発毛剤の真実

ミノキシジル・フィナステリド・ディタステリドのジェネリックでハゲ治療

プロペシアの約1.5倍の効果を発揮するアボダート

男性の薄毛や抜け毛の代表的なものにAGA(男性型脱毛症)というものがあります。AGAは男性ホルモンが深く関わっているため、そこにアタックすることによって改善が期待できます。育毛剤もAGA特有の原因に作用するものがいくつか出回っています。そのひとつがプロペシアですがこの育毛剤よりも効果的という意見が多くあるのがアボダートです。

 

 

アボダートとは

 

f:id:participantlink:20190614015711j:plain

 

育毛剤には外用と内服のものがありますが、アボダートは内服するタイプの育毛剤です。

またアボダートはアボルブとも呼ばれます。

イギリスのグラクソ・スミスクラインという会社が製造と販売行っているのがアボダートです。

現在のところ世界85カ国で育毛剤として処方されている信頼できる薬です。もともとは前立腺肥大症の治療の薬として開発されて使われており、アメリFDAの認可もあります。

アボダートに含まれている有効成分デュタステリドで前立腺肥大の治療に使っていたところ、発毛効果が見られたためその後育毛剤として使われるようになりました。

日本のお隣・韓国では、2009年にすでにAGA治療薬として認可されています。

 

アボダートの作用のメカニズム

 

男性ホルモンが強いと薄毛や抜け毛になる傾向があると考えられていますが、最近ではさらに細かい原因が解明されてきています。AGA(男性型脱毛症)の場合は男性ホルモンのテストステロンが脱毛を誘引してしまう酵素である5αリダクターゼと結びついてしまうことで起こります。

テストステロンと5αリダクターゼが結びつくのを抑えてくれる働きがあるのがフェナステリドというものです。アボダートにはフェナステリドよりさらに強力なデュダステリドが主成分として採用されているためフェナステリドが主成分のプロペシアより大きな効果が期待できるのです。

 

フェナステリドよりデュダステリドの効果が高い理由

 

フェナステリドが主成分のプロペシアはAGA育毛剤としても最も有名といえます。

しかしそれよりもアボダートは効果が高いと言えるのは主成分の効果の大きさの違いがあるからです。

ではプロペシアの主成分であるフェナステリドよりもアボダートの主成分であるデュダステリドがより効果的な理由はどういうことなのでしょうか。

テストステロンと結びつくことで脱毛を促してしまう酵素5αリダクターゼは、実はⅠ型とⅡ型があります。フェナステリドもデュダステリドもいずれも5αリダクターゼがテストステロンに結びつくのを抑えるのは同様です。

しかしながらフェナステリドはⅡ型5αリダクターゼの一方だけしか結びつくのを阻害できません。

デュダステリドはⅠ型5αリダクターゼとⅡ型5αリダクターゼいずれにもアタックでき、結びつきを阻害できるのです。

だからデュダステリドが主成分のアボダートのほうが、AGA治療にはより効果的なのです。

プロペシアの約1.5倍以上の効果を発揮するアボダート

AGAは、ジヒドロテストステロンが毛母細胞の働きを低下させることが原因と言われています。

ジヒドロテストステロンとは、男女問わずヒトの体内に存在する男性ホルモンのテストテロンが5αリダクターゼと結びつくことで生成される物質です。このジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体(レセプター)と結びつくと、髪の毛の成長が抑制されます。

アボダートはⅠ型5αリダクターゼとⅡ型5αリダクターゼどちらにも作用し、ジヒドロテストステロンが毛包のレセプターと結合するのを防ぎ、抜け毛・薄毛の症状を抑制します。

またフェナステリドは頭頂部と前頭部に起こる脱毛を抑えることは得意ですが、それ以外の部分への効果がやや低いというデータがあります。

デュダステリドの場合は頭頂部、前頭部に加え側頭部や後頭部の抜け毛についても効果が高いのです。

頭髪全体のAGA起因の抜け毛にアタックできるのがアボダートの大きなアドバンテージ。アボダートプロペシアで効果を比較すると、おおむね1.5倍以上もアボダートのほうが効果が高くなると言われています。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村