、フィンペシアも例に漏れずジェネリックと呼ばれる種類の医薬品で、プロペシアという医薬品を基にした製品となります。

使用効果としてはAGAの発症によって薄くなってしまった頭皮に新しい髪を生やすような作用があります。

したがって、薄毛によって頭皮に産毛程度の毛しか残っていない状態になってしまったという時、そんな時にもフィンペシアを使用する事によって、元通りの髪を生やすことができます。

oneclck.net

プロペシア

フィンペシアはAGA治療に用いる医薬品の1つであるプロペシアを基にして作られたジェネリック医薬品です。

このプロペシアという医薬品がどういったものなのか、ここでは簡単に紹介をしていきます。

プロペシアアメリカの製薬会社メルクが製造と販売を行っている医薬品で、有効成分にフィナステリドという物質が配合されています。

開発に至った経緯についてですが、実はこのプロペシアというのはもともとAGA治療薬ではなく、前立腺肥大症といった症状の治療薬として開発されていました。

そして実際にフィナステリドを使用したプロスカーという前立腺肥大症の治療薬はFDAによって認可を受け、販売が開始されました。

しかし販売後も継続した研究を行っていくと、どうも抜け毛の現象や毛髪の増加といったAGAの改善作用があるようだ、ということが判明し始めました。

その後更なる研究や実験、開発によってAGA治療薬のプロペシアが完成し、販売されるようになりました。

oneclck.net

ジェネリック

f:id:participantlink:20190512000312j:plain

フィンペシアの基となったプロペシアの開発経緯について紹介しましたが、次はフィンペシアの属するジェネリックという種類の医薬品がどういうものかについて紹介します。

まずジェネリックというのは日本語で後発医薬品と呼ばれる種類の医薬品になります。
この種類の医薬品というのは、既存の医薬品を基に後から作られた、つまり後発の医薬品になります。

そしてジェネリックの特徴は使用効果と価格にあります。

まずジェネリックというのは、基となった製品と同一効果でなければいけないというルールがあるため、基となっている製品と同等の使用効果があります。

そして価格に関してですが、これは新薬のように1から研究を行うのではなく、何をどれくらい入れるのかがわかっている状態で製造が可能となるため、安く済みます。

以上のことから、ジェネリックというのは「基になった医薬品と同一効果でありながらも安い」という非常に大きな特徴があるのです。

AGA

フィンペシアはAGAと呼ばれる症状の治療に用いる医薬品です。

このAGAというのはAndrogenetic Alopeciaという名称の症状で、和名では男性型脱毛症と呼びます。

男性型脱毛症という名称からも分かるように、このAGAという症状は男性にのみ発症します。

その理由としては、発症原因が男性ホルモンにあるからです。

男性の身体には女性とは比べ物にならないほど多量の男性ホルモンが存在していますが、その中にテストステロンというホルモン物質があります。

このテストステロンというのは筋肉の発達などに非常に大きな影響を与えるホルモン物質です。

しかし体内で分泌される酵素の一種である5α-リダクターゼという酵素とテストステロンが結合するとジヒドロテストステロン(DHT)という別の酵素へ変換されます。

そうするとDHTが髪の成長に影響を与える部位に対して作用し、髪の成長サイクルが乱れ始めていくことから脱毛の症状が始まり、最終的には髪が大幅に抜けた薄毛の症状が現れた状態となります。

f:id:participantlink:20190713003416j:plain

年齢だけが原因では無い

AGAだけでなく、薄毛や脱毛症、一般的にハゲと呼ばれる症状というのは、多くの人が加齢によって発症するものだと思っています。

しかしそれは誤った認識であり、特にAGAに関しては年齢問わず発症する可能性がある症状となっています。

AGAというのは遺伝や生活習慣の乱れ、ストレス、運動不足、食生活の悪化、喫煙といった要素によって発症率が上昇する症状です。

したがって、AGAの発症はこれらの要素がいくつも重なっていけば、最悪の場合10代でも発祥する可能性があるのです。

AGA治療薬

AGAの症状を改善する際には、AGA治療薬と呼ばれるような製品を使用する事になります。

AGA治療薬として非常に強い効果を発揮するものにフィンペシアやその基となったプロペシアといった製品がありますが、実はこれらの製品以外にも多くのAGA治療薬があります。

例えばミノキシジルという成分が使用された治療薬や、ザガーロという名称の医薬品などもあります。

これらの医薬品もフィンペシアと同様に強いAGAの改善効果があり、薄毛が進行した頭皮をAGA発症前と同じようにフサフサの髪が生えている状態にまで治療する事も可能です。

ここではAGA治療に用いる医薬品のなかでも、フィンペシアとは別の製品のミノキシジルやザガーロがどういった特徴のあるものなのか、というのを紹介します。

ミノキシジル

はじめに紹介するAGA治療薬はミノキシジルです。

ミノキシジルはもともと血管拡張剤として開発された医薬品で、高血圧症の治療薬として開発されました。

しかしミノキシジルを服用した際に発生する血管拡張作用により、薄毛が改善することが判明し、それ以降はAGA治療薬としても使用されるようになりました。

AGA治療薬としてのミノキシジルを配合した製品としては、海外ではロゲイン(Rogaine)という名称、日本ではリアップX5プラスという名称で販売が行われています。 

ミノキシジルの最安値の商品がロゲインのジェネリックであるカークランドという商品になります。

リアップX5プラスの値段は7,611円に対しカークランドは3,256円と半額以下で購入が可能です。

また、どちらもミノキシジル5%となりますので、効き目は全く同じになります。

 

oneclck.net

 

また、頭皮に塗布する外用薬ではなく内服薬として使用するミノキシジルタブレットという製品も存在しています。

しかし日本国内ではAGA治療用のミノキシジルタブレットは日本では入手することができないため、海外から個人輸入する必要があります。

 

oneclck.net

ザガーロ

次に紹介するAGA治療薬はザガーロという製品です。

ザガーロは有効成分としてデュタステリドと呼ばれる物質を配合しているAGA治療薬です。

デュタステリドはプロペシアに配合されているフィナステリドという物質と非常によく似た作用の仕方をする医薬品です。

身体にデュタステリドが吸収されると、AGAの原因となるジヒドロテストステロンを作り出す5α-リダクターゼの活動を阻害し、DHTの生成を抑制します。

デュタステリドとフィナステリドの大きな差としては、5α-リダクターゼの1型と2型という2つの物を阻害するか、それとも1つしか阻害しないか、という差があります。

AGAは5α-リダクターゼの中でも2型と呼ばれる酵素によって引き起こされる症状です。

そしてフィナステリドは5α-リダクターゼの2型、そして3型の活動を阻害します。

それに対してデュタステリドは1型、2型、3型といった3つの酵素を阻害します。

1型と3型はAGAの発症原因にはなりませんが、より多くの酵素に対して作用することから、一般的にはフィナステリド以上のAGA治療効果があると言われています。

男性の多くが抱える悩みの薄毛、その中でもAGAと呼ばれる男性ホルモンが原因となり起こる症状にAGAというものがあります。

AGAは体内で生成されるジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる酵素の活動によって発祥する薄毛の症状で、毛根の成長サイクルが乱れることによって髪の密度や量が低下するという症状です。

 

ザガーロのジェネリックアボダートという商品になります。

 

 

oneclck.net

AGA治療薬

AGA治療にはAGA治療薬という医薬品を使用します。

治療薬にはミノキシジルやザガーロといった多くのものがありますが、その中でも多くの人が使用しているAGA治療薬にフィンペシアというものがあります。

フィンペシアプロペシアという製品を基に作られたジェネリックという種類の医薬品で、フィナステリドという成分の働きによって薄毛を改善します。

AGA治療の中でもフィンペシアミノキシジルタブレットを併用して服用するのが効果が高い方法になります。

また、AGAクリニックに通うと毎月30,000円以上必要になりますが、この方法だと毎月5,000円程でAGA治療ができますのでとても経済的です。

 

 

oneclck.net

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村