発毛剤の真実

ミノキシジル・フィナステリド・ディタステリドのジェネリックでハゲ治療

リアップx5プラスとリグロex5とメディカルミノキ5の比較

1980年代にアメリカで登場したミノキシジルを配合した「ロゲイン」に続き、日本で登場したのが「リアップ」シリーズです。 

f:id:participantlink:20190606231328j:plain

ミノキシジル1%を配合した「リアップ」や、5%配合した「リアップ×5」や「リアップ×5プラス」、1%配合の女性向け「リアップリジェンヌ」が発売され、長きに渡り育毛剤の市場を独占していました。 

f:id:participantlink:20190606231404j:plain


成分のミノキシジルには血管拡張作用があり、血流をアップさせ頭皮への栄養を届きやすくし、毛母細胞や毛乳頭細胞を活性化させる因子が働くため、髪の毛の成長を促す効果が認められています。 

f:id:participantlink:20190606231441p:plain

 

日本のみならず世界でもAGA(男性型脱毛症)の治療として使用されています。

 f:id:participantlink:20190606231521j:plain

ミノキシジル成分が配合された錠剤のミノキシジルタブレット(ミノタブ)もありますが、国内では副作用の強さから認可はされていないため、外用薬としてのミノキシジルのみ発売されています。
育毛剤として歴史のあるミノキシジルですが、これまで他社からの参入が無かった理由として、ミノキシジルが安定しにくい成分のため製剤化が難しかったことと、その製剤特許があったからだと言われています。

リアップの特許取得後から20年が経ち、特許の一部が段階的に切れてきたため、後発薬(ジェネリック薬)として他社が参入できるようになりました。 

f:id:participantlink:20190606231553j:plain

現在「発毛剤」とい謳えるのは、ミノキシジルを配合した医薬品の製品のみです。

競合メーカーは待ってましたと言わんばかりに、ミノキシジル配合の発毛剤を次々に発売し始めています。 

 

 

成分比較 

リアップx5プラス

 f:id:participantlink:20190606231651j:plain

有効成分:ミノキシジル5% 発毛、育毛を促します。
サポート成分:ピリドキシン塩酸塩 フケの発生の原因となる皮脂の過剰な分泌を抑制します。
サポート成分:トコフェロール酢酸エステル 皮脂の酸化を防ぎ、頭皮を保護します。
サポート成分:l-メントール 頭皮の痒みを抑え、清涼感を与えます。
添加物:セタノール、1,3-ブチレングリコール、ジブチルヒドロキシトルエン、リン酸、エタノール

 

リグロEX5 

f:id:participantlink:20190606231728j:plain

有効成分:ミノキシジル5%
添加物:エタノールプロピレングリコール、1,3-ブチレングリコール、酒石酸
リアップに配合されているような酸化防止剤ジブチルヒドロキシトルエン)は配合されていません。 

メディカルミノキ5f:id:participantlink:20190606231750j:plain

有効成分:ミノキシジル5%
添加物:グリセリン、1,3-ブチレングリコール、エタノール、リン酸
リアップに配合されているような酸化防止剤ジブチルヒドロキシトルエン)は配合されていません。

成分比較のまとめ 

リアップx5プラスには3種類のサポート成分、および品質の劣化を抑える酸化防止剤が配合されています。

リグロEX5、メディカルミノキ5はシンプルに有効成分はミノキシジルのみです。

また、リアップx5プラスが発売されてから年月も経ちましたので技術の進歩でしょうか、リグロEX5、メディカルミノキ5は酸化防止剤も不使用になっています。

価格比較

リアップx5プラス 60ml 7,048円(税抜)

f:id:participantlink:20190606231651j:plain


リグロex5 60ml 7,000円(税抜)

f:id:participantlink:20190606231728j:plain

メディカルミノキ5 60ml 7,222円(税抜)f:id:participantlink:20190606231750j:plain

容量は一緒で、価格は若干の差はありますが、殆ど一緒です。 

ミノキシジルとは

f:id:participantlink:20190606232419j:plain

そもそもミノキシジルは、血管を拡張して高血圧を治療する薬剤の成分としてアメリカで開発されたものです。

飲み薬として使われていました。

ところが、薬を服用した人に全身の毛が増える「多毛」の症状が見られたことから、研究がスタートし、厚労省が認可する薄毛治療の外用薬として使われるようになったのです。

アメリカをはじめ、海外では「ロゲイン」という商品名で発売されています。

日本でミノキシジルを使ってみたい場合は、AGA治療の外来があるクリニックで処方が可能です。

そのほか、「リアップx5プラスとリグロex5とメディカルミノキ5の比較 」の商品名でドラッグストアで販売されています。

ミノキシジルの濃度濃度は5%です。 

ミノキシジルがAGAに効く仕組み 

ミノキシジルがAGAに効く仕組みは、まだ完全には解明されていません。

ただ、明らかになっていることはいくつかあります。薄毛になるメカニズムとともに見てみましょう。 

なぜ薄毛になるのか

 

f:id:participantlink:20190606231910j:plain

 髪の毛には、「休止期→成長期→退行期」というサイクルがあります。

したがって、髪が一定の期間で抜けるのは自然なことです。
成長期に入れば、また新しい髪の毛が生えてきます。
ところが、このサイクルが乱れると、健康な髪の毛が生えてこないという事態に陥ります。
サイクルが乱れる原因の一つは、毛包にあります。
毛包は頭皮の中で髪の毛を作り、育てることを担っている部分です。
しかし、何らかの原因で毛包そのものが小さくなることがあります。
その結果、髪の毛も十分に成長することができず、弱々しくなり、生えてもすぐに抜けてしまいます。こうしてサイクルが乱れ、どんどん髪の毛が薄くなってしまうというわけです。 

ミノキシジルは毛包に直接働きかける 

 

f:id:participantlink:20190606231957p:plain

ミノキシジルは毛包に直接働きかけることがわかっています。
毛包の細胞を活性化して、小さくなった毛包を成長させる効果があります。
毛包が元気を取り戻せば髪の毛も元気になり、正常な発毛サイクルを取り戻すことができます。 

血流も改善される

 f:id:participantlink:20190606232029p:plain

もともとミノキシジルは、血管を拡張する成分として開発されたものです。
血管が広がれば必然的に血流が良くなり、血流が良くなれば、頭部の毛細血管を通して毛包にも栄養分が届けられ、髪の成長に良い効果をもたらすと考えられています。 

ミノキシジルの効果は日本皮膚科学会も認定

f:id:participantlink:20190606232128p:plain

 ミノキシジルの発毛実感については、日本皮膚科学会も認めています。

2017年版の『男性型脱毛症診療ガイドライン』において、「男性に対しても、女性に対しても強く勧められる」として、5段階で最高ランクの評価を与えています。
参考までに、推奨文をご紹介します。
『男性症例に対して5% ミノキシジル外用液を外用療法の第一選択薬として、また女性症例に対して1% ミノキシジル外用液を治療の第一選択薬として用いるべきである』
日本皮膚科学会 『男性型脱毛症診療ガイドライン(2017年版)』)
ミノキシジルの効果が出始めるまでの期間は、発毛に期待が持てるミノキシジルですが、効果が出るまでにはある程度の期間が必要です。
途中であきらめないためにも、しっかり押さえておきましょう。 

効果が出るのは約4カ月後から 

ミノキシジルの効果については、リアップシリーズを出している大正製薬が、下記サイトにて臨床データを公表しています。「ミノキシジル5%製剤の長期投与試験結果」というタイトルで、医師が評価したものです。

データ公表サイト

 

そのデータによると、ミノキシジル5%の濃度で配合したローションの使用を開始して4カ月後、約1割の人に中等度の改善が出ています。中等度の改善とは、薄くなった部分に新しい髪の毛が生えてきていることが目に見えてわかるレベルです。
さらに6カ月後になると、薄かった部分がほぼ髪の毛で覆われるくらい著名な改善が見られる人も登場します。
中等度の改善も含めると約半数、7カ月後には6割を超す人に中等度以上の効果が現れたという結果になっています。 

効果には個人差がある

 データからも明らかなように、効果の現れ方には個人差があります。髪の成長は人によって違うため「4カ月後には、必ず髪の毛が生える」と保証することはできません。
ただ、放置していると薄毛が進行する一方なのであれば、まずは6カ月間、試してみる価値はあるといえるでしょう。 

ミノキシジル外用薬の使用方法 

基本的に朝と夜の1日に2回、ミノキシジルが配合された外用薬を清潔な頭皮に塗布します。
たくさん塗れば早く髪の毛が生えるというわけではありません。
また、途中でやめてしまうと効果が出ないということになってしまいます。
毎日2回の塗布を根気よく続けることがハゲ克服のポイントになります。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

ロゲインのジェネリック商品カークランド

カークランドはロゲインのジェネリック製品で、ミノキシジル配合の外用タイプの育毛剤です。

カークランドはロゲインと同じ効果があり、見た目もほとんど変わりません。

両者ともミノキシジルの血行促進効果により発毛を促します。

そしてミノキシジル5%配合です。

 

ロゲイン

Johnson & Johnson(ジョンソンエンドジョンソン)社傘下McNEIL(マクニール)社のロゲインは、頭髪の育毛作用が臨床的に証明されているミノキシジル5%を主成分とした、頭皮に直接塗布する育毛剤(医薬品)です。

ロゲインの主成分であるミノキシジルは、もともとアップジョン社(現ファイザー社)が高血圧治療のための血圧降下剤として、血管を拡張させるために創製した経口医薬品です。その副作用として、髪の再生および男性型脱毛症の改善があったため、育毛剤として利用されるようになりました。

ミノキシジル含有の外用育毛剤として作られたのがロゲインで、ファイザー社はOTC事業をジョンソンエンドジョンソン社に売却し、現在その傘下にあるマクニール社がロゲインを取り扱っています。日本ではミノキシジルを使用した医薬品として、大正製薬からリアップシリーズがあります。

ミノキシジルの使用を始めてから、一時的に脱毛が増加する場合がありますが、髪の生え換わりのサイクル促進によるもので、4か月以上の継続使用をすることでミノキシジルの働きを実感できます。

ロゲインはアメリカのFDA(食品医薬品局)により初めて男性型脱毛症に対し育毛作用が有る商品として認可されています。毛根の血管を拡張し、髪となる栄養を吸収しやすくします。脱毛を抑えて、髪の成長を促す働きがあります。

薄毛の気になる方、AGA(男性型脱毛症)で育毛ケアをお考えの方に適した育毛剤です。

ロゲインにはスポイトが付属しておりますが、スポイト単品での取り扱いもしております。液体タイプのロゲイン専用スポイトで、適切な使用量を測りとり、頭皮へ正確に塗布する際に有用です。スポイトは、そのままロゲインの蓋として使用できるため、保管にも便利です。

 

カークランド

カークランドミノキシジルは、ロゲインのジェネリック医薬品です。

日本国内でも取り扱われているリアップと同成分であるミノキシジルを5%配合しています。

ミノキシジルは、世界90カ国以上で使用されている成分です。

毛髪の成長に関与する毛包に作用して、毛を太くする効果があり、脱毛症診療のガイドライン日本皮膚科学会)において、推奨度A(行うことを強くすすめる)とされている成分です。

比較試験においてもその有効性が実証されています。

カークランドミノキシジルは、ヘアサイクルの変化によって小さくなってしまった毛包を大きくすることで、薄毛を改善します。

 

プロペシアとの併用でより効果絶大

フィナステリドが主成分のプロペシアは脱毛を抑止します。

一方、ミノキシジルには発毛促進効果があります。

つまり、カークランドで発毛を促しながら、プロペシアで脱毛を防ぐという二段戦法で効果を増大させることができます。

しかも、発毛剤は内服タイプより外用タイプのほうが高い効果を見込めます。

体内の血液の20%は脳に運ばれます。

毛母細胞は毛細血管とつながっており、内服薬のプロペシアは成分が届きやすくなっています。

また、塗るタイプのカークランドは、頭皮を通過し、毛母細胞に届きます。

頭皮という障害物があるので、毛母細胞に届きにくくなります。

それに頭皮に同じ量を均一に塗るのも難しいですよね。

効果的な発毛を目指すならばプロペシアとの併用が効果絶大と言えます。

 

カークランドによる初期脱毛

 

カークランドを塗り始めた頃に、人によっては前より脱毛が増えることがあります。

これは初期脱毛と呼ばれる発毛サイクルの過程なので、しばらくすれば産毛が生えてきます。

そして産毛は前に生えていた毛よりもしっかりした毛に生まれ変わるんです。

つまり初期脱毛は薬が効き始めているサインになります。

副作用について

ロゲインに副作用のリスクがあるように、カークランドの服用の可能性がゼロとはいえません。

ロゲインの副作用は主に、ミノキシジルが血管拡張することによる頭部や全身の発汗、頭皮のかぶれやかゆみです。

いずれも軽症で、副作用自体の発症率は全体の2~3%と報告されています。

ただし、ミノキシジルは血圧降下剤なので、もともと低血圧な人が使用するのは危険です。

血圧が下がりすぎてしまう恐れがあるからです。

心当たりのある方は医師の相談を受け、体調をみながら服用をするのが良いでしょう。

カークランドは値段が魅力

日本で販売しているリアップX5プラスは1ヶ月分(1本60ml)なのに対し、カークランドは2ヶ月分(2本60ml)が3,337円というのですから驚きです。

ミノキシジル5%でどちら成分が同じであれば、割安なカークランドの方法経済的です。

カークランドの正しい使い方

洗髪したあとのキレイな頭皮に塗布します。
      
皮脂の汚れやほこりをシャンプーで洗い流しましょう。洗髪後はタオルとドライヤーを使って髪の毛を乾かします。
      
乾いた頭皮につけます。

こうすることで、頭皮に薬が浸透していきます。
      
朝と晩の1日に2回塗ります。
      
1回の量は1mlです。
塗る回数や量を増やしても効果に変わりはありません。
多くつけすぎると副作用がでるリスクが高まるだけです。
      
まずは4カ月、毎日継続的に使うことにより効果が実感できます。
      
髪の毛の毛周期の関係もあり効果を感じられるようになるまでに、最低でも4カ月は必要です。
      
塗り忘れなどで、塗る回数がたりなかったりすると効果がでにくい原因にもなりますので、塗り忘れないようにすることがポイントです。
      
カークランドを塗った後はかゆくてもかかないようにすることが大切です。
      
ミノキシジル塗布後には、かゆみがでる場合がありますが、掻いてしまうと炎症を起こしてしまうことがあります。
      
4時間は洗髪しなおいようにします。
      
洗髪すると薬の成分が洗い流されてしまいますので、ミノキシジルの成分を頭皮に浸透させるため控える必要があります。

  

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

ハゲる食べ物ワースト10

ハゲ克服について食べるのを控えた方が良い食べ物があります。
今回は、髪の毛や頭皮に悪い影響を与えてしまう食べ物を見ていきます。
下記がハゲる食べ物ワースト10 になります。

 

 

1位 ラーメン

f:id:participantlink:20190422235904j:plain

大量の脂肪分が1番の原因です。
脂質だけでなく塩分やカロリーも非常に高い食べ物になります。
血行を鈍らせ皮脂を過剰分泌させるラーメンはハゲる食べ物ナンバー1です。

2位 スナック菓子

f:id:participantlink:20190422235945j:plain

塩分の高い食べ物は、血中塩分濃度を下げるために心臓へ負担がかかり血行不良を招きます。
血行不良はハゲにとっての大敵なので、血行を鈍らせる食べ物はハゲを進行させます。
さらに大量の添加物と脂質が合わさり最悪です。

3位 コンビニの食品

f:id:participantlink:20190423000009j:plain

コンビニは手軽で便利ですが、お弁当、おにぎり、パンなどコンビニの食品には、大量の防腐剤や添加物が含まれています。

4位 ファーストフード

f:id:participantlink:20190423000033j:plain

ハンバーガーやフライドポテトは脂質や塩分も多く含まれているヘゲる食べ物です。
生産性とコストを重視したファーストフード店の食べ物には、大量の添加物が含まれてます。

 

5位 インスタント食品

f:id:participantlink:20190423000102j:plain

カップ麺やカップスープは食品添加物の多い食べ物です。
添加物はハゲる食べ物の定番です。
健康を害するだけでなく、酷い血行不良を招きます。

6位 お酒

f:id:participantlink:20190423000128j:plain

お酒を飲むと、アルコールを分解する役目を担う肝臓に負担がかかります。
肝臓は髪の毛の主成分となるたんぱく質の合成を行う器官でもあります。
アルコールの分解に精一杯になり、タンパク質の合成が鈍ってしまいます。

7位 肉の脂身

f:id:participantlink:20190423000156j:plain

脂身の多い肉はハゲる食べ物なので避けるのが懸命です。
特に肉の脂身は動物性脂肪になるので、植物油よりもハゲるリスクの高い食べ物です。

8位 コーラ

f:id:participantlink:20190423000217j:plain

コーラに含まれているリンは、薄毛・抜け毛の原因になる成分です。
一般的には350mlの飲料水の中にはリンが10mg前後含まれていると言われていますが、コーラの場合はなんと40~70mgも含まれており、非常に多量のリンを含んだ飲料水です。
また、甘味をつけるために使用されているのが、ショ糖と言う糖分です。
ショ糖を分解するために大量のビタミンB2・ミネラルが消費され、髪の毛に栄養が回らなくなってしまいます。
ビタミンB2が大量に消費されると皮脂が過剰に分泌され、毛穴が塞がってしまい毛髪が育たない環境が出来てしまいダブルパンチとなります。

9位 甘い食べ物

f:id:participantlink:20190423000250j:plain

甘いものといえば、ケーキやアイスクリーム、チョコレートなどが最初に思いつくのではないでしょうか。
高脂肪で高コレステロールのものは髪に悪影響を及ぼします。

10位 コーヒー

f:id:participantlink:20190423000320j:plain

コーヒーに含まれるタンニンには、亜鉛の吸収を妨害する働きがあります。
亜鉛は髪に必要な栄養素です。
まあ、カフェインにより睡眠障害や意を荒らしてしまう事で消化機能や吸収能力が低下してしまい、必要な栄養も十分に吸収できず弱った髪の毛を作る原因になります。

上記が髪に悪い食べ物ですので、ハゲ克服するには控えた方が良いです。
逆に髪に良い食べ物には下記の通りです。

髪に良い食べ物

f:id:participantlink:20190520154405p:plain


・髪の基本成分のケラチンのもとになる上質アミノ酸を含むタンパク質が多い食品

肉、魚、卵、大豆製品、牛乳、乳製品、カキ

甲状腺の働きを助け、髪の発育を促進するヨードを多く含む食品

わかめ、昆布、ひじきなどの海藻類

・血行をよくして抜け毛を防ぐビタミンE、Aを多く含む食品

にんじん、かぼちゃ、小松菜、ほうれん草などの緑黄色野菜、玄米、胚芽米、小麦胚芽油、ごま、ナッツ類、紅花油

・ビタミン、特にA、C、E、Fなどを多く含む食品

レモン、オレンジ、キンカンさくらんぼ、いちごなどの柑橘類

・血液の凝固力を下げコレステロールを防ぐエイコサペンタエン酸を多く含む食品

いわし、ぶり、さばなどの背の青い魚

・頭皮の新陳代謝を促進するビタミンBを多く含む食品

玄米、小麦胚芽油、豚肉の赤身、レバー、マグロ

・髪のツヤや張りをよくするコラーゲンを多く含む食品

長いも、れんこん、納豆

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

最強の発毛剤フィナステリドは3年の服用で78%の人に効果あり

フィナステリドは3年の服用で78%の人に効果を発揮してます。

フィナステリドとは、AGA(男性型脱毛症)に有効な治療薬として、日本を始め米国食品医薬局(FDA)の認可を受けている、世界60ヶ国以上で売られている「最強の発毛剤」のことです。

国内の臨床試験で、半年で48%、1年で58%、2年で68%、3年では78%もの対象者が髪が増えたと実感しているという研究結果が出ています。

日本では2005年にプロペシアという名称で販売が開始されました。

世界中で使用されているのがプロペシアです。

 

 

プロペシア

 

5α-還元酵素Ⅱ型阻害薬
プロペシアは2型の5α-リダクターゼを阻害することで、男性ホルモンであるテストステロンがAGA(男性型脱毛症)の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)へと変換されるのを防ぐ、国内初の内服用AGA治療薬です。

f:id:participantlink:20190531232332j:plain

f:id:participantlink:20190531232335j:plain

f:id:participantlink:20190531232338j:plain


主要有効成分:フィナステリド
効果範囲:5α-還元酵素Ⅱ型阻害
形状:錠剤
種類:0.2mg/1mg
主なジェネリックフィンペシア
添加物:結晶セルロース、乳糖水和物、部分アルファー化デンプン、デンプングリコール酸ナトリウム、ジオクチルソジウムスルホサクシネート、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、ヒドロキシプロピルセルロース、酸化チタン、タルク、三二酸化鉄、黄色三二酸化鉄、カルナウバロウ

 

世界60か国以上で承認

 

f:id:participantlink:20190531233426j:plain

 

米国食品医薬局(FDA)の認可を受け、現在では世界60か国以上で使われている最強の発毛剤です。

A評価成分

日本皮膚科学会で強く推奨されるA評価(最高ランク)を受けているのはフィナステリドとミノキシジルのみです。

前頭部と側頭部に効果的

頭頂部だけでなく、前頭部と側頭部などの生え際にも有効で、従来の育毛剤から抜きん出た効果を発揮します。

78%の効果

国内の臨床試験では、半年で48%、1年で58%、2年で68%、3年では78%と髪が増える人が経時的に増えていったことを確認できてます。

海外ではロゲイン(ミノキシジル)が人気で、日本ではフィナステリド

日本人は「前頭部と側頭部」が薄い人が断然多いです。

頭頂部がうす毛になる原因である「肉(動物油)」をよく食べる欧米人は頭頂部の薄毛の人が多い為、頭頂部に非常に効果的なミノキシジルが人気です。

しかし、日本人は頭頂部よりも「前頭部と側頭部」が薄い人が断然多いと言われています。そして、その「前頭部と側頭部」に効果のある成分が『フィナステリド』なのです。

フィナステリドの副作用

フィナステリド錠の副作用としては、リビドー減退(性欲の減退)、勃起不全があります。

他にも細かい副作用など、およそ2%の確率で性機能の低下が報告されています。

しかし、これはフィナステリドが直接関与しているものと証明されておらず、単にフィナステリドを使用した時期に勃起不全の症状が出ただけとも言われています。

勃起不全(ED)は50代で40%の方に症状があると言われています。

プロペシアの使用は男性限定です。女性と小児には使用してはいけません。

フィナステリドはミノキシジルと組み合わせることでより効果を発揮

日本皮膚科学会の薄毛治療ガイドラインによると、「強く勧められる」と評価された治療法は、「フィナステリドの内服」と、「ディタステリドの内服」と「ミノキシジルの外用」です。

フィナステリドは単体だけでも効果が高い育毛剤なのですが、ミノキシジルと組み合わせることで、より高い育毛・発毛効果を見込めます。

これは、どちらの成分も同じ効果をもつのではなく、互いに違う効果(フィナステリドは脱毛を引き起こすホルモンの生成を邪魔し、ミノキシジルは発毛・育毛を促すために血流をよくする)を有するもので、併用使用することにより相乗効果をもたらす、と言われています。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

フィナステリドの効果が出るまでの期間

世界60カ国以上に承認されるフィナステリドです。
日本でも臨床試験を行い、AGA治療薬の成分として厚生労働省の認可を受けてる薬です。
日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインでも、男性のAGA治療の内服療法として強く推薦されてます。
AGA(男性型脱毛症)の有効成分として、プロペシアなどのAGA治療薬に配合されるのがフィナステリドです。
ハゲ克服できる理由は、AGAの原因物質を抑制する働きにあります。
それでは、詳しく解説していきます。

 

 

ハゲの原因はジヒドロテストロンの生成が関係している

 f:id:participantlink:20190528214352j:plain


AGAは成人男性が発症しやすい脱毛症の一種で、額の生え際や頭頂部の髪の毛が十分に成長しなくなり、抜け毛が進行していいきます。
AGAの原因は、男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼという酵素が結合して、ジヒドロテストロン(DHT)が生成されることが関係しています。
ジヒドロテストロンは毛母細胞の働きを低下させるため、ヘアサイクルが乱れて、髪の毛が成長されないまま抜け落ちてしまいます。

フィナステリドはジヒドロテストロンの生成を抑えてくれる

 

f:id:participantlink:20190528214426j:plain

フィナステリドはテストステロンと5αリダクターゼの結合を阻害して、ジヒドロテストロンの生成を抑えてくれます。
ジヒドロテストロンの影響によって起こる抜け毛を防ぐことができます。
抜け毛を防いで正常なヘアサイクルに整え、髪の毛が太く長く成長するようになることから、フィナステリドはAGAに最も有効な成分です。

フィナステリドは1日1錠(1mg)服用

 


フィナステリドは毎日1mg服用することで効果が期待できます。
フィナステリドが配合している有名な商品がプロペシアです。
プロペシアはAGA(男性型脱毛症)の治療薬として米メルク社が開発して以来、すでに世界60カ国以上で使われている有名な発毛薬です。
プロペシアは皮膚科や薄毛外来で処方でないと手に入りませんでしたが、現在はネットでも手軽に安く購入できます。 

フィナステリドを服用してから効果がで期間

 早い人だと3ヶ月程度で効果を感じる場合もありますが、通常だと6ヶ月の服用が目安になります。
髪の毛は、成長期、退行期、休止期のヘアサイクルを繰り返しています。
AGAによってヘアサイクルが乱れると成長期が短くなり、成長途中の髪の毛が抜け落ちていきます。

正常なヘアサイクル(毛周期)

 

f:id:participantlink:20190528215000j:plain


成長期(新しい髪の毛が成長して伸びる期間):約2~6年
退行期(髪の毛の成長が弱くなる期間):約2週間
休止期(成長が止まり、抜け落ちる期間):約3~4ヶ月
フィナステリドの効果によって正常なヘアサイクルに戻っても、新しい髪の毛が成長するには時間が必要です。
その効果を実感するまでにおよそ6ヶ月かかります。

ハゲ克服の為にさらに効果を上げる方法

 

f:id:participantlink:20190528215111p:plain


ハゲ克服するには、フィナステリドと他の治療法を合わせていく方法があります。
それは、ミノキシジルとの併用が最も効果的です。
ミノキシジル育毛剤や治療薬に配合される成分で、頭皮の血行促進効果があり、髪の毛が成長しやすい頭皮環境へ改善することが可能です。
フィナステリドの脱毛を抑える効果と合わせることで、ハゲを予防し発毛を促す相乗効果が期待できます。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

デュタステリド 効果 期間

デュタステリドとは、AGAに効果があるとされる有効成分の一つになります。

デュタステリドを主成分として作られたAGAの治療薬のザガーロは、イギリスに本社を置く製薬会社グラクソ・スミスクライン株式会社(GSK)で開発されました。

日本でも2015年9月に厚生労働省から認可され、2016年6月から販売が開始されています。

デュタステリドは元々前立腺肥大症の治療薬として開発されたものです。

5αリダクターゼという還元酵素の働きを阻害する作用があることから、5α還元酵素阻害剤とも呼ばれることもあります。

デュタステリドはⅠ型及びⅡ型の5α還元酵素リダクターゼを阻害することができるため、Ⅱ型の5α還元酵素のみを阻害するプロペシア以上の脱毛抑制や発毛効果があると期待されています。

・I型5α-リダクターゼ
全ての毛穴の皮脂腺に存在
(脂性タイプの人に多い)

・II型5α-リダクターゼ
前頭部・頭頂部の毛乳頭に多く存在
(髭や体毛が濃い人に多い)

 

f:id:participantlink:20190528003330g:plain

 

 

デュタステリドの成分を含む治療薬

デュタステリドには、色々な名前の治療薬があります。

 


上記は全部、デュタステリドです。
デュタス以外は、全部グラクソスミスクライン社が製造して販売してます。
アボダートアメリカでの名前(前立腺肥大の薬として承認)
アボルブ:日本での名前(前立腺肥大の薬として承認)
ザガーロ:日本での名前(脱毛症の薬として承認)
つまり、この3つは同じものになります。
デュタスは、特許というものを無視をして、DR. REDDY’S LABOLATORIES社が製造販売を行っている、アボダートの後発品(ジェネリック医薬品でもない模造品)になります。

 

デュタステリドの効果

 

デュタステリドには、抜け毛の原因物質であるDHTの生成を抑制する効果があります。

DHTは、テストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼと結びつくことで生成される男性ホルモンの1種になります。

毛髪の元となる毛母細胞の働きを低下させる作用があることから、AGAを引き起こすホルモンだと言われています。

デュタステリドには5αリダクターゼの働きを阻害する効果があるため、服用することでDHTの生成が抑制され、薄毛の改善へと繋がります。

ミノキシジルや主要成分がフィナステリドであるプロペシアなど、他のAGA治療薬で効果がなかった人にも薄毛の改善が期待できます。

また、薬の濃度が半分になるまでの時間である半減期が長く、成分の血中濃度が下がりにくいという特徴があります。

長時間体内に留まり作用し続けてくれるので、少量でも効果が期待できます。

 

効果が現れる期間の目安

 

デュタステリドの服用を開始して効果が現れるまでの期間として、3ヶ月~半年程度の期間を要するのが一般的です。

なぜなら、髪の毛の成長スピードが1ヶ月あたり1センチメートル程度のため、短期間では効果が現れたかどうかの判断が難しいからです。

また、髪の毛の成長スピードには個人差があり、1ヶ月あたり数ミリメートルしか伸びない人もいます。

そのような人は1ヶ月程度では服用前との変化が見分けにくいため、最低でも3ヶ月程度は治療を続ける必要があります。

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

ミノキシジル 配達 処方箋なし 個人輸入のルール

ミノキシジル個人輸入は、厚生労働省のルールを守って行わなければなりません。

そのルールの1つが、一度に輸入する量の上限です。

本来なら、外用剤や処方せん薬という分類により、輸入の上限が決まります。

しかし、ミノキシジルには、成分自体に特別な決まりがあるのです。

以下、引用文より詳しく解説します。

 

ミノキシジルの含有量が5%を超えるもの(劇薬)は用法・用量からみて1か 月分以内、また、含有量が5%以下のものは用法・用量からみて2か月分以内であれば、税関限りの確認で通関可能です。
この範囲を超える場合は、薬監証明の取得が必要です。
出典:医薬品等輸入手続質疑応答集(Q&A)について 

 

f:id:participantlink:20190527010003g:plain

 

 

ミノキシジル外用薬の輸入量上限

ミノキシジルの濃度1%~5%の場合

輸入量の上限 2ヶ月分
60ml入りの商品に換算したときの本数 2本

ミノキシジルの濃度6%以上の場合

輸入量の上限 1ヶ月分
60ml入りの商品に換算したときの本数 1本

厚生労働省では、5%を超えるミノキシジルローションを劇薬に指定しています。

劇薬や処方せん薬は、一度に個人輸入できる上限が1ヶ月分までとされているのです。

例えば、10%のミノキシジルローションはここに含まれます。

1%や5%のミノキシジルローションであれば、2ヶ月分まで購入できます。

ミノキシジルローションの基本的な用量・用法は、1日2回、1mlの塗布です。

つまり、1日分の用量は2mlなので、1ヶ月(30日)分で60mlとなります。

多くのミノキシジルローションは、1本の内容量が60mlです。

ミノキシジル10%の商品なら1本、5%以下の商品なら2本までを1回の輸入量が目安となります。

個人宅でないと届かない

個人宅でないと商品が届かない理由を解説します。

個人輸入は、あくまで「輸入した本人が自分のために使う」ということで許可されています。

届け先が法人になると、個人が輸入したとみなされないため、輸入が許可されないのです。

ただし、利用する個人輸入の業者によっては、郵便局留めなら対応しています。

郵便局留めは自分の住所と氏名を使い、郵便局で本人確認をして受け取る方法です。

郵便局で荷物を預かってもらうだけなので、届け先を法人にするのとは扱いが異なります。

個人輸入で入手した医薬品は、転売はもちろんのこと、ほかの人へ譲ることも禁止されています。

個人宅に届けてもらい、個人で利用することを示す必要があるのです。

自宅に届けたくない場合、郵便局留めが利用できる個人輸入の業者を選ばなければなりません。

ミノキシジルの詳細

ミノキシジルとは、壮年性脱毛症における発毛と脱毛(抜け毛)の進行予防の効果が認められています。

ミノキシジルに発毛効果があることが分かったのは、1979年のことです。

その後、1988年にアメリカで厳密な臨床試験を経て有用性が確認され、医薬品としての発毛剤が誕生しました。

これまでに、世界90ヵ国以上で承認され使われています。

ミノキシジルが効果を発揮する壮年性脱毛症とは、AGAとも呼ばれ、ヘアサイクルにおける初期成長期に男性ホルモンが作用し、後期成長期毛と呼ばれる太い毛に成長せず、そのまま後退期毛を経て、休止期毛になることを繰り返すことにより、毛髪が薄く見える状態になる症状を言います。

ミノキシジルは薬の名前ではなく、成分の名前です。

ミノキシジルはアップジョン社(現Johnson&Johnson社)が開発し、高血圧症治療の内服薬の成分として1979年からアメリカで使用され始めましたが、治療中の患者に多毛が認められたことから、改めて外用の発毛剤の成分として開発が進められ、ミノキシジル配合の発毛剤が医薬品として承認されました。

ミノキシジルには、正常なヘアサイクルに戻す作用があります。

 

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

フィナステリド ジェネリック 価格

フィナステリドは、男性型脱毛症(AGA)の治療薬として米国食品局(FDA)が認可した薬です。

もともとは前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発された医薬品ですが、副作用として異常発毛をみたことから発毛剤としての用途が広がりました。

メキシコに自生するノコギリヤシの薬効成分を研究してできた化学合成品です。

日本では、プロペシアという商品名で流通しています。

 

f:id:participantlink:20190524232119j:plain

 

フィナステリドの効果

男性型脱毛症(AGA)は、遺伝や生活習慣などの要因により引き起こされる脱毛症ですが、男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成が主な原因とされています。

DHT(ジヒドロテストステロン)は、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼ(主に2型)という酵素により変換されることで作られます。

DHTは、毛母細胞の機能を弱らせ、結果としてAGAによる薄毛や脱毛を進行させてしまいます。

フィナステリドは、男性ホルモンのテストステロンをDHTへ変換する酵素である5αリダクターゼを阻害することによって作用します。

5αリダクターゼを阻害ることで脱毛指令を出すDHTの産出を抑えることができ、抜け毛を減らします。

ミノキシジルのような発毛を促す効果は期待できません。

フィナステリドの内服期間と効果

フィナステリド(1mg/日、0.2mg/日)を用いた414 名の「日本人」男性被験者を対象とした観察期間48週間の比較試験においては、頭頂部の写真撮影による効果判定で、
1mg/日では 58%
0.2mg/日では 54%
軽度改善以上の効果があったとされています。

また、引き続き1mg/日投与を継続した比較試験では、
2年間の内服継続により68%
3年間の内服継続により78%
の軽度改善以上の効果が得られ、その率は増加傾向を示したとあります。

フィナステリド(内服)は、日本皮膚科学会の男性型および女性型脱毛症診療ガイドラインにおいて、男性型脱毛症にはミノキシジル外用とともに推奨度A(行うよう強く勧める)に、にランク付けされています。

このため、一般的にAGA治療の専門クリニックの多くでは、男性に対してはミノキシジルとフィナステリドが処方されます。

フィナステリドで抜け毛となる原因を阻害し、ミノキシジルで強くて太い髪の毛を発毛するという攻めと防御により発毛効果を狙っています。

一方、女性型脱毛症には、フィナステリドは、推奨度D(行うべきではない)にランクされています。

その理由は、女性については有効性を示すエビデンスが得られなかったことと、また、下の副作用の項目でも記載している通り、フィナステリドが男性胎児の生殖器官の発育に影響を及ぼす可能性があるためです。

このことから、妊娠している可能性がある女性や妊婦、授乳中の人、またはこれから妊娠する予定のある人は服用はおろかその取扱いには充分注意しなければなりません。

フィナステリドの副作用

フィナステリドの副作用としては、以下のようなものが確認されています。
・勃起不全
・性欲減退
精子の減少
・肝機能障害
といったもののほか、鬱症状が表れるといったことも言われています。

フィナステリドの初期脱毛

フィナステリドは抜け毛を抑える働きが中心のためミノキシジルのような初期脱毛は比較的起こりにくいと考えられています。

現在では薄毛改善・育毛ケアともに安心安全な成分が開発されており、上記のような副作用やリスクがない商品も多数販売されていますので、購入前にはその点をしっかりチェックしてから使用することが重要といえます。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

プロペシアとザガーロの違い

プロペシアと同様にAGA治療薬として新たに注目を集めている新薬が、ザガーロです。

ザガーロの主成分デュタステリドは、男性特有の病気である前立腺肥大症の治療薬としても効果を発揮する薬です。

前立腺肥大症の治療薬としては、アボルブという名前になり、泌尿器科などで処方されています。

AGA治療薬のザガーロは、元々は5α-還元酵素阻害薬(5αリダクターゼ)として前立腺肥大症の治療用に研究・開発されていました。

日本ではアボルブカプセル錠が2009年に承認されました。

5α-還元酵素阻害薬は、男性ホルモンの1種のDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑える効果がある薬です。

DHTの生成を抑制することは、AGAにも効果が期待できると考え更に研究が進み、その結果としてAGA治療薬のザガーロが誕生し、2015年9月に承認されています。

 

f:id:participantlink:20190523002107j:plain

 

 

男性型脱毛症(AGA)の治療薬ザガーロ

ザガーロは、男性における男性型脱毛症(AGA)を適応症として承認され、ザガーロカプセル0.1mgとザガーロカプセル0.5mgの2種類が承認されています。

ザガーロは1日に1回1錠を服用し、半年以上の長期間服用し続ける必要がある薬です。基本は0.1mgを服用しますが、必要に応じて0.5mgを服用していきます。

半年間服用し続けた結果、男性型脱毛症の原因となる抜け毛に大きく関与している頭皮のジヒドロテストステロン(DHT)の濃度が40~52%減少したデータがあります。

頭皮のジヒドロテストステロンの濃度が下がると、男性ホルモンによる強制的な抜け毛がなくなり、強くて太い本来の健康的な髪の毛が増えていきます。

 

5α-還元酵素阻害薬のザガーロ

プロペシアもザガーロも、1日1回1錠ずつ服用します。どちらの薬も5α-還元酵素阻害薬で、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を防ぎます。プロペシアやザガーロを服用していくと、髪の毛のサイクルを正常に戻す事ができます。

薬の効果で大きく違う点に、プロペシアの主成分フィナステリドは、5α-還元酵素2型の阻害薬であることに対して、ザガーロのデュタステリドは1型・2型両方共阻害します。

 

5α-還元酵素の1型と2型の違い

 

5α-還元酵素1型

 

主に皮脂腺部分に多く存在する

 

5α-還元酵素2型

 

主に毛乳頭部分に多く存在する

 

この5α-還元酵素は人によって多い少ないがあり、5α-還元酵素の活性を持つ遺伝子は優性遺伝することも分かっています。

これらの要因により、親が薄毛の場合、子どもも薄毛になりやすくなるのではと推測されています。

AGAの治療においては、毛髪に直結した部位に注目が集まりますが、上記の部位以外にも5α-還元酵素は、精巣や前立腺にも存在しています。

前立線の5α-還元酵素を阻害する結果、前立腺の肥大化を抑える効果が生まれてきます。

 

副作用の違い

 

プロペシアとザガーロの主な副作用は、どちらもED(勃起不全)や性欲減退など、男性器に関連した症状が主な副作用となり、似たような症状となっています。

男性ホルモンは主に睾丸で生成されます。

この生成自体を抑える抗アンドロゲン剤と異なり、5α-還元酵素阻害薬は生成される男性ホルモン量は変わりませんが、より強力にパワーアップ(ジヒドロテストステロンに変換)されるのを防ぎます。

成長期の男児にDHTが不足してしまうと、男性が男性らしい体つきに成長する事に大きく影響している男性ホルモンの力が弱まるため、生殖機能の成長に大きな悪影響が出ます。

そのため、成長期の子どもがザガーロなどの5α-還元酵素阻害薬を誤飲してしまうと、大きな問題になってしまいます。

 

効果の違い

 

プロペシアの主成分フィナステリドは、5α-還元酵素2型の阻害薬として、AGAの治療で使われています。ザガーロは1型と2型両方の5α-還元酵素を阻害します。

AGA治療においては、5α-還元酵素2型を主に阻害することで、頭頂部の抜け毛予防につながります。特化型のプロペシアに対して万能型のザガーロとなり、どちらの薬もAGA治療においては効果的となっています。

ザガーロの主成分デュタステリドは、もともとは前立腺肥大症の治療薬として開発されていた経緯もあって、AGA治療だけでなく、前立腺肥大症の治療にも使わている点が大きく異なっています。

前立腺肥大症の治療においては、前立腺で男性ホルモンがDHTへと変換されることを防ぐため、50代で30%、60代で60%とも言われる男性なら極めて高確率で罹患する前立腺肥大症そのものを治療し、前立腺の肥大化を防ぐだけでなく長期間の服用で徐々に小さくしてくれます。

 

デュタステリドの前立腺肥大症への効果

 

ザガーロの主成分デュタステリドには、加齢とともに肥大化していく前立腺を縮める効果があります。

同じ5α還元酵素阻害薬のプロペシアにも同じ様な効果があるのではと言われていますが、2018年の時点では厚生労働省に適応症として認められていません。

日本泌尿器科学会においても、プロペシアの主成分フィナステリドを処方する場合は、適応症外のため保険適用外となっています。

デュタステリドは、中度~重度の前立腺肥大症患者に、強く処方を勧められる薬となります。この適応症の差が、フィナステリド(プロペシア)とデュタステリド(ザガーロ)の大きな違いと言えます。

ちなみにデュタステリドが前立腺肥大症の治療薬として処方される場合は、日本国内ではアボルブという名前で販売されています。

アメリカやイギリスなど欧米ではアボダートという名前で流通しており、どちらも同じ薬です。

アボルブや欧米版のアボダートも、ザガーロと同じ1錠にデュタステリドが0.5mgもしくは0.1mg分が含まれているため、AGA治療でザガーロを服用している方は、長期間服用し続けていけば、将来的な前立腺肥大症のリスクも同時に軽減することができるのです。

そのため、30代以降でAGA治療を検討している方は、長期間の服用で前立腺肥大症のリスクも軽減できるため、ザガーロの方がオススメと言えます。

また既に前立腺肥大化の治療でアボルブを服用している方は、AGA治療の効果も期待できるのです。

 

フィナステリドの可能性

 

プロペシアの主成分フィナステリドは、前立腺肥大症への治療効果について明確な研究結果が示されてはいないため、現時点では何とも言えないのが実情です。

しかし、ザガーロと同じ5α還元酵素阻害薬であることに変わりらはないため、薬を服用していない方よりは、少なからずの好影響を与えているのではと推測できます。

事実、海外では前立腺肥大症の治療薬としてプロペシアの主成分フィナステリドが承認されている国もあります。

プロペシア前立腺肥大症の治療目的で服用するのは、日本国内では適切な治療方法ではありませんが、AGA治療目的で服用している方には、前立腺肥大症への好影響も同時に受けれることができ、一石二鳥となります。

 

ザガーロとプロペシアの違い

 

プロペシアはAGA治療でのみ承認されている

・ザガーロはAGA治療薬と前立腺肥大症の治療薬としての効果も承認されている

日本国内では、主成分デュタステリドの薬が、ザガーロにアボルブと2種類ありますが、海外ではアボダートのみです。

どれも名前が異なるだけで、同じ薬です。

事実韓国では、AGA治療薬アボダート(AVODART)として日本よりも早く2009年に承認されています。イギリスやアメリカでは、BPH(前立腺肥大症)に関した治療でのみ承認されています。

つまり、ザガーロもアボルブも名前が異なるためややこしいですが、日本国内においては保険適用の有無くらいしか違いがなく、同じ薬という認識で問題ありません。

  

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

育毛剤と発毛剤の違い

一般的な薬局で誰でも購入することのできる発毛効果のあるトニックやシャンプーなどは、「発毛剤」ではなく、「育毛剤」と表記されていることがほとんどです。

 

f:id:participantlink:20190519235604p:plain

 

これには理由があり、発毛剤と表記するには、発毛成分が確認されている「ミノキシジル」や「フィナステリド」といった成分が含まれている必要があります。

これらは医薬品として認可されている成分で、これらが含まれているものは医薬品となり、発毛剤と表現することがほとんどです。

それ以外の成分で作られているものは、育毛剤という表記に留まることが多くなります。

正確には厳密にそのような区別がある訳ではありませんが、医薬品である発毛剤の方がより効果が高いと考えて間違いはありません。

医薬品である発毛剤は一般的な薬局ではあまり扱っておらず、専門のクリニックで医師の指導の下に処方されることになります。

ミノキシジルは主にトニックなどの外用薬に含まれることが多く、フィナステリドは内服用の発毛効果の高い成分として知られています。

 

f:id:participantlink:20190519235711j:plain

 

発毛剤と呼べる内服薬では、このフィナステリドを配合した「プロペシア」が有名になります。

専門のクリニックではプロペシアミノキシジルが処方されることが一般的です。

 

f:id:participantlink:20190519235752j:plain

薄毛になってしまうのは幾つもの影響が考えられるのですが、人によっては遺伝が関係していることがあります。

これは遺伝子の中に薄毛に影響を与える部分が分かっており、その部分が色濃く伝達していると薄毛になってしまう可能性が高いです。

ただし、5α-リダクターゼの影響が出やすい人だったとしても、しっかりとしたAGA治療をすることによって克服することは可能となります。

問題なのは早めに自分の頭皮の環境をチェックして、薄毛対策を早急に始めることが重要になります。

まだ、髪の毛が残っている状態でしっかりとした対策を始めていけば、髪の毛をキープすることはそれほど難しいことではないのです。

フィナステリドで抜け毛を抑えることができるとともに、ミノキシジルなどの有効成分が高濃度に関与してるタイプを選ぶことによって、これまでうぶ毛も生えてこなかったような部分に新たな髪の毛を期待する事もできるのです。

現状がどのように改善したのか確認していくためにも、最初の段階の頭皮の写真などを撮影して置く事が重要になります。

明らかに生え際が後退してる状況においても、発毛剤を使ってどれくらい改善できるのが観察することが重要です。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

発毛剤の真実

より効果の高い発毛剤を探していくためには、実際に利用してる人達のレビューを参考にします。

 

f:id:participantlink:20190519001957p:plain


頭皮の環境は人によってそれぞれ違うので、薄毛対策の製品の効果もかなり変わってくる可能性があります。

その為、他の人達の発毛剤の効果を参考程度にしてチェックするようにします。

多くの人達が同じような良い結果が出ているのであれば、その製品を自分の頭皮でも確認してみる事が重要になってきます。

このようなリサーチをすることが重要であり、ある程度目星をつけてから購入するようにします。

そうすることによって製品購入の失敗を減らす事が可能となります。

特に発毛剤に関しては、ボトルを1本購入しただけでは本当の価値は分からないので、まとめて数本購入して何ヶ月もその経過をチェックしていくことが重要になります。

このような観察をする期間を出来るだけ長く設けるのは、製品の効果を詳細までチェックする企業があるからです。

薄毛対策の製品は使用しても中々変化が確認できないものが多いため、他の製品と比較していくためにもより細かくチェックする事が大事になります。

発毛剤などは、顕著に効果が現れる場合と、従来まで浸かっていた製品と効果が似通って判断しにくくなる製品も多くあります。

毎日薄毛対策をしていても、中々髪の毛が増えない事があります。

それはドラッグストアなどで売られているリーズナブルなタイプの育毛剤の効果が今ひとつ発揮されていないことが原因となります。

血行促進効果であったり頭皮の環境整えるなどの有効成分が含有している育毛剤が多いですが、はっきりと薄毛を改善できる効果を期待できないタイプが多いのです。

これらの製品は、価格も安くてとりあえず現状を維持するために利用すべきであり、発毛効果を高めるための対策には余り向きません。

このような状況を改善するためには、現状の自分の頭皮のAGAの状態を確認し、AGA対策の治療薬を利用する対策が必要になります。

ただ、AGA治療薬は男性ホルモンの悪影響を止めるだけとなるため、発毛効果を高めるための発毛剤を利用していく対策が求められます。

これらの製品を確保していくためには、近くのドラッグストアではなく、ネットで売られているショップを利用するのですが海外のサーバーで販売している通販を利用します。

つまり、ネットで身近な存在のネットショップでも、そのショップがある場所によっては海外となる為、海外から簡単に個人輸入をしているような状態で発毛剤を手に入れることができるのです。

発毛剤を利用する時に躊躇してしまうのはその価格です。

リーズナブルな育毛剤と比べると複数本購入できる価格となってしまうので、その価格分の効果が期待できるのか心配となります。

しかし、育毛関連の製品に関しては、抜け毛が多少減少するような微妙な効果の製品を長期的に使い続けるよりも、早めに抜け毛をストップさせて以前の髪の毛のように戻してくれるような効果の高い製品を探すべきです。

時間が経過すると、薄毛になる可能性はより高まってしまうためより高い効果を探す事がとても重要になってくるのです。

薄毛対策の製品は非常に多岐にわたり、その効果や頭皮に現れる変化も様々です。

その状態をしっかりと確認して他の製品と比較することが重要となります。

時間や手間もかかる対策となりますが、自分の頭皮に最も効果のある製品を選ぶ事が大事になります。

発毛剤などに関しては価格が高くなってしまいますが、頭皮に良い良い影響が出るミノキシジルなどの成分が分かるようになってくると、どれくらいの濃度の製品を使い続けることが有効であるか確認していくようにするのです。

そして、より良い製品を見つけた場合には同程度のライバルの発毛剤と有効成分や価格で比較していけば良い製品が見つかるはずです。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

守りのフィナステリドと攻めのミノキシジルの併用

AGA治療において、まず第一に選択すべきは、現在のAGA治療の最先端医療において最も高い成果をあげている二大成分のフィナステリドとミノキシジルの投与です。

これら以外にも有効と考えられる成分はありますが、フィナステリドとミノキシジル 以外は実際の治療現場ではあまり信用性が無いというのが実情です。

フィナステリドとミノキシジルを併用することによって、改善スピードを上げる事が可能です。
フィナステリドが守でミノキシジルは攻めの作用を担います。

 

f:id:participantlink:20190517222818p:plain

 

 

フィナステリド

f:id:participantlink:20190517223022p:plain


AGA治療に効果が高いとされているフィナステリドですが、、脱毛や薄毛化を進行させる悪玉ホルモンジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑えることによってです。

人間のからだにはテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが存在します。このホルモンはからだに悪影響を与えることはありません。

むしろ、男性にとっては男らしく力強いからだをつくり、生殖能力を維持するのに欠かせません。精神的にアグレッシブにするという役割もあります。

しかし、テストステロンがある酵素と結びつくと悪玉ホルモンに変化してしまうのです。それが、5αリダクターゼという酵素です。

頭皮の毛根付近にこの酵素は多く存在していますが、テストステロンが5αリダクターゼと結びつくと、ジヒドロテストステロンという悪玉ホルモンが誕生してしまうのです。

ジヒドロテストステロンは、毛母細胞にある受容体と結びつくと、健康な毛根に成長をやめて脱毛させよという信号を送ります。すると毛根が弱ってしまい、成長段階の髪が脱毛してしまいます。

そして、毛根自体も弱ってゆきやがて閉じてしまうのです。

フィナステリドは、5αリダクターゼの働きを妨害します。

テストステロンが5αリダクターゼと結びつかなければ、悪玉ホルモンは誕生しません。

そして、抜け毛も起こらずに、正常な毛髪サイクルが保たれます。

ミノキシジル

f:id:participantlink:20190517222943j:plain


ミノキシジルは強い血管拡張作用と、新しい毛細血管を作るという作用があります。

そして、毛根への血液の流れを良くしてくれるのです。悪玉ホルモンジヒドロテストステロンによって毛根が弱ってくると、発毛能力が落ちてゆきます。

すると、古くて弱くなってしまった毛根には栄養を届ける必要が無いだろうとからだが判断し、毛細血管がなくなってしまいます。

そうなることで毛根はますます弱くなり、いずれはその役割を終えたと判断して自然に閉じてしまうのです。

こうした悪循環を断ち切るために、ミノキシジルは弱くなった毛根付近にも新しい毛細血管をつくりだしてくれます。

すると、毛根はまだまだ頑張ろうとして、発毛活動を活性化するのです。

髪の毛に良いとされる栄養素

 

f:id:participantlink:20190517223127p:plain


髪の毛に必要な栄養素はさまざまですが、髪の毛にとって最も良いとされている栄養素はタンパク質・亜鉛・ビタミンです。この栄養素は、髪の毛を作りだす際に重要となります。

 

タンパク質


髪の毛の約90%はケラチンというタンパク質からできています。このケラチンを構成するもとになっているメチオニンは、体内で生成できない必須アミノ酸の1つです。

そのため食事でのみこのケラチンを摂取することができます。

これら髪の毛の元となるタンパク質が不足してしまうと、髪の毛は細くなり薄毛や抜け毛につながるだけでなく、色素も薄くなることから白髪が増加してしまう可能性があります。

亜鉛


亜鉛は、ミネラルの1種でタンパク質を合成するのに欠かせない栄養素です。どんなにタンパク質を大量に摂取しても、亜鉛が不足していると髪の毛の成長につながりにくくなってしまいます。

髪の毛以外にも、亜鉛が不足すると免疫力の低下や味覚障害などが起こることもありますが、現代人が1日に摂取している亜鉛は必要量の半分にも満たないといわれています。

不足しがちな亜鉛は、食事だけでなくサプリメントで補うのも良いでしょう。

ビタミン

ビタミンは、主に他の栄養素が機能するように働く潤滑油のような存在です。

ビタミンは全部で13種類あり、その中でもA、B群、C、Eは髪に良いとされています。

また、ビタミンも体内生成できないため食べ物から摂取する必要があります。

ビタミンA

新陳代謝を促進し、頭皮の乾燥やフケ、かゆみを防いで頭皮環境を整える作用があります。

乾燥肌が気になる方は意識して摂取したいビタミンです。

しかし、ビタミンAを過剰摂取してしまうと、頭皮が硬くなり脱毛の原因になるため摂取量には注意が必要です。

サプリメントなどでビタミンA単体を摂取する場合は過剰摂取にならないようにしましょう。

ビタミンB群

ビタミンB1、B2、B6、B12、葉酸パントテン酸をまとめてB群と言います。B群は育毛、発毛を促していくために、優秀な働きをする栄養素です。

ビタミンC

頭皮環境を正常化、コラーゲンやタンパク質の構成を促進する効果があります。髪の毛のトラブルの原因となる疲労やストレスの回復にも効果があります。

ビタミンE

健康な髪の毛を育てる、抗酸化作用、抗炎症作用、血行促進などの働きが詰まっている栄養素です。

ビタミンCと一緒に摂取することで相乗効果が期待できます。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

ミノキシジル ジェネクリ

AGA治療では発毛効果のあるミノキシジルがよく使われています。

これは成分名であり、実際に使用するときはこれが含まれている外用薬を頭皮に塗るか、タブレットの服用の2種類があります。

 

f:id:participantlink:20190516231227j:plain

 

外用薬は国内で認可されている製品もあるので、医療機関で処方してもらうだけでなく、ドラッグストアで購入できるものもあるので手軽です。

タブレットは未認可なので、一部のAGA治療専門のクリニックで処方してもらうか個人輸入代行を使って購入できます。

ミノキシジルの発毛の仕組みは完全に解明されていませんが、血管が拡張して血流が良くなることや、毛包に作用して細胞の増殖やたんぱく質の合成が促進されて薄毛が改善するものと考えられています。

ミノキシジルも初期脱毛と呼ばれる、使い始めてから2週間ほど経過したときに脱毛が増える現象が起きますが、これは効果が出ている証拠なので驚いて中止しないようにしましょう。

アサイクルが正常化したことで新しい毛が作られて古い毛が押し出され、脱毛が起きます。

実際には同時に発毛していますが、伸びるまでに時間がかかるので、一時的に以前よりも毛が減ったように見える現象です。

完全に入れ替われば治まるもので、個人差はありますが長くても2か月程度です。

外用薬は頭皮に塗って浸透させるものなので、あまり効果がないと感じる人もいます。

そのため、高い効果を得るために内服薬のタブレットを使用する人も多いです。

血液を通して成分が行き渡るため、薄毛の改善効果が高くなると同時に副作用の危険性も高くなるので、使用方法には注意が必要です。

ミノキシジルを外用薬で使用する場合には、頭皮に塗るので毛穴が皮脂で詰まっていると吸収効率が悪くなります。

ですので、使用前にシャンプーで頭皮を洗浄してから清潔にしておくと効果が高まります。

塗ってから浸透するまでには時間がかかるので、すぐに拭き取ってしまうと意味がないので注意が必要です。

また、個人輸入代行でジェネリック商品を購入すれば安く手に入れるので経済的です。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

生え際・M字ハゲに効果的なフォリックスFR16

フォリックスはロゲインやリアップといったおなじみの発毛剤と同じミノキシジルが含まれています。

発毛剤としてミノキシジルが発売されてかなり歴史がある薬の成分です。

アメリカのFDAアメリカ食品医薬品局)が認めた数少ない発毛効果がある薬で、さらに日本の皮膚科学会でも「推奨度A 強く勧める」と太鼓判を押しています。

ミノキシジルは血管拡張作用があり、毛細血管とつながっている毛乳頭に十分な栄養を届けることができます。

毛乳頭は、毛母細胞という髪の毛の元に成長するよう指示をするわけですが、ミノキシジルは毛乳頭や毛母細胞も活性化させるので、どんどん発毛を促し、そして太くたくましい髪へと成長します。

まとめると、 ミノキシジルは【栄養運搬をスムーズにする】+【発毛を活性化させる】=【発毛効果】 という能動的な攻めのAGA治療薬であると言えます。

フォリックスは大きく分けて、外用剤とシャンプー・コンディショナーの二種類に分かれます。

 

f:id:participantlink:20190516135232j:plain


今回は外用剤を見ていきます。

外用剤は6種類のラインナップがあります。

FR02 → 男女兼用・ミノキシジル2%・ローション
FR05 → 男性専用・ミノキシジル5%・ローション
FR07 → 男性専用・ミノキシジル7%・ローション
FR12 → 男性専用・ミノキシジル12%・+フィナステリド・ローション
FR15 → 男性専用・ミノキシジル15%・ローション
FR16 → 男性専用・ミノキシジル16%・+フィナステリド・クリーム

フォリックスの製品はすべて「FR」から始まる記号のような名前です。

6種類の大まかな特徴は上記の通りですが、男女兼用・フィナステリドが含まれているか・ローションかクリームか、以上の3点が目立った違いです。

また、資生堂育毛剤アデノゲンでおなじみのアデノシンや、最近薄毛・AGA治療でも注目のアゼライク酸(アゼライン酸)が含まれる製品もあります。

フォリックスはプッシュ式です。

よって、薄毛・AGAが気になる部分に1日2回使用しますが、メーカーによると1回の使用は5プッシュ程度が目安です。

その後よくマッサージしていただき、塗布後は4時間以上洗い流したりせず放置すると効果的です。

メーカーによると「必要以上の量や回数をしても、効果に全く変わりはありません」としっかり注意書きがありました。

どうしてもたくさん付けたり回数を増やした方が効果があると思いがちですが、ここはメーカーの指示通り、使い方を守りましょう。

またフォリックスはプッシュ式なので狙ったところにも使いやすく、気になるM字や生え際の薄毛対策にもぴったりと言えます。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

日本ではAGAの悩みを持つ男性が1260万人

AGAとは、Andro Genetic Alopeciaの略語で男性型脱毛症のことです。


AGAはここ最近はテレビCMなどから一般の方にも広く知れ渡りました。

 

AGAは成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。男性ホルモンの影響や遺伝などを主な原因として、生え際(M字部分)や頭頂部の髪がどんどん薄くなっていきます。

 

AGAは生え際から後退したり、頭頂部から薄くなり始めたり、その両方であったりと様々な進行のパターンがあるというのが特徴です。

 

現在、日本ではAGAの悩みを持つ男性が1260万人もいるといわれており、その数がどんどん増えていっている状態です。

 

 

AGAの大きな原因は、テストステロンです。

男性ホルモンであるテストステロンは、血流にのって毛根に至り、そこで毛髪の元である毛乳頭細胞に取り込まれます。このテストステロンは、本来それほど強い活性をもつものではありません。

しかし、毛乳頭細胞内で5α-リダクターゼと呼ばれる酵素が働きかけると、より活性の強いディハイドロテストステロンに変換されてしまいます。

このディハイドロテストステロンが、アンドロゲン受容体と呼ばれるタンパク質に結合し、毛乳頭細胞の核の中に移動することにより、遺伝子が活性化し、毛乳頭細胞から脱毛因子が放出されます。

そのため、毛母細胞がダメージを受けて萎縮し、AGAが引き起こされてしまうのです。

AGAには脱毛の進行パターンがあり、額の生え際から薄くなっていくタイプ、頭頂部から薄くなっていくタイプ、その混合タイプなどがあります。

これは、アメリカのハミルトン医師が作った、男性型脱毛症に対する進行度合いを毛髪のパターンごとに分類し、提唱したものです。

そののちに、ノーウッド医師が改定を加えたハミルトン・ノーウッド分類が、今では世界的な標準として扱われています。

 

 

ハミルトン・ノーウッド分類

 

f:id:participantlink:20190514001404j:plain

 

第一段階(Ⅰ)

生え際に薄毛が進行し、額の面積が広がってきます。見た目に問題がないためAGAが始まっていると気付かない方が多い初期ステージになります。

第二段階(Ⅱ、Ⅱa、Ⅱvertex)

生え際の進行に加え、髪全体のボリュームの減りも目立ち始めます。
併せて、頭頂部に薄毛が進行する方(O型)、額の進行が激しい方(M型)で見栄えも分

第三段階(Ⅲ、Ⅲa、Ⅲvertex)

前頭部の進行と頭頂部の進行が少しずつつながってきます。前頭部に早い進行が見られるM型の方も、頭頂部に薄毛が見られるようになります。第三段階では明らかにAGAであると診断しやすい特徴が表れています。

第四段階(Ⅳ、Ⅳa)

生え際・頭頂部ともに頭皮が見える面積が広がっています。治療をお考えの方は、第四段階までに開始すると結果が出やすいといわれています。

第五段階(Ⅴ、Ⅴa)

前頭部の進行と頭頂部の進行が完全につながってしまいます。全体の1/3ほど頭皮が見える程の状態で、薄毛・発毛治療の結果が出にくくなってくるステージです。

第六段階(Ⅵ)・第七段階(Ⅶ)

M型O型の区別がつかないくらい、薄毛の部分が広がります。ここまで進行してしまうと、増毛施術を選ぶ方が多くなります。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村